功績をあげる。 嵯峨天皇の功績を詳しく教えてください

成果は上げる・挙げるどっちが正しい?成果をあげる方法とは

功績をあげる

讃えると称えるの意味 「たたえる」 の意味を辞書で引くと 以下のように書かれています。 ほめる。 称する。 出典:三省堂 大辞林 上記2つの辞書から引用しました。 「たたえる」という言葉は、 一般的に「 称える」として載っています。 「讃える」の方は、 多くの場合補足的に書かれていますね。 あるいは、 そもそも記述されていない というケースもあります。 意味としては、 「 相手をほめること」を言います。 例えば、 以下のような使い方です。 スポンサーリンク 讃えると称えるの違い では、両者には 一体どんな違いがあるのでしょうか? それぞれの語源を確認しておくと、 「讃える」の「 讃」は、元々 「 たすける・すすめる」などの意味でした。 転じて、現在では 「 他人の美徳をほめる」 という意味で使われています。 一方で、 「称える」の「 称」は、元々 「 天秤に持ち上げて、はかる」 という意味でした。 転じて、 現在では「 相手をほめる」 という意味で使われているのです。 つまり、 元々の語源は異なるものの、 意味自体には差はないということですね。 では、この2つは一体何が違うのかというと 「 漢字の種類」です。 「称える」の「 称」は、「常用漢字」です。 一方で、 「讃える」の「 讃」は 常用漢字には含まれていません。 「常用漢字」とは、 「一般人が日常生活において、これくらいは使う」 という目安を「国」が示したものです。 一般的には、この常用漢字に従い、 政府やマスコミなどは文書を書いています。 つまり、 「讃」の方はそもそも 「 国が書くことを推奨していない漢字」 ということですね。 したがって、 「讃える」の方は、辞書にも 補足的に書かれているのです。 スポンサーリンク 讃えると称えるの使い分け ここまでの内容を整理すると、 「 讃える」=「讃」は常用漢字 外。 「 称える」=「称」は常用漢字 内。 ということでしたね。 両者の使い分けは 一体どのようにすればいいのでしょうか? 結論から言うと、 「 一般的にはどちらも使えるが、 新聞・公文書などでは ひらがなで書く。 」 となります。 「どういうこと?」と思った人も多いでしょう。 順を追って説明していきます。 まず、「称」という字は、 常用漢字内ということでしたね。 ただし、この話には続きがあり、 常用漢字には含まれていても 公文書などでは使えないこともあるのです。 それは、 「 表外読み」をする場合です。 「 表外読み(ひょうがいよみ)」とは、 「 常用漢字表にない読み方のこと」です。 「称える(たたえる)」という読み方は、 常用漢字表にのっていません。 つまり、 「称」自体は「常用漢字内」だけども、 「たたえる」という読み方は「常用漢字外」 ということですね。 もちろん、 「讃」の方は漢字も読み方も常用外です。 一般的には、常用漢字に含まれていても 読み方がのっていない場合は、 「ひらがな」で書くのが慣例です。 したがって、 公文書などではどちらも 「 たたえる」と書くわけですね。 関連記事: ちなみに、 共同通信社の「新聞用語集」では、 以下のようなルールを決めているようです。 ということですね。 読み書きの世界であるメディアは、 漢字の混同を嫌う傾向にあります。 したがって、 まぎらわしい漢字がある場合は、 このように統一するわけですね。 まとめ 今回の内容をまとめると、 「 讃える」= 漢字も読み方も常用 外。 「 称える」= 「 称」は常用 内だが、「 称(たた)える」が 表外読み。 以上のことから、 「 原則としてひらがなで書くようにする」 ということになります。 個人的な文章では、 「称える」「讃える」 どちらを使っても問題ありません。 もちろん、新聞や公文書に従い、 「ひらがな」で書いてもよいでしょう。 今回は以上です!.

次の

「上げる」と「挙げる」の違いが難しい!!!

功績をあげる

功績を「立てる」。 功績が「大きい、際立つ」 功績(効績とも)は社会や集団に尽くした立派な働きとしての「手柄、功・勲(いさお)し、功労」の事ですから、縁語(連語)関係からすれば単に「上げる」よりは「挙げる」の方が、更にはっきり言えば「あげる」では足りず、「立てる、残す」などの方が馴染みやすいでしょう。 そういう意味では、功績は自分が何か成したといった言い回し自体が不自然で、そもそもその集団から自ずと「称えられる」類のものなのかも知れません。 成績を「上げる、納める」。 成績が「上がる、上昇する、芳 かんば しくなる」 業績を「上げる、伸ばす、残す」。 業績が「上がる、上向く、急伸する」 実績を「上げる、積む、伸ばす」。 実績が「上がる、ある、ものを言う」 成果を「上げる、残す、得る、出す、納める」。 成果が「挙がる」 治績を「挙げる、残す」。 治績が「上がる」 好成績を「挙げる(上げる)、立てる」 勝ち星を「挙げる、稼ぐ、拾う」。 勝ち星が「増える」 A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー もしも、同一の答えがあれば、ご容赦を 大学は、所定の単位 普通130単位程度 を取得すれば、学士 現在は、学位になっています として、卒業します。 すなわち、単位数が卒業に必要な単位を超えると、学士として「卒業」させます。 大学院は、博士課程前期 修士 と博士課程後期 博士 があります。 大学院でも、授業 人数が少なく、ゼミに近い や理系ならその上に実験など、所定の単位 30単位程度 が、修了のために必要です。 これらの単位を取得して、なおかつ、修士論文または博士論文の審査に合格して、初めて修士号、博士号の学位がとれ、「修士」「博士」を名乗れるのです。 修士に関しては、修了者は、修士論文の審査もほぼパスできます。 指導教員か面子にかけても、とれるように指導します。 博士については、所定の単位をとっても、博士号はスンナリ取れません。 理系はともかく、文系は、ほとんど取れなかったのです。 理系の教員は、ほとんど博士号を持っていますが、文系では教授でも、持っていない人は、少なくありません 若い人はともかく、40才以上の文系の博士は貴重品です。 その時代は、『そんなに簡単には、取らせないぞ』という風潮があったのです。 ですから、大学院後期課程 博士 で、授業などの単位は取得し、修了として、院を終えるというのが一般的でした。 指導教員も、敢えて、取らそうとはせず、「研究が完成したら、もってきなさい」程度でした。 すなわち、大学院後期課程 博士 修了とは、所定の単位は取得しているので、これ以上大学院生として在籍はできません、ということになります。 文系の場合は、社会も、修了者の学力や研究能力は、大学院レベルである、として待遇しました。 理系は、博士号を持っていないと、一人前の研究者として扱ってもらえません。 大学の卒業生は、必ず「学士」という学位があります。 大学院生は、前期課程の2年、後期課程の3年で、所定の単位を取得しても、「修士」「博士」の学位論文が合格しない場合 合格させなかった場合 も少なくないので、「修了」と区別するのだとか。 もしも、終了時に取れた場合は、履歴書に、2005年 大学院後期課程修了 学位取得 など、付け加えて明らかにします。 最近は、「取得させるように」という文部科学省の指導があります。 もしも、同一の答えがあれば、ご容赦を 大学は、所定の単位 普通130単位程度 を取得すれば、学士 現在は、学位になっています として、卒業します。 すなわち、単位数が卒業に必要な単位を超えると、学士として「卒業」させます。 大学院は、博士課程前期 修士 と博士課程後期 博士 があります。 大学院でも、授業 人数が少なく、ゼミに近い や理系ならその上に実験など、所定の単位 30単位程度 が、修了のために必要です。 これらの単位を取得して、なおかつ、修士論文または博士論文の審査に合格し... A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 A ベストアンサー はじめまして。 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です).

次の

春秋叙勲の候補者としてふさわしい方の推薦(一般推薦)について : 日本の勲章・褒章

功績をあげる

小池百合子都知事が30日(2020年3月)、志村けんさんの死去を「最後の功績」と表現したことについて、ネット上では「人間が死んでいるのに心ない発言だ」という批判がある一方、「コロナの怖さを伝える意味ではそのとおりだ」という同感の声も非常に多く、賛否激論が起こっている。 小池百合子知事は30日、東京都庁で報道陣のインタビューに応じた。 亡くなった志村けんさんについてのコメントを求められると、こう答えたのだった。 「まず、謹んでお悔やみを申し上げたいと存じます。 志村さんといえば、本当にエンターテイナーとして、みんなに楽しみであったり、それから笑いを届けてくださったと感謝したい」 と語った後、こう続けたのだった。 「最後にですね、悲しみとコロナウイルスの危険性についてですね、しっかりメッセージを皆さんに届けてくださったという、その最後の功績も大変大きいものがあると思っています」• 「志村けんさんは、功績をあげるために死んだのではない」 この発言について、批判的な人の意見はこうだ。 「誰からも笑い芸が愛されて、親しまれていたケンさんの突然の死に対して、最後の功績、の言葉はやはり誤解を招く比喩言葉だ。 生きて笑い芸が万人に認められたことが功績であって、病原ウイルスによって突然亡くなった場合は、数日中は故人に紛らわしい比喩言葉は控えるべきだ。 純粋なお悔やみ言葉を述べるにとどめるべきだったと思う」 「思いがあっても使っちゃいけない言葉がある。 小池知事の思いをくみ取れというなら、望まずに死んだ志村けんさんの思いもくみ取れ。 志村さんは、功績をあげるために死んだのではない」 「小池知事の言いたいことはわかるが、使った言葉が不適当だってことだ。 立場上もうちょっと注意してしゃべってほしかった。 『功績』は完全な上から目線。 普通に『犠牲になられた』でしょ」 「葬儀も済まないうちに言うのは不謹慎とも取れる。 ただ功績という言葉の引用については、違和感を持つ、持たないは個人差があり、一般論に落としづらいかな。 ただ、失礼に当たるかはご遺族の判断であり、許せる、許せないを我々が論ずる方が失礼だと思う」 「医療従事者があれだけ警告しながら無視した若者がシュンとなった」 一方、「功績」という表現については、「言葉尻をとらえれば違和感を覚える人は多いだろうが、そのとおりだ」とする人が大半だった。 「今まで何となく『平気だろう』と思っていた人も志村さんがなくなって、とても悲しんだし、怖いことだと気が付いたはず。 それは志村さんだったからそうなったということ。 自分自身も志村さんにはそれほど思い入れはなかったのに、こんなに喪失感がわくなんて思いもしなかった」 「医療従事者の皆さんがあれだけ危険が迫っていると警告を発しているのに、自分は大丈夫と身勝手に外出する連中がたくさんいた。 総理や知事がいくら注意喚起しても、相変わらずだった。 イギリスみたいにトップが陽性にならんとダメなのかと思っていたのに、志村さんが亡くなったらシュンとなった。 大きな警告となった。 小学生の頃からのヒーローだった志村けんさんの死を無駄にして欲しくない」 「私もそう思う。 日本の宝のような方が、このような死に方を見せてくれたことは、警鐘であり、ケンさんの最後の使命だったように思う。 もちろん人それぞれ取り方はあるけど、私は小池知事に近い感覚。 実際のケンさんは、穏やかでとても気遣いのできる方で、物静かで... 大好きでした。 心からのご冥福をお祈りします」 「『最後の功績』。 この言葉を文面通りに受け取った人は... この言葉の裏にある小池さんの思いまで考察できた人は批判していないでしょうね。 正直、今の小池さんは忙し過ぎてこのようなコメントになってしまったと思う。 志村さんが亡くなった悲しみはあるけれど、今後も都知事として東京都民1000万人の命のことを考えないといけない立場だからね。 分単位で行動している都知事として大変な状況なんでしょうね」 「志村けんさんの存在はまるで空気のようだった。 それを失って... 」 「正直、本当に志村さんの死のおかげで、全員ではないけど多くの人がコロナへの危機感を持ってくれたと思う。 志村さんの死を無駄にしないためにももっと個々が考えるべき時だと思う」 「私自身、このニュースに接した際に小池知事と全く同じ考え方をしましたよ。 同時に、表現に失礼があってはいけないな、と思った。 もしも自分が言葉にするなら『老若男女皆が知る志村さんが亡くなった事を大きな警鐘として国民が広く受け止められたら、志村さんが死を賭して教えてくれた、という事かも知れない』かな、と心の中で自問自答しましたね。 小池知事を支持する意識もない田舎在住の人間ですが、今ここで言葉狩りしても、多分何も生まれないし、感染の抑止に役立たないだろうし、志村さんも喜ばないと思います」 最後にこんな意見も。 「志村けんさんの存在はまるで空気のようになくてはならないけど... いつもそこに当たり前のようにある存在。 だから普段はあまり気が付かないけど... 亡くなってわかる志村けんさんは国民的師匠でした。 みんなの心にいつも当たり前のようにいる人だから... その人がこうなれば... みんなの心に訴えかけるものはデカイ!こういうきっかけがないと心の底から大事な時だと理解できないことが悔しい。 それだけの人材を失いました」(テレビウォッチ編集部).

次の