ホッシー ドラァグ クイーン。 2019紅白で起きた奇跡 2丁目から大御所ババアが消えた日(ブルボンヌ)

働く女子におネエ様がアドバイス・ドラァグクィーン LIL'GRAND

ホッシー ドラァグ クイーン

MISIAとバビ江がお送りしているLOVE RAINBOW TRAIN。 今週は、まずはメッセージ紹介から。 RN:ともくん バビ江さんの衣装は手作りということですが・・・ バビ江が最初に作った衣装は、銀色単色のシンプルなAラインのワンピース!! ドラァグクイーンの始祖、ホッシーさんなど、衣装作りの上手な先輩が たくさんいるので、色々と勉強しながら今も手作りを続けているということ。 一方MISIAは、家にたくさんの布があることから、 最初は手縫いでマスクを作っていたけど、 ミシンを買って作ってしまうほど、ハマったしまったとか。 皆さんも何か手作りしているモノ、ありますか??? RAINBOW NEWSでピックアップしたのは、 世界中で話題になっているという写真集「WHY DRAG?」。 この写真集は、135人のドラァグクイーンの ファビュラスなショットが満載!とのこと。 序文はボーイ・ジョージが担当。 日本版はエスムラルダさん。 帯は水原希子さんが担当!! 2月21日、元々米国で出版されていた本を、日本版として刊行します。 日本版オリジナルの解説を、エスムラルダさん が担当してくださっています!写真はマグナス・ヘイスティングス氏、序文はカルチャー・クラブのボーイ・ジョージ氏、推薦を水原希子さん にいただいております。 — WHY DRAG?

次の

働く女子におネエ様がアドバイス・ドラァグクィーン LIL'GRAND

ホッシー ドラァグ クイーン

Arabic Bulgarian Chinese Croatian Czech Danish Dutch English Estonian Finnish French German Greek Hebrew Hindi Hungarian Icelandic Indonesian Italian Japanese Korean Latvian Lithuanian Malagasy Norwegian Persian Polish Portuguese Romanian Russian Serbian Slovak Slovenian Spanish Swedish Thai Turkish Vietnamese 目次• 概要 ドラァグクイーンの起源は、男性の同性愛者が性的指向の違いを超えるための手段として、ドレスやなどの派手な衣裳を身にまとい、に大仰な態度をすることで、男性が理想像として求める「女性の性」を過剰に演出したことにあるといわれる。 本来はとしてのの一環として生まれたの一つであるため、ドラァグクイーンにはのやが圧倒的に多い。 しかし近年では男性のやがこれを行うこともある。 また趣味としてこれを行う者から、プロのパフォーマーとして活躍する者まで、ドラァグクイーンの層も厚くなっている。 演劇界の隠語だとするもの。 1870年に初出の記録がある。 当時舞台上で女性の役を演じる女優が不足した時は、子役や背の低い若作りの俳優が女装してこれを務めたが、無骨な脚が観客に見えないようにロングスカートを履いた。 ところがスカートの履き方に慣れていなかった彼らは裾を床に引きずっても平気な顔をしていた。 それが滑稽だったのでこの名がついたというもの。 英語の名詞 drag の本来の意味はこの「引きずる」である。 これが最も一般に普及している説。 で「着る」を意味する tragen がの trogn となり、これが英語化して drag となったとする説。 現代口語英語にはイディッシュ語を経由したドイツ語を源とすることばが多いことを背景とした説だが、変化した際の子音交換が必ずしも音声学の法則に沿っていないところもあり、こじつけだとする見方が一般的。 DRessed As a Girl(女性のように装う)の略語だとする説。 英語圏以外で巷間に流布している説だが、これはいわゆる俗説である(正しい英語では dressed like a girl という)。 なお drag queen という成語の初出は1941年である。 これは drag が drug()に関係あるかのように誤解されないよう、あえて差別化しているのがその理由である。 またこれ以前から独自のドラァグ文化が存在した主に関西方面では、今日でも「ドラッグ」と表記することが多い。 以下本記事では便宜上、関の東西を問わず「ドラァグ」を使う。 歴史 背景 のの伝統がある日本では古くから男性が女装して人前で芸を披露する伝統があった。 また畿内では女舞が主体であるの伝統が根ざしており、そうした中からは・のような舞手も出ている。 この吉村の一人息子が1969年『』で衝撃的なデビューをした()である。 ピーターはデビュー後しばらくは女装でさまざまな芸能活動を行ったが、一歩カメラの前を離れると通常は男装または中性装(ただし派手なものだったが)で、しかも自らのを一切芸の中には持ち込まなかった。 この点が常時女装で同性愛者を公言していたなどとは一線を画していた。 このような背景を下地に、既成の「芸能人ドラァグ」には飽き足らなくなった一般の人々が、この新しい分野の芸を自ら体現してみせるようになり始めたのは、時代が下って1980年代の終わり頃、いわゆるの時代のことだった。 黎明期 日本におけるドラァグクイーン第一号は、ミス・グロリアスだと言われている。 ミス・グロリアスは90年代初頭からを拠点にしてドラァグを広めていく。 同じ頃、ではマーガレットこと小倉東がアメリカのゲイ文化としてのドラァグを紹介していた。 そして関西では「Diamonds Are Forever」というイベント、関東では「Gold」という伝説的クラブでドラァグを行う者が多く現れ始めた。 この頃のドラァグには、関西と関東でその毛色に違いがあった。 関西では主にスタイルや的な要素が強く、逆に関東ではクラブの盛り上げとして周年パーティ的、あるいはミスコン的なお祭り騒ぎであるものが主流であった。 折しも映画『』のヒットに乗って1990年代前半のゲイブームが到来、ドラァグはゲイカルチャーに無くてはならない存在となった。 1990年代半ば以降はばりにキレイなドラァグクィーンが主流になっていった。 「歌モノ」が隆盛を極め、そのためクラブイベントでのドラァグは、洋楽女性DIVAのや、へのお供えが中心となっていった。 その一方で、UC(アッパーキャムプ)と呼ばれる従来のドラァッグとは一線を画すドラァグが東京に現れ始める。 UCの出現によりドラァグは、日本の女優をしたセクシャルなショーに変化。 流行アイドルのリップシンクや、テレビドラマのパクリなど、ネタ色が強く、しかもだれもが知っているようなネタにより、これがファン層を広げることにもなった。 近年の傾向 ともすると自虐的なドラァグショーの完成度の低さには定評があり、女装プロレスや、女装下げ演劇などは特に悪名高い。 それでいて観客動員数は右肩上りで、既存のクラブイベントだけでなく、ショーイベントの要としてドラァグクィーンの存在が増し、活躍の場も広がった。 人気ドラァッグクイーンのあまりにも長いショータイムのせいで会場が酸欠状態になり卒倒者が続出、救急車が出動するというドラマクイーン顔負けの騒動もあった。 その後もドラァグ文化は盛衰を繰り返しながら、着実に日本に根を張り続けている。 著名なドラァグクイーン 日本• ミス・グロリアス(日本のドラァグクイーン第一号といわれる)• マダム・ボンジュール・ジャンジ(日本初、女性のドラァグクイーン)• クリスティーヌ・ダイコ(元祖・オオバコの女王)• ホッシー(MISIAのコンサートツアーに参加)• (文化、アート系ドラァグクゥイーン)• (1990年代にテレビを中心に活動)• (俳優。 パフォーマンス時のキャラクターとして)• (系「」の第一人者。 「DJ SiSeN」としてイベントを中心にクラブDJ・ファッションモデルとして活動している。 山田髭美(主にアマチュアによる動画での出演が多かったが、その世界観は強烈で某映像作家に評価されたこともある、2007年に引退) オーストラリア メルボルンの有名デパートのイメージキャラクターにもなっている• (1955年デビュー、70歳を越えた現在でもテレビ・映画・舞台などで現役活動中。 本国はもとより、イギリス、カナダ、アメリカなどで絶大な人気を誇るメガスター。 ) アメリカ• ルポール (英語)• リプシンカ (英語)• ミス・ココ・ペルー (英語)• ミス・アンダーストゥッド (英語) スウェーデン• ドラァグクイーンが登場する作品 映画 洋画• 『』のローラ• 『』のヴィーダ・ノグジーマ・チチ• 『』のスターリナ(アルバート)• 『』の(本人役)• 『』のベルナデット・ミッチ・フェリシア• 『フローレス(英語)』のラスティ• 『』のエンジェル 邦画• 『』のハナちゃん テレビドラマ• (10月 - 12月、) 楽曲• の「freeze moon」の歌詞 出典 Webmaster Solution Alexandria A windows pop-into of information full-content of Sensagent triggered by double-clicking any word on your webpage. Give contextual explanation and translation from your sites! Try or get the SensagentBox With a , visitors to your site can access reliable information on over 5 million pages provided by Sensagent. com. Choose the design that fits your site.

次の

ドラァグクイーン

ホッシー ドラァグ クイーン

Arabic Bulgarian Chinese Croatian Czech Danish Dutch English Estonian Finnish French German Greek Hebrew Hindi Hungarian Icelandic Indonesian Italian Japanese Korean Latvian Lithuanian Malagasy Norwegian Persian Polish Portuguese Romanian Russian Serbian Slovak Slovenian Spanish Swedish Thai Turkish Vietnamese 目次• 概要 ドラァグクイーンの起源は、男性の同性愛者が性的指向の違いを超えるための手段として、ドレスやなどの派手な衣裳を身にまとい、に大仰な態度をすることで、男性が理想像として求める「女性の性」を過剰に演出したことにあるといわれる。 本来はとしてのの一環として生まれたの一つであるため、ドラァグクイーンにはのやが圧倒的に多い。 しかし近年では男性のやがこれを行うこともある。 また趣味としてこれを行う者から、プロのパフォーマーとして活躍する者まで、ドラァグクイーンの層も厚くなっている。 演劇界の隠語だとするもの。 1870年に初出の記録がある。 当時舞台上で女性の役を演じる女優が不足した時は、子役や背の低い若作りの俳優が女装してこれを務めたが、無骨な脚が観客に見えないようにロングスカートを履いた。 ところがスカートの履き方に慣れていなかった彼らは裾を床に引きずっても平気な顔をしていた。 それが滑稽だったのでこの名がついたというもの。 英語の名詞 drag の本来の意味はこの「引きずる」である。 これが最も一般に普及している説。 で「着る」を意味する tragen がの trogn となり、これが英語化して drag となったとする説。 現代口語英語にはイディッシュ語を経由したドイツ語を源とすることばが多いことを背景とした説だが、変化した際の子音交換が必ずしも音声学の法則に沿っていないところもあり、こじつけだとする見方が一般的。 DRessed As a Girl(女性のように装う)の略語だとする説。 英語圏以外で巷間に流布している説だが、これはいわゆる俗説である(正しい英語では dressed like a girl という)。 なお drag queen という成語の初出は1941年である。 これは drag が drug()に関係あるかのように誤解されないよう、あえて差別化しているのがその理由である。 またこれ以前から独自のドラァグ文化が存在した主に関西方面では、今日でも「ドラッグ」と表記することが多い。 以下本記事では便宜上、関の東西を問わず「ドラァグ」を使う。 歴史 背景 のの伝統がある日本では古くから男性が女装して人前で芸を披露する伝統があった。 また畿内では女舞が主体であるの伝統が根ざしており、そうした中からは・のような舞手も出ている。 この吉村の一人息子が1969年『』で衝撃的なデビューをした()である。 ピーターはデビュー後しばらくは女装でさまざまな芸能活動を行ったが、一歩カメラの前を離れると通常は男装または中性装(ただし派手なものだったが)で、しかも自らのを一切芸の中には持ち込まなかった。 この点が常時女装で同性愛者を公言していたなどとは一線を画していた。 このような背景を下地に、既成の「芸能人ドラァグ」には飽き足らなくなった一般の人々が、この新しい分野の芸を自ら体現してみせるようになり始めたのは、時代が下って1980年代の終わり頃、いわゆるの時代のことだった。 黎明期 日本におけるドラァグクイーン第一号は、ミス・グロリアスだと言われている。 ミス・グロリアスは90年代初頭からを拠点にしてドラァグを広めていく。 同じ頃、ではマーガレットこと小倉東がアメリカのゲイ文化としてのドラァグを紹介していた。 そして関西では「Diamonds Are Forever」というイベント、関東では「Gold」という伝説的クラブでドラァグを行う者が多く現れ始めた。 この頃のドラァグには、関西と関東でその毛色に違いがあった。 関西では主にスタイルや的な要素が強く、逆に関東ではクラブの盛り上げとして周年パーティ的、あるいはミスコン的なお祭り騒ぎであるものが主流であった。 折しも映画『』のヒットに乗って1990年代前半のゲイブームが到来、ドラァグはゲイカルチャーに無くてはならない存在となった。 1990年代半ば以降はばりにキレイなドラァグクィーンが主流になっていった。 「歌モノ」が隆盛を極め、そのためクラブイベントでのドラァグは、洋楽女性DIVAのや、へのお供えが中心となっていった。 その一方で、UC(アッパーキャムプ)と呼ばれる従来のドラァッグとは一線を画すドラァグが東京に現れ始める。 UCの出現によりドラァグは、日本の女優をしたセクシャルなショーに変化。 流行アイドルのリップシンクや、テレビドラマのパクリなど、ネタ色が強く、しかもだれもが知っているようなネタにより、これがファン層を広げることにもなった。 近年の傾向 ともすると自虐的なドラァグショーの完成度の低さには定評があり、女装プロレスや、女装下げ演劇などは特に悪名高い。 それでいて観客動員数は右肩上りで、既存のクラブイベントだけでなく、ショーイベントの要としてドラァグクィーンの存在が増し、活躍の場も広がった。 人気ドラァッグクイーンのあまりにも長いショータイムのせいで会場が酸欠状態になり卒倒者が続出、救急車が出動するというドラマクイーン顔負けの騒動もあった。 その後もドラァグ文化は盛衰を繰り返しながら、着実に日本に根を張り続けている。 著名なドラァグクイーン 日本• ミス・グロリアス(日本のドラァグクイーン第一号といわれる)• マダム・ボンジュール・ジャンジ(日本初、女性のドラァグクイーン)• クリスティーヌ・ダイコ(元祖・オオバコの女王)• ホッシー(MISIAのコンサートツアーに参加)• (文化、アート系ドラァグクゥイーン)• (1990年代にテレビを中心に活動)• (俳優。 パフォーマンス時のキャラクターとして)• (系「」の第一人者。 「DJ SiSeN」としてイベントを中心にクラブDJ・ファッションモデルとして活動している。 山田髭美(主にアマチュアによる動画での出演が多かったが、その世界観は強烈で某映像作家に評価されたこともある、2007年に引退) オーストラリア メルボルンの有名デパートのイメージキャラクターにもなっている• (1955年デビュー、70歳を越えた現在でもテレビ・映画・舞台などで現役活動中。 本国はもとより、イギリス、カナダ、アメリカなどで絶大な人気を誇るメガスター。 ) アメリカ• ルポール (英語)• リプシンカ (英語)• ミス・ココ・ペルー (英語)• ミス・アンダーストゥッド (英語) スウェーデン• ドラァグクイーンが登場する作品 映画 洋画• 『』のローラ• 『』のヴィーダ・ノグジーマ・チチ• 『』のスターリナ(アルバート)• 『』の(本人役)• 『』のベルナデット・ミッチ・フェリシア• 『フローレス(英語)』のラスティ• 『』のエンジェル 邦画• 『』のハナちゃん テレビドラマ• (10月 - 12月、) 楽曲• の「freeze moon」の歌詞 出典 Webmaster Solution Alexandria A windows pop-into of information full-content of Sensagent triggered by double-clicking any word on your webpage. Give contextual explanation and translation from your sites! Try or get the SensagentBox With a , visitors to your site can access reliable information on over 5 million pages provided by Sensagent. com. Choose the design that fits your site.

次の