アヴドゥル 死亡。 「ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダースエジプト編」第44話のあらすじ・ネタバレ・感想~イギー、アヴドゥル「さらば」~

ジョジョ アニメ 第三部 第43話 『亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その2』 感想ッ!

アヴドゥル 死亡

『封神演義』(ほうしんえんぎ)は、集英社『週刊少年ジャンプ』に1996年28号から2000年47号まで連載された藤崎竜による漫画作品。 原作は安能務訳『封神演義』(講談社文庫)。 累計発行部数は2200万部。 『覇穹 封神演義』(はきゅうほうしんえんぎ)とは、藤崎竜による漫画版『封神演義』を原作としたテレビアニメである。 2018年1月から6月にかけてTOKYO MX・サンテレビ・KBS京都・BS11にて放送された。 妲己(だっき)は、『封神演義』に登場するキャラクター。 主人公の太公望の最大にして最強のライバルにしてラスボスにして物語のヒロイン。 金鰲島出身の仙女であり殷の皇后。 原型は1700歳を生きた狐の妖怪仙人。 人肉を喰らうなど残酷な性格をしているその反面、妹想い。 その絶世の美貌により歴代の皇帝を意のままに操ってきた。 スーパー宝貝「傾世元禳」により完成させた誘惑の術(テンプテーション)を使い、紂王を誑かし贅沢三昧の悪政を行う。 伯邑考(はくゆうこう)は、藤崎竜による漫画『封神演義』に登場するキャラクター。 真面目で有能な美男子であり、琴の名手。 父が紂王に疑われて幽閉されている間、代理で西の地方を治めていた。 もう何年も幽閉されている父の身を案じ、献上用に三つの家宝を携え、父を救うべく朝歌に赴く。 妲己の誘惑の術を押さえつける程の精神力の持ち主であったが、家宝の一つで歌を歌う猿「白面猿猴」が妲己に恐怖を感じて襲いかかり、彼女に傷を負わせてしまう。 この罪で彼は殺され、その肉は肉餅(ハンバーグ)として姫昌に出される。 その日の夜、伯邑考の魂は封神された(つまり肉餅が出された時点ではまだ生きていた可能性がある)。 姫昌は何も知らないふりをしてこれを食し、そのおかげで『愚か者』として解放されるのだが、この一件がトラウマとなって食事がまともに喉を通らなくなり、やがて衰弱に至ってしまう。 原作冒頭から開始という形を取っているため、それにより物語序盤から中盤(仙界大戦)に移る部分で展開速度のペースを上げている。 その関係上、仙界大戦に影響する人物を中心にしており、アバンでは物語のかなり先の話の1シーンが描かれ、仙界大戦以前の物語自体も大幅にカットする構成を取っている(「覇穹」においては7話より仙界大戦に入る)。 そのため、原作と比較して時系列の前後関係に矛盾する点が数多く存在する。 作画や仙界大戦のみ原作に近い進行をするが、前半を大幅にカットした為に中心人物が登場しない、ほぼ全てのキャラクターが原作を知らない人には全くわからない状況になるなど、そもそもの構成が破綻しており、最終回に於いても物語中の伏線をほぼ解決出来ずに終わってしまっている。 テレサは、『CLAYMORE』の登場人物。 過去編における主要人物の一人で主人公クレアに多大な影響を与えた人物。 当時歴代最強と言われていた過去のNo. 1クレイモア。 第77期、182番目の戦士。 力、素早さ、戦闘技術などのあらゆる点に優れていたが、何より妖気の感知能力が極めて高く、相手の体の妖気の流れから相手の行動を先読みすることを得意とする。 その突出した実力ゆえに大抵の戦闘において妖力解放を必要とせず、普段の表情そのままに妖魔を斬り伏せること(また、その表情以外に目に見えて特徴的な戦い方をしないこと)から「微笑のテレサ」と呼ばれた。 妖魔討伐の日々の中でクレアと出会い、互いにかけがえの無い存在となる。 それが結果的に戦士としての強さと自覚を欠くこととなり、クレアを助けるために人間の盗賊を殺めたことで粛清の対象となるが、それを機にクレアのためだけに生きることを決意し組織を離反する。 『CLAYMORE』(クレイモア)SCENE08「覚醒」では、追っ手として現れたプリシラ、イレーネ、ソフィア、ノエルの4名を圧倒的な力で切り伏せたが、止めを刺さずに情けを掛けたことが仇となり、覚醒したプリシラに首を刎ねられ死亡した。 現在彼女の血肉はクレアに受け継がれている。 日野道生(ひのみちお)は、『蒼穹のファフナー』の登場人物。 新国連人類軍所属のファフナーパイロットとして登場する。 『蒼穹のファフナー』第23話「劫掠~おとり」にて、ザルヴァートルモデルのマークニヒトが襲来。 日野道生は、真矢、カノンと共に迎撃する。 相手はチート機体のザルヴァートルモデル(活動限界なし、無限復活、読心能力有)。 善戦するも、アニメ一期『蒼穹のファフナー』のラスボスであるマークニヒトの圧倒的な機体性能によって劣勢を余儀なくされる。 日野道生は同化現象で意識が朦朧とする中マークアインのフェンリル(自爆用の気化爆弾)を起動させる。 コックピットをニヒトに捕まれ、機体の頭に激突させられ死亡。 通称、タッチダウン(もしくはダンクシュート)。 度肝を抜かれた視聴者も多かっただろう。 鬱展開に定評のあるファフナーだが、その中でも屈指の鬱展開と言われる。 さらに救いがないのは、日野道生の自爆はニヒトに一切ダメージを与えられなかったことだろう。 『寄生獣』(きせいじゅう、Parasyte)は、岩明均による日本の漫画。 『モーニングオープン増刊』(講談社)にてF号(1988年)からH号(1989年)まで全3話の中編作品として連載された後、続きの第4話以降が『月刊アフタヌーン』(講談社)に1990年1月号から1995年2月号にかけて連載された。 謎の寄生生物ミギーと共生することになった高校生・泉新一の数奇な運命を描く。 テレビアニメは、『寄生獣 セイの格率』のタイトルで、2014年10月より2015年3月まで日本テレビほかで放送された。 全24話。 君嶋加奈(きみしまかな)は、岩明均の漫画「寄生獣」に登場するキャラクター。 原作では所謂「スケバン」系の女生徒で、名前も「加奈」としか明かされていない。 2014年制作のアニメ版『寄生獣 セイの格率』で「君嶋加奈」というフルネームが付けられた。 テレビアニメでは第5話から第12話にかけて登場。 普通の人間だが、パラサイトが発する信号を感知できるという特殊能力を持っており、これがきっかけで主人公の泉新一(いずみ しんいち)に興味を抱き、次第に心惹かれていくことになる。 ララァ・スン「大佐、引いてください、危険です!」「大佐、どいてください、邪魔です!」 マグネット・コーティングが施されたアムロ・レイのガンダムに対応できないシャア・アズナブル。 ララァ・スンにも「大佐、引いてください、危険です!」「大佐、どいてください、邪魔です!」と戦力外通知を受けてしまう。 このシャアの最大の屈辱のシーンで流れるシャアのテーマ曲「シャアが来る」。 あまりにもシャア・ファンにとっては悲しい時であった。 シャアのテーマ曲「シャアが来る」は、よりによってゲルググに乗ったシャアが、アムロにボコられそうになり、応援に入ったララァにまで邪魔扱いされるときに流れる。 このように、シャアのテーマ曲「シャアが来る」は、あまりにも自虐的な使われ方なので、非常にネタとして話題になった。 今でもファンの間で語り草になっている名シーンである。 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』は、1988年3月12日 土 に松竹系で劇場公開されたガンダムシリーズのアニメ映画。 監督は富野由悠季。 略称は英題の頭文字を取った「CCA」、または「逆シャア」など。 本作は『機動戦士ガンダム』から14年後の宇宙世紀0093年を舞台に、一連のシリーズの主要人物であるアムロ・レイとシャア・アズナブルの最後の戦いを描いている。 物語の終盤、ロンド・ベルがアクシズ分断に成功するも勢いが強すぎた為、地球の引力に引かれアクシズの後部が落下を始めたそれを見て、シャアは勝利を確信する。 しかし諦めきれないアムロが1機でアクシズを押し返する中で、自機に搭載されたサイコフレームの共振現象により発生した暖かな光に包まれ両者共に行方不明になった 富野監督、演者の池田氏曰く二人は「死んだ」と発言している。 シャア「ララァ・スンは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!そのララァを殺したお前に言えたことか!」 アムロ「お母さん?ララァが?うわっ!」 よりにもよってこれが二人の最期のセリフとなってしまった。 シャアは、秘書のナナイを愛人としていたりクェスを籠絡して自分の駒としていたが、自身はララァへの呪縛から離れる事が出来なかった。 最期の瞬間に発した言葉も自分をNTとして導いてくれるはずだったララァをアムロが殺害したことに対する怒りだった。 そしてその光は時に物理的エネルギーに転化し正体不明の力場を形成するというもので、その力場「サイコ・フィールド」の力でアクシズは逸れたとする説である。 『ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース』は、荒木飛呂彦の漫画作品『ジョジョの奇妙な冒険』のPart3(第3部)。 単行本12巻 — 28巻に収録されている。 今シリーズから「幽波紋」(スタンド)という設定が加えられ、以後、主な登場人物はスタンド使いとしてストーリーに関わってくるようになる。 テレビアニメは、『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』のタイトルで、2014年4月より放送された。 4クール(2014年4月2クール、2015年1月2クール)。 モハメド・アヴドゥルは、ジョジョの奇妙な冒険・第3部「スターダストクルセイダース」の登場人物。 生まれつきのスタンド使いで、ジョセフの友人。 DIOを倒すために承太郎やジョセフ達と共にエジプトへの旅に出るが、その最中にインドでホル・ホースとJ・ガイルのコンビと交戦した結果脳天を撃ち抜かれてしまう。 しかし九死に一生を得て生存しており(頭部を撃ち抜かれたように見えたが、ハングドマンに背中を刺された際にのけぞる姿勢となったために銃弾は頭蓋骨を少々掠める程度で済んでいた)、復帰後は潜水艦を購入したのち一行に単身合流を果たす。 『ダーリン・イン・ザ・フランキス』 DARLING in the FRANXX は、TRIGGER・A-1 Pictures共同制作による日本のテレビアニメ作品。 公式略称は『ダリフラ』。 2018年1月から7月にかけてTOKYO MXほかにて放送された。 APE直属の親衛特殊部隊「9's」のリーダー。 常に笑みを浮かべた慇懃無礼な金髪の少年で、ヒロとイチゴに興味を示し、特にイチゴには積極的に近づいている。 VIRM(ヴィルム)戦後は、パパたちからのメンテナンスを受けられなくなったために衰弱していたが、『ダーリン・イン・ザ・フランキス』第23話「ダーリン・イン・ザ・フランキス」にて、火星に旅立つヒロに同行する。 ストレリチアの代わりに九式に乗り込んだヒロのピスティルを務め、火星宙域にてストレリチア・アパスに接触するが、それを妨害する巨大VIRM(ヴィルム)を食い止めるため、ヒロだけを脱出させて自らはVIRMを道連れに自爆し、戦死した。 『カウボーイビバップ』(Cowboy Bebop)はサンライズ制作の日本のSFアニメ作品。 テレビ東京系などで1998年(平成10年)4月から同年6月にかけて全26話中の一部(後述)が放送され、その後WOWOWで同年10月から1999年(平成11年)4月にかけて全26話が放送された。 また、2001年(平成13年)9月には劇場作品『カウボーイビバップ 天国の扉』が公開された。 スパイク・スピーゲル Spike Spiegel は、本作の主人公。 もじゃもじゃ頭で長身痩躯。 かつて事故で負った傷のため右目には義眼を嵌めている。 ジークンドーの達人で、ブルース・リーを師と仰ぐ。 ジェリコ941改を愛用し、レース用に開発された機体を改造した高速戦闘機「ソードフィッシュII」を操る。 かつて、チャイニーズ・マフィア組織「レッドドラゴン」に属していたが、ある事情で組織から脱走。 公には死んだ事になっており、その過去の多くは謎に包まれている。

次の

荒木「アヴドゥル適当に殺したろ!億泰アホにしたろ!フーゴ離脱させたろ!」

アヴドゥル 死亡

概要 『 』に登場した。 DIOの側近で、DIOのためなら死ぬことも厭わない程の忠誠心の持ち主。 ジョースター一行の前に立ちはだかった事実上 最後にして最強の刺客であり、3部におけるといってもいい存在。 そのため原作の戦闘シーンは長く、コミック1巻分が使われた。 普段は冷静沈着に相手を見くびらず冷静に相手の性格・能力を分析し、相手の裏を読み、相手の意表を突つ戦法を用いる。 だが、DIOを貶めた者には 異常な怒りを見せる激情家でもある(例えイギーが砂で化けたDIOの虚像を『攻撃させた』ことなどにも)。 暗黒空間の球体状となる事で外の状況が把握できないクリーム(彼のスタンド:後述)の性質を知った上で、相手の周囲に回り込みながら徐々に間合いを縮めて追い詰めるなど、知略を駆使する一面を持つ でも屈指の凶悪さを秘めた難敵。 の部下の中でも腹心中の腹心と言える存在で、いつもその近くで仕えている。 彼に対する忠誠心は恐ろしく高く、「一人分の生き血が欲しい」とDIOが言えば、自分の首を ためらうことなく刎ねて血を差し出し、また、DIOを虚仮にしたに対しては、 「このド畜生がァーーーーーッ」 と、を披露しつつ、スタンドを使わず直接蹴りまくるなど、忠誠心を通り越して狂信、あるいは盲信とも言っていいに達している。 またDIO自身もことも辞さないヴァニラを失うのは惜しいと考えて甦らせている辺り、 実質部下の中では最も彼に信頼されていた人間と言える。 後述のスタンド能力も、この精神構造が如実に反映したものだと思われる。 強敵に対して一定の敬意を評する心がある一方、自身のスタンド能力への絶対的自信や「動物には矜持などない」といった偏った思想を持つなど、精神的にやはりどこか歪んでいる。 また「我が身を挺してでも仲間を助ける」という感情を理解できず、共感もできない。 余談だがこの度が過ぎたような忠誠心からか、彼は「大全」という本に掲載されている。 おそらく作者とポルナレフの誤認。 以下の表記も『吸血鬼』で統一する。 容姿 詳しくはへ 活躍 を倒したジョースター一行を葬るべく出撃。 当初は人間だったようだが、前述の通りの血を受けてとして復活した。 、、の3人と戦闘。 出会い頭にアヴドゥルとポルナレフをまとめて始末しにかかるが、勘付いたアヴドゥルがポルナレフを殴って突き飛ばす。 結果ポルナレフを仕留め損ねてしまうが、アヴドゥルを暗黒空間に飲み込み、仕留めることには成功した。 ヴァニラとしては「アブドゥルがポルナレフを助けたのは意外」であり、あの状況ではアブドゥルが保身に走って逃げると踏んでいた。 アヴドゥルを殺され、感情が爆発したことでパワーの増したポルナレフのに不意を突かれて手傷を負うも、亜空間に逃げ込んで空間攻撃で二人を追い詰めていく。 館の出口へ逃げると踏んで待ち伏せるが、ポルナレフの意志の強さを見誤って再び仕留め損ねる。 その後、上層階に先回りしてに穴をあけ、わざと警戒させてからポルナレフの足先をクリームで食いちぎり、ポルナレフの機動力を奪う。 足を食いちぎられたポルナレフのがむしゃらな攻撃を亜空間にもぐって避けるが、次に顔を出した時には見失っていた。 直後、イギーが不意打ちを狙って作ったDIOのダミーを打ち倒し、自分に主の姿を攻撃させた報いとしてイギーを執拗に蹴り続けると、ケリを着けるべく亜空間へ潜行。 だがイギーの砂からヒントを得たポルナレフが砂を巻き上げ代わりに使ったことで位置を特定され、確認のために顔を出した隙を突かれて喉を脳幹ごとにされてしまう。 それでも(無自覚だったが)吸血鬼の生命力もあって執念で踏みとどまり、ポルナレフの腕を捻って指先をクリームに食わせ、そのままへし折ろうする。 堪りかねたポルナレフがヴァニラから離れると、ポルナレフのふとももをえぐり取って完全に機動力を削ぎ、さらに部屋を外周から中心へ向かって削り取る戦法で確実に殺しにかかる。 しかしポルナレフが飲み込まれる直前、イギーが命と引き換えにを発動、ポルナレフを間一髪で助ける。 ポルナレフを仕留め損ねたヴァニラは猛ラッシュを喰らい形勢が逆転。 今度こそ殺しにかかろうと襲いかかった直後、その体質の変化を悟ったポルナレフに窓から差し込んでいたを浴びせられ腕が灰と化して消滅。 このときやっと自分が吸血鬼化していることを自覚した。 皮肉にもアヴドゥルと同様に 粉微塵になって死ぬという末路を辿ったのだった。 この際の煙と砂が、まるでアヴドゥルとイギーの魂がのように演出された。 OVA版 原作とは少し展開が異なり、DIOとジョースター一行が対峙するところで登場した(存在自体はから語られている)。 そしてDIOの能力で負傷し、の中に収められたアヴドゥルをDIOの命令で殺害した(原作におけるの役回りがアヴドゥルになっている)。 この際、アヴドゥルは駆け寄ったポルナレフを突き飛ばし、ヴァニラの攻撃から救っている。 突如として仲間を殺され、呆然とするジョースター一行に向けてDIOは「 私が右腕同然に可愛がっている男」「 こいつは私に従うことになんの恐れも不安も抱いていない」とヴァニラを紹介した。 直後、ヴァニラは「 自分の首を撥ねてみろ」というDIOの命令を平然と実行した。 原作と比べると余り喋らず、DIOから指示されるまでは口を開かない。 また話し方も淡々として感情に希薄。 しかし、戦いが進むにつれて本性を露わにしていく。 なお、この作品では、DIOの配下たちはスタンド能力を持ったため社会から疎外されていたという設定が語られた。 DIOという圧倒的な絶対者の下に就くことで「 安心」を得ていたという。 ヴァニラがDIOに絶対服従を示す理由もこれである。 その後、ヴァニラは吸血鬼として復活。 アヴドゥルの仇を討つべく戦いを挑んできたポルナレフと交戦する。 戦いの舞台が館の中から中庭へと移り、ポルナレフの不意を突いて片足を奪う。 の水しぶきを利用されてクリームの軌跡を見抜かれるが、それでもポルナレフの全身に微細なダメージを与えていき、弱らせていった。 戦いの場は再び館内となり、ヴァニラは能力で天井を崩すことでポルナレフを押し潰そうとする。 辛くも逃れたポルナレフだが、もう立ち上がる力もなくなっていた。 この時ヴァニラは、ポルナレフを庇ったアブドゥルの行為を「マヌケ」「バカなヤツほど早死にする」と貶した。 悔しさの余り涙するポルナレフにトドメを刺そうとするが、駆けつけたイギーの『愚者』の体当たりによって吹っ飛ばされ倒された。 ……わけがなく、密かに復活を果たすと イギーの下半身を削り取って致命傷を与え、足蹴にした後、蹴り飛ばして殺害。 続けてポルナレフも手にかけようとするが、の怒りの猛攻の前になす術もなく全身を貫かれ、最期は頭部を真っ二つに切断されて死亡した。 TVアニメ版 展開は原作に忠実。 イギーの命と引き換えに得たポルナレフの攻撃で倒れる。 直後に復活を果たし、ポルナレフの背後から逆襲しようとするもシルバーチャリオッツの猛攻でスタンドをズタズタにされる。 それでもヴァニラ本体がポルナレフに襲い掛かるが、これも迎撃される。 そして「 脳幹を貫いた辺りで吸血鬼化が始まっていた」ことを見抜かれ、太陽光が弱点だと気づかれてしまう。 ポルナレフから挑発されるが、太陽光に遮られてどうすることもできず激昂する。 直後、チャリオッツに背中を突き飛ばされ、太陽光に身を投じて跡形もなく消滅した。 「EoH」におけるヴァニラ・アイス が起こした「異変」によって復活。 序盤に一度だけ登場し、ポルナレフたちと交戦する。 戦闘後は「ポルナレフは自分の手で必ず殺す」と宣言して去って行った。 以後はストーリーには登場しないが、決着は番外編に当たるミッションにてつけられる。 担当声優 (格闘ゲーム版 アーケード版 ) (格闘版(PS版・未来への遺産)、版、TVアニメ版) (版) (版) 担当声優の速水奨氏がTVアニメ版でヴァニラを演じるのは過去に発売された第3部格闘ゲーム以来16年ぶりとなる。 更に速水氏はドラマCDにおいて、ASBにおいての声も担当しており実にDIOと縁のある重要人物を三人も演じたことになる。 この為か、のCM及びゲーム『アイズオブヘブン』でのプッチの声優は氏に変更となっていた。 関連イラスト 関連タグ ・・・DIOの狂信者仲間 ・・・第1部の狂信者。 歪んだ精神を持ちDIOによってゾンビとして蘇った所が共通している。 ・・・球体(液体金属)に身を包んで転がり、中央に追い詰める技を持つ ・・・類似する能力を持ち、能力の欠点も同じ機体。 余談だが、漫画版では物を消す際に「ガオン」の擬音も出ている。 ・・・「主君への狂信性」「先代主人公と主君の対立」「主君の息子が主人公の作品がある」と何かと共通点が多い。 しかし、DIOから高い信頼を得られていたヴァニラと異なり、こちらは捨て駒程度にしか思われていないという真逆な性質を持つ。 ・・・主君に力を与えられた事が原因で破滅した狂信者。 伏井出ケイと同様に捨て駒程度にしか思われていなかった。 関連記事 親記事.

次の

【ジョジョ】イギーの最期が泣ける…壮絶な過去や意外な性格まとめ

アヴドゥル 死亡

ジョセフが第3部本編の3年前に知り合ったスタンド使いの友人。 承太郎の元を訪れる際に連れてきており、悪霊を研究するために閉じこもっていた承太郎を牢屋から引っ張り出した。 褐色で体格の良い大男で、首からは数珠のようなものを下げ、髪は何本もの短い柱のような形にまとめている。 真面目な性格で正義感も強いがその分頑固で短気なところがあり、ダニエル・J・ダービーとの戦いでは自らを「結構熱くなるタイプでギャンブルには向いていない」と承太郎の勝負に自らの魂を預けたこともあった。 スタンドに関する知識が豊富で一行では参謀的な役回りを果たしている。 DIOとは承太郎と出会う4ヶ月前にカイロで出会い肉の芽を植えられそうになったが、ジョセフから事前にDIOのことを聞いていたため即座に逃げ出し難を逃れている。 旅の途中、インドでホル・ホースの銃弾に眉間を撃ち抜かれて死亡したと思われていたが、弾丸が頭蓋骨を滑って脳天を外れたことで一命を取り留めていた。 しかし傷の療養が必要だったため一行と別行動を取り、後に紅海の小島にて合流した。 その後は地中の敵に小便をかけるなど豪快でやや下品になっており、ポルナレフからも「性格が変わったんじゃないか?」と言われている。 DIOの館ではヴァニラ・アイスの奇襲を受けた際、ポルナレフとイギーを庇いクリームの亜空間に飲みこまれて死亡した。 メインメンバーの1人にも関わらず時間にして一瞬、驚くほどあっけない最期だったが、ポルナレフによってヴァニラ・アイスが倒された後、イギーと共に天に昇っていく描写がなされている。 間違えられやすく誤植されたこともあったが正式には「アヴドゥル(avdol)」であり、「アブドゥル(abdul)」ではない。 名前の由来はアメリカのアーティスト兼振付師の「ポーラ・アブドゥル」(こちらはア「ブ」ドゥル)。 ブ男 承太郎を牢屋から引きずり出そうとした際に言われた悪口。 実際ブ男かと言えばそうでもないが、初登場時に描かれていたゴツい雰囲気を言い表す表現としてなかなかに的確だったためそのままアヴドゥルの愛称の1つとなってしまった。 ジョジョでブ男といえばそう、彼、モハメド・アヴドゥルである。 能力チャート• 身体能力 かなり大柄で体格も良いがスタンドの性質上ある程度距離を取って戦うことが多く、目立った評価材料となるシーンはほとんどなかった。• 戦闘技術 敵の情報に詳しく自らのスタンドの扱いにも長けていたが、敵からも危険視されており、ホル・ホースとJ・ガイルのコンビやンドゥールなど、敵から最初に狙われることもあった。• 人望 真面目すぎる部分がポルナレフと相性の悪い部分でもあったが、そのポルナレフにも仲間として好かれており、他のメンバーからも慕われていた。• カリスマ性 マヌケな描写もあったが自身の確固とした正義感に基いて行動することができる人物であり、率先してチームを引っ張ることもあった。• 頭脳 本人は短気と自身を評価しているが正気を失うほど怒ったことはなく、冷静に物事を判断する能力に長けていた。 基本に忠実な反面、機転や奇策が打てるタイプではなく、そういった意味ではジョセフとは対照的である。 プロフィール• エジプト・カイロ生まれ• 星座:牡羊座• 血液型:AB型• 身長:188cm• 体重:90kg• 傷アト:額にホル・ホースから受けた銃弾の傷がある• 職業:占星術師• 好きな色:オレンジ• 好きな食べ物:寿司• 好きな映画:ミッドナイト・ラン• 単純な格闘能力も高いが、なんといってもその恐ろしさは鉄をも溶かすほどの高温の炎。 鳥の頭部を持った人型の像(ヴィジョン)を持つ。

次の