格安sim 解約金。 LIBMO(リブモ)の格安SIMの料金・最低利用期間・違約金

楽天モバイルMVNOの解約方法を全解説!2019年10月のルール変更に注意!解約金やお得な解約タイミングも解説

格安sim 解約金

ドリーム・トレイン・インターネット株式会社が提供する格安SIMであるDTIは、どのような流れで解約するのでしょうか。 格安SIMの中には解約手続きが分かりにくいものがあることから、解約方法や解約金は事前に把握することが大切です。 ここではDTIの解約の流れや解約金について紹介します。 目次:• DTI SIMとは とは、インターネットプロバイダーである「ドリーム・トレイン・インターネット株式会社」(通称DTI)が提供するサービスです。 DDTIは自社で通信回線を持たずに他社のインターネット回線を借りて通信サービスを提供している「」 仮想移動体通信事業者 のひとつです。 ちなみにDTIはNTTドコモの通信回線を借りてサービスを提供しています。 MVNOとは仮想移動体通信事業者の通称であり、自社回線ではなくNTTドコモやau、ソフトバンクなどの携帯電話会社から通信回線を借りて、自社のサービスとして提供している格安SIM事業者です。 格安SIMとは格安SIMとは、スマートフォンやタブレットなどの中に入っている小さなICカードである「SIMカード」を使った低額インターネット通信サービスです。 現在さまざまな格安SIM会社が市場に参入して低価格競争を行なっています。 DTI SIMの提供プラン一覧 DTI SIMには、「データプラン」「データSMSプラン」「音声プラン」の3つのサービスプランの提供があります。 さらにそれぞれのサービスのなかに複数のデータ容量が選べる形なっています。 DTI SIMの提供するプランとその料金 データプラン データSMSプラン 音声プラン 1GB 600円 750円 1,200円 3GB 840円 990円 1,490円 5GB 1,220円 1,370円 1,920円 10GB 2,100円 2,250円 2,800円 使い放題 2,200円 2,350円 2,900円 それぞれのプランの特徴 データプラン ・・・スマホはインターネットの使用のみ、携帯通話やSNSは不要という人に向いているプランです。 データSMSプラン ・・・LINEなど各種申し込みの際にSMS認証が必要なアプリを利用するのであれば、このデータSMSプランを選びます。 音声プラン ・・・090や080、070から始まる番号を利用した通話サービスを利用するのであれば音声プランを選ぶ必要があります。 通話もインターネットも一台のスマートフォンで利用したい方に向いているプランです。 DTI SIMの解約の流れ DTI SIMは、DTIのホームページ上から解約手続きを行います。 ここでは、DTI SIMの解約の流れを簡単に解説します。 まずはMy DTIにアクセスして、登録しているメールアドレスとパスワードを入力してログインします。 このログインパスワードは、DTIと契約を交わした際に郵送されてきた書類の中に記載されています。 サイト上の「よくある問い合わせ」の中にある「プランの解約をしたい」を選択し、画面下の「解約」のボタンをクリックします。 「解約申請」の中にある記載内容を確認して、「退会手続きへ進む」をクリックします。 退会申請画面に切り替わり退会する理由が一覧で表示されるので、該当する理由を選択してクリックしましょう。 アンケート形式で退会理由を選ぶページに切り替わります。 該当する項目を選択して「退会手続きへ進む」をクリックしてください。 退会に関する注意事項が表示されるので一通り確認しましょう。 ページの一番下に「退会を申請する」と書かれたボタンをクリックすると解約完了です。 DTI SIMを解約する際には、いくつか注意しなければならない点があります。 安易に解約すると問題が発生する可能性があることから、注意する必要があります。 ここでは具体的な注意点を紹介します。 最低利用期間と解約手数料 DTI SIMの音声通話SIMは最低利用期間を設けており、申し込みから12カ月以内に音声プランを解約もしくはプラン変更した場合には 9,800円の解約金が発生します。 データ通信プランとデータSIMプランには最低利用期間の設定がないことから、いつ解約しても解約金は発生しないので安心して解約できます。 ちなみに最低利用期間の開始月は、インターネットから申し込みした月ではなくSIMカードが自宅に到着した日が含まれる月となります。 解約金が発生するケース 最低利用期間 解約金 音声プランの解約・プラン変更 なし なし データ通信プランの解約・プラン変更 なし なし データSIMプランの解約・プラン変更 なし なし なお、2019年6月に新規受付を終了した「DTI見放題SIM+ルーターセット」プランにも、24カ月の最低利用期間があります。 最低利用期間内に解約した場合は、利用期間に応じて設定された解約金(950〜22,800円)が発生します。 25日までに解約が必要 DTI SIMを当月内に解約する場合は、その月の25日までに解約手続きを済ませる必要があります。 もし26日以降に解約手続きが完了した場合は、翌月末での解約扱いとなり翌月分の利用料金が発生するので注意しましょう。 10月25日に解約手続き完了・・・10月末で契約終了• 10月26日に解約手続き完了・・・11月末で契約終了(11月分の料金発生) ちなみにDTI SIMの解約手続きは土日祝日であっても対応があります。 初期契約解除制度 DTI SIMの音声プランには、「初期契約解除制度」が適用されます(法人は対象外)。 これは、DTI SIMに入会後送付される書面を受領した日から8日以内であれば、違約金や損害賠償金などが発生することなく書面にて解約することができる制度です。 書面には以下の事項を記載してDTIへ送付する必要があります。 契約書交付日• 契約者氏名• 契約住所• 連絡先電話番号• 申し込みプラン名• 契約を解除する旨の意思表示• 転出の希望の有無 送付先住所 〒847-0083 佐賀県唐津市和多田大土井4740-1 フリービット株式会社内 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット カスタマーサービス行 日割り計算にならない 月の途中で解約した場合、日割り計算にはならずその月の月額料金は全額請求されます。 したがって、月のはじめに解約した場合でも25日に解約した場合でも、解約した月の請求金額は変わりません。 SIMカードの返却 契約の解約手続きが完了したら、利用していたSIMカードはお客様負担で先ほど提示したDTIカスタマーセンターへ返却する必要があります。 解約後当月内はSIMカードの利用は可能です。 したがって解約してすぐに返却する必要はありませんが、仮に解約月の翌々月の25日までに返却されなかった場合は、紛失手数料3,000円が発生します。 解約したら翌月内には返却するように注意しましょう。 同じカードは再び利用できない 一度解約したSIMカードは、再契約したとしても利用することはできません。 解約後はいったんSIMカードを返却し、再契約した場合は新しいSIMカードを利用することになります。 音声プランのオプション 音声プランのオプションサービス(留守番電話やキャッチホンなど)に関しては、解約月末日の前日まで利用が可能です(おとくコール10・おとくコールは除く)。 オプションの解約受付 「スマホレンタル」や「おとくコール10」「おとくコール」といったオプションに関しても、25日までの解約が当月の解約受付となります。 なお「おとくコール10」と「おとくコール」は、いったん解約すると解約美の翌日午前10時まで再申し込みはできないので注意しましょう。 解約の取り消しができる 一旦DTI SIMのサービスを解約して手続きが完了した後でも、解約申請月の最終日までに連絡すれば解約の取り消しをすることが可能です。 その際はDTI SIMのカスタマーセンターに電話して解約の取り消しを申告しましょう。 DTI SIMカスタマーセンター• 0120-830-501(固定電話)• 03-5749-8091(携帯電話・PHS)• 受付時間・10:00〜17:00(平日のみ) プラン変更の方法 プラン変更には、の変更やSIMカード交換が必要なプラン変更、さらにSIMカードのサイズ変更があります。 DTI SIMで契約しているプランを変更する場合にも手数料はかかるのでしょうか。 ここではそれぞれのプラン変更の流れや注意事項、必要な手数料などを紹介します。 データ容量の変更 1GBから5GBへの変更など、データ容量を変更する場合はMy DTIにログインして変更手続きを行います。 25日までに手続きをすれば翌月から容量は変更されますが、26日以降に手続き完了になると翌々月での容量変更になるので気をつけましょう。 プラン変更は1カ月に1回 DTI SIMのプランを変更できる回数は、1カ月に1回のみとなります。 もし間違ったプランに変更してしまうと翌月まで変更できないので注意が必要です。 SIMカードの変更 音声プランからデータプランへ変更する場合など、SIMカード自体を交換するケースがあります。 SIMカードを交換する際は、3,000円の手数料が発生します。 MyDTIにて変更手続きを行うと、新たなSIMカードが送付されます。 新しいSIMカードが到着した翌月からプランが変更され、新たな料金が発生することになります。 音声プランには12カ月の最低利用期間が設けられています。 最低利用期間以内に音声プランから他のプランへ変更する際は、9,800円の解約金が発生するので注意しましょう。 SIMカードのサイズ変更 SIMカードには、標準SIMとmicro SIM、nano SIMの3種類があります。 SIMカードのサイズを変更する際はMy DTIより変更手続きを行います。 その際交換手数料として3,000円が発生します。 My DTIにてSIMカードのサイズ変更をした場合、現在のSIMカードは変更手続きの翌日から利用できなくなります。 新しいSIMカードが到着するまで通信ができない期間が発生するので気をつけましょう。 MNP転出する場合の注意点 DTI SIMから他社の通信事業者へ乗り換える場合は、いったんDTISIMを解約して転出する必要があります。 MNP転出とは 他の携帯電話会社や格安SIM会社に契約を変更した場合に、電話番号はそのままで変更後の通信会社のサービスを利用できる制度です。 MNP転出する場合の流れ My DTIにログインして、解約手続きを行いMNP転出予約番号を発行してもらいます。 MNP転出する場合の注意点 DTI SIMから他社の通信会社へMNP転出する場合にも、解約時の注意事項以外に気をつけるべき事項が発生します。 ここではMNP転出する場合の注意点を紹介します。 他社への転入手続きの完了 他の通信会社へMNP転出する場合、先に乗り換え先の転入手続きが完了した後にDTI SIMの解約手続きが完了になります。 仮に3月中にDTI SIMから他社へMNP転出手続きをしたとしても、転出手続きの完了が4月になれば4月分のDTI SIMの利用料金は全額支払う必要があるので注意しましょう。 予約番号の有効期限に注意 DTI SIM発番したMNP転出予約番号には、発番日より15日間の有効期限があります。 仮に有効期限を過ぎてしまうとその転出予約番号は使えなくなり、DTI SIMとの契約は継続されて月額の利用料金が引き続き請求されます。 もし有効期限が切れてしまった場合は、再度MNP転出予約番号を発行してもらう必要があるので注意しましょう。 MNP転出手数料がかかる DTI SIMの音声通話プランから他社の音声通話プランへ乗り換えた場合、5、000円のMNP転出手数料が発生します。 DTI SIMを解約するといくらかかる DTI SIMを解約する場合、解約金やMNP転出手数料など、いくつも料金が発生して混乱する可能性があります。 DTI SIMを解約すると結局いくらかかるのでしょうか。 解約のケースに分けて紹介します。 お得に解約するために DTI SIMの音声プランは最低利用期間があることから、期間内に解約すると解約金9,800円が発生します。 DTI SIMの音声プランをお得に解約するのであれば、最低利用期間の12カ月間を過ぎてから解約すると解約金が発生しなくなるのでおすすめです。 まとめ DTI SIMは他のSIM会社と比較しても格安の料金設定を行っているひときわ格安なSIM会社です。 「つかい放題プラン」や半年間の利用料金が実質0円の「お試しプラン」など、DTIならではのユニークなサービスを提供しています。 しかしながら音声プランの解約金やMNP転出手数料など、解約の際の負担金がやや高くなっている点には注意が必要です。 これからDTI SIMの導入を検討しているのであれば、解約時の手続きの流れや解約金などを把握した上でまずはお試しプランから始めることをおすすめします。

次の

格安simを解約したい時はどうする?知っておくべき事と注意点について

格安sim 解約金

auの解約方法 auから乗り換えをするにはまず解約をしなければなりませんが、auを解約するには2つのケースがあります。 携帯の契約を完全に解約してゼロからまた新規に契約するケースと、MNPで番号そのままにキャリアを乗り換えるケースです。 それぞれ解約する方法を見ていきましょう。 完全に解約する場合 完全に解約する場合には、必ずauショップに行く必要があります。 様々な手続きがオンライン上でできる時代ですが、完全に解約する場合に限り店舗に足を運ばなければなりません。 その際に持参しなければいけないものがいくつかあります。 忘れた場合には再度足を運ばなければならないことにもなりかねないので、忘れないよう気をつけましょう。 印鑑 サインでもOK• 身分証明書 運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど• 電話で157にかければ確認できるので、確認しておいてください。 SIMカードはスマホに入っているので、スマホごと持っていけば大丈夫です。 来店する場合には、事前に予約をしておくのがおすすめです。 いきなり店舗にいっても、混雑している場合には2~3時間待たされることも珍しくありません。 特に新商品が発売された直後などは混雑しやすいので気をつけてください。 来店の予約をするにはオンラインで行います。 「au STAR」会員の限定サービスですが、会員になっている方はぜひ活用しましょう。 お店によっては1分でも遅れると予約が解消されることもあるので、予約した方は遅刻しないように気をつけてください。 MNPをする場合 電話番号そのままに乗り換えるMNPでは、「MNP予約番号」が必要になります。 こちらは店舗にいかなくても電話で受け取れるので、下記の手順で予約番号を入手しましょう。 携帯番号ポータビリティー MNP の予約番号発行したいと伝えます この際、すんなり予約番号をもらえる場合もありますが、引き止めを受ける場合もあります。 引き止めの条件としてポイントをもらえることもありますが、ポイントをもらった方がお得だと思ったら、そのままauを継続することも可能です。 引き止めポイントは人によって5,000~30,000ポイントと幅があるので、その都度判断しましょう。 予約番号を入手した後は、後はオンラインで手続きが可能です。 予約番号には期限があり、期限がすぎると再度入手しなければならないため、入手後はすぐに手続きをしましょう。 auを解約するときの注意点 解約するにはベストなタイミングや、事前に確認すべきことがいくつかあります。 紹介していくので1つずつ確認してください。 解約は更新月に行う キャリアには更新月というものがあり、一般的には契約月から24ヶ月後となります。 この更新月を逃すと契約違約金が発生してしまうため、更新月にピンポイントで解約しましょう。 更新月以外に解約手続きをしてしまうと、9,500円の契約違約金が発生してしまいます。 更新月は電話 157 か、「My au」の「ご契約内容手続き」から確認できます。 端末の金額は完済しているか ほとんどの方が「毎月割」というキャンペーンを利用して、新しいスマホを手にしていると思います。 「毎月割」を利用している場合は、スマホ端末を24回払いにしているはずなので、契約から2年経っていないと残務金が発生してしまいます。 しかも解約してしまうと毎月割の割引が受けられないため、残り端末代をそのまま支払うことになるので注意しましょう。 仮にMNPした場合でも、次のキャリアで新しく端末を購入してしまうと、多重債務になることも覚えておいてください。 auの合算サービスに入っていないか スマホサービスだけでなく、モバイルWiFiや「じぶん銀行」、「au電気」など他のサービスを利用している方も注意しましょう。 スマホとの合算で毎月1,000円ほどの割引を受けていたと思いますが、スマホを解約してしまうと割引が受けられなくなってしまいます。 単純に年12,000円の出費が増えることになるので、気をつけましょう。 スマホを解約する際には、電気なども見直して総合的な値段で判断するといいでしょう。 auユーザーであれば、月々の支払いでいくらか溜まっているかもしれません。 WALLETポイントはauユーザーでなくても使えますし、貯めることもできますが、auユーザーでもなければ貯めるのは難しいでしょう。 そのため、auを解約するといつしかWALLETカードの存在も忘れてしまうものです。 どうせなら、解約する際に溜まってあるポイントを使ってしまいましょう。 ドコモに乗り換える際のキャンペーン 解約をした後は次のキャリアや格安SIMに乗り換えることになりますが、乗り換えはキャンペーンを使うことでお得になります。 まずはドコモに乗り換える際に使えるキャンペーンを紹介していくので、参考にしてください。 スマホ乗り換えサポート ドコモに乗り換える際にドコモ光かdカード GOLDに入会して、auの解約証明書を提出すると10,260円相当のdポイントが進呈されるキャンペーンです。 10,260ポイントとなると、契約違約金に相当するため更新月以外に解約してもいいですし、更新月に解約すればポイントをそのままもらえます。 オンラインショップ限定特典 オンラインショップで乗り換えるメリットはたくさんありますが、ドコモの場合は特典も受けられます。 対象端末を選ぶ必要がりますが、最大5,000ポイント以上もらえるので、端末にこだわりがない方はぜひ活用してみましょう。 下取りプログラム 乗り換えの際にそのまま端末を使うこともできますが、端末も変えたい場合は下取りプログラムを活用しましょう。 最大で64,000円もの割引が受けられるので、残債が残っていたとしても相殺できるかもしれません。 ディスプレイが割れていても査定してもらえるので、査定だけでもしてもらう価値はあるでしょう。 端末購入サポート 対象端末を購入することで、割引価格で端末を購入できます。 iPhone SE~iPhone XRなど新しい機種も対象になっているので、必ず目を通してみましょう。 もちろんAndroid端末も対象になっています。 オプションへの加入が条件にはなっていますが、それを差し引いてもお得なキャンペーンといえます。 ソフトバンクへ乗り換えをする際のキャンペーン ソフトバンクもドコモほどではありませんが、乗り換え時に利用できるキャンペーンがあります。 下取りプログラム 乗り換え ソフトバンクでも端末の下取りを行っており、最大54,000円の割引が受けられます。 破損品でも値はつくので必ず利用したいですね。 1年お得割 「データ定額 50GBプラス」「データ定額ミニモンスター」に加入した場合、1年間毎月1,000円の割引が受けられるキャンペーンです。 1度しか利用できないので、乗り換える際にはぜひ活用しましょう。 2年縛りがない 大手キャリアの場合は、最低利用期間が2年と設定されている場合がほとんどです。 2年間使うことに抵抗を感じる人は少ないかもしれませんが、問題なのは2年をすぎるとまた違約金が発生してしまうこと。 2年ごとにしか解約のチャンスがないため、一度逃してしまうとなかなか解約できません。 格安SIMにも最低利用期間は存在しますが、6ヶ月や12ヶ月など短めに設定されています。 最低利用期間を設けていないプランもあるため、試しに契約してみてもしダメならすぐに解約することも可能です。 通信速度が遅くなる場合がある 格安SIMの会社は、大手キャリアから通信設備を借りてサービスを提供しています。 そのため、キャリアに比べれば通信速度を決定する通信設備の質は高くありません。 ユーザーが増えることによって、通信が混雑してしまい通信速度が遅くなってしまうのです。 今通信速度が早いと言われている格安SIMも、ユーザーが増えれば遅くなることもありますし、借りる通信設備の数を増やせばまた早くなります。 メールやLINEをする程度であれば通信速度が遅くとも問題ありませんが、動画を視聴する方などは気をつけましょう。 長電話をすると電話代が高くなる 格安SIMにも電話のかけ放題プランはありますが、5分や10分など限定的で、その時間を過ぎてしまうと通常の通話料が発生してしまいます。 今はIP電話などが発達しているため、そこまで電話を重要視する必要はないかもしれませんが、仕事などでどうしても電話が必要な人は気をつけましょう。

次の

格安simを解約したい時はどうする?知っておくべき事と注意点について

格安sim 解約金

SoftBankのスマホユーザーであるあなたは、こう思っていませんか? 「格安SIMに乗り換えたいけど、途中で解約すると違約金がかかるんだよね…」 その通りです。 ソフトバンク以外の携帯会社も同じだと思いますが、基本的に「2年縛り」というものがあります。 なので、契約更新期間でないと途中解約には違約金がかかってしまうんです・・・今までは、ね。 「今までは」の話です。 この記事では、 契約更新期間でなくても途中解約で違約金がかからなくなる方法とその手順を書いていきます。 世の中は、「知っていると得をする」のではなく、「知らないと損をする」ような仕組みで成り立っています。 あなたがこのことをもしご存知なかったのであれば、この記事に出会ってよかったと思います。 新規契約から2年経っていなかったり、スマホ本体の分割料金支払が残っている方には当てはまらないかもしれませんのでご注意下さい。 2019年10月1日施行の「改正電気通信事業法」 2019年10月から施行された「改正電気通信事業法」のことはご存知でしょうか。 もしご存知でなければ、この機会に下記記事をご覧くださいね。 簡単にまとめると、次の2点になります。 携帯大手は2000年代からいわゆる「2年縛り」と呼ばれる施策を始めた。 2年の継続利用を条件に基本料金を割安にするが、更新月以外に解約した場合は9500円の違約金がかかる。 更新月に契約を解除しない場合は、自動的に2年間の契約が更新される。 総務省は10月1日施行の改正電気通信事業法にあわせて、2年縛りの抜本的な見直しを携帯大手に求める。 違約金の上限額を1000円とし、縛りがないプランとの料金差の上限も月170円にするという厳しいルールを携帯大手に課す。 海外の一部では2年縛りの撤廃が進んでいる。 米国では13年、当時米国4位の携帯電話事業者だったTモバイルUSが、米国の携帯電話の常識を覆すような施策を矢継ぎ早に導入した。 その一つの目玉となったのが、2年縛りの撤廃だ。 ご覧のとおり、旧料金プランは2019年9月12日で新規申し込み受付終了となっています。 旧料金プランから格安スマホに移行すると違約金発生! 2019年9月13日以降に申し込んだ分は「2年縛り」も「解約違約金」もない新料金プランとなりました。 しかし、旧料金プランで契約している人はそのままなのです。 つまり、 旧料金プランで契約している人が2年に1度くる契約更新月以外で解約すると、これまでと同様に違約金が発生するというカラクリです。 私はSoftBankから格安SIMへの乗り換えを検討していたので、実際にSoftBankショップに行って聞いてみました。 すると、「途中で解約すると1万4千円くらい違約金かかっちゃいますよ」と言われました。 そして残念ながら、新料金プランをおススメされることはありませんでした。 「知っていると得をする」のではなく、「知らないと損をする」のです。 旧料金プランを新料金プランに変更しよう! 旧料金プランのまま格安SIMに乗り換えてしまうと違約金が発生してしまいます。 そこで、自分で旧料金プランを新料金プランに変更することにしましたので、手順を書いていきますね。 My SoftBankから変更できます。 赤丸の「契約確認」を押します。 飲み会、晩酌、ジャンルを問わず大の酒好きでしたが、いざ酒をやめてみると人生の見え方が180度変わりました。 そして「酒のない人生なんて考えられない!」というのは、一度きりの人生を本当に損していると思うようになりました。 今日が人生で一番若い日です。

次の