浮気調査 手順。 スマホのロック解除方法!

素人でも簡単!!GPSを使ってで浮気調査を自分でする方法|旦那の浮気調査 研究所

浮気調査 手順

浮気調査の優先順位 まずは不貞の証拠を撮影する事が最優先事項です。 不貞の証拠が撮れるまでは調査対象者に警戒心を抱かせずに調査を進める必要があります。 証拠が撮れていない段階で強引な調査を行い、警戒心を抱かせてしまうと不貞の証拠が撮れなくなってしまう可能性があります。 例えば、 マンション、アパート住まいの場合、慰謝料請求の為には部屋番号まで判明させる必要がありますが、不貞の証拠が撮れる前に深追いして調査対象者を警戒させてしまっては元も子もありません。 部屋番号を判明させる為の追跡は調査の中でも少しリスクの高い調査となります。 なので調査当日、配偶者が浮気相手に会ってもまだ不貞の証拠が充分に撮れていない時は、住んでいる建物の判明に留める事もあります。 ホテルや自宅に行くなど、決定的な不貞の証拠が撮れる前の段階での深追いは禁物です。 インターネットなどでは「尾行は難しくないから素人でも不貞の証拠を撮れる」という記事も見かけたりします。 確かに尾行だけなら難しくないのですが、調査は尾行だけではありません。 素人では難しいのは「状況判断」と「張り込み」です。 調査の素人はどのような行為が警戒心を抱かせるのかが分かりません。 浮気調査する上で注意すべきポイント 浮気調査を進めていく過程で調査対象者を警戒させてしまう可能性のある行為があります。 依頼者様と相談しつつ調査を進めていると、時折調査の継続が難しくなるような事を頼まれることもありますが、状況によってはお断りする場合もあります。 依頼者様の中には私にご依頼頂く前に調査能力の低い探偵会社、便利屋などで失敗してしまった方もいらっしゃいます。 状況をお聞きすると明らかに 「調査でしてはいけない行為」をしているようです。 ・インターホンを押して在宅かどうか確かめる ・昼間に窓から室内の様子を伺おうとする ・監視地点の室内から見える位置での張り込み ・近隣の住民へ配慮しない位置での張り込み などなど、調査で行うと調査対象者を警戒させてしまう行為は多く存在します。 例えば、 依頼者様から「インターホンを鳴らして在宅しているかどうか確かめて貰えませんか?」などと頼まれる事もあるのですが、これをしてしまうと問題が起きてしまいます。 そもそもインターホンを鳴らしてみて在宅かどうか確かめるには調査対象者が応対した時だけです。 調査対象者が出てきた時は部屋を間違えたなどと言い訳をしたとしても警戒心を抱く可能性がありますし、一度姿を見られてしまう為、その後の追跡は困難になります。 居留守を使って覗き穴からこちらの姿を確認するだけで出てこない可能性もあります。 その場合、在宅かどうかすら確かめる事は不可能です。 昼間に窓から無理に室内の様子を伺うのも非常にリスクの高い行為です。 昼間に関しては注意が必要で、室内から外の様子は見えるのですが、逆に外から室内の様子を伺う事は非常に困難です。 調査対象者からはこちらが観察しやすく、こちらからは様子を伺いづらい状態です。 基本的に明るい所から暗い所は見えづらく、暗い所から明るい所は見えやすいのです。 実験してみて頂けるとわかりますが、薄いカーテンを閉めた状態で室内から外の様子を見るとよく見えます。 が、外からは室内の様子は中々見えません。 それとよくある他業者の失敗談として、張り込みの様子を調査対象者に室内から見られていた、というのも多いです。 調査ではどの場所が調査対象者から見える場所なのかを把握する必要があります。 張り込みは長いときには数時間、数十時間に及ぶ場合もあり、張り込み場所には気を使う必要があります。 調査対象者がいる建物、部屋の構造の把握も必要です。 特に窓には注意すべきです。 窓の位置や状況を把握できていないと逆に調査対象者から観察されてしまう事態に陥ります。 近隣の住民への配慮も必要です。 張り込みの際、近隣の住民に不審者として見られてしまうと張り込みは非常に困難になります。 近所付き合いの多い調査対象者の場合、近隣の住民から調査対象者に伝わってしまう事もあり得ます。 トップページ.

次の

初めてでも安心、探偵へ浮気調査を依頼する準備と手順を紹介|旦那の浮気調査 研究所

浮気調査 手順

これらの確認や操作は 手元の「ケルベロス」専用PC管理画面から行います。 対象のスマホがどこにあっても、手元の管理画面から遠隔操作が可能です。 起動してもスマホには通知されないため、 いつチェックされているのかわかりません。 チェックしていることが相手にバレにくいのは、浮気調査アプリとしては非常に優秀ですよね。 位置情報の取得は、疑わしい時間にパートナーがどこにいたのか確認できます。 ホテルや知らない人の自宅にいた場合には非常に疑わしいです。 遠隔操作での撮影や録音は、 画像や音声データがスマホに残らないのでバレずに周囲の情報を入手できます。 ただし、撮影の場合は決定的な場面がカメラの撮影範囲に入っていなければ意味がないので ちょっと使いづらいですね。 音声の録音はパートナーが浮気相手と会話していれば手がかりになるかもしれません。 「同性の友達と遊びに行ってくる」と外出したパートナーが異性と遊んでいたらかなり怪しいです。 通話履歴も取得可能で、発着信の日時と電話番号が表示されます。 欠点は 現代の連絡ツールとして一般的な「LINE」には対応していないので、パートナーがLINEを使って浮気相手と連絡をしていた場合、トーク履歴から浮気を見破ることはできません。 説明だけ聞いていると「 Cerberusめっちゃ便利じゃん!」と思う方もいると思います。 もちろん、「最強の浮気調査アプリ」とまで呼ばれ、機能も多いCerberusが 便利なのは間違いないですが、いざ使ってみようとすれば気づくことになります。 「 気づかれずに相手のスマホにインストールするのって難しくない……?」と。 公式サイトからダウンロード、インストールしてアカウント作成するのは意外と時間がかかります。 スマホは普段から携帯しておくものですし、ましてや浮気をしている人なら手放そうとしません。 仮に隙があっても、 スマホにパスワードを掛けられているとお手上げです。 Cerberusがいくら便利で、アイコン非表示などバレにくい機能があっても、 スマホにインストールできなくては当然威力を発揮できません。 ケルベロスは危険性もはらんでいます。 他人のスマホに勝手にアプリをインストールするのは違法です。 同意の上でインストールすることになれば、 監視されているのがわかっている相手から証拠を掴むのは至難の業です。 となれば、バレないようにこっそりとアプリをインストールさせたいところですが、「 不正アクセス禁止法」や「 不正指令電磁的記録」に関する罪に触れてしまいます。 実際に 知人女性のスマホに勝手にケルベロスをインストールして逮捕された例もあるのです。 さらに、個人情報を同意なしに取得して「 プライバシーの侵害」に問われる可能性もあります。 犯罪になるかもしれない……というより 間違いなく違法行為なので、超ハイリスクな手段と言えます。 裁判では写真を証拠品として使えますが、 デジタルの画像データだと証拠品として使えないことが多いです。 デジタルデータは改ざんがしやすいので、デジカメやスマホでとった画像は証拠として信用できません。 動画なら改ざんもしにくいので証拠として使えますが、性行為中やホテルに出入りしている瞬間を狙って操作し、かつパートナーがスマホを鞄の中などにしまっていないことが条件です。 そんなに都合良くは行かないですよね。 音声データでは、会話などで「 会っている」ことはわかっても、「 浮気している」とまで言えるものはつかめません。 通話記録に関しても、「 通話している」という事実はケルベロスでつかめるものの、その 内容まではわからないのでこちらも裁判では証拠になりません。 GPSも、それ単体では証拠として認められません。 GPSでラブホテルや浮気相手の自宅に行った記録から、証拠を撮影するために役立つ可能性はありますが、令状のないGPS捜査は違法とされた判例もあります。 出典:日本経済新聞() 違法行為によって集められた証拠は裁判では認められません。 特に勝手にケルベロスをパートナーのスマホに入れた場合は違法性の塊です。 絶対に認められないでしょう。 そのうえ、同意の上でインストールすれば浮気中はGPSを切られる、電源を入れないなど簡単に対策されてしまいます。 ケルベロスを使って個人で浮気調査をするのはどうしても限界があります。 白黒はっきりさせることはかなり難しく、せいぜい グレーをより濃いグレーにするのが限界です。 肉体関係を推測できるメールやメッセージのやり取りは証拠として認められます。 もしケルベロスをこっそりインストールできるような状況があるなら、 LINEやインスタなどのSNSをチェックしたほうが早いかもしれません。 特定の相手と親しくしている、頻繁に連絡をとっているとがわかるだけでも、浮気相手にある程度当たりをつけられます。 注意点として、新着のメッセージを見てしまうと見覚えないメッセージが既読状態になっていて、怪しまれるなど 気づかれるリスクも高い点です。 ただし、ケルベロスと同じく勝手にSNSなどをチェックするのも プライバシーの侵害、不正アクセス禁止法などの違法行為に該当するので、裁判で有力な証拠としては使えない可能性が高いです。 探偵に依頼する上で一番心配なのは料金です。 明確な料金体系や、 見積もりの際に内訳を詳細に説明してくれる探偵事務所を選びましょう。 見積もりは普通でも追加請求でとんでもない値段になることもあるので、 追加請求の有無も要チェックです。 探偵業届け出証明書は信頼できる探偵事務所の最低条件。 探偵業届出証明書は、公安委員会に探偵業の営業をすると届出ていることを証明する書類です。 この証明書がない探偵事務所は 悪質で、トラブルが起きやすいです。 ホームページでも証明書をアップしているところもあるので、事前に調べてみましょう。 探偵社は営業所の見やすい位置にこの探偵業届出証明書を掲示している義務があるため、この証明書がない探偵事務所に依頼をするのは避けてください。 調査方法も確認しましょう。 プロに依頼する理由のひとつは、個人調査で証拠を掴むのは違法行為になりやすい、違法行為で得た証拠は裁判で使えないからです。 プロに頼んだのに違法調査をされては意味がありません。 調査方法をきっちり説明してくれるところや、口コミなどの評判を確認しましょう。 原一探偵事務所は、• 弁護士が選ぶ 料金トラブルが少ない探偵事務所• マスコミ関係者が選ぶ 結果を出せる実績ある探偵事務所• 調査してほしい日に調査してくれた探偵事務所 の3部門で第1位に選ばれた信頼性の高い探偵事務所です。 特に原一探偵事務所のオススメポイントとして、 「安心の料金体系」と「ベテランの腕」が挙げられます。 まず料金体系ですが、現在の探偵事務所は全国的に料金トラブルが発生しており、国民生活センターには年間7000件以上の電話相談が寄せられているようです。 その点、原一探偵事務所は、 「見積り以上の追加料金が一切発生しない」ことを約束しています。 このような安心の料金システムが、原一探偵事務所の信頼性につながっているようです。 また、 創業44年の老舗探偵事務所である原一には、経歴20年を超えるベテラン調査員を含め、大勢のスタッフがいます。 そのため、小規模探偵事務所にはできない 「チームプレイ」が可能となり(たとえば、尾行がバレそうになったら別の調査員に交代する等)、調査の成功率が極めて高いことでも有名です。 質と安全性の両方をお求めの方には、原一探偵事務所がオススメです。 MRは 5年連続実績No. 1の記録を打ち立てた業界最大手の探偵社です。 その実績は年間15,000件以上に及び、さらに 「弁護士が選ぶ信頼できる探偵事務所」でも第1位に輝いています。 MRはなぜそれほどの人気と信頼性を勝ち得ることができたのでしょうか? その最大の理由といえば、 「認定カウンセラー」の存在です。 MRは探偵社でありながら、 業界で初めてカウンセラーによるメンタルケアサービスを始めたパイオニアでもあります。 現在、大手探偵社の中にはカウンセラーを積極採用しているところもありますが、その起源はMRにありました。 MRはカウンセラーによるメンタルケアを徹底することで、探偵業を終えたその後のクライアントのケアにも努めています。 特に不倫調査の多い探偵業において、不倫発覚後の夫婦のサポートは必要不可欠です。 多くの場合、離婚・復縁の二択に迫られるわけですが、いずれにしても、不倫が発覚し、動揺するクライアントに決断を迫るのは難しいもの。 あるいは冷静な判断ができず、後悔する可能性もあります。 MRでは認定カウンセラーが夫婦の人生相談に乗ることで、クライアントが最も幸福になれる道をサポートしてくれます。 そのようなカウンセラーの存在が、MRを業界最大手にまで押し上げた最大の要因といえるでしょう。

次の

探偵が解説する浮気調査の手順

浮気調査 手順

LINEにはトーク履歴を第三者に自動で送信する機能がついています。 ポイントはLINEのトークでの1つのメッセージのみを転送するのではなくて、それまでに保存されているトーク履歴全てをまとめて転送できる点です! このlineのトーク履歴の転送機能は、普段は簡単にタップできる場所にボタンがないので、あまり知られていません。 早速、どこにそのような機能があるのか?を説明しましょう。 LINEのトーク履歴の転送方法 条件としては、転送したいLINEのトーク履歴がある端末を操作する必要があります。 つまり、旦那さんの浮気をチェックしたいのであれば、こっそり旦那さんのスマホを操作しなくてはいけません。 なので、パートナーのスマホロック画面が解除できる前提で読んでください。 まずlineのトーク履歴を確認したいアカウント(浮気相手)を探します。 そして、その浮気相手と思われるアカウントとのトーク画面を開きます。 1、右上の三本線をタップ 2、右上の歯車をタップ 3、トーク履歴を送信を選択 そうすると、「メッセージ」「メール」「Twitter」「LINE」など送信できるツールのアイコンが表示されるので、使いたい送信先を選択します。 例えば、LINEを選択した場合は、次に送信先を選択する画面に変わるので、あとは自分宛に転送すればOKです。 転送先に送られてくる情報 Lineのトーク履歴の転送先で受け取れる情報は以下の通りです。 ・タイトル「〇〇とのトーク履歴」 ・保存日時(転送した日時) ・LINEトークの日時 ・トーク内容 ・スタンプ ただし、以下の情報までは見ることができません。 スタンプの画像 履歴には「スタンプ」とだけ表記されて、どんなスタンプかまでは分かりません。 ただし、文中の絵文字は閲覧する端末に互換性があれば、そのまま表示されます。 赤いハートなんて送り合っていたらバレバレです。 端末から消去されたトーク 手動で消去済のトークは履歴でも見れません。 ただし、パートナーが自分が送ったトークを「送信取り消し」した場合は、「送信取り消し」という文字が履歴に残っているので怪しいです。 (「送信取り消し」という表記自体も消去していたら見れません) とはいえ、lineのトーク履歴をまるまる読み進めていけば、ある程度の関係性は予測できますよね。 不自然に抜けているトークにも気がつくハズです。 このように、自分の端末にlineのトーク履歴を丸々転送して保存できることで、後からゆっくりチェックできることが浮気調査に向いています。 アカウントだけでは誰が怪しいか一見分からないので、とりあえず見覚えのないアカウントのトーク履歴を片っ端から自動転送するのもいいかもしれません。 さらに自分の端末に保存できることで、浮気の証拠として後から紙にプリントアウトすることだってできちゃいますよね。 lineのトーク履歴を転送した後の注意点 Lineのトーク履歴を他の端末に転送すると、パートナーの端末にトーク履歴として残ってしまいます! なので、必ずlineのトーク履歴を送信した履歴を消去するようにしてくださいね。 AirDropでもlineのトーク履歴を送信できる! さらに、LINEのトーク履歴は、iPhone同士であればAirDropでも送信できます。 そのためには、まず自分のスマホを、AirDropを受け入れできる設定にしておいてください。 その上で、LINEトーク履歴送信まで進むと、送信方法選択のところで受信可能な端末一覧が出てきます。 あとは自分のスマホを選択するだけです。 番外編~他の端末からパートナーのLINEにログインする方法 もう一つの手段として、パートナーのLINEログイン情報を知っていれば、他の端末から入り込むことができます。 がしかし、あまり賢明な方法ではありません。 まずは、他のスマホやタブレットからログインしようと思っても、パートナーの端末でログインしている時点で制限がかかってしまい不可能です。 一方、PCからであればログイン可能ですが、その場合もあらかじめパートナーのLINEにPCからのログインを許可する設定にしておかないといけません。 そのため、LINEのトーク履歴を転送するよりもリスクも高く、よほど手慣れた人ではないと後処理(元に戻すこと)でボロが出てしまいます。 まだ、パートナーが読んでいないlineのトークを開いてしまったら「既読」になってしまいますし、閲覧する時間にも限りがあるため、トーク履歴を自動転送する方がゆっくり浮気を精査するには向いています。 LINEのトーク履歴が転送できない時の原因と対処方法 前章の手順でやっても、LINEのトーク履歴がうまく送信できない時があります。 そのような時は以下の3つについてチェックしてみてください。 原因1~受信元のメールに文字制限がある 自分のLINEを送信先に選択すれば問題ないですが、キャリアメールを選択して送信した時に、文字制限に引っかかってしまうことがあります。 Lineのトーク履歴を丸々送信するとかなりの文字数になりますから、当然送信エラーになってしまします。 したがって、送信先はできれば自分のLINE宛か、文字制限のないメールアドレスを選択するようにしましょう。 メールであれば、宛先にアドレスを入力すれば送れます。 原因2~ラインのバージョンが更新されていない Lineのトーク履歴を送信する方も受信する方も、ラインが最新版にバージョンアップされていないとうまく送信できない時があります。 稀なケースではありますが、極端に両者のlineのバージョンに新旧の開きがあると、転送ファイルに互換性がありません。 このような時は、どちらか新しい方に合わせてlineのバージョンを更新する必要があります。 が、もしもlineのバージョンアップをパートナーの端末で行わないといけない場合は、勝手にバージョンアップしたことがバレてしまうリスクもありますね。 原因3~AirDropの受信設定がされていない AirDropがうまくできない(そもそも選択画面に自分の端末が出てこない)時は、受信設定が済んでいるかを確認しましょう。 ホーム画面を下から上にスライドすると、管理画面が出てきますね。 左上にある飛行機マークなどがある黒い枠を長押しすると、AirDropのアイコンが出てくるので受信できる設定に切り替えてください。 (通常は受信できない設定になっています) 消したlineのトーク履歴を復元する方法 では、肝心のlineのトーク履歴をパートナーが用心深く消去していたらどうでしょうか? この場合は、削除したlineのトーク履歴を復元してから転送する必要があります。 ただし、専用クラウドにバックアップをとっているlineのトーク履歴しか復元することはできません。 iPhoneのlineのトーク履歴の復元方法 1、LINEのアプリをアンインストールする 2、再度LINEアプリをインストールする 3、ログインに必要な個人情報を入力する 4、トーク履歴の復元画面から「トーク履歴をバックアップから復元」をタップする アンドロイドの復元方法 1、LINEアプリの「友達」画面から「設定」を選択 2、「トーク」から「トーク履歴のバックアップ&復元」を選択 3、「復元する」をタップする 機種変更したことがある人は、やったことがある作業かもしれません。 パソコンと接続しなくても、アイクラウドやグーグルドライブにサインインできれば動作が可能です。 (そのためにはLINEログイン情報以外に、端末の持ち主のクラウドログイン情報も知っていないといけません!) また、iPhoneの場合はアンドロイドと違って、一度LINEアプリをアンインストールする必要があります。 なぜなら、同じ端末でバックアップしていたトーク履歴を復活させるためには、再インストールしてからではないと復元画面が出ないような仕様になっているためです。 こうなるとそれなりの時間もかかり、その端末をパートナーが見た時に異変に気が付かれないようにするためには、バックアップする前の状況に戻しておく手間もかかってしまいますね。 バックアップする前に消去したlineのトーク履歴は戻らない くどいようですがここまで労力を使っても、パートナーの端末にバックアップの設定がされていなければ全く意味がありません。 ここまでのリスクを背負って、本当にやる意味があるかどうかを考えてみてください。 さらにバックアップしていない履歴を復元するには、トークを行った相手に依頼して「トーク履歴の送信」を行ってもらう方法もあります・・・が、浮気相手と思われる人に依頼するのは、現実的ではないですね。 iPhoneのアプリでlineのトーク履歴を復元させる方法 バックアップをとっていないLINEのトーク履歴を復元できるアプリも販売されています。 代表的なツールは「PhoneRescue」という名称です。 このツールを使えば、バックアップした内容をスマホの端末ではなくPC画面で確認することができます。 ただしパソコンとケーブルでつなぐ必要があることと、有料なことがネックです。 100%全てのデータが復元するという保障もありません。 したがってバックアップに力を注ぐよりも、端末に保存されている履歴だけを転送することに力を注いだ方が安全だと思います! LINEのトーク履歴を盗み見するのは不正アクセス禁止法に抵触する恐れあり さらにLINEのトーク履歴を転送するには、もう一つの注意点があります。 それは本人の許可なく、他の人とのメッセージ内容を盗み見ることは法に触れてしまうことがあるのです。 もちろん、「どうぞ」と快く見せてくれる人はいませんよね・・・。 ほとんどはパートナーに内緒でこっそり操作することが目的なハズです。 しかし、これはどんなに親しい仲でも(たとえ夫婦でも!)、個人情報や不正アクセスなどの罪に問われてしまいます。 さすがに警察に捕まることまではないですが、もしも離婚裁判などで浮気の証拠してLINEのトーク履歴を提出した時に、相手側の弁護士からその入手方法を指摘されてしまったら勝ち目は全くありません。 どんなに決定的な浮気の証拠だったとしても、違法に盗み見たものは無効になってしまうので、知り得た情報は「浮気の証拠」として使うのではなく「事実確認」までに留めておきましょう。 パートナーのLINEのトーク履歴を転送する方法まとめ~決定的な証拠が欲しいなら探偵事務所へ! LINEのトーク履歴を自分の端末に転送する方法を紹介してきました。 パートナーのスマホを操作する必要があるので、なかなか簡単にはできない人も多いかもしれませんね。 また、たとえできたとしても、lineのトーク履歴自体は浮気の証拠としては通用しないこともお分かりいただけたと思います。

次の