薄力粉 レシピ 簡単。 薄力粉を使ったレシピ・作り方一覧(1138件)

小麦粉で簡単人気レシピ15選!大量消費おかずや節約できる主食は?

薄力粉 レシピ 簡単

キッチンに常備しているけれど、いつの間にか賞味期限切れになりやすい食材の代表といえば、薄力粉です。 そんな薄力粉をもっと上手に活用するために、ここでは基本のレパートリー5つをご紹介します。 パンやうどん、ピザにいたるまで、和洋折衷・手軽につくれるおいしいレシピを、フードコーディネーターの小野かずみさんに教えてもらいました。 「薄力粉を上手に活用することで、料理のレパートリーがグンと増えます。 お子さんのおやつやお酒のつまみ、来客時のパーティメニューとしてもおすすめの、絶品レシピをご紹介します!」(小野さん) Recipe 1 発酵いらずのお手軽ピザ クリスピーピザ 「生地づくりに手間がかかるピザでも、生地が薄いクリスピータイプなら、発酵いらずで簡単です。 テーブルの上も華やぐので、ホームパーティのメニューとしてもおすすめです」(小野さん) 材料(1枚分) <ピザ生地> 薄力粉…100g 塩…2つまみ オリーブオイル…小さじ2 水…60cc お好みの具材(じゃがいも、サラミ、ピーマンなど) ピザソース…適量 チーズ…適量 つくり方 1. 生地の材料をすべて混ぜてこねる。 べたつきがなくなって、なめらかになるまでよくこねる。 生地をきれいに丸めたら麺棒で円形に伸ばし、上にビザソースを塗る。 フォークを使うと一気にあけられるので、時短になりますよ」(小野さん)•

次の

小麦粉で簡単人気レシピ15選!大量消費おかずや節約できる主食は?

薄力粉 レシピ 簡単

クッキー|薄力粉レシピ 【1】アイシングクッキー 持ち寄りやおみやげにもピッタリ。 子供と一緒に作りたいお菓子。 好きな色や絵柄を描いてかわいく作りましょう。 バターを泡立て器で混ぜ、砂糖、卵の順に加えて、そのつどよく混ぜる。 ふるった【A】を加えてゴムベラでさっくりと練らないように混ぜ、ひとまとめにする。 8割程度混ざったらラップに移して何度か折りたたむようになじませ、生地を均一にする。 ラップにしっかりと包み、冷蔵庫に2時間以上おく。 【2】台に打ち粉をして【1】を麺棒で4mm厚さにのばし(台がない場合はオーブンシートなどにはさんで均一にのばす)、好みの型で抜き、オーブンシートを敷いた天板に間隔をあけて並べる。 取り出して金網で完全に冷ます。 【4】アイシング:粉糖に卵白とレモン汁を少しずつ加えながらていねいに混ぜ、とろりとするまで濃度を調節する。 好みで食用色素をごく少量(竹串の先につける程度)入れて色をつけ、コルネ(オーブンシートを切って丸めたもの)に入れて上部を折り曲げ、コルネの先を切り落とし、飾りを絞る。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 『めばえ』2015年12月号 【2】ジャムサンドボタンクッキー 竹串で4つ穴と2つ穴のボタンを開けるだけ。 シンプルだけど、じわじわかわいく見えてくる! ジャムを挟んでめしあがれ。 【2】【1】に、合わせた【A】をふるい入れ、ゴムべらで押さえつけながらある程度まとめ、あとは手でひとつにまとめてラップに包み、冷蔵庫に30分おく(最初から手でまとめると生地がだれてしまう)。 【3】オーブンシートに【2】をのせ、ラップの上からめん棒で4mm厚さにのばし、4cm径の丸型で抜く。 オーブンシートを敷いた天板に並べ、竹串で4つまたは2つの穴をあける。 【5】ジャムを小さめのフライパンで煮詰めて、粗熱をとり、【4】でサンドする。 教えてくれたのは 青木恭子さん 小田真規子主宰のスタジオナ ッツ所属。 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌やWEBなどで活躍中。 『めばえ』2016年3月号 【3】キャベツクッキー 驚きの!キャベツを使ったクッキーレシピ。 こんがり炒めたキャベツが香ばしい。 【2】キャベツをせん切りにし、オリーブ油(少々)をひいたフライパンで茶色くなるまでじっくり炒め、塩をふってサッと炒め、冷ます(炒め上がり50g)。 【3】【A】をあわせてふるってボウルに入れ、オリーブ油(25g)を少しずつ加えながら混ぜる。 包丁で24枚に切る。 【4】オーブンの天板に【3】を並べ、25分焼く。 教えてくれたのは 柿沢安耶さん 世界初の野菜スイーツ専門店『パティスリー ポタジエ』のオーナーパティシエ。 野菜などの素材を厳選し、「おいしくて、体にやさしいスイーツ」を提供。 食育活動にもいそしむ。 『ベビーブック』2011年9月号 余った薄力粉の消費に|薄力粉レシピ 【1】ツートーンのクロスタータ シンプルなのに華やかな、2種類のジャムを使ったタルト。 イタリア料理のドルチェの定番です。 【2】【1】に砂糖とバニラオイルを加え混ぜる。 【3】【2】に卵を加え混ぜ、手でしっかりこねる。 【4】【3】にラップをかけ、冷蔵庫で1時間冷やす。 【6】底の生地にフォークでまんべんなく穴をあける。 【7】【6】にジャム2種類を半円ずつのせる。 【10】皿に移して、シュガーパウダーをかける。 教えてくれたのは ベリッシモ・フランチェスコさん イタリア料理研究家、料理コンサルタント。 イタリア・ローマ出身。 料理指導のほか、各メディアを通し、イタリアと日本の文化の架け橋的な役割を果たす。 オリーブオイル・ソムリエ(AISO認定)としても活躍。 『めばえ』2016年12月号 【2】トマトとズッキーニのふわ生地ピザ 発酵なしのお手軽手作り生地。 フライパンでできるのでとっても簡単。 手で粉っぽさがなくなるまで練り、ひとまとまりになったら、クッキングシートを敷いたフライパンの上に丸くのばす。 フォークで穴を数か所あける。 【2】【1】の上にピザソースを塗り、7mm幅に切ったズッキーニ、1cm幅に切 ったベーコン、半分に切ったミニトマトをのせる。 【3】ピザ用チーズをのせる。 【4】クッキングシートの下に、水50ccを注ぎ入れ、ふたをして中火で10~15分焼く。 ふたをして生地を蒸し焼きにする。 教えてくれたのは 阿部剛子さん 日々の暮らしの中から生まれた炊飯器レシピやフライパン活用レシピを公開して人気。 2児のママ。 『ベビーブック』2013年1月号 【3】たっぷり野菜ピザ ナスやズッキーニ、トマトと夏野菜のオンパレード。 カジュアルなピザランチも野菜づくめで。 ひとまとめにして台の上に出し、まんべんなく混ざるように軽くこねる。 【2】【B】はよく混ぜる。 【3】【C】のズッキーニ、ナス、トマト、ピーマン(種を取る)は、すべて輪切りにする。 とうもろこしは実と芯の間に包丁を入れ、芯から実を取りはずす。 【4】【1】を2等分に切って丸め、5分ほど休ませ、直径20cmの円形になるように薄くのばす。 【5】【4】に【2】を塗り、【3】とチーズをのせて焼く。 オーブン:予熱後、250度で5~10分、軽くこげ目がつくまで。 フライパン:予熱後、弱めの中火で10~20分。 チーズがとけて具に火が通るまで。 オーブントースター:900Wの場合、予熱後、6分~12分。 魚焼きグリル:(両面焼きタイプのみ)いったん丸めて広げたホイルにのせ、中火で5~10分。 材料の大きさや調理器具によって、様子を見ながら加減してください。 教えてくれたのは 小山有希さん 料理研究家。 元日本料理屋の両親、蕎麦屋の祖父母、元和菓子屋経営の義祖父母を持つ、食業界のサラブレッド。 おいしく食べて健康に近づける「医食同源」をモットーとしたレシピに定評がある。 1男1女の母。 牛乳を加え、ダマにならないように混ぜ合わせる。 【2】卵を混ぜ合わせ、湯せんで溶かしたバターを加えてこし器を通す。 【3】熱したフライパンにサラダオイル(分量外)を少量引き、余分な油をペーパータオルで拭き取る。 【2】をおたまに軽く1杯分すくって流し入れ、弱火で焼く。 【4】表面の生地が乾いて縁がパリッとしてきたら裏返し、裏面もさっと焼く。 これを繰り返して全部焼く。 【5】マーマレードをボウルに入れて生クリームを少しずつ加え、マーマレードを溶きのばしながら泡立て器で混ぜる。 生クリームを全量加えたら、7~8分立て(泡立て器ですくうと柔らかい角が立つ程度)にする。 これを繰り返してホールケーキ型に仕上げ、冷蔵庫で約30分冷やす。 教えてくれたのは 柳瀬久美子さん フードコーディネーター。 1988年から4年間フランスで修業し、エコール・リッツ・エスコフィエ・ディプロマを取得。 帰国後、広告や雑誌のフードコーディネート、レシピ提案、企業のメニュー開発、お菓子教室講師など幅広く活躍。 おしゃれでおいしいスイーツレシピに定評あり。 『めばえ』2016年9月号 【2】ミニパンケーキ 小さめに焼いたパンケーキに、好みのトッピングでおいしくアレンジするのも楽しい!たくさんの子どもたちが集まるシーンにも最適です。 ヨーグルトを加え混ぜ、溶かしたバターを加えて混ぜる。 【2】【1】に薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れ、ホイッパーで粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせる。 【3】フライパンにサラダオイル(分量外)を薄く引いて全体を熱し、【2】をスプーンですくって直径8cm位になるように落とす。 【4】生地の表面が乾いてきたら裏返し、両面を焼く。 自由にトッピングする。 教えてくれたのは 柳瀬久美子さん フードコーディネーター。 1988年から4年間フランスで修業し、エコール・リッツ・エスコフィエ・ディプロマを取得。 帰国後、広告・雑誌のフードコーディネート、企業や店舗のメニュー開発など幅広く活躍。 自宅で教える少人数制のお菓子教室も人気。 『めばえ』2017年8月号 【3】ミニウインナードッグ (卵・乳製品なし) 卵なしでもふんわり仕上がる。 【2】【A】を小さめのボウルに混ぜ合わせ、水を加えて混ぜ、酢を加えてさらに混ぜる。 【3】【2】に【1】を入れてクルクル回してからめる。 *重曹がなければベーキングパウダーでもOK。 子どもに食べさせるときは竹串を抜いてください。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 2人の女の子のママ。 「複数の食物アレルギーがある長女のために、家族みんなで食べておいしい料理作りを試行錯誤してきました。 その中から、ずっと作り続けている、わが家で人気のレシピを紹介します」 『ベビーブック』2011年4月号 おかず|薄力粉レシピ 【1】オクラのパコダ スパイスを混ぜた衣をつけて揚げるインド風天ぷら。 スパイス香る衣の中に、ほんのりきなこの香りも。 【2】ボウルに【A】を順に入れて混ぜ合わせる。 【3】【1】に【2】の衣をつけ、180度の油で揚げる。 衣がおいしそうに色づいたらOK。 教えてくれたのは カノウユミコさん 野菜料理研究家。 鳥取県の専業農家に生まれ、生来の野菜好き。 高校時代から自然食に興味を持ち、ベジタリアン料理・精進料理を研究。 現在は鳥取に住み、自ら野菜を自然栽培。 東京でも毎月、野菜料理教室を開催している。 『めばえ』2017年7月号 【2】パプリカの肉詰め 肉詰めはピーマンだけにあらず。 赤や黄色、オレンジなど色とりどりのパプリカを使った肉詰めレシピ。 みじん切りにした玉ねぎを加え、【A】を入れて粘りが出るまで混ぜる。 【2】パプリカは節ごと(4~5等分)に切って種を取り、内側に薄力粉をまんべんなく振る。 【1】の肉を等分に分けて空気を抜きながら少し大きめに丸め、パプリカを覆うように詰めて、薄力粉を全体に薄く振る。 【3】フライパンを熱してサラダ油をひき、【2】のパプリカの肉側を下にして、弱めの中火でじっくりと焼く。 2分ほどして焼き色がついたらフタをして5分焼く。 フタを取り、裏返して皮目に焼き色がつくまで3~4分ほど焼く。 【4】皿に盛り付けて、トマトケチャップとマヨネーズを混ぜて作ったタレをかける。 教えてくれたのは 瀬戸口しおりさん 料理家。 学生時代、東京・吉祥寺にあった『諸国空想料理店KuuKuu』のスタッフとして働き始め、その後、料理家・高山なおみ氏のアシスタントを経て独立。 昔ながらの家庭料理や人気のエスニック料理をよりおいしく、おしゃれにレベルアップさせる独自のセンスに定評がある。 『めばえ』2017年9月号 【3】鶏肉とかぼちゃのトマト煮 鶏肉、かぼちゃ、しめじがそれぞれ違った食感で食べていて楽しくなります。 トマトがどの食材にも相性よく、オリーブオイルが全体をしっとりとまとめてくれます。 しめじ、かぼちゃ は食べやすく切る。 【2】油を熱してしめじを焼き、鶏 肉を加えて全面を焼く。 【3】【A】とかぼちゃを加えてざっくり混ぜ、蓋をして弱めの中火で7? 8分蒸し煮にする。 途中1~2回混ぜて焦げないように煮る。 【2】中火にかけ、混ぜながらとろりとするまで10分ほど煮詰める。 それ以上は冷凍がおすすめ。 教えてくれたのは 石澤清美さん 料理研究家。 国際中医師・国際中医薬 膳師。 食養生やハーブなどの専門家でもあり、体にいいものを簡単においしく作れるレシピが人気。 『ベビーブック』2017年6月号 【4】サーモンの ムニエル (下) にんじんときゅうりで飾って。 5cm角に切り、塩をふって、薄力粉を薄くまぶす。 【2】フライパンにバターを熱し、【1】を全面焼く。 教えてくれたのは 八木佳奈さん 雑誌、広告などで料理撮影スタイリングや料理製作を手がける。 二人の女の子のママでもあり、子どもが喜ぶ、簡単でかわいいレシピが人気。 ザクザクとした食感が楽しく小腹が空いたときの味方。 サラダ油を加え、ポロポロになるまで混ぜ、豆乳を加えてヘラなどで混ぜる。 【2】ブルーベリーに砂糖をさっくりと合わせ、耐熱皿に並べ、【1】を上に散らして焼く。 オーブン:予熱後、200度で約20~30分。 オーブントースター:900Wの場合、予熱後、8分~13分。 材料の大きさや調理器具によって、様子を見ながら加減してください。 教えてくれたのは 小山有希さん 料理研究家。 元日本料理屋の両親、蕎麦屋の祖父母、元和菓子屋経営の義祖父母を持つ、食業界のサラブレッド。 おいしく食べて健康に近づける「医食同源」をモットーとしたレシピに定評がある。 1男1女の母。 『めばえ』2016年7月号 【2】ココナッツかりんとう 砂糖を控えめにし、ココナッツパウダーを効かせて。 手作りかりんとうは香ばしくて子供に人気のおやつに。 【3】フライパンに【C】を入れて中火にかけ、砂糖が溶けたら【2】とココナッツパウダーを加え、煮詰まったら取り出し、オーブンシートにくっつかないように広げて冷ます。 教えてくれたのは 青木恭子さん 小田真規子主宰のスタジオナ ッツ所属。 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌やWEBなどで活躍中。 くるみは手で小さく割る。 【2】ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖を加えてすり混ぜる。 白っぽくなったらサラダ油、【1】のにんじんを順に加え、その都度サッと混ぜる。 【3】薄力粉、ベーキングパウダーを振るいながら加え、ゴムベラでさっくりと混ぜる(練らないように注意)。 くるみも加えてサッと混ぜる。 【4】厚手のアルミカップ6個に【3】を6等分にして入れる。 【5】オーブントースターの天板に、アルミホイルを3枚ほど重ねて敷き(底部分が焦げやすいため)、予熱後【4】を6~7分焼く。 表面がややこんがりしたら、アルミホイルをふんわりかぶせ、さらに5~6分焼く。 竹串を刺して、生っぽい生地がつかなければ焼き上がり。 冷ましてからラッピングする。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて、作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組の料理監修など、子ども向けの料理提案も多数行っている。 【3】クルミはフライパンでから煎りして、粗く刻んでおく。 【4】ボウルに卵を割り入れてホイッパーで溶きほぐす。 【5】【A】をふるい入れ、ゴムべらでさっくりと混ぜ合わせる。 【6】8割程度混ざったら、【3】を加えて全体をムラなく混ぜ、【1】の型に生地を流し入れる。 【8】室温に戻したクリームチーズに粉糖を加えて、なめらかなクリーム状になるまで練り、レモン果汁を加えて混ぜる。 【9】【8】を【7】の上に塗る。 教えてくれたのは 柳瀬久美子さん フードコーディネーター。 1988年から4年間フランスで修業し、エコール・リッツ・エスコフィエ・ディプロマを取得。 帰国後、広告・雑誌のフードコーディネート、企業や店舗のメニュー開発など幅広く活躍。 自宅で教える少人数制のお菓子教室も人気。 【2】室温に戻したバターをホイッパーでクリーム状に練り、塩、きび砂糖を加える。 空気を含ませながら、白っぽくなるまでよくかき混ぜる。 【3】ほぐした卵を3~4回に分けて加え、その都度よくかき混ぜる。 【4】【A】を合わせてふるっておく。 【5】【4】の半量を【3】に加え、ゴムべらでさっくり混ぜて、粉っぽさをなくす。 【6】牛乳を半量入れてしっかりなじませ、【4】の残りの粉の、半量を加えて混ぜる。 さらに、牛乳の残りと【4】の残りを加えて混ぜる。 【7】【6】にブルーベリーを加えて、さっと混ぜ合わせる。 【8】【7】を【1】に均等に入れる。 飾り用のブルーベリーを生地の上に落とす。 教えてくれたのは 柳瀬久美子さん フードコーディネーター。 1988年から4年間フランスで修業し、エコール・リッツ・エスコフィエ・ディプロマを取得。 帰国後、広告・雑誌のフードコーディネート、企業や店舗のメニュー開発など幅広く活躍。 自宅で教える少人数制のお菓子教室も人気。 『めばえ』2017年8月号 【6】レンジカスタードのベリートライフル カスタードは電子レンジですぐできる!ミックスベリー、スポンジと交互に重ねて。 一旦取り出してよく混ぜ、再びラップをして1分30秒加熱。 泡立て器でよく混ぜ合わせ、ぴったりとラップをして冷ます。 【2】スポンジ生地は小さく手でちぎる。 いちごは縦半分に切る。 【3】グラスに【1】、【2】、ブルーベリーを好みで重ね入れ、ミントを飾る。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など、幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組では、子ども向け料理を提案し、定評がある。 『めばえ』2017年12月号 【7】きなこパウンドケーキ ほんのり感じるきなこの風味が香ばしい。 ふっくら焼いて生クリームを添えていただきましょう。 【2】【B】をボウルに入れて、泡立て器で砂糖が溶けるまで混ぜたら生クリームを混ぜる。 【3】【2】に【1】を入れてゴムベラでざっくり混ぜ、パウンドケーキの型に入れる。 【5】【C】をボウルに入れて泡立て器(量が少ないので電動がおすすめ)でクリーム状にしたら、きなこをさっと混ぜ合わせる。 カットした【4】にお好みでのせる。 教えてくれたのは minokamo 長尾明子さん 料理家・写真家。 出身地の岐阜県美濃加茂市から名前を取った「minokamo」は、料理提案・提供時の活動名。 季節や土地の食材、素材を活かしたおいしい料理、写真家としてのセンスが光るおしゃれな料理が人気で、出張料理やメディアの撮影など幅広く活躍。 『めばえ』2018年4月号.

次の

超簡単!サクサク!トロトロ!濃厚フォンダンショコラ~薄力粉なしレシピ | 田中ケンのプロの料理レシピ集と作り方~ケンズキッチン

薄力粉 レシピ 簡単

【材料】• A 強力粉 180g• A 薄力粉 20g• A ベーキングパウダー 10g• A きび砂糖or砂糖 大さじ2(20g)• B 豆乳 90cc• B プレーンヨーグルト(無糖) 20g• B ぬるま湯 20cc 【作り方】• 豆乳とプレーンヨーグルトは室温に戻しておきます。 ボウルにAを入れてゴムベラで混ぜ合わせます。 Bを別のボウルに入れて混ぜ、1に加えてゴムベラで混ぜ合わせます。 3がそぼろ状になったら手でひとまとめにします。 ボウルにかたく絞った布巾をかけて10分置きます。 膨らんだら手を水で軽く濡らし、生地をボウルの中で軽く押してまとめ直します。 台に取りだし、はかりを使って12等分(1個30g)にします。 7を1個ずつ丸め、かたく絞ったぬれ布巾をかけて10分置きます。 8を1個ずつ指でつまんで平らにし、生地の表面を下に集めるように丸め直します。 クッキングシートを敷いた天板に閉じ目を下にしてくっつけて並べます。 【材料】• ハムorベーコン 4~8枚(80g)• ピザ用チーズ 100g• バター 20g• A 小麦粉(強力粉) 300g• A 砂糖 大さじ2(18g)• A ベーキングパウダー 大さじ1(12g)• A 水 180cc 【作り方】• ハムまたはベーコンは5mm幅に切っておきます。 ボウルにAを順にすべて加え、手で混ぜて滑らかになるまで3分ほどこねます。 2を丸く整えて、ボウルに入れてラップをして10分休ませます。 打ち粉をしたまな板の上に3をのせ、包丁で6等分して丸めます。 1個ずつ手で直径12cmに伸ばし、生地の中央にハムとピザ用チーズをのせます。 生地の対角線同士をつまんで口を閉じながら包みます。 6を3cmの厚さになるように手で平らに押します。 26cmのフライパンに7を閉じ目を下にしてのせます。 バターの半量を入れて中火で熱します。 バターが溶けたら弱火にし、蒸気のもれない蓋をして12分焼きます。 生地をひっくり返し、残りのバターを入れます。 再び蓋をして、弱火のままさらに12分ほど蒸し焼きにしたら完成です。 【材料】• A 砂糖 大さじ1• A ぬるま湯 180cc• B 小麦粉(薄力粉) 300g• B オリーブオイル 大さじ2 【作り方】• Aをボウルに入れてゴムベラで混ぜます。 Bを加えてさらに混ぜ、生地をまとめていきます。 生地がまとまったら台に打ち粉をして手でこねます。 ボウルにオリーブオイル(分量外)をたらし、3の閉じ目を上にして入れます。 ひっくり返して全体に油がいきわたったら、ラップをかけて40分ほど発酵させます。 打ち粉をした台に生地をのせてガス抜きをします。 天板にクッキングシートを敷いて、丸めた生地を並べます。 お好みでコーンスターチを振りかけ、ラップをして15分ほど休ませます。 【材料】• A ぬるま湯 160cc• A 砂糖 大さじ1• B 小麦粉(薄力粉) 300g• B オリーブオイル 大さじ2 【作り方】• ボウルにAを入れて混ぜ合わせます。 Bを加えてゴムベラで混ぜ、まとまってきたら手でこねます。 台に打ち粉をして、2をさらにしっかりとこねます。 5~6分こねたら閉じ目を下にして丸め、閉じ目をギュッと結びます。 ボウルにオリーブオイル(分量外)を塗って、閉じ目が上になるように4を入れます。 ひっくり返してラップをかけ、40~50分発酵させます。 打ち粉をした台に生地をのせてガス抜きをしながら生地を広げます。 閉じ目が下になるように丸めたら塗れ布巾をかけておきます。 打ち粉をした台に9をのせ、軽く押して丸く整えながら生地を伸ばします。 クッキングシートを敷いた天板に10をのせ、ラップをかけて30分ほど休ませます。 表面に軽く水を塗り、穴が空かない程度にしっかりと丸いくぼみをつけます。 オリーブオイルを表面に塗って岩塩を振りかけます。 【材料】• 小麦粉(強力粉)200g• 育児用ミルク 120ml• ドライイースト 小さじ1(3g)• サラダ油 大さじ1• 塩 ひとつまみ 【作り方】• ボウルに人肌程度に温めた育児用ミルクとサラダ油を入れて混ぜます。 ドライイーストを加えて混ぜます。 砂糖と塩を加えて混ぜます。 小麦粉(強力粉)を加えて混ぜ、ひとまとめにします。 まな板の上に打ち粉を薄く広げて、表面が滑らかになるまで約5分こねます。 8等分にして丸めます。 フライパンにクッキングシートを敷き、生地を並べて蓋をします。 弱火で30秒加熱し、火をとめて20分置いて発酵させます。 発酵が終わったら弱火で10分焼き、ひっくり返してさらに10分焼いたら完成です。

次の