藁人形論法。 安倍総理は「死亡者のカウントに漏れはない」とは言ってない:川上浩一の呆れた藁人形論法

藁人形論法(ストローマン)とは?具体例と対策・対抗法を解説!

藁人形論法

別名「わら人形論法」、「架空の論法」、「ストローマン」とも呼ばれます。 ダミー論証は、「Aである」とする主張に対して「Bではない」と述べる形式の誤りです。 論理的でない人は無意識にダミー論証を行うことがありますが、そういう人を見かけたら優しく教えてあげてください。 (例 Wikipediaより引用。 ) A氏 「私は子どもが 道路で遊ぶのは危険だと思う。 」 B氏 「そうは思わない、子どもが 外で遊ぶのは良いことだ。 A氏は 子どもを一日中家に閉じ込めておけというが、果たしてそれは正しい子育てなのだろうか。 」 A氏は子供を家に閉じ込めておけとは言っていません。 B氏は 架空の主張に対して反論しています。 【問題】 B氏はA氏が何と言っていると思った? A氏 「今の経済は弱者に冷たすぎる。 制度を変えるべきだ。 」 B氏 「A氏はを支持しているが、それには反対だ。 」 空白部をマウスでドラッグしてください。 答え: A氏が共産主義を支持すると言っていると思った。 (しかしA氏は共産主義を支持するとは言っていません。 ) A氏の正しい返し方。 A氏 「B氏は、私が共産主義支持していると解釈されたようですが、私の考えはそうではなく、資本主義はそのままで、セーフティネットと所得分配を強化するべきだと考えています。 」 相手の間違いを指摘したからといって、騒がないように注意しましょう。 ちなみに、隠れた前提の有無を問う質問はダミー論証には含まれません。 ダミー論証が使われやすいのはAとBがその場で議論を展開しているとき ではなく、 Aがその場にいないときに、BがAの意見をみなに紹介して、それから反論する場合です。 Bは「Aはこんなことを言っていた・・・」と説明しますが、そのときにBにとって都合の良い歪みが加えられることがあります。 A氏「実は最近仕事がうまくいってないんだ・・・。 」 B氏「仕事を辞めたいんだね。 」 この会話のように、日常生活では相手の気持ちを推察して、相手が言いたいことを先読みする習慣があります。 真偽は定かではありませんが、よく日本人は他人の気持ちを察するのが得意だと言われます。 学校の国語の授業でも「作者(or登場人物)の気持ちを推察して作文しなさい」というタイプの指導をよく受けます。 しかしその習慣を議論にそのまま持ち込んでしまうとダミー論証の原因となります。 議論では相手が明言していない事まで推察だけで決め付けてはなりません。 大事なこと: 存在しない情報を想像してしてはならない。 論理の欠陥を見つける手法が、やさしい文章で詳しく解説されています。 お客様がこのサイトを採点してください。 アンケートにコメントして頂けると、今後の改善により役立ちます。 (どの項目についての評価かなど).

次の

呪いや藁人形などは本当に効果があるのですか?今、知り合いが呪うと言っていて...

藁人形論法

『安倍総理が「死亡者のカウントに漏れはない」と言ったのに実際は漏れがあるじゃないか!問題だ!』と言う人が居ますが、典型的な藁人形(ストローマン)論法でした。 引責辞任してもらいたい。 しかし、これは 藁人形論法=ストローマン論法の典型例です。 安倍総理会見では「死亡者のカウントに漏れはない」とは言っていない 川上浩一教授のツイートには丁寧に「ソース」として記者会見のトランスクリプトページのリンクが付いていました。 この話に関連 しそうな箇所は以下です。 では、 果たして日本はそれを隠しているのかという議論があります。 これは、私は違うと思います。 例えば死者の数は、PCR検査の数が少ないけれども、死者の数が多いということではありません。 では、死者の数、肺炎で亡くなっている方は、実はコロナではないかということをおっしゃる方はいるのですが、コロナウイルスの場合は専門家の先生たちが、これはみんな、私も確認したのです。 私も、これはそういう批判があるんだけれども、どうなんだろうかと。 このPCR検査、これが少なくてという話で、伺ったのですが、これは、 肺炎で亡くなった方については、基本的に肺炎になって、最後はCTを必ず撮ります。 それで、CTにおいて、これは間質性肺炎の症状が出た方は必ずコロナを疑います。 そういう方については、これは必ず大体、PCRをやっておられます。 ですから、そこで間質性肺炎でない肺炎で、例えば細菌性等々の肺炎で亡くなられた方等について言えば、これはコロナではない。 ですから、コロナではなくて肺炎で亡くなったという方はコロナではないのだという説明を私は受けて、私は納得したところでございます。 ここから明らかなように、安倍総理は 「死亡者のカウントに漏れはない」などとは一言も言っていません。 「 新型コロナの死者数を隠蔽していない」と言っているに過ぎません。 「カウント漏れ」は起こるもの ニューヨーク市では新型コロナウイルスによる死者がいきなり3700人以上も増えたということがありました。 これは病院以外の自宅などでの死者は検査もされていないために新型コロナが死因であるということが判明していなかったのが、後の調査の結果、そうであることが分かったというものです。 これは日本でも起こり得るのものです。 これを「カウント漏れ」と言うのか、「判明したものから順次公表している」と言うのかということはともかく、実態把握に時間がかかるために時間差で数字が追加されるということはあり得ることです。 これをいちいち問題視する意味がわかりません。 横行する藁人形論法 「朝日新聞が布マスクを3300円でぼったくり販売している」、しばらく前からまとめサイトで流行ってるネタですね…。 公的な場での政策への批判に対してまとめサイトネタで朝日新聞を叩いて応答する人間が首相だよ…。 絶望する…。 大手新聞社などもそういう論説に乗っかって記事を書いており、いちいち一般人が情報源を確認しなければなりません。 高 史明教授も川上浩一教授もなぜこういう基本的な事実を歪めてしまうのでしょうか? 以上 Nathannate.

次の

藁人形論法(ストローマン論法)とは?由来と具体例、対策を調べた!

藁人形論法

Sponsored Links 藁人形論法(ストローマン論法)とは? まずは藁人形論法とは何か?というところから。 ごく簡単にいうと、藁人形論法とは、相手の言っていることをゆがめて受取り、そのゆがめた内容に対して「これはおかしい」と反論する方法のことをいいます。 藁人形論法の具体例 例えば、Aさんが「 景気が悪いときには、政府が多少借金をしてでもどんどん公共投資をすべきだ」と主張していたとします。 それを聞いたBさんが、Aさんの主張の中の「景気が悪いときには」という前提部分を意図的になかったことにして、「 Aさんが『政府は(常に)借金をしてでもどんどん公共投資をすべきだ』と主張している!」と批判するような言い方が藁人形論法といえるでしょう。 藁人形(わらにんぎょう)と呼ぶ由来ははっきりしませんが、相手の意見をゆがめて受け取ることを、相手の藁人形としてたとえ、その藁人形をやっつけるというイメージでつけられた名前だと思われます。 [ad co-2] 宇多田ヒカルさんの説明をもう少しわかりやすく説明 上の宇多田ヒカルさんが書いている話は正直ちょっと難しくてわかりにくいですが、もう少しわかりやすく説明を試みると以下のようになります。 意識的に行われる場合には、その対策を考えておく必要があるでしょう(次で説明) [ad co-3] Sponsored Links 藁人形論法への対策 藁人形論法への対策は、相手の主張を冷静に聞くことからはじまります。 藁人形論法を使う人の多くは、こちらの主張を「自分の反論しやすいように歪めて」いるので、「自分の主張」と「相手の反論の根拠」のどこにズレがあるかを見つけ出す必要があるのです。 よってピカソに何人愛人がいたかはここでは関係がない。 わたしはピカソがどんな人物でも、その作品が落書きと区別がつかないとしても、ピカソの絵が好きだ。 あなたの反論する「作品の好きかどうかの基準」とわたしの基準は違う。 わたしの「好きかどうか」の基準には「落書きと区別がつくか」は含まれていないので、わたしが「芸術のわかる人間」かどうかは分からない。 [ad co-5] 藁人形論法の仕組みと詭弁である理由 藁人形論法(ストローマン論法)は意図的に行っていれば、まさに詭弁であるといえるでしょう。 相手の主張を意図的に歪め、それをあたかも相手が主張したかのように示した上で、その正誤に対して反論する手法を詭弁といいます。 藁人形論法(ストローマン論法)は相手の主張をいったんは受け入れ(たフリをして)、その主張を拡大解釈や都合の良い条件を付けくわえた上で反論するというものだからです。 [ad co-1].

次の