凪のおいとまネタバレ。 凪のお暇ネタバレ最新44話確定【昔から抜け出せない凪】

『凪のお暇』(なぎのおいとま)最新話のネタバレ【7、8、9話】

凪のおいとまネタバレ

Contents• これぞキュン死にさせてくれる男代表!『ゴン』 ミステリアスなお隣さんは王子様… 会社を辞め何も無いボロアパートで ありのままの自分を見つめ直す 生活を始めた凪(無職28歳) そんな凪のお隣に住んでいるのが 『ゴン』だった。 初めは 「腕の入れ墨」「謎のロンゲ」 「ベランダの放置ゴーヤのジャングル」 等にビビっていた凪ですが。 勇気を出して声をかけてみると 実はとても気さくで、凪の言葉に 素直に驚き。 素直に微笑む。 柔らかい空気の 持ち主だったのです。 凪と計算の無い言葉を持つ男 まず、計算的な男って 結構女性からの信頼を得られないですよね。 (大体「あ、コイツうまくやろうとしてスベってるな」 って分かって逆にイタイしね) それに比べてこの「ゴン」は 凪への対応にまっっったく 裏表の無いんです! 心から思ったことそのままを言葉にして ポロっと言っちゃうもんだから その度凪もドキドキしっぱなし…。 (書いててなんだか虚しくなってくるね) まぁ慎二も思った事をそのまま口に 出してしまう人間ではありましたが 出す言葉のチョイスが壊滅的に悪い…。 (ブスとか変な頭とか…) そんな慎二と別れて直ぐ出会った男性が 真反対の性格をいく優男。 『ゴン』だったのだ。 これはもう… 凪ちゃんも 止まれないよね。 ゴンとゴンの世界と凪との距離 ここまでの説明だとゴンはただの 女子キュン死にマシーンの謎男に なってしまいますが。 ちゃんとゴンにも生活があります。 ゴンの主な活動は 『クラブイベントのオーガナイザー』 (イベントの主催者や責任者的役割) 常時ゴンの周りには沢山の人々が集り 凪からみても 『リア充でパーティーピープル…』 と少し引いてしまったりもしましたが。 その距離をいとも簡単に飛び越えて しまうのがゴンという男! ゴンのグループが凪にイベントの フライヤー(広告)を渡し クラブに来たことない凪のような子に こそ来て欲しいと言いますが そのフライヤーがあまりにデザイン的 過ぎで情報が全く分からない…。 ここで凪はスーパーのチラシの見やすさの 凄さを訴えると、周りの人は 「スーパーのチラシと一緒にしないでww」 と笑い飛ばしますが。 ゴンだけはそれを真剣な顔で聞き 凪の意見を素直に聞き入れ 凪ちゃん やっぱ面白いわ君 俺らには無い視点持ってる (凪のお暇1巻より引用) と言って。 ギュっと凪を抱きしめます。 これは変な下心があるとかではなく 『素直に感動して、その感動が 無意識に行動になっていた』 と言うような自然なハグでした。 早速フライヤーの再検討をすべく仲間達と 部屋に戻って行ったゴン。 ただポツンを残された凪。 友達に言われた言葉が頭を過る。 例えば今までと全く正反対のタイプに目を向けてみるとか! (凪のお暇1巻より引用) その言葉を必死に否定する凪! けど凪の顔はもう 真っ赤…。 動画見放題 (8万本!)• 動画レンタル (4万本!)• 書籍、漫画、ラノベ合計 (34万冊以上!)• 雑誌読み放題 (70誌以上!) 基本の 月額1,990円。 ちょっと待ったぁ!! 初めてU-NEXTを利用される方は断然お得な 『31日間無料体験』を利用して欲しい! 「31日間無料体験」を利用することによって 無料で 話題のドラマ、アニメ、漫画を楽しむことが可能! 無料トライアルで入会すると 600ポイントが貰えるので、ポイントを使って話題の漫画を読むことだってできちゃうんです。 そ・し・て。 無料期限終了の前に退会しちゃえば なんと 0円で楽しむことが出来ちゃう! そんな美味しい話…怪しい…。 と思うかもしれませんが。

次の

【凪のお暇】ネタバレ、ゴンという男の魅力に依存する女子多発!?

凪のおいとまネタバレ

トライアル期間中は無料で見れます! スッタフ・キャスト 原作 — コナリミサト 『凪のお暇』 脚本 — 大島里美 演出 — 坪井敏雄、山本剛義、土井裕泰 プロデューサー — 中井芳彦 主題歌 — miwa 「リブート」 大島凪 — 黒木華 我聞慎二 — 高橋一生 安良城ゴン — 中村倫也 坂本龍子 — 市川実日子 足立心 — 瀧内公美 江口真央 — 大塚千弘 織部鈴 — 藤本 泉 エリィ — 水谷果穂 市川円 — 唐田えりか 白石うらら — 白鳥玉季 杏 — 中田クルミ 小倉康明 — 谷恭輔 井原亮 — 田本清嵐 ママ — 武田真治 杏 — 中田クルミ 大島夕 — 片平なぎさ 白石みすず — 吉田羊 吉永緑 — 三田佳子 スポンサードサーチ 四国から緑(三田佳子)が帰ってきた。 緑は妹と住むために、実家の四国へ帰ると決意。 スナックバブルにて、みんなで緑の送別会をすることになった。 「糸」を歌うゴン。 「また逢う日まで」を歌う慎二。 人前では歌わないはずの凪が「ジュリアに傷心」を歌う。 坂本さんやみすずもそれぞれ歌って、楽しい送別会となった。 そこで凪はエレガンスパレスが取り壊されることを知る。 ゴンもみすずも引っ越しの準備をしていたのに知らなかった凪・・・。 なんとエレガンスパレスの家賃が激安だったのは取り壊しが決まっているからだった。 (ちゃんとチラシにも記載されていた) 凪は新しい家探しと、職探しを始める。 一方、会社に復帰した慎二。 円と顔を合わせるが、円は「わたし、もう大丈夫ですから」と吹っ切れた様子。 ちなみに凪や円をいびっていた足立さんは、取り巻きたちから嫌われていた。 2人だけのラインを覗き見してしまった足立さんはショックを受けて、かつての凪状態に。 その様子を察した円は、足立をスナックバブルに誘うのだった・・。 ある日、ゴンはエレガンスパレスを出た後に住む予定の部屋に凪を案内する。 「ここで一緒に暮らそう。 ずっと一緒にいよう。 俺、おばあちゃんになった凪ちゃんの横で昼寝したい」 思いを告げたゴン。 「ゴンさんの隣にいたら絶対幸せで幸せすぎて いまのわたしじゃまだ、簡単に流されると思う。 わたしゴンさんに会えて初めて思えたんです。 こういう風に今の自分を丸ごと認めてもらうのって すっごく安心するんだなあって。 暖かいんだなあって。 だからわたし、ゴンさんから色々もらうんじゃなくて 美味しい空気を大好きな人たちにあげられる人になりたい。 ゴンさんみたいに」 しかしゴンは凪からすでに美味しい空気をもらっていると言う。 「凪ちゃんの優しいところも 面白いところも 発想が斜め上いってるところも 全部、大好き。 凪ちゃんいなくなったら、俺なんもなくなっちゃうよ。 ダメなんて言わないで」 泣きながら、新しい部屋の合鍵を渡すゴン。 「ごめんなさい」 再度断る凪。 そんな凪に抱きつくゴン。 凪はゴンの背中に手を回すが、そっと引き剥がす。 「ゴンんさんに会えて本当によかったです」 「うん・・・俺も・・・」 その夜、凪は坂本と近状報告をしあう。 凪は坂本との夢を諦めていなかった。 修行のためにコインランドリーの全国展開をしている会社に就職することにしたと、報告する凪。 坂本も就職が決まっていた。 学歴重視のコインランドリーの息子からの紹介で、内装工事の営業をするらしい。 いつか自分たちのお店を持つ時に役立つと、坂本も凪と同じく夢を諦めていなかった。 そして凪は、慎二に電話をかけて呼び出す。 凪は慎二に報告があると、新しい仕事と部屋が決まったことを話す。 凪がゴンからの告白を断ったと知った慎二は 「凪のお暇の最後の1日くれない?」と、凪をデートに誘う。 水族館にやってきた凪と慎二。 「あの時のイワシ元気かな?」とかつての水槽の前に立つ2人。 「話したかったのはね、ありがとう・・・慎二。 一人で泳いで行くって偉そうなこと言って でもまたさまよった時はいつも慎二が助けてくれた。 なのにわたしはずっと一緒にいたのに 慎二の思いも家族のことも何もわかってあげられてなかった。 ごめん」 と凪は慎二に感謝の思いを告げて謝る。 慎二とつき合っていた頃の凪は 「慎二と結婚したい」という願いばかりだった・・・。 でもそれは色々うまくいかないことから 逃げたいだけの選択肢だった。 「今は少しづつ見つけられるようになったの。 本当にやりたいこと。 」 そう言って慎二にウィッシュリストを見せる凪。 「認めてやるよ。 お前はもう1人でしっかり泳いでるよ。 だからお暇卒業すんだろ。 だから俺もお前を卒業してやる。 俺が話したかったのは、お前は絶対に大丈夫ってこと」 「好きになってくれてありがとう」 こうして凪はお暇を卒業。 慎二は凪を卒業した。 エレガントパレスが取り壊される様子を眺めながら 「ありがとうございました」 と頭を下げる凪。 新居に入居するまでの間、坂本の家にお世話になるはずだったの凪だったが・・・坂本に彼氏ができていた。 しかも相手は我聞慎一。 慎二のお兄ちゃんだったwwww 新居に入居するまでの宿がない・・・途方にくれる凪だったが 【大島凪28歳。 しばしお暇いただいておりましたが、とにかく仕事行こう】 ーーーーとりあえず仕事に向かうのだった。 おしまい。 ドラマ『凪のお暇』10話(最終回) 感想・レビュー 『凪のお暇』ついに終わってしまった・・・。 慎二エンドか、ゴンエンドか。 どっちとくっついても万々歳だったけど、どっちともくっつかないエンドだろうなあ・・・と思っていたらやっぱりどっちてもくっつかないエンドだった。 タイプの違うハイスペ男からモテてて究極の選択をする。 ってので終わらないところがこのドラマのいいところだね😭 ただの惚れた腫れたの恋愛じゃなくて、 人対人の恋愛って感じで・・・憧れる。 本当に大人のヒューマンラブストーリー。 冴えないアラサー女子がモテるだけのドラマかと思っていた。 わたしは当初このドラマを冴えないアラサーオンナが突如モテ始める夢のようなドラマかと思っていた。 それが、だいぶ違ったなぁ〜。 凪ちゃんには惚れられる魅力があったし、何よりラストの選択が素敵・・・・! 好感度マックスの頑張りヒロインだった。 最後に凪が慎二に言った 「つき合ってる時は慎二と結婚したかった。 でもそれは色々うまくいかないことから 逃げたいだけの選択肢だった。 」 っていう言葉・・・・凪の気持ちが分かるオンナ視聴者多いんじゃないかなあ🙄 わたしは慎二みたいなハイスペ男とつき合ったことないけど、気持ち分かったもん。 結婚願望のある(あったことのある)オンナ全てがハッとした一言だったのではないだろうか・・・。 考えさせられたよ、凪ちゃん🤔 とりあえずわたしもウィッシュリスト作って頑張って生きる。 でも円だけは都合がいいオンナにされててかわいそうだったw 凪や円をいびっていた足立さん。 取り巻きたちから嫌われていた。 凪や円をいびっていたマウンティングオンナ・足立さんが取り巻き2人から嫌われていることが判明! 凪の時と同じバレ方だけど、 こいつらスマホ見られすぎてわろたwww むしろわざと見せているのでは?と疑いなくなる。 日常生活でスマホを置きっぱなしにしててメッセージの内容を見られることなんてそうそうないでしょ😂 バレ方は非現実的だったけど、マウンティング女が取り巻きに嫌われてるっていうのはリアル。 足立みたいなオンナは絶対に嫌われるタイプだと思ってた。 むしろ、取り巻き二人は凪より足立が嫌いだと思う。 わたしも身近に足立みたいなオンナがいたら絶対に嫌ってますw だがしかしフィクションの登場人物としては嫌いじゃなかった。 婚活パーティーに参加したり、慎二にアッタクしたり、表ではマウンティングしながら裏では必死で頑張ってる姿。 人間らしくて嫌いになれない・・・と密かに思っていたよ。 身近にいたら絶対にイヤだけど、全く関係ない第三者の立場から見てて、足立のことは嫌いになれなかった。 まとめ&全体を通しての満足度 満足度 100点満点中 80点 冴えないアラサー女子がいきなりモテはじめる系のドラマか思いきや、このドラマの本質はもっと深いところにあった。 高橋一生と中村倫也(と市川実日子)に取り合われるなんて羨ましすぎて死にそうなんだけども、それだけの感想で終わらないのが『凪のお暇』のすごいところ。 見終えた後に 「あーいいなー。 わたしもモテたいー」じゃなくて 「わたしもウィッシュリスト作って頑張って生きよ」と思えるようなドラマだった。 数多くのドラマが作られて忘れ去られるこの時代だけど、『凪のお暇』は心に深く残ってる。 当初の凪のように、人間関係に悩んだり空気を読むのに疲れた時に見直したいと思ってます😌 ということでわたしの中では高評価の部類である80点をつけたいと思います!.

次の

【凪のお暇】9話ネタバレ感想:ゴンが告白!兄慎一が家族を壊し慎二と凪が号泣【黒木華主演ドラマ】

凪のおいとまネタバレ

漫画 凪のお暇 最新話ネタバレ 7巻42話 ネタバレとあらすじ 私が生まれたせいで諦めた夢とはなんだったのか、私といるときいつも夢に思いを馳せていたのではないだろうか。 そんな母が可哀想で申し訳なくて、ゲームセンターで暇をつぶしたり、家族に隠れてウイスキーを飲んだりと、人生で初めてグレる凪。 凪を地元に残そうと堀を固める祖母に気付かぬフリをし、雪かきに励んでいるところ、後ろから「凪姉ね」と声をかけられます。 振り返ると、小さい時に遊んでいたご近所のマーくんが「もう根雪に挑まないの?」と聞きます。 思ったより硬かったから・・・と諦めるように笑う凪に、「果敢に挑むから、いつか硬い根雪もバーンと砕けるんじゃないかって」「それを見たいなと思いながらいつも眺めていた」と話します。 そうは言っても、簡単にこの根雪は崩せないんだとノートを恨めしげに見つめながら今日もウイスキーをあおる凪。 誰かと話したくてもこんな状態を見せるのは嫌だと葛藤していたところ、一件のズカイプへの承認依頼を発見します。 それは今一番、話し相手にぴったりの慎二でした。 円との交際も順調に見えた慎二でしたが、彼女の「かわいそうな自分」話にそろそろ嫌気がさしていました。 モヤモヤを抱えていたところ、凪の承認に気付き繋げてみると、泥酔した凪がハイテンションで話しかけてきました。 酔っ払っている凪は、慎二にはなんでも話せてしまうと自分の醜い部分も全てさらけ出します。 そんな姿に、俺といたあの日の凪はどこにいったのかと思いつつも、まんざらではなく・・・? 感想 慎二と凪のネット上での再会に、テンションめちゃくちゃあがりました! たとえお互いが「雑に扱ってもいい適当な相手」と思っててもですよ!まさか二人の会話が見れるなんて・・・慎二派の私としてはかなり嬉しい。 「慎二とつながれて嬉しい」と微笑む凪に、めちゃくちゃキュンときました。 酔っ払ってるからか、素直ですよね~そんな言葉に照れる慎二はさらに可愛かったです。 北国生活が上手くいかず落ち込む凪を見て、「かわいそうな自分に酔ってんだ」と茶化す慎二。 それは凪にたいしてではなく、自分語りを繰り返す円への気持ちを発散したくてでた言葉でした。 好みどストライクな円にも不満を抱えているようでちょっと安心。 というよりも、円への不満を感じないようにすることで、凪への想いを忘れようと必死になっているようにしか見えないです。 やっぱり慎二は可愛いですね!(笑) そんなキツイ一言にもひるむことなく、「そうだよ」と肯定する凪。 でもこんな悲劇のヒロインを演じる自分はもういやだ、だからもう酔っ払うのはおしまい」と慎二に告げるシーンはグッときちゃいましたね。 凪、めちゃくちゃ成長してる。 かわいそうな自分が可愛いことも自覚して、それでも思考停止しているだけじゃ何も変わらないと立ち上がる姿は、以前の凪ではありませんね。 そんな凪の前向きな姿に驚くも、居心地良く感じている慎二・・・これは凪への想い再熱の兆しでしょうか!? 今回の見所は、凪が慎二に全てをさらけ出すシーン・・・と行きたいところなんですが、地元のマー君との何気ない会話も見逃せませんね。 硬く積もった根雪に挑戦する凪ですが、ここでの根雪は母親や実家とのつながりを象徴しています。 そして同時に、砕ける瞬間が見たかったと話すマー君も、おそらく田舎の閉塞感に飽き飽きしているのでしょう。 彼自身も凪が挑む姿に、自身の思いを投影していたように感じました。 ほんとコナリ先生の描く漫画は深いですよね・・・はたして次号では、ゴンは凪に会うことができるのでしょうか?! 丸ごと無料で漫画を読む方法!.

次の