オットー フォン ハイデッカー は ゲーム 脳。 オットー・フォン・ハイデッカーはゲーム脳。

オットー・フォン・ハイデッカーはゲーム脳。

オットー フォン ハイデッカー は ゲーム 脳

(電極の+、-は適当に決めたケド実際電子の流れは逆だと後で解ったからな。 では、ボルタ電池作ってコイル巻いて。 フレミングの法則でN極を調べないと…。 (それ以前に物語の中で東西南北おもいっきり話してた…。 )北半球でないと困るの…。 北半球でええやん。 人は信じる原理を求める。 この大地球は地球より1.18倍大きな天体で角速度も…。 コリオリ力も違う天体です。 大気の厚さも…。 第一宇宙速度も。 重力加速度さえもな…。

次の

小説家になろう おすすめ作品紹介! ~貴族に転生編~

オットー フォン ハイデッカー は ゲーム 脳

25 [第48話] 公開! 2020. 25〓2020. 26 2020. 04 [第39話] 公開! 2020. 04〓2020. 15 2020. [全3作品]• 執筆の進捗は8割程•

次の

Re:オットー・フォン・ハイデッカーはゲーム脳 (#3515410)

オットー フォン ハイデッカー は ゲーム 脳

残念ながらコレだけ沢山星が在るのに北極星に相当する星が無いらしい。 略 1年がひょっとしたら400日以上あるかも知れないコトと。 冬至と夏至が曖昧だ。 略 地軸の傾きは23.4度より緩いかもしれないと言う事だ。 略 大人しく、今居る傾度が解かれば…。 不正確だが振り子を使うしかない。 ソレには強いワイヤーが必要だ。 実験するには、せめて30m以上の高さが必要であろう。 傾度は緯度の誤りでしょうけど、緯度を測る手段としてフーコーの振り子を選んでます。 その直後に、水瓶の栓を抜いた時の渦の向きで北半球か南半球かを判断してたのは興ざめでしたけど… あとはうろ覚えですが、最終的には、日の出・日の入りの歴史的記録に基づき、「自転がみそすりしているので、地軸の傾きは一定ではない」、という結論まで出してたかな。 そのため、十何年かおきに寒い冬 寒暖の激しい時期 が来る。 作中は寒暖の穏やかな時期で、そのうち寒い冬がくることとと、それが予測可能であることを主人公が示す.

次の