吉 鷹 幸春。 桐蔭横浜大学 柔道部

当連盟について

吉 鷹 幸春

来歴 [編集 ] 出身、78kg級で4連覇を達成したの出身校である名門の大川中学に入学してから柔道を始めたこともあって、中学時代はレギュラーになれなかった。 その後、に進むと力を付けて、3年の時には中量級で優勝を飾るまでになった。 に進学すると、正71kg級で2年、3年と連覇するたが、4年時には全柔連と学柔連の紛争により同大会への出場が叶わず3連覇はならなかった。 世では3位にとどまった。 4年の時にはで開催されたの71㎏級個人戦と団体戦で優勝を飾った。 1986年には所属になると、で優勝を果たした。 とでは2位だった。 その後はのの台頭により、国内の大会で2位や3位にとどまり続けることとなった。 1988年の代表選考のかかった講道館杯と決勝でも古賀に敗れて、オリンピック出場はならなかった。 その後も国内大会では何度も上位に顔を出すものの、優勝するまでには至らなかった。 一方、国際大会では1986年と1989年に、1990年に、1992年にはなど主要国際大会で世界の強豪選手や世界チャンピオンを下し何度も優勝を果たした。 なお、古賀がソウルオリンピックで敗れたソ連のとは2度対戦して、2度とも一本勝ちを収めている。 また、柔道無差別日本一を決める全日本選手権大会には1989年~1991年に3年連続で最軽量選手として出場している。 引退後は男子ナショナルチームジュニアコーチを経て、ジュニア代表監督になるが、では金メダルをもたらすことが出来なかった。 戦績 [編集 ]• - 優勝 中量級• - 優勝• 1983年 - 3位• - 正力杯 優勝• - 3位• 1985年 - 3位• 1985年 - 個人戦 優勝 団体戦 優勝• - 優勝• 1986年 - 講道館杯 優勝• 1986年 - 選抜体重別 3位• 1986年 - 2位• 1986年 - 2位• - 講道館杯 3位• 1987年 - 選抜体重別 3位• - フランス国際 2位• 1988年 - 3位• 1988年 - 講道館杯 2位• 1988年 - 選抜体重別 2位• 1988年 - 2位• - フランス国際 優勝• 1989年 - 講道館杯 2位• 1989年 - 選抜体重別 3位• - 選抜体重別 3位• 1990年 - 優勝• - 選抜体重別 3位• - 優勝• 1992年 - 講道館杯 3位• - ハンガリー国際 2位• 1993年 - 優勝• - 78kg級 優勝 無差別 優勝 脚注 [編集 ].

次の

Wikizero

吉 鷹 幸春

スポーツ選手の精神的適性に関する研究-柔道M選手の事例的研究- 共著. 日本応用心理学会 第69回大会発表論文集. 2002. 127• スポーツ選手の精神適性 6 -自転車選手 適性組 の人柄類型と競争成績について- 共著. 工学院大学共通課程研究論叢. 2002. 40-1• 柔道の練習が尿中イオン排泄変動に及ぼす影響 共著. 武道学研究. 2002. スポーツ選手の精神的適性に関する研究 柔道M選手、T選手の事例的研究. 桐蔭論叢. 2002. 大学生の性格類型と精紳健康度についての研究. 工学院大学共通課程研究論叢. 2000. 38 1 学歴 2件 :.

次の

吉鷹 幸春 YOSHITAKA, Yukiharu

吉 鷹 幸春

日本武道学会 日本武道学会は,日本学術会議の協力学術研究団体です。 オンライン方式での開催方法の詳細につきましては、決定次第、当学会ホームページ等で随時公開してまいります。 何卒ご了解のほど宜しくお願い申し上げます。 詳細は、開催方式変更のお知らせ(pdf)をご覧ください。 会員の皆様へ重要なお知らせ 一般研究発表申込期間延長のお知らせ 5月20日 水 を期限としてご案内しておりました第53回全国大会一般研究発表申込の締め切りを、5月28日(木)23:59 まで延長することになりましたのでお知らせ致します。 発表申し込みにつきましては、当ホームページから行ってください。 なお、大会の開催方法につきましては、一部オンライン等での開催も視野に入れつつ、現在理事会にて検討をさせていただいております。 決定次第早急に、ホームページ等でご案内をいたします。 学会員の皆様へ 新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言以降、事務局のあります早稲田大学構内も立ち入り禁止になっております。 そのため、今年度全国大会案内と会費納入通知につきまして、郵送での発送が遅延する可能性がありますことを、会員の皆様にはあらかじめご了承ください。 なお、大会申し込みにつきましては、期限内に当ホームページよりお申込みください。 まずは発表申込をしていただき、後日(2020年6月1日)から発表抄録の登録となります。 投稿には、アカウント登録が必要です。 アカウントをお持ちでない方は、最初にリンク先左の「アカウントをお持ちでない方」より、アカウント登録をしてください。 アカウント登録後にログインしていただくと発表申込ができます。 発表申込の前に以下の情報をご用意ください。 ・原稿のタイトル、発表形式、発表分野、全研究者の氏名、所属情報など 4. 登録されたmailアドレス宛に確認のmailが送信されます。 もし、1日経っても確認mailが届かない場合は、日本武道学会大会システム担当へご連絡下さい。 日本武道学会大会システム担当 木村、大竹 E-mail: 一般研究発表抄録の登録方法 ・発表抄録作成期間:2020年6月1日(月)9:00〜 6月30日(火)23:59 1. 予め、下記の「抄録テンプレート」から指定の様式をダウンロードし、それに従って講演要旨を作成して下さい。 提出する際はフォントを埋め込んだPDF形式にして提出して下さい。 フォントの埋め込み方法は以下のアドレスをご参照ください。 リンク先に発表申込みの際に設定いただいたIDと、パスワードを入力してログインして下さい。 登録されたmailアドレス宛に確認のmailが送信されます。 もし、1日経っても確認mailが届かない場合は、日本武道学会大会システム担当へご連絡下さい。 抄録登録期間中 6月1日(月)9:00- 6月30日(火)23:59 、登録トップ画面より講演要旨の再提出ならびに演題登録内容の変更が可能です。 ・ ・ ・ お知らせと訂正 <お知らせ> 令和元年度日本武道学会第52回大会時に開催されました総会、評議員会および理事会では、令和2年度からの次期副会長として「公益財団法人日本武道館から1名」の枠をお認めいただきました。 以前のように、日本武道館から副会長をお迎えできればと考えての提案でした。 しかしながら、提案手続きも含めて、日本武道館から次期副会長就任の承諾を得ることができず、これらの議事録に記載されている文言を訂正するよう強い申し入れがありました。 このような状況のもと、総会、評議員会および理事会でお認めいただいた次期副会長の「公益財団法人日本武道館から1名」を削除せざるを得なくなりました。 正式には、令和2年度の総会、評議員会および令和2年度第1回理事会でその旨ご承認いただき、令和2年4月に遡って削除したいと考えております。 会員の皆様方には、ご理解をいただきたくお願い申し上げます。 日本武道学会 前理事長 桑森真介 <訂正> 既刊『武道学研究』第52巻第1号の奥付末尾の記載に誤りがございました。 公益財団法人日本武道館にご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫びし、以下のように訂正させていただきます。 (誤) 「日本武道学会は、公益財団法人日本武道館からの支援を受けています。 budo. ac)からの電子登録 ・登録期間 発表申込み:5月1日 金 午前9時 〜 5月20日 水 午後11時59分 発表抄録 :6月1日 月 午前9時 〜 6月30日 火 午後11時59分 大会事務局: 〒225-8503 横浜市青葉区鉄町1614番地 桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部 TEL&FAX:045-974-5845 E-mail:tanakahi toin. jp 大会実行委員長 吉鷹幸春 桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部スポーツテクノロジー学科 教授 大会事務局長 田中宏和 桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部スポーツ健康政策学科 専任講師 日本武道学会事務局の移転について 日本武道学会事務局が、明治大学・桑森研究室から、早稲田大学・射手矢研究室に移転します。 コロナウイルス対策としては、昨日(2月25日)政府から基本方針が公表されました。 本学会では、理事の方々のほとんどが教員であり、4月からは授業が開始され、多くの学生と接触することになります。 このようなことからも、万が一にでも理事会開催が原因での感染はあってはならないと考えます。 また、東京では、公共交通機関を利用した移動は避けられず、近距離で一定時間患者といることになる可能性が十分にあります。 さらに、理事会では、他の出席者と距離をおいて着席することは難しく、また参加者間での会話を妨げることもほぼ不可能といえます。 3月21日開催予定の第5回理事会では、次期役員の選出等の重要な事項について審議していただく必要があるため、何とかして開催したいと考えておりましたが、上記のようなことから、第5回理事会は東京では開催せずに、e-mailまたは郵便でのメール会議にすることにいたしました。 理事会(メール会議)での提案・報告事項およびその関連資料は、理事会構成員の方々に、3月4日(水)に、e-mailまたは郵便で発送させていただく予定です。 理事会構成員の方々におかれましては、ご理解をいただけますよう、よろしくお願いいたします。 論文・学会発表の検索はこちらからどうぞ 杉江正敏『写真と記事でたどる 武道の近代史』刊行 日本学術会議情報 日本武道学会入会の詳細 日本武道学会の疑問・質問! 賛助会員の入会申し込みについて COPY RIGHT C Japanese Academy of Budo. All Rights Reserved.

次の