下関競艇場 特徴。 下関競艇場 水面特徴

【競艇】全国の競艇場一覧と特徴・インが強いのはどの会場?

下関競艇場 特徴

下関競艇場の特徴 下関といった場所柄、瀬戸内海からの海水によってうねりが発生したりと予想が難しいといった特徴が今までの傾向でありましたが、 現在はナイター開催によって下関競艇場の特徴も大きく変わってきています。 以外にも現在はインコースも強い競艇場としても有名になってきて、本命党も戦える競艇場として自分自身の回収率向上に繋げることもできるでしょう。 昼夜で変わる潮の影響 下関競艇場は、瀬戸内海に面しているため、海水のプール水面となっており昼の時間帯などでは下関特有の 『うねり』が発生することもあり荒れるレースが多くなるといった傾向が見られましたが、現在はナイターでの開催が多いことからナイターレースになると潮の影響を受けにくくなりインコースが逃げるレースが多いといった傾向が見て取れます。 そのため、ナイターレース開催時は、インコースの逃げ信頼ができるため本命党の方も舟券の予想がしやすくなったというメリットもあり、予想が難しいといった今までのイメージは徐々になくなってきている傾向となっています。 ピットから2マークへの距離は全国でも2番目の長さ 水面図 出典: 上記の水面図を見てわかるように、ピットから2マークまでの距離が173mあり、この距離は全国でも2番目に長い距離となっています。 この結果、ピット離れが少しでも遅れるとアウトコースの選手達はインコースに入ってくるため 進入隊形が変わるといったことも多くあります。 スタート展示で進入隊形が変わるようなことがあった場合は、舟券予想も大きく変わってきますので直前情報は要注目のポイントともなっています。 インコース優遇番組もあり本線決着が多い 下関競艇場はもインコース優遇の企画番組もあるため、インコースの勝率が高くなるといった傾向があります。 もちろん、企画番組以外のレースでも、うねりの影響をあまり受けない ナイターレースではインコースの勝率が高い結果も残っているため全体的にも本命決着が多い競艇場にもなっています。 関競艇場のレース成績から傾向を読み解く1コースの1着率が高いため、 レース成績から見てもインコースの強さが見て取れます。 基本線としては1コースを軸に、本命舟券の予想をしつつも6コースからの1着率も他の場に比べて高いため、穴舟券として絡めてみる予想も配当妙味も良いため狙い目の一つでしょう 下関競艇場のレース成績から傾向を読み解く 下関競艇場の1コースの勝率は8. 14と全国の場でもトップクラスの成績を残しています。 荒れやすい競艇場でもある戸田競艇場の1コースの勝率は7. 21と同じ1コースでも約1点の差が出ているといったデータも残っています。 そのため、インコースが強い競艇場と呼べるでしょう。 参考元: コース別成績データ コース 出走数 勝率 1着率 2連帯率 3連帯率 1コース 2001 8. 14 58. 59 12. 27 11. 06 10. 86 5. 10 1. ナイターレースはインコースの勝率が高くなる傾向がある• 進入隊形が変わる場合も多くあるため直前情報はしっかりとチェック• 穴狙いとして6コースを絡める舟券も 下関競艇場で勝つコツとしては、やはり インコースを軸とした本命決着を予想する舟券予想が一番的中率と回収率は高くなるでしょう。 ナイターレースでは水面も荒れることがあまりないため、企画レース以外でもしっかりとインコースが逃げることが多いためアウトコースに強い選手がいる場合でもイン逃げの 高配当を得ることができるチャンスでもあります。 6コースのまくりが決まって1着になる確率も高いため、5コースの選手のスタート力と6コースの選手のスタート力や実力次第によっては6コースの選手を頭固定することによっても高配当も狙えるといった本命と穴両方狙える競艇場でもあるでしょう。 基本線としてはしっかりとイン逃げできるレースであるかを見極めることができれば大幅に的中率は上がっていくでしょう。

次の

必勝法!下関競艇場(ボートレース下関)を完全攻略!勝つための水面・コースデータ・モーター情報

下関競艇場 特徴

『 迷ったらイン』が基本• 横風が強い日はスタートが崩れやすいので要チェック• 水質は海水だが、プール型で基本的に静水面• 大潮の満潮時のみ、海水が入ってきて1M付近にうねりを発生させる。 下関競艇場の水面の特徴は、まず広いことが挙げられます。 特にピットから2Mまでの距離が173mもあるので前付けしても深インになりません。 その上、下関ではインが主導権を握る展開が多いので 出足が良い選手は積極的にアウトコースからの前付けを狙っています。 インが水面の広さを活かして助走が取りやすいのも特徴ですが、本番ピットから大時計までは320mもあり、助走をたくさんとった『まくり』も決まりやすい。 下関競艇場での、予想のポイントとして『風』があります。 競艇場は瀬戸内海に面していることもあり、 無風はほとんど計測されません。 その上、 常に風向きは変化していおり下関では『追い風・向かい風・右横風・左横風』と多彩に風が吹きます。 しかし、 下関競艇場では風速が比較的緩やかな傾向がありレース後半になるとより海風が緩くなります。 イン優位は強い風じゃないと中々崩れにくいがそれぞれのコースの成績は変わってくるので、 頻繁に変わる風向きに対応できる選手が3連に絡んでくる確率は高いです。 64 12. 25 11. 12 10. 91 5. 95 2. 05 1. 75 35. ピット離れで出足が良い選手はチェック• 風の変化に対応できる選手• アウトコースの選手も3連に絡む可能性はある• 風速5m以上でインの信頼度低下 ボートレース下関の施設案内• お子様が遊べる充実のアスレチック施設やこども用のお手洗いがあったりと家族で行っても1日楽しめる• マリンカフェでは下関名物の「くじら」のかつをパンにサンドした人気メニューもある• 有料の指定席エリアは机付きの2連シートでレースを観戦でき、ドリンクが1杯無料のサービス付• さらに優雅に快適に観戦したい方向けにロイヤル席も完備。 お1人様に1台のモニターでフリードリンクサービスやスポーツ紙のサービスなども用意されている• 外向販売所「ふく~る下関」もコンビニや休憩コーナ、有料席も完備 ボートレース下関 とくとくガイド• 「下関ボートレース見に来たよ」とフロントで一言伝えるだけ.

次の

下関競艇場の特徴やレースの傾向と予想に役立つポイントをご紹介!

下関競艇場 特徴

素人 初心者 だった私が、年々に詳しくなってきてるが、やっぱりで 「 勝つ」「 稼ぐ」ためには 各のクセやレース展開、傾向などのことも深く知らないといけないと思った。 そこで1つ1つにスポットを当てて、水面特徴やコースデータやモーターについて調査してみようと思う。 それぞれの特徴を掴んでおくことで、予想に 必ず役立つだろう。 では今回は 下関 ボートレース下関 についてだ!• 正式名称も2015年度に に変更された。 日本の開催場として初めての試みである ハクボ 競走を1983年夏に開催した。 これは夏季の日没が比較的遅いことを利用して 実験的に実施されたもので、通常の競走よりも3時間程度発走時間をスライドさせて、第1競走を14時過ぎに、最終競走も18時30分過ぎに行い、4日間の平均売り上げ 9億5000万円、平均観客動員2万7600人と当初の目標を上回る 好成績となり、その後の ハクボ 競走・ナイター競走の定着につなげたことで知られる。 また、ナイター実施までは「 アフターファイブレース」と称した競争を春~初秋にかけて実施していた。 2017年(平成29年)4月1日から全国では6場目・中国地方では初となるナイター競走が開始され、 ナイースの愛称を、一般公募の中から「 海響ドリームナイター」が選ばれた。 マスコットキャターは、海賊をイメージした「 シーボー」。 また2010年3月に当地で決定戦競走が開催されるのに合わせ、ガーンドとして「 シーモ」というキャターが加わった。 「前」または「」バス停で下車。 レース開催日には、JRなど内各地から無料バスが運行されている。 下関IC・小月ICから自動車で15分、国道2号(国道9号重複)沿い。 交通費のサービス JR線運賃がから 970円までのの駅から乗車して来場した場合、下車時に改札口で乗車券に下車印をもらって正門片道サービス窓口に持っていくと、復路相当の乗車券(回数乗車券をばらしたもの)が サービスされる。 自動車利用の場合 もしくは経由で来場する場合は領収書持参で中央門片道サービス窓口に行くと 通行料の払い戻しが受けられる。 他には ・協同組合下関ふく連盟杯争奪お正月特選 正月 ・会長杯GW特選 ・会長杯スマイルレース お盆 ・新鋭リーグ戦は、トランスワードトロフィー。 女子リーグ戦は、ジュエルセブン。 などもある。 企画レース 第1レース「シーモ戦」A級選手を1号艇に、他5艇はB級選手等。 第5レース「進入固定競走」 第7レース「ふく~る戦」A級選手を1・4号艇ともう1艇をA級選手、他3艇はB級選手等。 5m、スタンドから1マークまでが43m、1マークから対岸までは91m。 ピットから2マークまでの距離が173mもあるのでインが深くならず、 インが主導権を握るのは、ナイター開催になっても同じ。 本番ピットから大時計までは320mもあり、助走をたっぷりとったまくりも決まりやすい。 海水のため体重差が出にくく、重量級レーサーの 豪快なが多くみられる。 大潮の時間帯を除けば水面は基本的に穏やか。 下関水面の特徴は、何といっても、 インが 強いこと! 当然、最も多い決まり手は 逃げ。 それもあって、 他の決まり手は軒並み全国平均を下回っている。 全国平均との差が最も大きいのは まくり。 ただし、 逃げ以外で最も出ているのも まくりなので、 まくりが決まらない水面というわけではない。 は全国 18 位だが、全国平均との差は まくりや 差しよりは小さく、 広い水面だけに握って攻める選手も活躍できている。 夏場はバック側の横風、冬場はスタンド側からの横風がよく吹く。 この横風が 曲者で、スタート付近で向かい風が追い風に変わり思わぬ フライングということがある。 また向かい風は まくり、追い風はインという一般的な セオリーはここには当てはまらず、微妙に変わる風を読み切った選手が 好成績を残す。 地元選手だからこそスタート事故を起こせないという意識が強く、より慎重になることも考えられる。 1コース1着率 53. 4%は、全国4位の 高率となっている。 下関では、「 迷ったらイン」が基本戦略。 やみくもに軽視するのは効率的とは言えない。 これに伴い、2~5コースは全国平均を下回る。 特に、2コースは全国平均より2. 1%も低い。 ただ、6コースの1着率は全国平均を上回り、 全国6位。 大穴の期待度は決して低くないのだ。 分布では、最も多く出ているのは 1000 円台。 おおよそ4レースに1回出現している。 次いで多いのが、3ケタ配当。 これが実に 20%にも上っており、全国平均を大きく上回っている。 これもあって、他の 金額帯はおおむね全国平均を下回っており、下関は順当決着が多めの水面と言うことができる。 マンシュウも17%出てはいるが、本命筋を狙っていくのが 基本戦略だ。 6艇の中で1艇を予想するのなら、「 」に集中すればさほど難しくないが、2連単、になれば全体の勝率が高い 下関で、2着、3着まで予想するのは至難の技です。 それに、1号艇の勝率が高ければ的中率は上がっても、オッズは下がります。 オッズが下がれば的中した時の払戻金額も減りますので、 連敗した時のマイナスを取り戻すことは非常に困難。 当たったとしても、なかなか大きな利益に繋がりません。 結果としては、ガミリorちょいプラスで爆益には、ほど遠くてため息が出ます ショボン が!しかし私の最近の 下関での勝率は 8割に安定してます。 2月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、2月以降の 1~3節間であれば、まだエンジン相場も定まっていませんので、その節ごとに モーターチェックを行うことをオススメします。 ボートの 豆知識 ボートは木でできているため、日を追うにつれて 水を吸って徐々に重くなります。 水を吸ってないボートは 軽くて操縦しやすいといわれています。 特に、節の後半にアクシデントでボート交換したら、狙いどころかもしれません。 今後のレース予想の参考に是非してみてください。 オススメできる予想サイトはコチラに まとめていますので興味がありましたら参考にしてください。

次の