モダン スタンバイ。 Windows 10の「モダンスタンバイ」って何? (アスキー)

まるでスマホ? PCの新しいスリープ状態「モダンスタンバイ」とは

モダン スタンバイ

最新のスタンバイとは What is Modern Standby• この記事の内容 Windows 10 の最新スタンバイ 最新のスタンバイ では、Windows 8. 1 接続されたスタンバイ電源モデルが拡張されます。 Windows 10 Modern Standby Modern Standby expands the Windows 8. 1 Connected Standby power model. 電話と同様に、S0 低電力アイドルモデルを使用すると、適切なネットワークが利用可能になるたびにシステムが最新の状態を維持できます。 Just like the phone, the S0 low power idle model enables the system to stay up-to-date whenever a suitable network is available. 1 接続されたスタンバイ電源モデルよりも高くなります。 1 Connected Standby power model. 最新のスタンバイでは、以前は S3 電源モデルに限定されていた市場セグメントで低電力アイドルモデルを利用できます。 Modern Standby allows for market segments previously limited to the S3 power model to take advantage of the low power idle model. 「最新のスタンバイ」セクションでは、最新のスタンバイを有効にするための重要な変更、パートナーの要件、およびベストプラクティスの概要を示します。 The Modern Standby section outlines important changes, partner requirements, and best practices for enabling Modern Standby. 注意 最新のスタンバイは、Windows 10 デスクトップと Windows 10 Mobile の両方で使用できます。 Modern Standby is available for both Windows 10 desktop and Windows 10 Mobile. BIOS の設定を変更しても、S3 と最新のスタンバイを切り替えることはできません。 Switching between S3 and Modern Standby cannot be done by changing a setting in the BIOS. OS の再インストールが完了しないと、Windows で電源モデルの切り替えがサポートされていません。 Switching the power model is not supported in Windows without a complete OS re-install. 最新のスタンバイの機能の概要 Functional Overview of Modern Standby Windows 10 では、必要なときに最も低い電源状態からのスリープ解除によってのみ、ソフトウェアの実行を短時間で制御できるようにするだけで済むため、ソフトウェアコンポーネントの実行機会が大幅に減少します。 In Windows 10, low power is achieved by only waking from the lowest power state when absolutely necessary and only allowing software to execute in short, controlled bursts of activity, dramatically reducing the opportunities for software components to execute. Windows と SoC ハードウェアは、常に興味深いイベント キーボードでのネットワークパケットやユーザー入力など をリッスンし、必要に応じてすぐに起動します。 Windows and the SoC hardware are always listening for interesting events such as a network packet or user input at a keyboard and will wake up instantly when needed. OS メンテナンスやユーザーによるシステムのスリープ解除など、リアルタイムの操作が必要になったときにシステムが復帰します。 The system will wake when there is real time action required, such as OS maintenance or a user wakes the system. 最新のスタンバイは、複数のハードウェアおよびソフトウェアの電源モードで構成されています。 これらはすべて、画面がオフになっている状態で発生します。 Modern Standby consists of multiple hardware and software power modes, all of which occur with the screen turned off. 最新のスタンバイの複雑さは、システムがバックグラウンドタスクを処理できるようにしながら、システムがバッテリ寿命を長持ちさせるために十分に静かな状態に保つことによってもたらされます。 The complexity of Modern Standby is a result of keeping the system alive to process background tasks, while ensuring that the system stays quiet enough to achieve long battery life. 最新のスタンバイへのエントリ Entry to Modern Standby 最新のスタンバイは、ユーザーがシステムをスリープ状態にすると開始されます ユーザーが電源ボタンを押す、カバーを閉じる、アイドル状態を解除する、または Windows の [スタート] メニューの [電源] ボタンから [スリープ] を選択するなど。 Modern Standby starts when the user causes the system to enter sleep e. g user pressing the power button, closing the lid, idling out, or selecting Sleep from the power button in the Windows Start menu. 最新のスタンバイに入るには、低電力操作に移行するために、アプリとシステムソフトウェアが準備されている必要があります。 On entry to Modern Standby, apps and system software must be made ready for the transition to low-power operation. 「参照してください。 ソフトウェアコンポーネントとアプリが低電力操作用に準備された後、ハードウェアコンポーネント ソフトウェアデバイスドライバーを含む は、低電力操作用に同様に準備する必要があります。 See. After software components and apps have been prepared for low-power operation, hardware components, including their software device drivers, must be similarly prepared for low-power operation. 「参照してください。 低電力操作のために、ソフトウェアとハードウェアの両方を準備する必要があります。 See. Both software and hardware must be made ready for low-power operation. 最新のスタンバイ中のアクティビティ Activity during Modern Standby アクティブモードへのオンデマンド移行は、ユーザー入力、ネットワークデバイスからの割り込み、およびその他のハードウェアイベントに応じて発生する可能性があります。 On-demand transitions to active mode can occur in response to user inputs, interrupts from networking devices and other hardware events. すべてのソフトウェアアクティビティが停止し、SoC チップのオンとオフのデバイスで低電力状態になった後、Windows は SoC プラットフォームをアクティブモードからアイドルモードに移行します。 Windows transitions the SoC platform from active mode to idle mode after all software activity is stopped and the devices on and off the SoC chip have entered low-power states. 「参照してください。 See. ネットワークと通信デバイスは、最新のスタンバイ中のシステムのソフトウェアアクティビティに基づいて、アクティブモードと低電力モードの間で自動的に移行します。 The networking and communications devices automatically transition between active and low-power modes, based on the software activity of the system during Modern Standby. ネットワークを必要とするシステムサービスや Microsoft Store アプリのバックグラウンドタスクがない場合、ネットワークデバイスは、低電力、プロトコルオフロード、WoL パターンモードになります。 When there are no system services or Microsoft Store app background tasks that require the network, the networking device is in the low-power, protocol offload, and WoL patterns mode. システムサービスまたはバックグラウンドタスクがネットワークアクセスを必要とする場合、Windows はネットワークデバイスをアクティブモードに自動的に切り替えます。 When a system service or background task requires network access, Windows automatically transitions the networking device to an active mode. 場合によっては、システムはアクティブモード 画面はオフ のままになり、時間が長くなります。 On occasion, the system stays in the active mode with the screen off for a longer interval of time. これらの長いアクティブな間隔は、さまざまな理由で発生します。 たとえば、受信メールを処理したり、重要な Windows 更新プログラムをダウンロードしたりします。 These longer active intervals occur for a variety of reasons, for example, processing incoming email or downloading critical Windows updates. SoC をアクティブな電源状態のままにすることが許可されている Windows コンポーネントは、" " と呼ばれます。 これは、アイドル電源モードへの切り替えをブロックすることができるように電源マネージャーに登録されているためです。 Windows components that are allowed to leave the SoC in the active power state are called because they are registered with the power manager as capable of blocking the transition back to the idle power mode. これらのアクティビティの期間は大きく異なりますが、バッテリの寿命を延ばすために制御されます。 The durations of these activities vary widely but are controlled to extend battery life. アクティビティの期間は、組み込みのまたは WINDOWS イベントトレーシング ETW ベースのインストルメンテーションを使用して表示できます。 The durations of the activities can be viewed with the built-in or through Event Tracing for Windows ETW - based instrumentation. Windows 8. 1 接続されたスタンバイシステムでは、最新のスタンバイ中に、Windows は SoC プラットフォームをアイドルモードからアクティブモードに移行します。 これは、カーネルのメンテナンスタスクを実行するために30秒ごとに最小になります。 On Windows 8. 1 Connected Standby systems, during Modern Standby, Windows transitions the SoC platform from idle mode to active mode a minimum of every 30 seconds to perform kernel maintenance tasks. このメンテナンスアクティビティは、非常に短い時間 通常は数百ミリ秒 であり、調整することはできません。 This maintenance activity is extremely brief in duration typically no more than a few hundred milliseconds and cannot be adjusted. これは、Windows 10 の最新のスタンバイシステムでは発生しません。 This does not happen on Windows 10 Modern Standby systems. 最新のスタンバイから再開 Resume from Modern Standby ユーザーが電源ボタンを押すなどしてシステムをスタンバイから再開すると、ディスプレイはすぐに有効になり、ネットワークデバイスは通常のアクティブな動作モードに復元されます。 When the user causes the system to resume from standby, e. presses the power button, the display is immediately turned on and networking devices are restored to their normal, active operating modes. 電源ボタンを押したときからディスプレイをオンにするまでの時間は1秒未満です。 The time from the power button press to the turning on of the display is less than one second. ディスプレイが有効になり、ネットワークデバイスが通常の動作モードに戻ると、デスクトップアプリケーションが再開され、システムは通常の画面アクティブな動作に戻ります。 After the display is turned on and the networking device returns to normal operating mode, desktop applications resume and the system returns to its normal, screen-on active behavior. 関連記事 Related Articles• 関連記事.

次の

スリープ中に見えてもスマホのようにアプリが動作するWindows 10の「モダンスタンバイ」

モダン スタンバイ

超高速で起動し、 すぐに作業へ。 使いたい時にすぐに始めることができます。 *2:お客さまのデータなどの保存用には使用できません。 機能美を極めた、 端正なデザイン。 9mm。 *3: OSのアップデートにより、スマートライトの動作は変更になる場合があります。 パフォーマンスを支える 先進の機能。 Wi-Fi 6 11ax 超高速通信を可能にする次世代無線LAN規格に対応 -次世代無線LAN規格「Wi-Fi 6(11ax)」最大2. ワイヤレスルータが対応している場合の理論値です。 1 Type-Cポートを搭載。 Windows Hello対応 顔認証機能 顔認証機能でパスワードの入力は不要。 カメラに顔を向けるだけですばやくサインイン -Windows Helloに対応した顔認証機能でクイック&セキュアにログイン 国内生産およびこだわりの品質管理 NEC Directで販売するカスタマイズパソコンLAVIE Directはパソコンの開発・生産を行っている自社の国内工場で一貫した品質管理を実施し、優れた商品と高い信頼性を誇るパソコンを国内工場からお届けしています。 設計品質検査 製品設計時、お客様の利用シーンを想定して、何種類もの品質試験を実施しています。 受け入れ検査 ハードディスクや光ディスクドライブは、製品に組み込む前に独自の試験を実施しています。 生産時の品質チェック カメラを使った外観検査、RFIDカードを利用した添付品選別などで間違いのない生産を行っています。 出荷検査・監査 完成した製品の動作、添付品などを専門の検査員がチェックしています。 New Tech. New Expectations.

次の

Windows10のモダンスタンバイについて調べてみた

モダン スタンバイ

今までの PC に使われていた HDD ハードディスク は、「ディスク」と呼ばれる金属の円盤に、「ヘッド」と呼ばれるレコードの針のようなものでデータを直接読み書きします。 そのため、データの場所まで移動する時間や物理的に読み書きする時間が必要なため、これが PC の速度を遅くする原因でした。 また、物理的なパーツが使われていることから衝撃に弱いというデメリットもありました。 一方、「 SSD 」や「 eMMC 」は USB メモリーのようなフラッシュ ディスクという部類に入るもので、電気信号を送ってデータを読み書きします。 そのため、HDD に比べて圧倒的に高速に処理することができます。 また、HDD のように物理的なパーツがないので、衝撃にも強いというメリットがあります。 さて、「高速スタートアップ」とはいったいなんでしょう? これは、PC を終了したときの情報を保存し、PC の起動時に役立てる機能のこと。 PC を起動するときにはさまざまな情報が読み込む必要があるため、処理に時間がかかっていました。 しかし、高速スタートアップなら、PC を終了したときに保存しておいた情報をそのまま読み込めば起動できるので、その分高速化できるというわけです。 「高速スタートアップ」は Windows 10 の機能なので、「今使っている PC を Windows 10 にすればいいのでは?」と思う方がいるかもしれません。 しかし、PC に使われるパーツは日進月歩。 約 10 年前に発売された Windows 7 の時代に搭載されているパーツの中には、「高速スタートアップ」に対応していないものが多くあります。 そのため、「高速スタートアップ」をはじめとする、Windows 10 が持つ最新の性能をフルに発揮できません。 モダン PC なら、そのような心配は無用。 最新のパーツが使われていますので、Windows 10 の性能を存分に発揮できます。

次の