トマト の 育て 方。 トマト 地植えの育て方

ミニトマト(プチトマト)の育て方と栽培のコツ

トマト の 育て 方

トマト栽培の特徴 トマトは、ナス科の人気野菜です。 夏野菜の代表的存在で、現在では、実の形、大きさも大中小と様々なサイズと、赤、黄、紫、オレンジなどの色に熟す数数の品種が、交配されて苗が販売されています。 一般的に、トマトは苗から栽培することが多く、家庭菜園では連作障害や病気に強い接木苗を利用することをお勧めします。 放任しておくと、脇芽がたくさん出てきて収拾がつかなくなり、養分がうまくいきわたらなくなります。 1本ないし2本仕立てにして、その他の脇芽は摘み取りながら栽培していきます。 うまくやれば10月ごろまで長く収穫することができます。 トマトは、多肥料を嫌います。 肥料をやりすぎると様々な病気や障害が発生しやすい野菜です。 肥料の量による株の状態は、葉の色や形、茎の形状、実の状態などに現れてきます。 せっかく実ができても、成熟の過程で、急な雨などにあたると、実が割れてしまう事もよくあります。 また、害虫の被害も多く、主な害虫被害は、アオムシやカメムシ、アブラムシが発生しやすいので注意してください。 他の野菜に比べると決して栽培は容易ではありません。 水や肥料のやりすぎに注意(肥料と水やりが栽培のポイントです)• カメムシやアオムシ、アブラムシなどの発生に注意• 脇芽をかき取って1本ないし2本仕立てで 支柱を立てて育てる• 脇芽をまめにかき取り、養分のいきわたりを良くする• 雨にあたると実が割れることが多い• 葉、茎、花、実の形や色に異常がないか注意しながら栽培する トマトの栽培カレンダー 苗の植え付けは5月前後、開花後は、人工授粉などの作業は必要なく、実が品種にあった大きさに成長して、赤く熟したものから収穫していきます。 下葉を剪定して風通しを良くしてやると、病害虫の予防にもなります。 うまく育てると、長い間収穫できるのもトマトの特徴の一つです。 トマトの植え付け 栽培環境• 日向を好む• 連作障害:あり• ナス科の植物• 輪作期間:3年から 5年 日当たり 日向を好む野菜です。 連作障害 ナス科植物で、連作障害が出やすい野菜です。 輪作期間する場合は、他のナス科野菜を3年から5年栽培していない畑で栽培しましょう。 栽培期間 植え付けから収穫まで約60日~90日前後です。 開花から収穫までは約45日~60日くらいです。 収穫は実が大きくなって、赤く熟したころに収穫はさみで摘み取ります。 畑の準備 植え付けの2週間前くらいに苦土石灰や、消石灰などを畑に混ぜ込んで土壌酸度を弱アルカリ性に調整しておきます。 植え付け1週間前までに、堆肥と元肥を施してよく耕しておきます。 根が比較的深く育つので、若干深めに耕しておきます。 堆肥と元肥には、牛糞や豚糞に鶏糞、化成肥料などを混ぜて使用するとよいでしょう。 肥料過多には注意する(主に窒素過多)• 第一花房の実がピンポン玉くらいの大きさになってきたころ、1回目の追肥を行います• 根張りが深いので、スコップや棒などで穴を掘って、 深いところに施肥するとよい• 追肥は 3週間に一度の割合をめどに、株の状態を見て収穫終了まで• 施肥する場所は、カブの成長とともに 株元からカブの周辺を外に向かって広げていく 追肥の方法 ナス科の野菜は、一般的に、根を深く伸ばし成長していく野菜ですので、株の周りにスコップや棒などで数か所穴をあけて施肥してあげます。 また、施肥する場所は、株の成長に従って根の外周も広がっていきます。 はじめは株元から10cmから15cmくらい離れたとことに与え、その後は成長を見ながら株から徐々に離れた位置に施肥していくことになります。 追肥の回数と施肥量 追肥の頻度は、3週間に一度くらいで、収穫終了まで続きます。 一回目の追肥のタイミングは第一花房の実がピンポン玉くらいに膨れてきたころで、そのころには、第2花房の花が咲き始めています。 施肥量は、一株当たり化成肥料で片手一握りぐらい(約50g程度)を目安に成長を見て行います。 トマトのトンネル・支柱・間引き・受粉などやその他の作業• 支柱は合掌型で立てると効率がいい• 一番花が咲いた上下に出てくる勢いのある1本の脇芽を残して、その他の脇芽をすべて摘み取る(2本仕立て)• 適度に摘果して一つ一つの実を大きく育てる トンネル 基本的には必要ありません。 支柱 200cmくらいの支柱で合掌型の支柱を立てる。 間引き・摘果 大玉トマトの場合、ひと房に実る実の数量が多すぎると養分が分散してうまく育たない場合があります。 ひと房の実を、4つくらいに摘果してやって養分を集中させると大きく成長しやすくなります。 受粉 自然受粉で栽培できますが、トマトーンなどのホルモン剤も販売されています。 その他の作業 仕立て 一番花が咲いた下に出てくる勢いのある1本の脇芽を残して2本仕立てで育てます。 次々と出てくるその他の脇芽をすべて摘み取り、養分のいきわたりと風通しを確保しましょう。 全ての脇芽を摘み取って、1本仕立てで栽培することも多いようです。 トマトの収穫 トマトの収穫時期の判断は比較的簡単で、実が大きくなって、赤く熟したものから収穫していきます。 Advertisement 関連する記事• 目次 1. トウモロコシ栽培の特徴2. トウモロコシの栽培カレンダー3. トウモロコシの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. […]• 目次 1. 小玉スイカ栽培の特徴2. 小玉スイカの栽培カレンダー3. 小玉スイカの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適[…]• 目次 1. バジル(スイートバジル)栽培の特徴2. バジル(スイートバジル)の栽培カレンダー3. バジルの植え付け3. 栽培環境3. 日当[…]• 目次 1. ササゲ栽培の特徴2. ササゲの栽培カレンダー3. ササゲの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温3. 3[…]• 目次 1. 里芋栽培の特徴2. 里芋の栽培カレンダー3. 里芋の芽出し作業3. 芽出しの仕方3. 手順4. 里芋の植え付け4. 栽培環[…].

次の

初心者向け!トマトの栽培方法・育て方のコツ|特集|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

トマト の 育て 方

まずはミニトマトの栽培カレンダーをご覧いただきましょう。 地域によって違いはありますが、大まかにこの栽培カレンダーにそって説明していきます。 ミニトマトに適した環境 ミニトマトの原産地は、中南米の比較的冷涼で昼夜の温度差が大きい乾燥地域になります。 ミニトマトの種まき(播種<はしゅ>) 家庭菜園の場合、夏野菜は苗から栽培することを強くオススメします。 適期に植えつけをしようとすると、どうしても専用の施設が必要になってきますし、毎日の水やりやビニールの開け閉めによる温度管理などを一日忘れたら全滅してしまいますので、付きっ切りの労力が多くかかりすぎてしまいます。 それでも簡易なビニールトンネルで育苗しようと思う場合は、3月中旬に播種すれば5月には植え付けることも可能です。 種はセルトレイ(育苗用の容器)に一粒ずつまきましょう。 家庭菜園の場合はセルトレイが一枚あれば、ミニトマト以外にも植え付ける予定の他の夏野菜を全部まくことができます。 本葉が2枚ほど展開したころに直径9~12センチのポットに移植します。 その後、第一花のつぼみが見え出した頃に畑へ植え付けます。 ミニトマトの植え付け(定植) 植え付け時期の2週間前からミニトマトに合わせた土づくりを開始します。 植え付け2週間前に、土壌に苦土石灰を200グラム程度(1平方メートルあたり)混和させておきます。 石灰資材だけを早めに施すのは、肥料との化学反応を避けるためです。 1週間前には化成肥料100グラム(1平方メートルあたり)を元肥として散布し、土壌と混和させ、畝を立てます。 ミニトマトは水分の影響を強く受けるため、梅雨時期などの豪雨で浸水しない程度にできる限りの高畝にすることを推奨します。 草とりの手間を省くためにもマルチング(畝全体を覆うこと)をおすすめしますが、近年は特に、黒マルチでは盛夏期にあまりにも高温になりがちですので、白マルチや敷きわらの方がおすすめです。 ミニトマトの仕立て方 トマトの仕立てには多くのやり方がありますが、基本的には1本主茎を真っすぐ伸ばしていくことが多いです。 ミニトマトに関しては低いところからわき芽を利用し、2~4本を主茎として残して栽培しても充分に収穫することができます。 家庭菜園で最も多いのは二条植えで主茎を真っすぐ仕立て、手が届かなくなった頃(栽培カレンダーでは8月のお盆の頃)に先端の芽を摘みとってしまい(摘心)、冬野菜が始まる9月までに栽培を終わらせるやり方でしょう。 どの仕立て方でも、株と株の間は50センチほどのスペースを空けて植えつけます。 ミニトマトの収穫量は、盛夏期には落ちるものの、栽培適温に戻る9月以降にはまた上がります。 工夫して長期収穫を目指すのも一つの手ですね。 ミニトマトの芽かき・誘引 トマト栽培の主な作業は、この芽かきと誘引になります。 芽かき 主茎を真っすぐ伸ばしていく際に、茎のわきから新しい芽が発生します。 この芽をできるだけ早いうちに切除するのは、長くトマト栽培を続けるためにもっとも大切な作業です。 ミニトマトの場合は大玉トマトほど神経質になる必要はありませんが、この作業が遅れるとミニトマト栽培を成功に導くことが難しくなりますので常に心がけましょう。 指で簡単に除去できるうちにおこなう 誘引 誘引もとても大切な作業です。 目標にしている形(多くの場合直立した状態)を維持するためにも、早め早めに支柱へ誘引してあげましょう。 ミニトマトの肥料のやり方、考え方 ミニトマト栽培で最も失敗が多いのが、水と肥料のやり方です(水に関しては後述します)。 トマトは非常に強い植物で、水や肥料のあまり豊富ではない原産地からきたため、日本の肥沃(ひよく)な土壌と豊富な水分では強く育ちすぎる傾向にあります。 他の野菜と同じように肥料を与えると、茎葉ばかりが生い茂り、花がつかないということが頻繁におこります。 以下の図のように、主茎の先端部分を観察して樹勢を判断しましょう。 トマトは前述の通りとても強い作物ですので、更に強くしすぎないことが肝心です。 追肥は化成肥料で、一株につきスプーン1杯ほどで充分な量となります。 栽培カレンダーでは月1回の散布としていますが、主茎の先端を見て随時時期をずらしたり量を調整したりする判断ができるようになることが理想です。 ミニトマトの病害虫・生理障害 トマトには多くの病害虫による被害や、裂果(果実が割れる)などの生理障害が発生します。 防除のために薬剤散布することも大切ですが、それ以前の耕種的防除(薬剤を散布せず、栽培管理で防除する手段)は更に大切になってきます。 主な方法としては以下の4つがあります。 雨よけ栽培 簡易ビニールハウスなどを設置することで直接雨が降りかかることを避けることができます。 雨そのものによる裂果と、地面を叩いて跳ねた泥によって病気に感染することを予防します。 糖度の向上も期待できます。 古い葉を除去する 収穫期の果実より下位にある古い葉は上位の果実に養分を送らず不要なものです。 全て切除して主茎だけのスッキリした状態にし、風通しを良くしておくことで病害虫の発生を予防し、作業性も向上します。 水やりをしっかりする 特にトマト栽培においては、水を切って(減らして)育てた方がおいしいという情報が出回りすぎて、降雨がないと極端に乾燥状態になっている場合がよくあります。 しかし、裂果の原因のほとんどは乾燥状態からの降雨によるもので、普段から水やりをしていれば、降雨による極端な水分供給によって裂果を発生させることが少なくなります。 また、尻くされ病やうどんこ病などの頻発するトマトの病気は、カルシウム成分が足りていれば起こりにくいのですが、カルシウムは水溶性のため、過乾燥では補給できません。 水やりは、肥料散布、薬剤散布以上の効果を発揮することがあると覚えておいてください。 連作しない・接ぎ木苗を購入する 最悪最強の病害、青枯れ病に代表される細菌病は、特に注意が必要で、発生したら最後、引き抜いて処分し他の株への感染を防ぐしか手段はありません。 事前に防ぐためにも、一度ナス科の作物を植えた畑には3年以上ミニトマトを植え付けることはやめましょう。 もしくは接ぎ木苗を購入して使用すれば、これらの感染を防ぐことができます(全ての接ぎ木苗が抵抗性を持っている訳ではありません)。 ミニトマトの栽培がうまくいくようになったら、次は大玉トマトの栽培にもチャレンジしてみましょう。 家庭菜園でも特に人気野菜のトマトは、なかなかシーズン終了時期まで収穫し続けることの難しい作物ですが、ミニトマトなら比較的簡単です。 ぜひお試しください。

次の

トマト・ミニトマトの栽培方法・育て方のコツ

トマト の 育て 方

ミニトマトは日当たりがよく、風通しのよいところを好みます。 直射日光が当たるような場所でも育ち、日当たりの加減によって赤いハリのあるトマトができるかどうかが決まるほど重要です。 地植えはもちろん、鉢植え・プランターなどで栽培ができます。 鉢のサイズの目安は、苗一株に対して10号程度で、丸型の深鉢がおすすめです。 プランターの場合でも、ミニトマトの根は深く伸びていくので、高さが30cm以上ある深型のものを選びましょう。 ミニトマトの水やり ミニトマトはもともと高原地帯で自生している野菜です。 したがって、基本的には乾燥気味に育てることで、甘みの強いおいしいミニトマトへの収穫に繋がります。 水やりは午前10時より前に、泥はねしないように低い位置から株元に水をあげてください。 鉢植え ミニトマトを鉢植えやプランターで育てる場合、成長段階によってあげる頻度を調整するといいでしょう。 最初の果実がなるまでは、鉢内の土全体が乾いてから、底穴から水がもれ出すくらいたっぷりとあげてください。 最初のうちは割り箸などを土にさして抜き、割り箸のしめり具合で土の乾燥を確かめるといいでしょう。 果実が大きくなってきたら、土が乾燥していても気にせず、葉先がすこし萎れてから水をあげる目安でいいでしょう。 地植え ミニトマトを地植えで育てる場合、植え付け2週間前に、苦土石灰を1㎡あたり100gまいて耕してください。 その1週間後に1㎡あたり堆肥2kg、化成肥料100gを畑全体にまいて、よく耕したら畝を作ります。 畝は高さ10〜15cmほど、幅は80cmほどになるように作るといいでしょう。 ふたたび1週間時間をおいて、土をよくなじませてから植え付けをしてください。 ミニトマトの肥料 ミニトマトは5月下旬〜7月下旬に追肥を行ってください。 一番花の果実がふくらみ始めたころが目安です。 リン酸が多く含まれた化成肥料、液体肥料が望ましく、生育の様子を見ながら1〜2週間に1回程度のペースで施すといいでしょう。 ミニトマトの植え付け 良い苗の選び方 ミニトマトの場合、初心者は苗を購入して栽培するの無難です。 下記の良い苗の特徴を参考に選ぶといいでしょう。 ・茎の太さがえんぴつ程度 ・花が蕾がついている ・根がポットの底穴から見える また、ミニトマトは接ぎ木苗と実生苗が販売されていますが、接ぎ木苗のほうがおすすめです。 実生苗は接ぎ木苗に比べて安価ですが、収穫量が少なく、比較的病害虫の被害を受けやすいので注意してください。 植え付けの手順 ミニトマトの植え付けの適期は4月下旬〜5月中旬ごろです。 適温は昼間の気温が20〜30度くらいです。 苗の本葉が6〜7枚でたら植え付けましょう。 植え付け 前述の用土を準備したら、植え穴をあけて水をたっぷりあげます。 地植えの場合、植え穴の間隔は50cmとってください。 苗はわき芽 主枝と葉の間から出る芽 をすべて摘み取り、苗ごとバケツなどに浸してたっぷり水を含ませておきましょう。 根鉢を崩さないように植え付けたら、株元に土寄せして軽く手で押さえます。 植え付け後は、植え付け後1週間は、鉢植え・地植えともに、表面の土が軽く乾いたら水をたっぷりあげてください。 マルチ・敷きわら・寒冷紗 地植えの場合、植え付け後の水やりがすんだら、株元にわらを敷いていきます。 こうすることで過度な温度変化に対応でき、雑草の繁殖や雨水の跳ね返りによる病気も防げます。 なおマルチシートを使う場合は植え付け前に、支柱立てとともに行いましょう。 鉢植えの場合は、支柱をたて、上から鉢全体に寒冷紗をかけるといいでしょう。 支柱立て 敷きわらや、マルチシート張りが終わったら、支柱を立てていきます。 支柱は180cmほどのものを2本用意し、株から10cmほど離れたところに、深めに挿してください。 目ほどの高さで交差させて紐でしっかり固定します。 ミニトマトの手入れ 誘引・芽かき ミニトマトの誘引と芽かきは、植え付け1週間後から、週に1回繰り返し行いましょう。 ひとつの節に茎が2本生えている場合は、細い方のわき芽を手でかき取って芽かきをしてください。 次に、花がついた部分の上下の節に、紐をかけて誘引していきます。 その際、支柱と茎はぴったりくっつけずにゆとりを持たせて、八の字に縛りましょう。 わき芽を2本ほど残して、成長させ、それぞれの本葉が8枚くらいでたら、挿し木のようにして育てることができます。 人工受粉 ミニトマトの結実をたしかなものにするため、人工授粉を行うと安心です。 5月上旬〜中旬の時期に、支柱を軽く叩いて株全体を振動させて受粉をうながします。 日照不足などの場合には、着果ホルモン剤を霧吹きで花だけにかけてあげるといいです。 ミニトマトの種まき・植え替え.

次の