パン が なけれ ば ケーキ を 食べれ ば いい じゃ ない。 パンがなければお菓子を食べればいいように小麦がないのでバナナで粉を作る|kohji 南ラオス自然農園|note

ケーキを食べればいいじゃない

パン が なけれ ば ケーキ を 食べれ ば いい じゃ ない

18世紀のフランス女王のマリー・アントワネットが言ったとして有名な言葉です。 実際は違いますが。 マリー・アントワネット説の詳細は先のお二人が書いてらっしゃるのでカットします。 この言葉を江戸時代の日本の凄く貧乏な農民に言うとすると「お米が無いならアンコたっぷりのおはぎを食べればいいじゃない」お米より悪い雑穀もロクに食べれない人達にお金のある権力者が言う無神経な言葉です。 この言葉、マリー・アントワネットの発言として有名ですが諸説あって夫ルイ18世の伯父が言った言葉、昔のドイツの役人のいた言葉、昔の中国の高官が言った言葉など複数の説があります。 一番古いのは中国の高官の記録らしいのですが実はもっと以前からこの例えは使われていたのではないかと言われています。 onia222さんのおっしゃるように非現実的な考えかたの外に世間知らず・幼児のような単純な考え方で問題を解決しようとすることをさします。 場合によっては時の政府による福祉政策をバカにしても使いう場合もあります。 16世紀ころのフランスでの出来事だったと思います。 何不自由なく暮らしている王女様が、言った言葉とされています。 飢饉で、国民が飢えていて、デモが起きました。 お城の周りにも食べるものがない国民があふれ帰り、窮状を国王に訴えていました。 それをお城の窓から見ていた王女が、家来に聞いたそうです。 「あの人たちは、何を訴えているのですか?」 家来は答えました。 「パンが無いと訴えているのです。 」 それを聞いた王女が言ったそうです。 「パンが無いなら、ケーキを食べればいいのにね。 」 王の悪政で、国が飢え、とうとう国民が怒って、革命が起き、贅沢の限りをつくしていた国王とその家族は、ギロチンで処刑されてしまったそうです。

次の

パンがなければケーキを「作れば」いいじゃない

パン が なけれ ば ケーキ を 食べれ ば いい じゃ ない

身長109cm、体重19kg、26歳。 横紋筋肉腫(小児がん)、ムコ多糖症モルキオ病(ライソゾーム病)。 高卒でフリーで仕事をしようとするがなかなか上手く行かず、後に上場するIT企業の株式会社セラクに21歳で入社。 しかし、22歳3月に同級生は新卒になるから逆のことがしたいとニートに。 そして、スマホアプリ開発、クラブダンサー、ライター、YouTuber、ホストなどを経て23歳でSOD専属の監督兼男優になる。 現在は、ドラマや映画で俳優、テレビや雑誌などでタレントとして活動。 また、IT企業の株式会社フリューゲルで執行役員、部長をしつつ現役のプログラマー。 弊社では、未経験者へのプログラミング教育もしていて積極的に採用中。 詳細、質問などはSNSでお気軽にどうぞ。 パンがなければケーキを食べればいいじゃない ところで「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」という言葉には諸説ある。 (ブリオッシュを食べればいいじゃない)」でこれを日本語ではケーキと訳した。 パンがないならケーキをというとショートケーキをイメージしてしまい、パンも食べれない庶民には全く手の届かないものを提示していてものすごく意地悪な感じがするが、ブリオッシュというのはお菓子のようなものだ。 そして、ブリオッシュはパンより安い二等小麦を使ったお菓子なので「貧乏人は麦を食え」という解釈は間違っていて、実際には「高いものが食べられないのなら安いものを」という意味で使ったという説がある。 しかし、確かに小麦は安いものを使うが、バターと卵を使っていて十分に贅沢品なので間違っているという説が間違っているとも言われている。 そしてそもそも。 マリー・アントワネットが言ったという証拠はなく、「たいへんに身分の高い女性」が言ったという記録らしい。 歴史ってよくわからない。 ないなら自分で作ればいい まぁ、専門家にも明白にはわからない歴史の真実はここではどうでもいい。 その言葉に対して思ったことがある。 数百年前のヨーロッパのことは知らないが、今の日本ならばパンがなければケーキを作ればいいじゃないだろうか。 パンを買えないのに、ケーキを作る材料を買えるのかと言われればもちろん買えない。 しかし、パンを買うことは受け身の消費でケーキを買うことは贅沢な受け身の消費なのに対して、ケーキを作ることは主体的で投資で開拓になる。 今の時代、インターネットで簡単に知識が手に入る。 出資を受けてお金も手に入るし、人とのコミュニケーションも取りやすいから自分で仕切って人の力を借りることも出来る。 昔だったら、パンも買えないほど貧乏でどうしようもないのは国のせいだ!と叫びながら餓死していくしかなかったかもしれない。 けれど今なら、1円もお金がなくても、ケーキを作る方法や売る方法を知らべ、クラウドファンティングでも何でもお金をかき集め、自分で出来ないことはネットで人を探してきて力を借りることができる。 そこまで大規模でなくても良い。 例えば小学生でまだ自分でお金を持たせて貰えていない女の子は、自分でパンも買えない。 しかし、パン、いや、ケーキを食べたい。 お母さんは厳しい人で、誕生日でもクリスマスでもないのにケーキを買ってくれない。 どうしようか考えた。 そうだ!明日は母のだ!家にある料理の本からケーキの作り方を見つけて、お父さんに明日お母さんのためにケーキを作りたいことを説得し、1500円をもらって1200円で材料を買い、ケーキを作った。 結果、家族みんなでケーキを食べて、お母さんが喜んでくれて、300円も手に入る。 例えなので現実的かどうかは置いといて、とにかく得たいものがあれば自分で作ってしまえばいい。 パンがなければパンではなくケーキを作るのがみそで、パンケーキでもカップケーキでも良い。 類似したものを含めば選択肢が増える。 知識なんてネットに転がっていて、お金を集める手段もあって、人に依頼もしやすい。 もちろん勉強して自力で作れるようになるのも楽しい。 手に入らない望みを誰かや社会のせいにして嘆いても意味がない。 今の自分には手に入れる資格のないことを認めてスキルアップして成長すればいい。 パンを手に入れるという受け身はその時だけの満足で終わるけれど、ケーキを作る側になれば継続的にケーキが手に入るし、そのケーキで儲かる。 時間がない、お金がないという人がいるけれど、受け身で嘆くだけだからないのであって、作ればいい。 時間がないなら日常の作業効率をアップする手段を作れば時間が増えるし、お金がないならお金を生む仕事を自分で作っちゃえばお金が増える。 それが出来ないなら他の方法を考えてそれを作るか、もしくはどうしたら出来るようになるか考えて実力を付ければいい。 受け身の利益はなかなか手に入らない。 手に入っても現在で終わる。 しかし、主体的に作った利益は未来へ続いていき大きくなっていく。 だから不満も不足も自分で作ることで満たそうとするように、自分で自分に言う。 「パンがなければケーキを作ればいい」.

次の

ケーキを食べればいいじゃない

パン が なけれ ば ケーキ を 食べれ ば いい じゃ ない

~この当時のフランスは、 大変な飢饉状態。 ~ 家来:「国民は飢えており、パンも食べる事ができません。 パンが無い=代わりにお菓子を食べればいい!という ズレタ言葉には、『 マリー・アントワネットは世間知らずのおめでたいお嬢様』という印象を抱かせるのに十分な効果があります。 でも、この発言は 誤解なんです。 正確に言うと、 誤訳なんです。 収入の半分をパン代にあてていた訳ですね。 こう聞くと、、 お金が無いのに高い物を食べようとしている国民を非難している言葉にも聞こえますよね。 つまり、 『身の丈に合った生活をしなさい』 という、真っ当な事を言っている訳です。 常識ある発言 ですね。 -SPONSORED LINK- 日本にもある、似たような話 米が高騰していた時代に、ある政治家が言ったとされる 『貧乏人は麦を食え!』 が有名ですね。 記者:「米の価格が高騰しています。 どうお考えですか?」 政治家:「所得に応じて、所得の多い人は米を食う、所得の少ない人は麦を多く食う、というような、経済の原則に則った方向にしたい」 記者:「なるほど。 分りました!明日新聞に出しますね」 新聞社に戻り、記事を書きながら 記者:「見出しにするには言葉が長いな~。 略しちゃえ!」 新聞:【貧乏人は麦を食え!】 政治家:「!?意味が違うぅ~!!」 発言が、 違う人によって他に伝えられる時、このように真意が違って伝わることがしばしばありますね。 長いインタビューを記事にする時、インタビューのある部分は使って、ある部分は使わないでってしたら、 発言者の真意とは正反対の事として記事を作ることも可能です。 最近のメディアでもよくあります…。 -SPONSORED LINK- 最後に この話には 諸説あります。 そもそもマリー・アントワネットは『ブリオッシュを食べろ』とか、 そんな事すら言っていないという説もありますし、その説が 有力です。 果たして、真相はどっちなんでしょうかね? 実際のマリー・アントワネットは、国民は貧しいのに自分は浪費をしまくる大変な王妃だったようなので、常識人とは言えませんが…。 詳細: この話題に関しては以上です!.

次の