グロテスク 小説。 グロテスク 上 (文春文庫)

グロテスクとは

グロテスク 小説

グロテスク|桐野夏生 辛口感想 『OUT』 『柔らかな頬』など、単なるミステリーにとどまらない作品を生み出してきた桐野夏生が、現実に起きた事件をモチーフに新たな犯罪小説を書き上げた。 自身をして「その2作を超えて、別のステージに行ったかな」と言わしめた作品だ。 主人公の「わたし」には、自分と似ても似つかない絶世の美女の妹ユリコがいた。 「わたし」は幼いころからそんな妹を激しく憎み、彼女から離れるために名門校のQ女子高に入学する。 そこは一部のエリートが支配する階級社会だった。 ふとしたことで、「わたし」は佐藤和恵と知り合う。 彼女はエリートたちに認められようと滑稽なまでに孤軍奮闘していた。 やがて、同じ学校にユリコが転校してくる。 エリート社会に何とか食い込もうとする和恵、その美貌とエロスゆえに男性遍歴を重ねるユリコ、そしてだれからも距離を置き自分だけの世界に引きこもる主人公。 彼らが卒業して20年後、ユリコと和恵は渋谷で、娼婦として殺されるのだった。 いったいなぜ、ふたりは娼婦となり、最後は見るも無残な姿で殺されたのか。 そこに至るまでの彼女たちの人生について、「わたし」は訳知り顔で批判を込めて語っていく。 しかし、ユリコと和恵の日記や、ふたりを殺害した犯人とされる中国人チャンの手記が発見されるに従い、主人公が本当に真実を語っているのか怪しくなってくる。 つまり「わたし」は「信用できない語り手」だということが明らかになってくるのだ。 その主人公に比べ、日記であらわになるユリコと和恵の生き様は、徹底的に激しくそして自堕落である。 グロテスクを通り越して、一種の聖性さえ帯びている。 グロテスクをネットで調べてみると、もともとは「古代ローマを起源とする異様な人物や動植物等に曲線模様をあしらった美術様式。 (Wikipedia)」とのこと。 グロテスク装飾として古代に使われていたようですが、今では、醜怪、不気味なものを指して使われています。 もちろん、この小説も後の方の意味で使われています。 この小説に関しては、2つの点で興味深いものがあります。 冒頭のあらすじと解説のところにも書かれています。 まずは、現実に起きた事件をモチーフに、なぜ、一流会社のOLが売春を行い、そして殺されたのか。 その生きざまをエリートとして名高い中高大一貫校の時代にさかのぼって書かれている点。 完全なヒエラルキーのなかで、2人の主人公(美貌を持つユリコと努力だけを信じる和恵)が、それぞれが生まれ持つ能力で生き抜いていく過程そのものがグロテスクに映っていることが印象です。 そして、ヒエラルキー社会でいくて行くための心の葛藤そのものが生々しく、奇怪で、おぞましいものであることが気味の悪いほど伝わってきます。 また、そうしたなかで生き抜いてきた人間が人生の半分ほどの年月を重ねた時点で内的には何も変わっていないどころかそのグロテスクさが一層増しているところを表現している筆者の執念というか何というか…。 また、もう1点は、この小説のストーリーテラー的な位置づけであるユリコの姉です。 メインのストーリーはユリコと和恵の物語であるのですが、ユリコの姉もまさにヒエラルキー社会の中で生き抜いてきた犠牲者であるように感じました。 ユリコという美貌をもつ怪物を幼少の頃から、憎み、恐れ、そして、それに解放された学生生活でもその影を引きずり、最終的にはまた、ユリコが入学してくる。 ヒエラルキーで生き抜かなければならない本能とおいかけてくるトラウマのなかで育っていく姉の性格は、最終的に死んだユリコの息子である百合雄との出会いにより、同じような道を歩んでいく。 私は、ユリコと和恵というよりは、ストリーテラーであるユリコの姉の方が最終的にグロテスクに感じてしまったのです。 一言でいうと後味が悪いということなのでしょうが、出口のない小さな小さな世界から抜け出せずに成長して大人になってしまった女性たちの最悪の行く末なのではないかと感じました。 ただ、面白いのが、どの女性たちも一般的には落ちてしまったように見える状況を理解しながらも、一切の後悔をせず、自分の道を信じて歩いていたことです。 自分自身を納得してというのと全然違います。 諦めているというのも違います。 思春期のごくわずかな時間に経験したことが唯一正しいと信じてきた偽りの真実だけを信じて。 その考え方そのものがグロテスクだ、筆者は言っているのだと思います。 分類 評価 コメント クライム小説 後味もそうですが、読んでる途中でもグロいです。 まさにグロテスク。

次の

重い小説探してます

グロテスク 小説

google. dena. キャラの感情を上手く表現してくださり、グイグイと物語の 世界に引き込まれます。 透き通る美しい美声を是非とも聴きに来てください》 にて、占の報告書、朗読(ロウドク)枠が あります。 すべての配信が朗読枠ではなく、 配信者様のご都合で朗読時間は変わります。 朗読は配信者様のご厚意なので、無理は 言わないようにお願い致します。 wixsite. タイトルごとに全て違うお話で、ほぼつながっていません。 お好きなタイトルからお読み下さい。 また、小説家になろう・エブリスタにも同時投稿中。 いつもたくさんお読み下さってありがとうございます。 よろしくお願いします。 境界線とは曖昧なものである。 何処にでもあるとも言えるし、何処にもないとも言える。 知り合いと友達の境界線。 友達と恋人の境界線。 男と女の境界線なんてあってないようなもので、そもそも境界線を引くこと自体間違っているのかもしれない。 生と死の境界線。 脳が止まっても生きている人がいる。 機械に生かされている人もいる。 夢と現実の、境界線。 多くの夢は起きて初めて、それが夢だったとわかる。 もしかすると、この現実だと思っている世界は夢なのかもしれない。 昨日見た夢が現実で、気球から堕ちて死んだのかもしれない。 此処は死後の世界なのかもしれない。 曖昧な境界線。 これは境界線を何処かに忘れた少年の物語。 ーーーーーーーーーー グレーのコートを着たおじいさんに渡された薬を飲んだ少年は、自分の見たい夢を見ることができるようになった。 少年は夢の中であんなことやこんなことをする。 ……全ては夢の中。 唐突に性描写が入ります。 むしろ性描写が多めです。 ですがホラーなので、この小説をそういう目で見ることはおすすめしません。

次の

グロテスク

グロテスク 小説

amazon. 主人公の「僕」が今生きている現実とは微妙にずれがある別世界へ入り込んでしまう話なのですが、全くの異世界ではないのでSF嫌いの人でも抵抗はないと思います。 ずっと暗いまま話は続きますが、読み終わった後の辛さが格別な作品です。 アマゾンのレビューでも評判がいいようですね。 A ベストアンサー ノンフィクションです。 当時のロシアの社会問題、50人以上を殺害した犯人の犯行を読むと 暗くなる事、請け合いです。 殺人者エドワード・ゲインの狂気と犯行を書いてます。 救いの無いただただ暗く陰惨な事件は、小説より現実の世界に多い様です。 私はノンフィクションの犯罪小説が好きで、結構沢山読みますが 本当、世界には物凄い事件がありますよ。 お好みの内容でなかったら、申し訳ありません。 A ベストアンサー 内容によっては1時間くらいで読んでしまうものもありますが,平均するとやはり3時間くらいでしょうか。 関連性のある本をすでに読んでいる場合などは,語句の意味を改めて咀嚼しないでよいので早く読めます。 というか,斜め読みって感じですね。 反して普段読まないようなジャンルでは,出てくる語句の意味を別の本で調べながら読んだり,前へ戻ったりとするので,10時間とか軽くかかっちゃうこともあります。 ミステリーなどは逆に早く結末が知りたくて一気に読んでしまったり,恋愛ものでは最初にさらっと気になる場面だけ読んで,改めて最初からじっくり読んだりもしますね。 やはり,皆様が仰るように,本の内容と本への取り組み方で時間のかかり具合は違うようです。 また,1つの本を読んでいるとき,以前に読んだ関連性のある本の内容を即座に思い出せるかどうかでも,理解力や読書時間はかなり変わってくるのではないでしょうか。 ちなみに,私が最近はまっているジャンルの本はドラマCDが出ており,読むときには頭の中で好きな声優さんをキャスティングして声を再生(?)しているので,結構,時間がかかるときもあります。 これも一種の楽しみ方かしら(笑) 内容によっては1時間くらいで読んでしまうものもありますが,平均するとやはり3時間くらいでしょうか。 関連性のある本をすでに読んでいる場合などは,語句の意味を改めて咀嚼しないでよいので早く読めます。 というか,斜め読みって感じですね。 反して普段読まないようなジャンルでは,出てくる語句の意味を別の本で調べながら読んだり,前へ戻ったりとするので,10時間とか軽くかかっちゃうこともあります。 ミステリーなどは逆に早く結末が知りたくて一気に読んでしまったり,恋愛ものでは最初にさらっ... 分野は、一応、SF。 美しい。 分野は明らかにSF。 美しい。 キレイな印象はない。 あまりキレイではない。 ドロドロと暗いのではなく、数学的精密さに基づいた不条理感が暗い。 全く美しくないが、文章は読みやすい。 西洋の小説では、勧善懲悪ものや、甘ったるい宮廷恋愛ものや、伝承的民話しかなかった時代に、突如として放たれた自伝にして、自分の過去の悪行をも語ったもの。 一度は王にまでなりかけた主人公が全てを失った時、殺し合いまでしたもう1人の主人公が助けに来てくれるシーンは感動もの。 美しい。 分野は、児童文学かファンタジー。 分野は、一応、SF。 美しい。 分野は明らかにSF。 美しい。 キレイな印象はない。 Q 桐野夏生さんの作品は、アマゾンのユーザーレビューで見ると、どれもこれも評価が高く、TVでもとあるコメンテーターが「おもしろい」と言っていたので、そのコメンテーターが言っていたグロテスクを購入して読んでみたのですが、作品に入り込めないというか、おもしろさがわかりませんでした。 ですが、ここまで評価の高い作家さんなのですから、どれか1つくらい「おもしろい!」と思える作品があると思うんです。 評価の良いグロテスクがおもしろいと思えないなんて…と、ちょっとショックというか、悔しいといいますか、自分だけ桐野作品のおもしろさのわからない仲間はずれのような気分でして(笑) 当方、20代の男です。 どれがオススメ作品でしょうか? A ベストアンサー #3です。 蛇足ですが、桐野夏生さんの作品の面白さと言うのは、いうならば人間の「負の感情」や「負の部分」なのだと思う。 差別、軋轢、劣等感etc 浅田次郎の作品に、本当の意味での悪人がいないように、「善人」が少ない小説が桐野ワールド。 「グロテスク」の場合は、現実にあった東電OL殺人事件と、名門私立 明らかに慶応)のイメージが背景として頭に無いと、その「負の部分」がピンとこないかもしれない。 今の僕は苦手だ。。。 唯でさえ、たかが金のために2~3人実質的に殺しちまったんじゃないか…なんて思い悩むときに、あんなもん読むと気が滅入る。 といいながら、特に気が滅入りそうなのばかり4冊も読んでいる。 笑) 人間の「負の部分」を楽しんでしまえる気力というか、ある種の黒い強さがみなぎっているときには、良いかもしれません。 「真人間」に戻りたくなる。 笑) 4つの中ではね、僕は「OUT」と「ダーク」が面白いとは思う。 しかし、読後感の救いの無さは浅田次郎と対照的! 笑) 逆に言えば、20代の男で桐野夏生作品に共感できるって、あまり良い人生じゃない。 蛇足ですが、桐野夏生さんの作品の面白さと言うのは、いうならば人間の「負の感情」や「負の部分」なのだと思う。 差別、軋轢、劣等感etc 浅田次郎の作品に、本当の意味での悪人がいないように、「善人」が少ない小説が桐野ワールド。 「グロテスク」の場合は、現実にあった東電OL殺人事件と、名門私立 明らかに慶応)のイメージが背景として頭に無いと、その「負の部分」がピンとこないかもしれない。 今の僕は苦手だ。。。 唯でさえ、たかが金のために2~3人実質的に殺しちまったん...

次の