食べ たく ない の に 食べ て しまう。 食べたくないのに、食べたくなってしまうときには|kei|note

食べたくないのに食べてしまう

食べ たく ない の に 食べ て しまう

痩せたいけど食べてしまう人は多い! まず最初に知っておいて欲しいことがあります。 『痩せたいけど、ついつい食べてしまうのはあなただけではない』 ということです。 世の中に、 『痩せたいけど食べてしまう人』というのは本当にたくさんいます。 ですので、 『また食べ過ぎてしまった…』と必要以上に自分を責めたりしまいでください。 なぜなら、自分を責めてしまうと、そのストレスからさらに食べ過ぎてしまうからです。 痩せたいならば確かに食事制限しなければいけませんが、だからといってがむしゃらに我慢しようとしても絶対に出来ません。 最初の1日、2日は我慢できても、結局限界が来て食べ過ぎてしまいます。 『じゃあどうすればいいの?』 と思われるでしょうが、対処法は簡単です。 『原因』をしっかりと理解することです。 多くのひとは、 『ついつい食べ過ぎてしまうのは、自分に根性がないからだ』と、まったくの勘違いをしてイタズラに自己嫌悪してしまっていますが、大間違いです。 食べ過ぎてしまうのは、根性がないからでも何でもありません。 ちゃんと、 『原因』があるのです。 その原因を知り、キチンと改善すれば、根性などなくても食べ過ぎは止められるのです。 痩せたいのに食べてしまう原因は? では、 どうして痩せたいのに食べ過ぎてしまうのでしょうか? それには以下の2つの原因があります。 ストレス ストレスは食欲を生みます。 イライラや欲求不満、悩み事などの不安からストレスを受けると、人間は コルチゾールというホルモンを分泌します。 このコルチゾールは別名 『デブホルモン』と呼ばれているぐらいダイエットの大敵です。 なぜかというと、食欲が強くなるからです。 みなさんも、ストレスが溜まったときなどに甘いものや美味しいものを食べたくなることがあると思います。 あれがまさにコルチゾールのしわざです。 つまり、ついつい食べ過ぎてしまう人というのは別に根性がないわけでもなんでもなく、ストレスが溜まりやすい性格のせいで、ついつい 『食べる』ことでストレス発散してしまっているだけなのです。 別のストレス発散法さえ見つければ、食欲は勝手におさまります。 栄養不足 もっとも多いのがこちらです。 『栄養不足』 おそらく、太っているひとの大半はこれが原因です。 『栄養不足って…太りすぎて困っているんだから、栄養不足なわけがないでしょ?』 と思うかもしれませんが、それは大間違いです。 現代人の多くは栄養不足だと言われています。 なぜなら、お菓子やカップラーメン、インスタント食品など、さっと食べられるおいしい物ばかり食べていて、 体にとって本当に必要な食べ物を食べていないからです。 たとえば、野菜や果物です。 野菜や果物をまったく摂らないと、ビタミンが不足します。 すると、体はこう命令します。 『栄養が足りない!もっと食べろ!』 と。 つまり食欲が湧きます。 でも、私たちは 『今、なんの栄養が足りないのか?』ということがよく分かりません。 ただ単に 『お腹空いたからなにか食べよう』と思うだけです。 すると、本当は野菜や果物を食べなければいけないのに、カップラーメンを食べたりします。 ビタミンはほとんど補給されません。 それどころか、むしろ余計な脂質や炭水化物ばかり体のなかに取り入れてしまいます。 すると当然、太ります。 いらない栄養素が体のなかに貯まれば、脂肪になるのは当然です。 だけどやっぱりビタミンはちっとも足りてないから、すぐにまた 『栄養が足りないぞ!』と脳から命令が来て、お腹が減ってしまうのです。 これが、現代人が肥満なのに栄養不足になるというメカニズムです。 前にあるお医者さんが、 『今の子供たちは、満腹で栄養不足になる』 とおっしゃっていましたが、まさにその通りです。 栄養のない食べ物ばかり食べて、本当に必要な栄養を摂らないから、 『食べても食べても食欲が湧く』という状態になってしまうのです。 ちなみに、キチンと栄養のあるゴハンを毎日食べていると、お菓子も油物もほとんど食べたくなくなりますし、間食も別に食べたくなくなります。 解決方は? 以上のことから、解決作は簡単です。 ストレスを溜めないようにする ストレスが原因で食べ過ぎてしまうのならば、ストレスを溜めないようにすれば食欲が下がるのは当然です。 ではどうすればストレスを発散できるのかというと、一番良いのが 『運動』です。 元々、ストレスというのは大昔に人間が 『敵』と遭遇したときに感じるものでした。 敵と遭遇したとき、人間がやらなければいけないことは2つに1つです。 『戦う』 『逃げる』 つまり、どちらも体を使うことです。 ですので、ストレスが溜まっているときに運動をすると、スッキリするのです。 ダイエットにも効果的なので、1日20分で良いので、ジョギングなどの軽い運動をしましょう。 栄養をしっかり摂る 栄養不足が食欲を生むという話もしました。 ならば、 栄養をしっかり摂りさえすれば、いたずらに食欲が湧くことも防げます。 具体的には、キチンと三食食べるようにしましょう。 ご飯、サラダ、肉や魚など、バランスよく食べることが大切です。 逆に、お菓子やカップラーメンなどは、食べてもほとんど栄養がないのでやめましょう。 他にも、砂糖がたくさん入ったジュースなども危険です。 砂糖を大量に摂取すると血糖値が上がりすぎてしまい、その反動で今度は一気に下がってしまうので、またお腹が空いてしまいます。 大事なのは、 『ゴハンを抜く』ということではなく、その逆です。 『体に必要な食事をしっかり摂る』 ということです。 ちなみに 、納豆や豆腐など、体に良い食べ物というのはそもそもカロリーが低いものが多いです。 反対に 、ピザやケーキなど、体に良くないものほどカロリーが高く、栄養価が低いです。 痩せたいならば、健康的な食事を心がけましょう。 食べても痩せるコツ! 最後に、食べても痩せるコツをもうひとつご紹介します。 『よく噛むこと』 です。 よく噛んで食べると、食べ物の栄養の吸収率が上がります。 すると、少ない量でもしっかりと栄養を補給できるので、食べ過ぎることがありません。 そのうえ、 『お腹が減りにくくなる』というメリットおもあります。 これはやってみればすぐにわかりますが、しっかりと噛んでから食べるようにすると、食後にずっとお腹がいっぱいになっているのです。 お菓子もジュースも、別に欲しいとは思わなくなります。 つまり、勝手に食欲が抑えられるのです。 太っている人ほど、まったく噛まずに飲み込むクセがあると言われているぐらいですので、痩せたい人はぜひともよく噛んで食べる習慣を身につけてみてください。

次の

お腹がすいてないのに食べたい…実際は空腹ではないが食べてしまう訳 | 女性の美学

食べ たく ない の に 食べ て しまう

みなさん、こんばんは。 今日は、頭では「食べたくない」と思っているのに、どうしても食べたくなってしまう・・・みたいなときにどうすればいいのか、ということについて書きたいと思います。 「また食べてしまった・・・」 「また過食してしまった・・・」 「また過食嘔吐・・・」 そんな後悔や、自己嫌悪、あるいは罪悪感。 摂食障害真っ只中のときには、そんな思いを何度となく抱いて、頭を抱えてしまうことがあると思います。 そして、その後には、 「明日は絶対に食べない」 「明日は絶対に過食しない」 「明日は絶対に吐かない」 などと思ったりします。 でも、「過食しない」や「吐かない」ならともかく、「食べない」は、少し無謀な計画というか、決心だと思います。 なぜなら、今までの生活で、 「(自分の許せる範囲を超えて)食べる」 「過食する」 「過食嘔吐」 が 「習慣化」してしまっているので、ある日突然「きっぱりとやめる」という計画(決心)は、そもそも無理があるのです。 では、どうすればいいのか。 結論から言うと、ほんの少しだけ試してみる、ということをお勧めしたいと思います。 これは、昨日の記事とある意味同じ内容になりますが、とにかく ほんの少しだとしても、 実現可能かどうかを最優先に考える、ということになります。 なので、食べ過ぎた分を何とか取り戻そう、ということで、「食べない」などと計画(決心)したくなってしまうと思います。 でも、これは、いわゆる「ふつう」に食べている人に向けてのメッセージであるし、そもそも「ふつう」に食べている人だって、みんながみんな実践できている訳ではないと思います。 ですから、(過去の自分も含めて)摂食障害真っ只中のみなさんが参考にするメッセージではありません。 あくまでも、 実現可能かどうかを最優先に考える、ということが大切になってきます。 とにかく、今までのペースを大幅に変更するような計画(決心)は、実現可能性が低いので、失敗しがちなのです。 それよりも、「頭では到底納得できない」あるいは、「そんな程度じゃあ痩せない、取り戻せない、リセットできない」と思ったとしても、 実現可能かどうかを最優先に考えるようにしてみてください。 私の経験上、「節制」の域を超えて「我慢」になった場合、「我慢」はいつか必ず「破綻」すると思っています。 「食べたい」気持ちを、頭の考えだけで治める(鎮める)のは簡単なことではありません。 ましてや、摂食障害真っ只中のみなさんは、ただでさえ長い間食欲が満たされていない状態なのです。 ほんの少しでも、昨日と違うことができた、ということを一つづつ積み重ねていくこと。 そして、「(全く)食べない、という選択肢はない」と思って、(吐くとしても)何かしら食べることを前提に、計画(決心)すること。 このような気持ちを、心のどこかで持っていてほしいなぁ・・・と思います。 今日もありがとうございました。

次の

食べたくないのに食べてしまう

食べ たく ない の に 食べ て しまう

みなさん、こんばんは。 今日は、頭では「食べたくない」と思っているのに、どうしても食べたくなってしまう・・・みたいなときにどうすればいいのか、ということについて書きたいと思います。 「また食べてしまった・・・」 「また過食してしまった・・・」 「また過食嘔吐・・・」 そんな後悔や、自己嫌悪、あるいは罪悪感。 摂食障害真っ只中のときには、そんな思いを何度となく抱いて、頭を抱えてしまうことがあると思います。 そして、その後には、 「明日は絶対に食べない」 「明日は絶対に過食しない」 「明日は絶対に吐かない」 などと思ったりします。 でも、「過食しない」や「吐かない」ならともかく、「食べない」は、少し無謀な計画というか、決心だと思います。 なぜなら、今までの生活で、 「(自分の許せる範囲を超えて)食べる」 「過食する」 「過食嘔吐」 が 「習慣化」してしまっているので、ある日突然「きっぱりとやめる」という計画(決心)は、そもそも無理があるのです。 では、どうすればいいのか。 結論から言うと、ほんの少しだけ試してみる、ということをお勧めしたいと思います。 これは、昨日の記事とある意味同じ内容になりますが、とにかく ほんの少しだとしても、 実現可能かどうかを最優先に考える、ということになります。 なので、食べ過ぎた分を何とか取り戻そう、ということで、「食べない」などと計画(決心)したくなってしまうと思います。 でも、これは、いわゆる「ふつう」に食べている人に向けてのメッセージであるし、そもそも「ふつう」に食べている人だって、みんながみんな実践できている訳ではないと思います。 ですから、(過去の自分も含めて)摂食障害真っ只中のみなさんが参考にするメッセージではありません。 あくまでも、 実現可能かどうかを最優先に考える、ということが大切になってきます。 とにかく、今までのペースを大幅に変更するような計画(決心)は、実現可能性が低いので、失敗しがちなのです。 それよりも、「頭では到底納得できない」あるいは、「そんな程度じゃあ痩せない、取り戻せない、リセットできない」と思ったとしても、 実現可能かどうかを最優先に考えるようにしてみてください。 私の経験上、「節制」の域を超えて「我慢」になった場合、「我慢」はいつか必ず「破綻」すると思っています。 「食べたい」気持ちを、頭の考えだけで治める(鎮める)のは簡単なことではありません。 ましてや、摂食障害真っ只中のみなさんは、ただでさえ長い間食欲が満たされていない状態なのです。 ほんの少しでも、昨日と違うことができた、ということを一つづつ積み重ねていくこと。 そして、「(全く)食べない、という選択肢はない」と思って、(吐くとしても)何かしら食べることを前提に、計画(決心)すること。 このような気持ちを、心のどこかで持っていてほしいなぁ・・・と思います。 今日もありがとうございました。

次の