都市 対抗 野球 ライブ。 第53回都市対抗野球大会

北海道ガス、都市対抗目指す 渡部新指揮官の初陣飾った

都市 対抗 野球 ライブ

概要 [ ]• 32チーム中初出場は3チーム(・、・、・)。 このうち明治生命は接戦を次々にものにしていき、初出場でベスト4まで勝ち上がった。 と一変し、今大会では西日本のチームの躍進が目立った。 それを象徴するように決勝戦は・と・の対戦となり、接戦となったが住友金属はの春・夏の甲子園を連覇した投手・捕手のバッテリーでこれをしのぎ、チーム初優勝(和歌山県勢初優勝)を遂げた。 出場チーム [ ]• ・(3年ぶり13回目)• ・(5年ぶり6回目)• ・(初出場)• ・(2年ぶり11回目)• ・(2年連続7回目)• ・(6年連続16回目)• ・(3年ぶり9回目)• ・(推薦/2年連続16回目)• 東京都・(3年ぶり25回目)• 東京都・(初出場)• 東京都・(3年連続9回目)• ・(2年連続27回目)• ・(6年連続10回目)• ・(3年ぶり9回目)• ・(2年ぶり5回目)• ・(2年連続10回目)• ・(初出場)• ・(7年ぶり8回目)• ・(3年ぶり5回目)• ・(2年ぶり5回目)• ・(2年ぶり11回目)• ・(17年連続28回目)• ・(3年ぶり4回目)• ・(4年ぶり11回目)• 神戸市・川崎重工(2年ぶり12回目)• ・(2年連続14回目)• ・(8年連続9回目)• ・(8年ぶり3回目)• ・(3年ぶり3回目)• ・(2年連続4回目)• ・(3年連続11回目)• ・(3年ぶり6回目) 大会 [ ] 1回戦 [ ]• 第1試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 三菱重工三原 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2 電電東京 0 0 0 0 1 0 0 0 2x 3 勝:藤原 敗:児玉 本:佐々木(三原)、竹桝(東京)、加藤(三原)• 第2試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 新日鐵釜石 2 3 0 1 0 1 2 1 0 10 大倉工業 0 3 0 0 1 0 0 0 0 4 勝:佐藤 敗:中平 本:高畑(大倉)• 第3試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 日本鉱業佐賀関 0 2 0 0 4 0 0 0 0 6 東芝 0 0 0 4 2 0 1 0 X 7 勝:青木 敗:岩野 本:野上(佐賀関)• 第4試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 日産自動車 0 0 0 0 0 1 0 4 0 5 電電東海 0 0 0 2 1 0 0 0 0 3 勝:森岡 敗:浜田• 第5試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 住友金属 1 3 0 3 2 0 0 0 0 9 日本楽器 0 1 3 0 0 2 0 0 0 6 勝:石井 敗:高久 本:野尻(住金)、阪本2(日楽)、中原(住金)• 第6試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 電電九州 4 0 0 0 0 1 0 0 0 5 ヤマハ発動機 0 0 0 0 1 1 1 3 X 6 勝:増井 敗:錦野 本:久本(九州)、野口(ヤマハ発)• 第7試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 富士重工業 0 0 1 0 2 0 0 0 0 3 新日鐵堺 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 勝:向田 敗:原• 第8試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 日本石油 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 川崎重工 0 0 1 2 0 0 0 0 X 3 勝:長田 敗:高橋• 第9試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 日本生命 2 0 2 0 0 0 0 4 0 8 日本通運 1 0 0 1 0 1 1 0 0 4 勝:岡田 敗:大堂 本:辻(日通)、佐藤(日生)、大田垣、伊藤(以上日通)、安西(日生)• 第10試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 電電北陸 0 3 0 3 0 0 0 2 0 8 熊谷組 1 0 0 1 0 0 0 4 0 6 勝:松下 敗:加治 本:北川(北陸)、中屋(熊谷組)• 第11試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 日本新薬 1 0 0 0 0 0 0 0 3 4 東京ガス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 勝:川崎 敗:黒田• 第12試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 本田技研 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 日本鋼管福山 0 1 0 1 1 0 2 0 X 5 勝:田村 敗:小林 本:若松(福山)、長井(本田)• 第13試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 北海道拓殖銀行 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2 本田技研鈴鹿 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 勝:中村弘 敗:前村• 第14試合-延長11回 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 計 電電信越 2 0 2 1 1 0 0 3 0 0 0 9 秋田相互銀行 0 2 0 2 3 0 2 0 0 0 1x 10 勝:小野 敗:安藤 本:渡辺、佐藤、石井(以上秋田)• 第15試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 明治生命 0 0 0 1 0 2 1 0 0 4 三菱重工神戸 1 0 1 0 1 0 0 0 0 3 勝:竹内 敗:夜久 本:松本(神戸)、門間(明治)• 第16試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 電電北海道 0 2 0 2 5 1 4 0 0 14 四国銀行 4 0 0 0 0 1 2 0 0 7 勝:山本 敗:滝下 本:寺田、日比野、森本(以上北海道) 2回戦 [ ]• 第1試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 電電東京 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 新日鐵釜石 0 3 0 0 0 0 0 0 X 3 勝:大場 敗:竹桝 本:高橋(東京)• 第2試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 電電北陸 1 1 0 0 0 2 0 0 0 4 日本新薬 1 0 0 0 1 0 1 0 0 3 勝:松下 敗:前田• 第3試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 東芝 2 0 0 0 0 0 0 0 1 3 日産自動車 0 1 1 0 0 3 0 0 X 5 勝:関根 敗:黒紙 本:青島(東芝)• 第4試合-延長11回規定により引き分け 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 計 住友金属 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 川崎重工 1 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 3 本:大村(川崎重)• 第5試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 ヤマハ発動機 0 3 1 2 0 0 0 2 0 8 富士重工業 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 勝:鈴木 敗:秋山• 第6試合-延長10回 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計 日本生命 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2 日本鋼管福山 0 0 1 0 0 0 0 0 1 1x 3 勝:田井 敗:加藤 本:佐竹(日生)、若松(福山)• 第7試合-8回コールド 1 2 3 4 5 6 7 8 計 秋田相互銀行 0 3 0 0 1 0 0 0 4 北海道拓殖銀行 0 5 0 0 1 4 3 1x 14 勝:中村明 敗:石崎 本:竹内、山本(以上拓銀)• 第8試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 明治生命 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 電電北海道 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 勝:中西 敗:小林伸• 第4試合再試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 川崎重工 0 1 0 0 0 0 0 0 2 3 住友金属 1 1 0 4 0 0 0 0 X 6 勝:石井 敗:藤高 本:水江(川崎重) 準々決勝 [ ]• 第1試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 新日鐵釜石 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 日産自動車 0 1 1 0 0 0 0 3 X 5 勝:池田 敗:大場• 第2試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 ヤマハ発動機 1 0 1 0 0 0 0 2 0 4 住友金属 0 0 2 0 0 1 0 0 3x 6 勝:小杉 敗:鈴木 本:嶋田(住金)• 第3試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 電電北陸 0 0 0 0 0 0 1 0 2 3 日本鋼管福山 3 0 0 5 0 0 0 0 X 8 勝:田村 敗:松下 本:若松(福山)、丸茂、小柳(以上北陸)• 第4試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 明治生命 0 0 2 1 0 1 0 0 2 6 北海道拓殖銀行 0 0 0 0 0 3 0 1 1 5 勝:竹内 敗:谷田部 本:門間(明治) 準決勝 [ ]• 第1試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 日産自動車 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3 住友金属 1 0 1 0 0 2 3 0 X 7 勝:石井 敗:関根 本:三好(住金)• 第2試合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 明治生命 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 日本鋼管福山 0 1 4 1 2 0 1 0 X 9 勝:高橋 敗:竹内 本:渡辺(明治)、六条、河井(以上福山) 決勝 [ ]• 決勝戦() 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 住友金属 1 0 0 0 1 0 2 1 0 5 日本鋼管福山 0 1 1 0 0 1 0 1 0 4 勝:石井 敗:田村 本:若松(福山)、松隈(住金) (住友金属は初優勝) 表彰選手等 [ ]• 橋戸賞 石井毅投手(住友金属)• 久慈賞 田村忠義投手(日本鋼管福山)• 小野賞 東京都・明治生命チーム• 若獅子賞 野口恭弘右翼手(ヤマハ発動機)• 10年連続出場表彰選手 渡辺茂外野手(東京ガス) 中沢邦夫捕手(東芝()) 鈴木徳義投手(電電北陸()) 岡田和久投手(日本生命) 田村忠義投手(日本鋼管福山) 山内明内野手(日本鋼管福山) 六条誠一外野手(日本鋼管福山)• 応援団コンクール• 最優秀賞 日産自動車• 優秀賞 住友金属、明治生命• 敢闘賞 日本鋼管福山• 特別賞 該当なし• 努力賞 北海道拓殖銀行.

次の

都市対抗野球2019の日程とテレビ放送予定!無料ライブ配信は? │ らいスポガイド

都市 対抗 野球 ライブ

ぜひ試合を見たいという方も多いはず! この大会に出場した選手の中からプロ入りする選手もいますし、最近の代表的なところでいうと埼玉西武ライオンズの俊足ショート・源田壮亮選手は、トヨタ自動車の一員として2016年大会に出場して、優勝&優秀選手賞を獲得。 あとは今年のドラフト1位ルーキー・近本光司(阪神タイガース)は去年の大会でMVPにあたる橋戸賞を獲得しています。 こういった選手も活躍していた、非常に注目の社会人野球大会となります。 なんと!インターネットなら 無料ライブ配信がありますので必見です! Ads by Google テレビ放送・中継予定 それでは、都市対抗野球2019(第90回都市対抗野球大会)のテレビ放送・中継予定を確認してみましょう。 <J SPORTS> 「J SPORTS」では、1回戦~決勝戦まで全試合を放送! ほぼ生中継ですが、一部オンデマンド限定のライブ配信あり。 都市対抗野球2019を視聴するなら一番オススメの視聴方法となります。 <NHK-BS1&BS4K> こちらでは決勝戦を生中継! 1回戦~準決勝までは放送されません。 そんな方々に超朗報! なんと都市対抗野球2019はインターネットライブ配信されます。 試合のライブ配信だけではなく、 ・試合終了後の勝利監督らのインタビュー ・全試合のダイジェスト動画 ・リアルタイムテキスト速報 ・最新ニュース&コラム など都市対抗野球2019に関するコンテンツが多数配信されます。 スマホ、パソコン、タブレット端末などでお楽しみ下さい。 ・必ず放送・配信スケジュール、料金、利用規約などをしっかりとご確認の上ご利用下さい。 ・記載している情報は記事更新時のものなので変更の可能性あり。 ・ご利用は全て自己責任でお願いします。 まとめ 2019年7月13日(土)~25日(木)に東京ドームで行われる、「都市対抗野球2019(第90回都市対抗野球大会)」の視聴方法などをご紹介させて頂きました。 まとめると・・・ テレビ ・「J SPORTS」で1回戦~決勝戦まで全35試合を放送!(一部を除きほぼ生中継) ・「NHK-BS1」で決勝戦を生中継! インターネット ・「毎日新聞社の大会特設サイト」で1回戦~決勝戦まで全35試合を無料ライブ配信! ・「J SPORTSオンデマンド」で1回戦~決勝戦まで全35試合をライブ配信! となります。 ぜひお好きな方法で楽しみ下さい。 果たしてどこが優勝するのか・・・! そしてこの大会の出場選手からプロ入りするのは・・・! -.

次の

【都市対抗野球3日目 鈴鹿市vs東京都】1年ぶりのHONDA鈴鹿応援団「ライブ」に酔いしれる

都市 対抗 野球 ライブ

脱皮夫婦ぴーちくぱーちく、 ぴーちく(夫)です。 都市対抗野球3日目。 この日にどうしても応援したいチームが2つあります。 1試合目 HONDA鈴鹿(鈴鹿市) 2試合目 信越硬式野球クラブ(長野市) もう前日の夜からワクワクが止まりません。 家で、全開HONDA(HONDA鈴鹿の応援曲)と信濃の国(信越硬式野球クラブの応援曲)を口ずさみながら、東京ドームに行く準備をしちゃいました。 まずは、3日目第1試合。 HONDA鈴鹿(鈴鹿市) vs 鷺宮製作所(東京都)の観戦記を。 [outline] 「応援」というコンテンツの集客力も半端ない。 僕はHonda鈴鹿の「応援」を入り口として社会人野球が好きになったし。 今は応援だけじゃなく、Honda鈴鹿だけじゃなく、社会人野球全部が好き。 選手が何度も円陣を組むのは見るけど、応援団が何度も円陣を組むのは珍しい気がする。 それだけ、応援に対する気合が感じるのよ。 都市対抗に出場するチームは、大学の応援団やチアを動員することもあります。 大学の応援団も見ていて楽しいし、美しい。 けれど、HONDA鈴鹿の応援団は全て社員さんらしいです。 応援団を構成している方がHONDA鈴鹿の社員だからなのか、チームに対する熱の入りようが違って、それが見ている我々にも伝わっているんだと思います。 HONDA鈴鹿の応援曲がマジで良い まず、歌詞がいい。 HONDA鈴鹿の応援曲と言えば、 ・全開HONDA ・ノンストップHONDA ・スーパースター ・熱闘鈴鹿 とにかく曲も良いし、歌詞も良い。 抜群に良い。

次の