ルシファー hl 水。 ♣️【グラブル】5周年記念から始めた水パでいく『ルシファーHL完全攻略②』

ルシファーHARD 属性抜き攻略方法|すてらん|note

ルシファー hl 水

実は最終したウーノとカトル使うのこれが初めて(ウーノはともかくカトルは最終する前に使ったこともないので真の意味で初戦闘)、土以外でやるのも初、その土ですら最後にクリアしたのが2ヶ月近く前なんで、まーろくに動けなかったんですが、想定してた編成でクリアできてよかったなと。 ・編成とアビ スキン被ってますけど当然スパルタです。 アビはファーHの鉄板構成なんで特にコメントもなし。 ・キャラ ・ ロペリリィなしの水マグナでファーさんいくためだけに取ったようなキャラなんで、大方想定通りの活躍ができて満足。 スパルタのディスペルとあわせれば常に咎人状態を維持できますし、ディスペル2枚(カトルも一応数えていいなら3枚)になるんで、 赫刃バフに全く苦労しないのは想定通り。 常に咎人状態ってことは常に奥義性能UPがかかってるようなもんなんで、素の奥義火力も一番出ます。 あとディスペルは当然本体に撃つことになるんですが、この際発生するダメアビ&咎人効果は全体なんで、羽根のほうにもしっかりダメージと咎人が付与されるのがナイス。 このへん土は羽根を削りたいのに ブロの奥義は本体に叩き込まないといけないってのがジレンマだったので…。 逆に想定外だったのは3アビの使いどころが全くなかったところ。 開幕3万食らったあとのーは2アビを自分対象にして全快させて3アビ温存してたんですが、 HPが低すぎて瀕死狙うのが怖いんすよね。 HP1万4~5千くらいだとイブリースや系の多段技は当たり所悪いと瀕死どころか余裕で死ねるんで(当然ファラありで)、リスク抱えて瀕死狙うくらいなら、開幕2アビを瀕死のカトルあたりを対象にして全員瀕死にしたうえで3アビのコンボ決めたほうが多分いいです。 特に今回それをしなかったせいで羽根の特殊技1発目()前に奥義が撃てず、禁断の果実状態で奥義撃つとHPの低さから反動が怖くて、果実バフ消えるまでゲージ100のまま通常攻撃とかアホなことするハメになったので…。 当然3アビの100カットも重要で、ミュルや七星がないとファラあってもポースボロスで死が見えるんで、前半や95ではケチらず使っていきましょう。 試練以降は通常攻撃がランダム多段に変化するんで、2アビのかばう回避カウンターも普通に機能します。 4アビはタイミング見計らって使おう使おうと思ってたら最後までどこで使えばいいか悩んだまんま使わずに終わったのが今回最大のポカミスですかね…。 多分タイミング的に試練開始~羽根撃破間がいいハズ(撃破後は楽だし)。 ・カトル グラビのタイミングは部屋で相談を。 今回は70とパラロス受け後だったんですが、ろくに動けないせいでパラロス受け終えたあとも まだCT戻ってないとかいう酷いオチ。 連撃に関しても片面でオルオベ2つ分しかフォローないんで、カトルの奥義をいかにまわすかも重要。 担当者のパラロス受け終わり+水1000万のタイミングさえシンクロさせれば、のサポアビのおかげで追加水ダメ付の2アビが5連打できるんで、当たり所によってはウーノとカトルとのダメアビだけで500万近く稼げるはず。 ちなみにウーノやと違ってカトルはLBにHPが1個もなく、ランク210未満で片面だと一人だけ3万下回ったりするので、ポンミラでボーナス300付けて補強を。 実際付けないと足りませんでしたし。 ・武器 水マグナで、ミュルはおろか水七星剣すらなくてアイス担いでルシファーH行くこのスタイルに勢もニッコリ。 ミュルor七星の30カットをクスにあわせるだけで100カットになるんで、マジでミュルか七星ある人はそれメインのほうがいいです。 オルオベもう1個増やせばHPは増えますが火力は落ちるので、そのへんは好みで。 入れ替えるなら琴か短剣。 ちなみにミュルも水七星もないけどなぜか水着グレアの武器が4凸されてるって人はそっちでもいいです。 んなやついねーけど多分。 ・石 自前で5凸バハある人は黒の代わりにバハ入れましょう。 ただ前述通り片面にしたおかげでそこそこ火力あるのと、アビダメでだいぶ稼げる&ウーノとはバハ抜きでも奥義火力が高いんで、最悪奥義ダメUPとゲージ加速にバリアも兼ねたC. Cとかでも多分可。 スは回復目当てというよりサブ効果のHPUP目当て。 これがないとこの装備とランクで片面は無理っす。 一応HP平均効果はオルポ1発で全員全快っていう状況を作りやすくなくもない。 今回は羽根54のあたりで両方CTMAXになったので、試練はじまって土が仕事終えるまで突っ立ってました(オバチェ解除後且つOD前に攻撃すればパラロスこないので)…が、こういうときのためにテュポも欲しいんですよねやっぱ。 ・HP ひっく…と思ったそこのアナタ。 俺もそう思う。 そもそもランク210にしてから行くはずだったんですが…ディスコの募集で水が空いてたんでつい…というか…。 ただ逆にこんなボーダーギリギリのラインでも開幕にHP戻せれば、あとはオルポとキュアポ2個ずつにスやルシの回復、生命の果実の回復効果とか駆使して羽根撃破まで耐え凌げばどうにかなります。 一度ファラのみのイブリース受けてのHPが3桁になったことあったんで、そこが一番やばかったです。 というかたまたまに裂傷つかなかっただけでついたら死んでた。 ・全体を通して まあやっぱHP低いのがキツイですよね。 正直強い人と組めるなら自分の火力投げ捨てて生存第一で両面鰻のほうがいいんじゃないかなって(1000万が片面よりキツいけど)。 ただリリロペでカーオンまわすみたいなスタイルでなく、キャラと装備だけでいえばマグナに等しい構成でクリアできたんで、鰻ネットワークの皆さんも頑張って5凸を目指しましょう。 現状全マグナで一番5凸欲しいのって、背水も渾身も連撃もHPもない水マグナだと思うし。 これにて水古戦場の準備完了。 今回いつも初期調達に苦労する魔物系素材(皮とか葉とか燐粉)が、バラージェム(で取れるアレ)で交換できるようになってるので楽ですね。 とりあえずティターニア倒すとこまで行きましたが、イル・メグの雰囲気とお話だけで紅蓮全部より面白いまである。 こーいうのでいいんだよこういうので。 tempest.

次の

ルシファーHL 水属性攻略まとめ【グラブル攻略】

ルシファー hl 水

Lv1 ルシファーHL 水 に挑みたいのですが… 水属性ばかりを強化している微課金者です。 5凸終末武器の強さに惹かれ是非とも作成したいと思いましたが、素材をドロップするルシファーHLに挑むことすら出来ていません。 ルシファーHLは難しい上に、挑戦可能な装備の敷居が非常に高いためどのようにしたら挑めるか悩んでおります。 そこで、今後どのようなものを揃えていけば挑戦可能な段階にいけるのか、装備をどのようにするかを教えていただきたいです。 自分の手持ちは、 キャラ:リリィ、エウロペ、カトル、ウーノ、ハーゼ、ロミオ 武器:ミュル1、青玉3、フィンブル3、リリィ杖1 無凸 、終末4凸、ロペ琴3、RQ琴 石:ヴァルナ メイン 、テュポーン 無凸 、アテナ 無凸 、ルシフェル 5凸と無凸 、黒麒麟 3凸 、ガブリエル 3凸 です。 まだランクが210に到達していないため、とりあえずランク上げは必須だとは思っています。 ご回答のほど、よろしくお願いします。 動画もあるのでそちらを見るのも良いでしょう。 トリガーも軽いのでとりあえず練習、みたいな感じで立てるといいですが、野良山は割と当たりはずれが大きいです。 ディスペル枚数が足りない、とかパラロスで積みそう、とかそういう場合に他の人に石ないか尋ねる簡単なコミュニケーションが取れるかどうかが攻略のカギです。 Lv22 フロントはリリィ、カトル、エウロペが安定。 慣れるまではサブウーノがオススメです。 流石に無凸リリィ杖は採用できないです。 サザエでなくリヴァ短剣な理由は、バハなどのバフ抜きに奥義上限届くことが少ないこと、通常攻撃のダメージを少しでもあげた方が結果的に火力が上がるためです。 フィンブル3の理由は水が試練越えてからはHP減ることが少ないためです。 試練はバハを貰ってからリリィ2、カトル1、ロペ3を本体に使ってからフルチェで突破できます 石はその中だとテポ、アテナ、ルシ、黒麒麟ですね。 ただ、カーオンが無凸でもあるなら採用も選択肢です。 メンバーの了承がもらえるならカーオン2枚 片方は火鞄3凸でもよい を採用して4ターン目にエウロペ2、リリィ1、カトル3を使用。 最初のクリアというだけなら水の動きやすさが変わりますので、先程書いた通りメンバーの許可がもらえたなら選択肢に入ります。 具体的な立ち回りとかトリガーに関しては動画や実際に経験された方がわかりやすいかなと。

次の

ルシファーHL 土属性攻略まとめ【グラブル攻略】

ルシファー hl 水

ルシファーHLを 特定の条件でクリアすると称号『終末を凌駕せし〇〇の翼』を獲得できる。 称号は6属性分あり1つ獲得ごとに、報酬として至極の指輪を1つ入手可能。 カウント0で特殊技「ジ・エンド」が発動し、参戦者全員が全滅する流れとなる。 Lvが上がると敵の火力上昇に加えて特殊技の対処も難しくなるため、定期的にディスペルでLvを下げながら立ち回る必要がある。 ライターA 赫刃Lvが上がったまま立ち回るのは非常に危険です。 強力な特殊技が多いほか、OD中に同じタイミングでCTが最大になると「パラダイス・ロスト」を発動するため、 特殊技遅延やCT調整目的で必ず用意したい。 同種族が居なければダメージを受けないため、キャラ編成時には種族被りにも注意が必要。 ライターA 主人公は種族不明扱いになっていますが、主人公の種族はカウントされない扱いため、種族不明キャラは1体まで編成可能です。 ユリウスが弱体役として重要 ルシファーと黒き羽どちらも特殊行動で敵に付与した弱体効果がリセットされるため、奥義ゲージさえあれば累積攻防DOWNを付与できるユリウスが活躍する。 弱体リセット後すぐに下限まで弱体を入れられるように奥義ゲージの調整が重要。 挑戦前にどの属性がどの試練を解除していくのか事前に決めておく必要がある。 ライターA 共闘の場合は「火1,9,10」といった感じで、自分が担当する属性と解除する試練の番号を提示し、まずはじめに役割分担を決めましょう。 解除まではファランクスが機能しないため、 まず最優先でオーバーチェインの条件を達成しよう。 担当以外は試練8解除を目視で確認するまで無駄に動かないことも重要となる。 ただし確率に左右されるため、安定して狙いやすい火パがおすすめですね。 弱体の数が足りない場合は、風属性がユリウスの1アビで数を稼いで突破するのも選択肢になります。 また風属性など堅守入りであれば素受けで耐えることも可能。 CT調整が重要となるため、他参戦者がグラビティを使う場合は事前に確認しておきましょう。 ただし 200万以上無属性ダメージを出すには10T経過している必要があるため、試練までのターン回しに注意。 素早く羽を討伐したあとは、ターン回しや召喚石等で奥義ゲージを整えて各属性の試練による1000万ダメージ達成を目指そう。 また開幕の「パラダイスロスト」で福音の赫刃がつくため、 受けた後は必ずルシファー本体へディスペルを使っておこう。 グラビティは使用タイミングを確認 グラビティはルシファーや黒き羽の特殊を遅らせられるので有効な弱体だが、 「福音の黒翼」解除や試練解除用にCT調整を行っている場合があるため、開始前に参戦者へ使用タイミングの確認しよう。 通常時の特殊技は100カットや幻影 羽試練開始までのルシファー通常時特殊技『ポースポロス』は攻撃力が一番高いキャラに高威力の単体ダメージ。 羽の特殊技を受けて「福音の黒翼」解除 開幕でルシファーに付与される福音の黒翼は、羽の特殊技「マルス」を受けることで解除される仕様。 解除まではルシファーへのダメージが制限されるため、 素早く羽の特殊技を受けて解除しておこう。 OD時に同時CT最大で「パラダイス・ロスト」 ルシファーのOD時に黒き羽と同時CT最大の際は特殊行動「パラダイス・ロスト」を行う。 HP特殊行動よりも優先して行うので、 OD時に同時CTMAXの際はスロウなどで調整が必要となる。 以降参戦者で合計6人以上ルシファーに倒されると、「ジ・エンド」が発動し強制的に全滅させられてしまう。 アンデットは参戦者からのクリアで解除 フィークス後、 自分のクリアでアンデットを解除すると「生命の果実」の効果で先に回復が入りダメージを受けるため注意。 アンデットは必ず他の参戦者からクリアをもらい解除しよう。 ルシファーの福音Lvが上がりづらくなるので、ディスペルの少ない火属性に通過させてあげると討伐が楽になります。 ルシファーのHP特殊行動に注意 もし試練開始後に本体のHPを削りすぎた場合、ルシファーのHPトリガー特殊にも注意が必要。 追加効果の恩恵を得るために試練開始までにターン回しが重要。 他属性で解除を狙う場合は黒麒麟などを活用するのも有効。 羽討伐完了後、それぞれの奥義ゲージ等を調整して属性試練の達成を狙おう。 この区間をはじめに理解しておけば、 どうしても対処手段が用意できない場合に発動しないHPまで待つといった立ち回りも選択肢として使える様になる。 その場合はウーノ3アビなどキャラのダメカで動ける属性でターンを回し、カット手段を用意してあげよう。 OD時の特殊技であればファラのみでも問題なく受けられる。

次の