デロイト トーマツ コンサルティング 年収。 デロイトトーマツグループの組織図と年収

【穴場の転職先?】デロイトトーマツコンサルティング(DTC)の年収・転職すべき人

デロイト トーマツ コンサルティング 年収

コンサルティング業界、あるいはシンクタンク業界といえば新卒の就職活動生だけでなく、転職活動者にとっても大人気の業界である。 1つの企業で長く勤める場合、一つの業界、勤務先という一つの組織に染まってしまい、他社で通用するスキルを身に付けることは非常に困難な環境に身を置くことになる。 特に大企業の場合、業務が細分化され、各社員に割り振られる分業体制が採用されているため、まとまったスキルが身に付かないケースが多い。 つまり、その本人が優秀かどうかといったことは関係なく、自分1人で何かを成し遂げる経験や実績を積み、一貫したスキルを身に付けることがほぼ難しい環境に置かれてしまう。 終身雇用が崩壊し、独立独歩で生きていかなくてはならない現代の日本で、どこの会社でも通用するスキルを身に付けるためにコンサルティングファーム、シンクタンクに入社することを望む人は数え切れない。 どのような領域を自分自身の専門領域とするかで多少の変動はあるものの、複数の企業で通用する高い専門性を保有するいわゆるスペシャリストに該当するコンサルタントの市場価値は非常に高い。 一方、事業会社に長く勤め、会社のジョブローテーション制度に従って、営業を3年、経営企画を3年、人事を3年といった複数領域を3年前後の短期間経験することでキャリアを形成するいわゆるジェネラリストの市場価値は低い。 大企業で40代や50代でリストラ対象となり、会社を退職した後、どこの会社にも拾って貰えない問題の原因はこのジョブローテーション制度にある。 高い専門性を持たず、前に務めていた会社でのみ通用するスキルしか保有しない社内スペシャリストの40代や50代を雇いたがる会社は非常に稀である。 終身雇用が崩壊し、大企業が好業績でもリストラを行う中、どこの会社でも通用するスペシャリスト型人材を目指すことが、リストラ対象となる40代や50代でも安定した生活を送る上で必須要件になっているともいえる。 コンサルティング・シンクタンクの就職偏差値ランキングとは!? 話は逸れるが、本記事の読者は就職偏差値ランキングという言葉をご存知だろうか?就職活動生や転職希望者が企業選択や就職難易度の指標として「就職偏差値ランキング」が存在する。 そして、当然、コンサルティング業界およびシンクタンク業界においても、このような就職偏差値ランキングなるものが存在する。 参考程度に、以下にWeb上に特に多く出回っているコンサルティング業界の就職偏差値ランキングを引用しよう。 就職偏差値ランキングの上位にランクインしている企業を見てみると、外資系ではマッキンゼーアンドカンパニーやボストンコンサルティングといった戦略系の経営コンサルティングファームが目立ち、日系では銀行・証券系のコンサルティングファーム・シンクタンクの存在が目立つ。 景気が良いほどコンサルティング・シンクタンク業界は拡大する傾向にある。 このため、特に最近では人手が足りないとの声が多く聞かれる(景気が悪化すれば、ハイパフォーマー以外は会社からOutさせられることも留意しておくべきだろう)。 戦略系、会計系、組織・人事系、M&A系、IT系とそれぞれのコンサルティングファーム、シンクタンクで求める人材像やスペックは異なるが、どの企業も競争力の源泉は優秀な人材であるため、競争力に成り得る優秀な人材の確保できるかどうかが企業の成長の鍵となっている。 世間で出回っている就職偏差値ランキングは、企業名を略称で表記する傾向があり、非常に分かりづらいため、以下は当研究所にて企業名を正式名称に修正したものとなる。 以下は、一番多くのサイトで紹介されている就職偏差値ランキングからコンサルティングファームとシンクタンクのみを抜粋したものである。 就職活動生が知るべき増殖中の名ばかりコンサルタントとは!? 事業戦略やM&A、企業再生、人事戦略といったピュアな経営コンサルティング業務に関わりたいと考える場合、会計系コンサルティングファーム、総合系コンサルティングファーム、IT系コンサルティングファームに入社する際には細心の注意が必要である。 企業や配属部署によっては経営コンサルティングファームとは名ばかりで、実際にはSIerと変わらない基幹システムの開発案件やRPA導入等の業務改善案件、あるいは高給派遣社員とも称されるPMO案件(Project Management Office:プロジェクトマネジメントオフィス)といった付加価値が低い業務を担当する可能性が高い。 なお、コンサルティング業界を志望する読者にとっては非常に重要なことであるため繰り返すが、コンサルティングファームの規模拡大を受け、コンサルティングとは名ばかりの、『高給派遣社員ともいえる経営コンサルタント』が増加傾向にあることに注意して頂きたい。 PMOといえば響きは良いが、実際の業務は「会議の招集・準備」や「協議の議事録作成」、「進捗状況に関する報告資料の取りまとめ」等々の庶務雑務を中心としたルーティーンワークである。 基幹システムの開発、RPA導入、PMO等々のプロジェクトは、求められる専門性が低く、給料が安い新卒社員や雇ったばかりの中途社員でもやる気と根性でどうにかこなせてしまう領域であるために人材を投入しやすく、それ故に会社としても収益性が高い領域であり、多くのコンサルティングファームの収益源となっている。 有名な外資系のコンサルティングファームでも、デロイトトーマツコンサルティングやPwC、EY等の会計系ファーム、アクセンチュアやアビームコンサルティングといったIT系ファームでも多く受注しているという話が耳に入る。 有名なファーム出身者でも名ばかりコンサルの市場価値は低い 多くの企業の人事部も、元コンサルタントの中途採用に慣れ始めており、「基幹システムの開発、業務改善、RPA導入、PMO」といった案件で職務経歴書が埋められている人物は、採用時に「元経営コンサルタント」として扱われないことが多い。 就職偏差値だけでなく、具体的にどのような案件を担当できるのかという点にも注意し、入社するコンサルティングファーム・シンクタンクを決定すべきなのである。 このような専門性の低い案件を回避したいのであれば、企業規模が小さい戦略系ファームあるいは銀行・証券系コンサルティングファーム・シンクタンクを選ぶことが賢明だろう。 企業規模でいえば、50名から最大でも500名規模のコンサルティングファーム・シンクタンクを選ぶと良い。 外資系ファームの代表格でいえば、天下のマッキンゼーアンドカンパニーでも国内従業員数は400名弱、ベインアンドカンパニーは100名弱、ローランドベルガーは約100名、アーサーディーリトルは約50名規模との情報が入っている。 日系ファームの代表格でいえば、ドリームインキュベータのコンサルティング部門が約100名、コーポレイトディレクションが100名弱、経営共創基盤が約200名、日本経営システムが100名弱となっている。 その一方で、アクセンチュアの国内従業員数は11,000名を超え、デロイトトーマツコンサルティングもPwCも3,000名弱の大規模な組織となっている。 ピュアな経営コンサルティングの専門性と実績が重要!! 同じコンサルティング業界の元コンサルタントといえど、転職市場に出回る人材の希少価値に雲泥の差がある。 どこのファームに所属していたのかよりも、具体的にどのような経験をしてきたのかが問われる。 実際にはSIerと変わらないシステム開発業務やRPA導入業務、あるいは高給派遣社員とも称されるPMO案件ばかりを経験した人物が、自分は著名な外資系の経営コンサルティングファームの経営コンサルタントであると転職時の面接でどれほど取り繕ったところで化けの皮は直ぐに剥がれる。 「圧倒的なブランド力」と「銀行・証券のような圧倒的な案件の受注チャネル」が無ければ戦略案件の受注は非常に困難なのである。 冷静に考えて見て欲しい。 入社後にどのような部署に配属され、企業の経営戦略の策定や買収先企業の選定等のM&A戦略、企業再生、人事制度設計といったピュアな経営コンサルティング業務に入社後に携わることができるかどうかを徹底的に確認することが自己の望むキャリアを形成する上で非常に重要となる。 筆者の周囲でも、コンサルティング業界に憧れ、入社し、システム案件やPMO案件にアサインされ、絶望しながらも激務が当たり前の環境で使い倒され、コンサルタントとしてのキャリアが身に付かないまま転職し、業界を去った人間が数え切れないほど存在する。 また、就職偏差値ランキングには、新卒採用のみを実施しており、戦略系や総合系、IT系といった領域を専門とするコンサルティングファーム、シンクタンクが記載されやすい。 しかし、新卒採用を実施していない企業のほうがピュアなコンサルティング業務を経験できる可能性が高く、長い歴史をもつ名門企業が多いのがこのコンサルティング・シンクタンク業界の特徴でもある。 そのため、上述の就職偏差値ランキングに記載済みの企業含め、ヒューマンデザイン総合研究所が独自に調査しまとめた日本国内で展開しているコンサルティングファーム、シンクタンク、投資ファンドをご紹介する。 カーニー(ATK)、アーサー・D・リトル(ADL)、ローランド・ベルガー(RB)、オリバー・ワイマン、ZSアソシエイツ、L. そのため、就職偏差値ランキングでも上位に位置している。 マッキンゼーアンドカンパニーの特徴・強み・弱み・評判 数あるコンサルティングファームの中でも「ザ・ファーム」と呼ばれ、別格なのがマッキンゼーである。 となっている。 )は、1926年にシカゴ大学経営学部教授のジェームズ・O・マッキンゼーにより設立された、アメリカ合衆国に本社を置くコンサルティング会社。 社名の「カンパニー」は「仲間達」の意味。 マッキンゼー・アンド・カンパニーはOne Firm(一つの組織)」という企業理念に沿って、企業戦略、組織変革、事業部戦略、M&Aなどに関して質の高いソリューションを幅広い顧客層に一貫して提供してきた実績がある。 このような長期に渡る実績が信頼と圧倒的なブランド力を生み、その結果としてマッキンゼーが扱う案件の大半は、全社的な経営戦略立案、企業統合・買収などのクライアントの業績を左右する案件となっている。 カーニーの2つに分かれて、米国にオフィスを開設。 米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界60カ国に105以上の社を持つグローバルな戦略系コンサルティングファームとして知られる。 1971年、東京に日本支社を開設。 港区六本木一丁目のアークヒルズ仙石山森タワーにオフィスを構える。 1971年、東京に日本支社を開設。 大前研一や、モバゲーの創始者、Denaの南場智子、石井てるみさん、衆議院議員の江端貴子などがマッキンゼーの出身者。 ヒューマンデザイン総合研究所 の独自調査によると、アソシエイト1,400万円、コンサルタント 1,500万円、マネージャー職 1,800万円、シニアマネージャー 2,000万円、パートナー職 5,000万円以上と破格の給与水準となっている。 そのため、就職偏差値ランキングでも上位に位置している。 ボストンコンサルティンググループ(BCG)の特徴・強み・弱み・評判 ボストン・コンサルティング・グループ(Boston Consulting Group)は、世界的なコンサルティング会社であり、「戦略コンサルティングファーム」に分類される。 略称は、BCG。 従業員数は、9700名 国内:約500名 、設立年度は1963年となっている。 マッキンゼー・アンド・カンパニーと並ぶ世界屈指の経営コンサルティングファームである。 1963年(昭和38年)、アーサー・D・リトルからスピンアウトしたブルース・ヘンダーソンや、後に初代日本支社代表も務めたジェイムズ・アベグレンらによって設立された。 世界的戦略コンサルティングファームで世界の有力企業500社の3分の2がBCGのクライアントとなっており、マッキンゼー・アンド・カンパニーと業界を二分している。 「Working with client」「カスタムメイドの解決策」という哲学のもと、クライアントと緊密なパートナーシップを築き、お互いが協力し合うことで、独自の解決策や新たなインサイトを生み出し、両者それぞれ単独では生み出せない優れた成果を実現することを目指している。 この成果を実現するために、ボストン コンサルティング グループ(BCG)のコンサルタントは最高品質や結果にとことんこだわる「プロフェッショナリズム」を有し、ファームとしては「多様性からの連帯」を掲げ、様々なバックグラウンドを持つ人材の個性を尊び、強みを伸ばす文化を有しているのが特徴。 ボストン・コンサルティング・グループは、「プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)」や、「経験曲線」といった経営フレームワーク・コンセプトの開発でも有名である。 プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(略称PPM)とは経営資源を最適に配分することを目的として、ボストン・コンサルティング・グループが1970年代に提唱したマネジメント手法。 各事業に対して、ヒト・モノ・カネなどの企業の経営資源の配分の優先順位を決めるために利用される。 プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントの2つの軸から導き出される4つの象限があり、それぞれを「花形(Star)」「問題児「Question Mark)」、「負け犬(Dog)」、「カネのなる木(Cash Cow)」と呼ぶ。 ヒューマンデザイン総合研究所の独自調査によると、アソシエイト職 850万円、コンサルタント1,200万円、シニアコンサルタント 1,500万円、プロジェクトリーダー 1,900万円、プリンシパル 2,800万円、パートナー5, 500万円以上と破格の給与水準となっている。 新卒の採用人数も一桁といわれており入社難易度に関して難関な企業の一つとなっている。 そのため、就職偏差値ランキングでも上位に位置している。 ベイン・アンド・カンパニーの従業員数は約5400名 国内:約100名 となっており、特に国内においては少数精鋭で運営されている。 1973年にビル・ベイン他4名のコンサルタントによって設立され、世界31ヵ国の48拠点に事業所を展開し、約5,400名の社員を雇用している。 マッキンゼーアンドカンパニー、ボストンコンサルティンググループ、ベインアンドカンパニーの3社の頭文字をとり、戦略系コンサルティングファーム最高峰としてMBBと表現する場合もある。 東京オフィスは1981年(昭和56年)に開設された。 クライアントとの共同プロジェクトを通じた結果主義へのこだわりをコンサルティングの信条としており、結果主義の実現のために高度なグローバル・チームワーク・カルチャーを特徴としている。 ベイン・アンド・カンパニーは、徹底した成果主義で知られる。 「ベインは、その驚異的な成長の軌跡に加えて結果を出すことに重点を置いたコンサルティングにこだわっているという点で BCGやマッキンゼーなどの競合と明確な違いを打ち出している」として、ハーバード・ビジネス・スクールのケーススタディーに取り上げられるほど。 ベイン・アンド・カンパニーの誕生以前、コンサルティングは「レポートを提出したら終わり」という考え方が一般的であったが、ビル・ベインは、顧客企業にとって重要な戦略を構築するだけでなく、企業とともに問題解決を推進し、具体的な結果につなげることこそコンサルティングのあるべき姿と考え、「結果にこだわるコンサルティング」ファームとしてベインを立ち上げた。 更に、他のコンサルティングファームと差別化を図るため、過去には一つの産業では1社のクライアントのみと契約を交わす「一業種一社主義」も徹底されていたという。 また、コンサルティングの質は、顧客の株価に現れるという思想を持っており、その思想がプライベートエクイティーファンドのベインキャピタル設立に関係しているとの話もある。 ヒューマンデザイン総合研究所調査によると、アソシエイト職 700万円、シニアアソシエイト1,000万円、コンサルタント 1,200万円、シニアコンサルタント 1,600万円、マネージャー 2,500万円と破格の給与水準となっている。 新卒の採用人数も一桁といわれており入社難易度に関して難関な企業の一つとなっている。 そのため、就職偏差値ランキングでも上位に位置している。 ローランドベルガーの特徴・強み・弱み・評判 ローランド・ベルガー(Roland Berger Strategy Consultants)は、ドイツ・ミュンヘンを本拠とする、ヨーロッパで最大の経営戦略コンサルティング会社。 従業員数は約2,500名 国内:約100名 となっており、少数精鋭で運営されている。 現会長のローランド・ベルガーが1967年に設立。 現在、世界36カ国に51のオフィスを展開し、3,000人強のコンサルタントを擁している。 1967年の設立以来、40年にわたって、自動車、消費財、流通、化学、機械、医薬品などの製造業、そして、金融、情報通信、航空・運輸などのサービス業など幅広い業界のクライアントに対する数多くのコンサルティング実績を残してきた。 ローランドベルガーの日本法人は1991年に設立されている。 民間企業のみならず、官公庁に対してもコンサルティングサービスを提供している。 民間企業では、自動車業界と消費財に強みを持つ。 多くのクライアントとの長期的な信頼関係を重視する「リレーションシップ・コンサルティング」を標榜しており、日本国内でも多くの成果と実績を積み重ねている。 半年に1回の人事評価があり、プロモーション速度が早いのもローランドベルガー日本法人の特徴の一つといえる。 近年のアジアの成長は著しく、日本法人の躍進はローランドベルガー全体を支える原動力になっているとも評される。 創業者のローランド・ベルガーは、ドイツを始めEU経済圏にて最も影響力を持つビジネスパーソンの一人。 コーポレイトビジョンとして「Creative strategies that work(結果と実効性を伴う創造的な戦略策定)」を掲げている通り、マネジメントコンサルティングに特化したコンサルティングサービスを提供している。 ローランド・ベルガーの特徴として、欧州系の経営コンサルティングファームであることが挙げられる。 唯一の欧州系の戦略系コンサルティングファームとして最高級のブランドと実績を誇るローランド・ベルガーはこのような欧州系独特の価値観・社風・経営理念に沿いながらクライアントと長期的な関係を構築している。 ヒューマンデザイン総合研究所の独自調査によると、ジュニアコンサルタント職 600万円、コンサルタント800万円、シニアコンサルタント 1,200万円、プロジェクトマネージャー 2,000万円と破格の給与水準となっている。 東京大学と東北大学の理系出身者が非常に多い印象を受ける。 また、他のコンサルティングファームと比較して、技術を重要視したコンサルティングを実施していることから理系出身者が多く在籍しているとも言われている。 ヒューマンデザイン総合研究所の独自調査の結果、理系出身者がアーサー・D・リトル全社員の約8割を占めるとの情報を得ている。 新卒の採用人数も一桁といわれており入社難易度に関して難関な企業の一つとなっている。 アーサー・D・リトル(ADL)の特徴・強み・弱み・評判 アーサー・D・リトル(Arthur D. Little)は、アメリカ合衆国・ボストンを本拠とする、世界最古の経営戦略コンサルティング会社である。 略称はADL。 アーサー・D・リトルの従業員数は約1000名 国内:約50名 とかなりの少数精鋭で運営されている。 マサチューセッツ工科大学の科学者で、酢酸塩の発見者でもあるアーサー・デホン・リトルによって設立された。 アーサー・D・リトル日本法人は、1978年に虎ノ門に設立され、2016年に汐留に移転している。 アーサー・D・リトル日本法人の特徴として、海外法人と対等に議論できることがある。 これは、日本の製造業が世界的に見ても優れており、日本というエリアをアーサー・D・リトル本体としても特別視していることが背景にあるといわれている。 技術力を中心としたマネジメントコンサルティングに強みを持ち、「技術をいかにビジネスや社会に応用するか」という現在のMOT(Management of Technology)に近いビジョンを掲げる。 創業者のバックグラウンドによる影響もあり、技術力を中心としたマネジメントのコンサルティングに強みを持つ。 具体的には技術をコアコンピタンスに掲げる企業に対する全社戦略・事業戦略や技術経営(MOT)を中心とした事業を行っている。 ADLのコンサルタントは日本を代表するような大手製造業の出身者が多く、また外資系戦略ファームの中でもファミリー的で温かい雰囲気を持ち、長い目でコンサルタントの成長を見守るファームである。 このため、コンサルティング業界では一般的な、Up or Out による人材マネジメント手法を取り入れておらず、勤続年数が外資系コンサルティングファームの中では長いといわれている。 そのため、人材の出入りが少なく、採用人数も一桁と少ない。 アーサー・D・リトルはクライアントの技術力を活かす戦略策定に強みを持つ。 技術経営(MOT)のビジョンと近い経営理念を持ち、製造業を中心とした多くのクライアントに新規事業戦略や営業販売戦略、知的財産マネジメント改革などを支援している。 また、製造業界と一言でいってもその幅は非常に広く、エレクトロニクス・化学・電機・エネルギー・通信・ITと多岐に渡る。 クライアント業界だけでなく案件の内容も、戦略策定、特許戦略、人事制度改革など非常に幅広い。 このようなことから、技術と経営の融合を目指している。 このようなアーサー・D・リトル特有の経営理念は、重要視している三つコンセプトにも現れている。 特に、 アーサー・D・リトルが得意な業界といわれているものは、自動車業界、化学業界、エネルギー業界等の理系出身者が得意とするものが挙がる。 ヒューマンデザイン総合研究所の独自調査によると、グレードは「ビジネスアナリスト」、「コンサルタント」、「マネージャー」、「プリンシパル」、「ディレクター」。 アーサー・D・リトルの初任給は約600万円と非常に高い水準となっている。 平均年収は1,200万円から1,500万円といわれている。 新卒入社の方は「ビジネスアナリスト」からキャリアをスタートさせ、昇進が早い人の場合2年足らずでコンサルタントに昇格するとの情報がある。 カーニーの就職偏差値・年収・強み・弱み・特徴 A. カーニーの採用実績大学・学歴に関しては非公開であるが在籍コンサルタントの経歴を基に考察すると、主に東京大学や京都大学、慶應義塾大学、早稲田大学、海外有名大学の出身者が大半を占めていることが分かる。 専攻は、法学部・経済学部・工学部と王道の学部が目立つ。 新卒の採用人数も一桁といわれており入社難易度に関して難関な企業の一つとなっている。 そのため、就職偏差値ランキングでも上位に位置している。 カーニーの特徴・強み・弱み・評判 A. カーニー(A. Kearney)は、アメリカ合衆国・シカゴを本拠とする、世界的な経営コンサルティング会社である。 従業員数は約3000名 国内:約150名 と少数精鋭で運営されている。 一般的に「カーニー」と略称されることが多い。 日本では、金融、通信、ハイテク、自動車、消費財・小売をはじめとする幅広い分野において、コンサルティングを行う。 カーニーの設立は1926年。 カーニーの 社名は創業者のアンドリュー・トーマス・カーニーに由来する。 現在、世界40カ国に、60のオフィスを構えている。 1926年に「カーニー&マッキンゼー」という一つのファームから、「オペレーションに重点を置くA. カーニー」と「戦略に重点を置くマッキンゼー・アンド・カンパニー」に分かれる。 このような沿革も影響して、戦略のマッキンゼー、オペレーション(コスト削減)のA. カーニーと評される。 カーニーは戦略系のコンサルティングファームであるが、管理会計や業務改善、外注等による徹底的なコストカットに深いノウハウを保有することで知られる。 アメリカ国外に拠点を開設したのは、1956年のデュセルドルフが最初である。 1995年、情報サービス企業であるエレクトロニック・データ・システムズ(EDS)の傘下に入るが、2006年に経営陣によるマネジメント・バイアウト(MBO)によって独立した。 現在、グローバルに展開する戦略系コンサルティングファームとして知られている。 カーニーの日本法人は厳格な非常に厳しいUp or Outで知られる。 このため、A. カーニーでは、Up or OutはKick Out(キックアウト)と呼ばれており、入社後、一定期間あるいは一定数のプロジェクトをこなした後、コンサルタントとしての素質が無いと判定された場合、退職することになるケースが高いとの情報もある。 このため、日本国内も150名規模の少数精鋭で運営されている。 新卒採用も行っているが、A. カーニーの公式によると、大手企業のエース級として活躍していた社員が多いとのことである。 ヒューマンデザイン総合研究所の独自調査においても、A. カーニーは中途採用の社員の比率が高く、新卒のプロパー社員が低いとの情報が得られている。 カーニーは「目に見える成果にこだわる(Tangible results 」という信念のもとコンサルティング活動を行っている。 戦略系のコンサルティングファームは一般的に戦略の提案まででサービスを終了する企業が多いが、A. カーニーの場合は提案だけに留まることなく、その実行支援までコミットすることを重要視している。 クライアント先を定期的に訪問することは少なくハンズオン形式で常駐するため、A. カーニーのコンサルタントほど長い期間をクライアントと共に過ごすファームは少ないといわれている。 ヒューマンデザイン総合研究所の独自調査によると、ビジネスアナリスト600万円、コンサルタント800万円、マネージャー 1,000万円、シニアマネージャー 2,000万円、プリンシパル2,500万円、パートナー5,000万円以上と破格の給与水準となっている。 年収 平均勤続年数 平均年齢 日本国内 1,000万円 ー - 約150名 出典:A. 海外も含めると、海外有名大学のMBA出身者が大半を占めていることが分かる。 専攻は、法学部・経済学部・工学部と王道の学部が目立つ。 新卒の採用人数も一桁といわれており入社難易度に関して難関な企業の一つとなっている。 そのため、就職偏差値ランキングでも上位に位置している。 創業者のエドウィン・ブーズは、大学で経営学や組織を学び、ブーズ・アンド・カンパニーを設立した。 その後、ジェームス・アレン、カール・ハミルトンが同社に参画し、社名をブーズ・アレン・ハミルトンに変更。 2008年、戦略コンサルティング部門が独立し、ブーズ・アンド・カンパニーとなった。 2014年4月3日、ブーズ・アンド・カンパニーは、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)に買収され、グローバルな統合手続きを完了。 国内従業員数は 約100名と少数精鋭で戦略コンサルティング事業を運営している。 この三つのタフネスを持ち合わせた上で、コンサルティング業務の本質的な面白さを見出すことができなければ、PwCストラテジーのコンサルタントとして行き抜く事は難しいという。 そのような意味で、業務改善やシステム系等のいわゆる経営コンサルティングとはいえないSIer寄りの案件はPwCのコンサルタントが担当するため、PwCストラテジーはピュアな戦略コンサルティング経験を積むには最適な環境ともいえる。 世界各国における民間セクター・公共セクターの双方に対してサービスを提供しており、「プロダクト・ライフ・サイクル」や「サプライ・チェーン・マネジメント」などのコンセプトを生んだことでも知られる。 クライアント企業との実践的な取り組みを通じて「本質的な競争優位」の創出を支援することをミッションとする。 世界各国で民間セクター・公共セクターの双方に対してサービスを提供しており、「人的資源のコンセプト」、「プロダクト・ライフサイクル」、「サプライチェーン・マネジメント」、「スマート・カスタマイゼーション」、そして近年では「組織DNA」などの先進的コンセプトを開発していることでも有名。 ヒューマンデザイン総合研究所の独自調査によると、アソシエイト職 600万円、シニアアソシエイト 1,000万円、マネージャー2,0 00万円、ディレクター 2,500万円と破格の給与水準となっている。 採用ページによる公開データによると、過去12年間累計39名の出身大学の内訳は、東京大学21名、京都大学5名、慶應義塾大学5名、東京工業大学3名、早稲田大学3名、一橋大学1名、カリフォルニア大学バークレー校1名 となっている。 ドリームインキュベータの在籍コンサルタントの経歴を基に考察すると、やはり、東京大学、京都大学、慶應義塾大学、早稲田大学、一橋大学、東京工業大学の6校が目立つ。 これらの有名大学あるいはMBAホルダーが在籍コンサルタントの大半を占めているといっても過言ではない。 この学歴水準は外資戦略系のコンサルティングファームと同水準であり、新卒の採用人数も一桁程度といわれているため入社難易度に関して非常に難関な企業の一つとなっている。 外資戦略系以外の同程度の難易度の日系経営コンサルティングファーム・シンクタンクにはコーポレイト・ディレクション(CDI)、経営共創基盤(IGPI)、日本経営システム(JMS)、NTTデータ経営研究所、三菱総合研究所(MRI)、野村総合研究所コンサルティング部門(NRI)等が存在する。 そのため、就職偏差値ランキングでも上位に位置している。 ドリームインキュベータ(DI)の特徴・強み・弱み ・評判 株式会社ドリームインキュベータ(Dream Incubator Inc. )は、東京都千代田区に本社を置き、成長に関わるテーマを中心に、企業に対するコンサルティング、事業・産業プロデュース等のプロフェッショナルサービスを提供している。 一般的には日系の経営コンサルティングファームとして知られる。 ボストンコンサルティンググループ(BCG)の日本代表であった堀紘一氏が、同社の精鋭幹部を引き連れ2000年(平成12年)に創立。 ドリームインキュベータの従業員数は現在では約400名までに増加している。 外資系戦略コンサルティングファームによって、欧米で作られたグローバルな経営手法が、日本を始め世界的に広められてきたが、ドリームインキュベータが取り組んでいるのは、日本でうまれた優れた考え方や手法を、アジアを中心に海外に広め、アジアとして一緒に成長していこうというものである。 ドリームインキュベータ創業後、大企業・官庁・ベンチャーと共に事業創造に取り組み続ける中で、事業モデルを進化させ、現在では事業創造を総合的に支援する「Business Producing Company」として活動している。 ドリームインキュベータの社是は、「1. 人々の役に立つ(事業の存在理由がある)」、「2. 利益を創出する(事業が付加価値を生む)」、「3. 成長する(事業が社会的影響を持つ)」、「4. 分かち合う(事業が社会に調和する)」である。 ドリームインキュベータでは、コンサルティング業務をビジネスプロデュース業務と位置づけ、戦略案や情報を提供するだけでなく、成長企業に投資を実施する投資ファンドと類似する事業も展開している。 ドリームインキュベータが求める人材像は、「1. ベースとなる人間力」、「2. 構想・戦略策定力」、「3. 社内外ドライブ力」、「4. これらの素養を備えた人物が採用され、ビジネスプロデューサーとして入社し、マネジャー、シニアマネジャー、執行役員というキャリアパスを歩んでいる。 ドリームインキュベータのプロフェッショナルサービスは、戦略コンサルティングをベースとしつつも、ビジネス環境の変化を捉え、産業を越えた視野・発想で企業や政府と連携しながら事業、産業の創出を目指すビジネスプロデュース、産業プロデュースに特徴がある。 その為、社内には戦略コンサルタント以外に、技術専門家、政策専門家、法務専門家、公認会計士、インベストメントバンカーなど、様々な分野のプロフェショナル(同社ではビジネスプロデューサー(BP)と呼ぶ を擁している。 しかし、ポテンシャルと実績が伴えば、立教大学や中央大学、立命館大学といったMARCH・関関同立レベルでも入社することは可能と思われる。 この学歴水準は外資戦略系のコンサルティングファームと同水準であり、新卒の採用人数も一桁程度といわれているため入社難易度に関して非常に難関な企業の一つとなっている。 外資戦略系以外の同程度の難易度の日系経営コンサルティングファーム・シンクタンクにはドリームインキュベータ(DI)、コーポレイトディレクション(CDI)、日本経営システム(JMS)、NTTデータ経営研究所、三菱総合研究所(MRI)、野村総合研究所コンサルティング部門(NRI)等が存在する。 経営共創基盤(IGPI)の特徴・強み・弱み・評判 株式会社経営共創基盤(Industrial Growth Platform, Inc. : IGPI)は、日本東京都千代田区に本社を置くハンズオン型コンサルティング会社。 略称はIGPI。 経営共創基盤(IGPI)の代表者かつ設立者の冨山和彦氏は、カネボウやぴあなど、数多くの企業再生に携わり、「カリスマ再生請負人」といわれる有名な経営コンサルタントである。 冨山和彦氏の人脈経由の案件受注も多いとの情報が入っている。 冨山和彦氏は東大在学中に司法試験に合格後、新卒でボストン・コンサルティング・グループ(BCG)に入社。 コーポレイトディレクションの設立に携わった後に、スタンフォード大学経営学修士(MBA)を取得。 その後、経営共創基盤(IGPI)を設立するという輝かしい経歴を持つ。 近著に、『なぜローカル経済から日本は甦るのか GとLの経済成長戦略』『選択と捨象』『決定版 これがガバナンス経営だ! 』『AI経営で会社は甦る』等がある。 経営共創基盤の設立は2007年とコンサルティングファームの中では新しい部類に入る。 「産業再生機構」の元中心メンバーによって設立された。 経営共創基盤は出資も行うため、多くの連結子会社を保有している。 このため、全体の従業員数は約5,200名だが、 プロフェッショナルと呼ばれるコンサルタントは約220名規模となっている。 経営共創基盤の連結子会社には、みちのりホールディングス、株式会社みちのりトラベルジャパン、益基譜管理諮詢有限公司、Industrial Growth Platform Pte. Ltd. 企業規模・事業ステージ、局面に応じた最適な提案・サービスを提供することで、企業価値や事業価値の向上に貢献する経営支援を担う企業である。 経営共創基盤(IGPI)の特徴・強みの一つとして、「多様な人材によるソリューションの提供」が挙げられる。 経営共創基盤は企業経営経験者、経営コンサルタント、会計士、税理士、弁護士といった多様なバックグラウンドのプロフェッショナルで構成されており、こうした多様性の中で柔軟かつ論理的な思考により問題解決を行う。 経営層から事業の最前線の現場まで、変革を成し遂げるための要所に経営共創基盤のスタッフが深く入り込み、粘り強い協業により変革を実現する。 また、経営共創基盤のコンサルティングのスタイルにも特徴があり、長期的・持続的な企業価値・事業価値の向上を目的とした『常駐協業(ハンズオン)型成長支援』ス タイルでクライアント企業とリスクを共有した長期間のコミットを伴うコンサルティングに携わることができる稀なファームといわれている。 また、産業再生機構の中心メンバーにより設立されたという経緯もあり、企業再生にも大きな強みを持ち、経営コンサルティングファームでありながら、投資ファンド的な側面も持ち合わせている。 加えていえば、元産業再生機構故に、政府系の官公庁関連の案件が多いとの情報も入っている。 ヒューマンデザイン総合研究所調査によると、 経営共創基盤の年収は、アソシエイト600万円、マネージャー 1000万円、ディレクター2000万円と破格の給与水準となっており、平均年収は1,000万円程度との情報が入っている。 基本的に東大出身者しか採用しない日本興業銀行の採用の流れを汲んだ採用が行われている可能性が高く、MARCH・関関同立クラスは採用対象外となっている可能性が高い。 この学歴水準は外資戦略系のコンサルティングファームと同水準であり、新卒の採用人数も1~4名程度となっているため、入社難易度については非常に難関な企業の一つとなっている。 外資戦略系以外の同程度の難易度の日系経営コンサルティングファーム・シンクタンクにはドリームインキュベータ(DI)、コーポレイトディレクション(CDI)、経営共創基盤(IGPI)、NTTデータ経営研究所、三菱総合研究所(MRI)、野村総合研究所コンサルティング部門(NRI)等が存在する。 そのため、就職偏差値ランキングでも上位に位置している。 日本経営システム(JMS)の特徴・強み・弱み・評判 日本経営システム株式会社(JMS:Japan Magement Systems, Inc. )は、1970年に日本興業銀行経営研究部(現みずほフィナンシャルグループ)を母体に設立された経営コンサルティング会社。 日本経営システム設立母体の日本興業銀行(英称:The Industrial Bank of Japan, Limited、通称:興銀)は明治維新後の重工業の発展や第二次世界大戦後の復興と高度経済成長を金融面で支えたことで有名であり、現在のみずほ銀行の前身である。 「日本経営システム」という銀行名を含まない名称の背景には、「みずほ総合研究所」や「みずほ情報総研」のようなみずほフィナンシャルグループの子会社という位置づけではなく、みずほフィナンシャルグループと連携はしつつも、真の意味でクライアントに寄り添うために銀行サイドに寄り過ぎない第三者としての立場を堅持し、優れた広義の経営システムを構築するとの意味を含まれているとの独自の情報が入っている。 日本経営システムの設立母体であるみずほフィナンシャルグループ(旧日本興業銀行)とも緊密に連携し、重要な経営コンサルティング機能を担っている。 「シンクタンクに特化するみずほ総合研究所」や「ITに特化するみずほ情報総研」が弱い経営コンサルティング機能を日本経営システムが補完している。 外資戦略系ファームと同様に、日本経営システムの従業員数は約80名と非常に少数精鋭で運営されている。 設立から現在まで約2,000以上のプロジェクトで得た知見と独自の手法を活かし、幅広い業種・テーマでのコンサルティングを実施している。 月刊誌「経営シリーズ」を 創業時から発行し、上場企業の過半のトップマネジメントに知られ、極めて多くの経営者、経営幹部に読まれている。 その一方で、日本経営システムのコンサルタントは黒子に徹する姿勢を徹底しており、名を残さないことを一流のコンサルタントと定義している。 このため、自社公式HPや経済紙、メディアに在籍コンサルタントを露出させない方針が取られている。 日本興業銀行は東京大学出身者を中心としており、東大以外の国私立大学からは各数名しか入れないと噂されるエリート集団として有名。 日本興業銀行の出身者としては、現みずほフィナンシャルグループ社長の佐藤康博氏や楽天株式会社創業者の三木谷浩史氏が有名である。 日本経営システムのコンサルタントはそれぞれのコンサルタントが特定の専門領域を持ちつつも、戦略立案や人事制度設計、事業再生、新規事業開発、組織・風土改革、業務改革・情報システム、マーケティング、生産・物流など非常に幅広い領域に精通し、クライアント企業の経営課題解決の支援を行うことを求められ、将来的にはジェネラルコンサルタントを目指すことが求められることで知られている。 銀行系ということから、企業再生に強みを持つとの独自情報も入っている。 クライアント企業の業種や規模も、製造業から流通・サービス業等の様々な業種に渡り、大企業から中堅、ベンチャー企業まで規模を問わず幅広く対応している。 日本経営システムのコンサルタントは顧客企業に常駐することでプロジェクトの掛け持ちをせず、一つのプロジェクトに完全専従しクライアントとの協同作業を重視したコンサルティングスタイルを採用している。 このような常駐かつ専従という独自のコンサルティングスタイルは、クライアント企業の課題解決を最重要視した利益重視ではないコンサルティング形態ともいえる。 顧客企業に寄り添った経営コンサルティングスタイルの結果として、顧客企業から繰り返し注文を受けるリピート率は8割を超えているという。 上述の独自のコンサルティングの姿勢を徹底追及する意味もあり、新卒採用のみを行い中途採用を基本的には実施していないといわれている。 また、「Up or Out(昇進するか、さもなくば去れ)」が基本方針となっている外資系の経営コンサルティングファームとは大きく異なり、「一人の例外もなく優れたコンサルタントに育てる」という独自の人材育成方針を掲げていることも大きな特徴の一つであるといえる。 本ヒューマンデザイン総合研究所の独自の調査によると、日本経営システムは年棒制ではなく月給制を採用しており、初任給は大学院卒で約400,000円、学部卒で350,000円。 1年の年収は約600万円となっており非常に高い水準となっている。 平均年収は1,200万程度との情報も入っている。 年収 平均勤続年数 平均年齢 日本国内 1,200万円 15. 採用実績状況を調査した結果、毎年30名~40名規模の新卒採用を行っている。 少数精鋭のコンサルティングファームよりは門出を広く採用しているものの、国立大学の最低ラインは静岡大学や新潟大学、私立大学の最低ラインは中央大学や立命館大学とそれなりに難易度が高い大学となっている。 三菱総合研究所(MRI)の特徴・強み・弱み 株式会社三菱総合研究所(Mitsubishi Research Institute,Inc. )は、東京都千代田区永田町二丁目10番3号に本社を置く、日本のシンクタンク、システム開発会社でシステムインテグレーター(ユーザー系)。 略称は、MRI または 三菱総研。 三菱創業100周年の記念事業として、三菱グループ各社の共同出資により設立された。 政府、官公庁、地方公共団体等から委託される各種調査研究に強みを持つ。 かつては、売上・営利重視の色は比較的薄く、公への貢献を重視していた。 研究分野は政策、科学技術、経済・金融など、多岐にわたっていて、大きなシステム部門は持ってはいなかった。 近年は経営陣および主要株主の意向により、売上・利益を最重視する「普通の会社」に転換した組織運営がなされている。 市場規模が大きいITソリューション事業の拡大方針を明確にしており、ITソリューション事業部門の拡大、システム開発会社であるダイヤモンドコンピューターサービス(現在の三菱総研DCS)の連結子会社化、三菱UFJフィナンシャル・グループとの業務提携などの施策をとっている。 連結売上高・純利益の半分以上を、三菱総研DCSが占める。 年収 平均勤続年数 平均年齢 日本国内 956万円 16. 1年 42. 6歳 約900名 出典:三菱総合研究所の年収・就職偏差値・就職難易度ランキング 本記事では、上記のコンサルティング業界、シンクタンク業界の就職偏差値ランキング含め、多くの各企業の情報を記載してきた。 読者の就職活動の助けとなれば幸いである。

次の

デロイトトーマツコンサルティングはブラック企業?平均年収や評判・口コミ

デロイト トーマツ コンサルティング 年収

デロイトトーマツコンサルティングに転職するには? デロイトトーマツコンサルティング合同会社では、中途・キャリア採用を行っています。 主にコンサルタントを募集しており、コンサル未経験でも応募が可能となっています。 特にIT系のコンサルタントはSE職などで培った高い専門性から、転職に成功しやすい傾向があります。 また、USでの案件はテクノロジーが強いですが、日本ではまだまだ伸びしろがあるようです。 現在テクノロジー領域を強化しているため、ITコンサルタントを積極的に採用しています。 SAPコンサルタント• Oracleコンサルタント• インダストリやグループ内他ファンクションなどと積極的にコミュニケーションをとり、 … ビジネスコンサルタントの採用・求人 各業界や各職務ごとに幅広く採用 ビジネスコンサルタントも幅広く中途採用を行っています。 下記のように、インダストリー部門とコンピテンシー部門ごとに募集しており、各業界や職務に特化したスペシャリストの育成・採用を行っています。 インダストリー部門(業界)• コンシューマービジネス• 資材エネルギー• ライフサイエンス&ヘルスケア• パブリック• 建設・不動産• テクノロジー・メディア・通信 コンピテンシー部門(職務)• ストラテジー• 組織変革• CFOサービス• オペレーション変革• 人事組織• テクノロジー• デジタル 業界知識や事業会社での実務経験があれば応募できるポジションも多く、実際に中途採用で入社する人の多くがコンサル未経者であるそうです。 今回ご紹介するのは、消費財・食品飲料業界や不動産・鉄道業界を対象とした、コンシューマー向けのコンサルティングを担うポジションです。 非コンサルティング出身者(事業会社出身者)も対象としており、対象の業界であれば、コンサルタントにキャリアチェンジできるチャンスがあります。 環境 福利厚生は充実していなく、その分給与が高い。 文化は部門によって様々。 社風 立場関係なく意見は求められる 成長 教育体制が整っている。 優秀な社員が多く成長できるとの声が多数 残業 裁量労働制のため残業の概念なし。 ただ、業務量は多い 福利厚生について 福利厚生はほぼないに等しい 企業内保育園、各種社会保険、退職金制度など、基本的な制度はありますが、それ以外の福利厚生はないに等しいとの声が多いです。 社風について 全体的に自由度が高く人を育てる文化がある 風通しよく、立場関係なく意見を求められるようです。 自由で積極的に意見が反映される社風と言えます。 また、コンサルティングファームとしては珍しく、教育に積極的という意見も多数見受けられます。 部門によって様々 インダストリーとコンピテンシーのマトリックスで組織は細分化していて、部門同士の関わりはあまりないでそうです。 そのため、部門ごとによって文化や風土は違うようです。 成長環境について 優秀でモチベーションが高い人が多い 事業会社やコンサルファームで経験を積んできた優秀な人材が多く、それぞれがモチベーション高く仕事に熱心であるそうです。 そのため、お互いに切磋琢磨しながら成長できる環境があるようです。 モチベーションがない人は勝手に辞めていくそうです。 また、求められるアウトプットは質は高く、論理性や量が欠けていると容赦なく詰めてくるようです。 残業について 裁量労働制を採用している 裁量労働制を採用しているため、残業という概念が存在していないようです。 制度としては、自由に勤務時間を調整できるが、業務量は多いようです。 部署によって様々 業務時間は部署やプロジェクトによって様々であるそうです。 クライアントから高額なコンサル料を頂いているため、それなりの業務量になります。 忙しくても、興味があるところから条件のいいスカウトが届けば、面談を受けてみる。 という受け身の活動も可能です。 リクナビNEXT 日本最大級の求人データベース リクナビNEXTの特徴は、その求人データベースの豊富さです。 転職エージェントも行っているリクルートキャリアの営業力で、全国の求人を取り揃えています。 主要都市の超大手企業から、地方の優良中小企業まで、日本一のカバー範囲を揃えています。 地方求人の網羅性もNo1 リクナビNEXTは全国47都道府県の求人をカバーしており、地方企業の求人数もトップクラスの水準です。 北海道 1,433件 東北 2,006件 北信越 1,880件 東海 6,516件 関西 7,609件 中国・四国 3,133件 九州 3,204件 企業からのオファーも届く あまり知られていませんが、リクナビNEXTは、求人を検索するだけではなく、全国の企業からスカウトが届く機能もあります。 この機能を使えば、 積極的に動く時間はないけど、興味の求人があれば面談を受けてみる。 という受け身の転職活動も可能です。 経験が浅い第二新卒でも安心して利用できるので、まずは登録してどのようなオファーが来るのか確認してみましょう。 また、あのビズリーチが運営しているので、安心して利用できることもポイントです。 キャリアアップならNo1 キャリトレは、あのビズリーチが運営する若手向け転職サイト。 特に 20代、30代をターゲットにしており、数々の成長企業の求人など、 第二新卒を含む若手のキャリアップにつながる求人を数多く揃えています。 大手企業から、優良ベンチャーまで キャリトレには、 楽天やサイバーエージェント、LINE、DeNAなどのメガベンチャーと言われる企業から、注目度が高い急成長中のベンチャーまで、様々な企業が登録しています。 実際に求人を見てみると、 Amazonの物流部門での新規事業のビジネスメンバーのポジション、2019年に東証一部に上場を果たした ラクスルの営業・カスタマーサクセスなどのポジション。 さらには、変革期を迎えた 富士通が営業やエンジニアを募集していたり、他にも 電通やpwc、SoftbankやIBMなどの大企業も成長志向の若手を採用するためにキャリトレに求人を出しています。 いいねするだけ。 忙しくても大丈夫 キャリトレの最大の特徴は、 いいねをするだけで、企業から面談確約のオファーが届くこと。 エージェントに会ったりしなくても市場価値を知ることが出来るので、 転職活動は忙しくてできないけど、どんな会社が自分に興味を持ってくれるか知りたい、という人に非常におすすめです。 エージェントに利用するメリットは、次の3つです。 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる• 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる• 企業との年収などの交渉もお願いできる 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる 世の中には様々な会社があり、転職媒体を利用すれば何万社もの企業の求人に応募する事ができます。 しかし、本当にあなたが求めているニーズ似合った企業を自分で探すのは、転職に不慣れな方にはとても難しいことです。 転職エージェントは、これまでに何十人、何百人の転職をサポートしてきています。 丁寧にあなたの大事にしていることや逆に嫌なことを伝えた上で、実際にどんな企業がどんな人を募集しているのかをしっかりと聞いてみましょう。 そうすれば、自分では探しきれなかった、あなたにピッタリの企業を紹介してくれるはずです。 そんな中で、あなたの転職成功をゴールとして、一緒に並走してくれる人の存在は貴重です。 一般的な転職エージェントの担当者は、履歴書の添削や、面接の受け答えのアドバイスなどを行ってくれる担当の人が多いです。 はじめての転職の方は、是非一度転職エージェントの方に相談してみましょう。 希望の会社に転職できれば、それが一番の事ですが、その上でできるだけいい条件で入社したいですよね。 転職エージェントなら、そんな最後の交渉も一部代理で行ってくれます。 その理由は、「 あなたができるだけ高い年収で転職してくれたほうが転職エージェントの報酬も大きくなる」からです。 そんな転職エージェントとの共通の利害関係をうまく使うことができれば、より良い条件での転職が見えてくるでしょう。 その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。 保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。 特に 求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。 求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。 転職エージェント選びで迷っている方は、 総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。 オススメ度 特徴 総合 転職支援実績No. 圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。 求人の量・質 非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。 サポート リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。 担当者 業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。 マイナビエージェント 大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える マイナビエージェントは 20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。 提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。 また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、 大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。 マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。 オススメ度 特徴 総合 若手の転職支援実績が豊富。 優良企業の求人を多く保有している。 求人の量・質 大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。 サポート キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。 担当者 密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。 ビズリーチ 国内最大級!キャリアアップといったらココ ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職サービスで、ヘッドハンターや人事から直接スカウトが届いたり、高年収の求人を検索することが可能です。 その会員数は151万人を突破しており、 ハイクラス向けの転職サービスでは業界最大手です。 求人量・質など総合的に欠点がなく、 高年収ポジションや管理職での転職を希望しているは必ず登録しておきたいサービスです。 また、今すぐの転職を考えていなくても、スカウトを受け取りながら興味あるオファーが来たら話を聞いてみたいという人にもおすすめです。 オススメ度 特徴 総合 ハイクラス向けの転職エージェントとして実績No. 1を誇る。 求人の量・質 公開求人数は12万件と総合転職エージェントと引けを取らないほどの量。 サポート 基本サービスには選考対策などのサポートが含まれていない。 担当者 業界に精通したヘッドハンターから専門的なアドバイスをもらうことも。 キャリトレ 話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須! CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。 運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。 12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。 また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。 転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。 2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。 20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。 オススメ度 特徴 総合 20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。 求人の量・質 12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。 サポート AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。 担当者 ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。 パソナキャリア 年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現 パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、 転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。 また、 利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。 はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。 オススメ度 特徴 総合 総合的に安定している。 特に年収アップに強みを持っている。 求人の量・質 求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。 サポート 丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。 担当者 企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。 doda 抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。 非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ 国内2番手の求人数を誇っています。 14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。 特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、 IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。 また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。 面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。 オススメ度 特徴 総合 求人量は国内2番手でトップクラス。 求人の量・質 公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。 サポート スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。 担当者 LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。 Deloitte makes an impact that matters. デロイトトーマツグループの理念として、クライアントや社会にとって卓越した価値を提供できるよう、日々挑戦を続けると明記してあります。 事業内容 世界を代表する総合コンサルティングファーム 世界4大会計事務所であるデロイトトウシュトーマツを筆頭としたデロイトトーマツグループの主要企業で、戦略立案から実行まで一貫した支援を行う経営コンサルティングファームです。 様々な業界の専門家が集まるインダストリーサービスと特定の課題を解決するコンピテンシーサービスが連携し、複雑な経営課題の解決を支援しています。 幅広い分野をカバーしていることが強み。 一方でIT系は弱い 総合コンサルティングファームとして、あらゆる業界・業種のプロジェクトを経験した人材を有し、専門性の高い知見を有するインダストリーサービスが強みです。 特に、自動車、金融などに加え、素材や不動産などニッチな産業も得意としています。 対して、システム構築やデジタル施策など、IT系の案件は他社と比べて見劣ります。 総合コンサル3強の1角 世界的に総合コンサルティングファーム業界は、デロイト、アクセンチュア、PwCの3強です。 3社とも売上高に大きな差はなく、年によって変動するようです。 なお、日系総合コンサルティングファームのアビームコンサルティングが4番手として位置しています。

次の

2020年コンサルティング業界就職偏差値ランキング!!難易度・年収・学歴を徹底比較!!

デロイト トーマツ コンサルティング 年収

世界的に展開している四大会計事務所には ・アーンスト&ヤング ・デロイト・トウシュ・トーマツ ・KPMG ・プライスウォーターハウスクーパース が挙げられます。 今回はその中で、ニューヨークに本社を構えるデロイト・トウシュ・トーマツの日本ファーム「デロイトトーマツグループ」の組織図と年収にスポットを当ててご説明させていただきます。 デロイトとは まずはじめに、デロイトからご説明させていただきます。 デロイトとは、イギリスの法令に基づく保証有限責任会社である デロイト・トウシュ・トーマツと、そのメンバーフォーム(業務提携をしている監査法人)や関連会社を指します。 デロイトは2017年5月31日までの合計年度で、 業務収入が388億米ドルに達するグローバル規模の団体です。 デロイトトーマツグループとは デロイトというブランドのもと、サービスの提供を行っている1つにデロイトトーマツグループが存在します。 デロイトトーマツグループは日本国内で最大規模を誇るビジネスプロフェッショナルグループです。 デロイトトーマツグループでは、適用法令に従い監査や税務、法務、財務、コンサルティン等のサービスを提供しています。 国内約40都市に約11,000名の専門家を擁し、大手企業等をクライアントに抱えています。 デロイトトーマツグループの組織図 デロイトトーマツグループは6つのビジネス区分から構成され、グループ全体の経営執行等を担うデロイトトーマツ合同会社をはじめ、以下6つの主要法人を中心に活動をしています。 ・有限責任監査法人トーマツ ・デロイトトーマツコンサルティング合同会社 ・デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社 ・デロイトトーマツ税理士法人 ・DT弁護士法人 ・デロイトトーマツコーポレートソリューション合同会社 デロイトトーマツグループには、その他9つの関連会社も存在します。 組織図にすると以下のような図になります。 deloitte. html デロイトトーマツグループの年収 それでは、デロイトトーマツグループの主要法人の年収を見ていきましょう。 情報元がそれぞれ異なるため、参考程度に留めておいてください。 mynavi-agent. もし、デロイトトーマツグループへの転職を検討されている方か、からご覧ください。 また、SEEKではデロイトトーマツグループの求人は掲載していませんが、税務や法務に関する求人情報を載せています。 ぜひ併せてご覧ください。

次の