睡眠サプリ 依存性。 睡眠サプリメントのおすすめ3選!快眠したい方向けの成分とは?

トリプトファン サプリ 依存

睡眠サプリ 依存性

疲れているのになかなか寝れない夜、続いていませんか? 頭では寝ようと思っていても全く眠りにつけず、寝ることを考えすぎて余計また眠れなくなってしまう、という負のスパイラルに陥ってしまう方も多いはずです。 実は現代の日本には、 5人に1人が睡眠について悩みや問題を抱えていると言われています。 寝れない原因というのは、その人によりさまざまなため、その原因や悩みにアプローチできる対処法が必要です。 そこで、おすすめの対策方法なのが、「 睡眠サプリメント」を利用することです。 睡眠サプリメントは、眠る体制に整えてくれたり、眠りの質を上げてくれる成分を配合していて、体の内側から眠れるように働きかけてくれる効果があります。 また睡眠サプリメントにもそれぞれ特徴があり、配合成分により寝れない原因や悩み別にそれぞれ効果的な商品というのは変わってきます。 ここではそんな睡眠サプリメントについて、ランキング形式でおすすめ商品を紹介していきます。 何が原因で寝れないか、それに効果的な成分は何か?というところまで解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 Contents• 睡眠サプリメントとは?• 寝ようと思ってもなかなか寝れない、• 眠りが浅く、夜中に何度も起きてしまう• 朝スッキリ起きれない といった、 睡眠に関する悩みを抱えている方に効果的なのが睡眠サプリメントです。 睡眠サプリと聞くと=睡眠薬、と思う方もいるかもしれませんが、睡眠サプリは機能性表示食品や栄養補助食品に分類される商品であり薬ではありません。 なので副作用や依存症もなく、安心して摂取することができます。 薬ではないので、即効性に関してはあまり期待できませんが、継続して摂取していくことで睡眠の質がどんどん良くなっていくことを実感する方がほとんどです。 それは睡眠サプリに配合された有効成分により、 リラックスできたり、 安眠できる効果があるからです。 睡眠薬や根本的治療ではありませんが、「不眠を解消したい」、「睡眠の質を上げたい」という方のための生活改善、体質改善のサポートをしてくれる働きをしてくれるのが睡眠サプリメントの役割なのです。 睡眠サプリメントの選び方 睡眠サプリメントを始めてみようと思っても、まずはどれを選んだらいいか迷ってしまうものです。 そこで睡眠サプリメントの上手な選び方についてポイントを紹介します。 そのためまずは、 自分の悩みに合った有効成分が配合されているかどうか確認するようにします。 睡眠サプリメントに配合されている代表的な成分には以下のようなものがあります。 トリプトファン 睡眠ホルモンといわれるメラトニンをつくる原料となります。 メラトニンの分泌量が増えると、自然な眠気を促す効果が期待できます。 体内では生成できない必須アミノ酸のため、食事やサプリメントなどでの摂取が必要です。 Lーテアニン 緑茶などに含まれる成分で、リラックス効果や睡眠の質を上げる効果が期待できます。 ストレスが多い方、疲労回復したい方におすすめの成分です。 グリシン 体内で合成されているアミノ酸の一種で、睡眠の質を上げて熟睡したいという方におすすめの成分です。 GABA アミノ酸の一種でストレスの抑制や精神安定の効果が期待できます。 ストレスなどで、イライラして眠れないという方におすすめの成分です。 クワンソウ 不眠に効果的といわれるオキシピナタニンという成分が含まれているハーブです。 リラックス効果や安眠効果があり、寝つきをよくしたいという方におすすめの成分です。 以上のような成分を摂ることで、人それぞれの睡眠の悩みを助けてくれる効果が期待できます。 また人気の睡眠サプリには上記の成分がほぼ配合されています。 そのため成分表記だけで判断するのではなく、含有量までチェックして、 含有量をしっかり表記してあるか、 含有量が多いのはどちらか、といった点まで確認して商品選定することをおすすめします。 そのため続けて購入できる値段のものを選ぶことがとても大切です。 サプリメントというのは、評価が高い、有名であるといった商品を選びがちですが、できるだけお財布や家計に負担の掛からない商品を選ぶようにしましょう。 睡眠サプリの種類には、カプセル、液体、ドリンク、といったタイプに分かれていて、味や匂いもさまざまです。 買ってみたけど、味が苦手、匂いが苦手、ドリンクタイプじゃなくてカプセルタイプが良かった、、とならないように、サプリのタイプや味覚の感想も見て選ぶようにしましょう。 そうすることで、「せっかく買ったのに効果がない。。 」「せっかく買ったのに苦手な味だった。。 」と後悔することがなくなります。 また返金保証制度のあるサプリメントは、商品に自信があるからこそそういった制度を設けています。 それゆえに信頼できるサプリメントだと言えます。 継続して飲み続けることで効果を発揮する睡眠サプリは、リピートされて尚且つお客様満足度が高い商品こそ効果が信頼できる商品だと言えます。 「初回特別価格!」という宣伝に踊らされて買うのではなく、信頼できるサプリメントを選ぶようにしましょう。 睡眠サプリおすすめランキングTOP10選を紹介! ここからは睡眠サプリメントの選び方のポイントを踏まえた上で、人気の睡眠サプリを紹介していきます。 1位~5位はランキング形式で、それ以外はそれぞれのジャンルや特徴に合わせておすすめ商品を紹介していきます。 ぜひ参考にしてみてください。 第1位 潤睡ハーブ 潤睡ハーブは、睡眠の妨げとなる日々溜まるストレスやイライラを解消してくれるサプリメントです。 トリプトファンやグリシンといった眠りに欠かせない成分をはじめとした良質なアミノ酸を含むクロレラを中心原料に、イライラを抑える注目成分GABAや、リラックス効果や安眠効果のあるクワンソウを配合。 ちなみにクワンソウの配合量は業界トップクラスの量を誇ります。 3か月以上利用した お客様の満足度も 85%を達成し、 効果の高さに信頼がおける睡眠サプリです。 こんな人におすすめ• イライラすることが多い• 生活習慣が乱れている• 食生活が乱れている• 眠りが浅い、朝スッキリしない• ぐっすり眠りたい といった方におすすめです。 初回は特別価格1980円 通常5980円のところ、初回は特別価格 1980円で購入できます。 また 10日間の返金保証制度も付いているので、商品が合わないと感じたら返金にも対応してくれます。 睡眠サプリを安心して試すことができるので、初めての方にはおすすめです。 配合成分のバランスの良さ、お客様満足度の高さ、続けやすい値段設定、返金保証の充実など、総合的に一番おすすめできる睡眠サプリメントです。 2位 グッドナイト27000 グッドナイト27000の特徴は、有効成分の配合量の多さです。 他の睡眠サプリに比べてその差は圧倒的で、1か月分、1袋あたりの成分配合量はこれだけの量を配合しています。 Lーテアニン 6300mg• グリシン 7380mg• GABA 3060mg• トリプトファン 3060mg• ラフマ 1800mg• カモミール 2700mg• ラクティウム 2700mg この合計値である27000が商品名となっています。 Lーテアニン、GABA、グリシン、トリプトファンといった、健やかな眠りに欠かせない有効成分を豊富に配合していて、中でも特に、Lーテアニンの配合量が他の睡眠サプリよりも多いのが特徴です。 さらにラクティウムという特許成分の効果により、ストレスの軽減、睡眠の質を改善させる作用があります。 こんな人におすすめ• 仕事や家庭などでストレスがたまっている• 寝つきが悪い• 朝起きるのが辛い• 有効成分の配合量が多いサプリメントを選びたい といった方におすすめです。 初回は特別価格990円 通常6000円のところ、初回は特別価格 990円で購入できます。 こちらは定期購入コースの申し込みに限りで、3か月以上の継続購入が条件となりますが、2か月目以降も20%オフの価格 4800円 で購入することができるので、続けて飲むならとてもお得です。 グッドナイト27000の体験レビュー記事はこちらです。 関連記事: 3位 マインドガードDX マインドガードDXは、ドリンクタイプの睡眠サプリメントです。 ドリンクタイプは一般的なカプセルやタブレット型のサプリと比べて、体内吸収率は250%も差が出るとも言われており、吸収率の高さという点では他のサプリメントの上をいきます。 配合成分も豊富で、トリプトファン、クワンソウエキス、GABA、グリシン、クワンソウといった不眠解消に効果的な成分を高濃度でバランス良く配合してあります。 クワンソウは1000mg配合しており業界トップクラス また味に関しては、100人中96人がすごく飲みやすいという感想があるほど、美味しく飲むことができるので安心です。 こんな人におすすめ• 仕事のストレスやプレッシャーがある• 夜中に何度も目を覚ます• ベッドに入ってもなかなか寝つけない• 効果の高いサプリメントを選びたい といった方におすすめです。 初回はお試し価格6810円 通常8625円のところ、初めての方限定で6810円で購入ができます。 定期コースや継続購入縛りというのはなく、純粋に 1本単位で購入ができるので、まずは一度効果を試してみたいという方におすすめです。 マインドガードDXの体験レビュー記事はこちらです。 また眠りの質を上げるクワンソウや、イライラを軽減させるGABAも配合。 また使用した 92.4%の方が「 効果を実感した」という声が上がるほど、効果の高さには定評があります。 価格も初回は 500円と手ごろで、配合成分も優しく、体に負担がかからずおだやかに睡眠をサポートしてくれます。 こんな人におすすめ• 疲れているのに寝れない• 夜中に何度も目が覚める• 朝起きるのが辛い• 安く睡眠サプリを試してみたい といった方におすすめです。 初回は7日分、500円でお試しできます 通常3980円のところ、初回は 7日分の容量が500円で購入することができます。 形式上は定期コースでの申し込みとなりますが、いつでも休止、解約が可能です。 手軽に買える値段なので、試しに買ってみようかなという方におすすめです。 5位 ピースナイト ピースナイトは、加齢による睡眠の疲労回復効果の低下に着目して、起床時の疲労感を軽減してくれるテアニンを200mg、またストレスの軽減効果のあるGABA100mg配合されています。 テアニンとGABAの2つを機能性表示 食品の機能性が認められた した初めての睡眠サプリです。 また販売元は大手食品メーカーのキッコーマンということもあり、安全性や信頼性は抜群。 知らないメーカーや商品を買いたくないという方には、ピースナイトは安心です。 こんな人におすすめ• イライラしたり、不安感がある• 年齢と共に眠りが浅くなってきた• 翌朝疲れが取れていない• 安心できる睡眠サプリを選びたい といった方におすすめです。 初回は特別価格2730円 通常5460円のところ初回は特別価格2730円で購入できます。 ただし、 条件として5か月以上の継続購入が必要となります。 ちょこっと試しに買ってみようかなと思っている方にはおすすめできませんが、継続して飲み続けるつもりであれば、2か月目以降は10%オフの価格でずっと購入できるのでお得です。 一過性ストレスで寝れないなら、ぐっすりずむ 仕事を頑張りすぎてしまうがゆえにストレスを抱えてしまう、一過性ストレスで寝れないなら、ぐっずりずむがおすすめです。 Lーテアニンを豊富に200mg配合していて、一時的なストレスの緩和、睡眠の質の改善に効果があります。 またこの他の成分も、GABA、グリシン、ビタミンB1、B6、B12、というリラックス効果を生む成分を配合していて、健やかな睡眠をサポートしてくれます。 定期コースの申し込みで、初回は10%オフの2682円で購入ができて、さらにマルチビタミンミネラルのサプリメントも無料プレゼントされます。 仕事が忙しい時期、今が仕事の頑張り時、という方で、不眠に悩んでいるならぐっすりずむをおすすめします。 >> 天然由来成分なら、北の大地の夢しずく 10年以上不眠に悩んでいた社員が開発した睡眠サプリで、他の睡眠サプリにはない成分を含んでいるまったく新発想のサプリメントです。 その成分とは、北海道のアスパラガスから抽出した成分。 アスパラガスには休息成分誘発物質が含まれていて、独自技術により世界で初めてそのエキスの抽出に成功したのがこの商品です。 普段食べている食材から抽出した、完全な天然由来成分なので、安心して口にすることができます。 他にも、GABA、クワンソウエキス、Lーテアニン、各種ビタミン等もバランスよく配合していて、質の高い睡眠をサポートしてくれます。 >> 快眠成分をバランスよく取りたいなら、ネムリス 体内時計を整え、夜しっかり眠れる準備をしてくれる物質セロトニンを体内で増やすトリプトファン、 休息をサポートする天然ハーブ・ラフマ葉エキス、リラックスや安眠効果を生むクワンソウやグリシン、ストレス緩和に効果的なGABAなど、 睡眠をサポートする成分をバランスよく配合しているのが、ネムリスです。 お客様アンケートでは、使用3日で69%の方は効果を実感していて、使用30日で92%の方が効果を実感したいう声が集まっています。 自分の眠れない原因について分かっていない場合は、バランス良く有効成分を配合したネムリスをおすすめします。 >> 薬局・ドラッグストアなど市販で買うなら、グリシンプレミアム 画像引用元: 薬局やドラッグストアなどで市販品で売っている商品で選ぶなら、グリシンプレミアムがおすすめです。 グリシンプレミアムは、グリシン、トリプトファン、Lーテアニン、GABAなど、睡眠をサポートする成分をバランス良く配合していて、寝つきが悪い、朝起きてもスッキリしない、といった不眠の悩みを解消する効果が期待できます。 ただ、他の睡眠サプリに比べると配合成分量などは劣るので、まずは睡眠サプリってどんなものか気軽に試してみたい、という方におすすめです。 >> DHCで買うなら、グースカ 画像引用元: 大手サプリメントメーカーDHCが販売している睡眠サプリメントです。 この睡眠サプリの特徴となる成分は、クワンソウとラクティウムです。 リラックス効果や安眠効果のあるクワンソウ、睡眠の質を改善して深い眠りをサポートするラクティウムを豊富に配合しています。 ただしその他の有効成分、グリシン、GABA、トリプトファンといった成分がほとんど配合されていないので、配合成分には少し不安が残るのが正直なところです。 10日分のお試しサイズも販売されているので、気になる方はDHCのお店でチェックしてみてください。 ここまでランキング形式で睡眠サプリを紹介してきましたが、人気があるのかないかではなく、自分の寝れない原因にあった睡眠サプリを選びたい、という方も多いと思います。 そこでここでは、寝れない原因に合った睡眠サプリを、成分や効能を元にまとめましたので紹介していきます。 ストレスやプレッシャーによる不眠 ストレスやプレッシャーを感じると、ドーパミンやノルアドレナリンといった神経伝達物質を多く分泌して身体が興奮状態に変化してしまいます。 そういった興奮物質を抑制するのが、セロトニンです。 そしてセロトニンを体内で作り出すのが、トリプトファンです。 トリプトファンを摂取して脳内でセロトニンの合成を促すことで、ストレスやプレッシャーを感じていて寝れない方の対抗策となるのです。 トリプトファンを多く含むおすすめ睡眠サプリ 生活リズムが不規則による不眠 生活が不規則で睡眠リズムが崩れてしまっている状態のときは、メラトニンというホルモンが不足しています。 メラトニンは体内時計の役割をするホルモンで、起床時に脳を覚醒させ、日中に活発的に行動できるようになり、夜に眠りにつく準備をしてくれる働きをします。 そのメラトニンの材料となるのが、セロトニンで、セロトニンの材料となるのが、トリプトファンです。 生活リズムが不規則でなかなか寝つけないという方は、トリプトファンをしっかり摂ることが必要となるのです。 トリプトファンを多く含むおすすめ睡眠サプリ イライラや考え事による不眠 仕事や家庭などでストレスを継続的に受けていて、イライラすることが多い場合は、GABA、Lーテアニンといった成分が効果的です。 イライラすることが多く、ストレスが原因で寝れないという場合は、GABA、Lーテアニン、この2つを摂ることで睡眠をサポートしてくれる効果が期待できます。 GABA、Lーテアニンを多く含むおすすめ睡眠サプリ なんとなく寝つきが悪い 原因はいろいろ考えられるけど、ただなんとなく寝つきが悪いという方も多いです。 そういった不眠の症状に効果的なのが、クワンソウです。 クワンソウは沖縄に生息する植物で、「眠れない時はクワンソウを食べると良い」と沖縄では有名で、昔から食されてきました。 その効果の理由は、クワンソウに含まれるオキシピナタニンという物質にあり、自然な睡眠を誘発する効果があることが研究結果でも明らかになりました。 ベッドに入ってから長い間眠れず、とにかく寝つきを良くしたいという方は、クワンソウを摂ることで改善効果が期待できます。 クワンソウを多く含むおすすめ睡眠サプリ 夜中に何度も起きてしまう さまざまな原因で自律神経が乱れて、体温調節をコントロールする機能が狂ってしまうと、寝ているときも眠りが浅くなってしまうために、ちょっとした物音や刺激で目が覚めてしまいます。 寝ている間は体温が低くなることで深い睡眠となるわけですが、それが体温が低くならずにいると、眠りが浅くなるのです。 そこで効果的な成分が、グリシンです。 グリシンは身体の末梢の血流を上げ、手足から熱の放散を促進する働きがあり、体温を下げる効果があります。 このため寝ている間にも体温を低くさせ、深い睡眠に導いてくれるのです。 グリシンを多く含むおすすめ睡眠サプリ 睡眠サプリを飲むタイミングは? いつ飲むのが効果的? 睡眠サプリを高い効果で実感したいのであれば、 寝る1時間~2時間前 のタイミングで飲むが理想的です。 これは栄養剤やサプリメントの吸収時間が一般数値として、最短で30分~最長で4時間半程度かかると言われているからです。 なので、その間に眠りについていることがベストなタイミングと言えます。 ただし睡眠サプリには即効性は期待できません。 飲み続けることでじわじわと効いてくるものですから、飲むタイミングをそこまで厳守しなくても大丈夫です。 大事なのは続けて飲むことです。 また飲み方は、水かぬるま湯で飲みましょう。 間違ってもお茶やコーヒーなどカフェインの入った飲み物や、アルコール類などと一緒に飲まないように。 睡眠サプリの副作用や依存症について。 睡眠サプリを睡眠薬と一緒に考えている方が多いですが、これは全く違うものです。 睡眠薬は、脳に直接眠りの指示を出す成分が含まれていて、これにより強制的に眠りにつかせるように作られています。 一方、睡眠サプリは植物由来成分を中心に配合した栄養補助食品です。 リラックス効果を生み、安眠できる身体作りをサポートするために作られています。 現在では睡眠薬も開発や研究も進み、昔のように依存症や副作用もほとんどないとされていますが、 睡眠サプリに関しては、そもそも副作用や依存症というものはありません。 安全な自然の植物成分のみを使用し、高齢者の方でも飲めるよう体に負担のかからない商品だからです。 ただし、植物アレルギーがあったり、過剰に飲みすぎてしまった場合は別です。 植物アレルギーをもともと持っている方は、係りつけの医師や病院に相談をして、睡眠サプリを摂取してよいか確認をしてからにしましょう。 また過剰に飲んでも効果が倍増することはありません。 逆に過剰摂取により体に負担をかけてしまう恐れもあるため、必ず用法、用量を守って摂取するようにしましょう。 睡眠サプリも台無し!あなたの睡眠を妨げるNG行動。 寝れない夜が続くのは、いつもの生活習慣に隠れているかもしれません。 寝る前にこんなことしていませんか? 寝る直前までスマホを見ている 寝る前にパソコンやテレビ、また寝る直前までスマホなど明るい光を見ていると、脳が興奮状態になり、眠りにつく準備をするホルモン「メラトニン」が抑制されてしまいます。 寝る前にお酒を飲んでいる 「寝酒」といって、寝る前にお酒を飲むと眠りにつきやすくなるということも事実なのですが、その効果は数時間しか持たないのです。 アルコールは肝臓で分解されていく過程で、脳を興奮させる物質に変化してしまうため、夜中に急に目が覚めてしまうという現象が起きるのです。 寝れないからといってお酒に頼る方法はやめましょう。 寝る直前まで食事をしている 夕食が遅かったり、だらだらと夜遅くまで食べ続けたりして、胃が消化中に寝てしまうと、眠りが浅くなってしまいます。 寝る3時間前までには食事を終えているのが理想的です。 睡眠サプリの効果をさらに上げる、寝る前のおすすめ方法 睡眠サプリを継続して飲み続けることと並行して、寝る前にこんなことをしてみると、より快眠効果が期待できます。 ぜひ試してみてください。 また腰の部分のゴムも比較的緩くなっているので、体の締め付けを少なく、余計な緊張も生みません。 ほとんどの方はスウェットやジャージで寝ているかと思いますが、手首、足首、腰回りなどが締め付けられてしまうために、少なからず刺激を与えらている状態になっています。 質の高い睡眠を手に入れるためには、パジャマを着て寝るのをおすすめします。 寝る前に体を温めておくことで、寝るときに体温がだんだんと低くなっていくので、深い睡眠につきやすくなるのです。 体を温める方法としてベストなのが、お風呂につかること。 またお風呂に入るのが面倒なら、足湯をするだけも効果があります。 足先だけでも体全体を温め、リラックス効果も生まれるのでおすすめです。 鎮静効果のあるカモミール、ストレス緩和に効果のあるバレリアン、疲労回復効果のあるリンデンといったハーブティーがおすすめです。 ラベンダー、カモミール、ローズウッド、ベルガモットといった香りがおすすめです。 またアロマを焚くのが難しい場合は、オイルをティッシュに垂らして、それを嗅いで深呼吸するだけでも効果的です。 暖色系のオレンジ色には脳を落ち着かせる効果があり、脳を寝る準備にしてくれます。 寝る1時間前くらいからは、オレンジ色の照明か、間接照明だけで過ごすようにすると効果的です。 ただし、頭を使う推理小説や、興奮したり刺激のある本、電子書籍などは避けて、 活字の多い本や参考書など、自分にとって少し難しいと思える本がおすすめです。 ただし、ずっと流していると途中起きてしまうので、だいたい1時間後に終わるように設定しておくと良いでしょう。 そうすることでベッドに入ってからだんだんと体温が低くなってくるので、眠りにつきやすくなります。 また体の凝りが解消されてリラックス効果も生まれるので、睡眠の質も高まります。 深呼吸は副交感神経や体内の血流が活発化される効果があるので、リラックス、疲労回復といった働きもあり、睡眠の質も高まります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 睡眠サプリは、副作用や依存症もなく、安全に快適な睡眠をサポートしてくれる商品です。 眠れない原因は人それぞれですが、今ではさまざまな原因に対応した睡眠サプリが販売されています。 今回紹介した人気のサプリメントを参考にして、自分に合った睡眠サプリを見つけて、不眠の悩みを解消してください。 \ SNSでシェアしよう! / メンズクエストの 注目記事を受け取ろう• ライター紹介 メンズクエスト編集部 メンズクエスト編集長:アベル 2018年 日本健康マスター検定エキスパートコース合格 メンズクエスト編集長のアベルです。 体脂肪25%から9. 6%までに肉体改造をしたことをきっかけに、その時に実践した食生活、筋トレのことなどの情報をまとめようと思ったのがきっかけでメンズクエストを立ち上げました。 もともと容姿や体型にコンプレックスがあり、カッコよくなりたいという気持ちが人一倍強く、女性にモテるにはどうすればいいかという事にとても敏感。 現在は原宿に住みながら、「カッコイイ男」を目指すための、メンズ美容、ファッションや髪型についての最新情報を常にアンテナを張ってリサーチしています。 また、カッコよくなるには健康であってこそという考えから、2018年、日本健康マスター検定エキスパートコースを受験し、合格。 食生活、運動、睡眠といった正しい健康に関する情報、知識を取得しました。 最新の正しい健康情報を見極めて記事を監修しています。 カッコいい男性を日本中に増やすべく、これからも役立つ情報を発信していきます。

次の

睡眠薬(眠剤)の依存性と7つの対策

睡眠サプリ 依存性

1.マイスリーの依存性の強さ マイスリーの依存性は弱いです。 睡眠薬では依存性が問題になります。 マイスリーには依存性はあります。 ですがその依存性は弱いと考えられています。 依存性とは、薬がないと眠れなくなってしまい、気持ちも落ち着かない状態になってしまうことです。 厳密に分けると身体依存と精神依存の2つがあります。 身体依存とは、薬が身体からなくなることでバランスが崩れて調子が悪くなる状態です。 精神依存とは、薬がないと落ち着かなくなってしまう状態です。 睡眠薬は慣れると効きが悪くなってしまいます。 このことを耐性といいます。 この3つが加わると、睡眠薬の量がどんどんと増えてしまって睡眠薬なしには生活できなくなってしまうのです。 マイスリーの依存性は弱いとはいえ、漫然と使い続けているとマイスリーを中止できなくなってしまうことがあります。 睡眠薬の依存性はどこで決まってくるのでしょうか?どんなことに気を付ければよいのでしょうか?詳しくみていきましょう。 マイスリーのその他の副作用について知りたい方は、 をお読みください。 2.睡眠薬による依存性の違い 効果が強く、半減期が短い睡眠薬の方が依存しやすいです。 非ベンゾジアゼピン系の方が依存しにくいです。 マイスリーは非ベンゾジアゼピン系なので依存性は低いですが、同じタイプの中では、マイスリー>アモバン>ルネスタです。 現在の睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬と非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の2種類が主流です。 古い睡眠薬である尿素系睡眠薬やバルビツール系睡眠薬もまれに使われますが、依存性がはるかに強いので現在はめったに処方されません。 最近では依存性のない睡眠薬も開発されています。 メラトニン受容体作動薬のロゼレムやオレキシン受容体拮抗薬のベルソムラなどですが、これらは即効性がないために合わない患者さんもいらっしゃいます。 ベンゾジアゼピン系睡眠薬や非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は依存性は多少なりともありますが、バランスにすぐれている睡眠薬です。 これらの中での依存性の違いを考えてみましょう。 依存性が強い睡眠薬の特徴としては、以下の3つがあげられます。 ベンゾジアゼピン系>非ベンゾジアゼピン系• 効果が強い(力価が高い)睡眠薬• 薬の作用時間(半減期)が短い 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬はベンゾジアゼピン系睡眠薬に比べて依存性が少ないといわれています。 また、身体への薬の影響の変化が大きいほど、心身ともに睡眠薬の影響が強く出るので依存しやすくなります。 効果の強い睡眠薬ですと、「効いた」という実感が強いです。 精神的にも頼ってしまいますし、身体から抜けた時の変化も大きくなるので、依存になりやすくなります。 薬の半減期が短くて作用時間が短い薬でも、「薬がきれた」という実感がでやすいです。 身体からも急激に薬が抜けるので、依存になりやすくなります。 マイスリーは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されますので依存性は低いです。 トータルで見ると、依存性はマイスリー>アモバン>ルネスタでしょうか。 あまり大差はないですけどね。 どれも効果が強力なベンゾジアゼピン系睡眠薬です。 エリミンでは、アルコールと併用することで多幸感が出てきて依存につながります。 エリミンは、日本では2015年に発売禁止となりました。 ハルシオンは、イギリスやオランダなどをはじめとした海外で発売禁止となっています。 3.睡眠薬以外の依存につながる要因 服薬期間が長く、量が多いと依存しやすいです。 アルコールとの併用は絶対に避けましょう。 睡眠薬以外の努力をしていくことも大切です。 睡眠薬自体ではなく、睡眠依存につながりやすい要因を考えていきましょう。 依存につながりやすい要因として4つあげられます。 服薬期間が長い• 睡眠薬の量が多い• アルコールと併用している• 睡眠薬以外の努力をしていない 服薬期間が長くなればなるほど、身体にとっては睡眠薬があるのが当たり前になってきます。 睡眠薬依存の大きな特徴としては、精神依存が強いことです。 「眠るためには睡眠薬がないとダメ」という思い込みが強くなってしまうのです。 これは、年月が経てば経つほど強くなってしまいます。 睡眠薬の量が多いと、身体への影響も強くなってしまいます。 薬が効かなくなって、どんどんと薬の量が増えている場合は要注意です。 身体が睡眠薬に慣れてしまって耐性ができています。 睡眠薬とアルコールの併用は絶対にやめましょう。 眠れないから寝酒をしている方も多いかも知れませんが、これは睡眠には悪影響です。 それに加えて睡眠薬と併用すると、相互作用で睡眠薬の影響が増大してしまい、依存になりやすくなってしまいます。 不眠の解消に有効なのは睡眠薬だけではありません。 睡眠薬だけに頼ってしまうので精神依存が強くなってしまうのです。 睡眠によい生活習慣を積極的に取り入れましょう。 睡眠薬以外の柱を作っておくと、依存にはなりにくいです。 4.睡眠薬依存にならないための対策とは? 睡眠薬依存になりやすい要因をみてきましたが、どのような点に注意すれば睡眠薬依存にならないですむでしょうか? 4-1.なるべく非ベンゾジアゼピン系睡眠薬を使う マイスリーは非ベンゾジアゼピン系睡眠薬ですので依存性は低いです。 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の方が、ベンゾジアゼピン系睡眠薬よりも依存しにくいと考えられています。 ルネスタでは1年、マイスリーでは8か月連続服用しても耐性が認められなかったとする報告があります。 マイスリーは作用時間が非常に短い睡眠薬です。 このため、入眠障害にしか効果が期待できません。 他の非ベンゾジアゼピン系睡眠薬も作用時間が短いものが多いです。 中途覚醒や早朝覚醒には効果が薄いことがあります。 4-2.適切な強さの睡眠薬を使う 不眠の程度にあった、適切な強さの睡眠薬を使いましょう。 不眠は苦しいので、できるだけ早く改善したい気持ちになるかもしれません。 ですが、必要以上に強い睡眠薬を使わないようにしましょう。 どの薬を選ぶかは、医者側のモラルや意識が大きいかと思います。 薬がすぐに効いて不眠が改善したら、患者さんにも感謝されます。 ですが本当に患者さんのことを思うならば、弱い薬から少しずつ強くしていく方がよいのです。 もちろん効果を優先しなければいけない場合もありますが、できるだけ焦らずに適切な薬をみつけたほうがよいです。 マイスリーで効果があるならば、依存性も低いので問題ありません。 マイスリーの効果が不十分な時には、強い睡眠薬はすぐに使わない方がよいです。 睡眠状態が安定してきたら、今度は少しずつ薬を弱くしていく意識も大切です。 必要がなくなっているのに強い薬を使い続けないようにします。 マイスリーでしたら、少しずつ量を減らしていきます。 4-3.作用時間(半減期)が長い睡眠薬を使う 中途覚醒や早朝覚醒で悩んでいる時は、半減期が長い睡眠薬の方が依存性は少ないです。 依存の起こりやすさという面だけを考えると、作用時間が長い薬の方が安全です。 身体から睡眠薬が抜けていくのがゆっくりなので影響が少ないのです。 薬が「効いてきた」という実感や、「きれた」という実感も少ないのです。 中途覚醒や早朝覚醒で悩んでいる方は、作用時間が長い薬を選ぶのもよいかもしれません。 ですが、これらの睡眠薬は寝付きやすい土台を作るようなお薬です。 効果がじわじわと出てくるので、即効性がない方もいらっしゃいます。 また、睡眠薬が身体にたまっていくので、日中の眠気やふらつきなどの副作用が起こりやすくなります。 マイスリーで寝つきが改善されたけれども中途覚醒や早朝覚醒が残る時は、作用時間の長い睡眠薬を組み合わせるのも方法です。 4-4.なるべくマイスリーの服用期間を短くする 必要がなくなったらマイスリーは減らしていく意識が大切です。 マイスリーも必要がなくなったら減らしていく意識が必要です。 服薬期間が長くなるほど、依存しやすくなります。 精神的にも薬に頼ってしまいます。 マイスリーは身体に負担の少ない睡眠薬ですので、あまりに無理をする必要はありません。 ですが、できればマイスリーを減らしていく意識をもつことが大切です。 4-5.マイスリーの量はなるべく少なくする 必要最小限のマイスリーを使っていくようにしましょう。 マイスリーを使っていく時は、できるだけ少なく使っていくのが原則です。 理想をいえば、休肝日のように「休薬日」があるとよいです。 マイスリーを使う時のステップとしては3段階あります。 4-6.アルコールと一緒に飲まない 絶対にやめましょう。 アルコールとの併用は絶対にやめましょう。 マイスリーとアルコールを併用すると、相互作用によりマイスリーとアルコールの影響が増大します。 アルコールにもマイスリーにも依存しやすくなってしまいます。 人生を狂わすレベルでの睡眠薬依存になってしまう方の多くは、アルコールと併用してしまうことが多いです。 一緒に飲むことは絶対にやめましょう。 4-7.睡眠薬以外の柱を作る 薬に頼るのではなく、睡眠によい生活習慣や自律訓練法などを取り入れましょう。 不眠の治療は薬だけではありません。 睡眠によい生活習慣や自律訓練法などを活用しましょう。 睡眠薬依存の大きな特徴は、精神依存が多いことです。 不眠は改善しているのに、睡眠薬に頼ってしまってやめられなくなってしまいます。 量が増えるということはあまりなく、常用量依存と呼ばれています。 ですから、睡眠薬以外の柱を作ることが大切なのです。 これは、飲みはじめから実践している方が効果的です。 そのおかげで眠れていると思えますから。 睡眠に良い生活習慣を取り入れるようにしましょう。 詳しく知りたい方は をお読みください。 自律訓練法などの自己暗示のリラックス方法を身につけるのも手です。 身体の緊張状態とリラックス状態を知って、自分でリラックス状態を作れるようにしていきます。 詳しく知りたい方は、 をお読みください。 まとめ マイスリーの依存性は弱いです。 効果が強く、半減期が短い睡眠薬の方が依存しやすいです。 非ベンゾジアゼピン系の方が依存しにくいです。 マイスリーは非ベンゾジアゼピン系なので依存性は低いですが、同じタイプの中では、マイスリー>アモバン>ルネスタです。 服薬期間が長く、量が多いと依存しやすいです。 アルコールとの併用は絶対に避けましょう。 睡眠薬以外の努力をしていくことも大切です。 睡眠薬依存を避けるための対策としては、以下の7つがあります。 なるべく非ベンゾジアゼピン系睡眠薬を使う• 適切な強さの睡眠薬を使う• 作用時間(半減期)が長い睡眠薬を使う• なるべくマイスリーの服薬期間を短くする• マイスリーの量はなるべく少なくする• アルコールと一緒に飲まない• 睡眠薬以外の柱を作る 2017年3月22日 カテゴリー• 1,162• 月別アーカイブ•

次の

子どもにおすすめの睡眠サプリ。眠れなくて悩んでいるお子さんにはサプリが安心です。

睡眠サプリ 依存性

疲れているのになかなか寝れない夜、続いていませんか? 頭では寝ようと思っていても全く眠りにつけず、寝ることを考えすぎて余計また眠れなくなってしまう、という負のスパイラルに陥ってしまう方も多いはずです。 実は現代の日本には、 5人に1人が睡眠について悩みや問題を抱えていると言われています。 寝れない原因というのは、その人によりさまざまなため、その原因や悩みにアプローチできる対処法が必要です。 そこで、おすすめの対策方法なのが、「 睡眠サプリメント」を利用することです。 睡眠サプリメントは、眠る体制に整えてくれたり、眠りの質を上げてくれる成分を配合していて、体の内側から眠れるように働きかけてくれる効果があります。 また睡眠サプリメントにもそれぞれ特徴があり、配合成分により寝れない原因や悩み別にそれぞれ効果的な商品というのは変わってきます。 ここではそんな睡眠サプリメントについて、ランキング形式でおすすめ商品を紹介していきます。 何が原因で寝れないか、それに効果的な成分は何か?というところまで解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 Contents• 睡眠サプリメントとは?• 寝ようと思ってもなかなか寝れない、• 眠りが浅く、夜中に何度も起きてしまう• 朝スッキリ起きれない といった、 睡眠に関する悩みを抱えている方に効果的なのが睡眠サプリメントです。 睡眠サプリと聞くと=睡眠薬、と思う方もいるかもしれませんが、睡眠サプリは機能性表示食品や栄養補助食品に分類される商品であり薬ではありません。 なので副作用や依存症もなく、安心して摂取することができます。 薬ではないので、即効性に関してはあまり期待できませんが、継続して摂取していくことで睡眠の質がどんどん良くなっていくことを実感する方がほとんどです。 それは睡眠サプリに配合された有効成分により、 リラックスできたり、 安眠できる効果があるからです。 睡眠薬や根本的治療ではありませんが、「不眠を解消したい」、「睡眠の質を上げたい」という方のための生活改善、体質改善のサポートをしてくれる働きをしてくれるのが睡眠サプリメントの役割なのです。 睡眠サプリメントの選び方 睡眠サプリメントを始めてみようと思っても、まずはどれを選んだらいいか迷ってしまうものです。 そこで睡眠サプリメントの上手な選び方についてポイントを紹介します。 そのためまずは、 自分の悩みに合った有効成分が配合されているかどうか確認するようにします。 睡眠サプリメントに配合されている代表的な成分には以下のようなものがあります。 トリプトファン 睡眠ホルモンといわれるメラトニンをつくる原料となります。 メラトニンの分泌量が増えると、自然な眠気を促す効果が期待できます。 体内では生成できない必須アミノ酸のため、食事やサプリメントなどでの摂取が必要です。 Lーテアニン 緑茶などに含まれる成分で、リラックス効果や睡眠の質を上げる効果が期待できます。 ストレスが多い方、疲労回復したい方におすすめの成分です。 グリシン 体内で合成されているアミノ酸の一種で、睡眠の質を上げて熟睡したいという方におすすめの成分です。 GABA アミノ酸の一種でストレスの抑制や精神安定の効果が期待できます。 ストレスなどで、イライラして眠れないという方におすすめの成分です。 クワンソウ 不眠に効果的といわれるオキシピナタニンという成分が含まれているハーブです。 リラックス効果や安眠効果があり、寝つきをよくしたいという方におすすめの成分です。 以上のような成分を摂ることで、人それぞれの睡眠の悩みを助けてくれる効果が期待できます。 また人気の睡眠サプリには上記の成分がほぼ配合されています。 そのため成分表記だけで判断するのではなく、含有量までチェックして、 含有量をしっかり表記してあるか、 含有量が多いのはどちらか、といった点まで確認して商品選定することをおすすめします。 そのため続けて購入できる値段のものを選ぶことがとても大切です。 サプリメントというのは、評価が高い、有名であるといった商品を選びがちですが、できるだけお財布や家計に負担の掛からない商品を選ぶようにしましょう。 睡眠サプリの種類には、カプセル、液体、ドリンク、といったタイプに分かれていて、味や匂いもさまざまです。 買ってみたけど、味が苦手、匂いが苦手、ドリンクタイプじゃなくてカプセルタイプが良かった、、とならないように、サプリのタイプや味覚の感想も見て選ぶようにしましょう。 そうすることで、「せっかく買ったのに効果がない。。 」「せっかく買ったのに苦手な味だった。。 」と後悔することがなくなります。 また返金保証制度のあるサプリメントは、商品に自信があるからこそそういった制度を設けています。 それゆえに信頼できるサプリメントだと言えます。 継続して飲み続けることで効果を発揮する睡眠サプリは、リピートされて尚且つお客様満足度が高い商品こそ効果が信頼できる商品だと言えます。 「初回特別価格!」という宣伝に踊らされて買うのではなく、信頼できるサプリメントを選ぶようにしましょう。 睡眠サプリおすすめランキングTOP10選を紹介! ここからは睡眠サプリメントの選び方のポイントを踏まえた上で、人気の睡眠サプリを紹介していきます。 1位~5位はランキング形式で、それ以外はそれぞれのジャンルや特徴に合わせておすすめ商品を紹介していきます。 ぜひ参考にしてみてください。 第1位 潤睡ハーブ 潤睡ハーブは、睡眠の妨げとなる日々溜まるストレスやイライラを解消してくれるサプリメントです。 トリプトファンやグリシンといった眠りに欠かせない成分をはじめとした良質なアミノ酸を含むクロレラを中心原料に、イライラを抑える注目成分GABAや、リラックス効果や安眠効果のあるクワンソウを配合。 ちなみにクワンソウの配合量は業界トップクラスの量を誇ります。 3か月以上利用した お客様の満足度も 85%を達成し、 効果の高さに信頼がおける睡眠サプリです。 こんな人におすすめ• イライラすることが多い• 生活習慣が乱れている• 食生活が乱れている• 眠りが浅い、朝スッキリしない• ぐっすり眠りたい といった方におすすめです。 初回は特別価格1980円 通常5980円のところ、初回は特別価格 1980円で購入できます。 また 10日間の返金保証制度も付いているので、商品が合わないと感じたら返金にも対応してくれます。 睡眠サプリを安心して試すことができるので、初めての方にはおすすめです。 配合成分のバランスの良さ、お客様満足度の高さ、続けやすい値段設定、返金保証の充実など、総合的に一番おすすめできる睡眠サプリメントです。 2位 グッドナイト27000 グッドナイト27000の特徴は、有効成分の配合量の多さです。 他の睡眠サプリに比べてその差は圧倒的で、1か月分、1袋あたりの成分配合量はこれだけの量を配合しています。 Lーテアニン 6300mg• グリシン 7380mg• GABA 3060mg• トリプトファン 3060mg• ラフマ 1800mg• カモミール 2700mg• ラクティウム 2700mg この合計値である27000が商品名となっています。 Lーテアニン、GABA、グリシン、トリプトファンといった、健やかな眠りに欠かせない有効成分を豊富に配合していて、中でも特に、Lーテアニンの配合量が他の睡眠サプリよりも多いのが特徴です。 さらにラクティウムという特許成分の効果により、ストレスの軽減、睡眠の質を改善させる作用があります。 こんな人におすすめ• 仕事や家庭などでストレスがたまっている• 寝つきが悪い• 朝起きるのが辛い• 有効成分の配合量が多いサプリメントを選びたい といった方におすすめです。 初回は特別価格990円 通常6000円のところ、初回は特別価格 990円で購入できます。 こちらは定期購入コースの申し込みに限りで、3か月以上の継続購入が条件となりますが、2か月目以降も20%オフの価格 4800円 で購入することができるので、続けて飲むならとてもお得です。 グッドナイト27000の体験レビュー記事はこちらです。 関連記事: 3位 マインドガードDX マインドガードDXは、ドリンクタイプの睡眠サプリメントです。 ドリンクタイプは一般的なカプセルやタブレット型のサプリと比べて、体内吸収率は250%も差が出るとも言われており、吸収率の高さという点では他のサプリメントの上をいきます。 配合成分も豊富で、トリプトファン、クワンソウエキス、GABA、グリシン、クワンソウといった不眠解消に効果的な成分を高濃度でバランス良く配合してあります。 クワンソウは1000mg配合しており業界トップクラス また味に関しては、100人中96人がすごく飲みやすいという感想があるほど、美味しく飲むことができるので安心です。 こんな人におすすめ• 仕事のストレスやプレッシャーがある• 夜中に何度も目を覚ます• ベッドに入ってもなかなか寝つけない• 効果の高いサプリメントを選びたい といった方におすすめです。 初回はお試し価格6810円 通常8625円のところ、初めての方限定で6810円で購入ができます。 定期コースや継続購入縛りというのはなく、純粋に 1本単位で購入ができるので、まずは一度効果を試してみたいという方におすすめです。 マインドガードDXの体験レビュー記事はこちらです。 また眠りの質を上げるクワンソウや、イライラを軽減させるGABAも配合。 また使用した 92.4%の方が「 効果を実感した」という声が上がるほど、効果の高さには定評があります。 価格も初回は 500円と手ごろで、配合成分も優しく、体に負担がかからずおだやかに睡眠をサポートしてくれます。 こんな人におすすめ• 疲れているのに寝れない• 夜中に何度も目が覚める• 朝起きるのが辛い• 安く睡眠サプリを試してみたい といった方におすすめです。 初回は7日分、500円でお試しできます 通常3980円のところ、初回は 7日分の容量が500円で購入することができます。 形式上は定期コースでの申し込みとなりますが、いつでも休止、解約が可能です。 手軽に買える値段なので、試しに買ってみようかなという方におすすめです。 5位 ピースナイト ピースナイトは、加齢による睡眠の疲労回復効果の低下に着目して、起床時の疲労感を軽減してくれるテアニンを200mg、またストレスの軽減効果のあるGABA100mg配合されています。 テアニンとGABAの2つを機能性表示 食品の機能性が認められた した初めての睡眠サプリです。 また販売元は大手食品メーカーのキッコーマンということもあり、安全性や信頼性は抜群。 知らないメーカーや商品を買いたくないという方には、ピースナイトは安心です。 こんな人におすすめ• イライラしたり、不安感がある• 年齢と共に眠りが浅くなってきた• 翌朝疲れが取れていない• 安心できる睡眠サプリを選びたい といった方におすすめです。 初回は特別価格2730円 通常5460円のところ初回は特別価格2730円で購入できます。 ただし、 条件として5か月以上の継続購入が必要となります。 ちょこっと試しに買ってみようかなと思っている方にはおすすめできませんが、継続して飲み続けるつもりであれば、2か月目以降は10%オフの価格でずっと購入できるのでお得です。 一過性ストレスで寝れないなら、ぐっすりずむ 仕事を頑張りすぎてしまうがゆえにストレスを抱えてしまう、一過性ストレスで寝れないなら、ぐっずりずむがおすすめです。 Lーテアニンを豊富に200mg配合していて、一時的なストレスの緩和、睡眠の質の改善に効果があります。 またこの他の成分も、GABA、グリシン、ビタミンB1、B6、B12、というリラックス効果を生む成分を配合していて、健やかな睡眠をサポートしてくれます。 定期コースの申し込みで、初回は10%オフの2682円で購入ができて、さらにマルチビタミンミネラルのサプリメントも無料プレゼントされます。 仕事が忙しい時期、今が仕事の頑張り時、という方で、不眠に悩んでいるならぐっすりずむをおすすめします。 >> 天然由来成分なら、北の大地の夢しずく 10年以上不眠に悩んでいた社員が開発した睡眠サプリで、他の睡眠サプリにはない成分を含んでいるまったく新発想のサプリメントです。 その成分とは、北海道のアスパラガスから抽出した成分。 アスパラガスには休息成分誘発物質が含まれていて、独自技術により世界で初めてそのエキスの抽出に成功したのがこの商品です。 普段食べている食材から抽出した、完全な天然由来成分なので、安心して口にすることができます。 他にも、GABA、クワンソウエキス、Lーテアニン、各種ビタミン等もバランスよく配合していて、質の高い睡眠をサポートしてくれます。 >> 快眠成分をバランスよく取りたいなら、ネムリス 体内時計を整え、夜しっかり眠れる準備をしてくれる物質セロトニンを体内で増やすトリプトファン、 休息をサポートする天然ハーブ・ラフマ葉エキス、リラックスや安眠効果を生むクワンソウやグリシン、ストレス緩和に効果的なGABAなど、 睡眠をサポートする成分をバランスよく配合しているのが、ネムリスです。 お客様アンケートでは、使用3日で69%の方は効果を実感していて、使用30日で92%の方が効果を実感したいう声が集まっています。 自分の眠れない原因について分かっていない場合は、バランス良く有効成分を配合したネムリスをおすすめします。 >> 薬局・ドラッグストアなど市販で買うなら、グリシンプレミアム 画像引用元: 薬局やドラッグストアなどで市販品で売っている商品で選ぶなら、グリシンプレミアムがおすすめです。 グリシンプレミアムは、グリシン、トリプトファン、Lーテアニン、GABAなど、睡眠をサポートする成分をバランス良く配合していて、寝つきが悪い、朝起きてもスッキリしない、といった不眠の悩みを解消する効果が期待できます。 ただ、他の睡眠サプリに比べると配合成分量などは劣るので、まずは睡眠サプリってどんなものか気軽に試してみたい、という方におすすめです。 >> DHCで買うなら、グースカ 画像引用元: 大手サプリメントメーカーDHCが販売している睡眠サプリメントです。 この睡眠サプリの特徴となる成分は、クワンソウとラクティウムです。 リラックス効果や安眠効果のあるクワンソウ、睡眠の質を改善して深い眠りをサポートするラクティウムを豊富に配合しています。 ただしその他の有効成分、グリシン、GABA、トリプトファンといった成分がほとんど配合されていないので、配合成分には少し不安が残るのが正直なところです。 10日分のお試しサイズも販売されているので、気になる方はDHCのお店でチェックしてみてください。 ここまでランキング形式で睡眠サプリを紹介してきましたが、人気があるのかないかではなく、自分の寝れない原因にあった睡眠サプリを選びたい、という方も多いと思います。 そこでここでは、寝れない原因に合った睡眠サプリを、成分や効能を元にまとめましたので紹介していきます。 ストレスやプレッシャーによる不眠 ストレスやプレッシャーを感じると、ドーパミンやノルアドレナリンといった神経伝達物質を多く分泌して身体が興奮状態に変化してしまいます。 そういった興奮物質を抑制するのが、セロトニンです。 そしてセロトニンを体内で作り出すのが、トリプトファンです。 トリプトファンを摂取して脳内でセロトニンの合成を促すことで、ストレスやプレッシャーを感じていて寝れない方の対抗策となるのです。 トリプトファンを多く含むおすすめ睡眠サプリ 生活リズムが不規則による不眠 生活が不規則で睡眠リズムが崩れてしまっている状態のときは、メラトニンというホルモンが不足しています。 メラトニンは体内時計の役割をするホルモンで、起床時に脳を覚醒させ、日中に活発的に行動できるようになり、夜に眠りにつく準備をしてくれる働きをします。 そのメラトニンの材料となるのが、セロトニンで、セロトニンの材料となるのが、トリプトファンです。 生活リズムが不規則でなかなか寝つけないという方は、トリプトファンをしっかり摂ることが必要となるのです。 トリプトファンを多く含むおすすめ睡眠サプリ イライラや考え事による不眠 仕事や家庭などでストレスを継続的に受けていて、イライラすることが多い場合は、GABA、Lーテアニンといった成分が効果的です。 イライラすることが多く、ストレスが原因で寝れないという場合は、GABA、Lーテアニン、この2つを摂ることで睡眠をサポートしてくれる効果が期待できます。 GABA、Lーテアニンを多く含むおすすめ睡眠サプリ なんとなく寝つきが悪い 原因はいろいろ考えられるけど、ただなんとなく寝つきが悪いという方も多いです。 そういった不眠の症状に効果的なのが、クワンソウです。 クワンソウは沖縄に生息する植物で、「眠れない時はクワンソウを食べると良い」と沖縄では有名で、昔から食されてきました。 その効果の理由は、クワンソウに含まれるオキシピナタニンという物質にあり、自然な睡眠を誘発する効果があることが研究結果でも明らかになりました。 ベッドに入ってから長い間眠れず、とにかく寝つきを良くしたいという方は、クワンソウを摂ることで改善効果が期待できます。 クワンソウを多く含むおすすめ睡眠サプリ 夜中に何度も起きてしまう さまざまな原因で自律神経が乱れて、体温調節をコントロールする機能が狂ってしまうと、寝ているときも眠りが浅くなってしまうために、ちょっとした物音や刺激で目が覚めてしまいます。 寝ている間は体温が低くなることで深い睡眠となるわけですが、それが体温が低くならずにいると、眠りが浅くなるのです。 そこで効果的な成分が、グリシンです。 グリシンは身体の末梢の血流を上げ、手足から熱の放散を促進する働きがあり、体温を下げる効果があります。 このため寝ている間にも体温を低くさせ、深い睡眠に導いてくれるのです。 グリシンを多く含むおすすめ睡眠サプリ 睡眠サプリを飲むタイミングは? いつ飲むのが効果的? 睡眠サプリを高い効果で実感したいのであれば、 寝る1時間~2時間前 のタイミングで飲むが理想的です。 これは栄養剤やサプリメントの吸収時間が一般数値として、最短で30分~最長で4時間半程度かかると言われているからです。 なので、その間に眠りについていることがベストなタイミングと言えます。 ただし睡眠サプリには即効性は期待できません。 飲み続けることでじわじわと効いてくるものですから、飲むタイミングをそこまで厳守しなくても大丈夫です。 大事なのは続けて飲むことです。 また飲み方は、水かぬるま湯で飲みましょう。 間違ってもお茶やコーヒーなどカフェインの入った飲み物や、アルコール類などと一緒に飲まないように。 睡眠サプリの副作用や依存症について。 睡眠サプリを睡眠薬と一緒に考えている方が多いですが、これは全く違うものです。 睡眠薬は、脳に直接眠りの指示を出す成分が含まれていて、これにより強制的に眠りにつかせるように作られています。 一方、睡眠サプリは植物由来成分を中心に配合した栄養補助食品です。 リラックス効果を生み、安眠できる身体作りをサポートするために作られています。 現在では睡眠薬も開発や研究も進み、昔のように依存症や副作用もほとんどないとされていますが、 睡眠サプリに関しては、そもそも副作用や依存症というものはありません。 安全な自然の植物成分のみを使用し、高齢者の方でも飲めるよう体に負担のかからない商品だからです。 ただし、植物アレルギーがあったり、過剰に飲みすぎてしまった場合は別です。 植物アレルギーをもともと持っている方は、係りつけの医師や病院に相談をして、睡眠サプリを摂取してよいか確認をしてからにしましょう。 また過剰に飲んでも効果が倍増することはありません。 逆に過剰摂取により体に負担をかけてしまう恐れもあるため、必ず用法、用量を守って摂取するようにしましょう。 睡眠サプリも台無し!あなたの睡眠を妨げるNG行動。 寝れない夜が続くのは、いつもの生活習慣に隠れているかもしれません。 寝る前にこんなことしていませんか? 寝る直前までスマホを見ている 寝る前にパソコンやテレビ、また寝る直前までスマホなど明るい光を見ていると、脳が興奮状態になり、眠りにつく準備をするホルモン「メラトニン」が抑制されてしまいます。 寝る前にお酒を飲んでいる 「寝酒」といって、寝る前にお酒を飲むと眠りにつきやすくなるということも事実なのですが、その効果は数時間しか持たないのです。 アルコールは肝臓で分解されていく過程で、脳を興奮させる物質に変化してしまうため、夜中に急に目が覚めてしまうという現象が起きるのです。 寝れないからといってお酒に頼る方法はやめましょう。 寝る直前まで食事をしている 夕食が遅かったり、だらだらと夜遅くまで食べ続けたりして、胃が消化中に寝てしまうと、眠りが浅くなってしまいます。 寝る3時間前までには食事を終えているのが理想的です。 睡眠サプリの効果をさらに上げる、寝る前のおすすめ方法 睡眠サプリを継続して飲み続けることと並行して、寝る前にこんなことをしてみると、より快眠効果が期待できます。 ぜひ試してみてください。 また腰の部分のゴムも比較的緩くなっているので、体の締め付けを少なく、余計な緊張も生みません。 ほとんどの方はスウェットやジャージで寝ているかと思いますが、手首、足首、腰回りなどが締め付けられてしまうために、少なからず刺激を与えらている状態になっています。 質の高い睡眠を手に入れるためには、パジャマを着て寝るのをおすすめします。 寝る前に体を温めておくことで、寝るときに体温がだんだんと低くなっていくので、深い睡眠につきやすくなるのです。 体を温める方法としてベストなのが、お風呂につかること。 またお風呂に入るのが面倒なら、足湯をするだけも効果があります。 足先だけでも体全体を温め、リラックス効果も生まれるのでおすすめです。 鎮静効果のあるカモミール、ストレス緩和に効果のあるバレリアン、疲労回復効果のあるリンデンといったハーブティーがおすすめです。 ラベンダー、カモミール、ローズウッド、ベルガモットといった香りがおすすめです。 またアロマを焚くのが難しい場合は、オイルをティッシュに垂らして、それを嗅いで深呼吸するだけでも効果的です。 暖色系のオレンジ色には脳を落ち着かせる効果があり、脳を寝る準備にしてくれます。 寝る1時間前くらいからは、オレンジ色の照明か、間接照明だけで過ごすようにすると効果的です。 ただし、頭を使う推理小説や、興奮したり刺激のある本、電子書籍などは避けて、 活字の多い本や参考書など、自分にとって少し難しいと思える本がおすすめです。 ただし、ずっと流していると途中起きてしまうので、だいたい1時間後に終わるように設定しておくと良いでしょう。 そうすることでベッドに入ってからだんだんと体温が低くなってくるので、眠りにつきやすくなります。 また体の凝りが解消されてリラックス効果も生まれるので、睡眠の質も高まります。 深呼吸は副交感神経や体内の血流が活発化される効果があるので、リラックス、疲労回復といった働きもあり、睡眠の質も高まります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 睡眠サプリは、副作用や依存症もなく、安全に快適な睡眠をサポートしてくれる商品です。 眠れない原因は人それぞれですが、今ではさまざまな原因に対応した睡眠サプリが販売されています。 今回紹介した人気のサプリメントを参考にして、自分に合った睡眠サプリを見つけて、不眠の悩みを解消してください。 \ SNSでシェアしよう! / メンズクエストの 注目記事を受け取ろう• ライター紹介 メンズクエスト編集部 メンズクエスト編集長:アベル 2018年 日本健康マスター検定エキスパートコース合格 メンズクエスト編集長のアベルです。 体脂肪25%から9. 6%までに肉体改造をしたことをきっかけに、その時に実践した食生活、筋トレのことなどの情報をまとめようと思ったのがきっかけでメンズクエストを立ち上げました。 もともと容姿や体型にコンプレックスがあり、カッコよくなりたいという気持ちが人一倍強く、女性にモテるにはどうすればいいかという事にとても敏感。 現在は原宿に住みながら、「カッコイイ男」を目指すための、メンズ美容、ファッションや髪型についての最新情報を常にアンテナを張ってリサーチしています。 また、カッコよくなるには健康であってこそという考えから、2018年、日本健康マスター検定エキスパートコースを受験し、合格。 食生活、運動、睡眠といった正しい健康に関する情報、知識を取得しました。 最新の正しい健康情報を見極めて記事を監修しています。 カッコいい男性を日本中に増やすべく、これからも役立つ情報を発信していきます。

次の