ウミネコ ルーク。 闇壱:点訳方針暫定版

ツイステッドワンダーランドのフロイドは色んな人の事をあだ名で呼ん...

ウミネコ ルーク

関連動画• 再生回数:15943 コメント:465 マイリス:314• 再生回数:7606 コメント:87 マイリス:144• 再生回数:12854 コメント:26 マイリス:358• 再生回数:6152 コメント:42 マイリス:131• 再生回数:3031 コメント:14 マイリス:38• 再生回数:6232 コメント:84 マイリス:71• 再生回数:9474 コメント:71 マイリス:231• 再生回数:2836 コメント:22 マイリス:22• 再生回数:5949 コメント:11 マイリス:13• 再生回数:7286 コメント:38 マイリス:64• 再生回数:15269 コメント:94 マイリス:518• 再生回数:8104 コメント:48 マイリス:159 タグ がついた人気の動画•

次の

お願い?お知らせ?+雑談やら悲鳴【猫山羊】

ウミネコ ルーク

拍手小話-世界に回帰する(2) 2. ウミネコの騒ぐ声と、波音が幾重にも重なる。 良く見回してみればその船は、バチカルとケセドニアを行き来する定期船だった。 「ルーク!」 急いでつかまえないと、消えてしまうのではないかという不安から、ガイは切羽詰った声をあげて甲板を駆ける。 あの頃とまったく変わりの無い、長い髪を風に遊ばせながら憮然とした表情で振り返った子供に不思議な既視感が蘇った。 「ルーク・・・なのか?」 「なんだよ、変なガイだな」 眉を寄せて、短くつき返される言葉。 その表情や声の色をガイは良く知っている。 (長い・・・髪・・・) 彼が覚悟と共に切り捨てた髪は、旅の終わりまでずっと短いままだった。 背中を覆うような朱の色が美しく風になびく姿を見ることが出来たのは、彼がまだ世界のことを何も知らず無垢であった頃だ。 「すげぇよな。 俺、海なんて初めて見た」 それは過去の光景に間違いなかった。 (夢、を見ているのか?) やはりこれは悪夢の続きなのだろうか。 自分はいつもと同じく、ベッドの上で目を覚まして、そして彼のいない現実にまた絶望するのだろうか。 「ガイ?」 返事が無いことが不満だったらしく、少し低くなった声がガイを現実に呼び戻す。 「ああ、すまないルーク。 ちょっとボーっとしてた」 「ったく。 しっかりしろよな」 自然な会話の運びで考え事を誤魔化して。 咄嗟にルークの機嫌を取ってしまう行動は変わらないものだなと可笑しさに自嘲した。 我侭だった子供が自分の足で立つことを覚えてからも、ガイの中では基本的にルークを甘やかすという気持ちは消えていない。 結局子離れできなかったのは保護者であるガイの方だったのだ。 「色々あったけどやっとバチカルに戻れるな」 「ああ。 ったく、とんでもない目に遭わされたぜ」 返ってきた回答に「やっぱり」と確信する。 定期船キャッツベルト号の汽笛が響き、陸地が近づいていることを知らせる合図に2人同時に顔をあげた。 どうしてかは判らないけれど、ガイは何となく自分の置かれた状況を理解しはじめて、ごくりと小さく喉を鳴らす。 もしも、これが夢ではなく現実だというのならば。 ガタッ 「!?」 そのとき、前触れ無く背後で大きな物音がした。 目の前のことばかりに気を取られていた証拠か。 気配のひとつも感知できなかった己の迂闊さを叱咤しながら、咄嗟に身に染み付いた動作でルークをかばい前へ出る。 すると振り返った先には、細い通路に膝を落として蹲るティアの姿があった。 「おいっ?!」 その姿にガイももちろん驚いたのだが、背後に庇われていたルークはもっと吃驚したのかガイの肩を押しのけるとバタバタと駆け寄っていく。 同じ高さに膝を落として、真っ青になった顔色にどう触れて良いのか判らないルークはオロオロするばかりだったけれど。 それ以上にティアはどうして良いのか判らないような顔をしていた。 そして、その脇には小柄な少女・・・アニスもまた、呆然と目を見開いて立ち尽くしている。 その表情はまるで幽霊にでもあったかのようだ。 (・・・ってことは・・・) ぞくり、と背筋を這い上がった不快感は、得体の知れない何かを確信した為のもので。 「おい、お前どうしたんだよっ」 「ルーク・・・っ」 泣きそうな細々とした声で名前を呼ばれて、戸惑うばかりのルーク。 ティアは震える手を伸ばそうとしながら、けれど壊れ物を恐れるように再び両手をぎゅうっと自分の胸元へと抱きしめた。 先ほどの自分と同じようなそれに、ガイの中で湧き上がった仮定は現実味を帯びたものとなっていく。 「ねえ、これっていつも見る悪夢の続き?」 そして、アニスの声が決定的なものとなり、ついにガイはそれを現実と認める。 「・・・っ」 不意にティアが息を呑む音がした。 ガイも感じた背後の気配に、背筋を凍りつかせる。 ざり、と甲板の砂を靴が擦る音に、ルークだけが無邪気にパッと顔を輝かせて。 「師匠!」 殺気をまとっても居ないというのに感じる威圧感は計り知れず。 震えそうになる手のひらを誤魔化すように握り締めながら、ガイはくるりと背後を振り返った。 (ヴァン・・・!) 酷く重苦しいこの眩暈は、たぶん差し込む日差しのせいではない。 end. *** 訪問者様をどれだけ裏切れば良いんでしょう、うちのサイト!(大汗) ありえない設定でお届けします。 そんなわけで次で1話目分が完了しそうです。 おそらく全体で5話構成くらい。 (ブラウザを閉じてお戻りください).

次の

闇壱:点訳方針暫定版

ウミネコ ルーク

2020. 11版 以下、迷ったときの方針です。 「こちらの方がいい」という意見をお待ちしてます。 例外あり 3)他 :読みは宿題 4)その間に:(基本的には)「そのあいだ」。 例外あり 5)開く :(基本的には)「あく」。 (淮) 2020. 15版 <変更> 3)他 :読みは宿題(変更前) (変更後):(基本的には)「たの」「ほかに」「そのた」。 (淮) 淮さん こんにちは。 変更&追加を拝見しまして、ひとつお尋ねがあります。 「たの」についてなのですが、会話中も「ほかの」にしなくていいでしょうか。 「あす・あした」「ゆうべ・さくや」は基本的には会話文か地の文かで、書き分けすることになっていますね。 「たの・ほかの」につきましても、それに倣って、会話中では「ほかの」にしたほうが自然なのではないかという気がするのですが。 「たの かたの いけんも きかせて ください」でなく、「ほかの かたの いけんも きかせて ください」のように。 「他の方」が目前にいる場合には。 ただし、こういうケースがこの作品中に出てくるかどうかは未確認で、一般論のお尋ねになりますが。 第2回分担のコメントに書きました「魚亭」の読み方と併せまして、よろしくお願いいたします。 すえつむはな.

次の