明日 あさって しあさって。 明日(あす,あした)の次は明後日(あさって)。その次は何と言うのか。

やの明後日(やな明後日)の次の日は何というのでしょうか?

明日 あさって しあさって

この作品が含まれるテーマ• おとうさんがもうすぐかえってくる! 遠くの町で仕事をしているおとうさんが「しあさって」かえってくる、とおかあさんに聞いたくまのこ。 けれども「しあさって」の意味が分かりません。 カレンダーを見ながら、おかあさんに「しあさって」の意味を教えてもらうと、「あした、あさって、しあさって」と言って、その日を楽しみに待ちわびます。 うさぎのこと遊んでいるときも、きつねのこがおとうさんと歩いてくるのに出会ったときも、友だちみんなで絵を書いている時も、くまのこの頭の中はおとうさんが帰ってくることでいっぱい。 たびたび「ぼくの おとうさんが かえってくるよ」ということばが口から出てしまいます。 けれども次の日になっても「しあさって、かえってくる」と言ってしまうくまのこに、親切なうさぎのこが1日たったから「あさって」だと教えてくれましたよ。 そのうち「あさって」は「あす」に、そしてとうとう「あす」は「きょう」になって…。 低学年ぐらいの子どもたちには、「あさって」までは分かっても「しあさって」を理解するのはなかなか難しそうですよね。 けれども分からないながらも1日1日を楽しみに待つくまのこの嬉しそうな様子には、読んでいるこちらまでワクワク嬉しくなってしまうほど。 お話を書いたのは、もりやまみやこさん。 いつもさまざまな出来事に出会う子どもたちの気持ちを丁寧にすくいあげて描かれるお話は、読んだ後、温かく幸せな気持ちにさせてくれます。 はたこうしろうさんの描くくまのこや、お友だちのこたちもとってもかわいらしくて、子どもらしさがいっぱい。 そんな子どもたちの生き生きとした姿を見ていたら、何か楽しみなことがあったときに、1日1日を数えながら待っていた子どもの頃の気持ちを思い出しました。 2015年の低学年課題図書にも選ばれているこちらの作品。 くまのこと同じぐらいの年齢の子どもたちは、いったいどんな風に読むのでしょう。 何を感じるのでしょう。 親子で、思ったこと、感じたことをあれこれ話してみたら、感想文の筆もすすみそうですね。 (秋山朋恵 絵本ナビ編集部).

次の

明日(あす,あした)の次は明後日(あさって)。その次は何と言うのか。

明日 あさって しあさって

しあさっての語源には、「し」を「過ぎし」の意味とする説や、「ひ(隔)」の転訛とする説。 「し」は「さい(再)」の意味で、「再あさって」が縮まったとする説。 「明日」の重なりであることから、「し」は「しき(重・敷)」の意味など諸説あるが未詳。 「あさっての翌日」をさす言葉は地方によって異なり、主に西日本と東京(一部近郊地域も含む)では「しあさって」で、これが共通語となっている。 東京を除く東日本では、「やのあさって」や「やなあさって」が多く用いられる。 「やのあさって(やなあさって)」の「や」は、「いや(弥・彌)」の「や」と同じで、物事がたくさん重なることや、程度がよりはなはだしいさまを表す語である。 「あさっての翌々日(しあさっての翌日)」をさす言葉は、西日本では「ごあさって」と言い、その翌日を「ろくあさって」とも言うことから、これは「しあさって」の「し」を「第四日目」と考えたものであろう。 東京では、あさっての翌々日を「やのあさって」、その他の東日本では「しあさって」と言い、順番が逆になって使われている。 ただし、これらの分類は主なもので、「しあさって」と「やのあさって」の順番は、同じ都道府県内であっても地域によって異なるところがある。 それに加えて、「さあさって」や「ささって」「しらさって」などの方言もあり、時差のない小さな島国とは思えないほど複雑である。

次の

4958「ささって」 | (ytvアナウンサー)『道浦TIME』

明日 あさって しあさって

この記事の内容の信頼性について。 確認のための文献やをご存じの方はご提示ください。 、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。 議論はを参照してください。 ( 2008年10月) 弥の明後日(やのあさって、: three days after tomorrow)とは、の次の次の 、すなわちより4日後の日である。 「やなあさって」「やねあさって」ともいい、 明々々後日(みょうみょうみょうごにち)ともいう。 また、地域により (しあさって)、 五明後日(ごあさって)ともいう。 明後日の次の次の日(今日より4日後の日)を「しあさって」という場合、「やのあさって」は明後日の次の日(今日より3日後の日)を指すこともある。 地域により意味が入れ替わる「やのあさって」と「しあさって」だが、「みょうみょうみょうごにち」といえば地域にかかわらず明後日の次の次の日(今日より4日後の日)を指すことができる。 分布状況の研究 [ ] 地域により意味が異なる。 1960年代ににおいて行われた調査によって、「やのあさって」と「しあさって」を含む、方言の東西対立の実態が明らかにされ、その成果は『日本言語地図』にまとめられた(『日本言語地図』の代表的な解説書としては編『日本の方言地図』がある。 方言地理学からの研究 [ ] の観点から、「やのあさって」系の用法についての冒頭で述べたような混乱状態について、以下のような説明がなされる。 「やのあさって」は東部方言であり、東部地域においては3日後の呼称としておおむね定着していた。 かつての西部方言の主流であった「さきあさって」「ささって」の東部進出があったもののこれを食い止めている。 「ささって」の系統の用法は現在の、とに見られるにとどまっているが、これは「やのあさって」の牙城を「ささって」が覆せなかったばかりか、新たに「しあさって」が3日後の呼称として西部地域に普及し、「ささって」が「しあさって」に駆逐され廃れてしまったためと考えられている()。 西部において「ささって」を駆逐した「しあさって」の東部進出はほとんどの地域においては「やのあさって」により食い止められ、4日後の用法として「しあさって」の呼称が残るに留まった。 しかし、東西の交通が激しかった東京中心部においては、逆に「しあさって」が「やのあさって」を駆逐し、4日後の用法に追いやる、という逆転現象が生じた。 方言国語学からの研究 [ ]• 『日本人の方言』(筑摩書房、1978年)• 監修『方言の読本』26頁、28頁(小学館、1991年)• 佐藤亮一「地域社会の共通語化」(講座方言学3『方言研究の問題』(国書刊行会、1986年)所収) 『日本言語地図』によって確認される、「しあさって系」と「やのあさって系」との勢力分布図について、言及する(149頁)。 「地域生活の変動と言語生活の変動」(講座方言学3『方言研究の問題』(国書刊行会、1986年)所収) 日本語における共通語化の傾向について、言及する。 (134頁、ただし「やのあさって」の現状についてはサンプルにないため確認できず)• 「語彙研究法」(講座方言学2『方言研究法』(国書刊行会、1984年)所収) 「日・夜」の系列を表す語の変化の一例として「ヤノアサッテ」が挙げられている(同書220頁)。 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の