まつり や お 持ち帰り。 入谷朝顔まつり(朝顔市)持ち帰り?値段は?種類は?

年に一度の『スシロー創業祭』第三弾は、『どでかネタ祭』『Wネタ祭』『てんこ盛り祭』の“三大まつり”を同時開催!今だからこそ、スシローの人気ネタをたっぷり味わって『すしで、笑おう』!|株式会社スシローグローバルホールディングスのプレスリリース

まつり や お 持ち帰り

6月は「スシロー創業祭」を開催している回転すしチェーン「スシロー」。 第一弾は「まぐろ祭」、第二弾は「三貫盛り祭」と豪華な祭りのファイナルは、「どでかネタ祭・Wネタ祭・てんこ盛り祭」を同時に行う「三大まつり」を実施している。 どでかネタ祭・Wネタ祭・てんこ盛り祭を同時開催 どでかい、ダブルな、てんこ盛りのネタが勢揃いする今回のフェア。 お腹いっぱいになること間違いなしのネタの数々をご紹介しよう。 どでかネタ祭• 左上から「ジャンボかにカマ天にぎり」「大切りサーモン」左下から「大切り中とろ」「大切り穴子」 まずは、「どでかネタ祭」。 人気ネタを中心に4つのネタが登場する。 「大切り中とろ」 150円 は、厚切りで大きな中とろをたっぷりと味わえる。 「大切りサーモン」 100円 は、いつもの1. 5倍以上のサイズで提供され、値段変わらずの100円なのでお得な一皿。 「大切り穴子」 150円 は、ふっくらと柔らかな穴子のうまみを存分に楽しめる。 「どでかネタ祭」で一番の注目は、「ジャンボかにカマ天にぎり」 100円。 過去にも販売され、根強いファンが多いというかにカマ天にぎりが、期間限定のジャンボサイズで販売される。 皿に乗り切れないほどに大きな「ジャンボかにカマ天にぎり」 100円 どのくらいのジャンボ感かは写真を見れば伝わるだろう。 皿と同じくらい、いやそれ以上の横幅がある。 サクッとした衣に、肉厚なかにカマは食べ応え満点。 最初はそのまま、途中から醤油や甘ダレをかけて味変するのもおすすめ。 Wネタ祭• 左から「ダブルジャンボほたて貝柱」「倍盛りコーン」「ダブル赤えび」 「Wネタ祭」は、二貫盛りネタがいつもよりも豪華になって提供される。 「倍盛りコーン」 100円 は、こぼれんばかりのコーンがたっぷりと盛られている。 コーンの甘みと酢飯の酸味が絶妙に合う、創業当時から愛される人気の一皿。 ボリューム感のあるサイズが目を惹く「ダブル赤えび」 100円 は、えびらしいプリプリ食感を存分に味わえる。 かなり大ぶりのほたて貝柱 ファンがかなり多いというほたてからは、「ダブルジャンボほたて貝柱」 300円 が登場。 しゃりが隠れるほどに大ぶりな貝柱は、濃厚なうまみがたまらないおいしさ。 しっかりと噛みしめながら食べたい一皿。 てんこ盛り祭• 左から「海鮮爆盛りマウンテン」「ローストビーフマウンテン」「てんこ盛りねぎまぐろ」 てんこ盛り、つまり山盛り。 普段は食べられない盛り盛りすぎるネタはぜひこの機会にチェックしておくことをおすすめする。 一口で食べるのが難しいほどにたっぷりの「てんこ盛りねぎまぐろ」 100円 は、まぐろの粒感を残しながらもねっとりとした食感で、噛むほどに広がる旨味を堪能できる。 近くに置いてあった甘ダレのボトルと高さを比較 注目すべきは2つのマウンテン。 「ローストビーフマウンテン」 300円 は、しゃりがほぼ肉で覆われた見た目も豪華な創作すし。 トッピングされたやまわさびと合わせるとさっぱり感のある味わいに。 肉肉しい食べ応え満点の一皿。 一口で食べるのは難しいほどのサイズ感 人気の海鮮ネタをこれでもかと盛った「海鮮爆盛りマウンテン」 300円 は、まぐろのたたき身、かににジャンボとろサーモンを被せ、さらにいくらをトッピングしている。 見た目はまさに山そのもの。 崩しながら豪快にぱくりと食べるのが良さそうだ。 持ち帰りセットも登場 これらの「三大まつり」のネタを集めた持ち帰りセット 1,600円 も販売される。 購入の際はスシローの公式サイトやアプリ、または電話やFAXで予約して受け取るのがおすすめ。 どでかいネタたちのセットのため、受け取った時に重さに驚くほどの重量感。 ぜひ自宅でも祭りを楽しんでほしい。 「三大まつりのお持ち帰りセット」 1,600円 匠の一皿にも新メニュー• 左から「鯵と香味野菜ピリ辛胡麻だれ」「匠の本格麻婆麺」「匠のグラタン仕立て海老にぎり」 三大まつりの他にも新メニューが続々と登場。 スシローが様々なジャンルの名店の匠と開発した「匠の一皿」からは3品が新しく販売される。 フレンチの名店「神戸北野ホテル」の山口氏が考案した「匠のグラタン仕立て海老にぎり」 150円 は、運ばれてきた瞬間のグラタンの香りが食欲をそそる新感覚の創作すし。 京都の話題店「ブランカ」の吉岡氏が考案した「鯵と香味野菜ピリ辛胡麻だれ」 150円 は、匠特製のラー油入り胡麻の風味にしゃきしゃきの香味野菜の食感と食べるごとに味わいが広がる。 席に届いた瞬間から食欲を誘う香りがたまらない 山椒がきいたしびれる辛さが楽しめる「匠の本格麻婆麺」 380円 は、香港の名店で修業をした「中国菜エスサワダ」の澤田氏が考案した。 クセになる辛さが夏らしさを感じる一杯。 かわいいデザートにも注目• 左から「メロンにメロメロパフェ」「ピスタチオのティラミス」 デザートからはメロンを使った「メロンにメロメロパフェ」 350円 と、「ピスタチオのティラミス」 180円 が販売される。 パフェはフレッシュメロンにムースやシャーベットにもメロンピューレを配合したメロン尽くし。 ティラミスは風味の良いピスタチオペーストにピスタチオの粒が入っており、食感も楽しめる。 どちらもかわいらしい色味で、爽やかなデザートだ。 今回のスシロー創業祭は気合いの入った商品が店頭に並ぶ。 持ち帰りできる商品も多く、今だけのお得なネタを味わえるチャンスとなる。 気になる商品がある人は早めにチェックしてみては。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

入谷朝顔まつり(朝顔市)持ち帰り?値段は?種類は?

まつり や お 持ち帰り

132円 税抜120円• まぐろハラミ• 本まぐろ中とろ• やりいか• 生げそ• 炙りげそ• サーモン• 焼きサーモン• トロサーモン• 赤えび• はまち• カレイ• えんがわ• こはだ• わさびなす• 権太呂玉子• まぐろユッケ• ネギトロ軍カン• 納豆軍カン• ツナ軍カン• いくら• いなり 1ケ88円 176円 税抜160円• つぶ貝• オニオンサーモン• 炙りチーズサーモン• 煮穴子• かにみそ 209円 税抜190円• まぐろ赤身• しめさば• 炙りさば• やりいかうにのせ• 北海生たこ• トロサーモンいくら• 有頭生赤えび• ほたて貝柱• まぐろハラミ韓国風• まぐろほほ肉炙り• 炙りうなぎ 275円 税抜250円• 数の子• 焼穴子• 赤貝 330円 税抜300円• 本まぐろ大とろ• あわび• 酒蒸し穴子 中巻き• ・きゅうり巻き 132円 税込 ・しんこ巻き 132円 税込 ・納豆巻き 132円 税込 ・ツナサラダ巻き 132円 税込 ・ネギトロ巻き 176円 税込 ・えびサラダ巻き 176円 税込 ・サーモンサラダ巻き 176円 税込 ・鉄火巻き 209円 税込 ・うなきゅう巻き 209円 税込 一品物 286円 税抜260円• 下足の塩焼き• たこの薄造り• いか納豆• わさびなすの小鉢• 魚のあら焚き 一品物 440円 税抜400円• あさりの酒蒸し• まぐろほほ肉ステーキ 一品物 495円 税抜450円• 鯛のかぶと煮 盛合せ• にぎり盛合せ<8種> 566円(税込) (赤だし付き 698円) まぐろ・いか・えび・たこ・玉子・サーモン・はまち・炙りうなぎ• 権太呂盛合せ<8種> 808円(税込) (赤だし付き 940円) 本まぐろ中とろ・いか・サーモン・たい・数の子・赤えび・えんがわ・炙りうなぎ• 厳選盛合せ<10種> 1,210円(税込) (赤だし付き 1,342円) 本まぐろ中とろ・やりいか・トロサーモン・煮穴子・はまち・たい・権太呂玉子・えんがわ・赤えび・数の子• まんぷくセット<11種> 748円(税込) (平日17時までの販売)(赤だし付き) まぐろハラミ・いか・生えび・たこ・えんがわ・こはだ・焼きサーモン・日替り軍カン・いなり・穴子・玉子.

次の

メニュー(関西)

まつり や お 持ち帰り

どんなお祭り? 朝顔祭りとは、入谷鬼子母神を中心に、 通り沿いに120軒の朝顔販売業者 100軒の縁日が並び、 毎年40万人もの人々が訪れるものです。 下町の夏の風物詩として、とてもよく知られています。 毎年開催日が決まっているのは覚えやすいですね! 期間中は、このお祭りの主な道路となる「 言問通り」に 朝の5時から朝顔の露店が開きはじめます。 この朝顔は、7割が江戸川区産のもので 入谷観光連盟と入谷朝顔連盟実行委員会公認のタグがつけられています。 それらをはっぴ姿の店員さんたちが、元気な掛け声とともに 威勢よく販売していくのです。 早朝から少し時間がたつと交通規制が始まり、あたりは 歩行者天国になります。 そのころから 車道側でも縁日が始まり、あたりは活気づいて いよいよ祭りの雰囲気が高まります。 朝顔を求める人、飲食を楽しむ人、おしゃべりの人・・・ で街はとても混雑します。 朝顔の種類と値段 入谷朝顔まつりで、販売される 朝顔は さすがに公認というだけあって 美しさや江戸の風情を感じられるものです。 花びらの中央から白いすじが入っている「 曜白」 まさに桔梗をほうふつとさせる「 桔梗」 朝顔のプリンスとも言われる、海老茶色の「 団十郎」 どれも、栽培した人のこだわりや愛情が感じられますよ。 人気があるのは、4色が一鉢に入ったものです。 また、どうしても花がきれいに開いているものに目が行きますが これから咲く楽しみもあるので、つぼみの数もチェックしてくださいね。 朝顔の値段は一律料金です。 小さいものが800円、 あんどん作りのものが2000円からです。 (つるが5本の支柱に巻きつけられたもの) 自分で持ち帰ることもできますが、宅配業者の方々が きちんとスタンバイしているので発送手続きもとても簡単ですよ。 おすすめの時間帯 大混雑必至の朝顔まつり。 この季節は暑さも本番ですよね。 こういうときのお出かけは 一般的には夕方からがおすすめです。 しかし、 この祭りの主役は朝顔。 夕方は花が閉じてしまい どうしてもうなだれているように見えて楽しみも半減です。 元気な朝顔をみたいなら、ここは早朝にがんばっていきましょう。 朝露と朝顔もまた美しいものです。 いずれにしても、 暑さ対策、熱中症予防も忘れないでくださいね! 入谷の鬼子母神 さて、朝顔まつりの中心存在とも言われる、入谷の鬼子母神。 「おそれいりやのきしもじん・・」という節は 聞いたことある人が多いでしょう。 神と言いますが、 真源寺。 お寺です。 祭りの期間にお参りすると、朝顔の造花があしらわれた 子育てのお守りが買えるそうです。 また、 朝顔飾りの髪飾りなど、この日ならではのものも売っているので ぜひ見てくださいね。 鬼子母神とは、インド仏教でいうところの女神です。 子供をさらっては食う悪神でしたが 見かねた釈尊がいましめに鬼子母神の子供を隠したところ 鬼子母神は狂ったように探し続け、ようやく子を奪われた悲しみに気づきます。 そこから善神へ転身し、 子育てや安産の神様となりました。 鬼子母神の「鬼」の字は、角のない鬼を使っています。 節分でも鬼はそととは言わず「悪魔は外」と言うそうです。 下町の人々が愛情込めてつくった朝顔と、子育ての神様がいる鬼子母神。 混雑はわかっていても、訪れたらきっと優しい気持ちになれそうですね! ぜひ今年は行ってみましょう! 人気記事• - 27,772 views• - 16,964 views• - 12,544 views• - 11,148 views• - 11,017 views• - 9,713 views• - 9,358 views• - 7,892 views• - 7,140 views• - 7,094 views• - 6,995 views• - 6,583 views• - 6,543 views• - 6,308 views• - 6,273 views• - 5,978 views• - 5,884 views• - 5,842 views• - 5,819 views• - 5,716 views Views• - 1,775 views• - 1,805 views• - 1,884 views• - 2,040 views• - 2,041 views• - 2,048 views• - 2,055 views• - 2,058 views• - 2,062 views• - 2,079 views• - 2,094 views• - 2,097 views• - 2,105 views• - 2,107 views• - 2,109 views• - 2,110 views• - 2,111 views• - 2,113 views• - 2,116 views• - 2,120 views.

次の