警視庁。 新型コロナウイルス感染症を理由とする免許手続(延長・失効) 警視庁

10万円給付金に関する詐欺メールに注意 タイトルは「お客様の所在確認」 警視庁などが注意喚起

警視庁

車に挑発的な文字 「首都高はサーキット」と話す男を逮捕 6月17日、千葉県市川市の国道で1台の車が中央分離帯などに衝突し炎上する事故が発生。 24日、無免許運転や当て逃げの疑いで警察に逮捕された、並木優弥容疑者(20)。 並木容疑者: 首都高はサーキットだ。 公道にはサーキットにはない楽しさがある。 並木容疑者は6月9日、制限速度80キロの首都高を時速160キロで走行した疑いで逮捕され、その後釈放されていた。 免許を取り消されていた並木容疑者だが、17日未明に市川市の国道で無免許の状態で車を運転。 事故を起こし、その場から逃走していたという。 この事故で炎上したのは並木容疑者の車とみられ、押収された車は原形をとどめないほどに大破していたが、フロントガラスには 「かかってこいよ警視庁」と、警察を挑発するような文字が入っていた。 警察は車内に残されていた財布やキャッシュカードなどから並木容疑者を特定し逮捕。 並木容疑者は現場から逃走した理由について「また事故を起こしてしまったから」と話しており、「無免許で事故を起こし逃げたのは間違いない」と容疑を認めているという。 (「Live News it! 」6月26日放送分より).

次の

警視庁・捜査一課長2020 あらすじ 第9話とキャスト

警視庁

おもしろい! 文字の細かさ、十分すぎるくらいの描写、そこはぐっと我慢で読む! 1~3までシリーズで読んだが一番おもしろかった。 1、2にはなかった勢い。 中盤から一気に読み上げてしまった。 ページをめくらずにはいられなかった。 リアルな社会勉強がスローペースで出来るかと思いきや…読み終わった後味の良さ、爽快感が心のほとんどを占めた。 警察小説を超えたヒューマンドラマ…などと、思いがけず感じた。 多種多様、十人十色あれど、家族や組織の繋がり、人生かけて打ち込める何かの共有、そこから生まれる喜びや理解。 物語の主軸となる島崎一家には目一杯引き込まれた。 主人公やおなじみの登場人物の出番が少ない分、島崎一家がごっそりもっていく。 そして納得の結末。 考え方や身のこなしなど、古い時代の気質を持つ40代後半の刑事 島崎パパ が家族と向き合う事で、いびつな固定観念が削ぎ落とされて丸みをおび、また一歩、新たな境地へ踏み出そうとする姿に、茶柱の立ったお茶を差し上げたい。 せっかくならシリーズで読んでみて欲しい。 見慣れた登場人物がしっかり出てきてくれる安心感と、回を追うごとにだんだんとしっくりくるようになる。 私はこの作品で全員バチッと見事にはまった。 この作品では主人公たちの出番は少ないが心配無用。 レギュラーの特権を生かして一番良いところで躍動してくれる。 始めて主人公に共感出来た。 同じところで、私も感動した。 本当におもしろかった。 次のシリーズも読んでみようと思う。

次の

警視庁・捜査一課長2020 あらすじ 第9話とキャスト

警視庁

指定できる場所• 優良運転者講習の方 試験場(府中、鮫洲、江東)、免許センター(神田のみ)、指定警察署(田園調布、世田谷、成城、板橋、石神井、下谷、竹の塚、本所、立川、青梅、高尾、町田警察署)• 一般運転者講習の方 試験場(府中、鮫洲、江東)、免許センター(神田のみ)• 初回更新者、違反運転者講習の方 試験場(府中、鮫洲、江東)• 高齢者講習該当の方 試験場(府中、鮫洲、江東)、免許センター(神田のみ)、指定警察署(田園調布、世田谷、成城、板橋、石神井、下谷、竹の塚、本所、立川、青梅、高尾、町田警察署)• 更新期間(誕生日の前後1ヶ月の間)以外の方 試験場(府中、鮫洲、江東) (注記)• 講習区分は、更新連絡はがきに記載されています。 はがきは、誕生日の約40日前に発送しています。 はがきを失くしてしまった方や受取れなかった方は、窓口でご確認ください。 高齢者講習該当の方は、更新期間(誕生日の前後1か月の間)以外でも試験場、神田免許センター、指定警察署の中から指定することができます。 更新場所を指定後の変更はできません。

次の