ワタリ 119 大 食い。 東野幸治も夢中!ワタリ119『ドッキリGP』でのリアクションが「想像以上!」「新しいスター誕生」と話題に

ギャル曽根“大食い対決”でズル!? まさかの行為に「食欲なくす!」(2019年9月17日)|BIGLOBEニュース

ワタリ 119 大 食い

(画像はのスクリーンショット 右からワタリ119、ハナコ・岡部大)26日(日本テレビ系)で、大食いタレントとして活躍するが大食いに自信のある芸能人らとチャレンジグルメに挑戦する人気企画『ギャル曽根VSチャレンジグルメ』を放送。 ギャル曽根が若手芸人に「まさかの敗北」を喫し、大きな反響が起きている。 数々のチャレンジグルメでギャル曽根と接戦を繰り広げてきた。 とはいえ、4kg前後の大食いチャレンジグルメを完食は出来ても、ギャル曽根が先に食べ終えることが常。 これまではギャル曽根が頭ひとつ抜けた状態といえる。 そんななか26日放送回ではこれまで同企画に3度出演し、ギャル曽根に肉薄してきた若手芸人のキラキラ関係・ワタリ119が4度目の出演、快挙を成し遂げた。 4kgのチーズフォンデュを… 岡部とともに「大食い修行」をしてきたと気合十分のワタリ。 ギャル曽根も「ライバル視してる」とワタリの成長に危機感を覚えていた。 この日のチャレンジメニューは1kgのフライドチキンや食パン1斤を並べ、そこに1kgのチーズを流し込んだ「食パンまるごと! メガチーズフォンデュ」。 約10人前、総重量は4. 4kgで9,287キロカロリーという大食いメニューだ。 チキンを中心に食べ進めるギャル曽根、チーズ好きというワタリはチーズから攻めていく。 序盤はほぼ互角のスピードだったが、残していたパンとチーズが固くなり、食べづらくなったギャル曽根はスピードダウン。 ワタリは最後までスピードを落とさず、制限時間40分のところ38分27秒で先に完食した。 ワタリは「岡部さんのおかげ」と喜びをあらわに。 ギャル曽根は「毎回やる度に早くなっている」とワタリの大食いセンスを絶賛したものの、有吉弘行から「時代が変わってきた」と指摘されると「変わってない」と必死に否定した。 視聴者からも若手芸人の偉業に称賛の声が殺到している。 今日の有吉ゼミの大食い企画、ついにワタリがギャル曽根に勝っちゃってやばかったな!大食い企画ってやっぱ面白い!ギャル曽根がバラエティに出るようになって誰かに負けるの初めて見たかも。 ワクワクするわぁ。

次の

R

ワタリ 119 大 食い

(画像はのスクリーンショット 右からワタリ119、ハナコ・岡部大)26日(日本テレビ系)で、大食いタレントとして活躍するが大食いに自信のある芸能人らとチャレンジグルメに挑戦する人気企画『ギャル曽根VSチャレンジグルメ』を放送。 ギャル曽根が若手芸人に「まさかの敗北」を喫し、大きな反響が起きている。 数々のチャレンジグルメでギャル曽根と接戦を繰り広げてきた。 とはいえ、4kg前後の大食いチャレンジグルメを完食は出来ても、ギャル曽根が先に食べ終えることが常。 これまではギャル曽根が頭ひとつ抜けた状態といえる。 そんななか26日放送回ではこれまで同企画に3度出演し、ギャル曽根に肉薄してきた若手芸人のキラキラ関係・ワタリ119が4度目の出演、快挙を成し遂げた。 4kgのチーズフォンデュを… 岡部とともに「大食い修行」をしてきたと気合十分のワタリ。 ギャル曽根も「ライバル視してる」とワタリの成長に危機感を覚えていた。 この日のチャレンジメニューは1kgのフライドチキンや食パン1斤を並べ、そこに1kgのチーズを流し込んだ「食パンまるごと! メガチーズフォンデュ」。 約10人前、総重量は4. 4kgで9,287キロカロリーという大食いメニューだ。 チキンを中心に食べ進めるギャル曽根、チーズ好きというワタリはチーズから攻めていく。 序盤はほぼ互角のスピードだったが、残していたパンとチーズが固くなり、食べづらくなったギャル曽根はスピードダウン。 ワタリは最後までスピードを落とさず、制限時間40分のところ38分27秒で先に完食した。 ワタリは「岡部さんのおかげ」と喜びをあらわに。 ギャル曽根は「毎回やる度に早くなっている」とワタリの大食いセンスを絶賛したものの、有吉弘行から「時代が変わってきた」と指摘されると「変わってない」と必死に否定した。 視聴者からも若手芸人の偉業に称賛の声が殺到している。 今日の有吉ゼミの大食い企画、ついにワタリがギャル曽根に勝っちゃってやばかったな!大食い企画ってやっぱ面白い!ギャル曽根がバラエティに出るようになって誰かに負けるの初めて見たかも。 ワクワクするわぁ。

次の

ギャル曽根“大食い対決”でズル!? まさかの行為に「食欲なくす!」 (2019年9月17日)

ワタリ 119 大 食い

3月8日に生放送された「R-1ぐらんぷり2020」(フジテレビ系)にて、マヂカルラブリーの野田クリスタルが優勝を果たした。 ファイナルステージでは野田とすゑひろがりず南條庄助、そしてピン芸人・大谷健太の三者が激突したが、この組み合わせに視聴者からは大ブーイングがあがっていたというのだ。 「大谷は激戦区と言われたCブロックを勝ち上がってファイナルステージに進出。 しかしCブロックで最も視聴者投票を獲得していたのは『キラキラ関係』のワタリ119であり、そのワタリに驚くほど審査員票が入らなかったのです。 視聴者からは《吉本びいきの八百長だ!》《こんなの出来レースじゃん》との批判が続出。 そもそもファイナルステージ進出者が3人とも吉本芸人でしたし、いくら『R-1ぐらんぷり』が吉本の主催とはいえ、偏りすぎとの批判は免れないでしょう」(芸能ライター) Cブロックの視聴者投票ではワタリが最多得票を得て6ポイントをゲット。 対する大谷は2位で4ポイントをゲットしていた。 この2ポイント差が審査員票であっさりとひっくり返ったのである。 「何よりあからさまだったのは、ワタリに票を入れたのが6人の審査員で関根勤ただ一人だったこと。 大谷には桂文枝、久本雅美、陣内智則、友近、そして勝俣州和らがまんべんなく票を投じ、逆転勝ちを手助けしました。 今回の審査員は文枝、陣内、友近の3人が吉本所属で、久本は大阪出身。 大阪組審査員と関根勤の票が投じられた時点でワタリと大谷は9ポイントずつで並んでいた。 しかし、最後の勝俣がワタリに票を入れなかったことで、大谷が勝利したのである。 「勝俣は仙台生まれの御殿場育ち、そして萩本欽一に見いだされたという東京組のはず。 なのに吉本芸人だけに票を入れるとは、ワタリを応援していた視聴者も怒り心頭だったに違いありません」(前出・芸能ライター) しかし吉本所属ではない勝俣がなぜ、視聴者から〈つまらなさすぎて腹が立った〉とも酷評されていた大谷に票を投じたのだろうか? 「もちろん、純粋におもしろいと思っていたんでしょうけれども、勝俣は和田アキ子やダウンタウンに可愛がられているほか、ウッチャンナンチャンやとんねるずといった東京芸人とも仲良くできるという稀有な人物。 その絶妙なバランス感覚が、もしかすると、今回は主催者の吉本を立てる方向に働いた面もあるのかもしれません。 審査員の半数が吉本所属という時点ですでに、吉本芸人の優勝は鉄板という空気ができていたんじゃないでしょうか」(前出・芸能ライター) 視聴者からは「ワタリの二本目を見たかった」との声も続出した今年のR-1ぐらんぷり。 はたしてCブロックの結果が順当だったのかどうかは、今後のワタリと大谷の活躍ぶりで示されることだろう。 (金田麻有).

次の