トイレ マット 洗い 方。 トイレマットの洗い方は?洗濯機ではネットに入れて洗ったほうがいい?

トイレマットは別に洗ったほうがいいですか

トイレ マット 洗い 方

トイレマットは絶対必要!特に男性・小さな子供・ご高齢の方がいるご家庭は要注意 以前の私のように、トイレにはマットを敷いていないという方も多いかもしれません。 しかしマットはできればあった方が良いです。 特に水や尿の飛び散る可能性がある家は要注意。 水は貯水タンクの上に手洗い用の蛇口が出ている場合や、トイレ掃除の際に起こりやすいです。 尿は男性やトイレトレーニング中の小さなお子さん、あるいはサポートが必要な高齢者の方ですね。 また該当しない方であっても、トイレのふたをせずに水を流してしまった時、衝撃で飛び跳ねることだってあります。 逐一トイレットペーパーなどで拭き取るのは手間ですが、かと言って放っておけば床にシミや汚れとしてこびりつき、掃除が大変に。 手間を省く意味でも、トイレマットを検討してみましょう。 トイレマットの種類は大きく分けて2つ トイレマットは形状が大きく分けて2パターン存在します。 トイレの淵(床部分)にそって丸くカーブしている商品と、そうでない商品です。 トイレの曲線に沿っていれば飛び散りのリスクは低くなる まずトイレの形に沿っているタイプは、言い換えれば床が剥き出しになる箇所が減るため、上で挙げた飛び散りをより受け止めやすくなっています。 商品によっては、耳と呼ばれる婉曲部分の先がトイレの後ろまで続く長めの形も存在。 貯水槽上の蛇口から出る水の飛び散りを重視するならおすすめです。 ただカーブの形はトイレマットによって決まっているため、予め自宅のトイレの形を確認しないと、フィットしませんのでご注意を。 子供のトイレ訓練ならニャンコマットもあり? 一方耳なしのトイレマットは、四角や丸、あるいは動物やキャラクターの顔をデザインした商品まで様々です。 機能面では耳有りのマットに劣りますが、トイレに慣れていないお子さんが馴染みやすくなるというメリットも。 猫など動物のマットであれば、文字通り耳部分が突き出ているので、僅かながら飛び跳ねのカバーにもなります。 またトイレ入り口付近のカバーを重視するなら、丸よりは四角い形状にして、済までピッタリマットを敷き詰めてしまうのもおすすめです。 その場合も予めサイズ、特にトイレの横幅を計測しておき、ちょうど良い大きさのマットを選びましょう。 トイレマット選びの落とし穴!トイレのドアの開き方を確認しましょう トイレマットを使う際は、サイズや形状に加えて、ドアの開閉にも気をつけましょう。 特に内開きの場合、ドアと床との隙間が狭いと、マットが引っかかってズレてしまいます。 中に入ってドアを閉めた時に戻せば良いとはいえ、また出るときに乱れてしまうのは嫌ですよね。 来客時など、利用者に不快な思いをさせかねません。 もしトイレが内開きの場合は、マットは引っかからない程度の薄さが必要です。 毛足が長いタイプなど、厚みのある方が水分の吸収力は高いのですが、今回はまず引っかからないことを重視して選んでください。 吸収力が気になる場合は、薄い中でもしっかり吸水などアピールしている商品を優先するのもあり。 また薄い大きなマットを1枚と、ドアの引っかからない場所に、小さめのマットを重ねても良いですよ。 トイレマット選びのポイントは・滑り止め付き・抗菌・抗臭の3つ トイレマット全体に関するポイントを確認したら、より良い商品選びのために、以下の3点も押さえておきましょう。 飛び散りを吸収するからこそ滑り止めは大事! まずは滑り止め。 床の上に乗っているだけのトイレマットは、扉の開き方とは関係なくそれだけでズレやすいもの。 しかしズレっぱなしになってしまえば、肝心の飛び散りをカバーすることができません。 いざという時にしっかり床を汚れから守ってくれるように、滑り止め付きのマットで対処しましょう。 洗濯をサボっても安心!抗菌機能付きのマット 2つ目は抗菌。 トイレマットは頻繁に洗濯をする人も少ないと思います。 しかし洗わないということは、その分雑菌が溜まりやすいということ。 水や尿の飛び散りに関係なく、トイレという衛生面をキープしにくい場所にある時点でケアが必要です。 除菌・抗菌スプレーを使うのもありですが、トイレマット自体にも抗菌効果が備わっていれば、より安心。 雑菌が増えにくいです。 もちろんスプレーなど、ほかのアイテムとの両用もおすすめ。 既にある雑菌をやっつけることはできませんから、特に除菌系のアイテムは用意しておくとよいでしょう。 抗臭効果付きで芳香剤不要に 最後は抗臭効果です。 トイレといえば、使っていない時でも臭いが気になりますよね。 使っていない時に臭うのは、マットなどに汚れや雑菌がついているからです。 抗菌効果同様、洗濯すれば済む話ではありますが、やはり毎日のように行うのは難しいもの。 そこでマット自体に臭わせない機能を付けて対策します。 こちらも既にある臭いのケアは難しいですが、今後のトイレ臭さを抑えることが可能。 マット自体に香りはないため、芳香剤の強い香りが苦手という人にもおすすめです。 トイレマットの洗濯頻度は? トイレマットの洗濯ペースは、おおよそ週に1回、あるいは2週間に1回としている家庭が多いです。 私の場合は洗濯自体を週に1回まとめて行っているので、トイレマットなど衣類以外のものは2週間に1回から月に1度程度のペースで洗っています。 しかしトイレマットをそれだけの期間洗わなくても良いという話ではなく、あくまでより短いペースで洗う余裕がない人がほとんと。 実際は2日から3日の間に1回洗ったほうが良いです。 できるなら毎日行ってもデメリットにはならないので、可能なら頻繁に洗ってあげましょう。 トイレマットを綺麗にするのに必要なもの&洗い方 トイレマットは手洗いでも洗濯機でも、好きな方法で洗うことができます(念のため洗濯表示は確認)。 手間を考えると洗濯機ですが、トイレマットはそのまま入れると、ほかの衣類に雑菌がつかないか気になりますよね。 かと言って布団でもあるまいし、トイレマット1枚だけで洗濯機を回すのも光熱費がもったいないです。 洗濯機に入れる前にマットの掃除をする ゆえに対策として、まず洗濯機に入れる前にある程度の汚れを落とすことをおすすめします。 カーペットに使うコロコロなどで落とせる汚れは落としてから洗濯機へ。 トイレマットは特別繊細なアイテムでもないので、洗濯方法や洗剤に指定はありません。 時間がなくてもできる夜のつけおき どうしても気になるなら、つけおきによる手洗いもおすすめです。 夜にトイレマットを風呂桶やバケツなどに入れて洗剤と水に浸し、朝になったら絞って干すだけ。 忙しい平日でも行いやすいです。 絞るのを洗濯機の脱水機能に任せるのもありです。 つけおきによってある程度汚れや菌が落ちていますから、脱水を衣類と一緒に行っても安心できます。 毛足が長めで、洗いたては踏んだ感触があるため、それがない=洗い時かもというサインになるのが気に入ってます。 もちろん可能ならその都度洗っていますが。 カキウチブランドではほかにも様々なデザインのトイレマットが存在。 いずれも私が使っているような耳付き、足付きタイプなので、トイレの形に合わせて選べば、隙間なくカバーできます。 トイレマットのおすすめランキングTOP6 これからトイレマットを購入するなら、以下の商品からチェックしてみるのもおすすめ。 人気と言われる商品の中から、さらに上記のポイントや私の印象などを踏まえて、ランキング形式で並べました。 第6位 山崎産業 アクアフィール フラワー トイレ足元マット 2位は洗濯不可のトイレマットです。 塩化ビニル樹脂とアクリル樹脂でできており、汚れ等は拭いてケア。 フローリングワイパーなどを使うこともでき、お手入れは普段の床掃除と一緒に行えます。 掃除機でも吸い取られにくい滑り止め効果と、消臭、抗菌効果が特徴。 布製のマットと違って吸水効果はありませんが、マットそのものが汚れにくいメリットとも言えます。 マットは清潔にしておきたいけど、洗濯機に入れるのはなんだか不衛生だし、手で触るのも汚くて嫌、そんな方におすすめです。 婉曲部分は切り込みが入っているので、トイレ本体に密着させて使うことができ、隙間から汚れなどが漏れてしまうリスクも回避してくれます。 第1位 サンコー ズレないおくだけ吸着バリアフリーおくながトイレマット 1位は2位の耳が長くなったバージョンです。 こちらは表面がウッドタイプではないので、洗濯機でのメンテナンスが可能。 撥水加工が施されているため、2位同様その場での拭き取りもできてしまうという良いところづくしです。 長くなってもズレにくさは変わらず、乾いた汚れであれば掃除機を走らせてもマットがゆがんでしまうことはありません。 厚みは3mmほどですから、内開きのトイレでも使えます。 もし耳部分が長いようなら、トイレの長さに合わせてカットしてもOK。 2位と同じく婉曲部分は切り込みによってトイレの根元にくっつけることができますから、隙間を作らず汚れを床にこぼしません。 トイレマットの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、トイレマットの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 トイレマットで清潔に過ごそう トイレマットを使わないことで、掃除が便利という見方もありますが、そもそも掃除をするのが苦痛なら、マットでしっかりカバーすることをおすすめします。 その分マットは汚れますが、洗濯も手軽にできるため、雑巾でごしごしと床の汚れを落とすよりは楽ちん。 見た目も可愛いデザインのマットは多いですから、リラックして用足しができるトイレ空間を作るのにも良いですよ。

次の

トイレマットの洗濯・洗い方|洗濯機や手洗いは?洗う頻度&干し方も

トイレ マット 洗い 方

トイレの床に敷いているトイレマット、どのように洗っていますか。 気にせず他のものと一緒に洗濯機で洗う人、トイレマットやバスマットなどマット類だけ別にして洗う人、そもそも洗濯機は使わず手洗いする人など、洗い方は家庭によって実に様々です。 また、洗濯機派の人の中には、あまり気にしないようにしてたけど実は汚れが他の衣類に移りそうで心配…という人も多いかもしれませんね。 今回は画期的なトイレマットの洗い方をご紹介します。 これまで洗濯機派だった人も手洗い派だった人も、ぜひ一度チェックしてみて下さい。 トイレマット洗濯の救世主は100円ショップの衣類圧縮袋 まず用意するのは、100円ショップでも売っている大型の衣類圧縮袋です。 あとは通常の洗濯用洗剤、もしあれば空のペットボトル容器(どのようなサイズでも構いません)を用意します。 手順1 圧縮袋にぬるま湯と洗剤を入れる 最初に圧縮袋にお湯を入れます。 お風呂よりも少しぬるい位の温度が、汚れを浮かすには最適です。 実際にお風呂の残り湯を使用しても構いません。 このとき、使用する洗剤に適した水の量を量るために、ペットボトルを使ってお湯を移すと便利です。 お湯に続いて洗剤を入れ、圧縮袋のジッパーを閉じてから、お湯と洗剤が混ざるように軽く振っておきます。 手順2 トイレマットの表が外にくるように畳んで圧縮袋に入れる お湯と洗剤をセットできたら、いよいよ圧縮袋にトイレマットを入れます。 このとき、汚れがついた表の部分が外側になるように畳み、特に汚れのひどい部分は袋の中にブラシを入れてこすります。 目立つ汚れが特になければ、そのまま圧縮袋の中の空気を抜きながらジッパーを閉じます。 手順3 およそ10分間つけ置きする 圧縮袋の口を閉じたら、10分間のつけ置きをします。 この間、外から圧縮袋をよく揉みます。 袋の中の空気が完全に抜けていて、踏んでも袋が破けなさそうであれば、足で踏むのが一番効果的です。 お子さんがいらっしゃる方は、ここでお子さんにお手伝いしてもらうのも良いですね。 万が一袋の口が開いてしまっても大丈夫なように、この手順はお風呂場で実践して下さい。 手順4 中の洗剤液を捨て、綺麗な水で数回すすぐ 10分経ったらジッパーの口を少し開け、そこから中の洗剤液を捨てます。 そして新しく綺麗な水を注ぎ、ジャバジャバと振ってすすぎます。 それを2回ほど繰り返し、最後は脱水です。 袋の下からくるくる丸めるようにしていくと、より上手に水気を絞ることができますよ。 脱水後は他の洗濯物と同様に、天気の良い日に干して乾かしましょう。 洗濯機派の人はクエン酸でつけ置きがお薦め! 衣類圧縮袋を使った洗い方も良いけど、やっぱり洗濯機で洗いたい!という人は、洗濯機に入れる前にトイレマットをクエン酸入りの水に2時間ほどつけておくのがお薦めです。 そこで一旦除菌ができる為、他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗っても安心です。 つけ置きしたトイレマットは、洗濯機に入れる前にしっかりクエン酸を洗い流しておきましょう。 クエン酸成分が残っていると、汚れが思ったように取れないことがあるので要注意です。

次の

トイレマットは別に洗ったほうがいいですか

トイレ マット 洗い 方

洗濯機で脱水します。 脱水のみは、洗濯機で行ってもいいと思います。 先程も少しお話したように、洗濯できないことはありません。 衛生上のことを考えると手洗いの方がおすすめ、というだけです! 正直めんどくさいですもんね 笑 汚れた状態でがまんしているより、綺麗な状態でスッキリ使いたいものです。 洗濯機ならやってみようかな? という方はどんどん使っていきましょう! 今回はそんな情報もお教えします。 トイレマットを洗濯機でお掃除する方法 よく聞こえて来るのは 不衛生や 汚いというワード。 やはりみなさん、気になるのはそこですよね。 安心してください、対策方法はいくつかあります。 ならば、汚れた洗濯機を綺麗にしてしまいましょう! 実際に洗濯した後、洗濯機クリーナーで問題を解決している主婦の方は多いようです。 ・下洗い 気になる汚れを、先に軽く洗っておくという方法です。 上で紹介している方法ほど、綺麗にする必要はありません。 水や洗剤を軽く使って下洗いをしてあげましょう。 また、オプションでいろいろと追加できるメリットもあります。 利用したことがないという方は、一度使ってみることをおすすめします! トイレマットを洗濯機で洗うのは本当に不衛生なの? そもそもの話、トイレマットを洗濯機で洗うのは 不衛生なのでしょうか? 実は、私たちの下着の方が雑菌が多く、不衛生だと言われています。 ですので、衛生面で不安を感じることは無いのです。 しかし、気持ち悪いと感じてしまう方がいるのも事実。 こればかりは仕方がありません! そこで何かの参考になればと思い、洗濯している主婦の方の声を集めてみました。 ・洗わない方が不衛生に感じる ・洗濯機は汚れたものを洗濯するもの ・毎日洗っているので汚くは感じない ・下着が洗えるのだから、トイレマットも一緒でしょ このように、様々な考え方があるようです。 確かに不衛生や汚いという意見もありましたが、半々のように感じました。 みなさんも友人や周りの方の意見を聞いてみると、案外参考になるかも知れませんね! そもそもトイレマットは敷いた方が良いの? トイレマットの洗濯の手順を述べてきましたが、「そもそもトイレマットは敷いた方が良いの?」という疑問が湧いてきませんか? 基本に立ち返って、トイレマットを敷くメリットとデメリットを考えてみました。 メリット デメリット ・飛び散った尿を吸収。 ・ホコリ汚れが目立たない。 ・毎回同じ場所に立って、床がはがれたりへこんだりするのを防ぐ。 ・スリッパなしでも使える。 ・見栄えが良い。 ・トイレマットを頻繁に洗濯しなくてはならなくなる。 ・湿気があるままにしておくと、カビやダニが発生する。 ・家族に水虫の人がいるとうつる。 ・尿の飛沫汚れに気づきにくい。 ・毎日の洗濯がしにくい。 このようなデメリットを考えると、「普段から立って尿をしない」「トイレは換気できるようにしておく」というのが重要ですね。 まとめ 多くの家庭で、トイレマットを敷くことは、もはや常識になっていたのではないでしょうか。 トイレマットを敷くことにもデメリットがあるとは、あまり考えてみたことがなかったと思います。 何も「トイレマットを敷くな」と言っているのではありません。 トイレマットにはメリットもたくさん存在します。 デメリットを考慮した上で快適なトイレ空間を保ってくださいね。 トイレマットを洗う際は、キッチンマットや玄関マットなど、他のマットと合わせて洗うと便利ですよ。 洗濯する頻度としては、 「2週間に1回」のペースで、ぜひ試してみてください!キッチンマットの洗濯方法に関しては、を参照ください! もし、洗濯が面倒だと感じられる方、トイレマットをそもそも自分で洗濯したくない方!そういった方には、プロに依頼することをオススメします。

次の