ペンタトニック ス 脱退 理由。 ペンタトニックスのアヴィ・カプランが脱退を表明

iFLYER: Pentatonix(ペンタトニックス)、「ホーム=家」にまつわる13もの楽曲をマッシュアップした “究極のおうち賛歌” とそのMVを公開!最新ヒット曲カバー満載のEP『アット・ホーム』本日発売!

ペンタトニック ス 脱退 理由

この五人が初期メンバーなのですが、パズドラCMで言うところの赤の人、 アヴィ・カプランは2017年に家族との時間を大切にしたいとの理由で脱退し、今はマット・サリーが代わりに加入して活動しています。 ペンタトニックスと言えばあのヒゲの人! というほどクセも良い具合にあったアヴィの脱退は世界中に衝撃を与えました。 僕もなんとなく、ベース担当でモゾモゾ低音出してるヒゲおじさんこそペンタトニックス、というイメージがあったのでショックを受けた一人。 ただ超多忙で日本にも度頻繁に来てくれてますし、グラミーも度々受賞しておりそりゃもう家族との時間も思うように取れなかったのでしょう。 止むを得ず、といったところでしょうか。 ざっとパズドラ動画参考にメンバーを紹介すると、 紫の 金髪背の高いお兄さんが、リーダー的存在のスコット・ホーイング。 リードボーカルです。 次に 紅一点、カースティン・マルドナード。 スペイン系やフランス系の血も入っているようで、複雑なエキゾチックな雰囲気が最高。 次は 背が低めで声がめちゃくちゃ高い、ミッチ・グラッシ。 僕は未だに頻繁に歌ってるのがミッチかカースティンかわからなくなります。 それほど高音を平然と出します。 そして ビートボックス担当、見た目も完全にビートボックスでありがたいケヴィン・オルソラ。 実はめちゃくちゃ多才。 チェロも弾ける。 中国語も喋れる。 絶対音感持ち。 スキル習得し過ぎ。 そして、ひげベースことアヴィの代わりに 2017年から加入したのがマット・サリー。 超努力家でペンタトニックスの曲も超速でマスターしたとか。 ピアノもドラムも弾けちゃう! さてそんなペンタトニックス。 僕は、ダフトパンクが昔から大好きでした。 そのメドレーをペンタトニックスがやったんですね、2013年に。 それがもうとんでもない衝撃でした。 ダフトパンクと言えばもうエレクトロ全開ですし、初期なんかついていけないレベルでマニアックな感じですし、そもそもダフトパンクという二人組自体がサイボーグだかなんかなので(設定上)。 それをアカペラでやるっていうチョイスがイカレテルと思いましたし、その動画を実際に観て更に イカレテルしエレキテルだなと思いました。 というわけで今回は、 ペンタトニックスがいかに凄いかがわかる最低限聴いておけばよりペンタトニックスにハマれる原曲との聴き比べ記事。 そして、僕が最も感動したのが、ペンタトニックスのダフトパンクメドレー動画での2分30秒あたりから始まる『Harder, Better, Faster, Stronger』の部分。 僕その曲が大好きでして、昔ギターでなんとか途中の複雑な電子音部分を再現できないかどうか挑戦したりもしたことがあるほど。 それをアカペラでキレイにまとめやがったのです、ペンタトニックスは。 初めて聞いた時、一人で拍手喝采でした。 ぜひ、ダフトパンクの原曲の 『Harder, Better, Faster, Stronger』 も聞いてみて下さい。 凄くかっこいいです。 ただし、邦題が『仕事は終わらない』なのだけがちょっと嫌(笑 MVも松本零士さんのアニメになっているのでそこも楽しめるのが嬉しいところ。 日本大好き感溢れる『Pretender』 ある日ラジオから、 誰だかわからないけれど素敵な感じでアレンジされた通称ヒゲダンことOfficial髭男dismの『Pretender』が流れてきました。 おお、なんか素敵な感じでいいじゃん。 と聞き流していた僕。 まさかそれを歌っているのがペンタトニックスだなんて知りもせずに。 そして曲の後に、「ペンタトニックスで、 Pretender でした」と曲紹介。 耳を疑いましたね。 いやいや、日本語で歌ってましたけど? 聞き間違いだよね? と。 背の低めの両耳ピアスの人)。 パフュームメドレーなんかもやってましたが、ここまで日本語クオリティ上げて髭カヴァーとは予想のナナメ上を行きました。 そもそも Official髭男dism の 『Pretender』 がスルメ系超名曲。 聴けば聴くほど好きになっていく曲。 それを見抜いてなのか、あえてチョイスしたセンスも流石のペンタトニックス。 まずは Official髭男dismのオリジナル曲からどうぞ。

次の

ペンタトニックス、カヴァー満載のコロナ禍で制作したEP『アット・ホーム』をリリース(Billboard JAPAN)

ペンタトニック ス 脱退 理由

ペンタトニックスが、コロナ禍の中でレコーディング、プロデュース、全てが遠隔で行われたデジタルEP『アット・ホーム』を発売し、収録曲「ホーム」のMVを公開した。 本作ではザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」、ビリー・アイリッシュ「ホエン・ザ・パーティーズ・オーヴァー」、デュア・リパ「ブレイク・マイ・ハート」、クリーン・バンディット「ケルン feat. ニッキー・シスリン・アンド・ジェイボン 」、クランベリーズ「ドリームス」といった大ヒット曲たちをカバーしており、ペンタトニックスの「声」によって収録された全6曲は、美しく、時には切なく、新たな魅力を放っている。 「ステイ・アット・ホーム!」と現在のコロナ禍とマッチする印象的な歌詞で始まる「ホーム」のMVではメンバーそれぞれが遠隔で撮影に臨み、13もの楽曲をマッシュアップしながら流れるように歌い、繋げている。 ペンタトニックスの息のあった美しいハーモニーはまったく距離を感じさせず、EPのタイトル『アット・ホーム』にぴったりだ。 メンバーのスコットは「バンドメンバーやプロデューサーと一度も同じ部屋にいることなく、EPの音楽とビデオをアレンジしてレコーディングするというのは、非常に挑戦的で奇妙だったよ。 でもこの数か月間での世界中の人々の強さやクリエイティビティに触発されてできたものだ。 この音楽とビデオをファンの皆さんと共有できることをとても誇りに思っているよ。 そして、その他の僕たちの活動を伝えられる日が待ちきれないよ!」と語っている。 オフィシャル・サイトでは、現地時間の6月26日にEPリスニング・パーティを行い、「ホーム」のMVだけでなくその他収録曲のビデオを毎週公開するとのアナウンスがされており、7月31日には秘密の情報が公開されるようだ。 31日の発表を待ちながら、ペンタトニックスと一緒に楽しくステイ・ホーム時間を過ごしてほしい。

次の

人気ア・カペラグループ「ペンタトニックス」アヴィ・カプラン脱退を発表! 動画メッセージで涙ぐむ場面も[動画あり]

ペンタトニック ス 脱退 理由

ペンタトニックスが、コロナ禍の中でレコーディング、プロデュース、全てが遠隔で行われたデジタルEP『アット・ホーム』を発売し、収録曲「ホーム」のMVを公開した。 本作ではザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」、ビリー・アイリッシュ「ホエン・ザ・パーティーズ・オーヴァー」、デュア・リパ「ブレイク・マイ・ハート」、クリーン・バンディット「ケルン feat. ニッキー・シスリン・アンド・ジェイボン 」、クランベリーズ「ドリームス」といった大ヒット曲たちをカバーしており、ペンタトニックスの「声」によって収録された全6曲は、美しく、時には切なく、新たな魅力を放っている。 「ステイ・アット・ホーム!」と現在のコロナ禍とマッチする印象的な歌詞で始まる「ホーム」のMVではメンバーそれぞれが遠隔で撮影に臨み、13もの楽曲をマッシュアップしながら流れるように歌い、繋げている。 ペンタトニックスの息のあった美しいハーモニーはまったく距離を感じさせず、EPのタイトル『アット・ホーム』にぴったりだ。 メンバーのスコットは「バンドメンバーやプロデューサーと一度も同じ部屋にいることなく、EPの音楽とビデオをアレンジしてレコーディングするというのは、非常に挑戦的で奇妙だったよ。 でもこの数か月間での世界中の人々の強さやクリエイティビティに触発されてできたものだ。 この音楽とビデオをファンの皆さんと共有できることをとても誇りに思っているよ。 そして、その他の僕たちの活動を伝えられる日が待ちきれないよ!」と語っている。 オフィシャル・サイトでは、現地時間の6月26日にEPリスニング・パーティを行い、「ホーム」のMVだけでなくその他収録曲のビデオを毎週公開するとのアナウンスがされており、7月31日には秘密の情報が公開されるようだ。 31日の発表を待ちながら、ペンタトニックスと一緒に楽しくステイ・ホーム時間を過ごしてほしい。

次の