モバイル suica 使い方 改札 アンドロイド。 【Android】機種変更時にモバイルSuicaのデータを引き継ぐ、残高を移行する方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

ICOCAのモバイル対応はまだ?スマホで使いたいときはどうする?

モバイル suica 使い方 改札 アンドロイド

iPhoneでSuicaは使えるの? 僕の頭の中のiPhoneは「iPhone5」あたりで止まっていました。 2012年発売なので、もう5年も前に発売されたiPhoneですね。 そこからAndroidに浮気し続けて、先日出戻りしたばかりなので完全な浦島太郎状態。 iPhoneでおサイフケータイは使えないんだろ~と思っていたのですが、いつの間にかiPhoneでSuicaが使える様になっていました。 Edyは使えないらしいので厳密にはおサイフケータイが使えるワケじゃないっぽいのですが、とりあえずSuicaには対応した様子。 まあとりあえずそれでも十分ですね。 Suicaが使えるiPhoneは「iPhone7以降のiPhone」ということみたいです。 とりあえず、僕のiPhone7 Plusは対応しているみたいです。 良かった。 Androidで使っていたSuicaのデータをiPhone7 Plusに移行してみた iPhoneでSuicaが使える様になったという事が分かったので、早速Androidで使っていたSuicaのデータを、今使っているiPhone7 Plusに移行してみたいと思います。 Suicaの機種変更作業は、現在Suicaが入っている端末で「機種変更する」の手続きをする必要があります。 なので、必ず「機種変更する」の手続きを現在のAndroidスマホで行う様にして下さい。 Androidスマホでの「機種変更する」の手続きは、以下の手順で行います。 まずはAndroidスマホの「モバイルSuica」を起動します。 「その他」のメニューをタップします。 「会員メニュー」をタップします。 「会員メニュー」をタップします。 「携帯情報端末の機種変更」をタップします。 「機種変更する」をタップします。 ちょっと待ちます・・・。 これでSuicaをAndroidからiPhoneに移行する準備が出来ました。 あとはiPhoneでの作業になります。 iPhoneでの手順 ここからはiPhoneの手順となります。 元のSuicaが入っているAndroidスマホでの手順がまだ完了していない場合は、そちらを先に終わらせる様にして下さい。 iPhoneにSuicaをインストールして(初めからインストールされてたかな?)、起動します。 「機種変更」をタップします。 注意事項を確認して、右上の「次へ」タップします。 「同意する」をタップします。 メールアドレスを入力します。 ここで入力するメールアドレスは、前のスマホで使っていた携帯メールアドレスなので注意して下さい。 パソコンのメールアドレスを入れてもエラーになるだけです。 僕の場合は、すでに使えなくなったドコモのメールアドレスですが入力し、先に進むことが出来ました。 僕の場合モバイルSuicaのパスワードが分からなかったので、以下の記事にある手順でパスワードの再登録をしました。 【関連】 「機種変更する」をタップします。 「実行する」をタップします。 右上の「次へ」をタップします。 「次へ」をタップします。 カードを追加中・・・となるので、少し待ちます。 「利用条件」を確認し、「同意する」をタップします。 再度「カードを追加中」となるので、待ちます。 「次へ」をタップします。 「完了」をタップします。 ログイン画面となるので「モバイルSuica」か「My JR-EAST」のパスワード(上のタブで選択)を入力して、「完了」をタップします。 これでSuicaのデータ移行が完了です! 上の画像で、Suicaの残高が表示されているのが分かりますね。 色々つまづくところも多かったのですが、無事にデータ移行出来て良かったです。

次の

便利すぎるSuicaアプリ(iOS)の使い方を徹底解説|スマホでキャッシュレス

モバイル suica 使い方 改札 アンドロイド

この記事の目次• AndroidでSuicaを使うには AndroidでSuicaを利用すると、バスや電車、買い物での支払いの際に現金を取り出す必要がなくスマートフォンをかざすだけでスピーディーに支払いを行うことができるメリットがあります。 さらにサービスによっては、チャージや利用履歴の確認もスマートフォンで行うこともできます。 Android端末からSuicaを利用する方法は、楽天ペイを利用し楽天ポイントもためることができる 「楽天ペイSuica」、Android専用で複数の電子マネーやポイントカードを一元管理することができる 「Google Pay」、定期券やグリーン券の購入をすることができる 「モバイルSuica」の3つのパターンがあります。 利用する際には、それぞれの専用アプリのダウンロードが必要になります。 対応端末や無料で使えるクレジットカードなどに違いがありますので、それぞれどのような特徴があるのか紹介していきます。 楽天ペイSuicaを使うには? 「楽天ペイSuica」とは、楽天ペイのアプリ上でSuicaのチャージや支払いを行い、支払を方法を楽天カードにすることで、楽天ポイントもためることができるサービスです。 楽天ポイントは200円ごとに1ポイントたまり、対象の楽天ペイカードの国際ブランドは、VISA・Mastercard・JCB・American Expesになります。 楽天ペイのSuicaの始め方 楽天ペイSuicaを利用するには、楽天ペイのアプリのダウンロードが必要になります。 対応の機種はおサイフケータイ機能が搭載されている、Android6. 0以上の端末になります。 楽天ペイアプリをダウンロードしたら、登録作業を行います。 新規登録または連携登録をする まずはSuicaの登録を行います。 Suicaを新規で登録するか以前からモバイルSuicaを利用している場合はSuicaの連携登録で情報を移すことができます。 1回のチャージは1,000円以上から指定することができ、チャージの上限金額は20,000円となります。 チャージした金額は、モバイルSuica会員の退会時を除き、払い戻しができないので注意しておきましょう。 お店で利用する 楽天ペイSuicaをお店で利用する際は、お会計の時にレジスタッフにSuicaで支払うことを伝え、レジに置いてある専用の端末にスマートフォンをかざすだけで支払いが完了します。 「ピピッ」という音が決済完了の合図となり、スマートフォンを開いたり、アプリを軌道させなくても決済ができるので、支払いの時間を短縮することができます。 【さらに詳しく知りたい方はこちら!】 新登場の「楽天ペイSuica」についてメリットやポイントの貯め方など徹底解説! Google PayでSuicaを使うには? Google PayでSuicaを使う方法を見る前に、Google Payについて簡単にご説明します。 Google Payは元々Android Payと呼ばれており、2018年2月にGoogle Payに名称変更しました。 Google Payは、非接触型のスマホ決済です。 決済するときは、スマートフォンをリーダーにかざすだけです。 Google Payでは以下の6種類の電子マネーが使えます。 Suica• 楽天Edy• nanaco• WAON• QUICPay• 電子マネーiD Google Payの始め方 Google Payを使ったSuicaの設定手順についてみていきましょう。 Google Payを使うには、専用のアプリが必要になります。 ダウンロードは、Google Playで行ってください。 対応機種は、おサイフケータイ対応で、Android4. 4以上となっています。 Google Payアプリをダウンロードしたら登録作業を行います。 電子マネーを設定する Google Payを開き、「使ってみる」をタップします。 次に、「追加して利用開始」の中からSuicaを選択します。 選択したとき、アカウントの登録と規約の同意が必要になります。 チャージする Suicaへのチャージの方法は、カードリーダーにかざして現金でチャージするか、クレジットカードでチャージをします。 クレジットカードはポイントも貯まりますし、チャージもアプリ内で簡単にできるのでオススメです。 手順は以下の通りです。 1 アプリでSuicaを選択する 2 「チャージ」をタップする 3 クレジットカード情報を入力し(初回のみ)、チャージしたい金額を入力する 4 「チャージする」タップする 3. お店で利用する 街のお店でGoogle PayのSuicaを利用するときは、レジで「Suica支払いで」と伝えます。 あとは、リーダーにかざして決済するだけです。 このとき、アプリをわざわざ起動する必要はありません。 Google PayのSuicaって何が良いの? Google PayのSuicaは、さまざまなクレジットカード からチャージをすることができるのが 特徴です。 JCB、VISA、American Express、MasterCardの4つのブランドに対応しています。 さらに、1円単位でチャージすることができ、リマインダー機能もついているので設定した残高より少なくなると通知がくるようにも設定することができます。 Google PayにはJCBカードの登録がおすすめ Google Payに登録するクレジットカードには、JCBカードがおすすめです。 最大16,000円分プレゼントのキャンペーンなども行われていますので、条件などを知りたい方はをごらんください。 モバイルSuicaを使うには? 次に、モバイルSuicaの始め方についてみていきましょう。 モバイルSuicaとは、交通系電子マネーSuicaのモバイル版です。 スマホやガラケーなどの端末にSuicaを取り込むことで利用できます。 まずは、Google PlayでモバイルSuicaをダウンロードします。 機種によっては、初期状態でアプリがインストールされていることがあります。 モバイルSuicaアプリをダウンロードしたら、アプリを開き、画面に従って会員登録手続きをします。 モバイルSuicaではクレジットカードでチャージや決済をすることになりますので、クレジットカードの登録手続きが必要となります。 クレジットカードは、JCB、VISA、American Express、MasterCardなどのブランドに対応しています。 モバイルSuicaって何が良いの? モバイルSuicaの良いところは、定期券の発行・更新の購入ができるところです。 また、もともとカード型でSuicaを利用していた方は、定期券をモバイルSuicaに切り替えることも可能です。 駅の窓口などで買う必要のあった定期券がスマホで購入できるのは便利ですよね。 さらに、モバイルSuicaではモバイルSuica特急券という独自のサービスを行っています。 これは、モバイルSuicaで新幹線のチケット購入ができ、そのまま窓口に立ち寄らずに乗車できるというサービスです。 チケット購入や当日に窓口に行くなどの工程が必要ないので便利です。 2020年2月26日より「モバイルSuica」の年会費が無料になりました。 以前までは「モバイルSuica」を利用する際に年会費1,050円(税込)が発生していました。 年会費が無料になり、定期券の購入やチャージの払い戻し、再発行など機能面も充実している「モバイルSuica」を利用する方が増えていると考えられます。 まとめ 今回は、AndroidでSuicaを使う方法として「楽天ペイSuica」「Google Pay」「モバイルSuica」について紹介していきました。 どちらも同じSuicaを使うことができまずが、できることに違いがあるので注意してください。 「楽天ペイSuica」は楽天ユーザーで楽天ポイントを日ごろからためている方や普段楽天ペイを利用している方、お得に利用したい方におススメのサービスです。 「Google Pay」は、Suica以外にもクレジットカードやポイントカードを一元管理してい方におススメのサービスです。 「モバイルSuica」は、定期券やグリーン券の購入、再発行やチャージの払い戻しなどの機能が必要な方におススメのサービスです。 それぞれの特徴を理解し自分にあった方法でSuicaを利用してみましょう。

次の

AndroidでモバイルSuica等の電子マネー使うなら必須の「Google Pay」アプリ

モバイル suica 使い方 改札 アンドロイド

この記事の目次• AndroidでSuicaを使うには AndroidでSuicaを利用すると、バスや電車、買い物での支払いの際に現金を取り出す必要がなくスマートフォンをかざすだけでスピーディーに支払いを行うことができるメリットがあります。 さらにサービスによっては、チャージや利用履歴の確認もスマートフォンで行うこともできます。 Android端末からSuicaを利用する方法は、楽天ペイを利用し楽天ポイントもためることができる 「楽天ペイSuica」、Android専用で複数の電子マネーやポイントカードを一元管理することができる 「Google Pay」、定期券やグリーン券の購入をすることができる 「モバイルSuica」の3つのパターンがあります。 利用する際には、それぞれの専用アプリのダウンロードが必要になります。 対応端末や無料で使えるクレジットカードなどに違いがありますので、それぞれどのような特徴があるのか紹介していきます。 楽天ペイSuicaを使うには? 「楽天ペイSuica」とは、楽天ペイのアプリ上でSuicaのチャージや支払いを行い、支払を方法を楽天カードにすることで、楽天ポイントもためることができるサービスです。 楽天ポイントは200円ごとに1ポイントたまり、対象の楽天ペイカードの国際ブランドは、VISA・Mastercard・JCB・American Expesになります。 楽天ペイのSuicaの始め方 楽天ペイSuicaを利用するには、楽天ペイのアプリのダウンロードが必要になります。 対応の機種はおサイフケータイ機能が搭載されている、Android6. 0以上の端末になります。 楽天ペイアプリをダウンロードしたら、登録作業を行います。 新規登録または連携登録をする まずはSuicaの登録を行います。 Suicaを新規で登録するか以前からモバイルSuicaを利用している場合はSuicaの連携登録で情報を移すことができます。 1回のチャージは1,000円以上から指定することができ、チャージの上限金額は20,000円となります。 チャージした金額は、モバイルSuica会員の退会時を除き、払い戻しができないので注意しておきましょう。 お店で利用する 楽天ペイSuicaをお店で利用する際は、お会計の時にレジスタッフにSuicaで支払うことを伝え、レジに置いてある専用の端末にスマートフォンをかざすだけで支払いが完了します。 「ピピッ」という音が決済完了の合図となり、スマートフォンを開いたり、アプリを軌道させなくても決済ができるので、支払いの時間を短縮することができます。 【さらに詳しく知りたい方はこちら!】 新登場の「楽天ペイSuica」についてメリットやポイントの貯め方など徹底解説! Google PayでSuicaを使うには? Google PayでSuicaを使う方法を見る前に、Google Payについて簡単にご説明します。 Google Payは元々Android Payと呼ばれており、2018年2月にGoogle Payに名称変更しました。 Google Payは、非接触型のスマホ決済です。 決済するときは、スマートフォンをリーダーにかざすだけです。 Google Payでは以下の6種類の電子マネーが使えます。 Suica• 楽天Edy• nanaco• WAON• QUICPay• 電子マネーiD Google Payの始め方 Google Payを使ったSuicaの設定手順についてみていきましょう。 Google Payを使うには、専用のアプリが必要になります。 ダウンロードは、Google Playで行ってください。 対応機種は、おサイフケータイ対応で、Android4. 4以上となっています。 Google Payアプリをダウンロードしたら登録作業を行います。 電子マネーを設定する Google Payを開き、「使ってみる」をタップします。 次に、「追加して利用開始」の中からSuicaを選択します。 選択したとき、アカウントの登録と規約の同意が必要になります。 チャージする Suicaへのチャージの方法は、カードリーダーにかざして現金でチャージするか、クレジットカードでチャージをします。 クレジットカードはポイントも貯まりますし、チャージもアプリ内で簡単にできるのでオススメです。 手順は以下の通りです。 1 アプリでSuicaを選択する 2 「チャージ」をタップする 3 クレジットカード情報を入力し(初回のみ)、チャージしたい金額を入力する 4 「チャージする」タップする 3. お店で利用する 街のお店でGoogle PayのSuicaを利用するときは、レジで「Suica支払いで」と伝えます。 あとは、リーダーにかざして決済するだけです。 このとき、アプリをわざわざ起動する必要はありません。 Google PayのSuicaって何が良いの? Google PayのSuicaは、さまざまなクレジットカード からチャージをすることができるのが 特徴です。 JCB、VISA、American Express、MasterCardの4つのブランドに対応しています。 さらに、1円単位でチャージすることができ、リマインダー機能もついているので設定した残高より少なくなると通知がくるようにも設定することができます。 Google PayにはJCBカードの登録がおすすめ Google Payに登録するクレジットカードには、JCBカードがおすすめです。 最大16,000円分プレゼントのキャンペーンなども行われていますので、条件などを知りたい方はをごらんください。 モバイルSuicaを使うには? 次に、モバイルSuicaの始め方についてみていきましょう。 モバイルSuicaとは、交通系電子マネーSuicaのモバイル版です。 スマホやガラケーなどの端末にSuicaを取り込むことで利用できます。 まずは、Google PlayでモバイルSuicaをダウンロードします。 機種によっては、初期状態でアプリがインストールされていることがあります。 モバイルSuicaアプリをダウンロードしたら、アプリを開き、画面に従って会員登録手続きをします。 モバイルSuicaではクレジットカードでチャージや決済をすることになりますので、クレジットカードの登録手続きが必要となります。 クレジットカードは、JCB、VISA、American Express、MasterCardなどのブランドに対応しています。 モバイルSuicaって何が良いの? モバイルSuicaの良いところは、定期券の発行・更新の購入ができるところです。 また、もともとカード型でSuicaを利用していた方は、定期券をモバイルSuicaに切り替えることも可能です。 駅の窓口などで買う必要のあった定期券がスマホで購入できるのは便利ですよね。 さらに、モバイルSuicaではモバイルSuica特急券という独自のサービスを行っています。 これは、モバイルSuicaで新幹線のチケット購入ができ、そのまま窓口に立ち寄らずに乗車できるというサービスです。 チケット購入や当日に窓口に行くなどの工程が必要ないので便利です。 2020年2月26日より「モバイルSuica」の年会費が無料になりました。 以前までは「モバイルSuica」を利用する際に年会費1,050円(税込)が発生していました。 年会費が無料になり、定期券の購入やチャージの払い戻し、再発行など機能面も充実している「モバイルSuica」を利用する方が増えていると考えられます。 まとめ 今回は、AndroidでSuicaを使う方法として「楽天ペイSuica」「Google Pay」「モバイルSuica」について紹介していきました。 どちらも同じSuicaを使うことができまずが、できることに違いがあるので注意してください。 「楽天ペイSuica」は楽天ユーザーで楽天ポイントを日ごろからためている方や普段楽天ペイを利用している方、お得に利用したい方におススメのサービスです。 「Google Pay」は、Suica以外にもクレジットカードやポイントカードを一元管理してい方におススメのサービスです。 「モバイルSuica」は、定期券やグリーン券の購入、再発行やチャージの払い戻しなどの機能が必要な方におススメのサービスです。 それぞれの特徴を理解し自分にあった方法でSuicaを利用してみましょう。

次の