ヒカキン まる お 死因。 まるおともふこの真実発見?可愛すぎると視聴者萌え死寸前!

まるおともふこの真実発見?可愛すぎると視聴者萌え死寸前!

ヒカキン まる お 死因

まず挙がった批判の声は「ペットショップで買うのではなく、保護猫を迎えてほしかった」という内容。 う~ん、いくら影響力の高い人だからとはいえ、なんの法も犯していないのに善意を押し付けられて叩かれるのはちょっと理不尽な気もしますね^^; しかしこの声がここまで高まったことには間の悪いタイミング的な理由がありました。 HIKAKINさんは2018年7月19日に動画で公表しましたが、 偶然にも7月23日にお笑い芸人のサンシャイン池崎さんが自身のインスタグラムで「2匹の保護猫を引き取ったこと」を報告し、「保護猫」がホットワードになったそうなのです。 そこで、同時期に飼い始めたHIKAKINさんが引き合いに出されてしまったわけなのだそう。 純粋な人気商売であるユーチューバーの難しさを感じざるを得ません。 しかし、売れるからと人間の都合を優先させ、猫にとって残酷な側面が放置されていました。 スコティッシュフォールドは普通に生きるだけで激しい痛みを伴う恐れがあるなど、高負荷がかかっているそうです。 大人しい理由も、ほんとは暴れたくても痛みからじっとせざるを得ないだけという……。 実際に売っている以上、HIKAKINさんだけを責めるのはちょっと筋違いだとは思いますが、こういう情報を聞くと、マイナスイメージにはなってしまったかもしれませんね……。 HIKAKINさんは1989年4月21日に新潟県新井市(現:妙高市)で生まれました。 YouTubeにて自身の公式チャンネル「HIKAKIN」を開設したのは2006年12月で、当初はビートボクサーの動画を投稿していたそうです。 そして、2010年にアップロードした動画「Super Mario Beatbox」がYouTubeにおける日本国内月間アクセス一位を記録し、パフォーマーとしてライブやテレビへの出演依頼も増えていきます。 動画による広告収入が会社員の給料を超えるようになり、2012年にはスーパーの仕事を退職し、動画の投稿を通じた広告収入で生活する道を進むことになりました。 そして2018年7月19日に猫を飼い始めたことで、猫動画も投稿するようになります。 ただ、こうした批判の批判を見ていると、 ふと、よく考えてみるとこんな批判はありふれていることにも気づきます。 たとえば「アイドルには恋愛しないでほしかった」というのも、 本質的には同じことを要求していると思います。 生きていれば恋をしてしまうことだってあるのが人間です。 にもかかわらず恋愛したアイドルを重罪犯のごとく叩いている人たちが「人権侵害」だと非難されないのは、恋愛という人気を売り物にしているからという共通認識があるからでしょう。 HIKAKINさんの人気の訳がにじみ出る人柄の良さだとするなら、それを売り物にして人気を得ている以上はこうした「えっ、なんでそんなことでがっかりしたとか言われなきゃいけないの!?」と他人が感じるような部分でも、過剰に期待を寄せてしまうファンの声は今後もいろいろ上がって聞こえてくるかもしれません。

次の

HIKAKIN(ヒカキン)の猫・まるおが炎上&批判された理由はスコティッシュフォールドだから!?

ヒカキン まる お 死因

ヒカキンの結婚について ヒカキンも今年で30歳を迎え、年齢的にも 結婚について気になる視聴者も多いようです。 「結婚してるの?」「相手は?」「子供がいるって本当?」など、様々な噂も飛び交っています。 やはりこれに関しては、最近SNSなどで相手がいそうな匂いを感じるので、そう思った方もいたのでしょう。 結論から先に言うと、ヒカキンは 結婚してないし勿論子供もいません笑 レジェンド葛西さんと結婚しました。 というのは冗談で、知り合いの結婚式でお会いしました(笑)レジェンドオーラ分けてもらいました😎 — HIKAKIN😎ヒカキン 【YouTuber】 hikakin ヒカキン自身は結婚願望はあると、過去に話していたことがあります。 あれだけの仕事量をこなしている今、すぐに結婚というのは難しいでしょうから 実現は数年先になるかもですね。。 炎上の内容としては、上の画像通りです。 まぁ本人的には軽い気持ちで言ったのだと思いますが、まさかこんなことで炎上とは・・wヒカキンほどの人気者は大変ですね。 (個人的にはこれだけ稼いで優しい聖人なんだから、奥さんはそれくらい余裕でしても良いでしょwって感想です。 お金持ってて、猫もいる。 — ミレイ smacomic ほんと可愛いよ… ヒカキン好き大好き💕 本当に結婚したい…。 w(でもヒカキンのスペックを考えると間違いないですよね) ちなみに「結婚式」というキーワードが検索されていましたが、友達の結婚式の話ではなく、 実際にヒカキン本人が結婚式を挙げていますよね。

次の

ヒカキン「関東の米食いたくないのが本音」福島の放射能に対してのツイートを削除し炎上!

ヒカキン まる お 死因

「夜間に部屋の仕切りを突破し、激しい闘争があったようで」 あるツイッターユーザーが2018年12月24日、かみね動物園に掲示されているカピバラ「まるお」の死を伝える張り紙を投稿。 こんなことが書いてあった。 「5月のブログで少しだけ話がありましたが、兄の『おもち』との関係が悪化し闘争がありました。 その後傷が回復してからお見合いなどを試みましたが、改善は見られず、分けている状態が続いていました。 傷の状態も良くなり徐々に外に出していこうかと話していた矢先、夜間に部屋の仕切りを突破し、激しい闘争があったようで朝死亡しているのを発見しました」 17年4月4日生まれのまるお。 亡くなっているのが確認されたのは9月27日だったという。 張り紙には「死因:闘争による傷」と明記されており、穏やかそうなカピバラのイメージとのギャップのせいか、 「カピバラって見かけによらず凶暴なんだな」 「穏やかな動物のイメージだけど(お風呂で皆で温まっている映像の印象が強い)、オスはやっぱり闘争的なんだねぇ... 」 「闘争による傷が死因とか、カピパラに対して見る目が変わってくるほどの衝撃」 などと驚きをもって拡散された。 投稿は25日までに、1万4000回以上リツイートされている。 かみね動物園の飼育担当者が25日、J-CASTニュースの取材に応じた。 まるおが弟でおもちが兄という関係だが、「互いに兄弟という認識はありません」といい、攻撃するようになるまでの経緯をこう話す。 「生まれた時から一緒にいれば同じ群れの一員だとは認識しますが、まるおとおもちには、それもありませんでした。 小さい頃おもちはオス群れ、まるおはメス群れで育ってきたからです。 まるおが性成熟してオス群れに入れると、おもちは『別の群れのオスが来た』と感じて、まるおを傷つけるようになりました」 実は「いざこざやケンカ、珍しくない」 張り紙には「夜間に部屋の仕切りを突破した」とあるが、扉状のフェンスのストッパーを、おもちが破壊して入ったと見られるという。 担当者は「発見時にはまるおの首のあたりに深い傷があり、しつこく攻撃されたのかなと思われます」と肩を落とした。 過去、同じようにメス群れで育ててからオス群れに入れた個体もいたが、問題なく馴染んでいたという。 そのため「相性や性格もあると思います。 おもちは排他的というか、あまり許容しないというか... 」と話す。 5月6日の園のブログでも、「ある朝突然『まるお』が『おもち』に攻撃されてしまい現在は別々にして様子をみています」と、既に「弟」に強い敵対心を抱いていたことが分かる。 それにしても、のんびりとした「癒し系」のイメージもあるカピバラだが、今回のような「闘争」はよくあることなのか。 担当者は、 「カピバラ同士で傷つけ合うのはオスでもメスでもよくあります。 いざこざやケンカは珍しくありません。 ただ、その中でもおもちは気が強いですね。 当園では命を落とすことまでは過去にはありませんでした」 と話していた。

次の