トーンモバイル mnp。 トーンモバイルの評判は?メリット・デメリットまで徹底解説!

トーンモバイルの新規契約/MNPで利用可能な本人確認書類!TONEmobileのスマホの配送日数や本人限定受取の注意点!

トーンモバイル mnp

「 トーンモバイルの解約方法ってどうするの?違約金の発生とか解約するタイミングとかあるのかな?」 携帯をもつのであれば、知っておくべき解約手続きのやり方。 小中学生の子どもにトーンモバイルを持たせているという親御さんでも、 トーンモバイルよりも他社で使った方が安くなりそう 家族で他の会社を一緒に契約したい 見守り機能が必要でない年齢になってきた など、トーンモバイルの解約を考えるタイミングが来る人も少なくないでしょう。 しかし店舗数も少ないトーンモバイル…ウェブページを見ても解約についての表記が非常にわかりづらいと思った人もいるかもしれません。 この記事では、トーンモバイルを解約するにはどうすればいいのか、解約する場合は違約金などがかかるのか、解約する際に注意しなければならないことはないのか? トーンモバイルの解約についてお話していますので参考にしてください。 トーンモバイルを解約する方法 参照: トーンモバイルの解約手続きは難しくありません。 お客様サポート窓口(050-7300-6773)に電話しての手続き 専用のウェブページからの手続き いずれかの手続きで解約を行います。 お客様サポート窓口なら050-7300-6773に電話すればOK。 また、トーンモバイルのお客様サポートから解約ページに移行することができますよ。 どちらからの手続きでも簡単に行うことができ、契約者名や契約電話番号、連絡先電話番号などを知らせて、注意事項を確認。 その後「解約予約受付」の状態になります。 手続きしたその月の25日までにトーンモバイルは解約。 のちにトーンモバイルから送られてくるSIMカード返却キットに、使っていたSIMカードを入れて送り返せば手続き完了です。 手続きは解約月の25日までに行うこと トーンモバイルで解約手続きをする場合は、 その月の25日までに解約申込みをしなければなりません。 もしも25日を過ぎてから解約の申込みをした場合は、翌月の25日に解約手続きが行われてしまいます トーンモバイルでは、解約月の月額料金についても日割りになりません。 解約をしたいと思ったらトーンモバイルの締め日である25日に近い日にちに解約手続きを行うとお得ですよ。 解約後はSIMを返却する必要がある トーンモバイルで解約を行ったら、利用していたトーンモバイルの端末は返却する必要はありません。 ただ、SIMカードは返却する必要があります。 万が一、 期日までにSIMカードを返却しなかった場合は、SIMカード紛失手数料3,000円が請求される可能性があります。 トーンモバイルのオリジナル端末はSIMフリー端末ですので、他の会社のSIMを挿せば通話やデータ通信を行うことが可能。 なので、違う格安SIMに乗り換えの際にそのままトーンモバイルの端末を有効活用も検討してみましょう。 他社への乗り換え(MNP転出)の場合の解約方法 トーンモバイルは050発番の電話番号で利用していた場合は、同じ電話番号を引き継いで他社に乗り換えることができません。 しかし、090音声オプションを利用している人は、利用していた090や080、070の電話番後を他社に引き継ぐことが可能。 トーンモバイルで利用していた090音声オプションの電話番号をそのまま他社でも利用したいという場合には、お客様サポート窓口でのみ受付けをしています。 上記の解約手続きのようにウェブページからは申込みすることができませんので注意してくださいね。 11桁の予約番号を利用することで同じ電話番号を引き継ぐことができるので、トーンモバイルで解約をしてしまった後では同じ番号を引き継ぐことができませんので気をつけましょう。 MNPで他社で契約が完了すると、その時点でトーンモバイルは自動で解約となります。 MNPの予約番号取得後は改めてトーンモバイルで解約手続きをする必要はありません。 25日前に手続きが完了しなければいけない MNPで他社で契約をする場合も、トーンモバイルの締め日である25日より前に他社への乗り換えを完了させる必要があります。 MNPの予約番号を発行してもらっても、その時点ではトーンモバイルは解約とはなりません。 予約番号は発行から15日間の有効期限があり、その期間内ならいつでも自分のタイミングで手続きをすることができます。 なので、予約番号の有効期限と解約手続きの日程は同じではありません。 大手キャリアでも、即日手続きが完了せず数日必要 手続き完了後、新しいスマホやSIMカードが届くまでには数日かかる MNPで転出する場合は、25日の締め日まで余裕をもった日数を開けておくようにしましょう。 トーンモバイルで損してしまう解約のタイミング トーンモバイルの解約は簡単に手続きすることができます。 しかし、解約するタイミングを知っておかないと違約金など無駄な料金の請求の可能性もでてきます。 本来であれば支払う必要のない請求が発生する条件を確認しておきましょう。 トーンモバイルの契約期間 トーンモバイルの契約期間と違約金についてです。 契約期間:24か月(契約月を1ヶ月目とする) 違約金:9,800円 トーンモバイルの契約期間は24か月。 契約期間内に解約をしてしまった場合には、9,800円の違約金が発生します。 ただ、2年毎の自動更新はありません。 なので、トーンモバイルは最低でも24か月間継続利用さえすれば、その後はいつでも違約金なしで解約することが可能ということになりますよ。 MNP転出時 先ほども解説したとおり、トーンモバイルで090音声オプションを利用している場合は電話番号を他社で引き継いで利用することが可能。 その場合は、 MNP転出手数料として本来なら3,000円の手数料がかかります。 しかし、トーンモバイルのオリジナル端末を利用している人がMNP転出をする場合は、通常の利用期間の他にさらに6か月間の最低利用期間が設けられています もし6か月以内にMNPで他社に転出する場合は、MNPの転出手数料が3,000円ではなく9,800円になるので最低利用期間に注意が必要になります。 利用期間 違約金 MNP転出手数料 負担金 1か月~6か月 9,800円 9,800円 9,800円 7か月~24か月 9,800円 3,000円 9,800円 25か月目以降 0円 3,000円 3,000円 6か月目までは違約金、MNP転出手数料のどちらも9,800円の負担がかかります。 この場合は違約金の9,800円のみの負担になり、MNP転出手数料の負担はありません。 7 か月目~24か月の間は違約金が9,800円、MNP転出手数料は3,000円かかりますが、この場合も違約金の負担のみとなり、MNP転出手数料3,000円の負担は免除となります。 それ以降違約金が発生しなくなった場合は、通常どおりMNP転出手数料3,000円が発生することになります。 よって、他社に電話番号を引き継ぐ場合でも、普通の解約でも24か月以内の解約なら9,800円の違約金がかかるということですね。 ちなみに、iPhoneを持ち込んでトーンモバイルを利用していた場合は、6か月未満であってもMNP転出手数料は3,000円です。 6か月の契約期間があるのはトーンモバイルのオリジナル端末を購入した場合のみになりますよ。 分割払いで端末を購入し、 まだ分割支払金の残債金が残っている状態で解約をする場合は、残りの分割金を一括で支払うことになります。 残債金がまだたくさんある状態で解約をするときは、その分一括で支払わなければならないことを知っておきましょう。 トーンモバイルの解約方法のまとめ.

次の

【トーンモバイルから】ドコモオンラインショップでのMNP乗り換え手順とは?|スマホラボブログ

トーンモバイル mnp

最近ではドコモやau、ソフトバンクの割高料金を支払わなくても、 格安スマホで大幅にスマホ代を節約する事ができるようになりました。 そんな中でも 『トーンモバイル TONEモバイル 』という格安スマホは、 シニアや小中学生向けにおすすめの格安スマホとしてこのサイトでも何度か取り上げています。 しかしトーンモバイルの広告やサイトを見てみると「無制限で使える」「月1,000円で使える」などの売り文句が掲載されており、バリバリスマホを使う人が契約して「全然使い物にならない」という苦情もあるみたいですね。 なので、今回はトーンモバイルを実際に使っているユーザーの口コミや評判を見て、 注意点や「どんな人向けの格安スマホなのか」を解説していきます。 通信速度は回線状況により変化します。 引用元: ちなみにこの「通信速度500~600kbps」だと、遅いけどウェブページが視聴できるレベルで、YouTubeなどの動画視聴はかなり厳しい 1Mbpsは必要 レベルです。 また上記の通信速度も使う場所や時間帯によって変わるので、実測では300kbps程度しか出ていない ソフトバンクの通信制限時が最大128kbps という情報もあり、ウェブ視聴も慣れるまでは遅く感じます。 なのでトーンモバイルの回線は 「無制限で使える」というよりは「月額1,000円で最低限ネットが使える」というライトユーザー向けとして販売しています。 全く反対方向の格安SIMなので、楽天モバイルのスーパー放題など別の会社を探した方が無難です。 トーンモバイルは全格安スマホ中でもかなり遅い方なので、「ウェブサイトの視聴や、LINEがメイン」くらいのライトユーザー向けのスマホです。 「中速無制限」ではありますが、後述のように大手キャリアやY! モバイルなどと比べるとかなり回線速度が遅いため、一般ユーザーが「月額1,000円で無制限でガンガン使い放題!」というようなものではありません。 トーンモバイルはこんな人向け ネットリテラシーの低い子供 小中学生 スマホはネット検索やゲームで遊ぶくらいのライトユーザー スマホ初心者のシニア 高齢者 なので回線も最低限ネットでウェブ閲覧ができるレベルで月額1,000円と基本料金が安いんですね。 もし「無制限でバリバリ動画やネットサーフィンしたい」という方は、トーンモバイルでは話にならないので楽天モバイルの「スーパーホーダイ」のプランSや、WiMAXなどを持ち歩くのがベストでしょう。 トーンモバイルの通信速度はどれくらい遅い?動画視聴は厳しい トーンモバイルの通信速度は遅く、動画視聴はかなり厳しいレベルです。 参考: この高速チケット購入時は通常500~600kbpsの通信速度が、3Mbps 3072kbps まで速くなるため、動画はスムーズに再生可能です。 また1GBの高速チケットが300円で購入できる 月10GBまで と、 チャージ金額も大手携帯会社の10分の1ほどの良心的な価格となっているので、月数GB分の動画視聴であれば、高速チケットを購入するのも悪くありません。 トーンモバイルのその他の評判や注意点 通信速度が遅い事以外にもトーンモバイルには以下のような注意すべき口コミが多かったです。 トーンモバイルは2年間の最低利用期間に注意 トーンモバイルは格安スマホの中でも2年間の最低利用期間があります。 最低利用期間はありますか? A. 最低利用期間は24ヶ月です。 ただ、2019年10月以前のドコモやau、ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイルのように2年契約満期後の自動更新はないので、3年目以降はいつでも解約や他社乗り換えが可能です。 過去の低スペック端末 m15,m14 の口コミ・苦情が特に多い ネット上でトーンモバイルの口コミ情報や評判・苦情などを見てみると、多くが2017年以前の苦情が多い事に気が付きます。 それもそのはず。 トーンモバイルは2020年2月に最新機種『TONE e20』というスマホを発売しており、 現在はハイレベルになりましたが、それ 以前は「TONE m15」や「TONE m14」という台湾メーカーで製造された低スペックの機種しか取り扱っていなかった為です。 TONEスマホ機種 見た目 発売日 TONE e20 2020年2月発売 TONE e19 2019年3月発売 TONE m17 2017年8月発売 2019年3月で販売終了 TONE m15 2015年11月発売 過去の「m15」や「m14」の口コミを見てみると• 小中学生やシニア層などライトユーザー向けの格安スマホという位置付け• 動画視聴は厳しいレベルなので、見るならWiFi環境下や高速チケット課金推奨• 過去に発売の機種「m15」「m14」は酷評が多いが現在の「e20」はスペックとして充分な性能• 専用スマホとのセット購入が基本で、最低利用期間が2年間ある 2年経過後は縛りなし となります。 繰り返しになりますが、一般のミドル~ヘビーユーザー向けの格安スマホではない事には充分に注意して下さい。 「メールやLINE、たまにウェブ閲覧や動画」くらいの使用頻度の人向けなので、小中学生がスマホで遊びすぎないいい塩梅だと思います。 参考: お近くに取扱いのTSUTAYAがあれば、一度使用感や疑問などをスタッフに聞きに行ってみてもいいと思います。

次の

トーンモバイルへMNPで乗り換える方法と注意点|格安SIM徹底解説

トーンモバイル mnp

トーンモバイル TONE をオンラインストアで申し込みをするタイミングでは、本人確認書類は不要です! というのも、本人確認書類が必要になってくるのは、郵便局員の方からスマホを受け取るタイミングだからです。 オンラインストアで申し込む際に準備する書類は、クレジットカードだけで大丈夫です! トーンモバイル TONE のオンラインストアで申し込みをすると、申し込み日から3日後に、本人限定郵便物 特伝 という紙が届きます。 この紙を持って、郵便局に行くと、トーンモバイル TONE のスマホが受け取れます。 郵便局に行く際、絶対に忘れてはいけないのが、本人確認書類。 本人確認書類を忘れると、せっかく申し込みをした本人が出向いても、トーンモバイル TONE のスマホが受け取れません。 トーンモバイル TONE のスマホの受け取りには、• 運転免許証• 日本国旅券(パスポート)• 個人番号カード• 健康保険証 いずれかが必ず必要です! Contents• トーンモバイル TONE の申し込みに必要な書類 トーンモバイル TONE の申し込みには必要な書類がいくつかあります。 申し込みをする場所や、プランによって必要書類が変わってくるので、それぞれ見ていきたいと思います。 オンラインで申し込みの場合 で申し込みをする際は、以下の4つの書類が必要です。 本人確認書類• メールアドレス• MNP予約番号 この内、クレジットカードとメールアドレスについては、どのプランで申し込みをする際にも必要です。 トーンモバイル TONE の申し込みに必要な書類について、それぞれ見ていきましょう。 1.本人確認書類 本人確認書類とは、運転免許証や保険証などの公的な書類です。 携帯電話の音声通話を利用する際は、申し込み時に、本人確認書類を確認することが、で義務付けられています。 運転免許証• 日本国旅券(パスポート)• 個人番号カード• 健康保険証 上記の本人確認書類は、トーンモバイル TONE をオンラインストアで申し込みをする時点では不要です。 トーンモバイル TONE のオンラインストアで申し込みをすると、スマホが郵送されて、自宅に送られます。 自宅でスマホを受け取る際には、必ず本人が受け取りをする必要があり、郵便局の方に、上記いずれかの本人確認書類を見せて、初めてトーンモバイル TONE のスマホを受け取ることができます。 【住所変更がされている際は、オンラインストアでの申し込み不可】 トーンモバイル TONE では、090音声オプション SMS付き を付けた際に限って、郵送されたスマホを受け取る際に、本人確認書類を郵便局員の方に提示する必要があります。 しかし、運転免許証や健康保険証などに記載されている住所が、現在住んでいる住所と異なる場合には、本人確認書類として認められず、スマホが受け取れません。 トーンモバイル TONE のスマホの受け取り時は、必ず現在住んでいる住所と同じ住所が書かれた本人確認書類を用意しておくようにしましょう。 たとえば、お父さんが家族4人分のスマホを契約する場合、• クレジットカードはお父さんのものを使いたいけど、契約名義はお母さんにしたいという場合に便利ですね。 なお、クレジットカードをお持ちでない方でも、 というデビットカードを使えば、トーンモバイル TONE の契約は可能です。 クレジットカードの最大の違いは、カード発行に審査がなくどなたでも作れるという点です。 JNB VISAデビットカードは、申し込みから最短5日で、カードを発行できるので、クレジットカード以外の方法で、トーンモバイル TONE のオンラインストアで申し込みをされたい方には、便利なカードです。 3.メールアドレス メールアドレスは、トーンモバイル TONE の申し込み時に使い、申し込みが終わったあとの申し込み完了メールを受け取るのに使います。 なにが申し込みの不備があった時などには、登録したメールアドレス宛に、連絡が来ます。 ところが、ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリア MNO から、トーンモバイル TONE に乗り換えると、元々ドコモ、au、ソフトバンクなど大手キャリア MNO で利用していた docomo. jpや ezweb. jp、 softbank. jpといったメールアドレスは利用できなくなります。 そのため、トーンモバイル TONE の申し込み時は、GmailやYahooメールといったフリーメール、もしくは、プロバイダのメールを登録するようにしましょう。 4.MNP予約番号 また、MNP予約番号は、• 090音声オプション SMS付き を付ける• 今利用中の携帯電話の電話番号をトーンモバイル TONE でも利用する 場合に必要になります。 MNP予約番号は、今利用中の携帯電話会社に電話をして、取得します。 店舗で申し込みの場合 店舗で申し込む際も、準備するものとしては、以下のものがあります。 店舗では、未成年の方や代理人の方でも契約が可能です。 未成年の方が契約される場合は親権者の同意書が必要で、代理人の方が契約される場合は委任状が必要です。 本人確認書類• メールアドレス• MNP予約番号• 同意書• 委任状 まず、支払い方法や、本人確認書類については、オンラインで申し込む場合と少し内容が違うので、以下で補足させて頂きます。 本人確認書類 店舗で利用する際に使える本人確認書類は、以下の7種類です。 運転免許証• 写真付き住民基本台帳カード• 日本国旅券(パスポート)• 健康保険証• 障害者手帳 身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳• 写真付き運転履歴証明書 オンラインで申し込む際と違い、本人確認書類に記載されている住所と違う場合でも、以下の補完書類 補助書類 を一緒を持っていくと、トーンモバイル TONE に契約することが可能です。 個人番号(マイナンバー)および本籍地の表記のない住民票・住民票記載事項証明書• 領収印のある公共料金の領収書 補完書類 補助書類 は、発行日から3ヶ月以内のもので、契約者本人のお名前・現住所が記載されているもののみが利用可能です。 補完書類 補助書類 は、契約者本人の名義である必要があるので、たとえば、ご主人と同居されていて、奥さんが契約者になる場合などは注意が必要です。 公共料金の領収書に書かれている氏名が、ご主人のものである場合は、奥さんの補完書類 補助書類 としては利用できません。 その場合、奥さんを契約者とされたい場合は、奥さんの住民票を区役所や、市役所で発行するようにしましょう。 なお、公共料金領収書は、以下のものが利用可能です。 電気料金• ガス料金• 水道料金• 固定または携帯電話料金• インターネットサービスプロバイダー料金 プロパンガスの領収書や、クレジットカードの明細、公共料金の請求書などは、補完書類 補助書類 として、利用できないので注意してください。 口座振替とは、銀行口座から直接自動で引き落としをする方法のことです。 クレジットカードを持っていない方でも、銀行のキャッシュカードや通帳があれば、トーンモバイル TONE の支払いをすることができます。 同意書 また、店舗では、20歳未満の未成年の方でも、以下の準備書類があると申し込みが可能です。 未成年の方の本人確認書類• ご家族の本人確認書類 コピー不可• 未成年の方と、ご家族であることが確認できる書類 住民記載事項証明書の続柄表記のあるもの は印刷してご家族に記入してもらい、印鑑を押してもらいましょう。 印鑑は認印で大丈夫です。 また、ご家族であることが確認できる書類ですが、ご本人の本人確認書類と、ご家族の本人確認書類の名字と住所が同じであれば、家族と見なしてくれるため、家族と証明するための書類は不要です。 ご家族とは、同居されているお父さん、お母さん、おばあちゃん、おじいちゃんなどが当てはまり、同居人の方は、犯罪利用の観点からNGとなっています。 未成年の方でも、結婚をしている場合は、同意書は不要になりますが、結婚が確認できる書類として、住民票もしくは戸籍謄本が必要になります。 委任状 ご本人が店に出向いて、申し込むのが難しい場合は、があれば、代理人の方でも申し込みが可能です。 代理の方の本人確認書類 コピー不可• 契約者本人の本人確認書類 コピー不可• ご家族であることが確認できる書類(住民記載事項証明書の続柄表記のあるもの) 代理人は誰でもよいわけではなく、同居されているお父さん、お母さん、おばあちゃん、おじいちゃんなどの20歳以上のご家族である必要があります。 未成年が契約する場合と同様、代理の方の本人確認書類と、契約者本人の本人確認書類に記載されている名字と住所が同一の場合は、家族を証明する書類は不要です。 【電話申し込みも可能】 トーンモバイル TONE は、店舗と同じ準備書類で、電話 電話番号050-7300-6471 による申し込みも可能です。 受付時間は10:00-19:00です。 ただ、終日、電話受付は混み合っていて、有料オプションを勧められたりもするので、店舗が近くになくて中々足を運ぶのが難しいという方は、 からの申し込みをオススメします。 トーンモバイル TONE のスマホの配送日数・流れ トーンモバイル TONE でオンラインストアで申し込みをして、スマホが届くまでの配送日数や流れは以下のようになります。 当日:で申し込み• 1日後:スマホが配送される• 2日後: MNPの場合 回線が切り替わり、元の携帯電話が繋がらなくなる• 3日後:本人限定郵便物 特伝 が到着• トーンモバイル TONE のスマホの受け取りは、配送業者の方が、自宅にきて、印鑑を押して・・・という流れではありません。 トーンモバイル TONE から、まず上記の本人限定郵便物 特伝 という紙が届きます。 そして、上記の本人限定郵便物 特伝 と本人確認書類を持って、郵便局に行くとスマホが受け取れるという流れになります。 郵便局に行っても、本人確認書類を忘れてしまったり、本人とは別の方が行ってしまうと、受け取りができず無駄足になってしまうので注意しましょう。 なお、電話での申し込みの場合も、スマホの受け取りまでの流れは同じです。 店舗で申し込む場合は、店舗で契約をして、その場でスマホを受け取ることになります。 トーンモバイル TONE の本人限定受取の注意点 から申し込みをすると、2日後くらいに本人限定郵便物 特伝 という紙が届きます。 本人限定郵便物 特伝 の中には、郵便局の連絡先や住所が書いてあります。 本人限定郵便物 特伝 が届いたら、郵便局に直接出向くか、電話をして、トーンモバイル TONE のスマホを受け取ります。 郵便局に直接出向くのが難しい場合は、本人限定郵便物 特伝 に記載されている電話番号に電話をして、以下の日時を指定すると、指定の時間にトーンモバイル TONE のスマホを自宅に届けてくれます。 午前(8:00頃~12:00頃) 午後1(12:00頃~14:00頃) 午後2(14:00頃~17:00頃) 夕方(17:00頃~19:00頃) 夜間(19:00頃~21:00頃) 注意したいのは、本人確認書類の住所が、今住んでいる住所と違うと、本人確認書類を持って郵便局に行っても、トーンモバイル TONE のスマホを受け取れません。 運転免許証なら、最寄りの警察署に行けば、10分程度で住所変更ができます。 本人確認書類に記載されている住所が古い場合は、本人確認書類の住所変更をしておかないといけませんね。 というのも、携帯電話を契約者以外の方が不正に契約してしまうと、オレオレ詐欺や振り込め詐欺などで事件が起こった場合に、電話をかけた相手が特定できないなどの問題が起こってしまうからです。 本人限定郵便物 特伝 は、まず郵便局の電話番号と住所が記載されている紙が届いた後に、郵便局に出向くか連絡をして、郵送物を受け取る仕組みです。 本人限定郵便とだけあって、代理人の方は受け取れないのはもちろん、本人であっても、本人確認書類がないと郵便物を受け取れません。 トーンモバイル TONE のスマホの受け取りの際は、必ず、契約者本人が、本人確認書類を持って、郵便を受取る必要があります。 郵便局に直接出向く際は、本人確認書類だけでなく、本人限定郵便物 特伝 も忘れないように気をつけてください。 トーンモバイル TONE の審査基準 トーンモバイル TONE の申し込みには、審査があります。 それほど厳しくないと言われているトーンモバイル TONE の審査ですが、まれに審査落ちしてしまう方もいらっしゃいます。 確実にトーンモバイル TONE に契約できるように、トーンモバイル TONE の審査基準について確認していきたいと思います。 同一名義で申込可能な回線は5回線まで トーンモバイル TONE は同じ名義の方で持てる回線数に、上限があります。 申し込み可能な回線数は、5回線までです。 携帯電話をたくさん契約して、大量に電話番号を持って、オレオレ詐欺や振り込め詐欺など携帯電話を不正利用する方がいたので、どの携帯電話会社も、申し込み可能な上限数は5回線程度に制限されています。 料金を完済すれば携帯ブラックではない 過去に携帯電話の月額料金を滞納するなどして、強制解約、つまり、携帯ブラックになってしまった方で、トーンモバイル TONE の契約ができるか不安に思われている方もいらっしゃると思います。 ですが、携帯電話会社同士で、携帯ブラックの方の情報を共有しているによると、• 料金が完済されれば、料金不払いは対象外• ブラックリストに残るのは、契約解除後5年以内 とあります。 トーンモバイル TONE も、上記のTCAの不払い情報を交換する事業者の一つに入っており、携帯ブラックの方を契約時の審査で弾いているということが、の中に記載されています。 ですが、過去に料金の滞納があっても、支払いを完済していれば、携帯ブラックではなくなるので、後からでもちゃんと滞納金を支払えば、問題なくトーンモバイル TONE に契約できるということになります。 また、あまりよいことではないですが、支払いを滞納していても、解約後5年経てば、実質時効になり、ブラックリストから消されます。 なので、たとえば携帯電話会社を強制解約になったあと、5年経っていれば、たとえ料金が未払いでも、トーンモバイル TONE に契約することは可能ということになります。 金融ブラックは関係ない 過去に、クレジットカードの支払いを滞納したりするなど金融事故を起こしてしまい、金融ブラックになってしまった方で、トーンモバイル TONE に契約できないのではと思われている方もいらっしゃると思います。 ですが、さきほどのによると、 契約解除となり料金不払いのあるお客様には、自己破産等により免責が決定している方、係争中(料金不払いのあった事業者と料金不払いに関して 訴訟が行われており、判決が確定するまでの間を言います。 )の方は 含まれません。 とあり、金融ブラックの方を契約時の審査で弾いているという情報は見当たりません。 実際、JNB VISAデビットカードで、金融ブラックの方でも、トーンモバイル TONE の契約ができたという報告も多数あり、携帯料金以外の未払いがあったとしても、トーンモバイル TONE の審査に影響はしないものと思われます。 まとめ 1 トーンモバイル TONE の申し込みに必要な書類 トーンモバイル TONE の申し込みに必要な書類は、オンラインストアの場合、以下4点です。 本人確認書類• メールアドレス• MNP予約番号 この内、本人確認書類は、• 運転免許証• 日本国旅券(パスポート)• 個人番号カード• 健康保険証 が利用でき、郵便局員の方に、本人確認書類を提示して、トーンモバイル TONE のスマホを受け取ります。 2 トーンモバイル TONE のスマホの配送日数・流れ トーンモバイル TONE のスマホを申し込むと、大体翌日には、スマホが発送されて、申し込み日から3日後には、本人限定郵便物 特伝 が到着します。 スマホが直接、自宅に配送されるわけではなく、まず、本人限定郵便物 特伝 を受け取って、本人限定郵便物 特伝 に記載されている郵便局に出向いて、トーンモバイル TONE のスマホを受け取ります。 もしくは、電話をすれば、自宅まで、トーンモバイル TONE のスマホを再配達してくれます。 3 トーンモバイル TONE の本人限定受取の注意点 本人限定郵便物 特伝 で、トーンモバイル TONE のスマホを受け取る際は、本人限定郵便物 特伝 の原本と、本人確認書類が必要です。 代理人の方は受け取れず、契約者本人であっても本人確認書類がないと、郵便局に出向いても、トーンモバイル TONE のスマホを受け取ることはできないので注意しましょう。 4 トーンモバイル TONE の審査基準 トーンモバイル TONE の契約には、審査があります。 審査基準は、回線数の数に制限があるくらいで、それほど厳しくありません。 携帯ブラックの方であっても、携帯料金を完済していれば、ブラックリストから外れるので安心してください。 また、金融ブラックの方であっても、デビットカードで申し込めた事例が多数あるので、それほど気にする必要はないと思われます。 本人確認書類は、トーンモバイル TONE のオンラインストアで申し込みの際ではなく、トーンモバイル TONE のスマホを受け取る際に必要です。 トーンモバイル TONE のスマホは、本人限定郵便物 特伝 という紙が届いたら、郵便局に出向いて受け取ります。 その際、トーンモバイル TONE に申し込んだ本人が郵便局に出向いても、本人確認書類を忘れると、受け取りができず無駄足になってしまします。 郵便局でトーンモバイル TONE を受け取る際は、必ず本人確認書類と本人限定郵便物 特伝 の2点を持っていくことを忘れないようにしましょう。

次の