軽減税率対策補助金 リース 仕訳。 レジ・受発注システムが対象!「軽減税率対策補助金」を解説|スモビバ!

レジ・受発注システムが対象!「軽減税率対策補助金」を解説|スモビバ!

軽減税率対策補助金 リース 仕訳

複数税率に対応できる POSレジや キャッシュレス決済の導入に対して、 軽減税率対策補助金が支給されることになり、その申請期限は2019年12月となっています。 まだ、時間があるからとじっくり検討中の方もいると思いますが、予定外のことで間に合わない場合も考えて、早めに申請しておいた方が安心です。 POSレジを購入する販売店でも、補助金の申請をサポートしてくれますが、ある程度の内容は理解しておいた方が機器を選ぶ際にも参考になります。 今回は軽減税率対策補助金とは何なのか、そして補助金の申請方法にについてわかりやすく解説致します。 軽減税率対策補助金とは 2019年10月より消費税が10%に引き上げられることが決定しました。 そして同時に、特定の飲食物に対しては消費税8%が適用される軽減税率が適用されることになります。 10%の消費税と8%の消費税の複数税率は、会計する上で手間がかかりややこしい仕組みでもあります。 そこで、このような複数税率を自動で計算してくれるPOSレジの導入を国が推奨し、導入の際には補助金が支払われることになりました。 軽減税率対策補助金の概要 この制度は2019年10月に消費税10%への引き上げに合わせて実施されるものです。 消費税軽減税率への対応が必要となる中小企業・小規模事業者などへ補助金が支給される制度になります。 いくら補助金が支給されるとしても、導入に対してコストがかかってしまう点にあります。 導入費用は、各事業所の規模や必要となる機器等によって数万円で済むものから100万円以上かかるものまで様々です。 また、基本的にインターネットの接続が必須となるため、接続や操作等が不安だという経営者もいるかもしれません。 そのような場合には、複数税率にのみ対応できるレジを選ぶことができますが、税率機能だけに対応するレジは機種も少なく、対コスト効果を考えた時のメリットが少なくなります。 せっかくの機会であれば、POSシステムの導入を検討した方がおすすめです。 サポート体制がしっかりしている販売店を選ぶことで、操作方法への不安も解消できます。 軽減税対策補助金の対象POS それでは、軽減税対策補助金の対象となるPOSシステムについてもっと詳しく解説していきたいと思います。 補助金の支給の対象となる機種やサービスは冒頭でも軽く触れましたが、A型とB型の大きく2種類の申請類型に分かれます。 それぞれ、A型、B型とはどのような内容になるのかをご説明致します。 申請類型A型 複数税率に対応できるレジの導入を支援する補助金で、このA型には4つのタイプがあります。 A-1型 レジ導入 複数税率の計算ができるレジのことを言います。 こちらは、単純に従来のレジ機能に自動の税率計算が加わるレジスターを対象としています。 POSなしのレジでできる機能• 日次ペースで消費税8%の売上げ額の合計• 日次ペースで消費税10%の売上げ額の合計• 複数税率に対応した請求書の発行 以上の機能がついているレジスターが対象となります。 補助対象経費 レジ本体機器、レジ付属機器、キャッシュドロア、カードリーダー、決済端末、レシートプリンター、電子マネーリーダー、レジ専用ソフトウェア、設定・設置・運搬費用 補助率・補助金上限• レジ1台あたりの上限20万円 A-2型 レジ改修 現在利用中のレジを、上記のような複数税率への対応ができるようにに改修することを言います。 改修費用の一部が補助金として支給されます。 補助率・補助金上限• レジ1台あたり上限20万円 Aー3型 モバイルPOS PC、タブレット、iPad、iPhoneなどのモバイル端末を利用したPOSレジシステムに対して補助金が支給されます。 インターネットと接続して、あらゆるデータが統一して管理できるようになり、POS機種によって様々な機能を経営に役立てることができます。 POSシステムには様々な種類があるため、以下の内容を確認する必要があります。 サービスベンダーを探す(補助金申請の販売店であるかどうか確認)• 対象パッケージを探す(補助金の対象となるパッケージかどうか)• 対象サービス、対象機器を探す(補助金の対象となるかどうか) 補助金の対象区分• レシートプリンター• バーコードリーダー、キャッシュドロア、カード決済端末、電子マネーリーダー、ディスプレイ、ルーター、その他付属専用機器• 設定・運搬・設置費用 補助率・補助金上限• 補助率・補助金上限• 以上が補助金A型の主な内容となります。 機種やシステムによって、どの類型で分類すべきかは、微妙な部分もあります。 販売店に相談しながらどの類型で進めていけばいいのか明確にしていきましょう。 また、各類型の詳細は以下からご覧頂けます。 A型 及び B-2型 2019年12月16日までに申請 B-1型 上記期限までに導入を完了させることを前提に2019年6月28日までに交付申請を行って下さい。 交付報告書は2019年12月16日までに提出。 詳細はお近くの公庫の支店に問い合わせることができます。 では、申請を進めていくにあたって、それぞれの段階でのポイントを解説します。 軽減税率(消費税8%)が適用される項目について確認しておきましょう。 酒類以外の飲食物、定期的に発行される新聞が対象になります。 (ケータリングによる飲食物の提供は対象外) 飲食物でも飲食店内でテーブルの上に提供される飲食物には基本的に軽減税率が適用されません。 買って帰る弁当、施設内で提供される飲食物などには軽減税率が適用になります。 補助金が申請できる機種、システムにどんなものがあるのかを確認しておく 複数税率に対応できるレジ、POSレジシステム等でどのような事ができるのか、メリットやデメリットを把握しておくことが必要です。 それぞれの事業所によって、必要な機種やシステム等の目安をつけておくと探しやすいでしょう。 基本的に中小企業、小規模事業者は申請が可能となっていますが、事業スタイルなどによっては申請が難しい場合もありますので、規定を確認しておきましょう。 どのような機種があって、どのような機能があって、費用はいくらくらいなのか、見積もりをとって数社を比較してみることが大切です。 対応の機種・サービスなのか、申請を頼める販売店なのかを事前に確認しておきましょう。 また、折り曲げないで挿入できる封筒で郵送して下さい。 5カ月で申請した銀行振込口座に補助金が入金されます。 まとめ 今回は軽減税率対策補助金の申請方法について解説致しました。 2019年からいよいよ消費税10%が適用となりますが、かろうじて特定の飲食物に対しては消費税8%の軽減税率が適用されることになります。 軽減税率によって恩恵を受けると同時に、今回ご紹介したような、複数税率に対応できる設備やソフトウェアの導入が今後の経営にあたり必要不可欠となることが予想されます。 商品やサービスごとに、税率を振り分けていくには多大な手間と時間がかかってしまいます。 そこで、いずれにしても複数税率に対応するシステムが必要であれば、是非とも検討しておきたいのが POSシステムや通信機器、その他の便利なソフトウェアの導入です。 せっかく 補助金が支給されるのであれば、税率に対応するだけでなく、 経営システム自体を根本的に見直していくチャンスでもあります。 今回ご紹介したように、申請方法は大まかに6つのタイプから選ぶことができます。 さらに異なるシステムや機器を同時に導入する場合には、並行しての申請も可能となります。 申請期限が過ぎたら、全額を自己負担しなければそれらの便利で効率的なシステムの導入は不可能です。 すべての事業者にとって必ずしも100%メリットがあるとは言い切れませんが、 この機会を活用しないのは非常にもったいない気がします。 それぞれにとって最も効率のいい補助金の活用方法を考案していきましょう! カテゴリ• 103• 379• 183• 167• 102• 635• 235• 125• 138• 44 当サイトの情報については万全を期しておりますが正確性、安全性その他を保障するものではございません。 当サイトは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。 当サイトを利用した際のトラブルや損害に対しては一切責任を負いませんので、ご自身の判断でご利用ください。 当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資勧誘を目的に作成したものではありません。 投資等に関する最終ご判断は、利用者ご自身の責任において行われるようお願いいたします。 なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。 当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、現時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。 したがって、実際に公表される業績等はこれら種々の要因によって変動する可能性があることをご承知ください。 ランキング基準.

次の

経理さん必見!すべての企業で標準/軽減税率の区分が必要になります

軽減税率対策補助金 リース 仕訳

『』 「 経費精算の業務量を減らしたい・・」 「 経費精算の入力ミスが多い・・」 そんなお悩みを抱える方には『 』がおすすめ!• 領収書を撮影するだけ!簡単操作で自動入力!• 会計ソフトへデータを自動連携!99. 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行! はから 補助金や助成金についてご存知ですか? どんなものがあるのか、どれくらいの給付金がもらえるのか、なんとなく理解しているだけに留まっている方も多いのではないでしょうか。 筆者である私はメーカーにて経理をしておりました。 本記事のテーマである助成金ついては、キャリアアップ助成金について過去に業務を行ったことがあり、どのように仕訳をしたらいいのか迷ったことがあります。 そちらの経験も踏まえておりますので、皆様の参考になれば幸いです。 補助金・助成金の会計処理は、雑収入として計上されます。 難しい・面倒というイメージがあるかもしれませんが、給付確定日や入金日に注意して正しく会計処理をしましょう。 あなたがお勤めの企業でも給付対象になるかもしれませんよ。 そもそも補助金・助成金とは? 会計処理について説明する前に、補助金・助成金について確認をしておきましょう。 二つの違いは後ほど詳しく解説しますが、共通することとして、「政府が私企業や個人などの民間部門に対して行う一方的な貨幣の給付」を指します。 政府として推進したいことや事業の支援が対象となります。 また、補助金・助成金を受け取ることで、金銭的な恩恵を受けるのはもちろん、しかるべき機関の承認を受けたということで社会的な信頼にも繋がります。 補助金・助成金の返済義務 事業の支援を目的としている給付金のため、補助金・助成金ともに返済義務はありません。 そのため、資金調達の方法としても有効だと言えます。 特に助成金は要件さえ満たせば必ず給付対象となるため、ご自身がお勤めの企業でも対象となる取り組みがあればぜひ申請してみてください。 補助金と助成金の違いは? 簡単にまとめると、 給付に対し審査があるもの・・・補助金 要件を満たせば必ず給付されるもの・・・助成金 という違いがあります。 補助金は、ある期間内に応募して採択されれば、給付対象となります。 主に経済産業省または地方自治体で使われます。 それに対し、助成金は要件を満たしていれば必ず給付対象となります。 主に厚生労働省で使われます。 補助金・助成金の仕訳は? 補助金・助成金の科目 補助金・助成金はいずれも収入として扱われます。 そのため、法人税については課税対象となります。 しかし、補助金・助成金の特性を踏まえて、 消費税は非課税となります。 主たる事業における売上とは別の扱いです。 そのため、補助金や助成金は一般的には「雑収入」として計上します。 100万円の補助金・助成金を受け取った場合は、以下のようになります。 借方 貸方 普通 当座 預金 1,000,000 雑収入 1,000,000 ただし、これは補助金・助成金を申請後すぐに受け取ることができた場合です。 目安としては1ヶ月以内というところでしょうか。 実際には申請〜給付確定〜受け取りまで数ヶ月かかることがほとんどなので、このような単純な会計処理では済まなくなってしまいます。 補助金・助成金の仕訳入力のタイミングは? 補助金や助成金の仕訳をするタイミングとしては、 基本的に「取扱いの機関から支給決定通知書が到着した時」となっています。 給付が確定した日付で処理しましょう。 ただし、先ほどもご説明した通り、給付確定〜受け取りまで数ヶ月かかります。 最長では一年半です。 そのため、一旦「未収入金」として計上しておく必要があります。 「未収入金」とは、事業の中心となる営業活動ではない取引で発生している債権となります。 そのため、営業的なものではない補助金や助成金が「未収入金」として処理されることになります。 未収入金は決算期後の1年以内に回収される性質のものを指します。 実際に入金を確認できたら、未収入金を消し込む処理をしましょう。 仕分けは以下の通りです。 日付:給付確定日 借方 貸方 未収入金 1,000,000 雑収入 1,000,000 日付:入金日 借方 貸方 普通 当座 預金 1,000,000 未収入金 1,000,000 二段階に分けて入力する必要がありますので、忘れないように注意してください。 補助金・助成金を会計処理する際の4つの注意点 1. 決算期をまたぐ場合 決算期をまたぐ場合は、必ず未収入金で計上してください。 摘要欄に補助金・助成金について簡単に記載しておくようにしましょう。 法人税の課税対象ではあるが、消費税の課税対象ではない 勘定科目を「雑収入」としたので、消費税の処理が必要だと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、消費税の処理は不要です。 冒頭でもご説明したように、補助金・助成金には消費税がかかりません。 補助金は不課税売上、つまり課税対象ではありません。 事業者が国、または地方公共団体から受け取る助成金や補助金は、資産の譲渡等の対価に該当しないためです。 補助金・助成金の一部を人件費などに補填することはできない 補助金や助成金を人件費の補填に充てて、直接人件費などから差し引くような計上は認められません。 会計には「総額主義」という考え方があるためです。 総額主義とは、「費用及び収益は、総額によって記載することを原則とし、費用の項目と収益の項目とを直接に相殺することによってその全部又は一部を損益計算書から除去してはならない」というものです。 補助金を100万円受け取り、実質人件費の補填に40万円充てた場合であっても、以下のような計上はできませんので注意してください。 借方 普通 当座 預金 400,000 人件費 400,000 普通 当座 預金 600,000 雑収入 600,000 4. 給付金を受け取るまでにタイムラグが生じる 補助金・助成金の対象となる経費を支払ってから、申請を行うことになります。 申請が通ってから実際に給付されるまでに数ヶ月かかることがほとんどです。 補助金や助成金をあてにしていると、キャッシュフローが悪くなってしまう恐れがあるので注意してください。 補助金と助成金の3つの具体例 1. ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金 通称「ものづくり補助金」と呼ばれるものです。 中小企業・小規模事業者等が、認定支援機関と連携して、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するもので、中小企業庁管轄で公募が行われています。 年度により金額は変わりますが、機械装置費などの対象経費の2/3以内、上限額1,000万円が給付されます。 事業承継補助金 事業承継、事業再編・事業統合を契機として経営革新等や事業転換を行う中小企業者に対して、その新たな取組に要する経費の一部を補助するもので、ものづくり補助金同様、中小企業庁の管轄で公募が行われています。 種類にもよりますが、300万円〜600万円の補助金を受けることができます。 キャリアアップ助成金 非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップを促進す るため、正社員化、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成する制度です。 こちらは厚生労働省の管轄です。 正社員化コース・人材育成コースなどがあります。 例えば、有期契約社員を正規雇用に切り替えた場合、一人当たり42万円〜72万円の助成金の給付を受けることができます。 中小企業の場合、通常57万円 他にもたくさんの制度があります。 ご自身で調べてみたり、専門の業者や社労士に問い合わせてみたりするのもいいでしょう。 まとめ 補助金・助成金は返済義務がなく、事業の支援を目的として給付されるものです。 補助金・助成金の情報を集めておくことで、事業の助けになることもあります。 自社の取り組みで対象になるものはないか、きちんとアンテナを張っておくことが重要です。 会計処理も間違えやすいポイントや注意点がありますが、特段難しいわけではないので、ぜひトライしてください。

次の

助成金・補助金の勘定科目

軽減税率対策補助金 リース 仕訳

複数税率に対応できる POSレジや キャッシュレス決済の導入に対して、 軽減税率対策補助金が支給されることになり、その申請期限は2019年12月となっています。 まだ、時間があるからとじっくり検討中の方もいると思いますが、予定外のことで間に合わない場合も考えて、早めに申請しておいた方が安心です。 POSレジを購入する販売店でも、補助金の申請をサポートしてくれますが、ある程度の内容は理解しておいた方が機器を選ぶ際にも参考になります。 今回は軽減税率対策補助金とは何なのか、そして補助金の申請方法にについてわかりやすく解説致します。 軽減税率対策補助金とは 2019年10月より消費税が10%に引き上げられることが決定しました。 そして同時に、特定の飲食物に対しては消費税8%が適用される軽減税率が適用されることになります。 10%の消費税と8%の消費税の複数税率は、会計する上で手間がかかりややこしい仕組みでもあります。 そこで、このような複数税率を自動で計算してくれるPOSレジの導入を国が推奨し、導入の際には補助金が支払われることになりました。 軽減税率対策補助金の概要 この制度は2019年10月に消費税10%への引き上げに合わせて実施されるものです。 消費税軽減税率への対応が必要となる中小企業・小規模事業者などへ補助金が支給される制度になります。 いくら補助金が支給されるとしても、導入に対してコストがかかってしまう点にあります。 導入費用は、各事業所の規模や必要となる機器等によって数万円で済むものから100万円以上かかるものまで様々です。 また、基本的にインターネットの接続が必須となるため、接続や操作等が不安だという経営者もいるかもしれません。 そのような場合には、複数税率にのみ対応できるレジを選ぶことができますが、税率機能だけに対応するレジは機種も少なく、対コスト効果を考えた時のメリットが少なくなります。 せっかくの機会であれば、POSシステムの導入を検討した方がおすすめです。 サポート体制がしっかりしている販売店を選ぶことで、操作方法への不安も解消できます。 軽減税対策補助金の対象POS それでは、軽減税対策補助金の対象となるPOSシステムについてもっと詳しく解説していきたいと思います。 補助金の支給の対象となる機種やサービスは冒頭でも軽く触れましたが、A型とB型の大きく2種類の申請類型に分かれます。 それぞれ、A型、B型とはどのような内容になるのかをご説明致します。 申請類型A型 複数税率に対応できるレジの導入を支援する補助金で、このA型には4つのタイプがあります。 A-1型 レジ導入 複数税率の計算ができるレジのことを言います。 こちらは、単純に従来のレジ機能に自動の税率計算が加わるレジスターを対象としています。 POSなしのレジでできる機能• 日次ペースで消費税8%の売上げ額の合計• 日次ペースで消費税10%の売上げ額の合計• 複数税率に対応した請求書の発行 以上の機能がついているレジスターが対象となります。 補助対象経費 レジ本体機器、レジ付属機器、キャッシュドロア、カードリーダー、決済端末、レシートプリンター、電子マネーリーダー、レジ専用ソフトウェア、設定・設置・運搬費用 補助率・補助金上限• レジ1台あたりの上限20万円 A-2型 レジ改修 現在利用中のレジを、上記のような複数税率への対応ができるようにに改修することを言います。 改修費用の一部が補助金として支給されます。 補助率・補助金上限• レジ1台あたり上限20万円 Aー3型 モバイルPOS PC、タブレット、iPad、iPhoneなどのモバイル端末を利用したPOSレジシステムに対して補助金が支給されます。 インターネットと接続して、あらゆるデータが統一して管理できるようになり、POS機種によって様々な機能を経営に役立てることができます。 POSシステムには様々な種類があるため、以下の内容を確認する必要があります。 サービスベンダーを探す(補助金申請の販売店であるかどうか確認)• 対象パッケージを探す(補助金の対象となるパッケージかどうか)• 対象サービス、対象機器を探す(補助金の対象となるかどうか) 補助金の対象区分• レシートプリンター• バーコードリーダー、キャッシュドロア、カード決済端末、電子マネーリーダー、ディスプレイ、ルーター、その他付属専用機器• 設定・運搬・設置費用 補助率・補助金上限• 補助率・補助金上限• 以上が補助金A型の主な内容となります。 機種やシステムによって、どの類型で分類すべきかは、微妙な部分もあります。 販売店に相談しながらどの類型で進めていけばいいのか明確にしていきましょう。 また、各類型の詳細は以下からご覧頂けます。 A型 及び B-2型 2019年12月16日までに申請 B-1型 上記期限までに導入を完了させることを前提に2019年6月28日までに交付申請を行って下さい。 交付報告書は2019年12月16日までに提出。 詳細はお近くの公庫の支店に問い合わせることができます。 では、申請を進めていくにあたって、それぞれの段階でのポイントを解説します。 軽減税率(消費税8%)が適用される項目について確認しておきましょう。 酒類以外の飲食物、定期的に発行される新聞が対象になります。 (ケータリングによる飲食物の提供は対象外) 飲食物でも飲食店内でテーブルの上に提供される飲食物には基本的に軽減税率が適用されません。 買って帰る弁当、施設内で提供される飲食物などには軽減税率が適用になります。 補助金が申請できる機種、システムにどんなものがあるのかを確認しておく 複数税率に対応できるレジ、POSレジシステム等でどのような事ができるのか、メリットやデメリットを把握しておくことが必要です。 それぞれの事業所によって、必要な機種やシステム等の目安をつけておくと探しやすいでしょう。 基本的に中小企業、小規模事業者は申請が可能となっていますが、事業スタイルなどによっては申請が難しい場合もありますので、規定を確認しておきましょう。 どのような機種があって、どのような機能があって、費用はいくらくらいなのか、見積もりをとって数社を比較してみることが大切です。 対応の機種・サービスなのか、申請を頼める販売店なのかを事前に確認しておきましょう。 また、折り曲げないで挿入できる封筒で郵送して下さい。 5カ月で申請した銀行振込口座に補助金が入金されます。 まとめ 今回は軽減税率対策補助金の申請方法について解説致しました。 2019年からいよいよ消費税10%が適用となりますが、かろうじて特定の飲食物に対しては消費税8%の軽減税率が適用されることになります。 軽減税率によって恩恵を受けると同時に、今回ご紹介したような、複数税率に対応できる設備やソフトウェアの導入が今後の経営にあたり必要不可欠となることが予想されます。 商品やサービスごとに、税率を振り分けていくには多大な手間と時間がかかってしまいます。 そこで、いずれにしても複数税率に対応するシステムが必要であれば、是非とも検討しておきたいのが POSシステムや通信機器、その他の便利なソフトウェアの導入です。 せっかく 補助金が支給されるのであれば、税率に対応するだけでなく、 経営システム自体を根本的に見直していくチャンスでもあります。 今回ご紹介したように、申請方法は大まかに6つのタイプから選ぶことができます。 さらに異なるシステムや機器を同時に導入する場合には、並行しての申請も可能となります。 申請期限が過ぎたら、全額を自己負担しなければそれらの便利で効率的なシステムの導入は不可能です。 すべての事業者にとって必ずしも100%メリットがあるとは言い切れませんが、 この機会を活用しないのは非常にもったいない気がします。 それぞれにとって最も効率のいい補助金の活用方法を考案していきましょう! カテゴリ• 103• 379• 183• 167• 102• 635• 235• 125• 138• 44 当サイトの情報については万全を期しておりますが正確性、安全性その他を保障するものではございません。 当サイトは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。 当サイトを利用した際のトラブルや損害に対しては一切責任を負いませんので、ご自身の判断でご利用ください。 当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資勧誘を目的に作成したものではありません。 投資等に関する最終ご判断は、利用者ご自身の責任において行われるようお願いいたします。 なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。 当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、現時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。 したがって、実際に公表される業績等はこれら種々の要因によって変動する可能性があることをご承知ください。 ランキング基準.

次の