マリオメーカー2 みんなでバトル。 『マリオメーカー2』誰でも作れる良質ステージの作り方~みんなでバトル編~

みんバト初心者向けS帯が語るマリオメーカー2のみんなでバトルの勝ち方、勝率を上げる方法その1

マリオメーカー2 みんなでバトル

2019年06月28日 18時20分 最大4人でオンライン対戦可能な「スーパーマリオメーカー 2」のみんなでバトルをプレイしてみた 2019年6月28日にNintendo Switch向けゲームの「 」が発売されました。 スーパーマリオメーカー 2では前作になかったオンライン対戦モード「 みんなでバトル」が搭載されており、インターネットを通じて世界中のマリオプレイヤーとバトルできるということで、実際にプレイしてみました。 スーパーマリオメーカー 2 Nintendo Switch 任天堂 スーパーマリオメーカー 2の複数人での同時対戦モードである「通信であそぶ」には、「世界の人とあそぶ」と「持ちよってあそぶ」の2つがあります。 「世界の人とあそぶ」はオンライン上でランダムに4人1組となってゲームをプレイするモードで、「みんなでクリア」は最大4人の味方でコースのクリアを目指すもので、「みんなでバトル」は最大4人で誰が1番最初にコースをクリアするかを競うというもの。 「みんなでバトル」にはバトルレートが存在していますが、「みんなでクリア」の場合はただただゲームをみんなでクリアするのみ。 平日昼間ということもあって初めはマッチングにかなり時間がかかっていたのですが、しばらくプレイを続けていると割とストレスなくマッチングするようになりました。 なお、みんなでクリアおよびみんなでバトルは、2人以上プレイヤーがそろった後、一定時間以上経過するとゲームがスタートします。 「みんなでクリア」と「みんなでバトル」の違いは、基本的にはバトルレートが関係しているか否か。 みんなでクリアはバトルレートが関係しておらず、ミスをしても味方の位置から復帰可能です。 また、プレイ時にプレイヤーがコースの難易度を選ぶことが可能で、最も得票数の多い難易度のコースをプレイすることになります。 なお、得票数が同じ場合は難易度が低いものが優先されるようになっており、Nintendo Switchのフレンドと一緒に対戦することはできません。 みんなでプレイでは以下のムービーのようにコースのトラップにみんなで一緒にひっかかってしまうことがあり、ある意味でこれがみんなでプレイする醍醐味なのかも。 ただし、味方がゴールするとその場でゲーム終了となります。 みんなで一緒に固まって進んでいくこともまれにありますが、ゲームにはボイスチャット機能はないため、プレイヤーがそれぞれ自分のペースでコースを進んでいき、いつの間にか誰かがコースをクリアしてゲーム終了となることも少なくありません。 複数人が協力してコースをクリアしていくような仕掛けがあればいいのですが、今のところそういった仕掛けには出くわしておらず、「ひとりでプレイする方がクリアした達成感が味わえて良いのでは……?」と思わずにはいられません。 みんなでバトルでは、勝利すればするほどバトルレートが上昇します。 基本的にはレートが近い人とマッチングするようになっており、もちろん負ければレートが下がります。 実際にプレイしてみると、こちらも誰かがゴールするとゲームが強制的に終了してしまうので、マッチングしたプレイヤーの中で1番上手くない限り毎回コースの途中でゲームが終わるという消化不良なゲームを続けることになります。 ゴールがすぐ目の前に見えているのにその手前で強制終了というのはなかなかストレスで、勝てない限り達成感を味わえないというのはなかなかに酷。 2位以下はすべて「負け」となっておりポイントも得られないので、初心者にはなかなか続けるのが難しいゲームモードかなという印象。 また、以下のムービーのようにコースによってはせっかく先へ進むカギを自力でゲットしても、カギのしまった扉の前に多数のプレイヤーが待ち構えており先へ進めないといった状況も起きてしまい、複数人でプレイするのに向いていないのでは?というコースが選択されるケースがある点には注意。 そもそも難しすぎるコースが登場して誰もクリアできないまま延々とゲームが続くこともあるので、みんなでバトルおよびみんなでクリアのプレイが楽しめるか否かは、ランダムで選ばれるコースの完成度にかなり影響されそうなところ。 実際にプレイしてみた感想としては、とにかくみんなでバトルでは勝つことができず。 何度も何度もチャレンジしてみたものの、惜しいところまではいくものの1位にはなれず歯がゆさだけが蓄積されていきました。 発売日にプレイしたため、バトルレートがゼロからスタートした上級者が多数いた可能性もありますが、それでも「これだけ1位になれないのか……」と心が折れかけたので、1位になれなくても2位以下の順位を決めてポイントを配布するなどして達成感を得られるようにしてくれると、初心者でもより楽しめるモードになるのではと感じました。 なお、みんなでバトルの強者たちはグングンバトルレートを上げているようで、記事作成時点ではバトルレートBの2606が最高値となっています。 通信プレイでは、Nintendo Switchを「持ちよってあそぶ」ことも可能。 この場合でも最大4人でプレイが可能ですが、全員がNintendo Switchを持っている必要があり、おすそ分けプレイはできません。 また、最低でも1人のプレイヤーが に加入しており、かつプレイ中にNintendo Switchをインターネットにつなげる必要もあります。 なお、「スーパーマリオメーカー 2」はAmazon. jpでパッケージ版が税込5622円、ダウンロード版が税込5863円で販売中です。

次の

『スーパーマリオメーカー2』「みんなでバトル」でバトルランクをあげるコツ10選!勝つことよりミスをなくすことがポイント

マリオメーカー2 みんなでバトル

マリオメーカー2のみんなでバトルが勝てない人へ この記事の狙い• マリオメーカー2「みんなでバトル」のD~C帯の人に、勝つためのノウハウを伝授する。 マリオメーカー2の 「みんなでバトル」(オンラインマルチ対戦)はとてもユニークで笑えるゲームだ。 時にはオリンピックになり、時にはドリフターズになる。 しかし、全然勝てないとお嘆きの方も多いことだろう。 今回は、D帯やC帯を脱出するための基本的なノウハウや攻略法をお教えしよう。 【基本】とにかく右を目指す コースを作る時の仕様上、ゴールは右端に設置されていることが多い。 土管や扉などにも入ってみたくなるだろうが、まずは行けるだけ右を目指すのが基本だ。 のん気に左や上や下を探索している場合じゃないぞ。 謎解きコースかと思ったら、すぐ右にゴールが置いてあった!なんてこともよくあるからね。 特に「はじめてのコース」とか"my first course"なんてタイトルだったら、大体難易度が低くてちょっと右に行ったところにゴールがあると思って良い。 もしそうじゃなかったら、少しひねた性格のヤツが作ってるコースというだけだ。 【基本】最も重要なのはミスしないこと 「ミスしないなんて当たり前だろ」と言う人も、ミスるとどれだけの時間をロスをするかは知らないはずだ。 ミスしてしまうと、リスポーンに5秒の時間がかかる。 さらにミスした地点に戻るのに、10秒や20秒、あるいはもっとかかるかもしれない。 あなたがウサイン・ボルトだとしても逆転は難しいだろう、相手がミスしない限りは……。 つまりノーミスならば、大体勝てる。 とは言え、D帯~C帯の人がノーミスでコースをクリアすることは、とても難しいことだ。 スーパーキノコやファイアフラワーなどがあったら、多少のタイムロスはしてもとっておこう。 どうせみんな1回はミスるし、5秒もかからない。 ただ、B帯以上だとみんな上手くなってくるので、それに見合う力をつけたなら、キノコを取るよりも前に進むスピードが優先だ。 1ミスしたら、キノコを取ればいい。 【基本】スタートで前に出る 陸上に競馬にモータースポーツ、どんなレースでもスタートは肝心だ。 無論、マリオメーカーみんなでバトルでも同じことだ。 簡単なコースなら、スタートダッシュで前に出られるかどうかが勝敗に直結する。 前に出てしまえば、ライバルとぶつかって無駄な時間を取られることもない。 短く簡単なコースなら、そのまま勝つことも、稀にある。 実はD帯やC帯では、プレイヤーのスタートで前に出る意識が低いので、出し抜ける可能性が高い。 逆に上のレート帯になると、あらゆる手段で自分が前に行こうとするため、スタートで前に出るのも非常に難しいのだ。 そのあらゆる手段は、次の項目で紹介する。 【基本】スタート前と直後の妨害・接触に注意 常にロケットスタートが有効とは限らない。 スタート直後に即ミスのトラップや多数の敵が設置されている場合、あえて後ろから行くのもいい。 スタート直後はごちゃつくので、相手の妨害や思わぬ接触で事故ることもある。 さらにスタート前の妨害も要注意だ。 放っておくと谷底へ投げ飛ばされて、嘲笑われることになるだろう。 持ち上げられたら、すぐにジャンプで脱出だ。 逆に、油断してる奴や自分より前にいる奴は、ドンドン持ち上げたりヒップドロップしてしまおう。 【環境】有線接続を使う このゲーム、とにかくラグが多いのが現状だ。 まずは有線接続を使おう。 私が使っているのはI-O DAtaのUS3-HB3ETGプロコンとLANケーブルを同時に接続できるタイプのものだ。 まあ、USBのハブが一つしかないという勘違いでこれを買ったのだが、今の所安定しており、おススメだ。 ただ有線環境にしても、どうにもならないことも、ままある。 ラグさえなければ、究極の神ゲーなのだが。 【基本】スキンごとに違うアクションを覚える Uではジャンプ中にRなどで飛距離を伸ばせる。 Uや3Dランドスキンでは、壁キックができる。 ワールドでは、Rなどでスピンジャンプができ、これを使えば通常は踏むとダメージを受ける敵も踏める。 これらを知らないと、わけの分からない間に穴に落ちたりして泣きを見ることになる。 【基本】敵キャラの挙動や特徴を覚える 特に中ボスとして出てくるブンブンや、ボスとして出がちなクッパの挙動は覚えるべし。 こいつらも、スキンによって異なる。 また、クリボーやノコノコも侮るな! そこそこマリオ経験がある貴方は、クリボーやノコノコなどでミスをするはずがない、と確信しているだろう。 普通のマリオなら、そうかもしれない。 だがこれはマルチプレイのレース。 ライバルがいることで視線が分散し、レース故の焦りもあるので危険だ。 そこに「たかがクリボー」という油断が加われば、D帯やC帯の貴方は、いともたやすくミスをするだろう。 【基本】クリア条件・鍵は踏むことで奪える。 ゴールするための「クリア条件」があるコースもある。 これはシングルプレイとは仕様がまるで違う。 例えば「コインを100枚集める」が条件なら、4人中の通算で100枚目のコインをゲットしたものが、"クリア条件" =ゴールできる権利 を入手する。 それ以後は、他の誰かがもう100枚集めようと関係なく、"クリア条件"はただ一人しか持つことができない。 なら残り3人は指を咥えてクリア条件達成者のゴールを見つめるだけか、というとそうでもない。 クリア条件を持っている人を踏みつければ、それを奪うことができる。 扉を開けるための鍵も同様だ。 ただ、例外もある。 「スーパーマリオのままゴール」などのプレイヤー自体に条件が課された場合では、純粋に自分の状態を指示通りに保たねばならない。 【やや基本】コース名とタグでコースを予想する。 先ほども述べたように、タイトルが"my first course"とか"1-1"みたいなコースがあったら簡単なので、スピード勝負だと思ってよい。 タグに「一発ネタ」と書いてあるものも、大体短くて速さ勝負。 また、クリア条件は絶対に見逃さないように注意だ。 【応用】甲羅でキルできる もし貴方が、「この対戦で直接攻撃されることはない」と思って安心しているなら、気をつけた方がいい。 そう、マリオカートのようにね。 マリオカートと違うのは、カートではその場から再スタートできるのに対し、こちらはスタート地点まで戻されてしまうことだ。 まあ、「マリオブラザーズ」から遊んでいるおじさん達には常識だろうけどね。 これは太古の昔から続くマリオの伝統だ。 ライバルが甲羅を手に持っていたら、距離を取って十分に警戒しよう。 また、スキンにより甲羅の仕様が違う。 甲羅だけを持ち歩ける「ワールド」では、より警戒が必要だ。 狙い通りにキルを決めた場合、貴方は快感にめざめ、ゴールよりもキルの楽しみを優先してしまうかも。 【応用】 ヨッシーは、他プレイヤーを食える 緑ヨッシーは、他のプレイヤーを口に含むことができる。 数秒すれば吐き出されるが、谷底へポイっと吐き捨てることもできる。 ヨッシーに乗ったプレイヤーは、甲羅を持ったプレイヤー同様に警戒が必要だ。

次の

『マリオメーカー2』みんバト頑張れば公式大会に出場?!

マリオメーカー2 みんなでバトル

コンテンツ [] 概要 ランダムマッチングした相手とランダムに選ばれたコースでゴールまで競争し、一番早くクリアした人が勝ち。 勝つとバトルレートと呼ばれるステータスが上がり、負けると下がる。 時間内に誰もゴールできずにタイムアップするか自分以外全員がギブアップして残機制に自動変更されその状態で残り数が0になると引き分けになり、その場合バトルレートは変動しない。 終了時にそのコースの評価が「いいね!」「ふつう」「ダメ!」の3段階で投票で決められる。 通常は4人揃って行われるが、稀に2人や3人で行われることもある。 コースを投稿するときのタグ付けの際、「みんなでバトル」のタグをつけることもできるのでバトル専用コースでコース職人ポイントを稼ぐ職人もいる。 バトルにおける特徴的な機能 ほとんどと共用の機能。 -ボタンを押すと、コメントを入れることができる。 コメントは9種類から選ぶ方式で、入れると左下に表示される。 使うコメントは通信モードトップ画面より選択可能。 また、 みんなでやりなおしませんかというものがあり、4人全員がこれを押すとやり直せる。 ゴール負けについて ゴールポールをゴールとするコース(初代スキンとUスキンの城ステージ以外や3Dワールドスキンの全てのコース)では誰かにゴールされても数秒間猶予時間があり、その間にゴールすることでゴール負けとなる。 ゴール負けをすれば負けたことによるレートの減少をかなり抑えられる。 レートが下がらないこともある。 そのため、ほぼ勝つことが確定したプレイヤーが他のプレイヤーのレート減少に気を遣って後続のプレイヤーを待つという「ゴール待ち」を行うこともあるが、これは少々リスクを伴うもので、待ってる間に油断して先にゴールされてしまうこともある。 この行為は負けた側にとっても有益なので基本的に煽りとされない。 ただし、ゴールポール以外をゴールとするコース(マリオ3とマリオワールドの全てのコース、初代スキンとUスキンの城ステージ)ではゴール負けが出来ずに誰かがゴールしたら即終了なので煽りと受け取られることが多い。 なお、ゴールしていないプレイヤーが全員リスポーン中の場合は猶予時間が発生せず、ゴール負けができない。 バトル専用コース 直接争わずに同時にスタートするレース系のものや奥に仕掛けがあってそれを動かさないと先に進めないように見せかけて実際は仕掛けを動かした者(または動かそうとした者)が勝つようにした心理系のものなど様々なコースがある。 特に心理系コースは2019年7月下旬頃からブームになった。 しかしバトル専用コースはレーンごとにコースが違ったりと平等ではないコースもある 問題点 Ver. 0時点の問題点• や、など、明らかにバトルに適していないコースが選ばれることがある。 0で追加された「シングルプレイ」タグが付いたコースは複数人プレイで選ばれなくなったので、完全な解決ではないもののコース選出の不備は緩和された。 ゴール直前もしくはゴール後のチャット機能やしゃがみを使った煽り行為が後を絶たない。 ビルダーマリオの箱出し能力を使った締出し行為。 相手の出した箱に限り壊せるように修正済み。 しかしハテナブロックを破壊することはできる• カギドアを開けるときの硬直で抜かれる。 開けた後すぐに入れるように修正済み。 ゴールされるとドアや土管等が使用不可になって詰み、前述のゴール負けができなくなる。 運要素や作者の不備による不公平などフェアではない対戦になることも少なくない。 コースプレイ中のラグによりプレイが正常に行なうことができなくなる。 せりあがる溶岩や毒沼により復活が遅れる• ボスバトルやボム兵で壁を壊して進むギミックなどのつまり要素により追いつかれる• 敵だらけや目の前にすぐゴールがあるというようなクソコが選ばれることもある 脚注• これらのコースは1人でプレイすることしか考えられていないので、場合によっては詰むこともある。 ・・ シリーズ: - - - つくる: - - スキン( - ) - - () - オンライン:( - - - - )- - みんなでバトル - - - コースジャンル: - - - - - - - - - - - 違反行為:(いいね交換) - - - - - - パワーアップ: - - - - - - - - - ユーザー: - - その他: - -.

次の