カズヒロ メイク アップ。 アカデミー賞日本人受賞のカズヒロ!プロフィールや家族、気になる給料や年収なども調査!

カズヒロ(辻一弘)のアカデミー受賞作品!「スキャンダル」の特殊メイクが極上【画像】

カズヒロ メイク アップ

ついにアカデミー賞が発表されましたね、私はジョーカーに絞っていましたが、やはり作品賞は難しかったのでしょうね 笑 ネタについては、ここではネタバレになりますので申し上げにくいのですが、不安要素を助長するようなことをしたくなかったような一面もありえますよね。 でもホアキンフェニックスの減量と言い、この作品には非常に情熱を感じて他なりませんでしたが…それでも今回驚いたのが、またメイクの部分でカズヒロさんが2年ぶりにメイクアップ賞を受賞されたことですよね! これには本当に驚きましたし、やはり2年ぶりとはいえ直近で賞を受賞されているわけで、これで前回初受賞したのが実力だった!と更に印象付けたように思います。 日本人として嬉しい限りですが、少し気になったコメントがありましたね…日本では夢がかなわない。 これには一体何が隠されているのか、 日本文化が嫌いになったきっけかや原因、このあたりを推察していきたいと思いますが、他にも同賞を受賞した巧みな特殊メイク方法についても少し触れておきたいと思います。 Sponsored Link カズヒロ メイクアップアーティスト が日本文化を嫌いになったきっかけや原因とは… 日本人でありながら、何故日本文化が嫌いになってしまったのでしょうか。 この日本文化というのは伝統芸能などを指しているのではなく、 恐らく日本の習慣と言いましょうか、日本人の考え方などを指しているように感じるのですが、日本では何かとしがらみが多いですよね。 年齢を重ねるごとに、自分ではどうしようもないような障壁があったり、あとは実力がありながらもそれを評価しないような風潮があったり、確かにカズヒロさんが言う、特殊な日本文化はあるように思いますよね。 アメリカではそうではないのかもしれませんが 笑 勝手なイメージだと自由の国、そして誰にでもチャンスがあるようにも感じますね!例えば芸人の綾部さんがアメリカに行かれていますが、それも一握りのチャンスを掴みに行っていますし、 日本では限界を感じた所もあるのかもしれませんね。 原因は人間関係ともいわれていますが、やはりそうなるとしがらみなのでしょうね…自分はこうしたくても、会社が、組織が、先輩が、師匠がそうはさせてくれない、認めてくれない、自分がしたいことと真逆な事をしなければならない。 恐らくそのようなことなのでしょうね、きっかけはアメリカに行く前になるのでしょうから、1996年頃でしょうかね、 代々木アニメーション学院で講師を務められたりしていた頃でしょうから、もしかするとこの頃までには既に人間関係の悩みを少なからず持っていたことでしょう。 誰かを教えるということに疑問を感じたり…はたまた組織の中で何を成果にして、誰の為にどうするのかなど、疑問に感じることがもしかするときっかけや原因になったことも考えられるかもしれませんよね。 カズヒロが実践する特殊メイクの方法とは? 1996年ぐらいまでに、日本でカズヒロさんんい特殊メイクを習っていた生徒にとっては、本当に鼻が高いことでしょうね 笑 私が元生徒なら、絶対に自慢していると思います。 世界に羽ばたくメイクアップアーティストですからね…今後も間違いなく活躍をすることでしょう。 さて、カズヒロさんが実践されているメイク方法についてですが、少し調べて見ましたが、どうもほとんどのメイクアップアーティストが実践しているようなメイク方法は、基本的に顔の部分を覆う様なメイク方法をしつつ、実写の本人に寄せていくようなメイクをするのが基本のようです。 ですが、カズヒロさんのメイク方法については、少し違うようで、 部分的にメイクで盛ったりと元々の素材を生かしつつ、そしてカズヒロさんのメイクものせつつで作り上げていくようです。 今回の作品でもカズヒロさんのメイクは女優さんの元々の顔もしっかり残しつつ、そしてご本人にも似せていくようなナチュラルなメイクをされていましたので、うまくメイクをされているな!というような印象でした。 Sponsored Link カズヒロは結婚しているの?子供については… カズヒロさんですが、2000年代でかなり多くの活躍をされているのですが、ここ最近日本でも注目をされるようにはなりましたよね。 そんなカズヒロさんは既にご結婚をされているのか?少し調べて見たのですが、嫁さんと子供についての情報が一切ありませんでした 笑 今回のような授賞式には、意外と夫婦で出席とかあり得るのではと思っていたのですが…。 ブログ運営者:土屋 みつる 昭和から平成になる頃、日本に生まれました。 自称、WEB編集者の自動車マニアなわたくし土屋 みつるが、基本的には、皆様に役立つ自動車に関する裏話や色々な情報を発信してまいります。 小学校低学年からプラモデル、ミニ四駆の製作に没頭し、高学年になる頃には、両親の車の洗車やタイヤ交換をし始め、中学生になる頃には、車の軽整備なども、両親の影響ではじめました。 国産車や外国車についても、浅い所から深い所まで、精通しております。 最近の若人たちの車離れを、食い止めるべく、車の良さ、凄さなどを分かって頂きたいために、様々なエピソードやお役立ち情報など紹介してまいりたいと思います。 どうぞお楽しみください。

次の

カズヒロ(辻一弘)のアカデミー受賞作品!「スキャンダル」の特殊メイクが極上【画像】

カズヒロ メイク アップ

第92回アカデミー賞の授賞式がが行われ、メイクアップアーティストのカズ・ヒロさん(旧:辻一弘)が映画「スキャンダル」で2度目のメイク・ヘアスタイリング賞を受賞したとのことです。 授賞式の後に、このような「日本文化が嫌に・・」発言をしたとのことで、話題になっています。 カズ・ヒロさん。 授賞式後の会見で、日本の経験が受賞に生きているのか聞きました。 カズ・ヒロさんは「こう言うのは申し訳ないのだが、私は日本を去って、米国人になった。 (日本の)文化が嫌になってしまい、 日本では 夢をかなえるのが難しいからだ。 それで(今は)ここに住んでいる。 ごめんなさい」 — Toshi Ogata 尾形 聡彦) ToshihikoOgata この記事では、日本文化が嫌になった経緯や今までの生い立ちなどを紹介していますので、ご覧ください。 カズ・ヒロ(旧:辻一弘)のプロフィール カズ・ヒロ(辻一弘)2度目のオスカー受賞!シャーリーズ・セロンを実在のキャスターに変身【第92回アカデミー賞】 — シネマトゥデイ cinematoday 2020年2月10日に第92回アカデミー賞授賞式が行われ、メイクアップアーティストのカズ・ヒロ(旧:辻一弘)さんが、映画『スキャンダル』で2年ぶりに2度目のメイク・ヘアスタイリング賞を受賞しました。 そんなカズ・ヒロさんのプロフィールを紹介していきます。 本名:カズ・ヒロ(旧:辻一弘) 出身地:京都府京都市 生年月日:1969年5月25日(48歳) 住所:ロサンゼルス在住 カズ・ヒロさんは子供のころに映画「スター・ウォーズ」に影響を受け、特殊効果の仕事に憧れを持ちます。 そして、自身で8ミリ映画やミニチュアなどを制作しながら、映画雑誌「ファンゴリア」で特殊メイクの世界を知ることになります。 その後、特殊メイクを独学で勉強し、影響を受けた特殊メイクの巨匠「ディック・スミス」のところへ入門。 アメリカに渡ってからは、独特な感性や、優れた技術力が評価され、「LOOPER/ルーパー」や「PLANET OF THE APES/猿の惑星」「ベンジャミン・バトン」「グリンチ」など多数映画に参加していました。 アメリカでは文化の壁にあたったそうで、次のように話をしていました。 アメリカ人と一緒に仕事をするのは大変でした。 日本人みたいな気遣いはないし、個人社会なので、そこでどうやって生きていくか、最初のころは悩みました。 仕事の姿勢というか、毎日同じことを繰り返していれば楽なんです。 でもそこから一方、踏み出さないと進歩していかない。 最初は半分けんかというか、激しいディスカッションでしたね。 でもリックさんも人一倍努力する人で、一緒になって雰囲気を変えていこうとしてくれました カズ・ヒロが日本文化を嫌がる理由とは? 今回の会見でカズ・ヒロさんが日本文化を嫌がる理由今回は説明していません。 しかし、以前にこのようなことを話していましたので、ご紹介します。 日本人の熱意のなさ? カズ・ヒロさんは年に1回日本でもワークショップを開いていたそうなのですが、その時に感じていたことは 「熱意がないこと」。 なりたいものや、やりたいことは、みんなそれなりにあるし、口では言うんです。 いまは情報社会だけに、知識も持っている。 でも、それを実際の努力に結び付けていないという感じがします。 口だけが先行し、実際にどう動いているのか、結果や努力に繋がっていないという意味なんでしょうか。 確かに、日本の学生は中国や韓国の若者に比べてハングリー精神に欠けるというのも聞きますし、カズ・ヒロさんも日本人のそういったところが嫌になってしまった原因の一つだったのでしょうか。 また、『(日本の)文化が嫌になってしまい、 日本では 夢をかなえるのが難しいからだ。 』とも話をしていますが、カズ・ヒロさんの発言を見てみると人から言われてやる仕事に不満を抱くようになったようです。 人から言われてやる仕事よりやりたい仕事を 以前にカズ・ヒロさんはこのようにも述べています。 映画やドラマの仕事は、人から言われてやる仕事でしょう。 それに不満を抱くようになったのでやめたんです。 受賞よりも、自分で作りたいものを作って評価されるほうが、喜びははるかに大きいし価値もあるんですよ。 また、特殊メイクの世界でやっていけると確信できたのはいつ頃かという質問には、このように回答しています。 「やっていける」かどうかというより、「やりたい」からやっています。 18歳から、その思いは変わっていません。 大切なのは、やっていけるかどうかではなく、やりたいかどうか。 好きな仕事でも苦労はあります。 しかしそれはどの世界でも当然のことでしょう。 恐らく、日本では映画やドラマなど人から言われてやる仕事が多かったんでしょうね。 それがアメリカに行って、好きな仕事をどうやっていくのかという方向に転換し、うまくいった。。 世の中の会社員がうらやむような理想を形にしていますが、実際に実を結ぶのはやはり努力の末、結果を出してきたからなんだと思います。 ニュースにこのような記事が掲載されていました。 改名のきっかけとなったのは、国籍を変えたことだ。 昨年3月、彼は米国に帰化し、それにともなって日本国籍を失っているのである。 アメリカに長年住んだ日本人の多くは、心のどこかでいつも考えていることではあるが、前からずっと考えていたのかというと、そういうわけでもないらしい。 決断の後押しをしたのは、日本の人間関係だそうだ。 「ずっと悩んでいたことで、もう日本国籍を切ってしまおうと。 それで、変えたんですよ。 余計なことを考えなくてすむようになったので、よかったですね。 新たなスタート、っていうのでもないですけど、大事なことにだけ集中できるというか」。 「ウィンストン・チャーチル〜」で受賞をした時にも、彼は、「日本を代表して」とか、「日本人として初の」というような言われ方をされるのが、あまり心地よくないと語っていた。 「日本人は、日本人ということにこだわりすぎて、個人のアイデンティティが確立していないと思うんですよ。 だからなかなか進歩しない。 そこから抜け出せない。 一番大事なのは、個人としてどんな存在なのか、何をやっているのかということ。 その理由もあって、日本国籍を捨てるのがいいかなと思ったんですよね。 (自分が)やりたいことがあるなら、それをやる上で何かに拘束される理由はないんですよ。 その意味でも、切り離すというか。 そういう理由です」。 yahoo. 「日本人は、日本人ということにこだわりすぎて、個人のアイデンティティが確立していない」 つまり、国籍にとらわれずに、やりたいことを拘束されずにやる。 ということなんでしょうね。 【2月18日追記】カズ・ヒロの日本語訳の本当の意味とは? カズ・ヒロさんがアカデミー賞「メイクアップ・ヘアスタイリング賞」を受賞したときの言葉が日本語訳を日本メディアが紹介した際に、ニュアンスの異なる内容だったのではないかと朝日新聞デジタルが報じています。 ———- これを日本のメディアの多くは、以下のような日本語訳で紹介した。 ———- 「こう言うのは申し訳ないのだが、私は日本を去って、米国人になった。 日本の 文化が嫌になってしまい、夢をかなえるのが難しいからだ。 それで 今は ここに住んでいる。 ごめんなさい」 朝日新聞デジタルの記事より ———- 出典:Yahoo! yahoo. これを踏まえて、カズ・ヒロさんの言葉を訳すと、以下のようになるだろうか。 ———- 「残念ながら私は日本を離れアメリカ人となっている。 周りに合わせ従順であることを強要する日本の文化の中で夢を叶えるのは難しく、そんな文化の中で疲弊してしまった。 だからこそ私はいまアメリカに住んでいる」 ———- 「got tired」という部分も私の拙い英語力では訳すのが難しく、「うんざり」や「嫌気がさす」といった表現の方が近いかなとも思うが、いずれにしても、カズ・ヒロさんは「日本の文化が嫌になって」という日本の文化全体を否定したような言葉は使っておらず、自身の信念に対して日本の「submissive」な部分が合わなかったと丁寧に説明している。 出典:Yahoo! yahoo. また、詳細がわかりましたら追記させていただきますね!.

次の

カズ・ヒロ2度目のオスカー賞受賞と国籍離脱?凄腕のメイクアップ経歴とは!

カズヒロ メイク アップ

ヒロ氏はセロンの頭の3D鋳型をとり、セロンとケリーの特徴と違いを研究し、どんな補装具が必要かを考えていった。 「難しいのは、2人がどんな顔をしているかを皆が知っていることです。... もしメイクが半ばケリーさんだったら、人々は『セロンの顔に何かついてる』と思われてしまいます。 だから、完全に変身する必要があったのです。 また、メイクは最低限にしたかったんです。 メイクを厚くすると、演技がしにくいからです。 だから、最も重要な部分以外は減らしました」 撮影が始まってからも、瞼や顔につけたシリコンなどの微調整は続いたという。 セロンは目の色を濃くするカラコンも装着した。 このメイクアップの過程は毎回、約3時間に及んだという。 「セロンさんは、自分の名残を鏡で見たくなかったんです」とヒロさん。 その出来栄えたるや、ケリーさんの家族すら酷似ぶりに2度見するほどだったという。

次の