ポケモンゴリランダー育成論。 【ポケモン剣盾】草タイプ御三家「ゴリランダー」が強すぎてダイソウゲン!?種族値と型紹介

【ポケモン剣盾】ゴリランダーの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモンゴリランダー育成論

【ポケモン剣盾】ゴリランダーの育成論と対策【深緑の御三家!万能ゴリラ】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回は御三家の1体、ゴリランダーの育成論と対策を考えていきたいと思います。 初期に流行ってそれからはオワコンだと思われていたポケモンでしたが、ゴリランダーもの使用ポケモンになりますから、実はトレーナーの腕次第で非常に強力なポケモンだったということですね。 ゴリランダーの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ゴリランダーの特徴1】非常にバランスの良いステータス ゴリランダーは攻撃種族値125と高い物理アタッカー性能を持ち、それでいてHP100, 防御90,特防70と中の上くらいの耐久を持ちます。 そのためタイプ不一致弱点くらいならHPにふれば1回くらいは耐えてくれます。 さらに素早さ85族となっていて、たくさんいる80族やギャラドスなどの81族を抜けるうえにドラムアタックで素早さを下げた後は最速ゴリランダーはドラパルトすらも抜けるようになります。 【ゴリランダーの特徴2】ドラムアタックによる素早さ操作 ゴリランダーのオリジナル技のドラムアタックは威力80で命中100という素早さ操作ができる技としては破格の性能を持ちます。 有利対面においては交代読みで適当にドラムアタックをうつだけでも、ダメージを加えつつスカーフ持ち以外のポケモンの上を取れるようになるというややチート的な性能を発揮できます。 【ゴリランダーの特徴3】ダイジェットに弱い ゴリランダーは草単タイプのポケモンなので飛行タイプに弱いです。 つまりダイジェットに弱い ダイジェットは全抜き体制に入るときに相手のエースポケモンがうってくることが多く、ほとんどのパーティで採用されているタイプなうえにダイマックスしてうってくるので高火力です。 それを受けきれないタイプなので、ゴリランダーを採用する場合はいかにしてダイジェットをすかして切り返すことができるかが肝になってきます。 鋼 の3タイプが飛行タイプを半減することができるのでこれらのタイプのポケモンや、• ミミッキュ:すべての攻撃を1回すかせる• コオリッポ:物理攻撃を1回すかせる• チョッキバンギラス・カビゴン:特殊攻撃に非常に硬い• ギルガルド:飛行半減でそもそも物理特殊両方に対して硬い• 各種受けポケモン:受けきるのが専門 などを相手に合わせて一緒に選出してあげることで活躍の場が広がるでしょう。 また、鋼タイプのポケモン対策にほとんどのポケモンが覚えている炎技を弱点とするところも向かい風となっていますが、タイプ不一致弱点くらいなら耐えてくれることが多いのでうまく切りかえしていきましょう。 【ゴリランダーの特徴4】トップメタに強い ダイジェットに弱い反面ミミッキュ・ドリュウズ・バンギラス・カバルドン・ドサイドン・ヌオー・トリトドンなど、比較的強く出られるポケモンも多いです。 そのためきちんと弱点ケアをできればもともとバランスの良いステータスの上に素早さ操作ができるポケモンですから、非常に広範囲に渡って活躍できるでしょう。 ゴリランダーの育成論と戦い方 ゴリランダーはバランスの良いステータスをしているポケモンなので、対面アタッカー、宿り木クッション、ダイマックス全抜きストッパーなどいろいろな型で活躍できます。 【ゴリランダーの育成論1】チョッキ対面クッションゴリランダー• 特性:しんりょく• 個体値:C抜け5V• もちもの:とつげきチョッキ• わざ:ドラムアタック・はたきおとす・とんぼがえり・ばかぢから 特徴・戦い方: ランターンやロトムなどのボルチェン持ちと組んでとんボルチェンで対面操作をしつつ、タイミングをみてはたきおとすやドラムアタックをうつことで有利対面を作り出すことを目指します。 ちなみにのゴリランダーはこのゴリランダーです。 性格・個体値・努力値: まず最速サザンドラに1回ドラムアタックを入れたとき抜き(通称最速サザンドラS-1抜き)のS44はいじっぱりゴリランダー調整の鉄板で、準速58族抜き調整です。 いじっぱり+Aぶっぱはフルアタなので火力を出すため。 H204B4D4はゴリランダーの耐久指数を最大化する調整です。 参考: わざ: 素早さ操作の専用技ドラムアタック、対面操作のとんぼがえり、耐久ポケモンの進化の輝石や回復きのみを無効化できるはたきおとすまでは確定でいいでしょう。 あとは選択です。 ・じしん:技範囲を広げるときや炎タイプへの切り返しとして。 ・ばかぢから:バンギラス・ドリュウズ・サザンドラ・ナットレイなどトップメタに。 ・ウッドハンマー:火力を求めるときに。 チョッキゴリランダーを紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 【ゴリランダーの育成論2】宿身代クッションゴリランダー• 特性:しんりょく• 個体値:C抜け5V• もちもの:たべのこし• わざ:やどりぎのタネ・みがわり・ドラムアタック・とんぼがえり 特徴・戦い方: 物理アタッカーが多いので、弱点をつかれない物理アタッカー全般に後出しで受けてとんぼがえりで対面操作をするのが仕事です。 後出しで有利対面になった場合、相手の交換よみでドラムアタックやみがわりをはってやどりぎのタネ+みがわりで嵌めて倒せます。 ドラムアタックを当ててしまえば低速になるので弱点をついてこない物理アタッカーはだいたいみがわり+やどりぎのタネで嵌めることができるのが強いです。 (擬似的ないたずらごころエルフーンのやどみが戦法みたいですね) 性格・個体値・努力値: S44は前述したとおりドラムアタックを当てたあとの最速サザンドラ抜き調整で、あとはHPと防御にぶっぱで受け性能をあげています。 わざ: 基本戦術を通すためにやどりぎのタネ・みがわり・ドラムアタック・とんぼがえりで完成しています。 ちなみにやどりぎのタネはです。 調整は違いますがやどりぎみがわりゴリランダーを紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 【ゴリランダーの育成論3】襷全抜きストッパーゴリランダー• 特性:しんりょく• 個体値:C抜け5V• もちもの:きあいのタスキ• 性格・個体値・努力値: 耐久はきあいのタスキがあるのでASぶっぱです。 わざ: 受けループ対策のちょうはつ・タイプ一致なうえに命中安定高火力S操作の専用技ドラムアタックは確定でいいでしょう。 あとは選択です。 ・はたきおとす:相手の持ち物を無効化できるのは説明するまでもなく強力です。 ・こわいかお:ダイジェットストッパーとして採用する場合は必須 ・つるぎのまい:受けループ破壊に特化する場合は必須 ・じしん・ばかぢから:技範囲を広げたいときに。 ・がむしゃら:きあいのタスキと合わせて超火力 ・とんぼがえり:サイクル戦も視野にいれるときに ・アクロバット:きあいのタスキで耐えて逆にダイジェットで切り返すときに ・ねこだまし():受けや展開には挑発、アタッカーにはねこだましで襷潰しが可能に。 ゴリランダーの育成論を上げているトレーナーがいたのではっておきますね。 ゴリランダーの対策 ゴリランダーの特徴の項目でも書いたとおりダイジェットに弱いです。 トゲキッス• ギャラドス• ルチャブル• リザードン• etc… ダイジェットをタイプ一致で打てる汎用的な全抜きエースは多いので、選出ミスをしなければ自然と対策ポケモンが入っているでしょう。 炎タイプにも弱いです。 エースバーン• リザードン• ヒートロトム• etc… 鋼タイプ対策で炎技を覚えているポケモンは多いと思うので、こちらも対策に困ることはないでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】ゴリランダーの育成論と対策【深緑の御三家!万能ゴリラ】 いかがでしたでしょうか。 バランスの良いステータスをしていることから初心者でも扱いやすいポケモンだと思いますし、上級者には自分なりの型を作りやすいポケモンなのでまだ育てたことがない人はぜひ育ててみてはいかがでしょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ソードシールド】ゴリランダーの育成論!高火力高耐久の器用なアタッカー!【ポケモン剣盾】

ポケモンゴリランダー育成論

高威力だが反動が大きく、高めの耐久を自ら削ってしまう。 威力は高くないが、追加効果で次ターン先制&後続サポートができる。 タネマシンガン 草 25 100 連続2~5回攻撃 タイプ一致技。 威力期待値は低め。 ただし、タスキ、ばけのかわ、みがわりなどに強い。 サイクル戦に向くが、相手に耐えられると反撃の物理技でのダメージが増えてしまう。 高めの耐久を持つので相性はいい。 かわらわり 格闘 75 100 壁破壊 壁構築に対し有用だが、汎用性が高いドレインパンチと比べて見劣りする。 けたぐり 格闘 20~120 100 体重依存 相手が重いと威力が上がるが、ダイマックス相手には不発するので使いずらい。 じしん 地面 100 100 なし 威力と命中が安定しており、炎・鋼・毒に刺さる優秀なサブウェポン。 ただしタイソウゲンとの相性は悪い。 10まんばりき 地面 95 95 なし 基本性能はじしんに劣るが、グラスフィールドで威力低下しないので使う価値はある。 とんぼがえり 虫 70 100 自分交代 サブウェポンかつ交代できる。 居座るのが難しいポケモンなので相性がいい。 はたきおとす 悪 65~97 100 相手が道具を持っている場合除去・威力増加 道具持ちに刺さる優秀なサブウェポン。 アクロバット 飛行 55・110 100 持ち物なしで威力倍 ダイジェット用としての採用の他、消費系アイテムを持たせる場合も使える。 ねこだまし 無 40 100 先制技・怯み100% 場に出た後最初に出した時のみ成功。 タスキ対策として使える。 がむしゃら 無 - 100 自身HP依存 自分のHPと同じになるようにダメージを与える。 先制技がないので使いずらい。 優秀な回復兼攻撃手段。 苦手な相手でも負荷をかけられる。 みがわり 無 - HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 自身のHPを調整することで特性しんりょく発動を狙えるので相性はいい。 ちょうはつ 悪 100 相手の補助技を封じる。 相手の積みや回復の対策をするなら有用。 ただゴリランダーは覚えさせたいサブウェポンが多く優先度は下がってしまう。 つるぎのまい 無 - 自分の攻撃を2段階上げる。 弱点が多く居座りに向いていないので優先度は低め。 対策の本命は98族の最速 サザンドラだが、最速 サザンドラ抜きに調整している多くのポケモンも抜くことができる。 最速 リザードンも抜けるので一矢報いることができる。 攻撃に全振りし、残りはHPに振った上に「とつげきチョッキ」を持たせた。 技構成の選択技は火力を優先するなら、「ドラムアタック」後の攻撃技としてウッドハンマーの採用がおすすめ。 弱点を突ける範囲を増やすなら格闘技や交代できる「とんぼがえり」が有力。 「ドレインパンチ」は回復技でもあり、火力・耐久が高めのゴリランダーとは特に相性がいい。 「ダイジェット」をして素早さを上げることで、最速 ドラパルト抜きができるように素早さ調整をしている。 さらに弱点が多いことを逆手にとり、「弱点保険」を持たせている。 相手ポケモンの攻撃を効果抜群で喰らってもダイマックスでの耐久増加で耐えることが可能。 「弱点保険」で火力・「ダイジェット」で素早さを強化できたら全抜きを狙うこともできる。 また、弱点保険使用後は「アクロバット」が威力110・命中100の強力なサブウェポンとなるので覚えておこう。 優先技は「はたきおとす」。 ドラパルトを上から叩く想定なので、ぜひ覚えておきたい。 「10まんばりき」と「ばかぢから」が選択技。 どちらを選ぶかは他のパーティメンバーとも相談して決めよう。 「じしん」は「タイソウゲン」と相性が悪いので候補から外している。 「ドラムアタック」を当て素早さを下げることで、相手が「ダイジェット」を使ってきた時やスカーフ持ちの場合でも、次ターン先手がとれる。 さらに戦況をみて先制「とんぼがえり」での離脱が可能。 相手に与える負荷が大きく、 ドラパルトに抜群をとれる「はたきおとす」はほぼ確定。 こだわっているので別の技を使いたい場合は交代するかダイマックスするしかない。 ダイマックスは有力な選択肢だが、「ダイソウゲン」でグラスフィールド化するとじしんの威力が下がる。 ダイマックスを積極的にしていくつもりなら、「10まんばりき」も選択肢となる。 ゴリランダーのパーティメンバー考察 ゴリランダーの弱点は炎・氷・毒・飛行・虫。 弱点が多くサイクル戦向きのポケモンなので、交代用のポケモンを必ず用意しておきたい。 一番おすすめなのは ドヒドイデであり、炎・氷・毒・虫を半減し、飛行も等倍。 耐久力が高く特性「さいせいりょく」を持つサイクル戦向きのポケモンである点でもゴリランダーと相性がいい。 「いかく」持ちでそこそこ耐久もある ウインディや ギャラドスもパーティメンバーとして相性がいいポケモンと言える。 ゴリランダーの対策 ゴリランダーは火力・物理耐久に優れている。 だが、特殊耐久は高くなく、弱点も多い。 ヒートロトムであれば、草技やサブウェポンを耐え、 オーバーヒートで仕留めることができるのでゴリランダー対策となる。 ギャラドスであれば、「ダイジェット」で弱点をつきつつ素早さを上げることができる。

次の

ゴリランダーの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモンゴリランダー育成論

こんにちは、俺の研究所へようこそ! 今回紹介するは、 ドラマーの ゴリランダーです。 流行りの 水タイプを止める や といった 草技が弱点のに対して打点があり、専用技である ドラムアタックで交代先へダメージ、そして素早さを1段階 下げることが出来ます。 高い対面性能 利点の1で記述したように、ゴリランダーの専用技でタイプ一致技の ドラムアタックは、相手のの素早さを1段階 下げ、次ターンでは自分が 先制して技を打つことが出来る。 高い火力と防御面 ゴリランダーは、HP/攻撃/防御のが高く、他の数値も無駄のない配分になっています。 ただ特防が 低い為、 を持たせてあげると良いです。 タイプが良くない ゴリランダーのタイプは 草の単タイプで、 岩タイプに並ぶほど弱点が多いです。 また、タイプ一致で打てる 草技も 有効となる相手が少なく、受けにも攻撃にも恵まれていない。 飛行タイプへの有効打の無さ ゴリランダーは、環境にいる ダイジェットを打つことが出来るに弱く、 岩技を覚えない為、 飛行タイプに対して 非常に弱いです。 余った残りはHPと防御、特防に振っています。 はたきおとすは、 ガラルや ドラパルトなどの 霊タイプへの 有効打として採用するだけでなく、打つだけで アドバンテージが高いため採用しました。 ばかぢからは、抜き調整をしている に対しての有効打になるだけでなく、環境にいる 岩タイプや 鋼タイプへの有効打にもなるため採用しました。 によって威力の 低下しない10まんばりきを選ぶのか、素直に威力の 高いじしんを選ぶのかはあなた次第です。 とんぼがえりは、不利な相手と対面したときに打つことで、相手の のケアをすることができます。 また、 ドラムアタックと非常に相性が良いです。 理由は利点の3で記述したように、特防が他の数値に比べて低いため、補ってあげる為です。 9〜70. 4〜61. 7〜78. 8〜 104. 2〜88. 4〜 108. 9〜52. 4〜 154. 9〜50. 7〜63. 7〜55. 3〜26. 7〜50. 5〜 110. 7〜63. 〔確定技〕 / ドラムアタック 〔選択技〕 グラススライダー / / ばかぢから/ じしん / 10まんばりき etc... 〔補助技〕 ちょうはつ etc... 余った残りはHPと防御、特防に振っていますが、弱点技を受けるとかなり厳しいです。 ドラムアタックは突撃チョッキ型ゴリランダーと同様の理由で採用。 は、突撃チョッキ型では倒せないであろう アーマーガア等の防御力を上げていくに対しての有効打となるため採用しました。 をする為、どちらかというと火力は足りそうなので、 オボンのみの方が良いと思います。 7〜63. 3〜56. 9〜70. 5〜96. 1〜86. 9〜63. 1〜37. 6〜 107. 2〜90. 8〜29. 5〜55. 5〜 182. の オーバーヒートを受けることができ、に対しては威嚇を入れつつ、 で4倍弱点をつく事が出来ます。 また、ゴリランダーは、 を前提としているので オーロンゲなどの 壁貼り系のと組み合わせるのも良いかもしれません。 また、 で ダイジェットを打つことで、ゴリランダーを一撃で倒し起点にすることができます。 そういえば、ゴリランダーのドラムアタックはスカーフ抜き調整ではない為、ドラムアタック後に先に攻撃されたら、そいつはスカーフですよ! Foji.

次の