タ トゥイーン。 ネタバレ感想評価【SWスカイウォーカーの夜明け】これは問題作!シリーズを根底から覆す

ネタバレ感想評価【SWスカイウォーカーの夜明け】これは問題作!シリーズを根底から覆す

タ トゥイーン

Jawa 一般的な情報 原住惑星 言語 平均身長 0. 8~1. 2 m 特徴 黄色い目 著名な個体• [非表示] ジャワは、に原住する典型的な小型である。 彼らは巨大なで砂漠を徘徊し、売却または交換するための機械類を探す廃品回収業を営んでいることが多い。 例えばあるジャワの一団はとを発見し、それらをの叔父であるに売却した。 また、率いる別のジャワの部族は、後にのペットとなるを発見している。 彼らは詐欺集団としても有名であり、時代遅れのなどの旧型機種をたちに売りつけることを好むが、一方でジャワは消極的な種族でもあり、同じタトゥイーンに原住すると違って、入植者たちに抵抗するようなことはほとんどない。 彼らにとって入植者は優れたビジネス相手でしかないのだ。 生態と外見 砂漠のの原住種族であるジャワは、知性を持ったネズミのような廃品回収業者であり、壊れて破棄された機械類を集めてまわる習性を持っている。 身長1メートルほどの彼らは絶えず手製の厚い衣とフードを被っており、タトゥイーンの2重太陽からの強烈な日差しを防いでいる。 通常、ジャワは真っ暗なフードの奥で2つの眼を輝かせているだけで、その奥に隠された素顔を見た者はほとんどいない。 ただ1つ確かなことは、彼らの体臭が他の人々に対してひどく我慢ならないものだということである。 これはもはや不快どころの話ではないらしい。 ジャワは銀河標準語であるを理解できるが、実際には彼らを好んで使っている。 この言葉は低いはしゃぎ声や、ガーガーいう喉声、蒸気音のような声の組み合わせに過ぎないが、タトゥイーンのほとんどの住人はこれを理解でき、少なくとも彼らと取引きしている人々には何の問題もない。 このことはジャワが手広く商売を行うことへの大きな強みとなっているが、なかにはジャワ以外の種族には理解できない奇怪な方言を使う者もいる。 その一方で、たちは集団のジャワと取引きするよりも、1人のジャワと取引きする方が確実に安全だということを学んでいる。 ジャワはタトゥイーンの砂漠を放浪し、捨てられたや壊れたマシン、他のスクラップ・メカなどを見つけては拾い集めている。 彼らはと呼ばれる巨大な要塞のような車両に乗って旅をしており、廃品を探して果てしなく続く砂漠の荒野をさ迷っている。 彼らは基本的には人々が捨てたものを回収して他人に売り渡すハイテク・ジャンク業者だが、防御柵がなかったり安全ロックがされていないときなどは、から備品を盗むこともある。 さらに、電気配線の切替え時の数週間後などは捨てられた配線を回収し、元の持ち主に売りつけて莫大な利益を得ていることさえあるのだ。 当然、これらは泥棒や詐欺にも等しい行為だが、ジャワにとっては商売がより大事なのである。 本質的にジャワは懐疑的な種族であり、あらゆるものを恐れて生活している。 なかでも特に天敵ともいえるものがとである。 サンド・ピープルはサンドクローラーほどの大きさになると攻撃してくることもないが、サンドクローラーから遠く離れて回収作業をしているジャワの一団を定期的に襲撃してくることがある。 一方のクレイト・ドラゴンにはそのようなためらいは一切なく、どんなときでもサンドクローラーに襲い掛かってくる。 ジャワは概して臆病者だが、度を越えると武器を使うこともある。 彼らのは独自の設計によって作られた武器であり、多種多様な機械類から取り出した部品で組み立てられている。 また、ドロイドを麻痺させるためのを携えていることもある。 報告によると彼らは水分農家をサンドクローラーで踏み潰したこともあるらしいが、これが偶発的な事故だったのか、あるいは何らかの報復だったのかは分かっていない。 しかし、彼らの多くが戦うよりもこそこそと逃げる方を好んでいるのも事実である。 タトゥイーンの荒野から離れた極わずかな都市では、多くの乗り物やドロイドを見つけて興奮しているジャワを見かけることが多い。 たくさんのハイテク品に囲まれると彼らの性癖は過度になる傾向があり、周りの人々を何度も力ずくで追い払おうとする。 観光客の多くもジャワに対する不満を募らせており、酒場から数十人単位で出て来ては新品のを磨き始め、かじったり喜んだりする姿は見ていて本当に不愉快である。 テクノロジー 見かけに反して、ジャワは機械の分解に関する天性の素質をもった優秀な修理屋である。 彼らはドロイド工学や技術こそ習得していないが、壊れたドロイドを動くようにしたり、動かないランドスピーダーを走れるようにすることくらいは可能であり、少なくともそれらを欲しがる水分農夫に売れるようにすることはできる。 銀河系におけるジャワ ジャワはタトゥイーン内でも銀河系全体でも、自分たちの居所に関係なく政治的な関心を一切持っていない。 もちろん、仮に政治活動に参加しようとしても拒否されることは明らかだが、実際に、にもにも加担していない。 彼らが興味を示すのは取引きで儲けることと、新たな技術を多く身につけることだけなのだ。 登場エピソード• 外部リンク•

次の

ネタバレ感想評価【SWスカイウォーカーの夜明け】これは問題作!シリーズを根底から覆す

タ トゥイーン

映画『スター・ウォーズ』に登場する、ルーク・スカイウォーカーの故郷、タトゥイーン。 連星の周囲を回っている惑星のため、空には太陽が2つある。 それだけで我々の暮らす地球とはちがう場所なのだと思わせる舞台装置となっている。 しかし、このような惑星は実際に存在しうるのだろうか。 これまでは2つの太陽を持つ惑星は非常に珍しく、形成しづらいと考えられてきたが、最近の研究結果によると、タトゥイーンのような惑星は広い宇宙では一般的かもしれないことが明らかになった。 連星の惑星が安定した軌道を形成し、維持できる主な方法は2つある。 1つは、連星とはいえ、2つの星の実際の距離が互いにかなり離れているため、片方の星の影響を受けることなく、もう片方の星の周囲を周回しているというものである。 そして、もう1つの場合というのはが、2つの星の距離が非常に近い場合だ。 惑星は2つの星を1つの星と認識し、大きな軌道を描いて周回するというものだ。 これらの発見は欧州のガイア宇宙船からのデータを分析したことで判明した。 もしかしたら宇宙には本当にタトゥイーンのような、我々とは違った環境で生命のある星が存在するのかもしれない。

次の

スター・ウォーズの世界 砂漠の惑星タトゥイーン 絶景ロケ地まとめ

タ トゥイーン

映画『スター・ウォーズ』に登場する、ルーク・スカイウォーカーの故郷、タトゥイーン。 連星の周囲を回っている惑星のため、空には太陽が2つある。 それだけで我々の暮らす地球とはちがう場所なのだと思わせる舞台装置となっている。 しかし、このような惑星は実際に存在しうるのだろうか。 これまでは2つの太陽を持つ惑星は非常に珍しく、形成しづらいと考えられてきたが、最近の研究結果によると、タトゥイーンのような惑星は広い宇宙では一般的かもしれないことが明らかになった。 連星の惑星が安定した軌道を形成し、維持できる主な方法は2つある。 1つは、連星とはいえ、2つの星の実際の距離が互いにかなり離れているため、片方の星の影響を受けることなく、もう片方の星の周囲を周回しているというものである。 そして、もう1つの場合というのはが、2つの星の距離が非常に近い場合だ。 惑星は2つの星を1つの星と認識し、大きな軌道を描いて周回するというものだ。 これらの発見は欧州のガイア宇宙船からのデータを分析したことで判明した。 もしかしたら宇宙には本当にタトゥイーンのような、我々とは違った環境で生命のある星が存在するのかもしれない。

次の