メンヘラ と は。 あなたの奥さんメンヘラかも!?メンヘラ妻の実態とその対処法を知れ!!

職場に潜むメンヘラ女性に要注意!気になる特徴や対処方法を紹介|結婚相談所パートナーエージェント【成婚率No.1】

メンヘラ と は

みなさんこんにちは~ 今回は メンヘラと言う名の精神病について考えてみたいと思います。 みなさんは「メンヘラ」ってご存知ですか? メンヘラ・・・なんか最近、こんな言葉をよく耳にするようになりましたよね~ メンヘラとは簡単に言えば一種の精神病で相手を束縛し依存するタイプの精神的疾患を言います。 よく妻が夫に対してちょっとしたことで「ぎゃーぎゃー」とわめき散らし夫がいつも謝罪しているような夫婦もいますよね? カップルであればそんな小言もかわいいものですが夫婦となるとやばいです。 毎日のように妻から罵声を浴びせられ続けた結果、夫は精神的にもおかしくなりストレスを抱えてしまいます。 これがメンヘラ妻の実態です。 これがメンヘラと言う名の精神病を抱えた妻の特徴だ!! メンヘラ妻の特徴を挙げると次のようなものがあります。 自分の感情を抑えきれず感情をあらわにする• 夫への依存・粘着がすさまじい• とにかく自分を見下されたり他人より劣るのを嫌う• 非常に嫉妬深い• いつまでも過去の事にこだわる• 非常に寂しがり屋• 虚言癖がある さぁ~どうでしょうか? あなたの奥さんは上記項目に該当するようなものはないですか? もしあるとすればメンヘラ妻の兆候が出ているのかもしれません。 今まで、何気なしに「 なんでうちの妻はこんなにも自分に攻撃的な態度をとるのだろう?」なんて思われた夫の方々はメンヘラ妻の実態を知らなかっただけです。 精神的疾患ゆえになかなか改善を図ることも出来ず離婚してしまう夫達が多いのもうなずけますよね。 それができないから多くの夫達が離婚しているんじゃないかっ!! そうです!何度も言いますがそれが当たり前のことです!! しかし、メンヘラ妻を持った以上、この精神的病と夫自身も闘わなければならないのです。 それができなければ改善を図る事などできません。 悲しいかなそれがメンヘラ妻を抱えた夫婦の実態です。 でも相手に依存すると言うことは言い換えれば夫さえ我慢すれば自ら家出をしたり離婚したりしないと言うことです。 別居されて一人孤独になるよりはいいですよね? 無い物ねだりは良く深き人間のエゴです。 妻の全てを受け入れましょう!! 離婚をとるか?それともこのまま我慢して夫婦でい続けるか? この2つに1つしかないのです。 まとめ 夫に対して度重なる暴言を吐くような妻の姿が見られたのであればそれはメンヘラ妻の特徴なのかもしれません。 メンヘラと言う名の精神的な病を抱えた妻。 そんな妻に何を言っても無駄なのです。 もともとがまともな精神状態にありませんので夫の一般的な常識を妻に植え付けようとしても逆効果となるのです。 結婚してから気が付いた・・・なんてケースもあるかもしれませんが夫婦である以上、そんな理屈は通りません。 開き直り、妻にやさしく接し「 妻はいつも精神的に苦しんでいる」と感じながらやさしく接して行くしかないのです。 つらいでしょうがそれがメンヘラ妻と一緒になった夫の定めなのですから。 こもんれーるさんこんにちは~ その気持ちよ~くわかりますよ~ でもね、これも時代の流れなのです。 今の嫁ってこもんれーるさんが言うようにまずは子供を見方に付けようとします。 夫が子供と仲良くするのをなぜか嫌うんですよね。 だから子供の前で夫の悪口を言ったり、夫の前で冷たい態度をとり続け夫が付け入る隙を絶対に作ろうとしません。 そうして夫を除いた「新しい家族の形態」が完成するのです。 さらには自分の両親まで巻き込むことで夫は何も言えませんし何も出来やしないのです。 出来る事と言えば毎月、淡々と生活費を黙って渡し続けるだけです。 しっかりした女性なら問題ないんですけどね~ いかんせん今の女性は幼少期より甘やかされて育っていますので夫が注意しても耳を傾けず反発するだけです。 まぁしかし奥さんがいることで世間体だけは家族のいる立派な父親として胸を張れるじゃないですかw 物は考えようですよ~ 別居しないだけ良しとするしかないのかもしれませんね。 あ、それからマスオさんとのことですがいずれはその家も財産もこもんれーるさんのものになるからいいじゃないですか! 家賃もいらないだろうし。 今はその時が来るまで老後に備えて我慢し、奥さんの両親が老いて行くのを待つしかないですねw がんばってください~.

次の

「メンヘラじゃん」って、どういう意味!?その特徴と直し方

メンヘラ と は

問題を大きくする メンヘラ女性は、些細なことであっても問題を大きくしがちです。 たとえば、仕事上でトラブルがおこったとしましょう。 小さなトラブルなら当事者間で解決できるのに、それを上司にまで伝えてしまうのです。 自分は正しいのだということを証明したい、周囲から可哀想だと思われたいなどの理由から、事を大げさにしてしまい業務が滞ってしまうケースも少なくありません。 メンヘラ女性は、自分が納得できないことがあると、上司を巻き込んで話を大きくしてしまう傾向が強いのです。 自分にかまってほしいという欲求を満たすために、自分は悪くないということを他者に認めてもらう行動やアピールを大げさにおこなうことも多くあります。 このように、悲劇のヒロインのように振る舞って、周囲に迷惑をかける場合もあるので注意が必要です。 仕事の負担が増す 仕事の負担が増してしまうのも、よくあるトラブルです。 メンヘラの特徴として挙げられるのが、喜怒哀楽が激しいということでしょう。 仕事の付き合いをする中で、一般的な人ならある程度は感情の起伏を抑えることができます。 しかし、メンヘラ女性は感情の起伏をコントロールできません。 そのため、泣いたり怒ったりというように、普通なら我慢するようなシーンであったとしても感情をぶつけてくる傾向が強いのです。 気分によって仕事をするため、業務がスムーズに進まない場合もあるでしょう。 また、気分次第で欠勤や早退をおこなう可能性もあります。 急に早退されたり休まれたりすることで、周囲の人はそのフォローをしなければいけません。 結果として仕事量が多くなってしまって残業になるなど、負担が大きくなるケースも多いでしょう。 私生活に干渉される メンヘラ女性は、仕事とプライベートの区別をしていない傾向が強いのも特徴です。 そのため、仕事上の付き合いとプライベートでの付き合いが別であるという認識を持っていない可能性もあります。 仕事を円滑に進める上でやさしく接したり、丁寧に教えたりすることもあるでしょう。 一般的な社会人なら、それが業務をスムーズに進めるために必要な行動だと分かります。 しかし、メンヘラ女性の場合には、プライベートでの付き合いがなかったとしても、仕事中にやさしくされるだけで好意を持ってしまうケースも少なくありません。 そのため、私生活上でも付き合いを求めてくる、プライベートでも遊びたいといってくるなど、仕事という一線を越えてこようとする場合も多いのです。 断ると逆上して仕事に支障がでるケースもあるので、適度な距離感を保つ努力をしなければいけません。 かまってほしい願望が強い メンヘラ女性の特徴としては、「かまってほしい願望が強い」ことが挙げられます。 メンヘラ女性は基本的に一人でいることが苦手です。 そのため、自分にやさしくしてくれる誰かと常に一緒にいたいという願望が強いのです。 その相手は、恋人や親しい人だけに限りません。 自分の話を真剣に聞いてくれる人や、やさしくしてくれる人をターゲットに選ぶ場合が多いでしょう。 たとえば、仕事を丁寧に教えてくれる先輩や、自分の仕事をフォローしてくれる同僚などは、メンヘラ女性にとっては格好のターゲットになります。 また、自分に注目してほしい、物事を有利に進めたいという思いから平気で嘘をついてかまってもらおうとするのも、メンヘラ女性の特徴です。 SNSを頻繁に更新している マイナス思考が強く周囲を気にする 「マイナス思考が強い」ことも、メンヘラ女性の特徴になります。 メンヘラ女性は物事を深く考えすぎてしまう傾向があるため、どうしてもマイナス思考に陥りがちです。 普通の人なら気にしないような些細なことであっても思い詰めてしまうので、過剰に落ち込んだり怒ったりしてしまうケースもあります。 周囲の人の反応に敏感すぎる人にも要注意です。 たとえば、仕事の進め方や今後の対応などについて、何気ない会話や行動をすることもあるでしょう。 メンヘラ女性の場合には、周囲の人の行動や発言に敏感なので、それを悪いほうに捉えてしまいがちです。 自分の仕事に文句があるのではないか、遠回しに愚痴を言っているのではないかと考えすぎてしまい、過剰に反応したり悲しんだりしてしまいます。 すぐに怒る 「すぐに怒る」のも、メンヘラ女性の大きな特徴になります。 メンヘラ女性は精神的に打たれ弱く、心に余裕がありません。 平常時であっても心の中はいっぱいいっぱいな状態です。 常にギリギリのラインで平静を保っているので、何かが起こってしまうとすぐに激昂する可能性が高いのです。 物事が思い通りにいかなかったり、嫌なことがあったりすると、心のバランスが崩れてしまって、いきなり怒り始める場合もあります。 特に、メンヘラ女性の場合には相手から無視されることには敏感です。 自分の話に無関心であったり、無視をされたりしてしまうと、一気に激高してしまう可能性があります。 そのため、自分に無関心な人を許せない、すぐに怒るといった場合には注意が必要です。 なるべく関わらないようにする まずなによりも、なるべく関わらないようにすることが重要です。 プライベートで好きになった女性がメンヘラだったという場合は仕方がありませんが、職場でメンヘラかもと思うような女性にはできるだけ近づかないようにするといいでしょう。 職場にいるメンヘラ女性と関わってしまうことで、人間関係がこじれてしまったり職場内の立場が悪くなったりといったトラブルが起きる可能性があります。 下手に関わってしまうと好意を持たれてプライベートまで関わってこようとする、些細なことが気に障り、根も葉もないうわさを流されてしまうといったケースもあるのです。 もちろん、仕事ですからある程度関わらなければいけないときもあるでしょう。 その場合には、事務的な対応を心がけることが重要になります。 私生活で関わる気がないのであれば、極力事務的な対応で接して、勘違いされないように気をつけましょう。 中途半端に優しくしないようにする 中途半端にやさしくしないようにすることも、対処法のひとつになります。 仕事で困っている場合には、フォローしてあげたくなる気持ちもわかります。 また、スムーズに業務を進めるために協力することは大事なのですが、中途半端にやさしくすると、結果として相手も自分も傷付くことになりますから、気をつけましょう。 メンヘラ女性は感情の起伏が非常に激しく、思い込みが強いという傾向があります。 そのため、少しやさしくするだけで好意を持たれてしまう可能性があるのです。 自分にとっては何気ない行動だったとしても、メンヘラ女性にとっては違います。 やさしくされた、自分に気があるのかもと思ってしまうケースも少なくありません。 誘いを断ることで感情が爆発する可能性もあるため、関わる気がないのなら中途半端なやさしさを見せるのはやめましょう。

次の

女性がハマってしまう「メンヘラ製造機」な男性とは?その意味や特徴を紹介

メンヘラ と は

同じくネットスラングの「ヤンデレ」。 最近では、メンヘラとヤンデレが混同されて曖昧になっているようなのでふたつの言葉のの違いを少し押さえておきましょう。 【メンヘラ】 1.誰でもいいから愛されたい 2.誰かの気を惹くためには何でもする 3.自分が一番かわいくて大切 4.自分の望みが叶わないと自分を傷つける 【ヤンデレ】 1.特定の人に愛情を注ぐ 2.愛している人のために尽くしまくる 3.愛している人が一番大切 4.自分の望みが叶わないと邪魔者を排除する というように、メンヘラは自分を愛する思いが中心にあり、他人からの承認欲求が甚だしいのです。 それに比べてヤンデレは愛を注ぐ人が世界の中心で、それを邪魔する人を煙たがる傾向にあります。 これがあったらほぼメンヘラ。 リスカ痕です。 リスカとは、リストカットを略して言った言葉で自分の手首などをカッターナイフで切り付けることをいいます。 浅くしか切らないのですが、何本も切り付けるのです。 手首に何本も線が入った傷がリスカ痕。 これがあるとリスカを常習しており、メンヘラ女性である可能性が大変高いです。 見る方も気が滅入りますよね。 メンヘラ女性も、むやみにリスカ痕を見せびらかすようなことはあまりしません。 普段は人に見られないように、ガーゼを巻いていたりリストバンドをしていたり、夏でも長袖を着ていたりします。 パッと見では分かりにくいですが、偶然にでもリスカ痕を見つけてしまったらメンヘラ女性だと思った方がいいかもしれません。 メンヘラ女性たちは、心の病を抱えています。 精神疾患はじっくり向き合って時間をかけながら治していくもの。 興味本位で近づいたりしては、彼女たちにもよくなくあなた自身も一緒に病んでしまうなんてこともあるでしょう。 いくら病気とはいえ、関わってこじれてしまうと本当に厄介で、大変です。 突然彼女が「死んでやる!」と言い出したらどうしますか。 あなたは必死で止めるでしょうし、なんとか死なないように説得しますよね。 自分のせいで命を絶たれたらたまったものではないはずです。 でも、そんなことが多々あるのがメンヘラ女性です。 それにいちいち付き合っていたら、あなたが疲れて壊れてしまいます。 少しでも避けたいという思いがあるなら近づかない方が身のためでしょう。 ここでご紹介した7つの特徴をおさらいしておきましょう。 1.髪型は黒髪ぱっつんストレート 2.カラコンに気力のない目 3.リスカ痕がある 4.ゴスロリ・ニーハイを好む 5.荷物が多い 6.顔がかわいい 7.体型が極端 以上です。 メンヘラ女性にひっかからないようにするために気を付けましょう!.

次の