頭痛 外来 横浜。 医療法人緩和会 横浜クリニック

神奈川県の頭痛専門外来のある病院・クリニック 52件 口コミ・評判 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

頭痛 外来 横浜

北海道・東北エリア• 49件• 10件• 16件 関東エリア• 34件• 24件• 34件• 33件• 26件• 255件• 神奈川県 52件 北陸・中部エリア• 38件• 50件• 11件• 12件• 28件• 10件• 14件• 39件 近畿エリア• 26件• 13件• 16件• 106件• 39件• 和歌山県 0 中国・四国エリア• 12件• 32件• 24件• 7件 九州・沖縄エリア• 276件• 19件• 13件• 12件• 横浜市南区 0• 横浜市緑区 0• 横浜市瀬谷区 0• 横浜市栄区 0• 川崎市川崎区 0• 相模原市緑区 0• 相模原市中央区 0• 平塚市 0• 茅ヶ崎市 0• 三浦市 0• 秦野市 0• 大和市 0• 海老名市 0• 座間市 0• 南足柄市 0• 綾瀬市 0• 三浦郡葉山町 0• 高座郡寒川町 0• 中郡大磯町 0• 中郡二宮町 0• 足柄上郡中井町 0• 足柄上郡大井町 0• 足柄上郡松田町 0• 足柄上郡山北町 0• 足柄上郡開成町 0• 足柄下郡箱根町 0• 足柄下郡真鶴町 0• 足柄下郡湯河原町 0• 愛甲郡愛川町 0• 愛甲郡清川村 0 路線・駅から検索 地図から検索 診療科目から探す 内科系• 3,585件• 599件• 990件• 1,035件• 468件• 92件• 221件• 325件• 606件• 330件• 43件• 110件 外科系• 826件• 74件• 110件• 91件• 90件• 282件• 1,004件• 240件• 95件• 266件• 827件 皮膚科系• 1,092件• 95件 泌尿器科系• 402件 眼科系• 731件 耳鼻咽喉科系• 529件 産婦人科系• 74件• 241件• 283件 小児科系• 1,369件• 31件 感染症科系• 25件 精神科系• 638件• 427件 歯科系• 5,098件• 2,003件• 374件• 3,206件• 2,184件• 405件• 229件• 203件 その他• 90件• 41件• 120件• 10件• 43件• 4,695件• 209件• 58件.

次の

外来診療

頭痛 外来 横浜

患者さまの不安を、院内環境の向上と医療機器の充実により、糖尿病の診療に尽力いたします井上内科クリニックは、茅ヶ崎市矢畑にあり、内科・内分泌内科・糖尿病内科の診療をおこなっております。 当クリニックの医師は、横浜市立大学附属病院の内分泌糖尿病内科・茅ヶ崎市立病院などで、甲状腺を含めた内分泌の疾患や内科一般・生活習慣病(糖尿病・高脂血症)などの診療に尽力し、2017年に開業いたしました。 内科は、風邪やインフルエンザといったウイルス性疾患等から生活習慣病を中心とした診療を対応いたします。 高脂血症では採血をおこない、高脂血症の種類の特定や症状を把握し、治療法をご提案させて頂きます。 高血圧では、クリニックとご自宅で血圧測定をおこなって頂き「血圧手帳」に記録した結果をもとに治療方針を決めていきます。 糖尿病内科ではインスリン治療に対応し、患者さま合わせて必要な医療をご納得いただいた上で治療をおこないます。 ヘモグロビンA1c(HbA1c)の検査システムを導入し、数分で検査結果が把握できるなど患者さまの待ち時間の軽減にも努めております。 クリニック内は、診察室(2部屋)や受付のスペースは広く大きく取り、開放的な雰囲気の中でゆったりと診療していただけるような空間になっています。 診察室は個室なので、プライバシーの守られた空間の中で診療を受けていただけます。 当クリニックへのアクセスは、JR相模線 北茅ヶ崎駅から徒歩約15分、東海道本線 茅ヶ崎駅から徒歩約19分です。 また、矢畑停留所からは徒歩約1分で、自転車置き場や21台分の駐車場を備えているため、自転車・お車でのアクセスも便利です。 産婦人科と漢方2つの専門医を持つ院長が診療。 不安を解消いただける説明を心がけます大和レディース・クリニックは、大和市中央にある、産婦人科・漢方内科を診療する医院です。 平日は19:00、土曜も18:00まで受付していますので、お仕事や育児などでお忙しい方でもご来院いただけます。 当院の院長は、「日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医」「日本東洋医学会認定 漢方専門医」の資格をもっています。 月経不順、過多月経、月経困難症などの月経トラブルから、妊娠や避妊、更年期障害まで、女性特有の病気まで、全般的に診療しております。 また、西洋医学だけでなく東洋医学(漢方)も取り入れ、病気・症状に幅広く対応できる体制を整えております。 当院は「医師が患者さまを改善させるのでなく、患者さまが主になって治療をすすめる」という考えのもと、皆さまの健康のサポートに尽力しています。 症状や治療法についてはしっかりとご説明し、納得いただいた上で治療をはじめます。 どんなささいな症状でも、お気軽にご相談いただければ幸いです。 当院は、相模鉄道本線「大和駅 神奈川県 」相鉄線改札口から徒歩で約5分 、小田急江ノ島線「大和駅 神奈川県 」から徒歩で約5分です。

次の

横浜市港北区の頭痛の診察・治療が可能な病院 3件 【病院なび】

頭痛 外来 横浜

横浜市旭区二俣川 頭痛外来 たまがわクリニック 慢性頭痛治療 二俣川駅7分 ご予約はお電話かインターネットで045-365-6677• 頭痛 頭痛の種類 これまでの人生で、頭が痛くなったことがない方は、ほとんどおられないと思います。 かき氷を食べただけでも頭痛を生じるように、頭痛とはきわめてありふれた症状であり、市販の頭痛薬で対処しておられる方も多いと思います。 しかし、専門の医療機関で適切な診断を受けることにより、市販薬よりも効果が高い治療に出会えるかもしれません。 頭痛を生じる疾患には様々な原因があり、その種類により治療法も異なるのです。 頭痛は、一次性頭痛と二次性頭痛とに分類されます。 一次性頭痛とは、頭痛以外に他の病気がない頭痛であり、長年にわたる頭痛持ちの方の大半が一次性頭痛です。 二次性頭痛とは、くも膜下出血・脳出血・脳腫瘍・髄膜炎などの病気が存在し、それにより生じる症状の1つとして頭痛が現れる場合を指します。 二次性頭痛の多くは片麻痺・意識障害など頭痛以外の症状を伴うため、適切な診察および検査により見分けることができます。 ここでは一次性頭痛に限定して、簡単に解説します。 一次性頭痛とは 前述のように、一次性頭痛とはほぼ頭痛のみの症状が慢性的に続いたり、何度も反復したりするもので、頭痛外来を受診する患者さんの大半を占めております。 頭痛が強い場合や、吐き気を伴う場合などでは、日常生活に支障をきたすことも多いため、適切な治療を行う必要があります。 主な一次性頭痛として、以下の3つがあげられます。 片頭痛 主に頭の片側に、時に両側に起こる拍動性の激しい頭痛です。 吐き気や嘔吐を伴うことも多く、寝込んでしまう方も珍しくありません。 頭痛は数ヶ月に1回から月に数回生じることが多く、1回あたりの頭痛の持続時間は4時間〜3日間とされています。 特に若い女性に多く、女性ホルモンが頭痛発作に関連しているとされており、生理痛に頭痛を伴う場合には片頭痛の可能性があります。 また、ストレスから開放された後やワインやチョコレートを摂取した後など、特定の誘因が存在する場合もあります。 頭痛発作中には頭や体を動かすことで頭痛が増強することが特徴です。 トリプタン製剤といわれる特殊な薬剤の効果が高く、頭痛頻度が多い場合には一部の降圧薬・抗てんかん薬・抗うつ薬などの予防薬を併用します。 緊張型頭痛 日本人に特に多い頭痛で、頭の両側や後頭部が押されるような、もしくは締め付けられるような頭痛が持続するものです。 肩こりや頭重感を伴うことも多く、鈍い痛みがダラダラと持続する傾向があります。 精神的なストレスや姿勢が関連するとされており、朝よりも夕方に増強する傾向があります。 作業姿勢や睡眠習慣を見直すことで症状が改善する可能性があります。 片頭痛と異なり、頭や体を動かすことで頭痛が増強することは少なく、頭痛体操と呼ばれる運動を行うことで、症状が軽減することも多くみられます。 難治の場合には鎮痛薬を用いますが、長期間の内服が必要となることが多いため、後述する薬物乱用頭痛に陥らないよう注意が必要です。 群発頭痛 男性に多く、1~2ヶ月に集中してほぼ毎日激烈な頭痛を反復するものです。 1回あたりの頭痛の持続時間は30分〜数時間程度で、片目の充血や流涙、鼻水などを伴います。 頭痛を反復している群発期には、飲酒することで頭痛が誘発されるため、一定期間の禁酒が必要です。 一般的な鎮痛薬は効果がみられないことが多く、一部の降圧薬や抗てんかん薬を予防的に用いたり、トリプタン製剤の自己注射を行ったりといった治療を行います。 薬物乱用頭痛とは 慢性的な頭痛をもつ方には、毎日のように鎮痛薬を口にする方も多く、決められた用法・用量を超えて内服している方も多いようです。 用量が少なくても、鎮痛薬を常用しているような方では、薬物乱用頭痛を生じている可能性があります。 3ヶ月以上にわたり鎮痛薬を常用している方で、月15日以上の頭痛があり、鎮痛薬が切れると著しい頭痛の増強がみられるような場合には、薬物乱用頭痛の可能性が極めて高いと考えられます。 薬物乱用頭痛を生じる方の多くは、もともと片頭痛などの強い頭痛に罹患していて、早め早めに薬物を服薬する癖がついたり、服薬量が徐々に増えてしまったりという行動の結果として生じてくるようです。 市販の鎮痛薬は手に入れやすいため、安易に購入して乱用に至ることもしばしばみられます。 治療は、原因薬物の中止・薬物中止後に起こる頭痛(反跳頭痛)に対する治療・予防薬の投与が中心となります。 乱用薬物の使用を中止することにより、2ヶ月以内に頭痛が消失する、もしくはもともとの頭痛パターンに戻ります。 今まで効いていた薬が効かなくなってきたり、薬の量を増やしているのに頭痛が強くなってきたりする場合には、薬物乱用頭痛の可能性もありますので、頭痛外来への受診をお勧め致します。 注意を要する頭痛について 以下のような症状の頭痛の場合、緊急を要する疾患のことが多いため、すぐに救急病院を受診すべきと考えられます。 今までに経験したことがないほど強い頭痛• 急に強くなる頭痛• 高熱を伴う頭痛• 手足のしびれや麻痺を伴う頭痛• 痙攣を伴う頭痛• 意識が朦朧とする頭痛 たまがわクリニックの頭痛治療 たまがわクリニックでは、頭痛に関して詳しい問診を行うことで、総合的に頭痛の原因を類推し、適切な診断・治療に結びつけるよう努めています。 片頭痛と緊張型頭痛とが合併している場合などの場合には、症状が強い疾患から治療を開始するなど、最終的に安定した状態になるよう計画的な治療方針を立てていきます。 安易な薬物治療は薬物乱用頭痛に陥る可能性がありますので、頭痛ダイアリーを用いるなどの方法をとりながら、適切な治療を行っていきます。 また、特殊な検査や入院治療が必要な場合には、適切な高度医療機関をご紹介致します。

次の