つくば ふれあい の 里。 筑波ふれあいの里|つくば市公式ウェブサイト

公共宿泊施設(筑波ふれあいの里)|つくば市公式ウェブサイト

つくば ふれあい の 里

このページに関連するお知らせ• 筑波ふれあいの里 筑波ふれあいの里は、筑波山ろくの豊かな自然環境の保全や活用を通じて、学童や都市生活者および市民等が農業に対する理解を深め、都市と農村の交流を図ることを目的にしています。 区域内は、自然的要素 水郷筑波国定公園区域内のため自然が残されており、沢水が豊富であり、景観がよい等 、文化的要素 筑波山神社、蚕影神社、六所皇大神宮、夫女ヶ石等 に恵まれた動植物の多いところです。 沢では、サワガニやサンショウウオ、夏季には山でカブトムシやクワガタムシを見ることができます。 農林漁業体験実習館(宿泊施設)• 会議に使用する場合(午前9時00分~正午、午後1時00分~午後4時30分、各区分1室ごと) 大室5,500円 中室2,750円 小室1,650円• 宿泊に使用する場合 市民 大人4,400円 子供3,300円 幼児2,200円 (市民以外 大人5,500円 子供4,400円 幼児3,300円• コテージ 市民 4人用8,800円 6人用13,200円 8人用17,800円 10人用22,000円 市民以外 4人用13,200円 6人用19,800円 8人用26,400円 10人用33,000円• キャンプ場 利用可能期間4月1日~11月30日 1区画 2,200円• バーベキュー施設 小学生以上1人1回につき 220円• 入浴(実習館以外の施設利用者) 300円• そば打ち体験施設 1人1回につき 大人330円 子供220円• 草木染体験施設 1人1回につき 大人330円 子供220円• 広場施設• 野外緑地• 所在地 つくば市臼井2090-20 休館日 火曜日 (夏休みは無休)年末年始(12月27日~1月7日) 駐車場 駐車場80台程度(大型バス不可 お問い合わせ 電話:029-866-1519 ふれあいの里の詳細情報は下記「筑波ふれあいの里」からご覧になれます。 ふれあいの里各施設の予約情報は関連情報「つくば市公共施設予約システム」からご覧になれます。

次の

筑波ふれあいの里

つくば ふれあい の 里

『筑波ふれあいの里』のキャンプ場は、 一度予約をしたけれど、子どもが熱を出してしまったために泣く泣くキャンセルしたキャンプ場です。。。 笑 [adsense] キャンプ当日は、昼ごはんを家ですませて、13時ごろ出発。 一般道を車で1時間位。 途中、細い山道を上っていくので、対向車がこないように祈りながら進んでいきました。 14時ごろ『筑波ふれあいの里』に到着。 キャンプの受付は本館で行います。 一番のりだったため、好きなサイトを選んで良いとのこと。 (この日、キャンプ場宿泊は3組だけでした。 ) 駐車場から近いサイト1に決めました。 サイト1からの眺め) 今回はファミキャンということで、テントは小川キャンパルの ピスタ5 を持ってきました。 テントはスノコのような板の上に張るのですが、、、、ペグは打てないし、どうしていいのやら。。。 前室を作ろうとすると、ポールはスノコからはみ出しちゃうし、難しい。。。 とりあえず、ロープでテントのポールをスノコ部分にくくりつけ、 テントのスカート部分は周りに落ちている石を重しにしてみました。。 風が弱い日でよかった。 笑 前室は作らず、ダルダルシワシワのテントになりました。 スノコの下にはこのようなフックが何箇所かついていたので、 本来、このフックを上手に使ってテントを固定するのでしょう。。。 サイトの横に、木のテーブルとベンチがあったので、今回はここにクーラーボックスなどの荷物置き場にしました。 テント設営が終わったら、オヤツの時間。 長いローラー滑り台。 お尻の下に敷くゴムマットが置いてあります。 マットを敷かないで滑ってみたら、お尻が火傷しそうになりました。 ゴムマット、使ったほうがいいです。 ローラー滑り台の横に、珍しい形のジャングルジムがあります。 たわし、スポンジは置いてありましたが、ひとつずつしか置いていないので、持参したほうが良いと思います。 トイレ 少し暗いけど、キレイに掃除されていました。 女子トイレは洋式2、和式2でした。 サイト20のとなりにある駐車場。 木の根や大きな石で、地面がデコボコなので車の下を擦らないように注意が必要です。 サイト19付近も、石や木の根でデコボコ。。。 [adsense] 散策が終わると、もう夕方でした。 (風に流れる雲が綺麗。。。 ) 夕食の前にお風呂に入ります。 『筑波ふれあいの里』の本館に大浴場があるので、ここで入浴。 シャンプーとボディーソープ、ドライヤーが置いてありました。 テントに戻って、夕食作り。 (夫、おもてなし。 笑) 昼間は半袖でもいいくらいですが、まだまだ夜は冷えますね。。。 静かな夜でした。 続きはまた次回に。。。 ここまでお読みいただきありがとうございました。

次の

自分達流のキャンプ Going my way…:つくば市筑波ふれあいの里で父子キャンプ

つくば ふれあい の 里

こんにちは。 なつみです。 GWににあるふれに2泊3日のキャンプへ行ってきました。 GWの予約に出遅れ、行きたいなーと思っていたキャンプ場はどこもいっぱい・・・。 最近のキャンプ場ってけっこう高いですよね~。 GWは更に高くなったりもするので、また来年もこちらにお世話になろうかな~と思っています。 山の中にある自然豊かなキャンプ場です。 こちらが入り口。 つつじがとっても綺麗に咲いていました。 まずはこちらの駐車場に車を停めて、管理棟に受付に行きます。 管理棟までの道のり・・・ 綺麗な川があります。 緑がいっぱいで気持ちいい。 こちらが管理棟。 駐車場から歩いて1~2分ほどです。 レストランや宿泊施設も併設しています。 中に入って受付。 料金も支払い、キャンプ場の説明を聞きます。 とっても広い施設なので、受付後、キャンプ場にはまた車で向かいます。 (キャンプ場と管理棟は徒歩7~8分ほどです) こちらがキャンプ場~。 既にたくさんの人でにぎわっています~。 まさに山の中のキャンプ場!といった雰囲気です。 サイトはこんな感じ。 あまり広いとは言えませんが、まぁ充分かな~。 テントを張る場所は高台になっていて、木製のテーブルといすも全サイトに備わっています。 これを使いやすい!と捉えるかは人それぞれ・・・。 ごちゃごちゃですが、なんとか完了。 こちらはオートサイトではないので、荷物を出したら車は駐車場に移動します。 駐車場はいくつかあって、近ければサイトから5~10メートルのところにも停められるので全く問題ないです! 今回はキャンプ場入り口の広い駐車場に停めましたが、それでも1分ほどで歩けます。 こちらがトイレ。 ウォシュレットや温座は付いていませんが、広くて綺麗です。 炊事場も綺麗で使いやすかったです。 一休みして、キャンプ場探索へ。 何やら楽しいものがあるらしい。 事前リサーチで、楽しみにしていたこれ! ローラーすべり台! しかも長~~い!100メートル!傾斜は意外とゆるいので、おしりにゴム製のマットをしいてスピードをUPさせます。 楽しい~!!100メートルあるから登るのはちょっと大変だけど・・・子供たちは喜んで何度も滑ってました~。 こんなジャングルジムのような遊具もあります。 すべり台の頂上の先に、バーベキュー場がありました。 それからコテージも。 山小屋みたいでかわいい。 8棟あるみたいです。 夕方は、虫取りをしたり・・・ 夜は花火をしたり! こちらのキャンプ場は、管理棟にお風呂もあるんです。 1人300円。 こじんまりした旅館のお風呂、という感じ。 シャンプー(コンディショナーはなかったです)ボディソープもありました。 施設内にお風呂があるのは本当にありがたい~。 このキャンプ場のいちばんの魅力は管理人さんの人柄だと個人的には思いました。 とっても大らかでにこやかな管理人さん。 でもそのゆるさを逆手にとってしまうのは良くないな~と思いますが 例えばこのキャンプ場、チェックインは14時と、ちょっと遅めですが、お昼ごろからテントを設営しているサイトが多々・・・。 あとオートキャンプではないのにサイトの近くに朝まで車を停めている方も多々・・・。 他のお客さんの迷惑にならなければいいんだろうな~となんとなく暗黙の了解ではありましたが。 きっと管理人さんも黙認しているんでしょうね。 お風呂の時間も、キャンプのお客さんは21時30分までに出るように、という決まりだったので、急いで21時過ぎに管理棟に行ったら誰もいない・・・。 時間もギリギリだったのでとりあえずお風呂を借りて、出てからスタッフさんを探してお金を払いましたが・・・ゆるっ!!笑 無銭入浴されちゃうよ!! でもせっかくのキャンプ、規則ガチガチでも萎えちゃうので、ありがたいな~と思います。 そんな管理人さんのご厚意に甘えず、規則は守ってキャンプを楽しみたいですね。 あと、注意したいのが・・・売店はありません。 ソフトドリンクの自販機も管理棟にひとつのみ。 缶ビールはレストランで購入できるようですが、その他は購入できません。 (槇は200円で販売していました) スーパーはおろか、コンビニもすぐ近くにはないので忘れ物には要注意すです。 あと、ゴミも持ち帰りです。

次の