ギガ スラッシュ 属性。 片手剣ジャストラッシュが超強化!モーション値・属性ダメージ割合・属性補正新旧比較

【ギガスラッシュ】

ギガ スラッシュ 属性

片手剣スキル情報 片手装備。 戦士・魔法戦士・バトルマスター・占い師・遊び人が装備可能。 ドラゴン系の敵に「こうげき」で通常の1. 2倍のダメージを与える。 片手剣技のダメージ倍率一覧 各特技のダメージ量が、通常攻撃と比べて何倍になるかの倍率一覧表です! 特技名 条件 ダメージ倍率 宝珠Lv5+飾り石 かえん斬り 炎 1. 2倍 2. 16倍 ドラゴン斬り ドラゴン系 1. 5倍 2. 8倍 ミラクルソード - 1. 0倍 1. 28倍 はやぶさ斬り 2回 1. 0倍 1. 75倍 0. 9倍 1. 敵1体通常攻撃の1. 片手剣装備時に攻撃力が5増える 13pt:ドラゴン斬り• ドラゴン系の敵1体に通常攻撃の1. 5倍+5のダメージ• 片手剣装備時に会心確率が2%増える 35pt:ミラクルソード• 片手剣装備時に攻撃力が10増える 58pt:はやぶさ斬り• 片手剣装備時に攻撃力が15増える 100pt:ギガスラッシュ• 自分の周囲の敵全員に140〜180の光属性ダメージ• 5程度だけダメージが上昇• 7倍の効果となる• 片手剣装備時に会心確率が2%増える 120pt:超はやぶさ斬り• 敵1匹に通常攻撃の0. 通常より会心の一撃が出やすい• チャージタイム:初回=25秒、2回目以降=45秒• 消費MP:片手剣装備時に武器ガード確率が2%増える 140pt:ギガブレイク• 自分の周囲の敵全員に500〜540の光属性ダメージ• 7倍の効果となる• 消費MP:12• 片手剣装備時に攻撃力が10増える 160〜180pt:不死鳥天舞• 敵1匹に通常攻撃の0. 追加効果:4回攻撃のうち1回目で与えたダメージの半分だけ自分のHP回復• 追加効果:45秒間自分の会心と呪文暴走率がアップ• チャージタイム:初回=35秒、2回目以降=75秒 180スキルの場合• 消費MP:2•

次の

ドラゴンクエストシリーズの特技一覧

ギガ スラッシュ 属性

ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚へようこそ! 片手剣スキルを強化する闇の宝珠ギガスラッシュの極意をさまようよろいから入手してきましたよ。 さまようよろい ギガスラッシュの極意を落とすさまようよろいは謎の地下水路に生息していますね。 偽りのメルサンディ村から偽りのこもれびの広場に移動します。 少し遠いので、バシっ娘にバシルーラで飛ばしてもらってもいいですね。 偽りのこもれびの広場から謎の地下水路に入って、第2層を目指します。 第2層の広い範囲でさまようよろいが活動していますよ。 すこし注意したいのが、おなじフロアでヘルゴーストが潜んでいます。 うっすらとしか見えないので、気づかずにぶつかってしまうことがありますよ。 占い師のパッシブスキルかオカルトメガネで隠れた敵を見えるようにしておきたいです。 さまようよろいはキングダムソードや痛恨の一撃を使ってきます。 痛恨の一撃は強くなった今でもそれなりにダメージを受けますね。 レンダーシア大陸上陸直後はとても強く感じましたが、レベル99のサポを連れて行くとすぐに倒してしまいます。 サポの作戦を「MPつかわないで」や「わたしにまかせて」に変更して火力調整をするとよさそうです。 スポンサーリンク さまようよろいが落とすアイテム ドロップアイテム てっこうせき 青い宝石 宝珠 光の宝珠:ロストアタックの極意 闇の宝珠:ギガスラッシュの極意 闇の宝珠:ミラクルソードの極意 白宝箱 騎神のよろい 騎神のガントレット 騎神のグリーブ デュランダル ギガスラッシュの極意はデュランダルからも入手できます。 デュランダルはジュレイダ連塔遺跡や翠嵐の聖塔2階などに生息していますね。 最新までストーリーを進めている人はデュランダルを討伐しても良さそうです。 ギガスラッシュは片手剣で貴重な範囲攻撃です。 片手剣を愛用している人はギガスラッシュの強化につながりますよ。 まとめ 闇の宝珠ギガスラッシュの極意の入手方法を紹介しました。 さまようよろいやデュランダルから入手することができますね。

次の

片手剣スキル100のギガスラッシュは強い。ミラクルソードも便利

ギガ スラッシュ 属性

概要 光の刃を剣にかえ 周囲をなぎはらう 剣の奥義 片手剣スキル100で修得できるスキル。 消費MPは12。 旧作ではDQ6からの登場。 通称ギガスラ。 「すべてをこえる きゅうきょくの ひっさつけん」の触れ込みで大いに活躍した「職業:勇者」の必殺技の一つであり、以後全ての作品に登場し続ける。 DQ8からは剣スキルの奥義となり、上位の技に、モンスターズなどでは更にその上位のが登場している。 天から呼び寄せた稲妻を剣に纏わせ、渾身の力で振り抜けばその剣閃は想像を絶する衝撃波をともなって周囲全ての敵に大ダメージを与える、といういかにも必殺技らしい必殺技のその勇姿は、今作の大きなアピールポイントの一つにもなった。 詳細 自分を中心とした円形範囲中の敵全員に、守備力を無視した140~180の光属性ダメージを与える。 攻撃力と攻撃魔力の合計が200以上になると威力が上昇し、1030前後で最大の267~307になる。 で技を使った場合、2度目のダメージとして「左手の攻撃力」だけで計算されたダメージの0. 7倍が加わる。 武器ガード・盾ガードされない。 Ver. 1時代から存在する固定ダメージ系特技の例に漏れず威力不足が目立ち、現在は「片手剣で」「固定ダメージの」「範囲攻撃」が有効なごく限られた状況でのみ使われる。 ガードされないという性質から戦で使えない事もない。 ただ、片手単発では二刀やに比べてダメージが少々物足りないので、ふくのかみに用いるなら二刀流に加え、宝珠による補正も欲しい。 メタル系にもダメージは通るので、では攻撃範囲の広さを存分に発揮して薙ぎ倒していく事が可能である。 なお、の効果の2度目のダメージを除外した場合、ステータスや装備の関係上もっとも高いダメージが期待できるのはである。 その他• ドラゴンクエストでも最も人気のある技の一つであり、今なお様々なユーザーに対して高い訴求力を持つ、近作ドラクエの象徴とも言える必殺剣である。 初登場のDQ6では400前後という、マダンテを除けば最強クラスのダメージが入る技として登場し、DQ7では単体ながら更に上のダメージが入るアルテマソードが登場したもののダメージは変わらなかったが、DQ8で弱体し、以降の作品では今作のような200前後のダメージで落ち着いている。 漫画「蒼天のソウラ」でも原作のプレイヤーキャラに当たるユルールの決め技になっている。 主人公ソウラもユルールの夢の中限定でこの技を見様見真似で放っている。 光属性であることからやなどの弱点を持つ相手に特に有効でありこれらを使ったレベリングが流行した時代も存在した。 稲妻を纏い、広範囲に展開する本スキルは今作の特技の中でも派手な技となっているが実際のエフェクトは、基調となっているのに少々色をつけたものである。 Ver. 2までに作られたPV・オープニング映像では、ラストをがこの技で〆るのがある種の「お約束」になっていた。 Ver. 1初出の職業は「攻撃呪文が使える」または「両手杖が装備できる」職以外はこうげき魔力が0で固定のため、バージョン2. 1において参照ステータスが「攻撃力」から「攻撃力+こうげき魔力の合計」に調整されても以外はほとんど恩恵が得られなかった。 これについてで指摘されており()、改善の検討はされているものの、それ以来本技のダメージは調整されていない。

次の