水戸 黄門 家紋。 【本当はこんな人】水戸黄門様こと徳川光圀は実はこんなお方だった!?

【楽天市場】うつし金蒔絵「水戸徳川家コレクション/徳川光圀公(みつくにこう)印籠葵紋」:金箔屋本舗 Gold

水戸 黄門 家紋

葵紋の一例(二葉葵) 葵紋(あおいもん)はのを図案化したもので、フタバアオイの通常の葉の数は2枚である。 3つの葉をもつフタバアオイは稀で、三つ葉葵は架空のものである。 に見られるようにの象徴であり、葵紋はの(二葉葵・加茂葵)になっている。 その賀茂氏との繋がりが深いのは、葵紋を家紋としてきた。 これにより三河武士である徳川家が葵紋を使用していることは、徳川家が()系流()の末裔ではなくの末裔ではないかとの説の根拠ともなっている。 『』では、丹波国西田氏の二葉葵が載るが、この西田氏も賀茂神社の氏子であるのが葵紋使用の由来である。 豊臣家が滅んだ後、の権威が上がると徳川家使用紋の葵紋は特別な家紋となっていった。 家康がとなった後、次第に他家の三つ葉葵に限らず葵紋の使用がはばかられるようになり、へは遠慮させ、には禁止させているが、徳川家家臣であるや准家門ののように一部葵紋の使用を許されることもあった。 また、この制限によって、葵紋の形状に倣った紋を河骨紋と称して用いる一族や家が現れたと考えられている。 このように徳川将軍家以下一門に制限されていたというが、江戸初期では御用商人の長持などの道具に描かれていたという。 また、正式に制限されたのは、享保8年()のことである。 は、、の例に倣いを徳川家にも与えようとしたが、徳川家はこれを固辞したため、葵紋の権威が上がったともいわれる。 三つ葉葵 [ ] 外郭が、「丸輪(丸)」であるもののほかに、「隅切り角」や「隅切り折敷」(守山三つ葵・西条三つ葵など)のものや「五環」、「菊輪」であるものもそういう。 いずれも、徳川一門の使用紋であるが、やなどの松平家の中ではのや、などを使用することがあった。 ほかに葉の裏を使ったもの(丸に三つ裏葵)などの多くの変種がある。 由来 [ ] 由来には、本多家に由来する説と酒井家に由来する説、松平家の元々の家紋であるとする説、などがある。 『日本家紋総覧』には、『改正三河後風土記』より酒井家に由来する説、『本多家譜』より本多氏と交換したという説、『三河後八代記』の「本多氏覚書」より家康が自ら考案したという説、ほかに松平氏を継ぎ、その家紋を踏襲した、という説を掲載している。 著とする『』は酒井氏を由来としている。 その、三河後風土記を幕府の儒学者である成島司直が年間に校正した『改正三河後風土記』には、家祖が賀茂の社職であったという本多中務大輔家(本多忠勝の家系)より徳川家へと献上されたものとしている。 『』「葵之御紋来由」には、文明7年7月の安祥合戦のさいに、酒井長衛門尉氏忠が丸盆の上に葵の葉を3つ敷きその上に熨斗、栗、昆布を盛って3代松平信光に献上したことにより合戦にて勝利をおさめたことから、酒井家の紋とするように下賜されたが、のちの5代松平長親の時に松平家の家紋として定めたため、酒井家には図案が似た酢漿草紋が下賜されたとある。 『酒井家世紀』には、三つ葉葵を召し上げた代わりに、三つ葉葵の図案に似せた酢漿草紋を与えたとある。 『岡崎市史』は、もともと松平太郎左衛門家の紋であるとしている。 また、松平親氏・泰親が松平村に入った後、賀茂明神に祈願し家紋とした、または、松平氏が賀茂源氏または賀茂朝臣と称して葵を家紋とした、という説を挙げている。 『徳川世紀』には、三河国加茂郡に移り住んだ松平親氏の子孫が「加茂朝臣」を名乗り巴形に描いた葵紋を家紋としたとある。 『』()の伊奈本多氏の項によると、7代松平清康が吉田城ならびに田原を攻める際に、宝飯郡伊奈の本多正忠が味方し、正忠が伊奈に清康の凱旋を迎えて饗応したさいに、3つの水葵()の葉に肴を盛って出したことを清康は喜び、清康は本多家が味方したことで勝利を得たことを吉例として、本多家の家紋であった「三つ葵」を召し上げたとしている。 『御先祖記』は、松平家は立ち葵を用いていたが、徳川家康が永禄3年(1560年)に本多家の「三つ葉葵」を旗紋としたことで、それをはばかって本多家は立ち葵に改めた、としている。 肖像画等ではが三蔦紋を、が立ち葵をあしらった装束を身に着けており、複数の紋を替えた後に家康の代で三つ葉葵に至った。 〔2〕酢漿草紋 「丸に酢漿草」 図案 [ ] 徳川一門の三つ葵 [ ] 、(、、)では、同じような「丸に三つ葉葵(まるにみつばあおい)」を用いる。 徳川宗家の使用する三つ葉葵を 徳川葵(とくがわあおい)という。 丸に三つ葉葵と徳川葵は、「丸」と「茎」とする部分が一体であるものとして区別することがある。 御三家それぞれでは、葉の模様(芯)の数の違いなどがある。 同じ将軍家のものでも徳川三代までが一枚あたり33本で徐々に減っていき慶喜の時には図〔4〕のように13本になっている。 また、、は、図〔7〕(会津葵)のように、河骨の葉の図案に似た葉を用いている。 その、 会津三葵(あいづみつあおい)は、特にが用いた。 徳川宗家、御三家の三つ葉葵の紋とほぼ同じ図案であるが、3枚の葉はオリジナルの葵(フタバアオイ)の葉の図案ではなく、似た図案の家紋である(図〔9〕)の葉に似る。 ちなみに、河骨紋としては「丸に頭合わせ三つ河骨」といい、会津葵よりやや細身の葉の図案を用いることが多い。 丸に三つ裏葵(まるにみつうらあおい)(図〔8〕)は、三つ葵の葉脈を省略した図案である。 徳川御三家が、軍旗の旗紋として用いた。 ほかに、の墓地に見られる。 江戸中期の随筆『塩尻』には、徳川家康が徳川御三家に対して家紋の図案について触れ、水戸徳川家について裏葉3枚で三つ葵をつくるように命じたとある。 2月、の の壁画修復作業中の絵の下に徳川家の家紋が描かれているのが発見された。 に幕府が送った使節団がに出席しており参加関係者の紋章を描いたと推測されている。 〔9〕河骨紋の「三つ河骨」 立ち葵 [ ] 立ち葵(たちあおい)は、三つ葉葵と同様にウマノスズクサ科のフタバアオイを図案化したものである。 ちなみに、の多年草であるとの関連はない。 図〔10〕は、「二葉葵」の右側に1つの葉があることにより、「右離れ立ち葵」(みぎはなれたちあおい)ともいう。 この図案のものは、が用いている。 また、丸で囲んだものを「本多立ち葵」(図〔11〕)といい、おもにが使用した。 ほかに、下部に流水を描いた「立ち葵に水」、2つの葉の間に花を描く「花立ち葵(はなたちあおい), 左側に一つの葉がある「左離れ立ち葵」(ひだりはなれたちあおい)も存在する。 フタバアオイとは別の植物で水草のを図案化した「水葵(みずあおい)」も「立ち葵に水」と同様に描かれるが、2つの花を描き、葉の図案には「裏葵(うらあおい)」を用いる。 特にミズアオイとフタバアオイは、ほとんど区別されていなかったこともあり、こちらも葵紋に含む。 、デジタル、「三つ葉葵(みつばあおい)」の項目を参照、2018年10月21日閲覧。 『』、第六版、「葵巴(あおいどもえ)」または「三葉葵(みつばあおい)」の項目を参照。 2018年10月21日閲覧。 『』、三訂版、「三葉葵(みつばあおい)」の項目を参照。 2018年10月21日閲覧。 『』、第ニ版、「葵(あおい)」の項目を参照。 2018年10月22日閲覧。 『広辞苑』岩波書店、第六版、「葵巴(あおいどもえ)」の項目を参照。 2018年10月21日閲覧。 『広辞苑』岩波書店、第六版、「三葵(みつあおい)」の項目を参照。 2018年10月21日閲覧。 『広辞苑』岩波書店、第六版、「葵巴(あおいどもえ)」の項目を参照。 2018年10月21日閲覧。 『』、第ニ版、「葵(あおい)」の項目を参照。 2018年10月22日閲覧。 本多家は葵紋にこだわり「丸に立葵」の紋の使用を許されている。 徳川信光の項も同様である。 編 監修『よくわかる! 名字と家紋』PHP研究所 2009年• 監修『日本の家紋大全』梧桐書院 2004年()• 著『あなたのルーツがわかる/日本人と家紋』明治書院 2010年• 関連項目 [ ]• - エムブレムの中央部分に、三つ葉葵を用いている。 チーム名のホーリーホックも「葵の御紋」の訳である。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(・)。

次の

【本当はこんな人】水戸黄門様こと徳川光圀は実はこんなお方だった!?

水戸 黄門 家紋

江戸初期には、藩主が死去すると、家臣には殉死する者が多かったのですが、水戸光圀は、風習になっていた家臣の殉死を禁じました。 自ら殉死すると噂された家臣の屋敷を周って説得したと伝わります。 この2年後、江戸幕府は殉死禁止令を出しています。 水戸では新鮮な水が飲めるよう水道工事、多すぎる寺を減らした寺社改革など藩内の改革でも手腕を発揮しました。 テレビドラマ「水戸黄門」では、徳川光圀が助さん・角さんを連れて、諸国漫遊しますが、実際の徳川光圀は、そうでは無かったようです。 通常は、天下の副将軍として、常に江戸の藩邸にいて、将軍に助言などする役割があり、本拠地の水戸城から他の大名のように参勤交代することもありませんでした。 たまに水戸城に行く際にも、許しを得て帰ると言う感じですので、 に登ったりはしましたが、自由に遠方には行けなかったようです。 ただし、どこにも出かけていない訳ではなく、日光、 、金沢八景、房総など関東の一部には訪問したと言う旅の記録が残っています。 また、水戸に入ったときには、領内を視察すると、村の孝行者などを表彰したりして、領民にやさしく接したと伝わります。 なお、江戸の藩邸に彰考館を建てて、大日本史と言う日本の歴史書の編纂事業を始めました。 この編纂では、日本各地に藩士を派遣して、現地での聞き取り調査も行ったため、そのような意味では、水戸藩士を日本全国に派遣していますので、各地の様子・情報は手に入っていたようです。 大型船を建造しては、蝦夷地探検を3回行わせることもありました。

次の

水戸黄門の身分や位を復習!副将軍とは一体何?黄門様は何者でなぜ偉いのか?

水戸 黄門 家紋

印籠に限らず、持ち物や衣類に家紋を入れているのは普通の事のようです。 ただし、当時の三つ葉葵は徳川御三家だけが使用していたもので、この家紋を資格無しに使用するととてつもない罪となりました。 一般人は所持していただけでも大変な事になったみたいです。 つまり、その家紋の入った印籠を所持しているというだけでその身の証が立つと言うのがあのドラマの設定です。 実際には何処までがそのとおりなのかは、現在まで生きている人も居ず、書籍等の資料も何処までが事実なのか判定が出来ないので、研究した方々が「恐らくこうだろう」という推測の元に形作られたのが時代劇です。 まあ、きっと現代も未来人が見たら訳わかんない社会となるんでしょうけど。 印籠の中身に関しては薬入れで正解です。 まあ、これも今現在最も信憑性の高い資料が間違いならば定かではありませんが、この印籠に関しては他の幾つかのものと同じで近代まで、その姿かたちを変えつつ、まだその用途、名称が継続されている物品の一つなので間違いないとは思われますが。 A ベストアンサー 「引導」というのは、元々中国で古くから使われていた言葉で、特に「道教」では、一種の気息術か、呼吸法で、大気を吸い込むことを言いました。 しかし、普通の言葉として、「手引きする」「案内する」というような意味をあいます。 仏典を漢訳するとき、サンスクリット語 parikarsana の訳語に、この「引導」を選んだのです。 「法華経」では、人々を導いて仏道に入らせる意味で使われています。 また、死者を済度する意味でも使います。 後に、死者の葬儀の時、導師が、棺の前で、法語や仏教の教えの詩(ガーター)を語って、死者を、迷界から浄土へと導くよう試みる儀式のことになります。 これを、「引導を渡す」と言います。 「迷界から浄土へ導く」とは何かと言うと、これは、死者に、「死んだ事実」を確実に認識させ、現世への執着を棄て、悟りの仏道へと進むよう説くことだとも言えます。 つまり、「お前は間違いなく死んだ」ということを、死者に宣言する儀式にもなります。 民主主義的とか何とか関係なく、端的に「事実」を語り、事実を宣言する儀式だとも言えます。 死の不可逆性を悟って、始めて、浄土への道も開かれるからです。 最初に、こういう「引導を渡す」という形の儀式をしたのは、中国黄檗集の祖、黄檗希運で、彼は9世紀頃の人です。 仏教用語から転じて、「最終的な宣告をして、諦めさせる」という意味があるようですが、これは「最終的な宣告をする」にウェイトがあります。 引導を渡しても、相手が納得するとか、諦めるとは限らないからです。 仏教なら、「お前は死んだのだ、そのことを知り、成仏せよ」と引導を渡しても、死者が納得せず、この世への未練から、亡霊などになったり、輪廻に落ちるということは、別に珍しいことでもないからです。 他方、「止めを刺す」というのは、殺したはずの相手を、生き返る余地などないように、念を押して、首を突くとか心臓を刺して、死を確実にすることです。 ここから転じて、念を入れて、終わらせるという意味になります。 「敵の攻撃に止めを刺した」というのは、単に攻撃を撃退するだけでなく、もう攻撃できないよう、念を入れて撃退・壊滅させることでしょう。 またこれで、最後の最後だということで、「日本画のあの分野では、現代ではA氏がとどめを刺した」という風に使います。 >「(壊れかけの)会社の車に、おれが引導を渡してやった。 」 これは用法としてあると思います。 「引導を渡す」というのは、かなり転用されます。 >ここでは、単に(とどめを刺す)という意味で使えるかどうか 「引導を渡す」と「とどめを刺す」では、意味が元々違います。 しかし、或る場面だと、二つの言い方で、どちらでも使える場合があります。 「総務にかけあって、あの車は、おれがとどめを刺してやった」というのは、同僚などに語る場合は使うと思います。 そもそも車に向かい、「お前はすでに死車だ、そのことを知り、迷わず成仏せよ」などというのはおかしい訳です。 この場合の「引導を渡す」は、「もう無用の車だと宣言する」ということでしょう。 車に擬人的にこう言っているのだとしても、車に同意や納得を求めている訳ではありません。 だから、もう壊れかけ、実は廃車となっているはずの車に、最後の止めを刺して、実質廃車にした、という意味で、「止めを刺した」はありえると思います。 会社か総務の方針かなどで、とっくに廃車(死者)になっている車が、迷って、この世にいるのを、お前はもう廃車だ、この車はもう廃車だ、と宣言することが、「引導を渡す」であり、またそのことは「とどめを刺す」ことにもなるからです。 (もっと偉い人が、車を廃車にしない総務の担当に、廃車にしなさいと、引導を渡す、ということはあります。 しかし、担当にとどめを刺すとは言いません。 担当に引導を渡し、車にとどめを刺した……というような言い方になるでしょう。 無理に例を作ると)。 「引導を渡す」と「止めを刺す」は、元々の意味が違いますから、特定の場面でしか、この二つの表現は成立しません。 それも、かなり口語的で、「砕けた表現」の場合に、両方使えると思えます。 だから、この場合は、あれは廃車だと思っている同僚に向かい、軽く言う場合は、「おれが引導を渡した」「おれがとどめを刺した」は使えますが、上司に向かい、「課長、私が、あのぼろ車にとどめを刺しましたよ」というのは、酒の席だとかで冗談めかして言うならともかく、ちょっと使わない方が適切です。 >ここでは、単に(とどめを刺す)という意味で使えるかどうか ここでは、話す相手や場面によりますが、「引導を渡す」は、「止めを刺す」という意味で使えると思います。 しかし、この二つの表現は、本来起源が違うので、一般的な使用の慣習などで、判断しなければならないと思います。 口語調で、少し乱暴に言う場合以外は、基本的に、違う表現・言葉だと考えた方がよいと思います。 「引導」というのは、元々中国で古くから使われていた言葉で、特に「道教」では、一種の気息術か、呼吸法で、大気を吸い込むことを言いました。 しかし、普通の言葉として、「手引きする」「案内する」というような意味をあいます。 仏典を漢訳するとき、サンスクリット語 parikarsana の訳語に、この「引導」を選んだのです。 「法華経」では、人々を導いて仏道に入らせる意味で使われています。 また、死者を済度する意味でも使います。 後に、死者の葬儀の時、導師が、棺の前で、法語や仏教の教えの詩(... A ベストアンサー 将軍は、5代目の徳川綱吉です。 1700年12月6日に水戸黄門として知られる水戸藩2代目藩主、水戸光圀公が73歳で死去しました。 名君の誉れ高い光圀は、将軍の補佐役として「天下の副将軍」と呼ばれることもあるが、当時、実際には「副将軍」という幕府役職は存在しませんでした。 この呼び名がついたのには理由があるります。 光圀の実際の位は「従三位」で官職が「権中納言」と言います。 「黄門」とは中納言の唐名のことです。 水戸藩主は常に徳川将軍のそばにいる家柄ということで、いつしか「天下の副将軍」と称されるようになったそうです。 また、光圀は引退後『大日本史』の編纂に着手。 資料を求めて「助さん」「格さん」のモデルとなった家臣を諸国へ派遣したエピソードから「光圀公が諸国を漫遊して悪を懲らしめる」という講談が生まれ、時代劇の定番ヒーローとして語り継がれるようになった。 水戸黄門が永く愛される理由は、 ・老人(水戸黄門)が主人公なので御年寄りに人気 ・勧善懲悪のシンプルな作りなので子供や御年寄りに受けが良い ・人がめったに死なないため、喜劇のまま終わる。 越後のちりめん問屋のご隠居が印籠を見せただけで、天下の副将軍になる。 私たちは誰でも、自分に100%満足している人は普通いません。 将軍は、5代目の徳川綱吉です。 1700年12月6日に水戸黄門として知られる水戸藩2代目藩主、水戸光圀公が73歳で死去しました。 名君の誉れ高い光圀は、将軍の補佐役として「天下の副将軍」と呼ばれることもあるが、当時、実際には「副将軍」という幕府役職は存在しませんでした。 この呼び名がついたのには理由があるります。 光圀の実際の位は「従三位」で官職が「権中納言」と言います。 「黄門」とは中納言の唐名のことです。 水戸藩主は常に徳川将軍のそばにいる家柄ということで、いつしか「天下の... A ベストアンサー 印籠は本来、印判や印肉を納める容器であり、薬籠というべきこの種の容器を印籠と呼び慣わすようになった経緯は明らかでないが、印籠が、薬を入れ腰に下げる小さな容器として大流行したのは江戸時代でした。 印籠の造りは、3段、4段、5段重ねに仕切った扁平な小型容器に設え、両側に穿った穴に紐を通して連結させるのが通形である。 蓋の両肩から伸びた紐の先端には腰に下げるための根付を着し、その間に取り付けた緒締で各段の開閉を調節する。 重ね容器としているのは、異種の薬品を一具の中に納めるための配慮である。 ところが、印籠は本来、印判や印肉を納める容器であり、薬籠というべきこの種の容器を印籠と呼び慣わすようになった経緯は明らかでないが、印籠の歴史を調べると、中世に遡ることが出来ます。 中世における印籠は、1437年に後花園天皇が室町殿に行幸した際の室内飾の記録である『室町殿行幸御餝記』をはじめ、『蔭涼軒日録』や『君台観左右帳記』などの記事によっても明らかなように、薬籠、食籠、花瓶などとともに押板や違棚に置かれ、【室内の御飾】とされるのが通例だったとのことです。 しかし1523年の記録に基づく1660年の『御飾書』には、「棚置は印籠なりとも薬籠に用いて吉」とあり、印籠を薬籠の代用とするのは良いとされています。 したがって薬籠の代りに飾られた印籠が、やがて薬を入れる器の呼称として通用するようになった可能性も考えられるのです。 薬品入れとしての印籠の成立時期は判然としませんが、薬品の携行を最も必要としたのは戦陣における武士であり、そのときに腰に提げて携帯用とされた薬入れが、戦国時代を経て、しだいに佩用の薬入れとしての体裁を整え、近世初頭には上層階級の玩弄とされるような細巧な印籠に発展するに至ったと想定されています。 これに印籠の名を冠したのは、印籠を薬籠としても用いるという前代の考え方がそのまま踏襲されたためと考えられているようです。 中身はあくまでも薬篭としての使われ方から、【薬】だけでしょうね。 印籠は本来、印判や印肉を納める容器であり、薬籠というべきこの種の容器を印籠と呼び慣わすようになった経緯は明らかでないが、印籠が、薬を入れ腰に下げる小さな容器として大流行したのは江戸時代でした。 印籠の造りは、3段、4段、5段重ねに仕切った扁平な小型容器に設え、両側に穿った穴に紐を通して連結させるのが通形である。 蓋の両肩から伸びた紐の先端には腰に下げるための根付を着し、その間に取り付けた緒締で各段の開閉を調節する。 重ね容器としているのは、異種の薬品を一具の中に納めるための配慮... A ベストアンサー 幕末に講談師の桃林亭東玉が「水戸黄門漫遊記」を創作してからポピュラーになったようです。 「この印籠が目に入らぬかぁ!」「ははぁ~!」」というシーンはTBSのドラマだけ。 もともと水戸家は幕末に「勤王の大本山」とされた藩で、水戸光圀が編纂させた「大日本史(明治39年に完成)」は幕末の勤王志士の歴史観に大きな影響を与えていて、光圀は幕末・明治の読書人に身近な存在でした。 光圀は、この「大日本史」に必要な資料を集めるために諸国に家臣を派遣しており、そうしたことも諸国漫遊話しの下地になっているようです。 また、光圀は徳川綱吉や柳沢吉保と時代を同じくし、「生類憐れみの令」に反して牛や羊を平気で食べ、将軍へもずけずけものを言ったため、庶民の受けも良く、名君とされる人です。 光圀自身は徳川家康の孫にあたります。 当時の将軍の綱吉は家光の四男で家康の曾孫。 神君家康を基準とすればより近い尊い血になります。 さらに、水戸家は水戸と言う江戸に近い地理の上、藩主は江戸定府が定められていましたので、徳川を名乗れる者の中では最も将軍に身近な存在でした。 上記の理由もあって、将軍親政を目指していた徳川綱吉に制度外から意見できる数少ない大名の一人でした。 尾張家・紀州家が将軍の血統が絶えたときに将軍を出す家柄である反面、幕政に関与できない立場にあったことと対比して、禄高が少なく、家格も一段低い水戸家を「副将軍」と位置付けたようです。 副将軍と言う役職があったわけではありません(下馬将軍とかのような異名ですね)。 水戸光圀と言う人は、日本ではじめてラーメンや餃子を食べた人です。 とても好奇心が強い人で、エピソードに事欠かないので調べてみると面白いですよ。 「この印籠が目に入らぬかぁ!」「ははぁ~!」」というシーンはTBSのドラマだけ。 もともと水戸家は幕末に「勤王の大本山」とされた藩で、水戸光圀が編纂させた「大日本史(明治39年に完成)」は幕末の勤王志士の歴史観に大きな影響を与えていて、光圀は幕末・明治の読書人に身近な存在でした。 光圀は、この「大日本史」に必要な資料を集めるために諸国に家臣を派遣しており、そうしたことも諸国漫遊話しの下地に...

次の