セニカ ドラクエ。 ネタバレ│ドラクエ11徹底考察Part4│EDの赤と緑の2冊の本の内容

【ドラクエ11】セニカに関する情報まとめ【ドラクエ11S】|ゲームエイト

セニカ ドラクエ

こんにちは、蛍石です。 ドラクエ11switch版発売ですねー!!!めでたい! 前夜祭としてps4版をプレイしていたのですが、世界観諸々「どういうことなんだ?」と整理できてなかったところがあったので、今一度というか改めて考察してみました。 新しい説を考えたのではなく、またしても何番煎じかわからぬ考察ですし、 「全キャラクターの全足取りが明らかにされない物語に対して、自分なりにこうまとめて落としどころや整合性をみつけたよ」という話です。 それでもお付き合いしていただける方はスクロールお願いします! ネタバレ満載、ラストについての話題多数につき、見たくないよという方はバックしてくださいませ~ …………………………… ・「時を巻き戻す」とは ウルノーガ討伐に失敗した後のイレブン 11勇者を便宜上こう記します 一行はとこしえの神殿の番人から選択を迫られる。 ベロニカを生き返らせるには時を巻き戻す必要がある、と。 なお、オーブに溜まった時の蓄積を破壊し消滅させるので、巻き戻す前には戻れないとも釘をさされます。 ここでロウはどうせ巻き戻るのなら、大敗する前に戻れば現在のような被害を出すことなく倒せるのでは、と提案。 番人も、「今ちょうど紡がれているオーブ」を壊せば、ウルノーガに挑む前くらいに戻れると言う。 イレブンは番人に従い「 今紡がれている、現在進行形のオーブを壊す」ことにします。 破壊後、オーブに溜められたウルノーガ討伐前から討伐失敗(まさに今)までの時間が崩壊し巻き戻ることとなりました。 パラレルではなく、 一度巻き戻りを経験したたったひとつの歴史として、過去のやり直しがはじまります。 (パラレルとしない理由は後述) ・ローシュって何者なの? いわく、イレブンの前世である先代勇者。 女賢者セニカを恋人に持ちながら、仲間の裏切りによって使命を果たすことなく散ったことが明らかになっています。 ローシュが仲間の謀反によって命を落としたため、ニズゼルファが空に封印され存命し、賢者ウラノスがウルノーガと化してしまうのですが、これら 2つの災厄がイレブン誕生の布石になっているわけです。 (ここ超重要) ・上記を踏まえて、セニカの巻き戻りを考える ラスト、ローシュを助けるべく適した過去へ戻った女賢者セニカ。 時を巻き戻すには、勇者の資格と剣が必要なのだが、セニカはイレブンからその資格、剣を譲渡され?拝借し?、 「ローシュを助けるにふさわしい過去を司るオーブ」を適切に破壊するに至る。 現在を司るオーブではないから、イレブンがニズゼルファを討伐したまさに今の時間は巻き戻らずそのまま。 勇者の力を得た彼女がローシュを謀反から救い、ニズゼルファをも討伐してしまう物語を考えがちだけど一旦ストップ。 そうした場合イレブンの誕生の契機となる災厄が排除されたことになり、 11の物語に繋がらなくなってしまうのです。 これはめちゃくちゃ大問題じゃないです? セニカとローシュが悲願を達成した段階で、それに合わせて現代の様相が変わってしまうよね、たぶん。 どう考えたもんか。 色々脳みそをこねくり回し、さまざまなサイト様も拝見し、以下のようにまとめました。 卵が先か鶏が先かみたいな話になるけれども…。 おそらく、「 ウラノスにローシュが殺害されることを防ぐセニカ(過去へ戻ったセニカ)」 の誕生に必須なのがイレブンの存在であり、11で紡がれた物語それ自体だった、といえるのではないでしょうか。 ゆえに、収束上イレブン誕生と表裏一体であるウルノーガ、ニズゼルファを完全に倒すことがあってはならない。 セニカを送ったあと、11現在の時間軸に表立った変化が見られない(イレブンが存在しなくなるとか、邪神がいないことになってるとか、11メンバーと邪神の戦いがなかったことになってるとか…)以上、 結果論ではあるけど、過去へ戻ったセニカは、未来でイレブンが生まれる可能性や現代そのものに与える影響が少ないような立ち回りをしたといえる、と考えられます。 たぶん。 たぶん。 時渡りしたセニカと、セニカに助けられたローシュの活躍は、現代に大きな変化を与えない形で(例えばニズゼルファを伝承通り勇者の星に封印したとかで)成されたと想像してください、そしてイレブンの物語に続いていくと想像してください、とした流れだったと考えると、演出にも一貫性が出るし一応の説得力も出るのかなぁ…なんて思った次第。 考えやすさ、齟齬の少なさを目指して自分用にまとめたけど、どうでしょう…。 ・ドラゴンクエスト、とは もし自分が闇に身をやつしたらその剣で…と尻拭いをお願いされるイレブン。 勇者と竜の約束、因果、もとい、竜から一方的に託された「依頼」にまつわるお話が「ドラクエ」の正体だったと。 竜のおつかい、そのままやないのー! ・1と11 太古の聖龍と前時代のローシュ二人が成し得なかった邪神討伐を成功させたイレブン。 彼の物語は後に「闇の化身となったドラゴン討伐」を使命とする生まれ変わり(かつ勇者ローシュの血筋)に受け継がれ、ドラクエ1に舞台を移す。 髪の毛サラサラ勇者の系譜の物語。 初代ロトが彼。 小説ではもっと前にロトがいるらしいけども、ここではさておきます。 11-3-1-2の順が時系列の通説とのことで、以下ざっくりとまとめてみました。 子孫を残した」という 11へ向けた一本道の収束をたどり、パラレルは存在しない、とします。 なお、 負けなかった、とは「完全に討伐した」とは言えないためそのように表記。 (イレブンの歴史がここで 「ウルノーガに大敗をしたが巻きもどって討伐し、ウルノーガのみならずニズゼルファをも倒した。 驚異が去ったあとセニカを過去へ飛ばし勇者の血筋を作った。 ちなみにこのサラサラ1勇者には痣がないらしいです。 セニカに痣を譲った名残かな、なんて。 血の発展はローシュが祖、肩書きはイレブンが祖、 そんなかんじではないかなと。 【先代勇者ローシュは邪神と戦い、勇者の星に邪神を封印した。 ローシュは賢者セニカと子孫を残した】 【ローシュの生まれ変わりである勇者イレブンは、ローシュの討ち逃した邪神ニズゼルファを倒してロトの勇者の称号を得た。 ドラゴンからとある「お願い」を受け、ロトの勇者とドラゴンの間に因果が生まれる】 【ローシュとセニカの子孫は勇者の血筋となった。 勇者オルテガの息子にしてローシュの生まれ変わりである3勇者は、初代ロト…イレブンの伝説を読んでいた母に促され城へ向かい冒険をはじめる】 【ローシュ、3勇者の子孫でイレブンの生まれ変わりである1の勇者は、古の竜との因果のため悪に立ち向かう】 ・ローシュの伝説と世界の収束 これは半ば独り言なんですけども、 作中、ローシュは悪を滅ぼした勇者として崇められてるわけです。 負けた勇者ではなくて。 正史が流布されてる。 てことはだ。 評価も功績も変わらず通説ベースのまま。 セニカの助けがローシュを裏切りから回避させ、やっと通説を事実として軌道修正したわけだが、正史(となるべき歴史、通説)が広く知られてる以上、 「世界にとってローシュの扱いこそ変わらないが、隠されていた正史となるべきでない歴史はこっそり正された」という小さな流れにしかならない。 何かが大きくは変わらない。 堀井さんの言葉を借りるなら、うまい具合に馴染んでいく。 これが世界の収束の例なんじゃなかろうか。 表で起こったとされることと、裏事情はちょっと違うけど、表で起こったことが正となっていくよ、っていう。 (シュタゲのラストと似てるなぁなんて。 過去へ飛んだオカリンは、過去の自分がクリスの血と錯覚するよう自分の腹を割いて流血を起こすけど、これも「クリスが血を流した(とオカリンが認知した)」という歴史に収束させる形で未来のオカリンが立ち回ったのよね、裏で。 世界の流れは大きく変わらない、 裏事情が世界の流れにあわせて収束していく、この感じが似てるなあって書いてみた。 伝わるかこれ…) …………………… こんなとこで。 久しぶりに「RPGやりこんだなあ!!」と充足感凄まじいゲームでした。 ナカマよびが好きすぎてなぁ…。 あの競歩モーション見るためだけにれんけいさせてまう。 正直イレブンが過去に残した仲間たちはどうなるの?イレブンもベロニカもいない崩壊した世界で彼らはどうなるの?と気が気ではなくて。 プレイヤー毎に落としどころが違う点もあって、拝見するのがめちゃくちゃ楽しかった。 ではでは~! 物語の進行視点でパラレルワールドの可否、時の流れの考察面白く読めました。 このnoteを読んで少し現実的に時のオーブはぼうけんのしょシステムと同じと考えました。 4つのぼうけんのしょを作ってるとして、「最新のぼうけんのしょ4を削除する」と、3に戻り、未来のパラレルワールドは存在しない。 しかし、「過去のぼうけんのしょ2を削除する」と、ぼうけんのしょは1と3になり、未来のパラレルワールド(ぼうけんのしょ3)が存在する。 オーブを壊した本人しか過去に行けないというのは、ゲームのプレイヤーが1人でぼうけんのしょを削除する行為と同等。 オーブを壊す時に「本当に壊しますか?」と二度目の確認が入るのもぼうけんのしょシステムと類似。 そんな夢のない考察をしちゃいましたが次回作では更に発展させて「プレイヤーが分岐点で作成したぼうけんのしょ間で相互に介入が可能なシステム」が出たら面白いですよね。 ドラゴンボールのトランクスのように。

次の

ドラクエ11神ゲー。たしかに最高傑作 (ネタバレあり)

セニカ ドラクエ

ドラクエ11のエンディングに出てくる2冊の本の内容を考察 エンディングにおいて、 勇者のしるしと同じ模様が施された赤と緑の2冊の本が確認できます。 個人的に真っ先に思ったのが、 赤がロトシリーズを、緑が天空シリーズを表すのではないかということ。 ロト装備のアクセントカラーが赤、天空装備のアクセントカラーが緑ですね。 となれば、緑の本だけが天空シリーズに該当するとも考えにくくなります。 そもそも、 赤い本の中には「命の大樹とそれを望む8つの人影」らしき挿絵があります。 ベロニカとグレイグが同時にパーティに参加したのは、主人公が時渡りをした先の世界のみ。 つまり、これは明らかに セニカが時渡りをする前の世界を表しています。 しかし、その世界に主人公と7人の仲間たちは存在しないはずなので、 自分を救ってくれた8人の冒険をセニカが後世に伝えたと考えるのが自然でしょう。 そう、「双賢の姉妹」ことベロニカとセーニャのカラーがまさにこの組み合わせ。 ここで思い出したいのが、 行き先不明の世界の存在。 これが天空シリーズの世界に続くという可能性もあるのかもしれません。 というのも、主人公のいない世界にはベロニカもいませんよね。 ロトの勇者と赤を象徴するベロニカの不在、そして緑を象徴するセーニャの覚醒・・・。 ベロニカが復活した世界が赤、セーニャが覚醒した世界が緑。 赤をロトシリーズ、緑を天空シリーズとするなら、 緑色の本の存在は「時渡りにより主人公がいなくなった世界が天空シリーズに続く」という可能性を示唆しているのではないでしょうか。 緑の本がベロニカが死んでセーニャが覚醒し、主人公が時渡りによって姿を消した世界、 赤の本が主人公が時渡りをしてベロニカが生き残り、ニズゼルファを倒した世界。 それぞれ天空シリーズとロトシリーズにつながる「始まりの物語」だったりして。 ただし、この説には大きな疑問が残ります。 それはそれぞれの本における物語のスタート地点。 歴史が分岐するのは一向が命の大樹に到達した時点ですから、そこまでのストーリーは共通です。 となると赤い本と緑の本は、その半分近くが同じ内容ということになります。 これはちょっと無理があるというか、不自然。 あるいはいずれも分岐地点から物語がスタートするのかもしれませんが、いずれにせよ登場人物がほぼ同じなのに違うストーリーが記されているなんて違和感がありますよね。 緑の本が時渡りをするまで、赤い本が時渡りをしたあとの二部構成、というならまだ可能性はあるかもしれませんが・・・。 また、赤がロトシリーズを、緑が天空シリーズを表す色というのも人によってはピンとこないでしょう。 個人的には初見でなんとなくそう感じましたが、 天空の緑はまだしも、ロトは赤より青という印象が強い人も多いはず。 宝玉の色でロトが赤なら、天空は青でないと変な気もしますし。 というわけで、いろいろこじつけようとしてみましたがなかなかパッとする案が思いつきません。 うーん・・・。 赤い本は主人公の、緑の本はローシュの物語説が濃厚か やはり、 赤い本の内容が主人公たちの冒険の記録と考えれば、緑色の本はローシュとその仲間たちの冒険の記録と考えるのが自然なのかもしれません。 無難というか、これを否定する材料は特にないんですよね。 二冊の本にはそれぞれ勇者のしるしがあります。 そして、 元来勇者のしるしを持つのはローシュと主人公だけ。 となれば、片方が主人公の、もう片方がローシュの物語と考えるのも自然です。 ちなみに、エンディングではセニカも勇者のしるしを持つため、「ローシュ&セニカ」という組み合わせも頭をよぎりますが、赤い本に主人公一向の挿絵があることから、片方がローシュ、片方がセニカについて書かれた本という線はあり得ませんね。 そもそも赤と緑の2冊の本は誰が残したのか考えてみた これらの本は誰が残したのでしょうか。 少なくとも赤い本の内容は主人公たちの冒険の記録でほぼ間違いないでしょうから、それを元に考えると可能性としては次の3つが挙げられます。 主人公の世界(歴史)の誰か• セニカ• というわけで、この可能性は低いと思われます。 2.セニカが残した 説 個人的にはつながりを考えればこれが一番しっくりくるのですが、 「なぜセニカが冒険の詳細を知っているのか」という疑問が残ります。 時の番人「ただ 時のながれを みまもるだけの そんざい……。 」 というセリフもありますし、「時の番人」と自己紹介するあたり、あらゆる出来事に精通していても不思議ではないのかもしれません。 特に勇者の生まれ変わりが誕生するなんていうビッグイベントを逃すはずが・・・と思いたいところですが、その割には 主人公の名前を確認するシーンがあるんですよね。 そもそも自分のこともローシュの存在も忘れている様子でしたし。 となると、セニカはいつ主人公たちの冒険を知ったのでしょうか。 可能性としては4つほど考えられます (他にもあるかもしれませんが)。 1つ目は主人公が時渡りをしてきたタイミング。 時の番人というくらいですから、時渡りをしてきた者の存在を察知できたのかもしれません。 そこから主人公たちの動向を監視していた。 この説だと赤い本の内容は主人公が時渡りをした後に限定されますが。 2つ目は主人公が時渡りをした後の世界で時の番人を訪れてから。 主人公たちと出会うことで、その後の動向を見守っていた可能性はあるかもしれません。 これも赤い本の内容がだいぶ限定されてしまいますが。 ちなみに、このときに時の番人が自分がセニカであることやローシュの存在も忘れてしまっていることが発覚します。 3つ目はセニカが人間の姿を取り戻して勇者のしるしを授かったタイミング。 「勇者のしるし(力)と共に記憶も授かったのではないか」という考えですが、これは類似する現象も確認できず、あまり説得力がありません。 むしろ、主人公が大樹の根に触れたときのように、 「勇者の力を持ったセニカが勇者のつるぎに触れることで過去に起きた出来事を知った」と考えた方がまだ自然。 あれ? もしかして結構あり得るかも? 4つ目はセニカが時渡りをしたタイミング。 主人公が時渡りをしたときのことを思い出してみましょう。 これまでにあった出来事をフラッシュバックするシーンがありましたね。 これは単純に主人公が記憶を遡るという演出にも見えますが、例えば画像のカミュはマヤ視点(こますぎくん)。 とすれば、 セニカは歴史を遡る過程で主人公たちの冒険を知り得たかも。 当然と言えば当然なのですが、実はこれがもっとも否定する材料がない説と言えます。 しかし、結果的にこれが事実かどうかは別として、考察厨としてはこの可能性は避けて他の可能性がないかを考えたい(笑 というわけで、やっぱり本を残したのはセニカだと思いますし、その線で考察を進めたいところ。 しかも、セニカが時渡りをしたあとの話ですから、セニカはその事実を知りません。 そのため、本を残したのがセニカであれば、 いずれの本にも「ロトの勇者」に関する記述はなかったと思われます。 緑の本の内容は今後明かされるかも? 最後にもう一度情報を整理してみたいと思います。 まず、 挿絵があることから赤い本の内容は主人公の冒険譚でほぼ間違いないでしょう。 なぜセニカが主人公たちの冒険を知っているのかはハッキリしませんが、「勇者のちからで勇者のつるぎから読み取った」か「時渡りの最中で知った」のではないかと妄想してみます。 もしかすると赤い本の内容は正確な冒険の記録ではなく、主人公たち8人の存在とニズゼルファ討伐、命の大樹の存在以外はセニカの妄想という可能性もあるかもしれませんが。 気になる緑の本の内容ですが、 赤い本が主人公の物語という前提で、 二つの本に勇者のしるしが刻印されていることに注目すれば、緑の本はローシュの物語と考えるのが自然でしょう。 「それぞれロトシリーズと天空シリーズにつながる始まりの物語」というこじつけも捨てがたいところですが、やはりまだこじつけの域を出ません。 ベロニカとセーニャのカラーも関係していそうな気もしますが、うーん。 そうなるとやっぱり時渡りの先が赤、残された仲間たちの世界が緑という解釈しかな思いつきません。 色に意味があるとするなら、先の「それぞれ主人公&ローシュの物語」とする説よりも有力かもしれませんが、どうなんだろ。 ちなみに、ネタバレイトショーの中では2冊の本について次のように語られています。 「ちなみにここではこの本は何だったのかは明かしません。 2冊あるよっていうことだけ言いたかったんで・・・」• 「いろいろな理由から、ちょっとまだ黙っとこうかってことで。 」 あなたは緑色の本の内容、どう考えますか?.

次の

【ドラクエ11】「結婚したい女キャラ(仲間以外)」ランキング TOP7!セニカ?ニマ?モブ?│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

セニカ ドラクエ

スポンサーリンク セニカの時系列を整理する ローシュと出会い、ネルセンやウラノスとニズゼルファ討伐を行う。 失敗したので、ニズゼルファの肉体を封印。 しかしローシュを求めて、 神の民が持つ神秘の歯車を使って忘却の搭へ。 そこで時のオーブ破壊に失敗し死亡。 すると、 神の民の願いを聞く失われし時の化身が、聖竜同様再び現れる セニカは生き返り、時の番人へと姿を変えた。 数百年後の勇者と出会う 時の番人となったセニカは、ニズゼルファを倒した勇者と出会う。 その勇者は、自分にロトの剣・真とローシュの持っていた紋章をくれた。 セニカは感謝し、ようやく時のオーブを破壊した。 過ぎ去りし時へ戻ったセニカは、ローシュと会う。 ここまでが、セニカの時系列ですね。 僕もね、これが過ぎ去りし時を求めたセニカの時系列だと思います。 しかし、セニカの中では時が逆転しているのです。 その理由は、セニカは数百年も経っているとは思ってないからです。 スポンサーリンク 魔王ウルノーガは誕生しなかった。 そして大樹も崩壊しなかった 混乱しますので、実際に起きた事を先に書きましょう。 勇者は過ぎ去りし時を求めて、ベロニカがいなくなる前に戻った。 しかし、ベロニカにとっては魔王ウルノーガを知らない。 ここが重要ですね! ベロニカが知ってるのは、魔道士ウルノーガです。 そして、ニズゼルファを倒しました。 ベロニカの時系列では、このように変わったのです。 ベロニカの時系列では魔王ウルノーガに会っていない。 でも、嬉し涙を流した おかしいですね? 記憶は紡ぐはずなのに、ベロニカは魔道士ウルノーガに対して初対面のような態度を取ります。 ということは、 ベロニカの記憶では、魔王ウルノーガは勇者に倒されて平和になったとなっている。 そこへ魔道士ウルノーガが現れたので、倒す決意をしています。 ベロニカは、こんなことが前にもあった気がする……と、嬉し涙を流す。 それもそのはず!自分は魔王ウルノーガと戦ってはいないけど、ウルノーガを倒すという旅を続けていたから。 誰が魔王ウルノーガを倒したのかはわからないけど、再び現れた魔道士ウルノーガを倒すとベロニカは言うのです では、セニカに戻りましょう。 先代勇者は、ローシュから勇者ロトへと変わった 元々の歴史は、先代勇者ローシュのパーティが積み重ねたことを主人公が成し遂げました。 しかし、時のオーブを破壊してローシュの下へ戻ったセニカは、勇気ある者たちがニズゼルファを倒した事を知っています。 よってローシュの時系列は、 ニズゼルファは勇者ロトによって倒された。 その勇者の名を受け継ぐローシュは、バラモスと戦う運命を背負うことになる。 来ました! なぜあの時、ローシュは手ぶらで歩いていたのか? ローシュはケトスに乗ってロトゼタシア中を駆けめぐり、戦士ネルセンと賢者セニカと魔法使いウラノスと出会っています。 おかしいですね……もうセニカに会っちゃいました…… しかしバラモス城への行き方がわからない。 そこでローシュは、 先代勇者 主人公 が集めたオーブに目をつけます。 これくらいで……いいかな 楽しんで頂けましたでしょうか? 読み返すと、結構強引な考察ですねぇ。 書いたのは誰でしょうか。 中二病のワシじゃ! 先代勇者ローシュのやった事が主人公へ受け継がれ、主人公のやった事が後輩勇者ローシュへと受け継がれる。 この記事のオチは、聖竜は主人公にロトの称号を与えたんですよね?なので、ローシュもセニカも主人公が 勇者ロトとは知りません…… ちょっと待て!セニカは過去へ行ったんだぞ?ローシュと主人公の時代が逆転するわけないじゃないか! 可能性はあるんじゃないですかね?時間の流れがないロトゼタイシスにローシュがいたならね……やっぱ強引かな? でも、神の民イゴルタプたちならやりかねない。 時のオーブを数百年間破壊させる訳にはいかなかった。 それだけ、ニズゼルファは神の民にとって強敵だったのでしょう。 こんな考察も、楽しいですよね? まさか勇者の時代が逆転していたとは……なんてね 笑 ではでは、ここまで読んで頂きありがとうございました!.

次の