クソ広告 youtube。 【VTuber×YouTubeのダイエット広告】女性の棒読みがうざい×嫌いとの声

最近のYouTubeの広告を見て思った感想|Yuthan ユーサン|note

クソ広告 youtube

他人の悪口や炎上目的の動画には広告がつけられなくなった ということです。 実際、改定されたYouTubeの規約を確認してみると次のようなことが書いてあります。 広告掲載に適さない主なトピックは、次のとおりです。 不適切な表現 暴力 アダルト コンテンツ 有害または危険な行為 差別的なコンテンツ 炎上目的、侮辱的 危険ドラッグや薬物に関連するコンテンツ タバコに関連するコンテンツ 銃器に関連するコンテンツ 物議を醸す問題やデリケートな事象 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ (出典:YouTube「」より) たしかに「炎上目的、侮辱的」なコンテンツは広告掲載に適さないと書いてあります。 しかしながら、この「炎上目的、侮辱的」という項目は改定前から存在しているのです。 問題はその詳細が変更されたことです。 変更後 炎上を招く、他者を侮辱するコンテンツ ・個人やグループを辱める、侮辱することに焦点を当てたコンテンツ 個人もしくはグループに対する嫌がらせ、威嚇、いじめに当たるコンテンツ ・個人を名指しで罵る、中傷するコンテンツ ・不幸な出来事が実際には起きていないと示唆する、報道の映像に登場する犠牲者やその家族は実は俳優であるとほのめかすコンテンツ、または出来事の隠蔽に加担するコンテンツ ・個人に対する悪意のある攻撃、中傷、名誉毀損 変更後はかなり詳細な記載となっています。 まさに「もの申す系ユーチューバー」を狙い撃ちにしたかのような記載内容となっています。 先ほどの有名ユーチューバー「シバター」さんは、かなり個人的なコメント(悪口?)を売りにしているユーチューバーさんですので、今回の規約改定により影響は多大でしょう。 実際、動画の中ではYouTube引退を示唆する発言をされています。 今回は、そんなYouTubeの規約変更や今後のYouTubeの流れについて思うところを書きたいと思います。 今ではかなり多くの「(悪口系)もの申す系ユーチューバー」を見かけるようになりました。 炎上目的の動画はバズりやすい 多くのユーチューバーさんが「もの申す系」を好む理由。 それは、 「もの申す系ユーチューバー」はバズりやすいからです。 やはり誰かの悪口や過激な発言というものは良くも悪くも人をひきつけるのです。 もちろん、全員がバズるなんてことはありません。 ほとんどの「もの申す系ユーチューバー」は鳴かず飛ばずでしょう。 しかし、ちょっとしたきっかけでバズを起こせば瞬く間に拡散・炎上する。 それが「もの申す系ユーチューバー」の強みです。 広告主の立場から考えると微妙なジャンル しかしながら、 「もの申す系ユーチューバー」はYouTubeに広告を出している広告主の立場から考えると微妙なジャンルになります。 「もの申す系」の動画は共感を集めやすい反面、アンチも集まりやすく何かとトラブルが起きやすいジャンルです。 そんな不安定な環境に広告を出稿するというということは、広告主側にとっては不利益につながりかねません。 それゆえ、広告主で成り立っているYouTubeのとっては「もの申す系ユーチューバー」を排除する流れになっても不思議ではないでしょう。 他人を不安・不快にさせるような過激な動画は排除していくよ ということです。 私はこの流れは予想はしていました。 YouTubeの規制は徐々に厳しくなってきています。 ただ… 「 思ったより早くて驚いた」というのが本音です。 てっきり、あと数年くらいは現状維持の方向かなと思っていましたので、今回の規約変更は予想外でした。 Googleアップデートと同じ流れになると予想 私は、今後のYouTubeはGoogleアップデートと同じ流れになるのではと予想しています。 ブロガーやアフィリエイトに関わっていない人にとっては「Googleアップデート」といった用語が聞きなれないと思います。 簡単にいえば、「 Googleによる規制」です。 ブロガー界隈におきましては、去年から今年にかけてGoogleアップデートは多大なる影響を及ぼしました。 2018年には「健康アップデート」と呼ばれるアップデートが行われ、健康系のブロガーさんが大虐殺されました。 2019年の6月には同じく大きなアップデートが行われ、多くのブロガーさんが再び窮地に陥ることになりました。 このブログも2019年6月のアップデートにより虫の息です 笑 そして… そんなGoogleアップデートと似たような規制がYouTubeに波及してくるのではと予想しています。 例えば、健康系のユーチューバーさんは多数おられますが、中には権威性(専門的な知識やバックグラウンドがあるかどうか)があやしい人もいます。 もし仮にブログの健康アップデートのような規制が行われますと、特定の権威性を持っていない人には何らかの規制が入るかもしれません。 また、健康系に問わず何らかの専門性を必要とするチャンネルに関しては、権威性を求める規制が入ったとしてもおかしくありません。 YouTubeはGoogleに買収されている以上、今後はどのような規制が行われても不思議ではないと思っておくべきでしょう。 3年前のブロガー界隈からすれば去年からのアップデートなんて天変地異のようなものです。 誰もが予想すらしていなかったでしょう。 ニコニコ動画の二の舞となるか? ひと昔前からネットで動画を見ている人からすれば、「動画サイトで規制が強化された場合」に思い浮かべるのはニコニコ動画ではないでしょうか。 以前に「」の記事でもふれましたが、昔のニコニコ動画は良くも悪くも無法地帯でした。 それが規制に次ぐ規制によって瞬く間に衰退していくことになりました。 ではYouTubeは同じように衰退していくのか? 私の意見はNO(ノー)です。 ニコニコ動画の衰退には規制の側面も大きかったですが、なんだかんだいってシステム的な側面・運営者側の原因も大きかったです。 そこは世界的な動画サイト「YouTube」。 さすがにニコニコ動画のような過ちはしないでしょう。 広告収益化の条件をチャンネル登録者数5000人以上とします なんてことを言い出さないとも限りません。 (チャンネル登録者数1500人以上くらいへの変更はリアルにありそうだと思っています…) そんな中、ユーチューバーはどうすればよいのか? 答えは1つしかありません。 YouTubeに完全に依存するような状況は避けるべきです。 それしかありません。 「個人のタレント化」「動画以外のマネタイズ」など何らかの逃げ道を考えておかないと、 いつどこでYouTubeと心中することになるかわかりません。 私も(今更ながらYouTubeを始めた)駆け出しのユーチューバーではありますので、今回の規約変更は対岸の火事ではありません。 今度どこかで、私も影響を受けるかもしれません。 私はまだまだチャンネル登録者1000人も達成できていない新米ユーチューバーではありますが、今回の規制強化は肝に銘じておきたいと思います。 以上、2019年6月に行われたYouTubeの規制強化についての意見を語りました。

次の

YouTubeのクソ広告

クソ広告 youtube

YouTube広告とは? 見たい動画の前に広告動画が表示されたり、「5秒後にスキップして動画に進めます」と表示されるものだったりいろいろな種類があります。 動画再生画面上に表示される広告バナーや画面右上に表示されるバナーの動画ではない、バナー広告もあります。 広告を消すことのメリット・デメリット YouTubeの広告を消すことによるメリット・デメリットを紹介致します。 メリット・デメリットを理解した上で、広告を消すか消さないか判断していただければと思います。 メリット 広告動画の場合、「5秒後にスキップして動画に進めます」の表示が出る場合であれば、5秒後にスキップできますが、そうでない動画広告の場合は終わるのをひたすら待たなければいけません。 待っているだけの時間を広告を削除することでカットできるのは、時間短縮になります。 1日にたくさんの動画を見られる方にとっては、快適な閲覧が可能になりますね。 デメリット YouTubeで収入を得ているYouTuberの収入源は広告なので、その広告が表示されないとなると収入がなくなりYouTuber(ユーチューバー)が配信するコンテンツの質が低下する可能性があります。 動画をアップしてくれている人に対して、感謝の気持ちとして広告を見てあげるのもひとつだと思います。 YouTuber(ユーチューバー)の収入について詳しくはこちらに記事をご覧ください。 YouTube広告の消し方 PCでYouTubeを閲覧する際の広告削除の方法をご説明致します。 Google Chromeの拡張機能を使用した方法になりますので、Google Chrome以外のIE(インターネットエクスプローラー)、Safari、Firefoxなどでは広告が削除できないので、ご注意ください。 お使いのPCにGoogle Chromeがインストールされていない場合は、インストールしてください。 Google Chromeで下記のリンクをクリックすると、YouTube広告を消すことができる拡張機能を追加することができます。 拡張機能に追加すると、Google Chromeのメニューバーにアイコンが表示されます。 Adblockを追加する前 Adblockを追加した後 広告表示が全て削除されます。 最後に… YouTube広告は、本やマンガと同じで、新品を本屋やAmazonなどで購入すれば作者・著者に印税が入りますが、古本屋で買った場合は安くその本を購入できますが、作者・著者に印税が入らないです。 古本屋で買う人が増えてしまうと、作者・著者へ作品に対しての対価が減り、作品のクオリティーに影響が出る可能性があります。 広告を消すことは、時間短縮になり快適な閲覧が可能になりますが、そのことへのデメリットも理解した上で、活用していただければと思います。 カテゴリー• 736• 114• 544• 1,668• 118• 524• 458• 549• 176• 198•

次の

【Chrome 拡張機能】YouTubeを超快適&便利にするおすすめ14選を紹介!

クソ広告 youtube

他人の悪口や炎上目的の動画には広告がつけられなくなった ということです。 実際、改定されたYouTubeの規約を確認してみると次のようなことが書いてあります。 広告掲載に適さない主なトピックは、次のとおりです。 不適切な表現 暴力 アダルト コンテンツ 有害または危険な行為 差別的なコンテンツ 炎上目的、侮辱的 危険ドラッグや薬物に関連するコンテンツ タバコに関連するコンテンツ 銃器に関連するコンテンツ 物議を醸す問題やデリケートな事象 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ (出典:YouTube「」より) たしかに「炎上目的、侮辱的」なコンテンツは広告掲載に適さないと書いてあります。 しかしながら、この「炎上目的、侮辱的」という項目は改定前から存在しているのです。 問題はその詳細が変更されたことです。 変更後 炎上を招く、他者を侮辱するコンテンツ ・個人やグループを辱める、侮辱することに焦点を当てたコンテンツ 個人もしくはグループに対する嫌がらせ、威嚇、いじめに当たるコンテンツ ・個人を名指しで罵る、中傷するコンテンツ ・不幸な出来事が実際には起きていないと示唆する、報道の映像に登場する犠牲者やその家族は実は俳優であるとほのめかすコンテンツ、または出来事の隠蔽に加担するコンテンツ ・個人に対する悪意のある攻撃、中傷、名誉毀損 変更後はかなり詳細な記載となっています。 まさに「もの申す系ユーチューバー」を狙い撃ちにしたかのような記載内容となっています。 先ほどの有名ユーチューバー「シバター」さんは、かなり個人的なコメント(悪口?)を売りにしているユーチューバーさんですので、今回の規約改定により影響は多大でしょう。 実際、動画の中ではYouTube引退を示唆する発言をされています。 今回は、そんなYouTubeの規約変更や今後のYouTubeの流れについて思うところを書きたいと思います。 今ではかなり多くの「(悪口系)もの申す系ユーチューバー」を見かけるようになりました。 炎上目的の動画はバズりやすい 多くのユーチューバーさんが「もの申す系」を好む理由。 それは、 「もの申す系ユーチューバー」はバズりやすいからです。 やはり誰かの悪口や過激な発言というものは良くも悪くも人をひきつけるのです。 もちろん、全員がバズるなんてことはありません。 ほとんどの「もの申す系ユーチューバー」は鳴かず飛ばずでしょう。 しかし、ちょっとしたきっかけでバズを起こせば瞬く間に拡散・炎上する。 それが「もの申す系ユーチューバー」の強みです。 広告主の立場から考えると微妙なジャンル しかしながら、 「もの申す系ユーチューバー」はYouTubeに広告を出している広告主の立場から考えると微妙なジャンルになります。 「もの申す系」の動画は共感を集めやすい反面、アンチも集まりやすく何かとトラブルが起きやすいジャンルです。 そんな不安定な環境に広告を出稿するというということは、広告主側にとっては不利益につながりかねません。 それゆえ、広告主で成り立っているYouTubeのとっては「もの申す系ユーチューバー」を排除する流れになっても不思議ではないでしょう。 他人を不安・不快にさせるような過激な動画は排除していくよ ということです。 私はこの流れは予想はしていました。 YouTubeの規制は徐々に厳しくなってきています。 ただ… 「 思ったより早くて驚いた」というのが本音です。 てっきり、あと数年くらいは現状維持の方向かなと思っていましたので、今回の規約変更は予想外でした。 Googleアップデートと同じ流れになると予想 私は、今後のYouTubeはGoogleアップデートと同じ流れになるのではと予想しています。 ブロガーやアフィリエイトに関わっていない人にとっては「Googleアップデート」といった用語が聞きなれないと思います。 簡単にいえば、「 Googleによる規制」です。 ブロガー界隈におきましては、去年から今年にかけてGoogleアップデートは多大なる影響を及ぼしました。 2018年には「健康アップデート」と呼ばれるアップデートが行われ、健康系のブロガーさんが大虐殺されました。 2019年の6月には同じく大きなアップデートが行われ、多くのブロガーさんが再び窮地に陥ることになりました。 このブログも2019年6月のアップデートにより虫の息です 笑 そして… そんなGoogleアップデートと似たような規制がYouTubeに波及してくるのではと予想しています。 例えば、健康系のユーチューバーさんは多数おられますが、中には権威性(専門的な知識やバックグラウンドがあるかどうか)があやしい人もいます。 もし仮にブログの健康アップデートのような規制が行われますと、特定の権威性を持っていない人には何らかの規制が入るかもしれません。 また、健康系に問わず何らかの専門性を必要とするチャンネルに関しては、権威性を求める規制が入ったとしてもおかしくありません。 YouTubeはGoogleに買収されている以上、今後はどのような規制が行われても不思議ではないと思っておくべきでしょう。 3年前のブロガー界隈からすれば去年からのアップデートなんて天変地異のようなものです。 誰もが予想すらしていなかったでしょう。 ニコニコ動画の二の舞となるか? ひと昔前からネットで動画を見ている人からすれば、「動画サイトで規制が強化された場合」に思い浮かべるのはニコニコ動画ではないでしょうか。 以前に「」の記事でもふれましたが、昔のニコニコ動画は良くも悪くも無法地帯でした。 それが規制に次ぐ規制によって瞬く間に衰退していくことになりました。 ではYouTubeは同じように衰退していくのか? 私の意見はNO(ノー)です。 ニコニコ動画の衰退には規制の側面も大きかったですが、なんだかんだいってシステム的な側面・運営者側の原因も大きかったです。 そこは世界的な動画サイト「YouTube」。 さすがにニコニコ動画のような過ちはしないでしょう。 広告収益化の条件をチャンネル登録者数5000人以上とします なんてことを言い出さないとも限りません。 (チャンネル登録者数1500人以上くらいへの変更はリアルにありそうだと思っています…) そんな中、ユーチューバーはどうすればよいのか? 答えは1つしかありません。 YouTubeに完全に依存するような状況は避けるべきです。 それしかありません。 「個人のタレント化」「動画以外のマネタイズ」など何らかの逃げ道を考えておかないと、 いつどこでYouTubeと心中することになるかわかりません。 私も(今更ながらYouTubeを始めた)駆け出しのユーチューバーではありますので、今回の規約変更は対岸の火事ではありません。 今度どこかで、私も影響を受けるかもしれません。 私はまだまだチャンネル登録者1000人も達成できていない新米ユーチューバーではありますが、今回の規制強化は肝に銘じておきたいと思います。 以上、2019年6月に行われたYouTubeの規制強化についての意見を語りました。

次の