豚 こま 大根 レシピ。 【偏愛! ガチ推しレシピ】甘辛豚バラ大根【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

【偏愛! ガチ推しレシピ】甘辛豚バラ大根【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

豚 こま 大根 レシピ

人気の豚こま肉と大根の炒め煮の簡単レシピです。 レンジだけでもしっかり味が染みて美味しいのでぜひ作ってみてください。 調理時間:15分 冷蔵保存:4日 人数:3人分• 豚こま肉 150g• みりん 大さじ3• 片栗粉 小さじ1• ごま油 小さじ1• 大根は皮をむき5ミリ幅のいちょう切りにし、耐熱容器に入れる。 みりん大さじ3をふりかけ、ふんわりラップをかぶせ600wの電子レンジで6分加熱する。 (耐熱容器のフタをななめにかぶせるとラップの代わりになります。 豚こま肉は一口サイズに切り、片栗粉とごま油をまぜる。 再度ふんわりラップをかぶせ3~4分加熱しかきまぜてできあがり。 最後にかきまぜるときは、3で使ったのとは別の箸または水洗いした清潔な箸を使ってください。 豚肉が生っぽい場合は豚肉に完全に火が通るまで1分~追加で加熱してください。 皮をむいた後に300~330gになるようにしてください。 アクセスしていただきありがとうございます。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 人気レシピTOP50はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の

大根と豚こま肉の炒め煮の人気レシピ。簡単作り置き常備菜の作り方。

豚 こま 大根 レシピ

ガチ推しポイント! 【その1】 たった10分弱で、柔らか&味しみ。 大根の煮もの=時間がかかるという方程式は、このレシピには当てはまりません! その秘密が、大根のレンチン下ゆで&時短のための黄金比率煮汁。 ざっと炒めてから、この煮汁で煮れば、具材に味がガッと入るんです。 短時間で柔らか味しみ大根煮ものができるなんて、ありがたや〜。 【その2】 勝手に〈ご飯に合うオブザイヤー〉を授与。 ご覧のとおりです。 ご飯に合いまくります。 甘辛い煮汁で汚れた白米is正義。 豚のほんのり甘い脂が、煮汁とともに全体にいきわたっているのがいいんですよねー。 耐熱皿に重ならないように広げ、水大さじ1をふる。 ふんわりとラップをかけ、電子レンジで8分ほど加熱する。 冷水にとってさまし、水けを拭く。 豚肉は長さ7cmに切る。 (2)材料を炒め、甘辛しょうゆ煮汁で煮る フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱し、豚肉を入れて肉の色が変わるまで1分ほど炒める。 大根を加え、油が回るまで炒める。 甘辛しょうゆ煮汁の材料を砂糖から順に加え、そのつどさっと混ぜる。 具材を平らにし、ふたをして4分ほど、上下を返して3分ほど煮る。 ふたを取ってゆで卵を加え、強めの中火にする。 混ぜながら煮汁がほとんどなくなるまで2分ほど煮つめる。 ちなみに編集部の試作でも、あっというまになくなりました。 なんという人気っぷり。 甘辛煮もののパワー恐るべし! 今晩の夕食にでも、その魅惑の味を体感してみてください。 料理/市瀬悦子 撮影/髙杉 純 文/編集部・渥美 (より.

次の

定番の人気おかず!豚バラ大根のレシピ/作り方:白ごはん.com

豚 こま 大根 レシピ

ガチ推しポイント! 【その1】 たった10分弱で、柔らか&味しみ。 大根の煮もの=時間がかかるという方程式は、このレシピには当てはまりません! その秘密が、大根のレンチン下ゆで&時短のための黄金比率煮汁。 ざっと炒めてから、この煮汁で煮れば、具材に味がガッと入るんです。 短時間で柔らか味しみ大根煮ものができるなんて、ありがたや〜。 【その2】 勝手に〈ご飯に合うオブザイヤー〉を授与。 ご覧のとおりです。 ご飯に合いまくります。 甘辛い煮汁で汚れた白米is正義。 豚のほんのり甘い脂が、煮汁とともに全体にいきわたっているのがいいんですよねー。 耐熱皿に重ならないように広げ、水大さじ1をふる。 ふんわりとラップをかけ、電子レンジで8分ほど加熱する。 冷水にとってさまし、水けを拭く。 豚肉は長さ7cmに切る。 (2)材料を炒め、甘辛しょうゆ煮汁で煮る フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱し、豚肉を入れて肉の色が変わるまで1分ほど炒める。 大根を加え、油が回るまで炒める。 甘辛しょうゆ煮汁の材料を砂糖から順に加え、そのつどさっと混ぜる。 具材を平らにし、ふたをして4分ほど、上下を返して3分ほど煮る。 ふたを取ってゆで卵を加え、強めの中火にする。 混ぜながら煮汁がほとんどなくなるまで2分ほど煮つめる。 ちなみに編集部の試作でも、あっというまになくなりました。 なんという人気っぷり。 甘辛煮もののパワー恐るべし! 今晩の夕食にでも、その魅惑の味を体感してみてください。 料理/市瀬悦子 撮影/髙杉 純 文/編集部・渥美 (より.

次の