千雪ss。 【楽天市場】りんごジュースの加工、販売:あっぷる坊や[トップページ]

【シャニマスSS】甘奈「プロデューサーさんと千雪さんの距離が近い……妙だな……」 : SS★STATION SSのまとめ SSの専門サイト

千雪ss

千雪「霧子ちゃん……それってご家族や友達にも、相談できない事なのかしら?」 霧子「はい……人に話すことでも、ないですから」 千雪「……あまり1人で抱え込まないでね?お仕事の話じゃなくても、私でよければいつでも聴くから」 霧子「でも、やっぱり相談したら……千雪さんのご迷惑に」 千雪「全然!霧子ちゃんが1人で悩んじゃう方が、私はつらいな」 霧子「そう……なんですか?」 千雪「うん、だからなんでも言って?」 霧子「ええと……」 千雪「うん」 霧子「……じゃあ、少しだけ訊いてもいいですか?」 千雪「もちろん。 何かな?」 霧子「千雪さんは」 千雪「うん」 霧子「オーガズムに至った事が、ありますか?」 千雪「……うん?」 霧子「あっ……おしりを任せるとは言っても、排泄の事ではなくて」 千雪「はい」 霧子「正確には……前立腺を任せていただいています」 千雪「…………肉体関係は無いんだよね?」 霧子「はい」 千雪「これからそういう関係になる可能性は?」 霧子「無いです……わたしが任されてるのは、プロデューサーさんを安全にドライオーガズムに導くこと……だけですから」 千雪「……それは肉体関係では……ない……んですね?」 霧子「はい……どうして敬語なんですか?」 千雪「私にもわからない……」 霧子「そうですか……少なくとも、わたしが妊娠する可能性がある事は、一切なかったです」 千雪「……ならいい……のかな?」 霧子「どう、なんでしょう」 千雪「……そこは一旦保留にしましょう」 霧子「はい……とにかくわたしはプロデューサーさんを射精させずに絶頂させたいんです」 千雪「霧子ちゃん、言葉がキレキレすぎるよ」 霧子「でも……わたし自身はそういう経験がないから」 千雪「うん」 霧子「もし千雪さんが、オーガズムの経験があったら……お話を伺いたいなって」 千雪「うーん」 霧子「千雪さん……?」 千雪「うーん」 霧子「大丈夫ですか?」 千雪「大丈夫……じゃない気がするけど、霧子ちゃんの相談には答えたい気持ち、かな」 霧子「無理しないでください……お目目が、ぐるぐるしてますよ」 千雪「むむむむ」 霧子「あっ湯気……」 千雪「ちょっと、どう答えたらいいか……」 霧子「…………」 千雪「うーん……」 霧子「あの……でしたら、参考に千雪さんのオーガズムを見せていただけませんか?」 千雪「へ?」 Pの部屋 霧子「この……先端の膨らんでいる所が前立腺に当たるようにできているんです」 千雪「なるほど……プロデューサーさんの手を縛ってあるのはどうして?」 霧子「いつものスタイルです」 千雪「そ、そうなんだ」 霧子「ではおしりに戻しますね……えいっ」 P「んはぁん!」 千雪「うるさいですよプロデューサーさん」 P「はぁ……なんか今日の千雪、俺への当たりが強いな」 霧子「もしかして、わたしのせい……ですか?」 千雪「ううん、霧子ちゃんはなんにも悪くないよ?」 P「ああ、霧子は悪くない」 千雪「悪いのは全部プロデューサーさんです」 霧子「ぷ、プロデューサーさんは悪くないんです!……わたしがしたくてしている事ですから」 P「いいんだ霧子、悪いのは全部俺だよ」 千雪「その通りです」 P「千雪も、自分のプロデューサーのこんな姿を見せられて戸惑っているんだよきっと」 千雪「その通りですっ!」 千雪「お待たせ、タオルありがとうね、霧子ちゃん」 霧子「いえ」 千雪「あれ、プロデューサーさん頭を怪我したんですか?」 霧子「違うんです……あの包帯は、目隠しなんです」 P「すごいんだぞ霧子の包帯って。 全然見えないし床に擦り付けても全然ズレないんだ」 千雪「さすが霧子ちゃんね」 霧子「そんな……あっ、千雪さん……バスタオル1枚でセクシーですね」 千雪「やだもう、霧子ちゃん。 ちょっと恥ずかしいな」 P「バスタオル1枚の……千雪……だと?」 霧子「あ……プロデューサーさんの、大きくなりました」 千雪「へぇ、こういう感じなんだ」 霧子「千雪さんは……大きくなったのは見たことありましたか?」 千雪「ううん、小さい時の弟のなら見たことあるけど」 P「弟くん……ぐぬぬ!」 千雪「なんでそんな悔しそうなんですか。 あんまり噛み締めると奥歯欠けちゃいますよ?」 霧子「ここに……座ってください……」 千雪「はい」 霧子「あっ……脚は床に降ろした方が、楽だと思います」 千雪「こう?」 霧子「はい」 千雪「ふぅ……やだ、私けっこうドキドキしちゃってるかも」 霧子「大丈夫ですか?」 千雪「うん……人にしてもらうのは初めてだから」 霧子「リラックスしてください……優しくしますから、ね?」 千雪「霧子ちゃん……」 P「お、濡れた?」 霧子「ふふ、そうなんですか?」 千雪「もう、まだ濡れてませんっ」 霧子「えっ、そうなんですか……」 千雪「ああ霧子ちゃん、そうじゃないの、今のはプロデューサーさんに向けて言っただけで……少し耳貸して?」 霧子「?……はい」 千雪「あのね……今触ってみたんだけど」 霧子「はい」 千雪「……ちょっと濡れてる感じ、するの」 霧子「千雪さん……!」 千雪「だから、よろしくね?」 霧子「はいっ……頑張ります」 霧子「される所を想像するんですね……」 千雪「あっ、はい」 霧子「でしたら最初は」 千雪「最初は?」 霧子「ハグ、からです」 千雪「あ、そんな感じなんだ」 霧子「たぶん……千雪さんはそういう感じが、良さそうです」 千雪「そうなのかな?自分ではわからないけど」 霧子「はい……では、失礼しますね」 千雪「あっ、どうぞ」 霧子「ぎゅ~」 千雪「じゃあ私からも、ぎゅ~」 P「あの、今どんな体位ですか!対面座位で合ってますか!」 霧子「千雪さん、柔らかい……です」 千雪「ん、霧子ちゃんのブラウス良い匂い。 お日さまの香りね」 霧子「はい……お日さまに乾かしていただいてますから」 P「ちょっと、教えていただけませんか!対面座位ですよね!」 霧子「千雪さん、まだ……ですよ」 千雪「霧子ちゃん……んゃ……どうしてこんな上手なの?」 霧子「今まで……プロデューサーさんの反応を見ながら、色々試してましたから」 P「どうだぁ千雪、霧子のテクは凄いだろう」 千雪「んん……なんでプロデューサーさんが得意げなんですか」 霧子「お耳も、食べちゃいます」 千雪「やっ……霧子ちゃんっ」 P「おっ、千雪の弱点は耳か。 参考にしよう」 千雪「なんの参考っ、ですか!」 霧子「いえ、はむはむ……きっと……こっちです」 千雪「ひゃん!あっやだっ、きりっ…こっちゃん……」 霧子「やっぱり……千雪さんは首すじ、ですね」 P「えぇ~正面からじゃタッチできないじゃん」 千雪「ゃん……なんの話、ですか。 では」 P「あぁ」 千雪「ピンクローターをいただきますね」 P「おい!そりゃないぜ!」 霧子「お待たせしました」 千雪「ううん大丈夫だよ。 じゃあ続きだね」 P「くぅん……」 P「教えてくれ霧子!いったい千雪のどこをどうしてるんだ!」 千雪「言わなくていいからね」 霧子「プロデューサーさん……すみません、少し存在を消しててくれませんか?」 P「えっ、霧子……そんな」 霧子「千雪さんはプロデューサーさんを意識すると、気が散ってしまうみたいなので」 P「そうか、そう言われると何も言い返せない」 霧子「千雪さんも……プロデューサーさんはここに居ないと、思ってください」 千雪「ええと、頑張ってみるけど」 霧子「声も……我慢しなくて大丈夫です。 その方がオーガズムに、達しやすいそうですから」 千雪「少し恥ずかしいけど、わかった」 霧子「はい……自分の感覚に素直になってください。 そうしてくれたら、わたししか…… 見えないように、しますから」 千雪「はっ、はい」 霧子「新しいタオル、用意します……千雪さんは横になっていてください」 千雪「はーい」 P「……お疲れ様」 千雪「あっ、プロデューサーさん居たんでしたね」 P「はい、居ました」 千雪「宣言通り、霧子ちゃんしか見えなくなってました」 P「凄いだろ霧子?」 千雪「はい」 P「それにしてもまさか、担当アイドルにイかされる担当アイドルの声を聞く日が来るなんてな」 千雪「私も、担当プロデューサーさんのこんな姿を見る日が来るなんて」 P「ははは、まぁ裸の付き合いってのもいいじゃないか」 千雪「意味が違いますよ。 要の霧子ちゃんは1枚も脱いでませんし」 P「確かに。 でも脱いでくれとは頼めないじゃないか」 千雪「そうですけど……というかプロデューサーさん」 P「どうした?」 千雪「汁……すごく垂れてますね」 P「……そりゃ、仕方ないだろ」 千雪「ふぅ」 P「おっ、おかえり」 千雪「はい。 あ、シャワー使わせていただいてありがとうございました」 P「いいよいいよ」 千雪「霧子ちゃんは?」 P「お手洗いだって。 あ、さっきのなんだけどさ」 千雪「さっきの?」 P「霧子をシャワーに誘ってただろ?」 千雪「あぁ、はい」 P「あれ、断られたの気にしなくていいぞ。 俺にもいつもああだから」 千雪「そう、なんですね」 P「だからまぁ、落ち込むな、千雪の事が嫌いってわけじゃないんだし」 千雪「それは……わかりますけど」 P「もしアレだったら俺が千雪と一緒にシャワー浴びるぞ」 千雪「プロデューサーさん、冗談でもダメですよ」 P「あぁうん、まぁそうだよな」.

次の

桑山千雪「毒と言うには、とても甘美で」 : アイドルマスター シャイニーカラーズ SS

千雪ss

千雪「霧子ちゃん……それってご家族や友達にも、相談できない事なのかしら?」 霧子「はい……人に話すことでも、ないですから」 千雪「……あまり1人で抱え込まないでね?お仕事の話じゃなくても、私でよければいつでも聴くから」 霧子「でも、やっぱり相談したら……千雪さんのご迷惑に」 千雪「全然!霧子ちゃんが1人で悩んじゃう方が、私はつらいな」 霧子「そう……なんですか?」 千雪「うん、だからなんでも言って?」 霧子「ええと……」 千雪「うん」 霧子「……じゃあ、少しだけ訊いてもいいですか?」 千雪「もちろん。 何かな?」 霧子「千雪さんは」 千雪「うん」 霧子「オーガズムに至った事が、ありますか?」 千雪「……うん?」 霧子「あっ……おしりを任せるとは言っても、排泄の事ではなくて」 千雪「はい」 霧子「正確には……前立腺を任せていただいています」 千雪「…………肉体関係は無いんだよね?」 霧子「はい」 千雪「これからそういう関係になる可能性は?」 霧子「無いです……わたしが任されてるのは、プロデューサーさんを安全にドライオーガズムに導くこと……だけですから」 千雪「……それは肉体関係では……ない……んですね?」 霧子「はい……どうして敬語なんですか?」 千雪「私にもわからない……」 霧子「そうですか……少なくとも、わたしが妊娠する可能性がある事は、一切なかったです」 千雪「……ならいい……のかな?」 霧子「どう、なんでしょう」 千雪「……そこは一旦保留にしましょう」 霧子「はい……とにかくわたしはプロデューサーさんを射精させずに絶頂させたいんです」 千雪「霧子ちゃん、言葉がキレキレすぎるよ」 霧子「でも……わたし自身はそういう経験がないから」 千雪「うん」 霧子「もし千雪さんが、オーガズムの経験があったら……お話を伺いたいなって」 千雪「うーん」 霧子「千雪さん……?」 千雪「うーん」 霧子「大丈夫ですか?」 千雪「大丈夫……じゃない気がするけど、霧子ちゃんの相談には答えたい気持ち、かな」 霧子「無理しないでください……お目目が、ぐるぐるしてますよ」 千雪「むむむむ」 霧子「あっ湯気……」 千雪「ちょっと、どう答えたらいいか……」 霧子「…………」 千雪「うーん……」 霧子「あの……でしたら、参考に千雪さんのオーガズムを見せていただけませんか?」 千雪「へ?」 Pの部屋 霧子「この……先端の膨らんでいる所が前立腺に当たるようにできているんです」 千雪「なるほど……プロデューサーさんの手を縛ってあるのはどうして?」 霧子「いつものスタイルです」 千雪「そ、そうなんだ」 霧子「ではおしりに戻しますね……えいっ」 P「んはぁん!」 千雪「うるさいですよプロデューサーさん」 P「はぁ……なんか今日の千雪、俺への当たりが強いな」 霧子「もしかして、わたしのせい……ですか?」 千雪「ううん、霧子ちゃんはなんにも悪くないよ?」 P「ああ、霧子は悪くない」 千雪「悪いのは全部プロデューサーさんです」 霧子「ぷ、プロデューサーさんは悪くないんです!……わたしがしたくてしている事ですから」 P「いいんだ霧子、悪いのは全部俺だよ」 千雪「その通りです」 P「千雪も、自分のプロデューサーのこんな姿を見せられて戸惑っているんだよきっと」 千雪「その通りですっ!」 千雪「お待たせ、タオルありがとうね、霧子ちゃん」 霧子「いえ」 千雪「あれ、プロデューサーさん頭を怪我したんですか?」 霧子「違うんです……あの包帯は、目隠しなんです」 P「すごいんだぞ霧子の包帯って。 全然見えないし床に擦り付けても全然ズレないんだ」 千雪「さすが霧子ちゃんね」 霧子「そんな……あっ、千雪さん……バスタオル1枚でセクシーですね」 千雪「やだもう、霧子ちゃん。 ちょっと恥ずかしいな」 P「バスタオル1枚の……千雪……だと?」 霧子「あ……プロデューサーさんの、大きくなりました」 千雪「へぇ、こういう感じなんだ」 霧子「千雪さんは……大きくなったのは見たことありましたか?」 千雪「ううん、小さい時の弟のなら見たことあるけど」 P「弟くん……ぐぬぬ!」 千雪「なんでそんな悔しそうなんですか。 あんまり噛み締めると奥歯欠けちゃいますよ?」 霧子「ここに……座ってください……」 千雪「はい」 霧子「あっ……脚は床に降ろした方が、楽だと思います」 千雪「こう?」 霧子「はい」 千雪「ふぅ……やだ、私けっこうドキドキしちゃってるかも」 霧子「大丈夫ですか?」 千雪「うん……人にしてもらうのは初めてだから」 霧子「リラックスしてください……優しくしますから、ね?」 千雪「霧子ちゃん……」 P「お、濡れた?」 霧子「ふふ、そうなんですか?」 千雪「もう、まだ濡れてませんっ」 霧子「えっ、そうなんですか……」 千雪「ああ霧子ちゃん、そうじゃないの、今のはプロデューサーさんに向けて言っただけで……少し耳貸して?」 霧子「?……はい」 千雪「あのね……今触ってみたんだけど」 霧子「はい」 千雪「……ちょっと濡れてる感じ、するの」 霧子「千雪さん……!」 千雪「だから、よろしくね?」 霧子「はいっ……頑張ります」 霧子「される所を想像するんですね……」 千雪「あっ、はい」 霧子「でしたら最初は」 千雪「最初は?」 霧子「ハグ、からです」 千雪「あ、そんな感じなんだ」 霧子「たぶん……千雪さんはそういう感じが、良さそうです」 千雪「そうなのかな?自分ではわからないけど」 霧子「はい……では、失礼しますね」 千雪「あっ、どうぞ」 霧子「ぎゅ~」 千雪「じゃあ私からも、ぎゅ~」 P「あの、今どんな体位ですか!対面座位で合ってますか!」 霧子「千雪さん、柔らかい……です」 千雪「ん、霧子ちゃんのブラウス良い匂い。 お日さまの香りね」 霧子「はい……お日さまに乾かしていただいてますから」 P「ちょっと、教えていただけませんか!対面座位ですよね!」 霧子「千雪さん、まだ……ですよ」 千雪「霧子ちゃん……んゃ……どうしてこんな上手なの?」 霧子「今まで……プロデューサーさんの反応を見ながら、色々試してましたから」 P「どうだぁ千雪、霧子のテクは凄いだろう」 千雪「んん……なんでプロデューサーさんが得意げなんですか」 霧子「お耳も、食べちゃいます」 千雪「やっ……霧子ちゃんっ」 P「おっ、千雪の弱点は耳か。 参考にしよう」 千雪「なんの参考っ、ですか!」 霧子「いえ、はむはむ……きっと……こっちです」 千雪「ひゃん!あっやだっ、きりっ…こっちゃん……」 霧子「やっぱり……千雪さんは首すじ、ですね」 P「えぇ~正面からじゃタッチできないじゃん」 千雪「ゃん……なんの話、ですか。 では」 P「あぁ」 千雪「ピンクローターをいただきますね」 P「おい!そりゃないぜ!」 霧子「お待たせしました」 千雪「ううん大丈夫だよ。 じゃあ続きだね」 P「くぅん……」 P「教えてくれ霧子!いったい千雪のどこをどうしてるんだ!」 千雪「言わなくていいからね」 霧子「プロデューサーさん……すみません、少し存在を消しててくれませんか?」 P「えっ、霧子……そんな」 霧子「千雪さんはプロデューサーさんを意識すると、気が散ってしまうみたいなので」 P「そうか、そう言われると何も言い返せない」 霧子「千雪さんも……プロデューサーさんはここに居ないと、思ってください」 千雪「ええと、頑張ってみるけど」 霧子「声も……我慢しなくて大丈夫です。 その方がオーガズムに、達しやすいそうですから」 千雪「少し恥ずかしいけど、わかった」 霧子「はい……自分の感覚に素直になってください。 そうしてくれたら、わたししか…… 見えないように、しますから」 千雪「はっ、はい」 霧子「新しいタオル、用意します……千雪さんは横になっていてください」 千雪「はーい」 P「……お疲れ様」 千雪「あっ、プロデューサーさん居たんでしたね」 P「はい、居ました」 千雪「宣言通り、霧子ちゃんしか見えなくなってました」 P「凄いだろ霧子?」 千雪「はい」 P「それにしてもまさか、担当アイドルにイかされる担当アイドルの声を聞く日が来るなんてな」 千雪「私も、担当プロデューサーさんのこんな姿を見る日が来るなんて」 P「ははは、まぁ裸の付き合いってのもいいじゃないか」 千雪「意味が違いますよ。 要の霧子ちゃんは1枚も脱いでませんし」 P「確かに。 でも脱いでくれとは頼めないじゃないか」 千雪「そうですけど……というかプロデューサーさん」 P「どうした?」 千雪「汁……すごく垂れてますね」 P「……そりゃ、仕方ないだろ」 千雪「ふぅ」 P「おっ、おかえり」 千雪「はい。 あ、シャワー使わせていただいてありがとうございました」 P「いいよいいよ」 千雪「霧子ちゃんは?」 P「お手洗いだって。 あ、さっきのなんだけどさ」 千雪「さっきの?」 P「霧子をシャワーに誘ってただろ?」 千雪「あぁ、はい」 P「あれ、断られたの気にしなくていいぞ。 俺にもいつもああだから」 千雪「そう、なんですね」 P「だからまぁ、落ち込むな、千雪の事が嫌いってわけじゃないんだし」 千雪「それは……わかりますけど」 P「もしアレだったら俺が千雪と一緒にシャワー浴びるぞ」 千雪「プロデューサーさん、冗談でもダメですよ」 P「あぁうん、まぁそうだよな」.

次の

【楽天市場】りんごジュースの加工、販売:あっぷる坊や[トップページ]

千雪ss

千雪「霧子ちゃん……それってご家族や友達にも、相談できない事なのかしら?」 霧子「はい……人に話すことでも、ないですから」 千雪「……あまり1人で抱え込まないでね?お仕事の話じゃなくても、私でよければいつでも聴くから」 霧子「でも、やっぱり相談したら……千雪さんのご迷惑に」 千雪「全然!霧子ちゃんが1人で悩んじゃう方が、私はつらいな」 霧子「そう……なんですか?」 千雪「うん、だからなんでも言って?」 霧子「ええと……」 千雪「うん」 霧子「……じゃあ、少しだけ訊いてもいいですか?」 千雪「もちろん。 何かな?」 霧子「千雪さんは」 千雪「うん」 霧子「オーガズムに至った事が、ありますか?」 千雪「……うん?」 霧子「あっ……おしりを任せるとは言っても、排泄の事ではなくて」 千雪「はい」 霧子「正確には……前立腺を任せていただいています」 千雪「…………肉体関係は無いんだよね?」 霧子「はい」 千雪「これからそういう関係になる可能性は?」 霧子「無いです……わたしが任されてるのは、プロデューサーさんを安全にドライオーガズムに導くこと……だけですから」 千雪「……それは肉体関係では……ない……んですね?」 霧子「はい……どうして敬語なんですか?」 千雪「私にもわからない……」 霧子「そうですか……少なくとも、わたしが妊娠する可能性がある事は、一切なかったです」 千雪「……ならいい……のかな?」 霧子「どう、なんでしょう」 千雪「……そこは一旦保留にしましょう」 霧子「はい……とにかくわたしはプロデューサーさんを射精させずに絶頂させたいんです」 千雪「霧子ちゃん、言葉がキレキレすぎるよ」 霧子「でも……わたし自身はそういう経験がないから」 千雪「うん」 霧子「もし千雪さんが、オーガズムの経験があったら……お話を伺いたいなって」 千雪「うーん」 霧子「千雪さん……?」 千雪「うーん」 霧子「大丈夫ですか?」 千雪「大丈夫……じゃない気がするけど、霧子ちゃんの相談には答えたい気持ち、かな」 霧子「無理しないでください……お目目が、ぐるぐるしてますよ」 千雪「むむむむ」 霧子「あっ湯気……」 千雪「ちょっと、どう答えたらいいか……」 霧子「…………」 千雪「うーん……」 霧子「あの……でしたら、参考に千雪さんのオーガズムを見せていただけませんか?」 千雪「へ?」 Pの部屋 霧子「この……先端の膨らんでいる所が前立腺に当たるようにできているんです」 千雪「なるほど……プロデューサーさんの手を縛ってあるのはどうして?」 霧子「いつものスタイルです」 千雪「そ、そうなんだ」 霧子「ではおしりに戻しますね……えいっ」 P「んはぁん!」 千雪「うるさいですよプロデューサーさん」 P「はぁ……なんか今日の千雪、俺への当たりが強いな」 霧子「もしかして、わたしのせい……ですか?」 千雪「ううん、霧子ちゃんはなんにも悪くないよ?」 P「ああ、霧子は悪くない」 千雪「悪いのは全部プロデューサーさんです」 霧子「ぷ、プロデューサーさんは悪くないんです!……わたしがしたくてしている事ですから」 P「いいんだ霧子、悪いのは全部俺だよ」 千雪「その通りです」 P「千雪も、自分のプロデューサーのこんな姿を見せられて戸惑っているんだよきっと」 千雪「その通りですっ!」 千雪「お待たせ、タオルありがとうね、霧子ちゃん」 霧子「いえ」 千雪「あれ、プロデューサーさん頭を怪我したんですか?」 霧子「違うんです……あの包帯は、目隠しなんです」 P「すごいんだぞ霧子の包帯って。 全然見えないし床に擦り付けても全然ズレないんだ」 千雪「さすが霧子ちゃんね」 霧子「そんな……あっ、千雪さん……バスタオル1枚でセクシーですね」 千雪「やだもう、霧子ちゃん。 ちょっと恥ずかしいな」 P「バスタオル1枚の……千雪……だと?」 霧子「あ……プロデューサーさんの、大きくなりました」 千雪「へぇ、こういう感じなんだ」 霧子「千雪さんは……大きくなったのは見たことありましたか?」 千雪「ううん、小さい時の弟のなら見たことあるけど」 P「弟くん……ぐぬぬ!」 千雪「なんでそんな悔しそうなんですか。 あんまり噛み締めると奥歯欠けちゃいますよ?」 霧子「ここに……座ってください……」 千雪「はい」 霧子「あっ……脚は床に降ろした方が、楽だと思います」 千雪「こう?」 霧子「はい」 千雪「ふぅ……やだ、私けっこうドキドキしちゃってるかも」 霧子「大丈夫ですか?」 千雪「うん……人にしてもらうのは初めてだから」 霧子「リラックスしてください……優しくしますから、ね?」 千雪「霧子ちゃん……」 P「お、濡れた?」 霧子「ふふ、そうなんですか?」 千雪「もう、まだ濡れてませんっ」 霧子「えっ、そうなんですか……」 千雪「ああ霧子ちゃん、そうじゃないの、今のはプロデューサーさんに向けて言っただけで……少し耳貸して?」 霧子「?……はい」 千雪「あのね……今触ってみたんだけど」 霧子「はい」 千雪「……ちょっと濡れてる感じ、するの」 霧子「千雪さん……!」 千雪「だから、よろしくね?」 霧子「はいっ……頑張ります」 霧子「される所を想像するんですね……」 千雪「あっ、はい」 霧子「でしたら最初は」 千雪「最初は?」 霧子「ハグ、からです」 千雪「あ、そんな感じなんだ」 霧子「たぶん……千雪さんはそういう感じが、良さそうです」 千雪「そうなのかな?自分ではわからないけど」 霧子「はい……では、失礼しますね」 千雪「あっ、どうぞ」 霧子「ぎゅ~」 千雪「じゃあ私からも、ぎゅ~」 P「あの、今どんな体位ですか!対面座位で合ってますか!」 霧子「千雪さん、柔らかい……です」 千雪「ん、霧子ちゃんのブラウス良い匂い。 お日さまの香りね」 霧子「はい……お日さまに乾かしていただいてますから」 P「ちょっと、教えていただけませんか!対面座位ですよね!」 霧子「千雪さん、まだ……ですよ」 千雪「霧子ちゃん……んゃ……どうしてこんな上手なの?」 霧子「今まで……プロデューサーさんの反応を見ながら、色々試してましたから」 P「どうだぁ千雪、霧子のテクは凄いだろう」 千雪「んん……なんでプロデューサーさんが得意げなんですか」 霧子「お耳も、食べちゃいます」 千雪「やっ……霧子ちゃんっ」 P「おっ、千雪の弱点は耳か。 参考にしよう」 千雪「なんの参考っ、ですか!」 霧子「いえ、はむはむ……きっと……こっちです」 千雪「ひゃん!あっやだっ、きりっ…こっちゃん……」 霧子「やっぱり……千雪さんは首すじ、ですね」 P「えぇ~正面からじゃタッチできないじゃん」 千雪「ゃん……なんの話、ですか。 では」 P「あぁ」 千雪「ピンクローターをいただきますね」 P「おい!そりゃないぜ!」 霧子「お待たせしました」 千雪「ううん大丈夫だよ。 じゃあ続きだね」 P「くぅん……」 P「教えてくれ霧子!いったい千雪のどこをどうしてるんだ!」 千雪「言わなくていいからね」 霧子「プロデューサーさん……すみません、少し存在を消しててくれませんか?」 P「えっ、霧子……そんな」 霧子「千雪さんはプロデューサーさんを意識すると、気が散ってしまうみたいなので」 P「そうか、そう言われると何も言い返せない」 霧子「千雪さんも……プロデューサーさんはここに居ないと、思ってください」 千雪「ええと、頑張ってみるけど」 霧子「声も……我慢しなくて大丈夫です。 その方がオーガズムに、達しやすいそうですから」 千雪「少し恥ずかしいけど、わかった」 霧子「はい……自分の感覚に素直になってください。 そうしてくれたら、わたししか…… 見えないように、しますから」 千雪「はっ、はい」 霧子「新しいタオル、用意します……千雪さんは横になっていてください」 千雪「はーい」 P「……お疲れ様」 千雪「あっ、プロデューサーさん居たんでしたね」 P「はい、居ました」 千雪「宣言通り、霧子ちゃんしか見えなくなってました」 P「凄いだろ霧子?」 千雪「はい」 P「それにしてもまさか、担当アイドルにイかされる担当アイドルの声を聞く日が来るなんてな」 千雪「私も、担当プロデューサーさんのこんな姿を見る日が来るなんて」 P「ははは、まぁ裸の付き合いってのもいいじゃないか」 千雪「意味が違いますよ。 要の霧子ちゃんは1枚も脱いでませんし」 P「確かに。 でも脱いでくれとは頼めないじゃないか」 千雪「そうですけど……というかプロデューサーさん」 P「どうした?」 千雪「汁……すごく垂れてますね」 P「……そりゃ、仕方ないだろ」 千雪「ふぅ」 P「おっ、おかえり」 千雪「はい。 あ、シャワー使わせていただいてありがとうございました」 P「いいよいいよ」 千雪「霧子ちゃんは?」 P「お手洗いだって。 あ、さっきのなんだけどさ」 千雪「さっきの?」 P「霧子をシャワーに誘ってただろ?」 千雪「あぁ、はい」 P「あれ、断られたの気にしなくていいぞ。 俺にもいつもああだから」 千雪「そう、なんですね」 P「だからまぁ、落ち込むな、千雪の事が嫌いってわけじゃないんだし」 千雪「それは……わかりますけど」 P「もしアレだったら俺が千雪と一緒にシャワー浴びるぞ」 千雪「プロデューサーさん、冗談でもダメですよ」 P「あぁうん、まぁそうだよな」.

次の