ワンピース ネタバレ 979。 【ワンピース979話ネタバレ】飛び六胞はカイドウの息子ヤマトの捜索開始?|ワンピースネタバレ漫画考察

【ワンピースネタバレ】第979話『家族問題』更新⑤ 画像バレ追加

ワンピース ネタバレ 979

-------------------------------------------------- ジャンプ表紙は主人公全員集合! 今回の週刊少年ジャンプの表紙は、全作品の主人公が集合! 少しタイミング的には遅くなってしまいましたが、こどもの日のお祝いでそれぞれがこいのぼりを持っています! ルフィが一番大きく右側の先頭に立って、赤やオレンジ、黄、紫、緑など様々な色で塗ったこいのぼり! 隣には、『僕のヒーローアカデミア』デク、『鬼滅の刃』炭治郎、『約束のネバーランド』エマ、『ハイキュー!!』日向がいます。 その後ろには、『アクタージュ』夜凪、『チェンソーマン』デンジ、『ブラッククローバー』アスタ、『ドクターストーン』千空、『呪術廻戦』虎杖が。 更に後ろには、『ぼくたちは勉強ができない』文乃と理珠、『ゆらぎ荘の幽奈さん』幽奈、『ミタマセキュ霊ティ』ミタマ、『夜桜さんちの大作戦』太陽、『アグラビティボーイズ』サガ、『アンデッドアンラック』アンディ、『マッシュル』マッシュ、『魔女の守人』ファフナ、『森林王者モリキング』モリキング、『ボーンコレクション』カザミが。 それぞれが色とりどりの鯉のぼりを持っていますよ! では、改めて 『ワンピース』979話です! タイトル 今回の『ワンピース』979話のタイトルは、「家族問題」 前回うるティが口にしていた、「また家族問題?」ってやつの詳細が判明ということですね。 これはもう十中八九、前々回、『ワンピース』977話でカイドウが初めて口に出した「うちの息子」の件だと思いますが…。 -------------------------------------------------- 扉絵はレオと…? 今回も扉絵はベッジのオーマイファミリー第26回目ではありますが、場面が変わってドレスローザ近郊の海に。 レヴェリーが終わり、トンタッタ族のレオ達の海賊船が戻ってきました! しかし、「21」と旗に書いてある謎のケーキの船があり、不審に思う一同…。 どうやら難破船のようです。 そして、何か図体の大きい、頭にリボンを付けた長髪の男が倒れていますね…。 外見からしてローラとシフォンの父親であるパウンドなのだろうと思いますが、オーブンによって処刑されたはずでは? 確か、ザシュッ!って、描写は音だけでしたがほぼ完全にやられたと思っていたのですが…生き延びることができたのでしょうか? -------------------------------------------------- 宴真っ最中のオロチ! 今宵のオロチも女性をたくさんそばにはべらせ、鼻の下を大いに伸ばしながら宴を楽しんでいます! オロチはもう何も心配することが無かったので、大笑いしながら宴にのめりこんでいる様子。 それもそのはず、カン十郎が飛ばした雀による電報で、オロチには事前に侍たちの計画(カン十郎視点)がバレてしまっていました。 そのために兎丼に行く大橋を爆破。 常影港へ行くルートはすべて塞ぎ、更に港自体も破壊させました。 先に編笠村から旅立っていた錦えもんたちには、裏切り者のカン十郎を同行。 逐一様子を見はらせながらも常影港まで行かせ、小舟であろうと出港するだろうとも踏んでいたオロチは、軍艦3隻を向かわせ、一網打尽にする計画だったのです。 -------------------------------------------------- カン十郎が鬼ヶ島に到着 そんな風に錦えもんたちの潜入が開始した頃、カン十郎とモモの助はまだオロチのもとへはたどり着いてはいませんでした。 モモの助は縄で巻かれ、縄をカン十郎が引いて歩いています。 鬼ヶ島へ到着するのがやや遅くなってしまったのは、空から飛んで行ったにもかかわらず迷ってしまったとのこと! カン十郎も今回が初めての鬼ヶ島訪問だったようです。 逆にそれまで行ったことが無かったというのが驚きですが…。 カン十郎の誤算 さらには、カン十郎のことは百獣海賊団にとっては敵だと思われているため、道中襲われていたのでした! このことはカン十郎にとっては誤算…なかなかオロチのもとへたどり着けません。 さすがにカン十郎の方が強く、ウェイターズやプレジャーズたちはやられているのですが、早く錦えもんたちのことを報告しなければいけないのに、どうしたらオロチ様のもとへ行けるのか!とカン十郎は焦ります。 一方、縄で巻かれ、喋れないように口も布で結ばれているモモの助でしたが、やられてしまった兵士たちのそばに落ちていた小刀を目にします。 縄を持っているカン十郎がどうしたらオロチのもとへと考えている間はモモの助のことを意識していないので、この小刀を取れば逃げることができるか…?と考えているのでしょうか。 このようにカン十郎がまだオロチに報告できていないため、敵はまだ5,000人以上が鬼ヶ島に進軍していることに気づいていなかったのです! ただカン十郎がオロチのもとへ行ってしまえば、ルフィたちが討ち入りを起こしていることが伝わってしまう? カイドウやビッグ・マムはどう対処するのでしょうか? -------------------------------------------------- 潜入準備! フランキーは後れを取らないように、クロサイFR-U4号とブラキオタンク5号を用意! 先にブラキオタンク5号に乗り込んでいるチョッパーはキラキラさせて嬉しそうです! ナミやキャロットたちが準備を整えて船の外に出てきました。 やった!これで安全に行ける!とナミ。 かっこいいチョニキ~!とチョッパーが操縦していたのを見て喜ぶキャロット! サニー号にこんなのが載ってたなんて!とも言っているので、ドックシステムのことはキャロットは知らなかったようですね。 チョッパーはカッコいいと言われたことが嬉しかったのか、任せるであります!と意気込みます! フランキーが気付くと、先に待ってたのはジンベエだけで、ルフィとゾロの姿がありません。。 あれ、ルフィやゾロも一緒じゃなかったのか?との声にジンベエは、先に行ってしまったと! -------------------------------------------------- ゾロは案の定 しかしそうゆうてロロノア・ゾロが…と何か言い訳しようとするジンベエ。 ルフィじゃ騒ぎを大きくするだけだからおれが止めてくる!と言ってゾロは出ていってしまったのだと。 もしかしたらルフィが独自で行動するというのは、なんとなくこれまでの経験でわかっていたかもしれません。 しかしゾロがルフィを止めに行ったのだから、大丈夫だろうと。 でも、他の麦わらの一味にはわかっています、ゾロが一人で行動したらどうなるか! 絶対そのまま迷子になるじゃん!!と泣きべそな一味…。 ジンベエはまだそれほどゾロとの付き合いが長くはないので、ゾロが常にこういうときに迷子になるというのは知らなかったのでしょうね…。 サンジの希望叶わず 変装しているためか穏便に動くわけもなく、そしてルフィとゾロが即動いてしまったため、フランキーが用意したブラキオタンク5号を使ってウソップ、サンジ、ナミ、チョッパーも移動することに。 サンジはナミの隣に行きたくて、チョッパーがいるブラキオタンク5号の中に入り込もうとしますが、なんと中の操縦席にはすでにウソップ! そしてその周りにはナミ、キャロット、しのぶ、そしてチョッパーが陣取り、サンジが乗る場所がありません…。 満員です!と笑顔で言うナミとキャロット! しかしサンジはそんなところだからこそ行きたくてたまりません! どけウソップ!と言いますが、お前に砲撃の腕はあるのか?とけん制するウソップ。 さすがウソップ!射撃においてはウソップの右に出る者はいないですからね。 フランキーとブルック するとフランキーがクロサイFR-U4号で登場! ロビンに対し、後ろ乗ってくか?と声を掛けます。 乗れるの?嬉しい、とロビンは結構ノリ気でしたが、近くにいたブルックが、じゃお願いします!と先に乗ってしまう! おめーじゃねェよ!!女が乗るだろフツーはよ!!と言いながらもフランキーはブルックを乗せて行ってしまうのでした…。 フランキーがチョッパーに対し鼓舞します! 頼むぞチョッパー! チョッパーが泣きながら目をキラキラさせています! サンジは結局希望叶わず、ブラキオタンク5号の上に乗っていくことに。 ロビンに乗るように誘いますが、やんわりと断られるのでした。 クロサイFR-U4号とブラキオタンク5号で潜入するということは、フランキー将軍の活躍がありそうですね! ロビンとジンベエ そうして一気に潜入した者もいれば…。 ロビンとジンベエは歩いて向かうことに。 ロビンは、戦車の上は土埃で汚れてしまうからと拒否していた。 ジンベエは相変わらず賑やかな一味!と嬉しそうにするも、一方でいかにこの戦況を見渡すことができるかも重要だと、自分は慌てずに動くことを決意。 心強いわ!とロビンはジンベエを頼りにしている。 この一味での初陣だからな、役に立つぞ!!とジンベエも意気込んでいた。 しかし、そんな二人の後ろに何やら怪しい人影が…? もしかしてこれがヤマトか? -------------------------------------------------- 飛び六胞はカイドウのもとへ そして場面はカイドウと飛び六胞に。 さっきまでカミついていたにも関わらず、カイドウの姿を見るなりハートマークで声をかけるうるティ! カイドウもなんだか嬉しそうです。 見開きでカイドウが奥に陣取り、飛び六胞達が背を向けながらカイドウのもとに集まっている…。 ものすごく格好良いです! 敵の勢力関係も徐々にわかってきて胸熱ですね! 身長を見ると、うるティとページワンはほとんど同じくらいの身長で、ドレークが233cmですがそれよりも低く、通常の人間サイズな感じですね。 フーズ・フーとササキはドレークより高く、3mはある感じ。 そしてフーズ・フーとササキの身長がブラックマリアの着物の腰にも届いていないので、ブラックマリアは倍以上、7m近くはあるかもしれません。 飛び六胞は、大広間の方には行かないのか?とカイドウに聞きます。 カイドウは、構わねェと。 そして今日は大宴会のため、無礼講でもあるとのこと! 先にリンリン=ビッグ・マムに飛び六胞を会わせるつもりだったそうですが、当のビッグ・マムはまだ着替え中とのこと。 しかし、よくビッグ・マムの身長に合う着物がありましたよね…まさかブラックマリアの着物は着てないですよね。。 -------------------------------------------------- カミつくうるティ ちょっと事件が起きてお前らを待たせた、とカイドウは若干濁しつつも正直に現状を話します。 そんなカイドウに対し、グダグダじゃねェか!!とうるティがカミつきます! おいやめとけ!!とページワンが止めようとしますが、さすがカミつくので定評のあるうるティですね…。 ただ、カイドウはかなり穏やかな様子。 まぁそうだが、別におれァお前らのこと召集してねェ、とはっきり告げます。 部下がツッコんでくるのをしっかり受けつつ、穏便に返す。 できる上司の面もあるじゃないですか! しかし、カイドウが飛び六胞を呼んだのではないと知り、じゃあ誰に呼ばれたんだ??とフーズ・フーは怪訝に思います。 そこへやってきたのが…。 キングと飛び六胞の関係 おれが呼んだんだ、カイドウさん。 そう言って羽をはためかせながら現れたのがキング! キングか…とカイドウは何やら思うことがある様子。 キング、お前の用事だったのか?とフーズ・フーとササキが睨みます。 ドレークもキングの方を見ていますが、なぜか若干照れているようにも見えますね。。 どうもキングがわざわざカイドウの名前を使って飛び六胞を召集したのは、自身の名前で呼んでも来ない奴がいるとわかっての行動だったようです。 それは、フーズ・フーとササキ。 二人は元「海賊団」の船長を務めていた過去がありながら現在は飛び六胞の座に。 引き抜きがあったということなのでしょうか?となると同じ立場であるアプーも? 飛び六胞をキングが呼んだ理由 そしてキングは、フーズ・フーとササキが自分たち大看板の座を狙っていることも知っていたようです。 実力で上に行ける組織なのだから狙って当然だろう、とフーズ・フーが言います。 しかしキングは、身の程を知れ、とけん制。 キングからしたら、少なくともキング自身と飛び六胞全員では、力の差があると思っているのでしょう。 そんな話のところ、カイドウが割り込みます。 おう、やめろ、楽しい宴の日に、となんと喧嘩しそうになっていたのを止めました! カイドウ、意外と状況をちゃんと見れる男ですね! そしてカイドウはキングに、何故飛び六胞を集めたのかを聞きます。 キングは先程起きた「あんたの問題」をいち早く聞きつけたからと。 それを解決するためには飛び六胞が必要なのでは?と逆に聞き返します。 カイドウは、確かに、と納得しますが、問題が起きたのはこの当日のことであって、世界にばらばらになっている飛び六胞を集めるためにはかなり前から予定を知らせていないと集まらないと思うのですが…。 無礼講とはいえ「あんた」とカイドウのことを言っているキングは何か、裏で何か独自の行動をしていそうですね…。 宴会の今後の予定 ここでカイドウがこの後のスケジュールを把握するために、バオファン、という人物を呼び出します! そのバオファンは天井から登場! 女性のようですが、フーズ・フーの胸元にも似たタトゥーのある謎の眼が書いてある紙を顔に貼り付けたムササビのSMILE能力者です! この後の流れとしては、今クイーンが取り仕切っている『金色神楽』、そのステージではまず大看板の3人と福ロクジュとで乾盃、その後オロチとカイドウによるお言葉、そして重大発表があるとのこと! この時に合わせ、飛び六胞の面々で、いなくなってしまったカイドウの息子、ヤマトを連れてきてほしい、というのがカイドウの頼みだったのです! 結構一癖も二癖もある厄介な奴なので気を付けるようにとのこと。 大看板へ昇格チャンス 手強いねぇ…とブラックマリア。 その重大発表というのは、ヤマトぼっちゃんに関係があるの?とブラックマリアが聞くと、そういうことだ、とカイドウ。 面倒くさっ!あんたの家庭問題じゃん!!とやはりうるティブチ切れ! おい!!とページワンが止めるが…。 カイドウが言うには、もし飛び六胞の誰かが息子ヤマトを発見でき無事に連れ帰ることができたら、指名制で大看板に挑戦するチャンスを与えると。 フーズ・フーとササキはこの言葉に乗り気になります! 構わねェよな?と今この場にいる大看板、キングとジャックにカイドウが確認するも、ええ全く、と自信たっぷりに返すキングとジャック。 フーズ・フーはようやく戦える相手に対し、ニヤリと笑います…。 そしてその挑戦はビッグ・マムの面前でおこなわれることに! カイドウは飛び六胞をビッグ・マムと顔合わせさせようという目論見もあったのです。 ビッグ・マム海賊団にはペロスペローやダイフクにスムージーなど強者がたくさんいることもあり、戦力差があるとは思わせたくないのでしょう。 カイドウ百獣海賊団は確かに兵力はありますが、個々の戦力で考えるとビッグ・マム海賊団の方が上なのでしょうか…? -------------------------------------------------- ルフィ潜入開始 一方、潜入したルフィの場面。 FUNK!FUNK!SCREAM!!!と叫んでいる大広間にまでもう潜入してきました。 さっそくウェイターズたちのもとに行き、大男の頭の上に乗って現状を確認しようとします。 その男はすっかり酔っているので、目の前の男が麦わらのルフィとは気づいていません。 そしてルフィは目の前にある大量の食事に気づき、つい美味しそうだな~!と口にしてしまいます。 そこへ、遠くの方からルフィの方に向かって鍋が飛んできました! ちょうど頭からかぶってしまったルフィでしたが、その鍋の中には大量のおしるこが…。 お玉を想いブチ切れるルフィ 今回大量に作りすぎてしまったために回ってきたというが、酒のつまみにならない!甘いだけの汁なんて捨ててしまえ!おこぼれ町にブチまけろ!と蹴り飛ばすウェイターズ。 そのこぼれてしまったおしるこを見たルフィは、お玉のことを思い出す。 初めて食べたおしるこに、涙を流しながら美味しいと言っていたお玉。 なんて贅沢な食べ物、こんないい誕生日は二度とないでやんす!と目を輝かせながら食べていたというのにコイツらは…!! ルフィはブチ切れ、ギロッとウェイターズたちをにらみつける!! 以上が『ワンピース』979話詳細です! -------------------------------------------------- ワンピース979話ネタバレのまとめ 『ワンピース』979話、いかがでしたでしょうか! 次回は休載となりますが、いよいよルフィが何か騒動を引き起こしそうな予感がしますね…。 ブチ切れていますし、その現場を見た兵士たちが、侵入者だー!!と叫び。 いけね!バレちまったけど…戦うしかねーか!!と敵陣突入するルフィ! …と素直に読めばいつも通りのルフィならこうなるはず。 >>> >>> >>> >>> 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

ワンピース979話以降について|ナンバーズの人数が判明か。鳴き声に隠された法則とは?

ワンピース ネタバレ 979

ワンピース【979話】ネタバレあらすじ 内通者であるカン十郎の働きで侍たちの闘志をへし折ったと思いこんでいるオロチは完全に油断しています。 しかし 鬼ヶ島への討ち入り作戦は実行されています。 錦えもん率いる「東軍」と傳ジロー率いる「南軍」は総勢5千人を越え、海底からは赤鞘の侍たちを乗せるローの潜水艇がカイドウとオロチを目指して進んでいきます。 錦えもんたちの読み通りまだオロチの元へたどり着いていないカン十郎は、味方にすら内通者であることを知られていないため攻撃を受け、なかなか先に進めません。 口を塞がれた上、縄で縛られ カン十郎に連れられる モモの助は大人しくしていますが、カン十郎が倒したカイドウの部下の武器を見つけると、ちらりとカン十郎の様子を確認します。 敵はまだ討ち入りには気づいていません。 ここでフランキーはルフィがいないことに気が付きました。 ジンベエ曰く、錦えもんたちの作戦とは関係なく進んでいった キッドたちを止めるために ルフィが飛び出し、ルフィが騒ぎを起こさないように ゾロが ルフィを追いかけて行ったようです。 騒ぎが起きることも ゾロが 迷子になることも確実です。 仕方がないとしてナミと密室で移動できると喜ぶサンジがブラキオタンクに乗ろうとすると、ウソップ、チョッパー、ナミ、キャロット、しのぶが乗っており満員だと言われてしまいました。 サンジはウソップの席を奪おうとしますが、砲撃の腕があるウソップが降ろされるはずがありません。 一方のクロサイに乗るフランキーはロビンに後ろに乗らないかと誘います。 喜ぶロビンでしたが実際にフランキーの後ろに乗り込んだのはロビンの横にいた ブルックでした。 フランキーが怒るもブルックは降りず、そのままクロサイ出発です。 クロサイとブラキオタンクは別々に進み、島の後ろで落ち合うことになります。 ブラキオタンクの外側に乗るサンジはロビンを誘いますが、ロビンはジンベエと共に歩いて進むことにしました。 そんなジンベエたちの後ろ姿を草陰から覗く何者かがいました。 その頃、収集された 飛び六胞たちは カイドウの前に。 しかし飛び六胞を集めたのはカイドウではなく キングでした。 キングは大看板の座を狙っている元海賊団の船長、フーズ・フーとササキはカイドウの名前で呼ばなければ集まらないと思いカイドウの名を利用したのです。 自分の前で言い争いを始めるキングたちを止めたカイドウは、キングがどうして飛び六胞を集めたのか聞きます。 キングはカイドウの「問題」を聞きつけて飛び六胞が必要であると判断したと答えます。 キングの言うことに納得しつつ、カイドウはムササビのSMILEを食べた真打ちバオファンに今日のスケジュールを確認しました。 宴が進んでカイドウやオロチの話が終わればビッグマムとの海賊同盟の宣言をし、最後にカイドウからの「 重大発表」があるとバオファンは言います。 カイドウは重大発表に備えて失踪した息子「 ヤマト」を連れ戻して欲しいと言います。 重大発表にはヤマトが関わっているようです。 ただでは動かない飛び六胞に、カイドウは任務を遂行すれば指名制で大看板への挑戦権をやると言います。 例えそうなっても負けるつもりのないキングやジャックは堂々としています。 その頃既に敵の宴の場に辿り着いていた ルフィは キッドを探すも見つかりません。 ルフィがごちそうを恨めしそうに見つめていた時、おしるこが飛んできました。 酒におしるこは合わないと文句を言う敵は、いらないからおこぼれ町にばらまけばいいと言います。 その言葉を聞いたルフィは おしるこを食べて涙を流して喜んでいたお玉を思い出し、 怒りがこみ上げてきました。 カテゴリー•

次の

ワンピース【979話】ネタバレ確定&感想|重大発表!怒りのルフィ!

ワンピース ネタバレ 979

麦わらの一味も城へ向かう 酒を飲み余興を楽しむオロチ。 内通者であるカン十郎の報告で赤鞘(あかざや)たちの動向を全て把握し、完璧な作戦で侍達の報復を封じ込め、これで「光月家(こうづきけ)」の亡霊達にうなされることはないと、完全に油断しています。 オロチが油断する中、鬼ヶ島では討ち入りが開始されます。 モモの助を人質に取ったカン十郎はオロチの元へ向かいますが、鬼ヶ島に来たのがはじめてで、カン十郎を敵だと思っている門番達と戦いながら進んでいるため、オロチの元にまだ辿り着けていません。 モモの助は口を手ぬぐいで塞がれていますが、落ちている刀を見ながら何か考えます。 船を沈めて上陸した侍達とは違い、船を隠すため別の場所に船を止めていた麦わらの一味も城へ向かいます。 フランキーはルフィがどこに行ったか聞き、ジンベエは、キッド達が正面から入っていったことに、俺が止めてくると言いながらルフィがキッドを追いかけたと答え、皆は、絶対余計に大騒ぎになるじゃん!と叫びます。 さらにジンベエは、ルフィでは騒ぎをデカくするだけのため、自分が止めてくるとゾロがルフィを追いかけたと言い、絶対そのまま迷子になるじゃん!と皆は叫びます。 フランキーはクロサイFR-U4号(バイク)に変形し、チョッパーはブラキオタンク5号(戦車)に乗り込み、城を目指します。 ブラキオタンク5号(戦車)には、チョッパー、ウソップ、ナミ、キャロット、しのぶ、そして車外(戦車の上)にサンジ。 フランキーはロビンに、後ろに乗るか?と聞き、嬉しいとロビンは答えますが、なぜかブルックが後ろに乗ります。 フランキーは、女だろフツー!と言いながらも、ブルックを乗せて走り出し、ブルックは、男の友情もいいでしょ、ヨホホと笑います。 ジンベエとロビンは歩いて城へ向かうことに。 ジンベエは、皆が息を巻いている戦は戦況を見渡す者が要になると言います。 そんなジンベエに、大人ね、心強いとロビンは言い、麦わらの一味での初陣のため、役に立ちたいとジンベエは言います。 物陰にはジンベエとロビンを覗く人物が。 さらにカイドウは、そうこうしている間に事件が起き、飛び六胞たちを待たせたと言いますが、そもそも自分は飛び六胞は招集していないとカイドウは言います。 カイドウの言葉に、自分達は誰に呼ばれたんだ?と疑問の飛び六胞ですが、呼んだのは俺だと言い、キングが現れます。 自分の名前で招集しても、来ない奴がいるためカイドウの名前を使ったと説明するキング。 そしてキングは、フーズ・フーとササキの名前を呼び、元「海賊団の船長」組は、自分達「大看板(おおかんばん)」の座を狙ってるからなと言い、無言のフーズ・フーと、「確かに」と答えるササキ。 フーズ・フーは、実力で上に行ける組織のため、狙うに決まっていると言い、身の程を知れと答えるキング。 カイドウは二人を止め、キングになぜ飛び六胞を集めたのか聞きます。 キングは、今しがた起きた問題をいち早く聞きつけたので、飛び六胞が必要では?と答え、「確かに」と納得するカイドウ。 バイファンはカイドウのスケジュールを読み上げます。 大看板の三人及びフクロジュ様の乾杯• オロチ様、カイドウ様のお言葉• カイドウ様とビッグマム様による世界最強の海賊同盟宣言• カイドウは飛び六胞に改めて言います。 飛び六胞たちに頼みたい任務は、今日失踪した自分のバカ息子「ヤマト」を連れ戻してくれ。 カイドウはキングとジャックに、構わないよな?と聞き、「ええ、全く」とキングとジャックは答えます。 クイーンが取り仕切る、「金色神楽(こんじきかぐら)」ステージに到着したルフィ。 ルフィは、ギザ男(キッド)を見なかったか?とカイドウの手下に聞きますが、酔っ払っている手下はルフィを見ても気づきません。 次号のワンピースは休載になります。 ワンピースのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? ワンピースのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントでワンピースの最新刊を 1冊無料で読むことができます。 さらにワンピースのアニメも全てではありませんが、「見放題」作品が多数あります。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 ワンピース979話の感想 カイドウの息子の名前が「ヤマト」と判明しました。 そして、飛び六胞を呼んだのはキングで、理由は、失踪したヤマトを連れ戻すというもの。 連れ戻したあかつきには、指名制で大看板への挑戦権を与えると言われ、気合が入るフーズ・フーやササキの元「海賊団の船長」組。 フーズ・フーの不敵な笑みも気になりますが、キングとジャックの余裕の表情も気になります。 討ち入りが始まっている状況なので、大看板と飛び六胞の戦いは見られないと思いますが、どっちが強いのか見てみたい気もします。 気になると言えば、やはりカイドウの重大発表ですよね。 さらにモモの助も気になりますね。 落ちている刀を見て何かを狙っている感じでしたが、自力でカン十郎から逃れられるのでしょうか。

次の