パジェロ スポーツ。 見れば見る程カッコいい…トヨタ新型「アルファード」顔に移植したオラオラ顔の三菱「パジェロ・スポーツ」を夕日の下で撮影してみた【動画有】

新型「パジェロスポーツ」三菱初の「8速AT」を専用開発(画像ギャラリー No.26)

パジェロ スポーツ

三菱が、上級SUV「パジェロスポーツ」のマイナーチェンジを発表しました。 改良により魅力をアップした三菱新型パジェロスポーツについて、変更点やスペック、発売日などを最新情報からご紹介します。 三菱パジェロスポーツは、以前日本で「チャレンジャー」の名称で販売されたモデルとなっており、ブランドのフラッグシップSUV「パジェロ」からくる高い走行性能と3列シート7人乗りの使い勝手が魅力の上級SUVとなっています。 マイナーチェンジした新型パジェロスポーツは、デザインや装備を充実し魅力がアップされています。 新世代のエクステリア、インテリアデザインを採用• 4Lディーゼルエンジンと8速ATを搭載• 3列シート7人乗り仕様をラインナップ• フロントには、よりスポーティになった三菱のブランドデザイン「ダイナミックシールド」を採用。 良好な視界を維持しながらボンネットを高くしたフロントフェイスや、立体的で力強いメッキパーツなどが装備されました。 リアにも新デザインのランプやバンパーが採用され、上級SUVとしての質感が表現されています。 前モデルでは上級モデルとしての落ち着きが重視されていましたが、新型パジェロスポーツでは走行性能の高さが表現されています。 ホイールベース:2800mm• 最低地上高:218mm• 三菱新型パジェロスポーツの内装(インテリア)デザイン 三菱新型パジェロスポーツの内装は、新しい装備により高い使い勝手と質感が追求されました。 メーターには視認性に優れる8インチカラー液晶が使用され、インフォテインメントシステムには8インチのスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)を装備。 インテリアはフロアコンソールとドアグリップの形状を変更し、ステッチ付きソフトパッドを追加することで快適性を向上。 コンソール下部にはキーなどを収納でき、左右どちらからでも出し入れできるアンダートレイを新採用。 フロアコンソール後端にはAC電源(150W)を新たに装備することで、これまで採用されていたUSB端子と合わせて後席の使い勝手をアップ。 室内空間は効率を高めたボディ設計により、3列シート7人乗りでも余裕のある空間が確保され、快適にドライブを楽しむことができるようになっています。 ラゲッジドアには新しい機能として、Bluetoothで車両と連携したスマートフォンでテールゲート開閉や、ドアロック忘れなどを通知してスマホから施錠できる降車リマインダー機能が利用できる三菱リモートコントロールを搭載する「ハンズフリー機能付エレクトリックテールゲート(セーフティ機構付)」が採用されました。 【ディーゼル】 直列4気筒2. 9kgm• トランスミッション:8速AT• 駆動方式:FR or 4WD 三菱新型パジェロスポーツのパワートレインには、2. 4Lクリーンディーゼルエンジンが搭載されています。 4Lディーゼルエンジンは、43. 9kgmのトルクの大きさが特徴となっており、上級SUVの新型パジェロスポーツを力強く加速。 トランスミッションには多段化した8速ATを採用することで、より高い走行性能を発揮することができるようになっています。 アプローチアングル:30度• ランプブレークオーバーアングル:23. デパーチャーアングル:24. 6度 新型パジェロスポーツは、ボディ前後端をタイヤに近づけた設計や218mmと高い最低地上高などにより、上級SUVトップクラスの対障害角度が確保されています。 4WDシステムには、上位のパジェロにも採用された「スーパーセレクト4WD-II」が搭載され、後輪駆動とフルタイム4WD、センターデフロック、ローギヤデフロック4WDの選択に対応。 路面状況に応じて走破性と安定性を高める「オフロードモード制御」と「ヒルディセントコントロール」も採用されています。 【パジェロスポーツ】 2. 4Lディーゼル:13. パワートレインに2. 4Lディーゼルと8速ATの組み合わせを採用することにより、7人乗りに対応する大きなボディながら欧州値13. 三菱新型パジェロスポーツの安全装備は? 三菱新型パジェロスポーツの安全装備には、三菱の先進システム「e-Assist」が採用されています。 システムには、衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM」や誤発進抑制機能、アダプティブクルーズコントロールなどが装備され、上級SUVとして高い安全性を確保。 改良では新たに「レーンチェンジアシスト(LCA)」「後退時車両検知警報システム(RCTA)」を採用することで、安心して運転できるようになっています。 4Lディーゼル:300万円~ 三菱新型パジェロスポーツの価格は、ベースモデルが300万円ほどに設定されるとみられています。 この価格はアウトランダーとパジェロの中間となり、ブランドの上級SUVとなっています。 パジェロ:3,391,200円• アウトランダーPHEV:3,939,840円• アウトランダー:2,668,680円 三菱新型パジェロスポーツの日本発売日は? マイナーチェンジした三菱新型パジェロスポーツは、2019年7月25日に発表されました。 発売はアジア地域で2019年後半となり、日本導入も検討。 日本発売は2020年になるとみられています。 三菱は3列シート7人乗りの上級SUVとしてパジェロスポーツをラインナップすることで、SUVのブランドをアップしていきたい考えです。 モデル名はアジアで「パジェロスポーツ」、欧州では「ショーグンスポーツ」(ショーグンはパジェロの現地名称)、北南米では「モンテロスポーツ」とされ、世界約90カ国で販売される人気グローバルモデルになっています。 日本では初代が「チャレンジャー」として、1996年から2001年まで販売されていました。 初代は、2代目パジェロのラダーフレームを採用したSUVとして企画され、エントリーグレードは5ナンバーサイズ、その他モデルはワイドタイヤを履き3ナンバー、キャンピング仕様の8ナンバーもラインナップ。 エンジンは3Lガソリンと2. 5Lディーゼルターボとされましたが、足回りや4WDシステムにはパジェロからくる高性能システムが搭載されました。 従来より軽量な鋼を使用することで軽量化した新開発のラダーフレームを採用。 パワートレインには三菱車初となる8速ATを搭載することで、前世代に対して燃費が17%改善されました。 加えて、三菱車初となるオフロードモード制御やヒルディセントコントロールを採用することで、オフロードでの走行性能が高められています。 新型三菱パジェロスポーツについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

三菱パジェロスポーツ 内装・外装など30枚 【画像・写真】

パジェロ スポーツ

「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」• 「三菱パジェロスポーツ」•

次の

日本でも発売して欲しい!タイにて高級志向を意識した三菱「パジェロ・スポーツElite Edition」が発売【動画有】

パジェロ スポーツ

パジェロスポーツ 主な特徴 2016年8月にフルモデルチェンジが施され フロントフェイスデザインにはダイナミックシールドが用いられたスタイリッシュな顔つきで人気の 3列シート7人乗り 海外では2列シート5人乗りの設定有り 仕様のSUV。 エンジンは2. 4Lディーゼルターボのみ 駆動方式はFR又は4WD トランスミッションは8速AT。 車両サイズ 全長4785mm、全幅1815mm、全高1800mm、ホイールベース2800mm。 7人乗りにしてはDセグメントサイズに収まる感じです。 比較対象自動車が日本では販売されていないのですが、Dセグメントである3列シートのミニバンアルファード 全長4915mm、全幅1850mm、全高1880mm よりも一回り小さい感じです。 エクステリア 猛禽類をイメージさせるダイナミックシールドデザイングリル。 3列シート5ドアでリヤがやや長く見える。 スペアタイヤをリヤゲートに取り付けたオフロードスタイルが欲しい所ですが全長が長くなりすぎるので現実味が無い。 この方がラグジュアリー感があって良いのかもしれません。 スキッドプレートが無くリヤバンパー下に意外とよく見えるスペアタイヤ。 インテリア パジェロスポーツのインテリアです。 車幅1810mmもあるので流石に広い。 シートはレザー調シートが採用されていて上質感たっぷりです。 セカンドシートです。 普通のベンチシートタイプでは無く、若干ソファーの様なデザインを採用。 真ん中のアームレストを下ろすとソファーの様になるはず。 サードシートは流石にベンチシートです。 これは何処の自動車メーカーもサードシートにこだわりは持たない事が多いので致し方が無い。 5:5分割シートでサードシートを倒す事でラゲッジスペースを広く取ることが出来る。 更にはセカンドシートも倒す事が出来、さらにラゲッジスペースを拡大する事が出来る。 自転車はルーフトップが低いので立てて積むことは出来ませんが、寝かせれば自転車一台楽々載せられますよね。 運転席です。 4本スポークのステリングが装着され、パネル類にはメッキ調のものが多用されている。 東南アジア向け仕様だが自動レーダーブレーキサポートシステム「e-Assist」を装備する事が出来る様に設定されています。 右ハンドル仕様の運転席。 パジェロスポーツ パワートレーン パワートレーンは 2. 8kgf. 駆動モードはフロアシフトATレバー近くにレイアウトされダイヤルスイッチで切り替える他、スイッチひとつでヒルディセントコントロールとオフロードモードに切り替えられる。 2017 パジェロスポーツ スペック 全長x全幅x全高 mm 4785x1815x1800 ホイールベース mm 2800 定員 7名 エンジン 2. 8kgf.

次の