過分なるご厚情。 香典返し専用カタログギフト EO 5800円コース 【送料無料】

「ご厚志」の意味と使い方・辞退の方法|お礼メール/紹介/寸志

過分なるご厚情

「ご厚情を賜り」とは、相手から厚い情けや思いやりを受けるという意味になります。 冒頭の「格別の」は「特別な」「非常に」いう意味合いの丁寧な表現。 ビジネスメール・文書では定型化され広く使われています。 また、「ご厚情」接頭辞の「ご」は漢字の「御」にしてもOKです。 使い分けに関して特に決まりはありませんが、正式なビジネス文書の場合は「御」を使い、堅苦しいと感じた場合は「ご」を使うなど、変化をつけるとよいでしょう。 一見、非常に堅苦しい文章に見えますが、要は「いつもありがとうございます」という意味を丁寧に表現しています。 「ご厚情いただき」を使った例文 「ご厚情を賜り」は「ご厚情いただき」と言い換えることができます。 「いただき(頂く)」は「してもらう」の謙譲語で「賜り」と同様に、目上の人からの厚意を受けるときに使う敬語です。 「ご厚情を賜り」と比べて意味に大きな差はありませんが、「賜る」のほうがよりかしこまった印象となり 「ご厚情いただき」は堅苦しすぎない柔らかな印象になります。 「ご厚情の賜物」を使った例文 「賜物(たまもの)」とは、「他者から受けた恩恵」「よいことや試練などの結果により与えられた成果」という意味の言葉です。 「ご厚情の賜物」は 「皆様のご厚情の賜物」というフレーズで定型化されているため、個人よりも法人から法人・多くのお客様に向けて感謝を述べる場面で使われる傾向があります。 これも皆様のご厚情の賜物でございます。 心より感謝いたします。 」 意味合いとしては「多くの人の思いやり・協力により、よい結果となりました。 ありがとうございます」というもの。 例文のようにプロジェクト完了のお礼や創立記念の挨拶など、節目となるタイミングで多く使われます。 「ご厚情に深謝」を使った例文 「深謝」は、文字通り「深く感謝すること」「深く謝罪すること」という全く違う2つの意味を持つ言葉です。 感謝の気持ちを表す場合は、「感謝いたします」「お礼申し上げます」よりも丁寧な表現として使われます。 「ご厚情に深謝」というフレーズは「相手の親切心に深く感謝する」という意味になります。 基本的には年賀状や喪中はがきなどの定型的な書き言葉ですが、式典での挨拶やスピーチなどでも使われます。 「ご厚情痛み入ります」を使った例文 「痛み入る」という言葉には「相手の親切に対して恐縮する」「相手の図々しい様子にあきれる」という意味があります。 ビジネスシーンでは基本的に前者の意味で使われます。 「痛み入ります」は「相手からの親切心に感謝しつつ、自分にはもったいないと感じ胸が痛くなるほど申し訳ない気持ちです」という意味合いになります。 「恐れ入ります」よりも低姿勢なニュアンスで使われることが多いです。 「痛い」という文字が入っているので一見ネガティブな言葉に聞こえますが、あくまで謝罪ではなく感謝の気持ちを表す言葉です。 ・ビジネスメールや文書の冒頭の挨拶 「平素は格別なご厚誼を賜り厚くお礼申し上げます」 「平素」は「いつも」、「格別」は「この上ない」といった意味の言葉です。 例文は堅苦しい文章ですが、要は「いつもお世話になりありがとうございます」という意味の言葉を、丁寧な表現に変えています。 使い方は似ていますが、それぞれ「ご厚情=親切・思いやり」「ご厚誼=親しいお付き合い」という意味を持っているため、微妙にニュアンスが違います。 使い分けの一つとして 書き出しの挨拶で「ご高配」を使って感謝を示し、結びの言葉として「ご厚誼」を使う方法などがあります。 一つのメールや文書の中で何度も同じフレーズが出てくると、意味合いとして間違ってはいなくても文章全体がしつこい印象になってしまいます。 さらに受け取った金額には触れないことがマナーとされています。 「ご厚情」と比べて使う場面が限定されていますが、ビジネスパーソンとしてはぜひ覚えておきたい言葉です。 「ご厚情」は目上の人に対して使う言葉ですが 「ご配慮」は目上の人だけでなく、同僚など同等の立場の人に対しても使用可能です。 会話はもちろん、ビジネスメール・文書でも使えるのでぜひ覚えておきましょう。 ・I received so many words of heartwarming encouragement this time that I am feeling a painful affection. 「ご厚情」を正しく使って感謝の気持ちを伝えよう! 目上の人の親切や思いやりを敬う「ご厚情」というフレーズ。 使用する場面は、式典の挨拶やビジネスメール・文書の挨拶文など、比較的限定されているので一度定型文として覚えてしまえば使い方は簡単です。 また、「ご厚情」はフォーマルな表現なので、同様の意味を持つ類語や感謝の表現を覚えておくと、相手や状況に合わせて感謝の気持ちを伝えることができます。 「ご厚情」は意味も使い方もよく似た言葉が多いので、迷ってしまう場合もあるかと思います。 しかし、なぜこれほど類語があるかというと、言葉の重複をさけるためでもあります。 文章内に何度も同じ表現を使うことがないよう、適宜使い分けてみてください。 ぜひ 「ご厚情」を正しく使いこなして、尊敬と感謝の気持ちを上手に伝えましょう!.

次の

「ご厚志」の意味と使い方・辞退の方法|お礼メール/紹介/寸志

過分なるご厚情

お礼状とは、感謝の気持ちを表わしたもので、当たり前ながらお礼をするという、感謝の気持ちとタイミングが大切です。 それではこれから、お礼状のタイミングや、文例について紹介していきます。 お礼状はできるだけ早るのがマナー 寄付金を頂いたときに限らず、何かでお世話になったりしたときは、できるだけ早くその日のうちに、お礼状を送るのがよいでしょう。 また、念のために紹介しておくと、お礼状は1週間以内に書くというのがマナーです。 お礼状は手書きで送るもの 最近は簡単なお礼はメールで済ませてしまう人が多くなっていますが、お礼状にはまず定型の挨拶と感謝の言葉を書き、「その会社にますます興味を持ったこと」「第一志望であること」「今後ともアドバイス、よろしくお願いします」といった内容を書き添え、必ず手書きで(ワープロ打ちは不可)書きましょう。 また、文字を間違えた場合は修正液で消さず、初めから書き直してください。 そして鉛筆ではなく、ボールペンか万年筆で書きましょう。 どうしても先ほど紹介した1週間以内にお礼が送れない場合には、取り急ぎメールでお礼を伝え、そのあと早急に手書きでお礼状を送るようにしましょう。 対会社における寄付のお礼状の文例 まず、会社同士の付き合いにおける寄付金に対してのお礼状の文例を紹介します。 これは全ての場面において言えることですが、出来る限り、早めにお礼状を出すようにしましょう。 また、文例を見てもわかるように、対会社の場合は代表として社長の名前を載せるようにします。 そして、定番の挨拶文を入れた後に寄付金への感謝の意をこめた文を最初に書くようにしましょう。 回りくどい言いまわしにならないように、簡潔かつ具体的に書いて、感謝の気持ちが相手にしっかりと伝わるような文章を心がけて寄付のお礼状を作成してください。 日ごろはいろいろとご厚情を賜りまして厚くお礼申しあげます。 さて、この度は過分なるご寄付金をいただきまして誠にありがとうございます。 これもひとえに弊社の活動をご理解いただいていることだと身にあまる光栄に存じます。 従業員一同、深く感謝いたしております。 改めて、これからもこの救援活動に力を注いでいく所存でございます。 どうぞ、今後もお力添えのほどよろしくお願い申しあげます。 まずは略儀ながら書面にてご挨拶申しあげます。 そういった障害者支援団体や施設に贈られた寄付のお礼状の文例をご紹介しましょう。 感謝の意を相手に伝える際に、その施設や立場によってそのお礼を伝える方法も変わってきます。 こういった障害者支援における寄付金は不特定多数の方から受け取るものですので、文例を見てもわかるように、形式的な文体になるケースが多いです。 今回は最初の挨拶文などは割愛させていただき、本文のみ掲載しました。 形式的なお礼状であったとしても、「師走の候」「早春の候」などの時候の挨拶を入れることで温かみのある手紙やメールになり、印象が良くなります。 ただ、感謝状を書くだけでなく、言葉や言いまわしのチョイスにもこだわって書いてみるとオリジナリティが出て素敵な文章になるはずです。 NPO法人における寄付金のお礼状文例 拝啓 師走の候、皆様におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 さて、この度は当NPO法人に、過分なご寄付金を賜りまして誠に有難うございました。 皆様方の温かいご支援に、あらためて心より厚く御礼申し上げます。 今年も残すところあとわずかとなりましたが、皆様どうぞご自愛の上、良き新年をお迎えくださいませ。 今回は、寄付に協力貢献をしてくれた方に対する寄付のお礼状の文例に関して紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。 ここでは、文例を通してお礼状の書き方を紹介していますが、寄付のお礼状を出すタイミングもポイントです。 時期を逸すると、こちらに誠意がないと見られますので、できるだけ早くを心がけて対応するように注意してくださいね。 そして寄付金のお礼状は、ボールペンか万年筆を使って手書きで書くようにしましょう。

次の

ご厚情 /文例・敬語の使い方・意味

過分なるご厚情

この「ご温情」の特徴のひとつが、基本的には「個人的なお付き合いをしている相手に対して使う」ということです。 そのため、ビジネスでかかわりがある相手などには、「ご温情」は使いません。 「先日は遠方より結婚式にご参列いただき、ご温情に深く感謝申し上げます」など、身近な人への改まったお礼などに使うと良いでしょう。 ちなみに、ビジネス上のお付き合いがある人に対しては、「ご厚意」または「ご厚情」を使います。 ご恩情 「ご恩情」も「ご温情」とほぼ同じ意味を持っています。 違いは「温」と「恩」です。 「ご温情」の「温」は、相手の気持ちの温かさを表しますが、 「ご恩情」の「恩」は、ありがたく思うという気持ちを表します。 先生には言葉で言い表せないほど深厚なる ご恩情を頂戴し、衷心より御礼申し上げます。 今後ともご高配を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。 「ご厚意・ご厚情・ご温情・ご恩情」の言い換えに使える類語 「ご厚誼」「ご交誼」 「ご厚誼」「ご交誼」はどちらも「ごこうぎ」と読みます。 まず「ご厚誼」とは、日頃相手から受けている親切や、いつも親しくしてもらっていることなどを表す言葉です。 「皆様のご厚誼に感謝し、ささやかではありますがお礼の品をお贈りいたします」など、手紙の文章に使うことがあります。 他にも、スピーチや挨拶では口頭で、「今後とも変わらぬご厚誼を賜りたくお願い申し上げます」などとすることもできます。 一方「ご交誼」は、相手との対等な付き合いに感謝をするという意味です。 友人や気心の知れた相手への手紙やハガキに使います。 「旧年中も変わらぬご交誼を賜りありがとうございました」などとすれば、昨年も仲良くしてくれてありがとう、という意味です。 「ご厚志」 「ご厚志(ごこうし)」は、主にビジネスの場面で使える類語です。 「ご厚志」は、 簡単に言えば「目上の人からもらったお金」のことです。 人へお金をあげるとき、封筒の表に「志」「寸志」などと書かれていることがあります。 「ご厚志」は、その「志」が厚い(中身の金額が大きい)」という意味です。 ビジネスの場では、飲み会の費用を上司から受け取った部下が「ご厚志」という言葉を使うことがあります。

次の