株価 変動パターン。 【あつ森】カブ価予測の方法と変動パターン|儲かる買い方と売り時を解説【あつまれどうぶつの森】

株価の動きをパターン化すると | 株チャート分析と個人投資家の心理学

株価 変動パターン

株式投資について勉強しようと思っても、いろいろありすぎて何から始めたらいいか迷ってしまいますが、必ずおさえておきたいのが株価チャートの見方です。 株価チャートはローソク足が一般的ですが、ほかにも移動平均線や出来高など様々な指標があり、株の買いどきや売りどきを見極める重要な判断材料になります。 これらチャートの見方を覚えておけばどの株を買えばいいか迷ったとき、より精度の高い分析ができるようになり、株を買うタイミングを間違えたり、売りどきを逃して大損してしまうことを防げますよ。 実際に株取引を始める前に、ここで紹介する株価チャートの見方について学び、勘や運任せではなく、データに基づいた上で株の売買ができるようレベルアップしていきましょう。 株価チャートの基本中の基本!ローソク足について 株初心者の人も株に少しでも興味があれば、一度はローソク足を見たことがあるのではないでしょうか。 「このチャートが右肩上がりなら株価が上がって、右肩下がりなら株価が下がっている」という程度なら、初心者でも何となく想像できそうです。 しかしローソク足はそれだけでなく、もっと多くの情報を読み取ることができます。 次にこのローソク足がいったいどんな情報を持っているのか、その実体について説明しましょう。 ローソク足が示す4つの価格情報 株価チャートで用いられるローソク足には、ある一定期間(5分や1日、1週間など)の始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値(たかね)、安値(やすね)の、4つの価格情報(四本値)がひと目でわかるようになっています。 ローソク足からわかる四本値題• 始値・・・一定期間内の最初についた価格のこと• 終値・・・一定期間内の最後についた価格のこと• 高値・・・一定期間内で最も高い価格のこと• その場合のローソク足は、次のように実体が白色で上と下に高値と安値までヒゲ(130円と100円まで伸びた直線)が出た形になります。 上の例のように始値と終値を比べて、最終的に株価が上がった実体の白いローソク足を「陽線」と呼び、その反対に始値より終値が下がってしまった場合は、「陰線」と呼ばれる実体が黒いローソク足で表現します。 ローソク足の形状からその時点での相場の様子を把握でき、買いサインや売りサインなども読み取ることができます。 詳しくは「」の記事で1つ1つ説明していますので、ローソク足を見ていまどんな状態なのか見てすぐ判断ができるよう意味を確認しておきましょう。 ローソク足は日本発祥で、なんと江戸時代から使われているんだぞ。 視覚的にわかりやすいので海外でも人気があるチャートだ。 チャートパターンから株の買いサイン・売りサインを読む ローソク足1つからでも多くの情報がわかりますが、それを複数組み合わせるとさらに相場を深く読むことができます。 次はローソク足を組み合わせたチャートパターンについて説明します。 突然ですが、こちらの株価チャートを見てください。 このチャートから次に相場がどう動くか予想できますか?全体的に見ると下落トレンドで株価は下がりぎみのように見えますよね。 でも実は、このチャートパターンは「逆三尊底」と呼ばれ、このあと株価が上昇していくと読むことができます。 逆三尊底は、株価が下がり続けている下落トレンドの底値に現れるチャートパターンで、山が2つと谷が3つできているのが確認できます。 この3つ目の谷が2つ目の谷より下回らず、上昇傾向にあることから、この価格帯を底値と判断し、このあとは上昇トレンドに向かうというわけです。 つまり逆三尊底のチャートパターンが出たら絶好の買いサインだと判断できます。 相場の上げ下げを読むチャートパターン「酒田五法」 この逆三尊底は江戸時代に活躍した伝説の相場師、本間宗久が編み出した投資手法(酒田五法)の1つで、全部で5つの基本形とそれぞれに上昇と下降の2種類のチャートパターンが存在します。 酒田五法の5つの基本形 三山 上昇パターン(買いサイン) 逆三尊底(ぎゃくさんぞんそこ) 下降パターン(売りサイン) 三尊天井(さんぞんてんじょう) 三川 上昇パターン(買いサイン) 三川明けの明星(さんせんあけのみょうじょう) 下降パターン(売りサイン) 三川宵の明星(さんせんよいのみょうじょう) 三空 上昇パターン(買いサイン) 三空叩き込み(さんくうたたきこみ) 下降パターン(売りサイン) 三空踏み上げ(さんくうふみあげ) 三兵 上昇パターン(買いサイン) 赤三兵(あかさんぺい) 下降パターン(売りサイン) 黒三平(くろさんぺい) 三法 上昇パターン(買いサイン) 上げ三法(あげさんぽう) 下降パターン(売りサイン) 下げ三法(さげさんぽう) これらのチャートパターンについて「」の記事で詳しく説明しましたので、全部マスターして相場を読む精度を上げましょう。 古い分析方法だからといってバカにしてたら痛い目に会うぞ!今でも人気がある分析方法なので、この通りに行動する投資家も多いからな。 投資家に人気のあるチャート分析指標「移動平均線」 株価チャートはローソク足のほかに別の指標も組み合わせるとより精度の高い分析ができます。 その中で株初心者におすすめなのが移動平均線です。 移動平均線はある特定の期間内の株価の終値で平均をとり、その平均値を結んだ線のことを呼びます。 移動平均線は株価チャートの中に表示され、ローソク足との位置関係や期間の違う移動平均線の組み合わせにより相場のトレンドや売買タイミングを見極める指標になります。 投資家の間でも有名なのが5日移動平均線と25日移動平均線など、短期と長期の2本の移動平均線を組み合わせたゴールデンクロスやデッドクロスです。 トレンドの転換点を示すゴールデンクロスとデッドクロス 移動平均線は期間の取り方によって形状が変わります。 5日など短期で設定した移動平均線は、実際の値動きに近い形で表示されますが、25日や75日など長期で設定した移動平均線は形状も緩やかになります。 短期と長期の移動平均線を同時に表示すると、互いにバラバラの形状になりますが、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上へと交差することをゴールデンクロスと呼びます。 ゴールデンクロスは相場が上昇トレンドに入ったことを示し、このあと株価が上昇する期待が高まります。 その反対に短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下へ交差した場合は、デッドクロスと呼び、相場が下降トレンドに入ったことを示します。 ゴールデンクロスとデッドクロスは、プロの投資家でもよく参考にする重要な指標なので、株価チャートを見る際は移動平均線も表示させ、今後のトレンドを分析するのに活用してください。 移動平均線をSBI証券の株価チャートで使い尽くす! SBI証券のホームページでは、株価チャートの中に3つの移動平均線を表示させることができます。 デフォルトでは5日、25日、50日の3種類の期間ですが、自分の知りたい期間に変更も可能です。 こちらはソフトバンクグループ<9984>の株価チャート(SBI証券)で、赤い長期移動平均線の下から緑と紫の短期・中期移動平均線が突き抜けているのがわかります。 とてもはっきりしたゴールデンクロスですが、SBI証券の株価チャートは移動平均線も見やすいためとても便利です。 移動平均線を使って売買ポイントを分析したい人は、ぜひSBI証券をご利用ください。 移動平均線をもとにした投資手法• 移動平均線の見方を覚えたら、チャート分析の精度を上げるために上の3つも合わせて確認するようにしましょう。 では、それぞれ指標の概要について説明します。 1、グランビルの法則 グランビルは自身が考察した移動平均線からグランビルの法則を導き出しています。 株価と移動平均線の位置関係から、4つの買いポイントと4つの売りポイントがあることを発見したのです。 ポイント1つ1つについては「」の記事で詳しく説明しましたので、そちらをご覧ください。 グランビルの法則を頭に入れて過去の株価チャートを確認してみると、まさにその通りになっている場合が多いので驚いてしまいます。 まだグランビルの法則を知らない人は、すぐに上で紹介した記事を読んでみてください。 2、ボリンジャーバンド 移動平均線を進化させたボリンジャーバンドは、株の売買ポイントがひと目で分かり、株初心者にもおすすめの指標です。 証券会社から提供される株価チャートにはボリンジャーバンドを表示できる機能が組み込まれているので、いつでも簡単に確認することができます。 ボリンジャーバンドは移動平均線の上下に3本ずつ並んだラインのことを指し、統計上そのライン内に99%以上の高い確率で株価が推移していくことがわかっています。 各ボリンジャーバンド内で株価が推移する確率が次のとおりです。 73%ないため底値と判断することができ、その後は株価の上昇が期待できます。 また、ボリンジャーバンドにはラインが広がる「エクスパンション」、狭まる「スクイーズ」、またライン上に株価が沿って推移していく「バンドウォーク」という3つの状態があり、これらの形状からも株の買いサインや売りサインを見極めることができます。 ボリンジャーバンドを利用した株の売買ポイントを見出す方法については、「」の記事で詳しく説明しましたので、そちらを参考にしてください。 3、MACD(マックディー) MACDとは日本語でわかりやすく説明すると、2種類の移動平均の位置関係から相場のトレンドを読む投資手法です。 2種類の移動平均というと、先ほど説明したゴールデンクロスやデッドクロスを思い浮かべますが、MACDで使用する移動平均は少し違います。 これまで説明してきた移動平均は「単純移動平均」ですが、MACDでは「指数平滑移動平均」を利用しています。 次に単純移動平均と指数平滑移動平均の違いがわかるよう、3日間の終値平均を例に説明します。 これは最新の終値を大きく反映するためです。 このため単純移動平均は実際の相場と少し遅れて形状が推移するのに対して、指数平滑移動平均は実際の値動きに近い形で平均値を算出できます。 MACDはこの指数平滑移動平均を用いて売買サインを見付けるため、単純移動平均より精度の高い分析が可能になります。 実際の分析方法については、「」の記事で詳しく説明しましたので、そちらを参考にしてください。 グランビルの法則は投資家の間の常識といってもいいくらい有名だ。 しっかりマスターしておけ! 株の買われ過ぎと売られ過ぎを読むRSI 次にRSIについて説明します。 RSI(アールエスアイ)はアメリカの証券アナリストのJ. ワイルダーによって開発された分析方法です。 RSIを簡単に説明すると、ある期間の株価に対して、どれくらい上昇したか割合をグラフに表した指標で、その割合によって株が買われ過ぎか売られ過ぎかを判断できる指標です。 RSIは株価チャートの下に表示し、RSIの値が高くなれば株が買われすぎと判断でき、売りサインになります。 また、反対にRSIの値が低くなれば株が売られすぎと判断でき、買いサインになります。 人によってRSIの値をどの基準で買われすぎ、売られすぎと判断するか違いますが、一般的に次の3つパターンに設定している投資家が多いようです。 売られすぎた株を株価が下がったところで買いにくる投資家も多い。 近いうちに反発する可能性が高いので、買っておけば値上がり益を狙えるってわけだ。 ただし不祥事や業績の下方修正が出て急落している場合は別だぞ。 株価の適正価格がわかる価格帯別出来高 次は価格帯別出来高について説明します。 株価チャートを見ると下に出来高が表示されているため、通常の出来高についてはすでに理解している人も多いと思います。 上のチャートのように株価の下に表示される出来高は、時間毎に約定した株式の数を指します。 これに対し、価格帯別出来高は表示した期間内の価格毎に約定した株式の数を表します。 価格帯別出来高は通常の出来高と違い、チャートの横側に表示されます。 この出来高が多い価格帯が投資家が選ぶこの銘柄の適正価格とも読めます。 そのため、出来高の多い価格帯では取引が活発になり値動きが止まってしまうケースが多く見られます。 このように株価チャートにもいろいろな指標があり、これらを組み合わせて複数利用することで、より精度の高い分析ができるようになります。 ローソク足を利用した酒田五法や、移動平均線を進化させたボリンジャーバンド、株の買われすぎと売られすぎを読むRSIなど、証券会社の株価チャートを利用すればどれも自動で表示できるものばかりです。 あちこち資料を開く必要もなく、株価チャートを使いこなすだけで上がる銘柄を探すことができるのは、忙しいサラリーマンにおすすめしたい株価の分析方法です。 今後の相場を流れを読み、売買ポイントを見極めることができる人気の高い指標ばかりですので、今回紹介した分析方法をぜひ一通り試してみてください。

次の

カブ価統計データ

株価 変動パターン

投資すべきかどうかを判断するためには、何らかの指標が必要です。 直感ばかりを頼りにしていても、投資が上手くいくとは限りませんよね?そんなときは、チャート分析を活用して株価のトレンドを読むことが大切です。 チャート分析には様々な方法があるので、それらを上手く組み合わせた方がより精度の高い分析が可能となります。 この記事では、チャート分析についてわかりやすく解説していきます。 投資の基礎の基礎、チャート分析を身に着けて、自身の投資を成功に導いていきましょう。 この記事を書いた人 ファイナンシャルプランナー 児玉一希 プロフィール・所持資格 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が定めている、ファイナンシャルプランナー技能士の資格を有し、当サイトの監修活動を始め、相場情報のまとめやコラムを寄稿する活動なども行なっている。 チャート分析とは? チャート分析(テクニカル分析)とは、価格や出来高の推移をグラフ化したチャートの形状から、将来の値動きを予想する手法のことを言います。 例えば、ローソク足・移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバンド・ストキャスティックス・ポイントアンドフィギュア・MACDなど、チャート分析にも様々な分析手法があります。 チャート分析は無意味なの? 投資家の中にはチャート分析は無意味だ、という主張をする方もいますが、チャート分析はかなり重要です。 もしチャート分析をしないなら、全ての投資が直感によってなされるしかなくなってしまうからです。 何かしらの理由があってチャートを見ない人はいますが、そういう人達はチャート分析を学んだ上で、必要無いと判断していることが多いのです。 とはいえ、チャート分析をしても自分の予想通りに価格が動かないということは十分にありますし、従来のチャート分析では考えられないような値動きをすることも少なくありません。 しかし、それでもチャート分析を行い、きちんと投資判断ができるようにすることが大切です。 株価変動の予測には必要不可欠!チャート分析の有効性 株価変動の要因を予測するためにはチャート分析が不可欠です。 この主張は、すべての情報は株価に織り込まれているはずだということが前提となっています。 株価は需要と供給によって決定されます。 その軌跡を時系列であらわしたものがチャートなのです。 そのため、チャートは将来株価がどのように動くかを予測する上で非常に重要なものと言えます。 初心者必見!チャート分析指標の種類 チャート分析にも様々な種類があります。 チャート分析はローソク足・トレンド系・オシレーター系など様々に分類することができますが、初心者が是非とも理解しておきたい基本的なチャート分析について以下では紹介していきます。 チャート分析の基本・インジケーターの種類と選び方 チャート分析はインジケーターを活用することから始まります。 インジケーターは一般に係数表示をする機器のことを言い、投資の世界では、データを加工して新たな数値を算出し、視覚的に売買の判断ができるようにしたもののことを言います。 例えば、最も基本的なインジケーターは移動平均線です移動平均線は過去の株価などの平均値をグラフ化したもののことを言います。 移動平均線は過去の株価というデータを平均値として算出し、視覚的にわかりやすくするためにグラフ化したものです。 このグラフをみることによって、将来の株価の動きがわかりやすくなります。 移動平均線の他にも様々なインジケーターがあるので、基本的なインジケーターの見方をまずは理解することが大切です。 チャートパターンの種類 チャートにはある程度パターンがあります。 そのため、チャートのパターンを理解しておけば、将来をある程度予測することができるようになります。 大きく分けると、チャートパターンには2つの種類があり、株価などの天井圏・底値圏で発生する反転型のチャートパターンと、トレンドレンジで発生する保ち合い型のチャートパターンがあります。 チャート分析の見方・ローソク足 チャートの最も基本的なものとしてローソク足があります。 ローソク足は、株価などの相場の値動きを時系列に沿って図表としてあらわしたものです。 ローソク足をみれば、株価などの相場の値動きが一目瞭然になります。 一定の単位期間を定め、単位期間中に初めについた値段は始値と呼ばれます。 そして、最後についた値段は終値と呼ばれます。 最も高い値段は高値、最も安い値段は安値と呼ばれます。 この4種類の値段をローソクと呼ばれる一本の棒状にして示して、それを時系列に沿って並べるとローソク足と呼ばれるチャートになります。 ローソク足には、始値よりも終値が高いことを示す陽線と、始値よりも終値が安い陰線の2つがあります。 ローソク足には陰陽道の考えが取り入れられており、値段が上がると明るい、値段が下がると暗いイメージになることから、相場の動きが視覚的にわかりやすくなるように、陰陽の名前がついています。 チャート分析の見方・移動平均線 チャート分析の基本としてもう一つ覚えておきたいものに移動平均線があります。 移動平均線とは、ある一定期間の価格から平均値を計算し、折れ線グラフで表したものです。 その日を含めて過去何日間(または何週間)かの価格を毎日計算していることから、平均値は次々に移動していきます。 この様子を表してこの折れ線グラフは移動平均線と呼ばれます。 移動平均線は代表的なチャート分析の1つです。 価格の傾向や流れなど、相場の方向性をわかりやすく示してくれます。 現状の株価や為替などの価格を示す上で説明したローソク足と組み合わせることによって、売買のタイミングを判断しやすくなります。 チャート分析の見方・一目均衡表と雲 チャート分析には一目均衡表という手法があります。 一目均衡表とは、一目山人(ペンネーム)という人が長い年月をかけて考案したテクニカル分析手法の1つです。 一目均衡表は、相場は買い手と売り手の均衡が崩れた方向に動くという考えに基づいています。 そのため、変化の起こる時期を推測するという意味で、一目均衡表は時間を重視したチャート分析と言えます。 一目均衡表は、十訓の売買価格帯の相場水準・過去との価格比較・未来における株保持者の購入価格帯層を補助線として示し、現在の売買価格と補助線を比較することで、価格と時間を軸として均衡状態が一目でわかるようになっています。 通常の抵抗線や支持線は前の高値や安値のポイントを直線で結ぶことによって表されます。 しかし、一目均衡表は「雲」がその代わりにあらわされることが特徴です。 この雲は抵抗帯と呼ばれています。 この雲は、株価が雲の上を推移している場合には強気相場であり、一方で、株価が雲の下で推移している場合には弱気相場であると判断されます。 雲が厚い場合には抵抗が強いことを示し、雲を抜けると抵抗は弱まります。 チャート分析の見方・三角持ち合い 株価は上昇・下降を繰り返しながら推移していきます。 上下幅が大きいこともあれば、小さい時もあるのが普通です。 株価の変動が一定の範囲内で継続している状態は持ち合いと呼ばれ、株価の上昇・下降の値幅は徐々に狭まっていきます。 この時、チャートの形が三角形のようになる状態は「三角持ち合い」と呼ばれます。 チャートの中に「三角持ち合い」ができると、その頂点で株価がどちらかに大きく動く場合が多いことから注目されます。 チャート分析の見方・酒田五法 酒田五法とはローソク足の並びを基本としたテクニカル分析の手法の1つです。 江戸時代の相場師・本間宗久によって考案されたテクニカル分析手法で、ローソク足の組み合わせによって売り場・買い場を読むことが特徴です。 酒田五法は「三山(さんざん)」「三川(さんせん)」「三空(さんくう)」「三兵(さんぺい)」「三法(さんぽう)」という5つのチャートのパターンが基本となったチャート分析となっています。 値動きが上昇・下落のパターンが3度続いた場合には以降は下落すると考えます。 これは三山(さんざん)と呼ばれるもので、天井形成の最も一般的なパターンとなっています。 これは三川(さんせん)と呼ばれるもので、大底形成のパターンとみなされます。 また、年度化上昇・下落を繰り返した後、値動きが上昇傾向(あるいは下落傾向)となって、やがて値動きが落ち着き、上昇・下落が交錯した場合には三空(さんくう)と呼ばれます。 加えて、連続する3本の陽線、あるいは陰線は三兵(さっぺい)と呼ばれます。 最後に、動かない相場は休んで相場が動き出せば取引を始めることを三法と言います。 チャート分析の見方・トレンドライン トレンドラインとは、ローソク足の高値同士、または安値同士を結んで引いた線のことを言います。 上昇相場であれば安値と安値を結んだ線、下降相場であれば高値と高値を結んだ線がトレンド・ラインと呼ばれ、それが株価の心理的な抵抗線となります。 抵抗線とは、市場参加者の多くがこれ以上、あるいはこれ以降相場が上昇したり下落したりしないという認識を持ちやすい価格帯のことを言います。 チャート分析の見方・サイコロジカルライン サイコロジカルラインとは、単にサイコロと呼ばれることもありますが、相場の上下動を投資家真理と連動させて数値化することによって、売られすぎや買われ過ぎを判断する分析手法のことを言います。 サイコロジカルラインは、相場の上昇が続くと「そろそろ相場が下落するかもしれない」と考える人が増え、相場の下落が続けば「そろそろ相場が上昇するかもしれない」と考える人が増えるという投資家たちの心理を数値に反映した線です。 投資家の多くが強気になれば売り、弱気になれば買いのシグナルを示す逆張り指標として活用されています。 チャート分析の見方・新値足 新値足(しんねあし)とは、微小な価格変動を無視してトレンドの転機を知るために開発されたチャート分析手法です。 縦軸には株価をとり、横軸には時間の概念が入らない不規則時系列チャートを使います。 そのため、一定の価格変化がない場合、チャートには何も記入しません。 新値足には時系列新値足と非時系新値足があります。 新値足は、株価の終値を使って、上昇相場では以前の高値を抜いたときに、下降相場では以前の安値を下回ったときに初めて行を変えて新しい足を記入します。 チャート分析の見方・MACD MACDとは「Moving Average Convergence Divergence(移動平均収束拡散法)」を略したもので、平均を取る期間の違う2つの移動平均を用いた分析手法のことを言います。 マックディーと呼ばれることもある手法です。 MACDでは、平均を取る期間の価格のうち、新しいものほど比重が高くなるように計算をして平均を取る「指数平滑移動平均(しすうへいかついどうへいきん)」を使うことが特徴です。 MACDは相場の大きな動きを読みやすいため、トレンド形成時に威力を発揮する分析手法で、相場のおおよその反転ポイントを見極めることができます。 チャート分析の見方・窓(ギャップ) チャート分析において、窓(ギャップ)とは、前日のヒゲを含む最も高い(低い)ローソク足の範囲外に、今日のローソク足がくることを指します。 簡単に言えば、ローソク足とローソク足の間に売買されていない価格帯がある状態です。 窓として値が飛んでいる部分は、取引がゼロという真空地帯を意味します。 窓が生じる際に、前日終値から窓が開いて高く値が付いた状態はギャップアップと呼ばれ、前日終値から窓が開いて低く値が付いた状態はギャップダウンと呼ばれます。 チャート分析の見方・ゴールデンクロス ゴールデンクロスとは、短期の移動平均線が中長期移動平均線を下から上に交錯して抜くことを言います。 ゴールデンクロスがあらわれると、株価は上昇傾向を迎えたと判断することができます。 一方、デッドクロスとは、短期の移動平均線が中長期移動平均線を上から下に交錯して抜くことを言います。 デッドクロスが表れると、株価は下落傾向を迎えたと判断することができます。 チャート分析の見方・ダブルトップ ダブルトップとは、天井圏で出現しやすい相場の天井を示す売りシグナルのチャートパターンです。 2つの山(高値)とその間に1つに小さな谷で形成されます。 ローマ字のMのようなかたちとなっていることが特徴です。 ダブルトップの売買サインは2つの高値をつけた後に、その間にできた安値を下回った地点が売りサインとなります。 チャート分析の見方・パラボリック パラボリック(Parabolic SaR)は、SAR(Stop And Reverse)という2本の放物線状の線を用いて売買シグナルを見る、トレンド追随型のチャート分析手法です。 通常、ローソク足がパラボリックの上にある場合は「上げ相場」を示し、一方で下にある場合は「下げ相場」を示します。 上昇相場でローソク足がパラボリックを下抜けから「売りサイン」、下降相場でローソク足がパラボリックを上抜けたら「買いサイン」です。 チャート分析の見方・RSI RSI Relative Strength Index は、日本語で「相対力指数」と呼ばれ、一定期間における値動きの強弱を数値で表した分析手法です。 直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを計測します。 チャート分析の勉強法 上では、様々なチャート分析手法とその見方について簡単に説明してきました。 しかし、チャート分析はただ読めるようになるだけではなく、仕組みを理解して使いこなせるようにしなければなりません。 以下では、チャート分析におすすめの本について紹介していきます。 チャート分析におすすめの本 チャート分析を勉強したい初心者の方におすすめの本は、専門用語が少ないだけでなく、なぜその分析手法が使えるのか、その理由が説明されている本です。 チャート分析は実際に知識として知っているだけではなく、自分で活用できなければなりません。 そのため、どんなときにそのチャート分析手法が使えるのかを理解しておく必要があります。 「デマークのチャート分析テクニック」 その他の本として、吉見俊彦氏が書いた「チャート分析の真実」もおすすめです。 初心者向けに書かれた本なので、専門用語も丁寧に解説されており、独学でも十分チャート分析について理解することができます。 チャート分析を紹介しているブログ チャート分析については、独学で勉強するより、ブログなどを参照することで知識を深めていくことができます。 様々なブロガーがいるので、自分に合ったブロガーを見つけることが大切です。 例えば、仮想通貨の情報をまとめたコインテレグラフは、仮想通貨に関する様々な情報がまとめられており、チャート分析手法の解説もされているのでおすすめです。 チャート分析を学べるセミナー チャート分析について独学で学ぶのは厳しいと思っている人にはセミナーへの参加がおすすめです。 セミナーに参加する時間がなくても動画セミナーが開催されていることもあるので、いつでもどこでもチャート分析について学ぶことができます。 セミナーに参加する際には、講師の経歴をきちんと確認しておきましょう。 ねずみ講などの怪しいセミナーの可能性もあるのでその点には注意してください。 チャート分析を活かせる資格 チャート分析について体系的に勉強したいと考えている場合には、テクニカルアナリストなどの資格を取得することもできます。 レベルに応じて1レベル〜3レベルまで用意されているので、自分の知識レベルに合わせて効率的にチャート分析の知識を理解できて便利です。 チャート分析の活用 チャート分析は一見複雑な計算式が出てくるので難しいと考えている人も少なくありません。 しかし、実際には、チャート分析を活用するための便利なツールが用意されており、自分でわざわざ計算しなくても、数値を入力するだけで分析結果を提示してくれるソフトやサイトなどがたくさんあります。 以下では、そんなソフトやサイトについて紹介していきます。 チャート分析機能が優れているソフト 初心者でも簡単にチャート分析ができるように、証券会社は利用者向けソフトを開発しています。 それを使えば、チャート分析も難しくありません。 例えばカブドットコム証券・SBI証券・楽天証券などはそれぞれ特徴的なチャート分析機能のあるソフトを提供しており、ユーザーからの評価も使いやすいと評判です。 他にも、マネックス証券・みずほ証券・GMOクリック証券・松井証券・ライブスター証券などが独自のチャート分析ソフトを提供しています。 株価を分析するソフト以外に例えば仮想通貨についてチャート分析ができるソフトも提供されています。 例えば、ビットフライヤー・ザイフ・コインチェック・ビットバンク・GMOコインなどは、チャート分析がやりやすいと高い評判があります。 チャート分析機能が優れているスマホアプリ 最近では、チャート分析はパソコンだけではなく、スマホアプリでもできるようになっています。 スマホアプリであれば出先でも取引ができるようになるので便利です。 ほとんどのネット証券会社が独自のスマホアプリを提供しているので、自分が使っている証券会社のアプリを使用すると良いでしょう。 AIのチャート分析 近年、ビッグデータを利用したAI・人工知能によるチャート分析が進んでいます。 過去の急騰パターンなどを学習し、急騰するチャートの特徴や規則性を学んだAIは人間よりも正確に投資タイミングを判断できるツールとして期待されています。 例えば、「チャートなび」では、AI・人工知能によるチャート分析の結果を開示しているので、誰でもAIによるチャート分析の結果をみることができます。 リアルタイムでチャート分析を閲覧できるサイト チャート分析をリアルタイムで閲覧することができるサイトもあります。 例えば、マネースクウェア・ジャパンでは、14種類のチャート分析ツールに対応したサイトを提供しています。 他にも、investing. comでは、無料の為替通貨チャートを見ることができ、その月間ページ・ビューは約4億にのぼるほど人気です。 その他にも、為替ライブチャートウインドウは無料リアルタイム為替チャートがあります。 こちらはダウンロードせずに使えるため非常に便利です。 エクセルでチャート分析する方法 チャート分析はエクセルでも行うことが可能です。 株価のデータを自分のエクセルに取り込んでおくことで、自分なりの分析や予測が可能となります。 誰でも簡単にエクセルで株価チャートの生成が可能です。 例えば、では、エクセルのグラフ機能を使って株価チャートを作ることができます。 チャート分析の実例 実際に、ソフトバンクグループについてチャート分析を行ってみましょう。 ソフトバンクグループの株価の移動平均線をみると、2018年10月31日現在、上昇傾向にあることがわかります。 加えて、過去の高値と高値を結んだ線であるトレンドラインを突破しており、市場参加者の抵抗線を超えていることから今後もソフトバンクグループの株価は上昇していくと考えられます。 移動平均線をみて、トレンドラインを確認した結果、現在、ソフトバンクグループの株は買いであるということができます。 そのため、この日はソフトバンクグループの株が売られ過ぎている可能性があることが示されています。 結果として、ソフトバンクグループの株は現在のタイミングでは買いということができます。 このように複数のチャート分析を適用することによって、総合的に現在の投資判断ができるようになります。 チャート分析の手法・エリオット波動法則 エリオット波動法則は、1934年にE. エリオットによって提唱された法則です。 かれはダウ平均株価の値動きを研究し、一見不規則に見える株価の動きには法則性があることを提起しました。 一見不規則なようにみえる自然現象が実は数列という法則性によって支配されており、市場の不規則性もこの数列で説明できるのではないかということがエリット波動法則の前提となっています。 チャート分析の手法・ダウ理論 ダウ理論とは、市場での値動きを評価するための理論でチャールズ・ダウによって提唱されました。 チャールズ・ダウは、アメリカのジャーナリスト・証券アナリストであり、初めて体系的なチャート分析の理論を構築した人物として知られています。 また、彼は、ウォール・ストリート・ジャーナルを創刊しています。 ダウ理論には、次の6つの基本法則があります。 仮想通貨のチャート分析例 仮想通貨市場は比較的最近できた市場ですが、株価市場や為替市場と同様に動く傾向があります。 そのため、仮想通貨にもチャート分析は有効です。 ただし、仮想通貨は他の市場とは異なり、価格が突然急騰したり、急落したりします。 そのため、仮想通貨に対しては短期的なトレンドを見ることが必要です。 移動平均線・ロウソク足を十分に確認し、MACDといったテクニカル指標と組み合わせて投資判断をすることが大切です。 スイングトレードのチャート分析例 スイングトレードは数日間~数週間で売買を済ませる短期売買のトレード方法です。 スイングトレードにおいては、短期間で売買を完結させることからチャート分析を重視して株の売買を行います。 短期売買では企業の業績は基本的にほとんど関係ないからです。 チャートから株価の値動きの傾向を分析していきます。 スキャルピングのチャート分析例 スキャルピングとは、数秒から数十分というごく短い期間で、何度も売買を繰り返して小さな利益を重ねる超短期売買のことを言います。 短期的な株価などの傾向を分析する必要があることからチャート分析が欠かせません。 1分足などごく短い移動平均線といったチャートを活用することになります。 日経平均・日経225のチャート分析例 日経平均・日経225は、東京証券取引所第一部に上場する約2000銘柄の株式のうち225銘柄を対象にして構成された経済指標です。 これにチャート分析を行うことで、日本の代表的な会社がどのように動くかを予測することができるようになります。 日経平均・日経225に定期用可能なチャート分析はたくさんあります。 ただし、ローソク足のような基本的なチャート分析だけで予測することは非常に困難であることから、ローソク足のパターンを分析した上で、テクニカル指標やトレンドラインを活用して投資判断を行うことが大切です。 デイトレードのチャート分析例 デイトレードとは、1日の中の値動きだけで売買を行う取引手法のことを言います。 デイトレードでは、取引を1日で完結させることから、投資のポジションを翌日に持ち越すことはありません。 細かい利益と細かい損失を繰り返すトレードであることから、損切りが非常に重要となります。 そのためにはチャート分析が非常に有効です。 デイトレードを行う場合、トレンドに逆らわないようにすることが鉄則です。 トレンドに逆らうと大きな損失が出る可能性があるからです。 トレンドを分析するためには、中長期のトレンドを分析するチャート分析が有効となります。 バイナリーオプションのチャート分析例 バイナリーオプションとは、為替取引の一緒です。 バイナリーオプションにおいては、円安に成ると利益を得られるチケットか、円高になると利益が得られるチケットのいずれかを購入し、結果が予想通りになれば利益が出せます。 バイナリーオプションはこのような取引の特徴があることからチャート分析が非常に重要です。 過去の値動きから今後の値動きを予測しなければなりません。 特に、バイナリーオプションにおいては現在の相場がどちらに動くかが重要となることからトレンド系のチャート分析が重要となります。 そのため、移動平均線やストキャスティックス、RISといったチャート分析が有効です。 投資信託のチャート分析例 投資信託では、ファンドマネージャーが組み入れる銘柄を選択し、随時組み入れ銘柄の入れ替えや組み入れ比率の変更を行います。 そのため、投資信託のチャートを確認してもそれによってトレンドを確認するのは困難です。 それでは、投資信託においてチャート分析は必要ないのでしょうか?そんなことはありません。 投資信託におけるチャートは、過去のパフォーマンスがどれだけ出ているのかを確認するために使うことが大切です。 パフォーマンスが悪いので投資を見送ったり、他の投資信託と比べてパフォーマンスの高いものに投資することができるようになります。 チャート分析のやり方がわかるようになる練習問題 チャート分析の知識を身に着けて、実際にチャート分析をしてみても本当にその分析が合っているかどうかわかりませんよね? そんなときは、チャート分析の練習問題が掲載されているサイトを見てみましょう。 練習問題を解くことで、確実に知識を身に着けていくことができます。 チャート分析で勝てない人必見!勝率を上げる方法 チャート分析をしていてもなかなか勝てないという人は多いです。 その結果、チャート分析は役立たないと言う人も多くいます。 しかし、そういう人たちは単独でしかチャート分析を使っていないことが多いのです。 チャート分析は様々な手法を組み合わせることが大切です。 複数のチャート分析手法が同じような結果を示していれば、投資結果の予想精度も高まります。 まとめ チャート分析ができるようになるまでは一定量の練習が必要となります。 独学で勉強するだけではなく、セミナーや勉強会などに積極的に参加すれば効率的に知識の習得が可能です。 チャート分析は、分析に慣れて自信が持てるようになるまで様々な事例を参考にしながら日々勉強した方が、実際の使い方も身につきます。 是非上で説明した内容を参考にしてチャート分析について勉強してみて下さいね。

次の

あつ森 カブ価・株価予測・傾向の予想!変動パターンの時間やタイミング【あつまれどうぶつの森】

株価 変動パターン

カブ(株)価変動パターン パターンは大きく分けて4種類 【1】一気に上昇型 月 火 水 木 金 土 午前 83 75 68 176 148 77 午後 79 72 115 550 93 48 月 火 水 木 金 土 午前 55 47 104 170 65 59 午後 52 118 151 157 62 55 一番稼げるのが、水曜日の午後から上がり木曜日で一気に売値が跳ね上がる「一気に上昇型」だ。 一気に上がると、土曜までは下がっていくだけなので、週の後半から上がっている場合は、カブ価に注意して見極めよう。 【2】ゆらゆら変動型 月 火 水 木 金 土 午前 125 73 60 113 126 61 午後 128 69 107 119 91 57 月 火 水 木 金 土 午前 109 130 65 47 101 71 午後 104 115 55 129 114 63 株価の変動で見極めが難しいのが、「ゆらゆら変動型」だ。 株価の上下が波のように変わっているため、一番良いタイミングが掴みにくい。 また、週の前半が一番高いパターンもあるので、逃してしまった場合は、買値より高くなった時に売ると損はない。 【3】最後に大儲け型 月 火 水 木 金 土 午前 113 120 125 56 94 66 午後 93 96 64 46 70 130 カブが売れる最後の土曜日午後に、一番高いパターンがある。 株価の動きは、金曜まで午後の方が低い傾向にあるため、金曜まで金額が上下している場合は、土曜の午後まで待ってみよう。 【4】ずっと貧乏型 月 火 水 木 金 土 午前 79 73 66 58 51 43 午後 76 70 62 55 47 43 カブ価の変動パターンには、土曜日までカブ価が上がらない貧乏型がある。 貧乏型になると、稼ぐのはほぼ不可能だ。 そのため、上がらないと分かった時点で売ってしまおう。 カブが腐る条件 一週間放置すると腐る 保存場所は関係なく腐る カブは保存場所に関係なく、一週間経つと腐ってしまう。 腐ると値段がつかずに損をしてしまうため、必ず一週間以内に売ろう。 一週間経つまではどこに保存してもいい 過去作では外に放置して雨が降ると腐ってしまったが、今作では確認できていない。 そのため、大量にカブを買った際は地面に置いておくのもあり。 時間を戻すと腐る カブを持っている状態で時間を戻すと、保存場所に関係なく腐ってしまう。 そのため、過去の曜日に売ろうと思って時間を戻しても腐っているため、値段がつかない。 再度、時間を戻しても復活しないため、カブを持っている時は時間を戻さないようにしよう。 カブで金策をする場合の注意点 1単位でのカブの購入はできない カブを購入する際、10カブからの購入で1単位での購入ができない。 価格にもよるが1回の購入で1000ベル以上取られる場合が多いため、所持ベル数に余裕がない人はよく検討してから購入しよう。 カブ価は毎日午前と午後で変わる タヌキ商店でのカブ価は毎日午前と午後の2回変動する。 運が良ければかなりの高値で買い取ってもらえる場合もあるため、カブ価が変わるタイミングで必ずチェックするようにしよう。 1週間以内にカブを売る ウリから購入したカブは1週間(次ウリが来るタイミング)経つと腐ってしまう。 腐ると売れなくなりカブで金策をする場合は大損になってしまうため、必ず1週間以内に売るようにしよう。 日曜日は売れない ウリがカブを売りにくる日曜日は、タヌキ商店でのカブの買い取りはお休みになる。 そのため、カブの購入と買い取りを繰り返すことができないようになっていて、購入した分のカブで1週間以内に金策をする必要がある。

次の