バッテリー が 危険 に さら され て いる。 結局、ノートパソコンは電源につなぎっぱなしにしても良いの?ダメなの?

モバイルバッテリーは安全性が大切!丸型PSEマークと危険を避けるためのポイント紹介

バッテリー が 危険 に さら され て いる

目次 [開く] [閉じる]• 自動車は主にガソリンや軽油を燃焼させて動きますが、もう一つ車を動かすのに重要な要素があります。 それは電気です。 電気がないと、着火用のスパークプラグから火花が飛ばなくなり、そもそも始動することができません。 ライトやワイパー、カーナビやエアコンといった電装系の装備を動かすこともできません。 そして、その電気を蓄えているのがバッテリーです。 このバッテリーの中にはバッテリー液と呼ばれる液体が入っていますが、これは自然に減少していき、減りすぎると本来の性能を発揮できなくなってしまいます。 それどころか、最悪の場合火災発生の原因となる可能性もあるので、定期的に液量をチェックする必要があります。 今回は、そんなバッテリー液の液量の見方、バッテリー液の補充方法を解説します。 バッテリー液の補充方法をチェック まずはボンネットを開いてバッテリー本体を探す まずは、バッテリーがどこにあるかを調べることから始めましょう。 バッテリーの場所は、自動車のメンテナンスマニュアルに書いてありますが、多くの場合ボンネットかトランクルームに設置されています。 ボンネットを開けると、普通の車であればすぐに見つかるところにバッテリーが設置しているはずです。 四角い大きな箱で+(プラス)とー(マイナス)がと書かれたコードが接続されていればそれがバッテリーです。 バッテリー液を確認する際には、ボンネット内が十分冷えていることを確認してください。 エンジンを切った直後はボンネット内のあらゆる箇所が高熱を帯びており、軍手程度では火傷を防げません。 バッテリー液の残量を確認する方法 バッテリー液は、バッテリーに充填された液体で、その正体は無色透明の希硫酸です。 バッテリー液の残量は、バッテリーの側面にある窓から見ることができます。 この窓にはUPPER(上限)とLOWER(下限)の2本の線が引いてあり、横から見てバッテリー液の液面が、この2本の線の間に入っている必要があります。 エンジンルームが暗くてバッテリー液の残量を確認しにくい場合には、懐中電灯などで反対側から照らすことで確認しやすくなります。 どうしても見づらい場合は最終手段として、キャップを開けて割り箸などを差し込んで残量を測るという方法もあります。 しかしバッテリー液は希硫酸で、飛び跳ねて皮膚に付着すると火傷の原因になる可能性があります。 この方法を実行する場合は細心の注意を払うようにしましょう。 いよいよバッテリー液を補充!注意点とは バッテリー液の補充に必要な物を揃えましょう。 バッテリーの補充液は、蒸留水または薄めた硫酸ですが、バッテリーにもともと入っているバッテリー液は硫酸であることを忘れないようにしましょう。 バッテリー液の補充に必要なもの バッテリー液 バッテリー液は蒸留水か、蒸留水で薄めた硫酸です。 カー用品店で100円~500円以内で購入することが可能です。 水道水には水以外の不純物が多く含まれるため、バッテリー液やバッテリー自体の性能の劣化を招きます。 スポイト バッテリー液を細かく補充したり、入れすぎた液を吸い取るのにあると便利です。 ゴム手袋、ゴーグル バッテリー液の硫酸が手につくと火傷のような状態になるほか、目に入ると失明の危険もあり、非常に危険です。 万が一に備えて準備しましょう。 ゴーグルはただのメガネ型ではなく、レンズの上下左右もガードされているものが安心です。 コイン、ドライバー、ペンチ バッテリー液を注入するための蓋はネジ式になっています。 車に搭載されているバッテリーによって、上面がフラットになっていてドライバーやコインを差し込んで回し開けるものや、ペンチなどで爪を掴んで開けるものがあります。 自分の車両に搭載されているバッテリーがどのタイプか、よく確認する必要があります。 バッテリー液を補充する際は入れすぎに要注意! バッテリー液を補充する時には、 必ず液面がUPPERとLOWERの間になるようにしましょう。 LOWERよりも下の場合にバッテリーの性能が劣化するのは知られていますが、UPPERを超えてバッテリー液を入れても逆に性能劣化するばかりでなく、最悪の場合、液が染み出して周辺が腐食することがあるので注意が必要です。 多く入れればいいというわけではない点を覚えておきましょう。 服や身体への飛散に注意!ゴム手袋やゴーグルで身体をガードしよう バッテリー液は希硫酸、補充液は蒸留水もしくは蒸留水で薄めた硫酸です。 この硫酸が跳ねると、手や皮膚なら軽い火傷ですみますが、目に入ると失明のリスクもあります。 また、服に硫酸がついても穴が開くなどの被害が出ます。 バッテリー液の補充を行う際には手袋とゴーグルでしっかりガードすることを忘れないようにしましょう。 万が一バッテリー液が手についたら 万が一、手や皮膚にバッテリー液がついてしまったら、焦らず大量の流水で流しましょう。 しっかり対処すれば、重症化する可能性は低いです。 しかし、火傷のような症状や皮膚に違和感を感じるようであれば、医師の診察を受けましょう。 作業中は火気厳禁 言うまでもなく、バッテリー液の補充を行う際は引火の危険があるので、火気厳禁です。 タバコを吸いながらの作業などはもってのほかです。 バッテリー液の量はどれくらいの頻度で確認するべき? できれば月1回、最低でも半年に一度は確認しよう バッテリー液が減ってしまうと、最悪の場合バッテリーの爆発や火災につながることがあります。 ですので、バッテリー液のチェックは重要です。 オススメは月1回の点検ですが、最低でも半年ごとに確認するようにしましょう。 特にバッテリーにとって過酷な季節である夏と冬が終わったあと、すなわち秋と春には欠かさず点検したいものです。 メンテナンスフリーのバッテリーでもバッテリー液の残量チェックは必要! 高性能バッテリーのなかにはメンテナンスフリーを謳ったものがあります。 メンテナンスフリーバッテリーは基本的にバッテリー液が減らないことになっていまが、実際にはバッテリー液が減ることもあります。 バッテリー本体や普段の挙動で、バッテリーの劣化の兆候を知ろう バッテリーの劣化は、様々な兆候によって判断することができます。 ・電圧不足(エンジンの掛かりが悪い、ライトが暗い、パワーウィンドウ開閉が遅いなど) ・6箇所のバッテリー液補充口の残量がそれぞれバラバラ ・バッテリー液が半年以内に著しく減る ・端子周辺に白い粉末が付着している 上記のような現象が発生している場合には、バッテリーの劣化の兆候と考えられます。 これはバッテリー液の補充だけでは解決せず、早めのバッテリー交換をおすすめします。 バッテリーが劣化しやすい使い方 バッテリーの寿命は一般的に2年から3年と言われています。 それ以上使用できる場合もありますが、バッテリーに負担がかかる現代の車はますますバッテリーを酷使しているので、本来の寿命まで保つとは限りません。 特に、ナビゲーションシステムや、レーダー、ドライブレコーダーなどの電装品が増え、ますます消費電力は増加するばかりです。 夏場のクーラーの利用や、夜間のヘッドライトの使用などのバッテリーに負担がかかります。 また、車のチョイ乗りを続けたり、ほとんど車に乗らないのもバッテリーの劣化の進行を早めるので注意が必要です。

次の

「お使いのコンピュータが危険にさらされる可能性があります」という警告文が出たときの対処方法

バッテリー が 危険 に さら され て いる

スポンサードリンク バッテリーが爆発する理由 バッテリーの正体はリチウムイオン電池 スマートフォンの電池やモバイルバッテリーには、一般的に リチウムイオン電池という電池が使われています。 特徴としては、小型軽量かつメモリー効果(電池残量をゼロにしてから充電しないと充電可能な最大容量が減ってしまう現象)による悪影響がなく、環境負荷の少ない材料を用いて作られている電池ということです。 膨張する原因は? では実際に膨張する理由をみてみましょう。 パソコンメーカーや携帯電話会社のサイトで、バッテリーについて書いてあるページを探しました。 各社ともバッテリーについて説明されているページがありましたが、その中でもパソコンメーカーである「HP」のページが一番わかりやすかったのリンクを貼っておきます。 他にもいろいろ調べてみた結果、 リチウムイオン電池の劣化に伴い、電解質が酸化しガスが発生することによって膨張が引き起こされているようですね。 こちらが私が使っていたバッテリーです。 こんな感じでケースが浮いちゃってます。 安全性は? ここが一番気になるところ。 大手のキャリアやメーカーのサイトなどを確認したところ、ほとんどで「 膨張が起こっても安全」と書いてあることが確認できました。 参考までに、キャリア2社のリンクも貼っておきますね。 電池パックの寿命が近いと考えられます。 電池パックは消耗にともない膨らむ場合があります。 これはリチウムイオン電池の特性であり、安全上問題ありません。 この事象はリチウムイオン電池の特性として、充放電の繰り返し、高温環境下におけるご利用によって電池の劣化が進む過程で生じるものであり、正しくご使用される限り、電池パックが膨らむことによる異常な発熱、および破裂など安全上の恐れはございません。 今後もご安心してご使用いただけますようお願いいたします。 しかし、安心するにはちょっとだけ早そうです。 2016年に起きたGalaxy Note 7の炎上・爆発事件以降、特にメーカー以外のサイト等では徐々に流れが変わってきており、 バッテリーの膨らみの危険性を指摘する論調も目立ってきているんです。 危険性については、こちらのサイトで分かりやすく解説されていました。 リチウムイオン電池の寿命は? リチウムイオン電池の寿命はといいますと、保証期間が定められていたりと「 期間」と思われがちなのですが、 実はほぼ 充電回数で決まります。 この辺の詳細についても、HPのページで詳しく解説されていましたので、リンクを貼っておきます。 膨張したバッテリーの危険性は0ではない 今回いろいろと調べた結果をまとめると、 「膨張しても安全なようには作られてはいるが、爆発・炎上する可能性はなくはない」といった結果となりました。 メーカーが信頼の置けるメーカーであれば、ほぼ問題なさそうですが、そうでなければ製品に不具合があった場合などを考えるとちょっと怖いですね。 私もでしたが、特にメーカー不詳の安物を使っている場合などは、 バッテリーの膨らみが目立つようになってきたら早めに買い換えるのが無難そうです。 最後に私が今使っている おすすめのモバイルバッテリーをご紹介します。 実際に今も使っていますが、 コスパは最強だと思います。 iPhone7を使っていますが、 余裕で3回はフル充電可能です。 もはや、モバイルバッテリーを1日で空にすることが至難なレベルです。 「Anker」はモバイルバッテリーのメーカーでは、老舗の非常に信頼の置けるメーカーです。 また、この機種は 価格・容量・大きさのバランスが秀逸で、実際にかなり重宝しています。 こっちは、めちゃくちゃ薄いです。 バッグに入れても邪魔になりません。 USBポートが2つあるのも良いですね。 アルミのボティもいい感じ。 お尻のポケットとかに入れて持ち歩く場合は、こちらがおすすめです。 どちらのバッテリーも、スペックについては概ね説明書通りだと感じました。 モバイルバッテリーって意外と説明書通りの性能が出なかったりするので、購入する時はレビューなどを確認しておくと良いです。 まとめ どんなに高価なバッテリーでも、一年使えば必ず性能は落ちてくるので、 買い替えを前提に購入するのが賢い選択です。 ご紹介したバッテリーのような価格帯とスペックを選択すれば、大外れはないと思います。 大容量モバイルバッテリーを持って、安心してお出掛けしましょう! 最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が少しでもお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

次の

乾電池は濡れると危険なのか【電池の水没】

バッテリー が 危険 に さら され て いる

更新履歴 [ 全て表示 戻す ] 2017. 16: ウイルス感染が発生するタイプがある旨追記 2017. 01: 初出 インターネットを利用している時に突然、 マイクロソフトシステム警告 「お使いのコンピュータにウイルスが存在する可能性を検出しました。 」 「お使いのコンピュータが危険にさらされる可能性があります。 」 などという警告メッセージが表示されてしまった・・・・という場合の対処方法を紹介したページです。 警告メッセージ例 多くの場合、この警告は「有料ソフトを購入させるため」にユーザーの不安を煽っているだけの「オンライン詐欺」なので、無視すればOKです。 このページでは、「詐欺」なのか「ウイルス感染」なのかの見分け方と、詐欺だった場合の警告ダイアログを閉じる手順を紹介しています。 このページの内容• はじめに 注意事項です。 最近はオンライン詐欺の手口も巧妙になっており、ウイルス感染を伴う詐欺攻撃も確認されています。 以下で紹介している例に酷似している場合でも、ウイルスに感染しているケースがあると思われます。 警告ダイアログを消した後は必ずウイルスチェックを行ってください。 ご注意: Windowsセキュリティによってシステムが壊れていることが検出されました。 すべてのファイルシステムは、 XXX秒後に削除されます• 必須: 下の[更新]ボタンをクリックして、最新のソフトをインストールしてスキャンし、ファイルが保護されていることを確認してください。 警告: お使いのコンピュータが危険にさらされる可能性があります。 警告画面が出た時のチェックポイント• 最初のメッセージは、Windowsまたはブラウザ の「通常の警告ダイアログ」でメッセージが表示されている• 多くの場合、ユーザーの冷静さを奪うような仕掛けが施されている• 以下はその一例• 派手な警告音 ピー! という音 が鳴る• ウイルスに感染しているという警告が出る• XXX秒後にデータやファイルシステムなどが削除される、という警告が出る• 特定のシステムツール や セキュリティソフトの導入を勧めてくる• サイト内関連 警告画面のサンプルと特徴の紹介ここまで。 以下、この画面が出た場合の対処方法など。 チェックポイント 以下の条件を満たしている場合、 「ブラウザハイジャック」と呼ばれる 今どきのPCならばほぼ無害な 攻撃である可能性が高い。 ブラウザで Flash や JAVA javascriptではない は禁止にしてある• セキュリティツールは一切反応しなかった。 UAC アカウント制御 の警告は出なかった。 Smart Screenの警告は出なかった。 元ブラウザの方は操作不能になっている。 警告ダイアログを「X」を押して閉じようとすると、警告が何度も繰り返し表示される。 警告が繰り返し表示される際、以下のような変化が生じる。 これは古典的な攻撃方法で、PCに実害が発生する事は ほぼないかわりに、セキュリティソフトなども反応しない。 攻撃者は「セキュリティソフトが反応しない」事を逆手に取り、この手法でユーザーの不安を煽り、有料ソフトの購入を促したり、高額なサポート契約を結ぼうとしてくる。 逆に、UAC や Smart Screen、セキュリティツール が反応した時は深刻な攻撃を受けているので、このページの内容は当てはまらない。 すぐにウイルスチェックを行い、別の情報を探す。 警告ダイアログの消し方 手順1: 最初のダイアログが出た段階 まずはブラウザ上の通常のダイアログであるかを確認します。 補足情報• 補足1 このダイアログが出ている時は元のウインドウは操作不能になっています。 まずは以下の手順でダイアログを終了させます。 補足2 タスクマネージャーなどでブラウザを強制終了してもOKです。 手順2~3不要 手順2: 「X」ボタンでダイアログを消してみる。 手順3: ブラウザを終了させます。 以下の画面が出た後は、普通にブラウザを終了できます。 押してしまった場合、悪質なページに強制的にジャンプさせられるか、悪質なプログラムのダウンロードが開始されます。 ブラウザを閉じた後はどうすれば良いか 問題のページを閉じた後、特に必要な操作はありません。 操作手順は以上です。 ブラウザのキャッシュ削除と利用中のセキュリティソフトでウイルススキャンを行ってみます。 未知のウイルスに感染したかも・・・・という不安が消えない場合は、1~2日ほどインターネットの利用を中止 ネット回線を遮断 し、その後セキュリティソフトを最新版に更新してからもう一度ウイルススキャンを行ってみます。 このページには悪質な仕掛けなどは特になく、一般的なのダウンロードページでした。 ちなみにこの Uniblue はサイト・ツールともに セキュリティソフトでウイルス反応はありませんが かなり悪名の高いツールです。 もし、今回のケースも含め、似たような警告ダイアログが開いてしまった場合でも このようなツールは不要です。 この攻撃の感染経路 以下の3パターンが多くなっています。 更新停止したサイト 特に成人向けサイト にアクセスした• 攻撃者が普通の広告配信を利用し不正なURLを忍び込ませた• ドメイン失効したサイトにアクセスした 攻撃者が失効ドメインを取得し、攻撃サイトへのリダイレクトを設定した 一番多いのが「1. 」と「2. 」の組み合併せ技のようで、更新停止した 成人向けサイトの広告スペースに 攻撃サイトへのリダイレクトが仕込まれたケースを数多く観測しました。 広告を出稿している業者が更新停止サイトを狙っていると思われる 頻繁に、あらゆるサイトでこの警告画面が出る場合• フリーソフトをインストールする際、 抱き合わせのアドウェアをインストールしていないか?• hao123、PC Mechanic、secure PC Cleanerなど、評判の悪いソフトをインストールしていないか? 上記に身に覚えがないか、よく思い出してみる。 問題のソフトウェアを削除し、ブラウザのキャッシュ削除もしくは初期化を行ってみる。 あとがき 個人的なお話ですが、2011~2014年頃にブックマークした成人向けサイトを整理していたところ、約7割がサイトまたは該当ページが消滅。 そして残ったサイトのうち更新停止しているものの約7割で、今回の 「Windowsコンピューターが危険にさらされている可能性があります」の攻撃を確認できました。 やはり「更新停止した 成人向けサイト」の広告スペースを狙った攻撃が多いように感じます。 また、いずれのケースも単純なブラウザハイジャックであり、ウイルス感染の被害はありませんでした。 このページの情報は以上です。

次の