うつる 扁桃炎。 「急性扁桃炎」の原因について医師が解説ーほかの人にうつるの?予防方法はあるの?

扁桃炎

うつる 扁桃炎

概要 扁桃炎とはウイルスや細菌による感染が原因で、口蓋扁桃(のどの奥に左右にある部分)が腫れている状態です。 口蓋扁桃が腫れると、のどの奥の左右に赤く腫れ上がったものが観察できます。 特に症状が強くて何回も繰り返すことが多いのが、「溶連菌」という細菌を原因とした溶連菌性扁桃炎です。 子どもや若い人がかかりやすいです。 一般的な風邪(ウイルスによる上気道炎)と比較すると、熱が高く、体のだるさなどの症状がとても強いことが特徴的です。 また数日間38度を超える熱が続いたり、一旦治ったと思っても再発したりします。 抗菌薬による治療が有効です。 症状 一般的な風邪(ウイルスによる上気道炎)と比較すると、のどの痛みや飲み込む時の痛みが強く、38度を超える高い熱が出ることが特徴的です。 あごの下〜首の周りのリンパ節が腫れて痛みが出たり、体のだるさがとても強かったりします。 診断 医師の問診、診察で診断されます。 口の中を見ると、のどの奥の左右にある口蓋扁桃が片方、もしくは両方が赤く腫れ上がっているのを観察できます。 白苔といって、白いものが口蓋扁桃に付着しています。 またあごの下〜首の周りのリンパ節が腫れているので触ることができて、圧痛もあります。 迅速検査は必要に応じて行われます。 頻度は少ないのですが、溶連菌性扁桃炎が悪化して、膿瘍を形成することもあります。 あまりにも強い腫れやツバを飲み込むこともできないような場合は、CTなどの検査が行われることもあります。 最初に使われた抗生剤が効かなかった場合は、種類を変える必要があります。 1年間に何回も扁桃炎を繰り返す場合、扁桃を摘出する手術も検討されます。 生活・自宅で気をつけること ・溶連菌は感染力が強いので、家族や子供同士などよく触れ合うような場合は、うつることがよくあります。 家族が溶連菌性扁桃炎にかかっていて、自分ものどの痛みと高熱が出たような場合は、早めに医療機関を受診して治療を始めましょう。 ・溶連菌扁桃炎は長引きやすく、再発しやすいのが特徴です。 抗生剤でしっかりと治しきることが大切なので、必ず医師に処方された分を飲みきってください。 抗生剤を飲み始めて良くなったからと内服を辞めてしまうと、再発することがよくあります。 ・扁桃炎が悪化すると、扁桃周囲膿瘍と呼ばれる状態になることがあります。 抗生剤を飲み始めても熱や喉の痛みが悪化し、唾も飲み込めなくなり、口の中を鏡で見ると扁桃が大きく腫れていたり、白い膿みたいなものがたくさん付着していたりすることが特徴です。 扁桃周囲膿瘍になると抗生剤の飲み薬だけでは治らず、耳鼻科で針を刺したり、切開して膿を出す必要があります。 ・年に何回も扁桃炎を繰り返す方は、扁桃を摘出する手術がありますので、医師に相談してみてください。

次の

【医師監修】溶連菌性扁桃炎

うつる 扁桃炎

急性扁桃腺炎という病気は聞いた事ありますか? AKB48の渡辺麻友さんが急性扁桃腺炎になり 現在は治療中などの話題があがっていましたが いったいどんな病気なのか?うつる事はあるのか? 仮に、うつってからでは遅いので知っておきましょう。 急性扁桃腺炎になると!うつる可能性は? 急性扁桃腺炎という名前は聞いた事ある人もいるかもしれませんが 読み方は(きゅうせいへんとうせんえん)と言い 原因はウイルスや細菌などによって発症し• 約40度の高熱• 喉の扁桃が腫れる などの症状が出てきた場合は急性扁桃腺炎を疑ったほうが いいとされており中でも気になるのが 急性扁桃腺炎は、うつるのか?どうなのか?という事です。 急性扁桃腺炎は直接的に、うつるという事は無いみたいですが ウイルスや細菌が原因とされているため 自分の周囲に急性扁桃腺炎などを発症している方がいる場合は 発症している方の、くしゃみ・咳などで空気中に飛び散った ウイルスを吸い込み感染する事もあるみたいです。 職場などで急性扁桃腺炎になった方が居た場合は 風邪とよくにているともされているので うつる事も考慮して対策としてはマスクを着用したり うがい、手洗いを心がけてくださいね。 急性扁桃腺炎の治るまでの期間は? 万が一急性扁桃腺炎を発症してしまった場合は 仕事や家事などもあり治るまで、どれくらいの期間が かかるのかという事です。 急性扁桃腺炎は急性と言われていることもあり 急に熱があがってくるところがサインみたいなものなので 風邪で喉が痛いかなと思って自宅で療養していても 通常の扁桃腺なら約1日~2日程度ですが 急性扁桃腺炎は約7日~10日といわれており 病院で抗生物質を点滴や内服してもらってからの 治るまでの期間となるので 少しの疑いがあった時は、すぐに病院に行って 検査や医師の指示にしたがうのが治るまでの期間も分かり 回復に向かいますので「あれ?」と感じた方は 早急に診断に行かれる事をおすすめします。 ちなみにAKB・渡辺麻友さんは治療に10日みたいです。 治るまでの期間を知っておく事も必要な病気だと言えます。

次の

扁桃腺炎ってうつる病気ですか?気を付けなければいけないこと!

うつる 扁桃炎

「キス病」と言われている病気があります。 「キス」というのは愛し合う人同士で口づけする、あのキスです。 正式な病名は伝染性単核症と言います。 全身のリンパが腫れて、扁桃炎となるので喉が痛いです。 時には体に発疹が出ることや、肝臓や脾臓が腫れることがあり、ごくまれに脾臓が破れてしまうこともある疾患です。 若いイケメンや可愛い女の子が、高熱があってお腹の痛みやのどの痛みを訴えて救急搬送されて、首のリンパが腫れている場合、伝染性単核症を真っ先に考えると言う医師が多いです。 伝染性単核症は、重篤な合併症が無い限り基本的には、安静と細菌をやっつける抗菌薬や痛み止めや炎症を抑える薬などの服用で、数週間もすれば治って元気になるでしょう。 肝臓が腫れて肝機能が低下している時や脾臓が破れてしまった場合は、入院をして治療することが多いです。 伝染性単核症は、EBウイルスに感染することで発症します。 このウイルスは、約80%の人が3歳までに初感染を受けますが、症状が特に出ることはなく不顕性感染で終わることが多いです。 気づかないうちに感染している、という状態です。 幼い頃にEBウイルスに感染しないで思春期になってから初感染を起こした場合に、伝染性単核症を発症するケースが多いことがわかっています。 思春期に初めてEBウイルスに感染した場合、約50%の人が伝染性単核症を発症するとされています。 EBウイルス以外にも、サイトメガロウイルスと言うウイルスでも、伝染性単核症と同様の症状や検査所見が現れることがあります。 しかしサイトメガロウイルスの場合は、EBウイルスと比べると一般的には軽症で済むことが多いです。 若いイケメンや若い可愛い女の子の場合は、この病気を疑うことが多い、と前述しましたが、これはいったいどういうことなのでしょうか。 ちょっと差別的な発言と思われるかもしれませんが、次のような理由です。 若い子の扁桃炎で疑われるのがキス病 伝染性単核症が別名キス病と言われているのは、キスでうつるからです。 もしも医師から「恋人とキスしたことはありますか」などという問診を受けたら、いったいどういうことなのだろう、セクハラ質問じゃないか、などと思うでしょう。 しかし、キスの経験があるかどうかも診断をつける上では大切なことなのです。 なぜなら、この病気はキスでうつるからです。 厳密にいうと、唾液を介してうつります。 唾液を人に飲ますなどと言うことはまずないので、唾液を介してうつるというのはキスでうつると思っていてOKです。 特に、ディープキスでリスクが上がります。 また、口の中に傷があったり口内炎などができているとその傷口からウイルスが入り込みやすくなります。 可愛いイケメンや若くてきれいなお嬢さんや美人の患者さんが、喉が痛いとか高熱があるなどの状態で運ばれてきたときは、やはり恋人がいてキスをしたことがあるのだろうなと思って、伝染性単核症を考えてしまうのです。 キス以外にも、口移しで食べるとうつる可能性もありますが、キスと比べるとリスクは低いです。 若い人が喉の痛みを訴えている時に、もう一つ気を付けなければいけないのが性病です。 最近は性器を口に入れるオーラルセックスが一般化しているため、性病の原因となる細菌やウイルスが喉で感染するケースが増えています。 性器クラミジアが咽頭で感染した場合は、扁桃炎のような症状が出ることがあります。 口と性器との接触で咽頭に感染するのです。 性器にクラミジアが見つかった場合1には10~20%の割合で、喉からもクラミジアが見つかると言われています。 性器クラミジアは、右肩上がりで近年急増している性病の1つです。 8割の女性が、無症状のまま経過してしまいます。 「喉が痛いなあ。 扁桃炎かな」と思う時が、性交の2~3週間後でおりものの増量がある場合は、咽頭のクラミジアに感染している可能性もあるかもしれません。 扁桃炎の裏側には、キスやオーラルセックスが原因となっていることもあるのです。

次の